鬼滅の刃 黒死牟。 上弦の壱・黒死牟 / 継国厳勝(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

黒死牟(鬼滅の刃)/コメントログ

鬼滅の刃 黒死牟

スポンサーリンク 技が出せなくなる黒死牟 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 そして玄弥。 瀕死の重症で、もう立ち上がることができません・・・ が、みんなを守りたいという意思は消えていません。 力を振り絞って再び血鬼術を繰り出します。 すると黒死牟の体に残った玄弥の肉弾から再び木の根が生えてきて体を固定しました。 さらにその木が黒死牟の血を吸い、技を出すことができなくなったのです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 そこをすかさず悲鳴嶼さんが攻撃!! が、やはり頭が固すぎて砕くことができません。 同時に下からも斧で攻撃しますが刀で受け止める黒死牟。 そのとき・・・時透くんの赤く染まった刃が目に留まり、再び縁壱を思い出したのです。 スポンサーリンク 縁壱の言葉が頭をよぎる 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 縁壱と同じ、赤い刃。 黒死牟がかつて継国厳勝という人間だった頃、後継者について二人で言葉を交わしていたときのことでした。 自分たちに匹敵する実力者がいないため呼吸術の継承が途絶えてしまうと憂える厳勝に対して縁壱は、 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 「私たちはそれ程大そうなものではない 長い長い人の歴史のほんの一かけら 私たちの才覚を凌ぐ者が今この瞬間にも産声を上げている 彼らがまた同じ場所まで辿りつくだろう」 と語ります。 呼吸術自体は継承されなくてもいつか誰かが自分たちを超えてゆくだろうと。 その回想と重なるように、再び実弥さんが悲鳴嶼さんの鉄球の上から更に叩きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 175-176 話のまとめ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 柱3人の刀や鉄球が赤く染まった現象、これは刀が赤くなる「赫刀」でしょうか。 体を貫かれると「体がこわばり、内臓を焼かれるような激痛」とあり、鬼にとってはダメージが大きいようです。 そして無惨を追い詰めた縁壱も赫刀だったのです。 ではそもそも赫刀とはどういう状態なのでしょう? 日輪等の究極の力で、日の光を浴びると死んでしまう鬼にとっては太陽の力を最大限に活用した攻撃の形? そして今回の3人の柱は縁壱の「日の呼吸」の剣士ではありません。 呼吸が違っても赫刀になるのでしょうか。 そして、前回の回想では縁壱と黒死牟の力の差が描かれました。 しかし決して黒死牟が剣士として平凡だったわけではないようです。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 自分たちに匹敵する実力者がいないため後継が育たない、という会話から想像するに黒死牟も当時はかなり強い剣士だったのです。 二人はなぜ「鬼」と「鬼狩り」という対極的な関係にまで隔たってしまったのでしょうか。 力の差以外に感じるのはみずからの剣技についての捉えかたの違いです。 縁壱は炭治郎の先祖である炭吉に「時代が変わろうともそこに至るまでの道のりが違おうとも、必ず同じ場所に行きつく」と語っていますが、これは呼吸法が違っても極めれば同じところにたどり着くという意味ではないでしょうか。 だから自分の技の後継がいないことは大した問題ではないと考えていたのです。 対して黒死牟は、鬼になれば肉体や技の保存ができると言ったり、後継にこだわっていたように自分自身の強さや呼吸法に執着しているように感じます。 最後の場面では、自分たちの才覚を超えるものが産まれているという会話、あの当時は理解できなかった縁壱の言葉が腑に落ちた、という瞬間に頸が落ちたようにも思えます。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」175話より引用 そして時透くんと玄弥・・・ 2人とも痛々しい姿です。 一緒に最期まで戦おう、と言っていた時透くん。 2人ともその言葉どおりの戦いぶりでした。 この2人が黒死牟の動きを止めたことで攻撃が頸まで届いたのです。 猗窩座のときは頸が再生されかけましたが自らの記憶からそれを拒みました。 黒死牟は頸を落とされましたがどうなるでしょう? このまま決着してほしい!!.

