ツイン ドラゴン ハナハナ。 ツインドラゴンハナハナ 打ち方 設定判別 パネフラ 解析まとめ

ツインドラゴンハナハナ‐30 掲示板

ツイン ドラゴン ハナハナ

設定上げ狙いで大切なのは、何はともあれ設定変更がされているかどうかです。 ハナハナで設定変更を見抜くには、朝一のガックンや初回BIG終了後のパネフラがあります。 しかし、朝一のガックンはお店側が容易に対策ができますし、初回BIG終了後のパネフラも確実ではありません。 今回は、ツインドラゴンハナハナで朝一に設定変更を見抜く立ち回りの実践記です。 クレジットカードを作ってポイントを稼ぐハピタスでは、クレジットカードを作るとポイントをGETすることができます。 ただ普通にクレジットカードを作るだけで飲み代くらいのお小遣いが稼げます。 今回はハピタスキャンペーンで楽天カードを作って稼げたのでご紹介です。 通常は500ポイントしかもらえない楽天カードですが、キャンペーン中の今だけ7000ポイントとなっていました。 ハピタスを経由して普通に楽天カードを申し込みました。 すると、約1か月後に無事にポイントをもらうことができました。 楽天カードのキャンペーンは期間限定ですし、それ以外のクレジットカードも報酬は高目です。 カードを作る必要がある人は、一度見てみるといいと思います。 目次 []• 実戦のお話 3月3日の日曜日。 実践したのは元マイホームのA店です。 今日は連れ打ち。 友達と一緒に自宅から1時間ほどのお店へ行ってきました。 狙い台を絞るデータ取り 久しぶりの元マイホームでの実践です。 3月は毎年そこそこの状況になるA店。 最初の日曜日で、3月3日のゾロ目とくれば出さない理由はないでしょう! A店の設定配分のパターンはこうです。 顧客動線を意識した設定配分• 機種の客層に合わせた設定変更• 並ばなくても高設定に座れる変更パターン 要するに、シマが盛り上がるような目立つ場所に高設定を置くのですが、早くから並んだスロプーだけがツモれないように設定配分をしてくれる。 ということです。 だからA店が出しているときは、ご年配の方や常連さんがツモっていることが多いのです。 今回のA店で狙うはツインドラゴンハナハナです。 グレートキングハナハナのほうが狙い台的中率が高いのですが、確実に高設定が入るであろうツインドラゴンをセレクト。 動線を意識した2台を選んで翌日を迎えました。 データ取りに使っているツールお店のデータ取りに使っているのはサイトセブンというツールです。 スマホから(ガラケーOK)お店のデータを見るためのツールです。 自宅でお店のデータをコツコツと取りためていき、お店のクセを探しています。 見やすくて使いやすいサイトセブンは、パチスロで勝ちたい方にオススメできるツールです。 友達を迎えに行き、朝飯を食べていたら遅くなってしまいまいた。 だって朝飯なんて慣れないことしたら、途中でコンビニに駆け込みますよね…。 入店し、急いでツインドラゴンハナハナのシマへ向かいます。 お客さんはそこそこいましたが、無事に狙い台をキープすることができました。 打ち出す前にまずは店内状況チェックから。 どの機種にもそこそこのお客さんがいます。 なので、店内状況の良し悪しは時間が解決してくるでしょう。 ツインドラゴンハナハナ実践記 絞った狙い台は2台。 そのうちの1台をキープしましたが、実はもう1台の狙い台のほうが気になります。 なぜかというと、 前日のヤメゲーム数が14Gだったからです。 これが何を意味するのかというと… 朝一86G以内にボーナスを引ければ設定変更の判断材料に使える ということです。 ツインドラゴンハナハナはボーナス終了後100G以内にボーナスを引くと連チャンサウンドに変わります。 もし設定変更していたら、このゲーム数がリセットされるようになっています。 なので! この特性を利用して設定変更を見抜いちゃおうという作戦です。 さらに! 朝一BIGの龍玉ランプと合わせれば、設定変更の精度はより高くなるってもんです。 