ヤマザキ パン祭り 点数 効率。 ヤマザキ春のパン祭り2020点数を安く早く集める方法は?パンは何個買う?|サトミの話題調べ隊

ヤマザキ春のパン祭り2020点数を安く早く集める方法は?パンは何個買う?|サトミの話題調べ隊

ヤマザキ パン祭り 点数 効率

1、自分の食生活を見直して戦略を練る まず普段パンをどれだけ食べているのかを振り返ります。 自分の食生活では• 購入するパンは食パン(6枚切り)• 値段が安い「モーニングスター」がメイン商品(チーズ等を乗せるので単体の味はあまり気にしてない)• まれに見切り品の「ロイヤルブレッド」を購入しているが、遭遇率が低い• パンを食べるのは朝食を中心。 つまり月間に約5回の購入。 4月は社外営業が多く、昼食でたまにコンビニを利用するも、デイリーヤマザキは近くにない。 以上が昨年の購入実績。 つまり、月間で食パンを約5回購入している。 今年も点数配布期間の2~4月の3ヶ月間に約15回ほどの食パンを購入する可能性が高いです。 ジャンル 商品名 価格 得点 購入回数 達成総額 食パン ダブルソフト(6枚) ¥189 2. 5 10 ¥1,890 食パン ロイヤルブレッド ¥138 2 13 ¥1,725 食パン ロイヤルブレッド山形 ¥138 2 13 ¥1,725 ロールパン レーズンロール ¥170 2 13 ¥2,125 ロールパン レーズンバターロール ¥150 2 13 ¥1,875 菓子パン デニッシュブレッド ¥189 2 13 ¥2,363 食パン ふんわり食パン ¥108 1. 5 17 ¥1,800 菓子パン かた揚げリングドーナツ ¥180 1. 5 17 ¥3,000 食パン チーズゴールド(3枚) ¥138 1. 5 17 ¥2,300 食パン くるみゴールド(3枚) ¥128 1. 5 17 ¥2,133 食パン ダブルソフト(3枚) ¥108 1 25 ¥2,700 ランチパック ランチパックピーナッツ ¥112 1 25 ¥2,800 ランチパック ランチパックたまご ¥130 1 25 ¥3,250 ランチパック ランチパックメンチカツ ¥125 1 25 ¥3,125 菓子パン スイートブール ¥103 1 25 ¥2,575 菓子パン 薄皮菓子パン ¥130 1 25 ¥3,250 菓子パン ナイススティック ¥84 1 25 ¥2,100 菓子パン まるごとソーセージ ¥103 1 25 ¥2,575 菓子パン バナナスペシャル ¥112 1 25 ¥2,800 食パン モーニングスター ¥78 0. 5 50 ¥3,900 菓子パン クリームパン ¥86 0. これだと単純に50回の購入回数が必要です。 6枚切りの食パンのため現実にパン祭り期間内に15回ほどしか購入できません。 その場合、集めれる点数は7. 5点となってしまいます。 値段が安くて普段は助かるのだけど、祭りの期間は戦略外通告です。 ぐぬぬぬぬ。 3、人から貰う、購入する Q:すでに手元に7点もあるのはなぜでしょうか!? A:貰ったからだよ!! 身も蓋もありませんが、人に貰うという手もあります。 私は職場の食堂で「捨てるくらいなら誰かプレゼントフォーミー!」と宣言した結果すでに7点ほど点数をゲットしております。 自分で取得した点数はまだ0. 5点なのに(震え声) さすがに貰いっぱなしは悪いので報酬として年間を通して肩揉みしたり、蛍光灯を変えたりする肉体労働でお礼?返上をしていますが、プライドが許さないとか世間体的にそれはどうよと思う方はやらなればよいだけです。 他にはヤフオクやメルカリで検索すると手に入る場合もありますが、値段は生物なので割愛。 個人的にはそこまでしないでも足りない点数分を購入し、すぐさま冷凍保存で良いかと思います。 まとめ:費用得点効率なら「ダブルソフト(6枚)」「ロイヤルブレッド」の二択 上記の表から分かるように、自分の近所の実売価格で検討した結果、• 朝食のみの食事• 祭りシーズン期間内で25得点を達成• できれば出費が控えめ• 人に頼らない方法 以上を満たした商品は「ロイヤルブレッド」「ダブルソフト」「ふんわり食パン」が候補となりました。 出費を抑えつつ、日数の余裕を含めて考えると「ダブルソフト」一択でしょうか。 多少ギリギリでも大丈夫ってことなら「ロイヤルブレッド」でも問題なさそうです。 出費計算を簡単にしたいため、購入する商品を1つで検討をしましたが、いろいろな商品をローテーションして食べるのが飽きないでよいかと思います。 自分は毎日同じ食事でも気にならないのですが、どうせならヤマザキのいろんな商品を手に取る良い機会ではないでしょうか。 また、注意書きにも書いておきましたが当然地域の実売価格により条件は変動します。 見切り品対象なら尚更。 例えば今日の買い物で「薄皮クリームパン」が50円で売られてましたし。 こんな値段になれば効率ぶち抜きトップになってしまいます。 以上、値段効率重視でヤマザキ春のパンまつり攻略でした。 極端な話、出費を気にしないなら毎日ランチパックを食ってりゃ1ヶ月で達成できます。 自分は如何に健康的に出費を切り詰めながらお皿を貰えるかとゲーム的な楽しみ方もしているためこんなやり方ですが、当然各自好きなように祭りを楽しめば良いと思います。

