アジサイ 育て 方 鉢植え。 アジサイの育て方|地植えのアジサイの植え方やお手入れ方法

アジサイの育て方 地植えや鉢植えの方法は?肥料や水やりについても☆

アジサイ 育て 方 鉢植え

Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript! 適正土壌酸度の値も日本の土地に適応した弱酸性からアルカリ性に幅広く適応します。 土壌酸度が酸性になると花の色が青くなり、アルカリ性に傾くとピンクから赤系になります。 耐寒性はありますが、若干暑さには弱く、夏場の乾燥、水きれには十分注意が必要です。 10月ごろに来年の花芽が形成されます。 花芽形成後の剪定は注意しなめればなりません。 山アジサイの育て方 栽培カレンダー 栽培環境・日当たり・鉢の置き場所 鉢植え 半日陰を好みますが、日に当ててやらないと花付きは悪くなります。 西日が強い場所では葉が焼けて枯れてしまう場合があります。 冬の間、北風にあたりすぎると芽飛びとゆう花芽が出ない現象が起こる場合があります。 置き場所は、半日陰で午前中は日差しが差し込み、冬には北風にあたりにくいところが理想的です。 庭植 植え付け場所も、鉢植えと同じように半日陰で午前中は日差しが差し込み、冬には北風にあたりにくいところが理想的です。 植え替え適期 植え替え可能な時期はは気温が上昇し落ち着いた頃から休眠ん入る前の 5月から9月ごろまでの期間です。 通常は6月~8月の開花時期はさせて植え替えます。 また、あまり高温になる真夏の植え替えはカブの負担になりますので、 ある程度涼しくなった9月ごろが適期になります。 用土 用土の適正土壌酸度など 土壌酸度は、弱酸性の土壌を好みます。 水はけ、通気性のいい適度に湿度を保つ、有機質を多く含む土質を好みます。 水やり 水やりの頻度については、鉢植えや地植えなどの環境の違いによって異なります。 どちらも水きれには注意が必要です。 鉢植え 鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。 成長期の水きれには注意が必要です。 庭植の場合 基本的には必要ありませんが、 植え付けてすぐでまだ根が十分に育っていない時期や、 雨が降らない日が続いたときは水やりが必要です。 成長が進み、完全に根が育ってきたっら、よっぽどでない限り水やりする必要はありません。 剪定などの作業 伸びた枝の剪定の時期は3月~6月と落葉後の秋です。 夏に花が咲いた後に枯れた花がらを取ります。 花が枯れた後の作業 花後に花がらつみが必要です。 花が咲き終わって枯れた花がらを放置しておくと、 見た目も悪いですし、花びらが葉の上で腐食して病気の原因にもなりますので極力摘み取ります。 枝の剪定作業 花後の剪定 花がらを摘み取る作業と同時に、7月から8月ごろ枝の剪定を行います。 10月ごろには来年の花芽が分化されますので、10月以降に選定作業を行うと せっかく育った花芽を切り取ることになり、来年花が咲かなくなります。 剪定は9月までに行います。 来年の花芽が分化される前であれば、 強剪定できます。 かなり強く刈り込んでも大丈夫で、 根はりの状態にもよりますが、丸坊主にしてもOKです。 刈り込んだ新芽は挿し木に利用することができます。 秋の剪定 年越し前に全体の形を整えるために、徒長した枝(飛び出した枝など)を軽く摘み取ります。 この時期の剪定は、 来年の花芽を摘み取ることになりますので、 注意が必要で、 必要最小限に抑えておきましょう。 追肥 肥料は元肥の他に 花後 7月から9月ごろ花後のお礼肥も兼ねて追肥します。 この時期は暖効性肥料を月に一度くらい少々与えます 11月ごろに1回 1月ごろに 暖効性肥料の油粕か、2月に 即効性の化成肥料を 寒肥を1回 施しておきます 山紫陽花の植え替え 植え替えの時期 植え替え可能な時期はは気温が上昇し落ち着いた頃から休眠ん入る前の 5月から9月ごろまでの期間です。 通常は6月~8月の開花時期はさけて植え替えます。 また、あまり高温になる真夏の植え替えは株の負担になるので、 ある程度涼しくなった 9月頃が適期になります。 用土 植え替えの用土 紫陽花が本来好む土壌酸度は弱酸性ですが、実際は幅広い土壌に適応します。 土壌酸度が酸性になると通常、花の色が青くなり、アルカリ性に傾くと花の色が赤系になります。 鉢植えの用土 鉢植えの場合は、 基本配合として、 赤玉土小粒7 腐葉土3 の割合で用土を配合して植え付けます。 元肥 同時に 元肥としてマガンプK(マグァンプK)などの暖効肥料などを入れておきます。 マガンプkは優れた肥料で、暖効性で水やりなどで溶けて流れることのないように、 極力水に溶けずに、根に触れても根焼けしにくく、長く効果が持続するように作られています。 肥料切れの心配を解消してくれる優れものです。 鶏糞などアルカリ性の強い肥料を混ぜると土壌がアルカリ性ななる場合がありますので注意が必要です。 鉢植えの植え替え頻度 植え替えの際は 鉢植えは2年から3年毎に一度、 植え付け時と同じ要領で、一回り大きな鉢に植え替えてください。 庭植の用土と植え付け方法 庭植する際は 根鉢の倍の大きさの植穴を開けて あらかじめ 腐葉土や赤玉土、ピートモスなどを混ぜて 深植えにならないように植え付けます。 深植えしてしまうと根が呼吸できなくなったり、 根腐れの原因にもなる場合がありますので、注意が必要です。 地上では見えませんが、成長した根は直径2cmから3cmくらいにまで太く、強靭な根が広がります。 植え替えの時は注意が必要です。 堆肥を施す際は、若干深めに植穴を開けて、そこにバーク堆肥を入れておくと、土に微生物が繁殖しやすくなり 植物にとって栄養のある肥えた土を作ります。 株間 複数の株を植え付けるときは 大きく成長することを考慮して、十分な株間をとりましょう。 紫陽花の成長は早く、ほおっておくと3年ぐらいで1mを超える大株になります。 元肥 こちらも植え込み時に バーク堆肥や油粕、 元肥としてマグアンプKなどを混ぜ込んでおくと安心です。 庭植の場合は大粒のマガンプKがおすすめです。 増やし方 挿し木で簡単に増やすことができます。 挿し木の適期は5月から6月ごろで、 その年に出てきた 新芽が青いうちに摘み取ります。 木化した枝は挿し木してもうまくいきません。 挿し木の用土は赤玉土などの単用でOKで、 挿し木した後はしばらくは日陰で管理します。 冬越の方法(冬季管理方法) 耐寒性には優れれており、庭植の場合は落葉して積雪にも耐えて自然に冬越しします。 鉢植えでも同じです。 簡単に冬越しさせることができます。 病害虫 山アジサイは、病気や害虫にも比較的強く、大変育てやすい植物です。

