ヤマダ ウッド ハウス 評判。 ヤマダホームズの口コミ評判まとめ|実は長い歴史を持つハウスメーカー

ヤマダ電機の家!?スマートハウスで人気のヤマダホームズの特徴や価格相場は?

ヤマダ ウッド ハウス 評判

JUGEMテーマ: ヤマダグループが抱える住宅メーカーの一つで、2013年に設立された 新しい会社であり、もう一つのヤマダグループのハウスメーカー、 エスバイエルとは対照的にローコストを売りにしています。 (壁倍率は一般的な軸組の2. 5倍) 柱の寸法も従来の建築基準法指定の3. 5寸角の尺モジュールでなく、 1. 床の作りは、一般的に用いられる設置型でなく1M間隔で張り巡らせた 梁に28mm厚の構造用合板を留め、直接梁と一体化させた剛床工法を 取り入れてているので、ねじれにも強く 横揺れの強さでは一般的な 根太レス工法より2倍の強度を誇ります。 外壁は、不燃材料の外壁を標準仕様で採用している為、貰い火に強く 内壁にも火災の際には結晶水を放出する石膏ボードが張られているので 延焼拡大を防止する役割を果たし、 耐火性能にも順応した家と なっています。 空調システムには24時間換気システムを導入し、2時間ごとに室内の 空気を浄化させ、 住宅表示制度では耐震等級(倒壊防止・損傷防止)、 劣化対策等級、維持管理対策等級、断熱等性能等級、ホルムアルデヒド対策等級と 6項目で最高等級をクリアし、長期優良住宅に対応した家となっています。 <長所> ローコスト系メーカーであるものの、住宅の性能はあらゆる面で 高い水準を満たし、価格的にも予算に応じて希望に合った家に する事が出来ます。 <短所> 注文住宅ではあるものの、完全自由設計でなく規格住宅的な 色合いが濃い部分がある為、外観は限られた商品タイプに限定され 間取りのプランも自由度は高いものの、限られた仕様となります。 1 archives.

次の

【2020年版】注文住宅おすすめハウスメーカーランキング20社!絶対失敗しない口コミ評判の良い会社は?

ヤマダ ウッド ハウス 評判

ヤマダウッドハウスの特徴や口コミ、評判を調べてみました ヤマダウッドハウスの特徴や口コミ、評判を調べてみました。 愛知県内に注文住宅を建てるにあたってどこの業者に頼めば安心できるのか、参考になる情報を集めて紹介します。 口コミ満足度 施工技術力 施工実績 コストパフォーマンス ヤマダウッドハウスの強みや特徴 ヤマダウッドハウスは、家電量販店のヤマダ電機が手がけるハウスメーカーです。 リーズナブルな価格と長期安心保証で注文住宅&スマートハウスを提案しており、その特徴は以下のようなものが挙げられます。 最長60年保証(構造躯体)• 10年間何度でも無料サポート(住宅設備)• 地震に強い耐震木造住宅• 高気密高断熱だから光熱費もお得• 世界最高レベルの建築木材、檜の住まい(柱、土台) これまでの事業で培ってきたノウハウを住宅事業にも活かしており、たとえば住宅設備10年無料サポートでは、通常は1~2年程度で終了してしまうメーカー保証の期間終了後も、ヤマダウッドハウスが保証を行っています。 こちらは何度でも受けることができるサービスで、もちろん新品交換含め 全額無料修理の対応を行ってくれるそうです。 金額に関しては、ヤマダ電機独自の竜つシステムを活用することで、住宅業界に存在する中間マージンをカットし、コストダウンを実現しています。 家電業界で培ったノウハウを活かすことで、スケールメリットを最大化し、全体での低価格化を叶えることができました。 もちろん、家は建てるまでがゴールではなく、建てた後からがスタートです。 そのため、住み始めてからかかってくる光熱費やメンテナンス費用などが抑えられるよう、長期優良住宅の提案も積極的に行っています。 ヤマダウッドハウスの口コミや評判• 標準装備が充実している ローコストですが住み心地には不満はありません。 標準装備も充実していて、建築途中に何度も現場に足を運びましたが職人さんの態度や作業風景など特に問題なく、安心しておまかせすることが出来ました。 設計のときは積極的に意見を まだ歴史が浅い会社ということもあってか、提案時には営業さんに任せっきりにせず、こちらから希望を出していくことが大切かなと思います。 意外と対応してくれることがありますよ。 おかげで楽しみながら家づくりをすることができました。 ちなみに、低予算で家を建てられる複数のハウスメーカーに図面を持っていきましたが、金額にはたいした差は出ませんでしたね。 ヤマダウッドハウスの住宅展示場 よりイメージを膨らませるためにも、お近くの展示場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。 愛知県内だと3か所にあります。 半田展示場 京都府/N様邸 内と外をつなぐ中庭の存在を効かせた巧みな空間設計で、快適な暮らし心地を実現しています。 千葉県/H様邸 家族団らんに寄り添う天窓や吹抜け、本棚を設けたいという全ての希望が叶ったリビングになっています。 ヤマダウッドハウスの会社概要• 企業名:株式会社ヤマダ・ウッドハウス• 所在地:群馬県高崎市栄町1番1号• 設立:2013年11月• 資本金:4億9,000万円• 従業員数:530名• 施工実績:-• アフター・保証:3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年の定期点検、長期優良住宅の認定を受けた住宅は最長60年の保証。 それ以外は30年保証。