さて、そんなことを考えながらも、打ち出したのは最初にキープした本命狙い台でした。 ペシペシ打つこと投資250枚。 150Gほど回しますがハイビスカスが咲く気配はありません。 こうなってくると、うずうずしてきちゃうのが悪い癖。 本命狙い台をもう少し打ったほうがいいとは思うものの… 移動します! まぁまぁ、こちらも狙い台ですし。 すると、86G以内にBIGが当たり、サウンド変化無し。 さらに、BIG終了後に龍玉ランプが変化します。 そこから大連チャンして、REG終了後に龍玉ランプがレインボー点滅。 設定6まで確定した状態で閉店まで打ち切って、見事ハナハナ万枚達成! そんな夢物語 打ち出す前には誰もが夢見るところ。 さぁ現実はどうでしょうか? 1回目のボーナスはペシペシ打つこと投資100枚の… … … … 52Gでした! サウンド変化は… 無 BIG終了後の龍玉ランプは… 黄色 見事に見事に設定変更が濃厚となりました。 2回目のボーナスは、106G・BIG、スイカが1回。 3回目のボーナスは、75G・BIG、スイカが1回。 ツモりましたな! 4回目のボーナスは… … … 341G コインがノマれかけのところで当たりました。 ということで、第3のミッションは失敗。 気を取り直して第4のミッション、REG後の龍玉ランプでレインボー点滅を目指していきましょう! 5回目のボーナスは、188G・BIG、スイカが1回。 6回目のボーナスは、63G・チェリー重複BIG。 えーと、すみません…。 ここまで1000Gほど回したんですけどREGが0回なんですけど? REGが当たるまではやりますか。 100G 200G 300G どんどんコインが減っていきます。 ようやく当たったのは、320Gでした。 このボーナスが… … … REG サイドランプは青点滅。 次に当たったのは168G・REG、サイドランプは黄点滅。 その後は168G回したところでヤメ。 ベル確率が良かったので粘ってみましたが、さすがにこれ以上は無理ゲーです。 ジェットカウンターに流したコインは436枚。 最初の台と合わせてトントンくらいでフィニッシュしました。 えっ!?REG後の龍玉ランプが出たのかって? そんなの出るわけないでしょう! その後は良さげマイジャグラー3を見つけて打ち出すのでした。 14) スロマガ設定判別 設定1 — 設定2 — 設定3 — 設定4 — 設定5 — 設定6 — 実践データからの設定推測 設定変更がほぼほぼ確定したツインドラゴンハナハナ。 私がヤメた後はダラダラしながら2箱ほどのコインをお持ち帰りしていました。 設定推測ツールはまだ使えないので、個人的設定推測です。 設定変更されていたこと、通常時のベル確率が良かったこと、最終データがそこそこだったこと。 それらを合わせて、中間設定なのかなと。 良くて設定4、悪くて設定3という感じの推測です。 実践の振り返りと立ち回り 本日の実践の振り返りです。 結論から言うと、最初に打った本命狙い台が高設定でした。 それはそれは気持ちよさそうにボーナスを当てられていました。 自分が打ったツインドラゴンはというと。 通常時のベル確率が良かったので普段より長めに粘ってみましたが、最終的にも高設定とは思えないデータになりました。 今回の立ち回りの分かれ道は、「設定変更を見抜く」というところにあったと思います。 今だからわかる正解の立ち回りはこうです。 本命狙い台が高設定でないと思えるところまで打ち、その後に対抗台に移動する。 もしくは、本命狙い台を打っている間に、他のお客さんが打っている対抗台をチェックする。 設定変更されているかされていないかは、設定上げ狙いをする上で重要です。 それが労せずして見抜ける状況があり、さらにその台が対抗台だったら移動することは間違いではありません。 ただ今回は、結果的に高設定に設定変更されていなかったというだけです。 本命狙い台が絶対に当たりになる精度があったらどんなに楽か。 そんなことを思う今日この頃です。 後半戦へ続く.

