アシッド アタック 日本。 アシッドアタック ー 顔に酸をかけられた美女たちの記録 ~女性への最悪の暴力~ (2014年5月22日)

バンクシーの正体は3D?マッシヴ・アタックの音楽と日本への上陸は?

アシッド アタック 日本

「求愛」、「結婚」、「性行為」を断られた。 そんな理由で、男性が理不尽に女性を恨み、「女性の一生」を台無しにしようとする事件がアジアや、アフリカで多発しているのをご存知だろうか。 女性の顔や体に硫酸・塩酸・硝酸など劇物としての『酸(アシッド)』をかけ、火傷を負わせる行為。 『アシッド・アタック』(酸攻撃)だ。 たとえ「アシッド・アタック」から生き延びたとしても、女性たちは「一生残る傷」を背負って生きていかなければならないのだ。 日本ではあまり耳にしないかもしれないが、実は、この痛ましい事件がインド、バングラデシュ、アフガニスタン、パキスタン、カンボジアなどで多発している。 この国々のなかでも、特に多いのが「インド」だと言われている。 インドにはびこる「男尊女卑」。 18歳の少女に起きた悲劇 「片方の目は見えなくなってしまった。 けれど助けは来ない」 そう語るのは、インドの北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh) 州に住むの18歳の少女 レシュマさんだ。 、2014年の10月、レシュマさんは、義理の兄とその友人たちに押し倒され、「酸」を浴びせられて顔を失ったそうだ。 「警察は何も言わないし、何の捜査しない」とレシュマさんは訴える。 北部の州では 「警察はあまり協力的でなく、警察が家族に告訴内容を変更するよう働きかけた事例も複数聞いている」そう「アシッド・アタック」の被害者を支援するNPO団体「」のアイヤルさんは語る。 しかし、インドの政府は、「アシッド・アタック」に対して、まったく機能をしていないそうだ。 インドの最高裁判所は、酸攻撃の被害者には襲われた日から15日以内に10万ルピー(約18万円)の補償金を受け取る権利があるとする決定を下しているにもかかわらず、迅速に補償金を受け取った被害者はひとりもいないのだとか。 また、全額補償を受けた人は100事例のうちわずか「2人」。 レシュマさんの場合は5か月が過ぎても、一銭の支払いも受けれなかった。 2013年にインド政府は「アシッド・アタック」を一掃し、被害者への金銭的支援を改善するために対策を講じたのだが、インドの活動家らによると、状況はほとんど何も変わっていないのだとか。 クラウドファウンディングで「顔を取り戻す」 政府の機能のしなさに見兼ねたNPO団体「」は、2014年に、クラウドファンディングサイト「(Indiegogo)」と通したレシュマさんの支援金を募るためのウェブサイトを立ち上げた。 治療費の金額には届かないが、当初の目標は2200ドル(約24万円)に設定。 濃酸類もそうです」 「それが、女性が毎日、アシッドアタックの被害に遭っている理由なんです」 動画でそう語る、レシュマさん。 彼女はこの動画を通し、硫酸や塩酸は、口紅やアイシャドウと同じくらい簡単に店で手に入ってしまうことを注意喚起している。 世界の女性を救うには? 「アシッド・アタック」という痛ましい事件が世界中で起こっていることを知らなかった人が多かったのではないか。 実は、今年、日本でも、のだ。 日本では数件かもしれないが、世界で合計すると、なんともの女性が「アシッドアタック」の被害にあっていると、ウォールストリート・ジャーナルは述べている。 この「アシッド・アタック」の問題の背景には、女性の差別や、人権問題が隠されているのは言わずもがなだ。 「男性は女性の人生を台無しにしてもいい。 その現実を知った今。 私たちは「募金」や「署名」など、何か行動に移せることがあるのではないだろうか。 に掲載された記事です。 2018年10月1日にBe inspired! はリニューアルし、NEUTになりました。