次の

ヤマダ・ウッドハウス

ヤマダ ウッド ハウス 評判

1951年に三成建築工業株式会社が設立され、その後エス・バイ・エルに社名が変更され、ヤマダ・エスバイエルが誕生したのは2013年です。 そして2018年にヤマダホームズが誕生しました。 ヤマダホームズでは注文住宅を得意とされていますので、注文住宅を検討されている場合、坪単価がどれぐらいに設定されているメーカーなのか?が気になりますよね。 ヤマダホームズの商品のラインナップは豊富ですが、その中でも特に目をひく商品が Felidiaシリーズで、あらゆるこだわりも実現可能とされており、坪単価もかなり高そうな印象を受けます。 ヤマダ電機の子会社ということで、太陽光やオール電化などを活かしたスマートハウスにも積極的に取り組んでいますが、今話題のZEH仕様で建てようとする場合も、かなり坪単価が高くなりますよね。 ヤマダホームズの坪単価の目安としては、60万円前後〜とされていますが、実際に見積りを取られた方やここで建築された方の坪単価を紹介したいと思います。 「現在検討中ですが、建物だけで坪あたり80万円ほどと、大手ハウスメーカーと変わらないぐらいの単価に驚いています。 オプションとしてはそこそこ付けているので仕方ないと思いますが、太陽光や床暖房などの設備は含まれていません。 」 いかがでしょうか。 ご紹介した坪単価にはかなり差があるものもありますが、 坪単価60万円前後というのは標準的なシリーズを選択した場合の目安とお考え下さい。 また、実際に展示場に行き、その展示場に一目惚れし、真似て建てようとするとかなり坪単価は高くなります。 どこの展示場でも豪華に造られていますし、材料や設備のグレードなども一番良い物を使っていますので、坪単価が100万円ほど、もしくはそれ以上かかることもありますので、そのあたりは注意が必要かと思います。 ヤマダホームズしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> ヤマダホームズの小堀の住まいの坪単価と特徴 2018年10月1日をもって、ヤマダ・ウッドハウスとヤマダ・エスバイエルは合併し、ヤマダホームズが誕生しました。 ヤマダホームズの公式サイトをチェックしてみると、注文住宅のラインナップが豊富に用意されています。 「Felidia」をはじめ、万が一の地震や災害時に備えた「Felidia 2x6」、欲しかったスペックがフルで装備されている「スーパーフル装備住宅」、平屋住宅の「Felidia平屋」、規格住宅の「ウッドセレクション」などがラインナップされています。 そして、住まいのラインナップの一つに「小堀の住まい」があります。 小堀の住まいでは、住まいの造形美、個性美、機能美に徹底的にこだわっており、また住む人のオンリーワンを追求した住まい造りを実現されていますが、公式サイトで紹介されている実例はどれも豪華で、気になるのはお値段です。 この小堀の住まいは、ヤマダ・エスバイエルの時もラインナップにあった商品ですが、最高峰の注文住宅の位置づけにあり、豪邸シリーズとしてあらゆるこだわりにも対応されていた商品でもあります。 ヤマダホームズが誕生したのは最近ですから、小堀の住まいの坪単価などの詳細は不明ですが、ヤマダ・エスバイエルでは小堀の住まいが坪単価65万円〜となっていたようで、おそらく坪単価は同じぐらいではないかと予想しています。 ただし、ヤマダホームズの小堀の住まいはオンリーワンを追求しているということで、標準仕様から変更する箇所も増えると思いますし、オプション次第では坪単価がかなり高くなり、80万円台、90万円台を超えてくるケースもあると思います。 そうなってくると、大手ハウスメーカーと変わらないぐらいの坪単価となりますので、大手メーカーも視野に入れながら検討されることをお勧めします。 中でも、「スーパーフル装備住宅」というインパクトのあるネーミングに目がとまったのですが、この商品は自由設計の注文住宅にハイグレードな住宅設備、エアコン、LED照明、カーテンのほか、インテリアや家電に至るまで、暮らしに必要なものが全て完備されている商品です。 新築時にこれまでの家具や家電を処分し、新たにその家の雰囲気に合わせ家具や家電を新調される方は多いと思いますが、最初からフル装備だと入居までもスムーズで助かりますね。 もちろん、高気密・高断熱仕様や長期優良住宅に対応していたり、住宅設備には10年間の無料サポートが付いていますし、万が一、設備が故障した際には無料での対応が可能など、手厚いサービスを受けることもできます。 このように仕様の面でも非常に充実しているので、安心して暮らすことができる住まいでもあります。 そんなヤマダホームズのスーパーフル装備住宅で建築をお考えの場合は、価格や坪単価も気になるのではないでしょうか。 スーパーフル装備住宅の価格に関しては、具体的に記載されていませんが、ヤマダホームズの坪単価として50万〜65万円程度とされており、この坪単価を元に、40坪ほどの家を建てる場合の費用は、2,000万〜2,600万円程度と予想できます。 