ポケモン タイプ一致 剣盾。 スピンロトムの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモン剣盾】タイプ一致威力2倍!?適応力ドラミドロの火力がやばすぎるwwww【ポケットモンスター ソード・シールド 毒統一パ 対戦実況】

ポケモン タイプ一致 剣盾

スピンロトム育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 スピンロトムは第4世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 現環境ではサンダーなど他の電気・飛行が登場せず、唯一の複合タイプ。 弱点2つに対し、6タイプを半減以下にできる優秀な耐性を持つ。 だが、地面が元々無効であり、特性「ふゆう」が全く役に立っていないのが欠点。 能力値は防御・特攻・特防が高く、素早さもそこそこあるので比較的優秀。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではダイマックス追加が追い風。 素早さを上げつつ攻撃できる「ダイジェット」を唯一使えるロトムとなった。 素早さがそこそこ高いため、努力値振りをしておけば多くのポケモンを抜くことができる。 スポンサーリンク スピンロトムの特性 ふゆう (地面タイプの技を受けない。 ) 考察 「ふゆう」自体は無効タイプを一つ増やせる非常に優秀な特性だ。 だが、スピンロトムの場合、元々地面無効であり全く意味がない。 いくら何でもひどすぎる。 現環境では「かたやぶり」ドリュウズが多く、 特性「ふゆう」の価値自体が薄れているのは他のロトムと比べて利点と言えるかもしれない。 スポンサーリンク スピンロトムの技考察 特殊技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 エアスラッシュ 飛 75 95 怯み30% タイプ一致技。 威力は低いが怯み30%が強力。 「ダイジェット」用としても使える。 10まんボルト 電 90 100 麻痺10% タイプ一致技。 威力と命中が安定している。 「かみなり」の命中率が不安定なので雨を降らさないならこちらを選ぼう。 かみなり 電 110 70 麻痺30% タイプ一致技。 威力は高いが命中不安。 ほうでん 電 80 100 麻痺30% タイプ一致技。 威力は低いが命中が安定している。 耐久型で何度も撃って麻痺をまくといい。 ボルトチェンジ 電 70 100 自身が交代 タイプ一致技。 交代して撤退しつつ相手に負荷をかけていける。 あくのはどう 悪 80 100 ひるみ20% 威力は低いが命中が安定している。 ゴーストに刺さる他、「こだわりスカーフ」を持たせるなら怯み効果を活かしやすい。 環境に多いゴーストに刺さる。 たたりめ 霊 65・130 100 状態異常の相手に威力倍増 「おにび」「でんじは」など相手を状態異常にする方法は豊富なので使える機会があるかもしれない。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 イカサマ 悪 95 100 相手の攻撃の値でダメージ計算する。 自身の攻撃が低くとも、関係ないので選択肢。 環境に多いゴーストの物理アタッカーには刺さる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 でんじは 電 90 相手を麻痺させる。 地面を呼びづらいので決まりやすい。 「ちくでん」「ひらいしん」には注意。 おにび 炎 85 相手を火傷させる。 命中が少し不安だが、物理アタッカーを機能停止できる。 トリック 超 100 自分と相手の持ち物を入れ替える。 こだわりメガネやこだわりスカーフを押し付けて相手の行動を制限しつつ、自身は自由に動けるようになる。 リフレクター 超 - 物理攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの物理耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 先制でこの技を使うことで、並みレベルの特殊耐久がさらに増す。 もちろん味方サポートとしても強力。 火力を倍増できる積み技。 半減相手でも押し切れる可能性が生まれる。 ねむる 超 - HP全回復・状態異常回復。 2ターンの間眠る。 カゴの実やラムの実を組み合わせることで、1ターンで全回復してねむりから覚めることができる。 素早さ188振りでダイジェット後に最速 ドラパルト抜きとなるのでおすすめ。 ドラパルト抜きを意識する場合はもう少し素早さに振ってもいい。 持ち物はダイマックスでの火力も上げられる「いのちのたま」をおすすめする。 技はダイジェット用の「エアスラッシュ」とタイプ一致となる電気技は確定。 電気技は性能が安定しているのは「10まんボルト」だが、ダイサンダーの威力が「10まんボルト」より10上がる「かみなり」も候補となる。 他の技は自由枠となる。 「わるだくみ」の優先度が高め。 耐性を活かして「わるだくみ」を積み、その後にダイジェットで素早さを上げてやると抜き性能が大きく高まる。 攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」、 ドラパルトの弱点をつけるイカサマORあくのはどうORシャドーボールも選択肢。 いのちのたま「イカサマ」で攻撃252振り ドラパルトなら一撃で倒せる。 だが、ダイマックス時は使い物にならないのであくのはどうやシャドーボールを選んでもいい。 素早さに補正をかけ188振ることで最速 ドラパルトをぎりぎり抜くことができるのでおすすめ。 技はタイプ一致で怯み30%も活かしやすい「エアスラッシュ」と攻撃しつつ撤退できる「ボルトチェンジ」は確定。 ドラパルトに刺さるイカサマ・あくのはどう・シャドーボールのうちどれかは採用したい。 個人的には怯み効果があり、本来勝てない相手も勝てる可能性がある「あくのはどう」が一番おすすめ。 残りの技は自由枠となる。 交代せず攻撃でき、威力も安定している「10万ボルト」、 耐久型の相手を機能停止できる「トリック」、物理アタッカーを先制で機能停止できる「おにび」のいずれも候補。 スポンサーリンク スピンロトムのパーティメンバー考察 スピンロトムの弱点である氷と岩に強い鋼タイプのポケモンをパーティに入れておきたい。 特に物理耐久も特殊耐久も高い ギルガルドであれば、 スピンロトムが不利な場合の交代要員として最適。 スピンロトムの対策 注意点 ・火力・耐久・素早さがそこそこあり、カスタマイズ性が高い。 ・火力倍増の「わるだくみ」と素早さを上げるダイジェットで抜き性能を高めてくる。 ・弱点2に対し、半減以下は6と耐性が優秀。 対策方法 「わるだくみ」を積まれ、「ダイジェット」で抜き性能を高められる最悪の展開はできるだけ避けたい。 スピンロトムに有効打がないポケモンを選出しないようにして、起点にされないことがまず大切。 たとえ、「わるだくみ」を積まれたとしても、 バンギラス、 ギガイアスといった特殊耐久の高いポケモンなら受けられ、 岩技で仕留めることができる。 電気にも飛行にも強い パッチラゴンや カビゴン、 ヌメルゴンといった特殊耐久が高いポケモンでも受けることはできる。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の

