よし まつ あさみ 記者。 NHKの契約アナウンサー一覧

吉松あさみ(アサ芸記者)の画像やプロフ(wiki風)は?Daigoの裁判はどうなる?

よし まつ あさみ 記者

日本を代表するメンタリストであるDaiGoさんが自身の公式YouTubeチャンネルであげた動画に今、世間の注目が集まっている 動画の内容はアサ芸ライターである吉松あさみさんを名誉毀損で訴えるというものだ 吉松あさみさんの記事はこういうものである 日本でも小中学校などの一斉臨時休校をはじめ、プロ野球やJリーグの開幕が延期となる異常事態に見舞われている。 また「マスク不足」が叫ばれる国内で問題視されているのが生活必需品の「転売行為」だった。 政府では国民生活安定緊急措置法に基づき「高値でのマスクの転売」を3月15日から禁止した。 4月1日には、安倍総理が日本の5000万あまりの全世帯に一律に布マスクを2枚配布するプランを明らかにしたが、様々な意見が噴出している。 そんなマスクを巡り、3月7日にTwitterで「マスク転売」を痛烈に批判していたのが、メンタリストDaiGoだった。 当時、マスクをネットオークションに大量に出品して転売し800万円以上の利益を得ていた静岡県議について触れ〈次の選挙ではなく、ぜひ来世でやり直していただきたい〉とまで痛烈にブッタ斬った。 さらにDaiGoは〈マスクで小銭稼ぎするやつの作った法律に誰が従うんだって話ですよ〉とツイートしたのだが、 「そんな彼自身が過去に『転売による小銭稼ぎ』を堂々と推奨していたんですよ」と指摘するのは芸能ライターだ。 DaiGoが「転売のススメ」を説いているのは今から約2年前の18年6月に自身で公開したYouTube。 「ほぼ0円で始めるノーリスク副業入門~タダ同然で仕入れられるものを高く売るには」なる動画で語っているという。 「動画の中でDaiGoは、オークションを例に出し『まだみんなが価値を見出していないものでそのへんにいっぱいある物を売るといいよ』と断言している。 マスク転売議員の場合は、値上がりすることがわかっていて、マスクを大量出品・転売した線が濃厚ですが、DaiGoの動画での発言は、今となっては、動画のタイトル的にも、どうしても『マスク転売議員』のような行動を推奨しているように思えてしまいますね」(前出・芸能ライター) 記憶力抜群のDaiGoなら、この時の発言との整合性もとっていただきたかったところだ。

次の

吉松あさみの裁判(訴訟)の内容は?DAIGOを怒らせたデマ記事の内容についても調査!

よし まつ あさみ 記者

DaiGoが週刊誌に怒った理由 DaiGo氏はYouTubeにて以前に、ネットオークションにマスクを大量出品し大金を得た、静岡県の諸田洋之県議(焼津市選出、無所属)について動画をアップしました。 DaiGo氏がYouTubeにアップした動画のタイトルは「ほぼ0円で始めるノーリスク副業入門〜タダ同然で仕入れられるものを高く売るには」になります。 その動画について、ネットニュース(アサ芸プラス)に芸能ライターである吉松あさみ氏は下記の内容を書かれました。 DaiGoの動画での発言は、今となっては、動画のタイトル的にも、どうしても『マスク転売議員』のような行動を推奨しているように思えてしまいますね。 (吉松あさみ) 芸能ライターである吉松あさみ氏が記載した内容は、DaiGo氏が転売を推奨しているという記事内容でしたが、実際のDaiGo氏はYouTube動画でもそのような発言はしていません。 ネットニュース「アサ芸プラス」で芸能ライター吉松あさみ氏が記載した内容は、数字を取るための「狂言」なのです。 吉松あさみ記者がメンタリストDaiGoを叩いたのは今回で3度目 実はこのアサ芸プラスで芸能ライターをしている吉松あさみ氏は、2019年9月にもメンタリストDaiGo氏に関連する記事を書いています。 その記事のタイトルは、「メンタリストDaiGo、「年収6億円」のハズも「金欠説」」というものです。 記事内容は、 「実は『金欠説』が根強く囁かれているんですよ」と明かすのはテレビ関係者だ。 続けてこう指摘する。 「それなりの稼ぎがあるのは本当なのでしょうが、彼のやっていることを見ていると『カネに困っている』 (吉松あさみ) この記事内容の続きにメンタリストDaiGo氏が「カネに困っている」と思われる理由に「ブログやYouTubeに『広告』を沢山貼っているから」という理由だそうです。 芸能ライター吉松あさみ氏が記載するメンタリストDaiGo氏金欠の理由が「広告を貼っているから」ただそれだけの理由。 メンタリストDaiGo氏の収入は、YouTubeとニコニコ動画に数百万人もの人が登録しており、軽く計算しても月間億単位は行くと予想されます。 それにプラスして、コンサルティング業や、メンタリストDaiGo氏が出版した本も人気の事から月に億単位近く稼いでいる事は明白です。 ブログやYouTubeに広告を載せているイコール金欠だという考えは矛盾していると誰もが思うでしょう。 その他にも芸能ライター吉松あさみ記者は、2019年10月のアサ芸プラスで「メンタリストDaiGoは、未成年者との体の関係を持っている」という内容の記事も書いています。 メンタリストDaiGoは名指しで「吉松あさみ記者」を民事訴訟する メンタリストDaiGo氏は、「吉松あさみ記者」個人を民事訴訟するつもりだと発言。 吉松あさみ記者個人を民事訴訟するその理由の一つに、出版元に訴訟を起こしても裁判が長引くほどそのことを記事にし、出版社側が炎上商法で儲けるためである。 なのでメンタリストDaiGoは、芸能ライター吉松あさみ記者個人を民事訴訟できないか弁護士と相談中だそうです。 利益のためにあることない事ネット上で嘘の記事を記載するアサ芸プラス。 こんなことが続くと、もうどの記事を読んで何を信用して良いのか分からなくなりますね。 本当に重要なニュースは自分自身で情報を集め、正しくない物を排除し、嘘の情報に惑わされないように気を付けましょう。