次の

ガクアジサイの育て方|剪定時期と方法は?日当たり加減は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

アジサイ 育て 方 鉢植え

花が終わった山アジサイの剪定方法 山アジサイの鉢植えの開花株は、5月のゴールデンウィーク明け、母の日近くから園芸店で販売されるようになります。 アジサイ類の特徴として、花が終わり退色しても茎から花が散ることは無くそのまま残っています。 花の色が褪せて中心の両性花が散った頃に花が咲いていた軸を切り取り、それと同時に植え替えをしませんと枯れてしまうことがあります。 庭植えされた山アジサイの剪定 十分な日光を浴び紅色に染まった山アジサイの紅の花です。 時期は5月下旬、それから数週間した6月半ば、赤く染まった装飾花は下向きになり弁が反り返って花の終わりを知らせます。 装飾花も少しずつ色が褪せてきますので来年の花に向けて枝の剪定作業に入ります。 枝の剪定をする場合、幾つか注意しなければならないことがあります。 それは枝剪定の時期と位置。 山アジサイ海峡の両性花が本来の色を失い装飾花が下を向き反り返ったところです。 花弁が反り返った状態は花の観賞期間が終わったことを知らせています。 花が終わったことを確認し来年の花芽を作り株の姿を整えるための枝の剪定作業に入ります。 山アジサイは花の真下の二つの葉基には芽が作られません。 枝剪定の基本は上から二番目の芽の上「ハサミを入れる部分」か、株下部分の芽を確認して、その芽の上で切り取ります。 株が大きく育って、背丈や株幅を小さくするときには、芽当たりを確認して下の芽の上で切り取る。 終わった花と不必要な葉を切り取ったところ。 矢印は夏にかけて伸びてくる芽。 庭植えの山アジサイ紅、枝の剪定作業が終わりました。 枝剪定前の状態 枝剪定後の状態 株の幅は6割程度に切り詰められました。 山アジサイ 鉢植え株の剪定作業 庭植えでも鉢植えでも、山アジサイの花後に控えている枝の剪定作業方法は基本的に同じです。 一番大切なのは茎に着いている葉、葉の基に芽があるのを確認して、その上部にハサミを入れることです。 葉の無い部分に隠れ芽が見られないときには、その上部に必ず芽当たりを確認して作業してください。 剪定作業後 芽当たりのある部分をのこして不要な枝を切り取ると株の背丈は半分程度になります。 残した枝葉の付け根にある芽が生長して、秋10月頃になると翌年の花を咲かせる花芽を作ります。 鉢植えの剪定作業が終わりましたら植え替えをします。 現在の鉢が4〜5号サイズとしたら6号から7号サイズの鉢に植え替えます。 現在の株を鉢から抜き出し、根鉢の周囲に回った根を剥がすようにして新しい鉢に植え込みます。 用土の組成は赤玉土6、鹿沼土2、腐葉土2位にします。 増やし方 山アジサイの挿し木 花が終わったらお気に入りの山アジサイを増やすことにチャレンジしてみましょう。 誰にでもできる難しくない方法ですのでぜひ挿し木をして増やし友達にプレゼントし花友達を増やしてください。 挿し木を行う時期は関東地方を基準として、6月の末から7月の梅雨の季節が空気中の湿度もあり山アジサイの発根に最も良い季節です。 花が終わった枝の芽当たりを確認のうえ二節残して切り取ります。 切り取った先端の部分を鋭利な刃物で斜めに切り、活力剤のメネデール100倍液に4〜5時間浸けて挿し穂に水を吸わせます。 その際に挿し枝に残っている葉は半分程度に切り取ります。 (下の画像参照) 5〜6号の鉢に小粒の鹿沼土を深さ10センチほど入れ水を吸わせておきます。 水を吸わせた挿し穂の発根する部分に発根促進剤を付けて挿し床に斜めに挿します。 枝に着いている葉は挿し木後の水分蒸散をできる限り少なくするため葉面積の半分程度を切り取ります。 挿し木が終わったら灌水します。 その後は風通しの良い半日陰の場所で管理し朝夕二度の灌水を行い鹿沼土が乾燥しないよう注意します。 発根までの時間は約二週間ほどです。 管理方法は用土を乾燥させないようにし週に1回程度メネデール100倍液を与えます。 発根と新芽が伸び出してきた9月頃から油かすを少量与えるようにします。 挿し穂を直接、ビニールポットに挿す方法もあります。 鹿沼土と赤玉土の小粒を等量、混合して挿し床にします。 この方法は翌春に予定される植え替え時の根にあたえるダメージが少なくなります。 翌年の春にビニールポットから抜き出して一回り大きな鉢に植え替えします。