次の

上弦の壱・黒死牟 / 継国厳勝(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼滅の刃 黒死牟

4連勤2日目。 まだ2日目くらいはどうにかなるんだよ。 3日目と4日目が本当に辛いんだよ。 ってかもう、4連勤は嫌だ・・・これ終っても連休ないし・・・ぐすん。 そんな具合で今日は唐突に思いついたので、タイトル通り、『』の黒死牟の声優さんを勝手に予想してみたいと思います。 いやね、順番的と言うか。 以前に行った童磨のCV予想から来れば、次は猗窩座さんのCV予想をしてしかるべきだと、自分でも思ってはいるんです。 いや、別にやらなくてもだれが困るわけじゃないんですがね、はは 笑 ただねぇ~・・・猗窩座さんのCVが、どうしてもなかなか自分の中で固まらないんですわ。 固まらないと言うか、なんか猗窩座さんって、読むたびにイメージが変わってくると言うか、それに伴って声の感じも変わってくるような気がして。 頭の中で勝手にお名前を挙げさせて頂いている声優さんは何名かいらっしゃるのですが、なんかもう少し、こー、自分の中で考えたいな、と言う気がなくもないので、猗窩座さんは後回し、先に黒死牟の予想をしてしまおう、と言うわけです。 と言うことで、黒死牟です。 ここからはネタバレを含みますので、『それは嫌よ』と言う方は、今すぐ、この画面を閉じて下さいね。 お願いします。 黒死牟と言うのは、上弦の鬼の中で最も強い鬼であり、その強さ故からか、あの!あの無惨からも 笑 『ビジネスパートナー』のような存在として見られていると言う、まさに別格の鬼と言うことができるかと思います。 打倒無惨に向けて炭治郎たちや柱の面々は上弦の鬼と対峙していくわけですが、黒死牟には柱の時透くん、実弥、悲鳴嶼さん、そして玄弥が対峙します。 ちなみに時透くんは黒死牟の遠い子孫にあたるわけなのですが・・・この戦いではその時透くんと玄弥が命を落とし、しかし2人の命がけの戦いにより、実弥と悲鳴嶼さんに頭を砕かれ、黒死牟は死亡します。 他の鬼同様、黒死牟にもまた人間としての過去があり、そこでの出来事や思いが、鬼になるきっかけとなってしまっていると言う経緯があります。 彼の場合は簡単に言えば弟との関係がそれです。 まぁ、この辺りはまた後ほど、単行本の感想の時に書きましょうかね。 で、そんな黒死牟の私が予想したCVと言うのはですね、この方、さんです! はい。 まず私が想像する黒死牟の声と言うのはですね、 ・低音 ・強い ・そこかしこに卑屈さが滲んでいる こんな感じだったのです。 で、あとは上弦の鬼なので、これまでの『』の鬼を担当された声優さんよりも、ご年齢がかなり年上の方がいいなぁ、と言うのもあってですね。 で、低音ボイスでもあんまりにもいわゆる『イケボ』と呼ばれるのではなく、何と言うか、全てを飲みつくそうとするような暗さや、そして黒死牟の場合、彼の過去からくる独りよがりの卑屈さ、そこから来た空しさのようなものを表現できるお声の方がいいなぁ、と考えて、ふっ、と頭の中に聞こえてきたのが中田さんの声だったのです。 中田さんの声、声自体が持つ、あの深み。 深い、深い、深み。 