次の

ツインドラゴンハナハナ│スペック・設定差・設定示唆【ツイドラ】 │ スロットガーデン【攻略・天井狙い・期待値・解析】

ツイン ドラゴン ハナハナ

ページコンテンツ• ツインドラゴンハナハナ 1. 設定差・設定推測 ベル確率 解析等は出ていませんが過去のハナハナシリーズを考慮すると設定差がある可能性が高いです。 参考にグレートキングハナハナのベル確率を載せておきます。 22 BIG中の小役確率 BIG中はサイドランプが激しく点灯したときに小役をフォローしましょう。 スイカorチェリーが成立します。 8 スイカが出現するほど高設定の示唆。 1回のBIGゲーム数は取りこぼしなしで24Gなので、 設定6の場合BIG4回に対してスイカが約3回出現する頻度になります。 設定1の場合はBIG4回に対してスイカが約2回出現する頻度になります。 REG中のサイドランプによる設定示唆 REG中に1度だけ左リール白7を中段にビタ押しし、スイカを揃えることによってサイドランプが点滅します。 点滅する色によって設定示唆。 設定 青 黄 緑 赤 虹 1 35. しかし、 設定6のみ虹以外の振り分けが均等になっている点に注意。 虹色点滅は大きな設定差があるので要注意。 出現したら高設定の期待度が上がります。 ボーナス終了後のフラッシュ ボーナス後にパネルフラッシュの有無によって設定示唆。 REG後の龍玉ランプには要注意です! レトロサウンド発生 100G以内のボーナス連チャン時にレトロサウンドに変化する抽選が行われています。 (前作までは87G以内でした。 ) この楽曲変更に設定差があると思われます。 解析等は出ていませんがグレートキングハナハナの数値を載せておきます。 設定 発生率 1 6. ツインドラゴンハナハナの特徴 新筐体となり迫力のある筐体となりました。 何といっても筐体上部にある龍玉ランプが特徴となっています。 ボーナス確率も軽くなっていて当たりやすい仕様になりました。 (機械割には変更なし。 ) シリーズ初の設定6確定演出も搭載されています。

次の

ツインドラゴンハナハナ 打ち方 設定判別 パネフラ 解析まとめ

ツイン ドラゴン ハナハナ

ページコンテンツ• ツインドラゴンハナハナ 1. 設定差・設定推測 ベル確率 解析等は出ていませんが過去のハナハナシリーズを考慮すると設定差がある可能性が高いです。 参考にグレートキングハナハナのベル確率を載せておきます。 22 BIG中の小役確率 BIG中はサイドランプが激しく点灯したときに小役をフォローしましょう。 スイカorチェリーが成立します。 8 スイカが出現するほど高設定の示唆。 1回のBIGゲーム数は取りこぼしなしで24Gなので、 設定6の場合BIG4回に対してスイカが約3回出現する頻度になります。 設定1の場合はBIG4回に対してスイカが約2回出現する頻度になります。 REG中のサイドランプによる設定示唆 REG中に1度だけ左リール白7を中段にビタ押しし、スイカを揃えることによってサイドランプが点滅します。 点滅する色によって設定示唆。 設定 青 黄 緑 赤 虹 1 35. しかし、 設定6のみ虹以外の振り分けが均等になっている点に注意。 虹色点滅は大きな設定差があるので要注意。 出現したら高設定の期待度が上がります。 ボーナス終了後のフラッシュ ボーナス後にパネルフラッシュの有無によって設定示唆。 REG後の龍玉ランプには要注意です! レトロサウンド発生 100G以内のボーナス連チャン時にレトロサウンドに変化する抽選が行われています。 (前作までは87G以内でした。 ) この楽曲変更に設定差があると思われます。 解析等は出ていませんがグレートキングハナハナの数値を載せておきます。 設定 発生率 1 6. ツインドラゴンハナハナの特徴 新筐体となり迫力のある筐体となりました。 何といっても筐体上部にある龍玉ランプが特徴となっています。 ボーナス確率も軽くなっていて当たりやすい仕様になりました。 (機械割には変更なし。 ) シリーズ初の設定6確定演出も搭載されています。

次の