この価格帯をみると、ローコスト住宅ではないものの家電製品やカーテン、インテリアなど暮らしに必要なものが全て完備されていることを考慮すると、非常にコストパフォーマンスに優れている印象を受けます。 ヤマダ電機グループだからこそ、性能の良い設備を比較的安価に建てることができるということは、ヤマダホームズを選ぶ最大の強みではないかと思います。 ちなみにですが、システムキッチン、バスなどはリクシルをはじめいくつかのメーカーの商品の中から選ぶことが可能なようです。 ヤマダホームズの平屋の坪単価と特徴 住宅業界の中で非常に長い歴史を持つヤマダ・エスバイエルと、注文住宅を適正価格で実現されているヤマダ・ウッドハウスが合併し、2018年10月にヤマダホームズが誕生しました。 そんなヤマダホームズで平屋住宅を検討中の方もおられるのではないでしょうか。 なんといっても平屋は、生活動線がフラットで暮らしの全てがワンフロアで完結するという便利さがあり、将来の事を考えても安心して住むことができる家でもあります。 最近、平屋住宅への人気が高まっており、おしゃれな平屋住宅を取り扱うメーカーも沢山ありますが、ヤマダホームズでも平屋住宅として、「Felidia(フェリディア)平屋」といった商品がラインナップされています。 ヤマダホームズでは、シングルライフプランをはじめ、ファミリープランや二世帯住宅など、平屋ならではの魅力を最大限に活かした住まい造りを実現されています。 一般的に基礎や屋根の面積が増えるため、二階建てで建てるよりも平屋の方が建築費用が割高になると言われており、ヤマダホームズの平屋建ての坪単価も気になるところです。 しかし、最近ヤマダホームズが誕生したばかりということで、フェリディア・平屋の坪単価や建築費用に関する情報は見当たりませんでした。 ただ、会社名が変わったものの、坪単価がガラッと変わったというような情報はありませんので、坪単価としては60万円前後〜が一つの目安となりそうです。 ローコスト系のメーカーよりは坪単価は高く設定されていますが、大手のメーカーよりは坪単価は安く設定されています。 ヤマダホームズの平屋を検討しているものの、ちょっと予算オーバーという方には規格住宅の「ウッドセレクション」がお勧めです。 ウッドセレクションでは、間取りなどを基本の54プランの中から選ぶことになりますので、設計の自由度は低いですし融通がきかないこともあります。 しかし、その反面、価格に配慮されていますし、単純に安いというだけではなく、断熱性や耐震性などにも優れており、また設備や部材のクオリティもしっかりとキープしています。 ウッドセレクションのプランの一例として、平屋建てが用意されており、2LDKや3LDK、4LDKが紹介されていますので、家族構成に合わせてより最適なプランを選ぶことができます。 ウッドセレクションは、屋外給排水工事費用や設計費用などの必要な費用が、コミコミ価格で提示されているようですね。 非常に良心的ですが、気になる詳細はお近くの展示場にてお問合せ下さいと記載されているため、具体的な坪単価や価格帯に関しては分かりませんでした。 「うちの場合値引きはありませんでしたが、住まいづくり応援キャンペーンとして100万円分のサービスがあったので、それが実質的な値引きとなります。 」 いかがでしょうか。 上記の口コミを見る限り、ヤマダホームズでは原則、現金値引きが行われていないようですね。 ただ、期間限定のキャンペーンが開催されることもあるようなので、キャンペーンの期間を上手く利用することで、通常よりもお得に契約することが可能となります。 ちなみに、現在ならスマートハウス住宅の実現を応援するというキャンペーンが開催されています。 期間中に契約すると、先着500名の方にスマートハウス住宅実現に必要な100万円分の設備が自由に選べるという内容のキャンペーンです。 しかし、このようなキャンペーンは期間限定とされていますが、1年を通して何かしらのキャンペーンが開催されているとの情報もありますので、キャンペーンだけで急いで契約する必要はなさそうですね。 ヤマダホームズしか検討していない方は要注意 合わせて読みたい記事>> ヤマダホームズの評判は実際どうなの? 2018年10月1日よりヤマダ・エスバイエルとヤマダ・ウッドハウスが合併しヤマダホームズが誕生しました。 もとは、1951年に三成建築工業株式会社という社名でスタートしており、その後エス・バイ・エル、そして2013年にヤマダ・エスバイエルとなり、現在のヤマダホームズと、正直、よく社名がコロコロと変わるなぁ、、といったイメージが強いです。 もちろん、ヤマダホームズは住宅業界の中でも非常に歴史が長いメーカーではありますが、社名が変わると会社体制も変わってしまうのでは?といった不安も付きものですし、世間での評判も気になると思います。 そこで、今回はヤマダホームズ(ヤマダ・エスバイエル)の評判を徹底調査しました。

次の