【ポケモン剣盾】シザリガーの育成論と対策

ポケモン タイプ一致 剣盾

最初は実験的に「おだやか」にして、とくぼう方面に努力値を振ってみましたが、対戦環境に物理型が多く、結果的に物理方面に振り直しました。 技構成 「ねっとう」 メインウエポン 水技打点。 雨下ダイストリームになっても申し訳程度の威力しか出ないが、無いと困る時もちょくちょくある。 「じこさいせい」 回復技 体力の半分を回復 この技と「さいせいりょく」でHP管理を行う。 「どくどく」 メインウエポン2 相手を「もうどく」状態にする。 パーティをみて鋼や毒タイプが多かったりすると非常に打ちづらいですが、これを打たないと話が始まらないくらいのメインウエポン。 ダイフェアリー後のミストフィールドに注意。 ミストフィールド下のポケモンに打っちゃうのは、とっても恥ずかしい。 「くろいきり」 敵味方全員の能力変化を元に戻す。 各種ダイマックス技の能力上昇下降を元に戻すために、「くろいきり」は必須。 とても普通ですみません。 そうです。 技も努力値もめちゃくちゃ一般的です。 「霊獣ランドロス」が後出しで出てきた場合に、交代ぎわに「どくどく」を当てることさえ出来れば、「トーチカ」と「じこさいせい」を駆使すれば対面で勝てました。 読み合いに負けてしまうと、「トーチカ」を読まれて積まれたり、みがわりを置かれたり、不利ポケモンに交代されたりして、なかなかセンスが必要でした。 「ダイウォール」が強い とっても ダイマックスした時に打てる「ダイウォール」がトーチカの代わりをするし、 「トーチカ」だとダイマックス技で少しダメージを受けたり、能力変化やフィールド張られたりするので やっぱりトーチカよりダイウォールが強いです。 あと、ドヒドイデがダイマックスするなんて皆思いもしないんでしょうね。 そんな感じでダイマックスしてHPを倍にしてダイウォールは本当に刺さる。 でも決定力がなさすぎるし、あくまで耐久する為に打つダイマックスだから、勝負のカギになる時だけダイマックスしたがよいね。 サンムーンやウルトラサンムーンの環境でトップだった 「カプテテフ」「カプコケコ」「ランドロス」「ボーマンダ」「メタグロス」 不利だったポケモンが軒並みリストラされ、トップレートにドヒドイデの天敵がガクッと減りました。 特に、エスパーポケモンがゴースト環境でかなり減りましたねぇ。 じめんタイプ、あくタイプ、ひこうタイプがパーティにいると良いですね! 最近のゴースト環境に対応できるノーマルタイプもいると、尚良いです。