次の

バングラデシュの結婚事情 児童婚や一夫多妻制について

アシッド アタック 日本

硫酸は犯罪だけでなく自殺にも使われることが 2017年9月、過去に3人の男性に襲われ、顔面に「硫酸」をかけられ重傷を負った19歳のインド人女性が、ニューヨークで開催されたファッションショーに出演して注目を集めた。 彼女は同じような被害にあった女性たちを勇気づけるためにステージに立ったとのことで、「大変幸せだった。 美しさは単に外見だけではない。 」とのコメントを残し、世界中に感銘を与えた。 硫酸をはじめとする「アシッド(酸)アタック」は世界中で頻発している 毎年「アシッド(酸)アタック」による被害者は、世界中で1500人以上に達している。 特にインドやパキスタンをはじめとするアジア諸国、アフリカ、中南米諸国で多数認められる。 2014年、コロンビアでは、33歳の美しいファッションモデルが、男性ストーカーに日常から付きまとわれ、ある日、自宅前で、突然、硫酸を顔など全身に浴びせられた。 事件後、彼女は、公に姿を見せることができなくなり、ファッションの仕事も辞めざるを得なくなった。 一瞬にして彼女の輝かしい人生は、奈落の底に突き落とされたのだ。 その後16回にわたる顔面の手術が繰り返され、現在も硫酸を浴びた痕跡が身体の4分の1に残っているとのことである。 我が国でも2015年4月に、群馬県で硫酸による連続傷害事件が発生した。 44歳女性が、買い物途中に、突然、足の痛みを感じた。 その1時間後には23歳の女性のストッキングが溶けており、足の痛みを訴え警察に通報した。 その後の鑑定の結果、これらの犯罪には硫酸が用いられたことが判明した。 1965年、東京都で28歳の技師が、35歳の同僚を口論の末に金槌で全身を殴打して殺害後、硫酸を満たした樽の中に死体を入れて溶解させようとした。 後に樽の底に人骨の一部が発見され犯罪が発覚した。 50歳代の男性が、薬店で購入した硫酸を約120mL飲んで自殺企図した。 約2時間後に家族が意識混濁し、吐血しているところを発見し、救急車を要請した。 病院に搬送されたときは、意識消失、吐血、血圧低下、不整脈を呈していた。 直ちに集中治療室に収容して、補助機械呼吸を開始した。 下血も認め、2日後には肺炎を、その後、肝臓、腎臓などの機能が次第に低下し、搬送後4日目には多臓器不全に陥った。 その翌日、意識が回復することなく鬼籍に入った。 また中国では23歳の男性が、友人との飲酒後、帰宅したが、まだ飲み足りないとして父親に酒を要求した。 父親は誤って硫酸入りの瓶を渡した。 結局、彼は約150mLの硫酸を飲んだ。 その後、激しい腹痛、嘔吐を訴え、病院に搬送された。 検査の結果、胃穿孔を認め、腹膜炎を併発していることが判明。 緊急手術が行われ、一命をとりとめたが、胃の大部分の切除を余儀なくされた事件が報道された。 横山隆(よこやま・たかし) 小笠原記念札幌病院腎臓内科。 日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。 1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。 専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。 所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

次の

「アシッド・アタック」という卑劣な行為

アシッド アタック 日本

「求愛」、「結婚」、「性行為」を断られた。 そんな理由で、男性が理不尽に女性を恨み、「女性の一生」を台無しにしようとする事件がアジアや、アフリカで多発しているのをご存知だろうか。 女性の顔や体に硫酸・塩酸・硝酸など劇物としての『酸(アシッド)』をかけ、火傷を負わせる行為。 『アシッド・アタック』(酸攻撃)だ。 たとえ「アシッド・アタック」から生き延びたとしても、女性たちは「一生残る傷」を背負って生きていかなければならないのだ。 日本ではあまり耳にしないかもしれないが、実は、この痛ましい事件がインド、バングラデシュ、アフガニスタン、パキスタン、カンボジアなどで多発している。 この国々のなかでも、特に多いのが「インド」だと言われている。 インドにはびこる「男尊女卑」。 18歳の少女に起きた悲劇 「片方の目は見えなくなってしまった。 けれど助けは来ない」 そう語るのは、インドの北部ウッタルプラデシュ(Uttar Pradesh) 州に住むの18歳の少女 レシュマさんだ。 、2014年の10月、レシュマさんは、義理の兄とその友人たちに押し倒され、「酸」を浴びせられて顔を失ったそうだ。 「警察は何も言わないし、何の捜査しない」とレシュマさんは訴える。 北部の州では 「警察はあまり協力的でなく、警察が家族に告訴内容を変更するよう働きかけた事例も複数聞いている」そう「アシッド・アタック」の被害者を支援するNPO団体「」のアイヤルさんは語る。 しかし、インドの政府は、「アシッド・アタック」に対して、まったく機能をしていないそうだ。 インドの最高裁判所は、酸攻撃の被害者には襲われた日から15日以内に10万ルピー(約18万円)の補償金を受け取る権利があるとする決定を下しているにもかかわらず、迅速に補償金を受け取った被害者はひとりもいないのだとか。 また、全額補償を受けた人は100事例のうちわずか「2人」。 レシュマさんの場合は5か月が過ぎても、一銭の支払いも受けれなかった。 2013年にインド政府は「アシッド・アタック」を一掃し、被害者への金銭的支援を改善するために対策を講じたのだが、インドの活動家らによると、状況はほとんど何も変わっていないのだとか。 クラウドファウンディングで「顔を取り戻す」 政府の機能のしなさに見兼ねたNPO団体「」は、2014年に、クラウドファンディングサイト「(Indiegogo)」と通したレシュマさんの支援金を募るためのウェブサイトを立ち上げた。 治療費の金額には届かないが、当初の目標は2200ドル(約24万円)に設定。 濃酸類もそうです」 「それが、女性が毎日、アシッドアタックの被害に遭っている理由なんです」 動画でそう語る、レシュマさん。 彼女はこの動画を通し、硫酸や塩酸は、口紅やアイシャドウと同じくらい簡単に店で手に入ってしまうことを注意喚起している。 世界の女性を救うには? 「アシッド・アタック」という痛ましい事件が世界中で起こっていることを知らなかった人が多かったのではないか。 実は、今年、日本でも、のだ。 日本では数件かもしれないが、世界で合計すると、なんともの女性が「アシッドアタック」の被害にあっていると、ウォールストリート・ジャーナルは述べている。 この「アシッド・アタック」の問題の背景には、女性の差別や、人権問題が隠されているのは言わずもがなだ。 「男性は女性の人生を台無しにしてもいい。 その現実を知った今。 私たちは「募金」や「署名」など、何か行動に移せることがあるのではないだろうか。 に掲載された記事です。 2018年10月1日にBe inspired! はリニューアルし、NEUTになりました。

次の