それが黒死牟を演じられた時には、黒死牟が内に抱えている虚ろな闇、それをそのまま映したようにして聞こえてくるんじゃなかろうか、と。 そして中田さんと言えば、そりゃもう数々の作品で、数多くのキャターを演じてこられた大ベテランさんですから、黒死牟の強さも、悲しさも、卑屈さも、鬱屈さも、空しさも、あの声で見事に表現して下さるのではないかと思ったら、もう私、ワクワクが止まりませんでしたよ! あと黒死牟と対峙する時透くん、玄弥には『兄弟』と言う言葉がキーワードになっているような気がして、これは先にも述べたとおり、黒死牟自身にも言えることです。 そしてまた時透くんと玄弥がまだ若い、幼いと言っても適切かもしれないくらいに若いのに対して、黒死牟と言うのは鬼であることも含めて、そしてまた弟とのある出来事も含めて『老いること』がテーマにもなっているように、個人的には思うのです。 そう考えるとですね、時透くんを演じてらっしゃるさんと玄弥を演じてらっしゃるさんの、あの無垢な少年、自分の兄弟に対して色々な葛藤やら思いはあれど、ただ純粋に慕っているあの感情を表現する声、演技と、対極にあるような演技だったり声が、黒死牟に関してはぴったりだよな、と感じたのも、中田さんを予想した理由であります。 そして何より、中田さんの存在自体が、上弦の鬼の存在にぴったりだろう、と言うのも理由のひとつであります。 上弦の鬼ともなれば、そりゃあ、もう、そうそうたる声優さんたちがキャスティングされるでしょうからね。 そう言う意味でも、中田さんはぴったりじゃないか!と。 童磨、さん。 そして黒死牟、さん。 おおっ、強い! 私の個人的な予想でしかないけど、強い 確信 はい。 ちなみにネットでちょこちょこと他の方の予想なんかも見てみると・・・『成程』と首肯したくなるような声優さんばかりが挙げられていたので、一部ですがその方たちのお名前も挙げさせて頂きますね。 まずはさん。 あぁ~、わかる。 深みのある低音は、黒死牟にぴったりだし、何と言うか、より悲しみや空しさにエキセントリックさが滲んだ感じになりそう。 それからさんのお名前も挙げられていました。 あのボイスで黒死牟を演じられたら、そりゃ強いわ。 強い 確信 私がとにかく童磨一択、童磨はこの人しかいない、とくどいほどにお名前を挙げているさんを予想していらっしゃる方もいました。 確かに、弟との確執、そこからくる卑屈さやら何やらはとにかくとして、普段の冷静さ、厳格さのようなものは、石田さんの声がぴったり・・・だけど、私の中では、やっぱり石田さんは童磨なのだよ・・・いや、これで童磨、他の声優さんだったらもう、土下座ものなんですけど 汗 さぁ、果たして結果はどうなることやら・・・なんですが。 ぶっちゃけ、アニメ化が続いたとしても、黒死牟さんが本格的に出てくるのって、相当、後の方なんですよね・・・なのでこの記事の答え合わせができるのは、一体何年後になることやらですよ・・・ふふふ 遠い目 その時まで、そしてその時も、皆、無事で生きていられるといいね! いや、本と、昨今、もう明日すらわからないような世の中になっていますからね 汗 ではでは。 以上、黒死牟の声優さん予想でございました。 よし、近い内に猗窩座さんの声優さん予想も記事にしてしまおう! tsuzuketainekosan.

