恵比寿 すずらん 接客。 [B! 炎上] 痛いニュース(ノ∀`) : 恵比寿の食べログ3.5のラーメン屋「すずらん」、ボッタクリで出ようとすると店員に恫喝されるらしい

中華そばすずらん(恵比寿)レポート|1杯3500円ご褒美ラーメン【2019年7月】|倹約リッチ生活

恵比寿 すずらん 接客

「・・・帰ってもいいですよ」 「帰ります」 「はぁ!?ふざけたこと言ってんじゃねえよ!!!」 このやり取りで激高して怒鳴られるっていうのは確かに怖い。 飲食店でこんな対応されたの初めてで衝撃だったためにツイートしたのかもしれない。 「僕らも無理にここで食べたいわけではないので」と同行男性が言ったったのは、店員の帰れオーラが凄かったので一言いいたかったんでしょう。 もしかしてすずらんの店員は貸し切りだったのに客が来て態度が悪かっただけかもしれない。 — 高級中華麺酒房 中華そば すずらん suzuranshibuya 早く返事せんか! — 高級中華麺酒房 中華そば すずらん suzuranshibuya Googleの口コミを転載したツイートにも絡みに行くすずらんアカウント。 ツイート主=レビュー者と思い込んだのか、なんか怒ってます。 完全な逆ギレですね。 (本物だとして)SNSでもこんな態度を取ってしまうお店ってどうなんでしょうか。 (うまそう。。。 ) 恵比寿すずらんは麵やスープ、使う具材全てが手作り。 自分の製麺所があり毎日麵を作っているとか。 肉もかたまり肉から掃除してチャーシューにしたりミンチにしたりと,,,手が込んでいます。 値段が高いのはそれだけ手が込んでいるから。 「値段がー」「コスパがー」 という客は元々相手にしていないんでしょう。 ただそれならね、一見さんお断りとかしないと。 夜は麵類+1品。 お通しあり 夜はラーメン以外に一品注文が必要です。 仕方なくビールを注文したら、頼んでもないお通しが出てきました。 会計時に気がつきましたが、お通し600円。。。 ちなみにビール800円。 ラーメンは中華麺で1150円。 恵比寿すずらんは夜は麵類だけでなく+1品頼む必要があるようです。 しかもお通しが勝手に出てきて600円。 600円かー。 ? もちろんつけ麺も、麺がモチモチして美味しくて、接客とサービスに溢れたステキなお店でした — たっくん leotakumi0814 ラーメン店でもお通しがあるお店はあります。 例えば麺匠竹虎。 こちらは無料のお通し。 「600円のお通しならラーメン食べられるな」 と考えるお客はターゲットじゃないんでしょうね。 恵比寿すずらんは高級中華店。 ラーメン屋でも居酒屋でもありません。 潜在意識を変えていかないとダメかもしんないです。 2004年当時の価格表。 物価が違うのでアレですが庶民的な料金体系です。 「恵比寿すずらんはぼったくり」 という人の中には、昔のすずらんを知っている人が含まれているかもしれません。 すずらんは昔から接客態度が悪いという話があります。 客を客とも思わない態度を取られた• 初見でぞんざいな物言いをされた• まだ出ないのに値段を連呼されて店員同士で笑ってた という口コミがネットや食べログでも見受けられます。 逆に「店員が入れ替わって好意的になった」という口コミもありました。 ラーメンの価格が安かった時代から店員の接客は変わっていません。 もしすずらんのラーメンを食べたければ、接客態度に癖があることを承知の上で行く必要があります。 すずらん店主の考えが「接客<商品」というのがあるかもしれません。 飲食店は頑固な店、癖がある店は一定数あります。 人気店だから王様のように接客されるということはありません。 恵比寿すずらんは食べログ評価で3. 6の人気店で、テレビで取材されたこともあります。 しかしぶらりと入った訳じゃないなら、もう少し調べればすずらんの悪い評判を知ることはできました。 嫌な目に遭いたくなければもう少しネットやSNSでリサーチする必要があります。 予算: ¥10,000~¥14,999 ¥8,000~¥9,999 と食べログでもすずらんの単価が高いことはわかります。 店員の接客態度が悪くて不愉快な思いをした口コミも載っていました。 人気があるラーメン店で有名人が訪れてテレビの取材もある。 「天狗になったのか」と思ったのですが、 すずらんは昔から接客が悪いと癖のあるラーメン店だったんですね。 私はビビりなので、仁王立ちした店員目の前で高いラーメン食べても味わからないかもw.