次の

紫陽花(アジサイ)の花の育て方・剪定など

アジサイ 育て 方 鉢植え

栽培環境・日当たり・置き場 生育旺盛で、樹高はそう高くなりませんが、ほかのアジサイとは異なり、明確な幹をつくります。 鉢植えで販売されていますが、大きく育つので、庭植えか、大型のコンテナで栽培します。 夏の高温期に極端に乾燥しない、水はけのよい日なたで育てます。 日陰でも育ちますが、花つきが悪くなります。 水やり 特に必要ありませんが、極端に乾燥する夏の高温期には、朝か夕方に水やりをします。 コンテナ植えでは、極端に乾燥させないように注意が必要です。 肥料 1月上旬から2月下旬に寒肥、開花後の6月下旬から8月中旬にお礼肥として、油かすや緩効性化成肥料を施します。 病気と害虫 病気:うどんこ病 うどんこ病は、葉にカビが生えて、白い粉をふいたようになり、ひどい場合は葉が枯れます。 湿度が低いときや、枝が茂りすぎると発生するので、剪定で風通しをよくし、予防します。 害虫:ハダニ ハダニが発生すると葉が茶色に変色し、ひどい場合は落葉します。 用土(鉢植え) 鉢植えは、赤玉土小粒、鹿沼土小粒、腐葉土を、3:2:3に混合したものなど、保水力があり、水はけのよい用土を使います。 植えつけ、 植え替え 庭への植えつけは、3月上旬から4月下旬の葉が出る前か、涼しくなる10月上旬から11月下旬に行います。 植えつけ後には、たっぷりと水やりをします。 鉢植えは、2年に1回程度植え替えます。 根鉢を軽くくずして、一回り大きな鉢に植え替えます。 適期は庭植えに準じます。 ふやし方 さし木:その年に伸びた枝が堅くなる6月上旬から7月下旬に、枝を2~3節で切り取ります。 節の下1cmのところを、ナイフやカッターなどで斜めに切り、1枝の長さが7~8cmになるように調整します。 平鉢や育苗箱に、赤玉土小粒やさし木用土を入れ、2~3cmほどの深さでさして日陰に置き、乾燥させないように管理します。 なお、発根は一般的なアジサイよりも遅く、1か月以上かかります。 主な作業 剪定:カシワバアジサイは大きくなると幹ができ、剪定しないでおくと、1本立ちになる傾向があります。 このため、若木のうちに、地際から20cm程度の高さの芽の上で剪定します。 これによって地際から複数の枝が伸びて、こんもりとした樹形をつくることができます。 この剪定は落葉期に行いますが、翌年に花は咲きません。 樹形を整えるための剪定は、花後のなるべく早い時期に行いましょう。 特徴 カシワバアジサイは、北アメリカ東部原産のアジサイの仲間(アジサイ属)です。 アジサイ属の野生種は、アジア東部と南アメリカに約30種が分布しています。 いずれの種類も木本ですが、低木から亜高木、つる性と変化に富んでいます。 育てやすく、花の少ない初...

次の