優しくない女たち あらすじ。 優しくない女たち|番組詳細|韓流・華流イケメン見るなら!

優しくない女たち 第24話(最終回) あらすじ キム・ジソク ソン・ジェリム: 韓国ソウルから。(旧)

優しくない女たち あらすじ

祖母、娘、孫・・3世代に受け継がれてきたものは過酷な試練。 それぞれが自分の過去に苦しむ中、、、時だけが無情に過ぎていく…失われた過去をどうしてくれるの?どうすれば幸せになれるの? 人生と正面から向き合って問い続ける女性たち! 彼女たちが最後に下した結論は・・!? それは大盤振る舞いをして生徒たちに麺をごちそうすることでした・・。 この作戦は大ヒットしてマリの講義には多くの生徒が集まりますが、それと同時にマスコミにも注目され、マリと生徒たちの様子はテレビで報道されてしまいます。 そんな活発なマリにはヒョンスクという母親がいました。 ヒョンスクは立派に娘を育てあげた母親でしたが、高校を中退したことでひどい学歴コンプレックスを持っています。 一方、ヒョンスクの姉は人気アナウンサーとしてテレビで活躍しています。 そんなある日のこと、マリは剣道場の師範、ルオと出会います。 二人は互いに惹かれ合いますが、マリの母・ヒョンスクは二人の交際を絶対に認めようとしません。 その理由は、彼女の過去の事件が関係していました・・。 互いの母親が反目し合う中、ルオとマリの関係は何度も引き裂かれそうになりますが、それでも二人は愛の絆を強めていきます...。 見どころは数え切れませんが、何といっても個性的な実力派女優が豪華共演していることでしょう。

次の

韓国ドラマ

優しくない女たち あらすじ

takakoです。 BS12 トゥエルビで放映されていた「優しくない女たち」。 韓国での口コミ評価が高かったのは納得。 ネタばれあるので、ご注意を。 韓国での口コミ評価が高いドラマって、家族再生物語。 正直、「優しくない女たち」というタイトルと、最初の数話を見る限りは家族再生物語とは思えないのですが、見続けると、家族再生物語そのもの。 そう、過去のある出来事がきっかけで、家族の気持ちがばらばらになった状態からドラマはスタートし、紆余曲折いろんなハプニングを経験し、成長していくというパターン。 一歩間違えると、ちょっとうーんってなってしまうんですが、必ずマクチャン要素を盛り込むので、飽きさせない工夫が至る所にあります。 「優しくない女たち」では、イ・ハナ演じるマリと、ソン・ジェリム演じるイ・ルオ、キム・ジソク演じるイ・ドジンの三角関係。 そもそも、イ・ルオとイ・ドジンが異母兄弟であることもずっと気付かないままドラマは平行線状態で続き、おいおいいつ気付くんだよ!と突っ込みたくなる部分満載。 それは、マリ母とルオ母が悪縁で、お互い敵だと思っている状態なのに、娘と息子が付き合っているということがわからないままなのも、いらいらさせられますが。 まぁ、このいらいらというか、いつになったらすれ違いが終わるんだよ!!!というのが、韓国ドラマの醍醐味だったりしますけどねぇ~。 それより、兄弟二人から、お互いにまったく接点がない状態で好かれるという設定もあり?という気はしますが・・・。 幼なじみとか、学校が同じで、同じ人を好きになったというシチュエーションとはあまりにもかけ離れすぎているので、ありなのか?とは疑問には思いますけどね。 で、本題の家族再生というのは、高校を退学させられたマリ母が、真人間になるという部分。 何をやってもダメだったマリ母が、父親の元愛人に出会ったことで、人生変わっていきます。 良い悪いは別として、それまでに出会ったことがないようなタイプの人がきっかげで、人生好転することはよくありますから。 さらに、死んだと思っていたマリ祖父も記憶喪失で生きていたという展開。 これでちゃんちゃんで終わるかと思ったら、マリ祖母の弟子がマリ祖母を裏切り、マリ家が困難に直面。 幸い、この一件で家族が一致団結し乗り越え、ハッピーエンドかと思いきや、マリとルオの関係は微妙なまま終了。 マリ伯母ヒョンジョンは結婚し、出産と、めでたし、めでたし。 そう、韓国ドラマのラストって、意外とハッピーエンドじゃないんですよねぇ~。 正直、私が韓国ドラマにはまるのって、ストーリー展開はありえない連続なのに、ラストだけ妙に現実っぽいところなんじゃないかなぁ~とも思えてます。 「優しくない女たち」はかなり好き嫌い別れそうなドラマなので、ホームドラマ系が苦手な人はパスすることをオススメします。 あっ、私はホームドラマ好きなので、OKですが。 2,261• 400• 440• 303• 418• 100• 340• 132• 129• 106• 3,236 ランキング アーカイブ• 115• 103• 101• 133• 159• 235• 222•

次の

優しくない女たち 視聴率 あらすじ キャスト 感想 相関図

優しくない女たち あらすじ

韓国ドラマ 優しくない女たち あらすじ 22話〜24話 最終回 放送予定 視聴率12. 長女のヒョンジョンは一流アナウンサーとして活躍中。 一方で次女のヒョンスクは問題を起こしてばかりでスノクの悩みの種だが、素直で純粋な性格の持ち主だ。 そんなヒョンスクが唯一自慢できるのは、娘のマリ。 マリは学生時代から優等生で大学専任教授を目指して頑張っていた。 そんなある日、4人それぞれの人生に一大危機が訪れる・・・。 スポンサーリンク 優しくない女たち 23話 モランにパク主事の勤め先を訪ねて探していたスノクは、パク主事の料理を食べに行き、 感動した思いを胸にメモを残す。 そのせいで、さらに溝が深まるヒョンスクとマルニョン。 そんな母親たちに交際を反対されるマリとルオ。 そしてついに両家が対面する日に、ヒョンジョンの結婚式が盛大に行われる。 優しくない女たち 24話 最終回 ヒョンジョンの結婚式が終わり一段落と思いきや、パク主事がヒョンスクに料理対決を挑んできた。 別れることを決めたルオとマリだが、結局は別れることができず、 ヒョンスクに水をかけられてもマリへの思いを貫こうとする。 ヒョンスクはそんな2人を見て、愛する娘のためにマルニョンを許してあげようと心に決める。 そして全てがうまくいきそうな予感に包まれた頃、 ついにパク主事とヒョンスクの料理対決の日がやってきたのだった。

次の