次の

【ポケモン剣盾】タイプ一致110技「ポルターガイスト」をもらえなかったミミッキュドラパルト 夢御三家に対抗できる上位勢は強化すべき?

ポケモン タイプ一致 剣盾

最初は実験的に「おだやか」にして、とくぼう方面に努力値を振ってみましたが、対戦環境に物理型が多く、結果的に物理方面に振り直しました。 技構成 「ねっとう」 メインウエポン 水技打点。 雨下ダイストリームになっても申し訳程度の威力しか出ないが、無いと困る時もちょくちょくある。 「じこさいせい」 回復技 体力の半分を回復 この技と「さいせいりょく」でHP管理を行う。 「どくどく」 メインウエポン2 相手を「もうどく」状態にする。 パーティをみて鋼や毒タイプが多かったりすると非常に打ちづらいですが、これを打たないと話が始まらないくらいのメインウエポン。 ダイフェアリー後のミストフィールドに注意。 ミストフィールド下のポケモンに打っちゃうのは、とっても恥ずかしい。 「くろいきり」 敵味方全員の能力変化を元に戻す。 各種ダイマックス技の能力上昇下降を元に戻すために、「くろいきり」は必須。 とても普通ですみません。 そうです。 技も努力値もめちゃくちゃ一般的です。 「霊獣ランドロス」が後出しで出てきた場合に、交代ぎわに「どくどく」を当てることさえ出来れば、「トーチカ」と「じこさいせい」を駆使すれば対面で勝てました。 読み合いに負けてしまうと、「トーチカ」を読まれて積まれたり、みがわりを置かれたり、不利ポケモンに交代されたりして、なかなかセンスが必要でした。 「ダイウォール」が強い とっても ダイマックスした時に打てる「ダイウォール」がトーチカの代わりをするし、 「トーチカ」だとダイマックス技で少しダメージを受けたり、能力変化やフィールド張られたりするので やっぱりトーチカよりダイウォールが強いです。 あと、ドヒドイデがダイマックスするなんて皆思いもしないんでしょうね。 そんな感じでダイマックスしてHPを倍にしてダイウォールは本当に刺さる。 でも決定力がなさすぎるし、あくまで耐久する為に打つダイマックスだから、勝負のカギになる時だけダイマックスしたがよいね。 サンムーンやウルトラサンムーンの環境でトップだった 「カプテテフ」「カプコケコ」「ランドロス」「ボーマンダ」「メタグロス」 不利だったポケモンが軒並みリストラされ、トップレートにドヒドイデの天敵がガクッと減りました。 特に、エスパーポケモンがゴースト環境でかなり減りましたねぇ。 じめんタイプ、あくタイプ、ひこうタイプがパーティにいると良いですね! 最近のゴースト環境に対応できるノーマルタイプもいると、尚良いです。

次の