次の

ヤマザキ春のパン祭り!独身が効率重視で攻略するとダブルソフト一択だった

ヤマザキ パン祭り 点数 効率

あの白いお皿だ。 松たか子さんがそっと手に取り微笑んでいる、あのお皿。 これを知らない人がどれだけいるかわからないが、説明しておこう。 パンに付いている点数シールを集めると、白いお皿がもらえるのだ。 簡潔に言うとそういうキャンペーンだ。 ヤマザキのパンに、0. 5点~3点の点数シールが付いていて、一定の点数を貯めると、店舗でお皿と交換してもらえる。 キャンペーン期間は2月~4月の3ヵ月(北海道地区は3~5月)。 しかも、来年で40周年を迎えるという歴史あるものなのだ。 この季節、春のパンまつり参加者はとにかく点数を集める。 1000万人だ。 そして、 ゲームのことならば、我々ファミ通が黙っていられるはずがない。 ゲームと名の付くものならば、攻略法があるはずだ。 実際に都内スーパーなどを巡り対象商品の価格と種類を実地調査したのだが、その調査結果は割と細かい話になるので をご覧いただきたい。 まずは「担当者にいろいろ訊くのが手っ取り早いんじゃないか」という、身もフタもない意図をもっておこなった直撃取材の模様からお届けしよう。 「なぜファミ通がうちに取材を……?」と不思議に思いながらもいろいろと答えてくれたやさしい人。 好きな『ファイナルファンタジー』は『VI』だそうです。 白いお皿はフランスで製造されたもので、船便で日本に運ばれてきます。 中山お皿のデザインは、アルク・フランス社と当社で協議し、いくつかの案の中からモニター調査を経て決定しています。 ちなみに今年のお皿は花をモチーフにしたデザインです。 こちらは1997年のもの。 イラストが入っているのは長いパンまつりの歴史でもこの1997年のお皿だけ。 ご自宅にあるお皿と見比べてみていただくと、「いつも意識せずに使っているこのお皿、じつはパンまつりの景品だった!」ということもあるのではないかと思います。 ということは、単純に考えると 約4億~6億枚の白いお皿がこの日本に存在するという計算に……!? 中山これまでに累計約5億枚をプレゼントさせていただきました。 交換されたお客様からは、このお皿は強化ガラスで「割れにくい」というお褒めの言葉はよくいただきます。 また、シンプルなデザインであることも人気の秘訣だと思います。 中山キャンペーン対象アイテムは 500~600種類あり、点数シールの種類は0. 5点、1点、1. 5点、2点、3点があります。 点数配分は、基本的には価格をベースに割り振っています。 中山はい。 デイリーヤマザキやヤマザキショップでは、おにぎりやお弁当にも点数シールがついているものがあります。 このようなアイテムをうまく組み合わせれば、 1回のお食事で5~6点集めることも不可能ではありません。 中山この機会にぜひデイリーヤマザキ、ヤマザキショップをご利用ください。

次の

ヤマザキ春のパン祭りで効率いい方法は?おにぎりが対象の理由は?