次の

メンタリストDaiGoが訴訟するらしいです!今後の結末は?

よし まつ あさみ 記者

DaiGoが週刊誌に怒った理由 DaiGo氏はYouTubeにて以前に、ネットオークションにマスクを大量出品し大金を得た、静岡県の諸田洋之県議(焼津市選出、無所属)について動画をアップしました。 DaiGo氏がYouTubeにアップした動画のタイトルは「ほぼ0円で始めるノーリスク副業入門〜タダ同然で仕入れられるものを高く売るには」になります。 その動画について、ネットニュース(アサ芸プラス)に芸能ライターである吉松あさみ氏は下記の内容を書かれました。 DaiGoの動画での発言は、今となっては、動画のタイトル的にも、どうしても『マスク転売議員』のような行動を推奨しているように思えてしまいますね。 (吉松あさみ) 芸能ライターである吉松あさみ氏が記載した内容は、DaiGo氏が転売を推奨しているという記事内容でしたが、実際のDaiGo氏はYouTube動画でもそのような発言はしていません。 ネットニュース「アサ芸プラス」で芸能ライター吉松あさみ氏が記載した内容は、数字を取るための「狂言」なのです。 吉松あさみ記者がメンタリストDaiGoを叩いたのは今回で3度目 実はこのアサ芸プラスで芸能ライターをしている吉松あさみ氏は、2019年9月にもメンタリストDaiGo氏に関連する記事を書いています。 その記事のタイトルは、「メンタリストDaiGo、「年収6億円」のハズも「金欠説」」というものです。 記事内容は、 「実は『金欠説』が根強く囁かれているんですよ」と明かすのはテレビ関係者だ。 続けてこう指摘する。 「それなりの稼ぎがあるのは本当なのでしょうが、彼のやっていることを見ていると『カネに困っている』 (吉松あさみ) この記事内容の続きにメンタリストDaiGo氏が「カネに困っている」と思われる理由に「ブログやYouTubeに『広告』を沢山貼っているから」という理由だそうです。 芸能ライター吉松あさみ氏が記載するメンタリストDaiGo氏金欠の理由が「広告を貼っているから」ただそれだけの理由。 メンタリストDaiGo氏の収入は、YouTubeとニコニコ動画に数百万人もの人が登録しており、軽く計算しても月間億単位は行くと予想されます。 それにプラスして、コンサルティング業や、メンタリストDaiGo氏が出版した本も人気の事から月に億単位近く稼いでいる事は明白です。 ブログやYouTubeに広告を載せているイコール金欠だという考えは矛盾していると誰もが思うでしょう。 その他にも芸能ライター吉松あさみ記者は、2019年10月のアサ芸プラスで「メンタリストDaiGoは、未成年者との体の関係を持っている」という内容の記事も書いています。 メンタリストDaiGoは名指しで「吉松あさみ記者」を民事訴訟する メンタリストDaiGo氏は、「吉松あさみ記者」個人を民事訴訟するつもりだと発言。 吉松あさみ記者個人を民事訴訟するその理由の一つに、出版元に訴訟を起こしても裁判が長引くほどそのことを記事にし、出版社側が炎上商法で儲けるためである。 なのでメンタリストDaiGoは、芸能ライター吉松あさみ記者個人を民事訴訟できないか弁護士と相談中だそうです。 利益のためにあることない事ネット上で嘘の記事を記載するアサ芸プラス。 こんなことが続くと、もうどの記事を読んで何を信用して良いのか分からなくなりますね。 本当に重要なニュースは自分自身で情報を集め、正しくない物を排除し、嘘の情報に惑わされないように気を付けましょう。

次の