次の

【鬼滅の刃】ついに黒死牟の過去が明かされる!弟・縁壱との関係はどんなのだったのか?

鬼滅の刃 黒死牟

異論がなかったのでリネームを実行しました。 -- 名無しさん 2020-01-24 13:01:55• おつおつ。 ………お労しや兄上。 あんな規格外の化け物の兄をやらねばならなかったとは…… -- 名無しさん 2020-02-18 02:20:35• 比較対象にしてはならん相手を比較対象にしてしまったんや・・・長なお男だから無視するのは無理だった -- 名無しさん 2020-02-19 14:26:47• 兄上はクソ真面目すぎたんだよ -- 名無しさん 2020-02-19 15:29:23• 軋轢をスルーする方法は最初から巌勝に一切の家督権がない状態=女だった場合くらいしかない。 いや冗談抜きで -- 名無しさん 2020-02-19 15:46:38• 厳勝くんは何を言おうと「気持ちはわかるが身勝手なお前が十割悪い」で、幸せになる方法が「害悪にしかならないお前の感性を溝に捨てろ」なのが不幸ね。 実際に人を食い荒らしたのも相まって末路は因果応報というのも惨めさが増す。 -- 名無しさん 2020-02-22 06:54:53• 兄より優れた弟など存在しないという言葉があるように兄貴は弟に負けるのは糞嫌だけど弟はデキの良い兄貴の場合だと劣等感こそ抱いても意外と受け入れるものよ。 つまり逆なら上手くいったかも。 -- 名無しさん 2020-02-25 23:50:21• そもそも「兄だから我慢できた」っていう作品の中で頻出する思考が、「長男は下の兄弟よりも強いのだから我慢しなければならない」ってことでしょ。 それが弟の方が、もはや異常なまでの能力があって人間として生きてたら追いつくことすら出来ないってわかればそりゃ狂う。 -- 名無しさん 2020-03-03 13:59:48• 狂う過程はお労しいけど狂ったことは正当化できないし、厳勝くんの願いは悪くないけど鬼になるのを実行した時点で完全十割厳勝くんが悪いし、厳勝くんの自由意思はいいけど鬼滅世界は自由意思の価値が鴻毛より軽いので即座に詰むのは揺るがない。 やはりその嫉妬まみれのメンタルを溝に捨てるしかないな -- 名無しさん 2020-03-07 06:31:53• 厳勝くんの世界は詰んでるんだけど、詰んでる世界で幸せになるために自ら変わることを怠ったのが全ての過ちだったな -- 名無しさん 2020-03-07 06:42:08• そうは言うが…変わろうとして変われるのなら、詰んでいるとは言わないんじゃないかな -- 名無しさん 2020-03-08 14:05:42• ヲタ趣味やる為に働いてる人種に、「ヲタ趣味を捨てて職場で出世して管理職になれ」と言うようなもの。 -- 名無しさん 2020-03-11 14:13:12• 殆んどの人間は物理的な制約上、ある程度人生でなせること、成さねばいけないことは決まっている。 別にそれが個人にとって価値がないかどうかは問われないし、逆らったら物理的に死ぬだけなので問う意味がない。 鬼滅世界はそこのところ現実と同じく凄くシビアだから、厳勝くんも「無理なものは無理」と切り捨てて自分の価値観を変えるしかない。 哀れだけど同情の余地はないよ。 -- 名無しさん 2020-03-13 08:39:41• だから鬼狩り達も価値観を変えて日銭を稼いで静かに生きるべきなのだ」 -- 名無しさん 2020-03-15 19:10:12• 『ある程度人生でなせること、成さねばいけないことは決まっている。 その上限を「物理的に決まっている」「無理な物は無理」と決めるのもまたその人個人に過ぎないわけで。 -- 名無しさん 2020-03-16 17:13:09• 無惨の理屈がおかしいのは「大災を気取る無惨は人間社会に寄生している」点と「寄生という形でも集団に属する以上、限度を決めるのは個人ではなく集団の総意」という点でしょ。 集団に属して貢献しない人間が増えればその集団は滅びる、できる範囲で良いから何かは返すべきだし皆が許す限度を越えた人間は叩き出されて仕方ないんじゃないかな。 社会との関わりを断った求道者ならともかく黒死牟は人を食うわ日の呼吸の使い手は殺すわ何も返さないわって普通に社会の寄生虫をやってるし、寄生虫にならなきゃ叶わない願いと知ってた時点で「無理なものは無理」だったと思うよ。 まぁ、だからこそ個人的には、黒死牟の生き恥モードが術も打てないダニなのは許されない自由を行使した末路として凄く良くできてると思うし、自分の無価値さを悟って死ぬところが可哀想だけど因果応報で大好きなんだけど。 -- 名無しさん 2020-03-16 19:30:03• 思ったより長くなったな、ごめんね。 