ヤマザキ パン祭り 点数 効率

対象商品のポイントと交換でもらえる白いお皿は、デザイン性や耐久性に優れ、絶大な人気を誇る。 きっと皆さんもポイントを日々せっせと集めていることと思うが、ポイント効率(1点得るために必要な金額)について真剣に考えたことはあるだろうか。 ここ数年、「徹底攻略」と称してヤマザキ全対象商品のポイント効率を計算し、ブログで公表しているゲムぼく。 これを読んで、我々も憧れのあの白いお皿を効率的に手に入れようではありませんか。 ゲムぼく。 さんが自身のブログでパンまつりの徹底攻略記事を公開し始めたのは、2016年から。 対象商品に貼られたシールの点数と価格を調べ上げ、順位表にまとめる作業を毎年続けている。 16、17年こそ主要対象商品50点ほどだけだったが、18年からは300点前後にも上る全対象商品の効率を地道に計算。 ゲムぼく。 さんがパンまつりに興味を持つようになったのは、母親の影響という。 「子供の頃、楽しそうにシールを集める母の姿を見て感心したんです。 ですから、自分が自由にパンを買えるようになると、自然とパンまつりに参加するようになっていました」 それにしても、全対象商品のポイント効率を調べるという底知れぬ情熱はどこからくるのだろう。 ブログによると、調査に数日かけたり、徹夜したりと、相当な労力を費やしているようだが…。 「ナイススティックを食べて寝るしか予定がない日が続いてヒマだったからです」 さて、1981年から始まったパンまつりも、今年で実に40回目。 ゲムぼく。 さんによると、今回はポイント効率の「下方修正ラッシュ」、特に「ダブルソフトの格下げ」が大きなトピックなのだという。 これについて、ガチ勢としての見解をあらためて聞いてみた。 「下方修正するなら今年しかなかったんだろうな、と考えています。 たとえば増税や不況といったネガティブ要素が世間にあれば、そこに下方修正で追い討ちをかけるようなことはしづらい。 今回は軽減税率で食品の増税はいったん免れ、景気も悪くはない。 しかし来年には軽減税率がなくなるかもしれないし、五輪後の景気も不透明。 とすれば、やはりこのタイミングしかないんですよね。 さんが考えるパンまつりの魅力は、「『祭り』という非日常でありながら『パンを買って食べる』という日常そのものでもあるという、世界でも極めて珍しい行事であること」だそうだ。 「日常の中の非日常、非日常の中の日常。 それを楽しめるパンまつりであり続けてほしいですし、我々参加者も楽しむ姿勢を持ち続けたいですよね」。 つ、強い…。 さんのようなガチ勢の存在をどう受け止めているのだろう。 いや、そもそも認知しているのか?野暮を承知で質問してみたところ、こんな回答が返ってきた。 「ポイントの効率を調べている方がいることは知っていました」 「当社の『春のパンまつり』キャンペーンについて、本当によく調べていただいていると大変驚きました。 これからも多くの方に喜んでご参加いただけるよう、取り組んでまいります」 せっかくなので、最後にパンまつりについても一言。 「おかげさまで今年で40回目を迎えました。 今年の景品は、花びらの形をイメージした『白いフラワーボウル』です。 写真映 えする白い花びらのようなデザインでありながら、重ねやすさも特徴です」 「さらに、今年は40回目を記念するダブルチャンスとして『カッティングボードセット』を抽選で10,000名様にプレゼントします。 ぜひ、ご参加ください」 ここはひとつ、私からもお願いします(何故)。 (まいどなニュース・黒川 裕生) 外部サイト.

次の