次の

すずらん 恵比寿店 最新のレストランの口コミ(2020年)

恵比寿 すずらん 接客

Contents• 中華そば すずらん/恵比寿 ラーメンレポート 先日、テレビ番組「 レディース有吉」で1杯 3000円以上するラーメン屋があると紹介されていて、すごく気になったので、仕事の出張のついでに行ってきました。 場所は 恵比寿から 徒歩2~3分ぐらいのところにある「 中華そば すずらん」というお店です。 店内には自分一人で、息のつまる空間! お店の概観は特別高級感があるわけでもなく、普通のラーメン屋と同じような印象。 店の前にはラーメンの見本となるメニューがいくつか飾られているが、そこには値段の表示は無し! また、事前にネットで調べた情報によると、店主の 接客態度に問題があるとのコメントがたくさんありました。 そのせいで、めちゃくちゃ気を張って、どきどきしながら店内へと入きました。 かなり早い時間に行ったので、店内には自分1人に店員が2名の空間で息が詰りました。 お水とおしぼりを出してくれた印象は別に普通でした。 圧倒されるメニューと強気な料金設定 メニューを開けると、チャーシュー麺、ワンタン麺などなじみのあるメニューから、フカヒレ、伊勢海老、ズワイガニなどラーメン屋らしからぬ文字も並びます。 ラーメン1杯安くても2500円でフカヒレなどのラーメンは値段すら書いてありません。 お、おそろしい! とりあえず、メニューに圧倒された私は 3000円のチャーシュー麺を頼みました。 メニューを見た感じ、無難なメニューとして チャーシュー麺か ワンタン麺が人気そうです。 後から気づいたのですが チャーシューワンタン麺という、人気メニューを同時に楽しめるものがあったので、後からこれにすれば良かったと、後悔しました。 初見だった私は値段の書いていないものは怖くて頼めませんでした。 さて、何とかメニューを頼み終え、改めてメニューを観察していると、 ドリンクの値段から、サイドメニューまで、 高級中華店並みの強気な価格です。 さらにメニューには大きく「 店内やメニューの撮影は禁止、料理の撮影は事前に言ってください」という主旨の内容が書いてあったので、慌てて「写真撮らせてください。 」と許可を取ってみると反応は薄く、無愛想な返答が。 ネットの評価はこういうことか。 そう思い、それ以上あまりしゃべらないようにしました。 こだわりの感じる上質な高級ラーメン そうこうしているうちに、ラーメンが目の前に運ばれてきました。 大きめの器に透き通った 中華スープ、中には細めの麺が、上には チャーシューがぎっしりきれいに並べられています。 スープを一口飲んでみると、上品な味ですが、ちゃんとコクと旨みが感じられ、濃い目の味付けが好きな私ですが思わず「 うまぁ...」と声が出そうでした。 こだわりを感じる繊細な麺とスープには一体感があり、最後までおいしくいただきました。 中華そば すずらんの場所 場所は 恵比寿駅の西口から 徒歩3分ぐらいのところです。 近くには有名な 猿田彦珈琲の本店や、本格的な タピオカを飲むことができる「 閑茶坊(かんちゃぼう)」のお店などがあるため、開店の待ち時間や、食後の休憩にも使うことができます。 まとめ 確かに値段だけにいい食材を使っているのだろうとは思いますし、おいしかったですが、 3000円という価格はどうも引っかかります。 毎度毎度食べにいけるような価格ではないと思います。 (せめて1800円程度にしてくれたら...)ただ、 話題・思い出作りにはちょうどいいので、本当に自分ががんばったご褒美やボーナスが入ったときなどに、食べに行くようなご褒美ラーメンとして皆さんも食べてみてはいかがでしょうか。