もう黙る -- 名無しさん 2020-03-16 19:31:35• 兄と弟で欲しかったものが逆で笑うに笑えない… -- 名無しさん 2020-03-17 15:06:14• 「くろしろう」と読めて作家の黒史郎さんを連想してしまう -- 名無しさん 2020-03-19 13:50:05• どこまでも真っ直ぐなのに兄の神経を逆撫でするしかできなかった弟と内心グチャグチャなのにパーフェクトコミュニケーション決め続けた兄……負のスパイラル…… -- 名無しさん 2020-03-19 14:56:10• 「月の呼吸という独自の呼吸法を0から考案して生み出す」ってあるけど月の呼吸って日の呼吸の派生だろ?0から作られた呼吸は伊之助の獣の呼吸だけのはず -- 名無しさん 2020-04-19 02:09:56• タグの「長男だから耐えられなかった」が的確すぎますなあ -- 名無しさん 2020-05-08 14:46:42• 月の呼吸に尽く見切ってくる相手に何とかして当てようとする涙ぐましい努力の跡が見えるんですけど(生身で撃てそうな部分が高速ほぼ同時攻撃だったり血鬼術がランダム範囲手数だったり -- 名無しさん 2020-05-21 16:49:16• 人であった頃の巌勝って名前の由来 常に勝ち続けるように も残酷すぎる… -- 名無しさん 2020-05-21 19:17:33• 生き恥が発動しなくても無一郎の置き土産で死んでた説むしろそっちのほうが彼にとって幸せだった -- 名無しさん 2020-05-31 11:41:06• 三日月刃以前に痣出し無一郎が初見反応できず手を斬られる異次元の速さ、大体のキャラが初手で終わるよなそんなん -- 名無しさん 2020-06-13 18:17:13• 縁壱に斬られて果てる事が出来てればまだ良かったんだろうな……この兄弟の最大の不幸は、互いにとっての憧れとの決着が両者の最も望まない形で終わった事だと思う -- 名無しさん 2020-06-17 22:27:14• 無一郎君は透き通る世界開眼した兄上とは致命的に相性悪いからしゃーない、幾らフェイントいれても完全に見切ってくるんだから。 月の呼吸って三日月の無しで考えると素早い斬撃を複数回繰り出す事を得意としてたっぽいんだよな、縁壱が連続攻撃での無限コンボハメだからそれに追い付こうと手数増やしていったのかな -- 名無しさん 2020-06-20 20:25:12• そりゃあ緑壱が弟だったら歪むわな… -- 名無しさん 2020-06-20 21:08:07• 透き通る世界に到達済み、パワースピードテクニック手数リーチ完備、ほんと無惨と縁壱以外じゃムリゲーだ -- 名無しさん 2020-06-20 21:14:31• 鬼滅の間桐慎二!! -- 名無しさん 2020-07-01 01:12:25• この期に及んでまた生き恥案件が増えるとは・・・お労しや 兄上 -- 名無しさん 2020-07-03 09:52:28• 無惨と仲がいいほど人格が糞になる仕組み -- 名無しさん 2020-07-03 10:49:57• 裏切り者が新しい主に忠を示すのに古巣の大将首持ってくるの最悪だけどある意味かっこいい。 戦国かよ -- 名無しさん 2020-07-05 23:53:07• 新しい主君への功績を示す為と古巣と決別したと示す為に元いた組織の総大将の首を取って持っていくって辺りが実に戦国時代らしくて兄上らしいわ -- 名無しさん 2020-07-12 23:37:12• 略式だが、死に様が切腹の手順そのもの。 御神酒を飲み、服を脱ぎ、大地に -- 名無しさん 2020-07-15 20:32:43• 略式だが、死に様が切腹の手順そのもの。 御神酒を飲み、服を脱ぎ、大地に伏して腹を切り、首を落とす。 ただし、腹を他人が切っている上に抱き首の形で首を完全に落としているので、名誉なき斬首刑でもある。 -- 名無しさん 2020-07-15 20:36:32• 巌勝の最大の悪手は、縁壱への悪感情を当の縁壱本人にぶつけず、自分の内に溜め込んでしまった事だと思う。 そこで「いや何言ってんの、お前?マジでキモいんだけど?」(超意訳)とはっきり言っていれば、逆にお互いを理解し直して、歩み寄れる機会もあったのではないか、と。 -- 名無しさん 2020-07-15 21:01:07• 斬首刑の時点で「お前に名誉なんぞない」という兄上的には死んだ方がマシレベルの宣告なのだが、立ち上がってしまい滅多斬り=鋸挽きという当時の極刑を食らう羽目に。 この刑は最大の存在否定であり、死後や来世を砕く永遠の尊厳破壊でもある。 まぁこれを言い出すと無惨様も鋸挽き刑なんだが…。 -- 名無しさん 2020-07-15 21:26:37• 兄上が産屋敷家の血筋皆殺しにしてたら詰んでたのかもしれんなぁ…子供は見逃したのか隠されてたのか -- 名無しさん 2020-07-16 20:27:10.

次の