トゲデマル 夢特性。 【ポケモン剣盾】トゲデマルの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】マルヤクデの育成論と弱点・対策まとめ

トゲデマル 夢特性

こんにちは。 1800いくまではこの並びを使っていました。 ここでレヒレデマルがお失くなりになりました。 ただ取り巻きの次第で改良の余地は十分にあるとは思います。 S96族でテテフやより1速くびりびりちくちくで怯みワンチャンも生まれます。 どくづきは全てのカプ系への打点として優秀でした。 トゲデマルの調整が思い浮かばなかったのとのいかくがあったのでASにしましたが、居座り性能を高めるために耐久に振るのもありだと思います。 【与ダメージ】 びりびりちくちく H252カプ・レヒレ確定2発 H4カプ・テテフ高乱数2発 98% 無補正H252テッカグヤ確定2発 無補正H252確定2発 割合: 50. カミツルギ・・レヒレの御三家が流行ってるのをみてこの型を見出しました。 【与ダメージ】 Zじしん 180 H4カプ・コケコ確定1発 H252確定1発 H252乱数1発 12. 臆病ではなく控えめにすることで無振りガブを高乱数1発 93. コケコとトゲデマルが並ぶ事があり事故防止のため放電を採用。 対戦終盤にこの並びになる事が結構あり、放電が無かったら負けてた試合もそれなりにあったのでこれで良かったと思います。 襷で行動保証あると安心しますね。 と考察してた時にスカーフウツロイドを思いつき入れてみました。 ただ、 よくいる H236がパワージェム確定で落とせません! 乱数37. カミツルギメタとして最初はめざ炎を入れてたのですが殆どが襷でカミツルギ以外にうたず腐りがちだったので外しました。 代わりにトドンや岩水に打点を持てるを採用。 最速スカガブとスカーフカミツルギまぢ無理。 初手に相手がコケコやデンジュモクを出してきた場合放電を持っている可能性が高いと判断しコケコ、デンジュモク側にしをします。 初手にが出てきた場合、が最速スカーフだと一掃される危険があるのでトゲデマルを慎重に扱っていく必要があります。 フリドラを使うやをウツロイドとコケコで処理し、を動かしやすくしていきます。 VSトリル + @1 トリル始動役に猫をして舞って高火力で削っていきたいって感じですかね。 しと守るとサイクルでごまかしてました。 トリル役がミミッキュの場合、猫が通らないのでトゲデマルを出さないor後発で使います。 少しネタ感覚で始めてみたつもりが、割と頑張れちゃった 笑 て感じですね。 トゲデマルで1900超えできて良かったです。 トゲデマルはいいぞ kaomassiro.

次の

【ポケモン剣盾】偽ピカチュウ枠トゲデマルの可能性【育成論】

トゲデマル 夢特性

マルヤクデの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお、むし 特性 もらいび ほのお技のダメージを無効化し、 ほのお技を受けると攻撃と特攻が1. 特性は 現環境に多いほのおタイプに有効なもらいびを採用しましたが、物理受けを考えている場合は特性をほのおのからだ、持ち物にゴツゴツメットを採用するのがおすすめです。 おすすめ技構成 フレアドライブ 確定技 高火力のタイプ一致技で採用しました。 最も火力が高く命中も安定していますが、HPを削られる副作用があるので体力には注意しましょう。 とびかかる 確定技 相手の攻撃を1段階下げることができます。 自身の被弾を抑えられるだけでなく、後発のポケモンの負担を減らすことができます。 パワーウィップ 確定技 高威力のくさ技です。 相性を考慮して相手がみずやいわタイプを出してきた場合に使っていきましょう。 きゅうけつ 選択技 タイプ一致のHP回復技です。 フレアドライブのHP減少をカバーすることができます。 かみなりのキバ 選択技 マルヤクデが唯一覚えるでんき技です。 パワーウィップで対応できないひこうタイプへの使用がメインです。 現環境で使用率の高いギャラドスに対しても有効です。 はたきおとす 選択技 エスパーやゴーストに対して有利をとれるので、ミミッキュやドラパルト対策になります。 マルヤクデの与ダメージ計算 フレアドライブ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがフレアドライブを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 パワーウィップ いじっぱり、攻撃の努力値が252のマルヤクデがパワーウィップを使った場合に、相手のポケモンを何発で落とせるか掲載しています。 マルヤクデの弱点・対策 いわ技で攻めよう マルヤクデは「ほのお」「むし」タイプなのでいわ技が4倍で刺さります。 タイプ一致でなくても4倍が刺されば大抵倒すことができるので、マルヤクデ対策を行う場合はいわ技を覚えさせておきましょう。 おすすめポケモン ポケモン おすすめ理由 ギャラドス ・いかくで攻撃を下げることができる ・ストーンエッジで1発(乱数)で落とせる ドリュウズ ・いわなだれで1発(乱数)で落とせる ・先制を取りやすい ・ほのお技には注意が必要 関連スレッド.

次の

【ポケモン剣盾】トゲデマルの育成論!調整と対策、おすすめの技とは?|ポケモニット

トゲデマル 夢特性

トゲデマル まるまりポケモン ガラルNo. 348 ぜんこくNo. 777 高さ 0. 3m 重さ• 3kg• けたぐり威力20 タイプ• 英語名• Togedemaru タイプ相性による弱点• 5 0• 『でんき』タイプの技を受けるとダメージが無効化され、自分の『とくこう』ランクが1段階上がる。 またダブルバトルの時、自分以外の全てのポケモンの『でんき』タイプの単体攻撃技の攻撃対象が自分になる。 攻撃対象が複数の技の場合はそのまま /『でんき』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 また、一撃で『ひんし』になる技『じわれ』『ぜったいれいど』『つのドリル』『ハサミギロチン』を受けない。 自分の『とくぼう』ランクが1段階上がる。 第6世代は威力:30、2段階上昇 Lv. 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、『ねむり』『あくび』 ねむけ 状態にならず、また『でんき』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. すでに『ねむり』状態の場合は回復しない。 道具『エレキシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 1倍未満は40、2倍未満は60、3倍未満は80、4倍未満は120、それ以上は150。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 いずれの状態でもない時は技が失敗する。 3倍の効果もさらに加わる。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性はコピーできない。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 技『Gのちから』の威力が1. 5倍になる。 ダブルバトル用。

次の