次の

こんなに高いラーメンがあるなんて 東京のラーメン / 恵比寿『 すずらん 』

恵比寿 すずらん 接客

【お味は良、接客は超難】 去年、ラーメン女子博でここのラーメンを食し、 とても美味しかったし、いつか本店にも伺えたら… と思っていた最中、念願叶っての訪問に。 ここは、単なるラーメン屋だと思って 入店されない方が良いかと思います。 店内は割烹のような雰囲気で、カウンター10席。 ちょうど2席空いていて、それ以外は満席。 厨房を仕切る男性店員、白髪のマダム、 年配のおじさま(店主)の三名体制でした。 大振りの海老雲呑は旨味がギュッと凝縮されていて、 食べ応えもしっかりとあって…これは凄い! 麺は少し歯応えも感じられるコシが強いストレート。 味わい深くキレのある、透明度の高いスープと 相まって文句なしの美味しさ。 チャーシューも一見固めかと思いきや、 食べるとホロっと崩れます。 メンマは短太で、味がしっかり染み込んだ本格派。 まあそれ相応なお値段ですし(笑)、 このくらいのパフォーマンスは当然かもですが、 こだわりが感じられる非常に満足度の高い一杯でした。 焼売もそれぞれの美味しさが光っていて最高! 【接客総評】 まず、入店しても迎え入れてもらえた感じもせず、 マダムから席案内も淡々とされて若干嫌な予感が。。 オーダー時の店主の急かすような 無機質でぶっきら棒な対応や、 厨房から感じる男性店員のチラチラ視線。。 店内の雰囲気も厳粛で、他愛もない話を 気軽に出来るようなラフさも全くなく、 相方さんと他愛もない話を交わしただけなのに 厨房から幾度となく睨まれ、 監視されてる感が否めませんでした。 撮影禁止や、二品オーダールールからも きっと、店側の強いこだわりがあるのでしょう。 ですが、他のお客さんに対する 男性店員の強気な上からの態度や 罵倒するかのような発言を目の当たりにしてしまい、 正直、不快な気持ちに。 お店側の独自ルールを把握してなかった客側にも 非があるっちゃあるんでしょうが、 厨房から男性店員が言い放っていた言葉が こちらにもグサグサと突き刺さりました。 土地柄もあって値段設定が高いのも、 メニューの中でもなるべく高いものを頼んでほしい 店側の気持ちも分からなくはないです。 ただ、「他のお客はこういうのを頼まれている」と 超高価なフカヒレや蛤麺のメニューを指しながら お客側に言い放つのはあまりに嫌味が過ぎるし、 単価の安いものを頼む客を貶すような態度に思えて さすがにドン引きでした。。 (蛤は4,000円程) 麺+ビールを頼んだカップルにも店員の当たりが キツい感じが。。 (ビールは単価が下がるから?) もちろんルールはルールです。 お店側のルールに従って食べるのが お客側のマナーであるのは当然ですし、 それができなきゃウチに来るな!という お店側の主張も理解はできます。 ですが、伝え方って大事かなと。 まずルールを守って欲しいのであれば、 店頭にも分かりやすく掲示して、 客側にも周知させておくべきかなと。 事前に調べても来ない客が悪い!と言われれば それまでなのかもしれませんが では、何のための商売なんでしょう。 単純に利益だけ取れれば良いって話なんですかね。 高いお金を払ってでも、このラーメンを食べたいと 楽しみに来た人たちに満足して帰ってほしい、 そういった気持ちもないんでしょうか。 せっかくクオリティの高いものを提供されていても、 これじゃ後味も悪いしガッカリ。 客の機嫌を取る必要はないですが、 客を客とも思ってないような態度を取る店員を見て わたしはリピートしたいと思えませんでした。 厨房にいた男性店員からは、退店時に 「ありがとうございました」の一言もナシ。 本当にこれで良いって言えるのかな。。 コメント 8•

次の