ハムスター に あげ て いい 野菜。 ハムスターの餌!食べて良いエサと食べてはダメなエサ|ペットの飼い方【ペットシイク】

ハムスターにあげても良い野菜ってなにがありますか?ハムスターにとっ

ハムスター に あげ て いい 野菜

食べっぷりがいいので、たくさん与えたくなりますが、果物は水分が多いので与えすぎは下痢になってしまうことがあるので注意が必要です。 ですから、適度に与えるようにしましょう。 また、果物の中にはハムスターにとって良くないものもあります。 今回は、ハムスターが食べられる果物と、与えてはいけないNGな果物についてをご紹介します。 スポンサーリンク ハムスターに与えていい食べ物の基準は? 基本的なところなのですが、ハムスターにとって毒かどうかということが大切です。 ハムスターは雑食性なので何でも食べます。 ですから、飼い主のほうでハムスターにNGな食べ物をきちんと把握しておかなければいけないのです。 例えば、果物ではないのですが、ハムスターに絶対に与えてはいけないものがあります。 それが、飼い主さんなら当然知っているであろう玉ネギですね。 玉ネギに限らずネギ系はハムスターにとっては御法度です。 説明すると難しくなってしまうのですが、玉ネギを食べると大方の動物は赤血球が破壊されて貧血状態になるそうです。 大きな動物であれば影響も少ないようですが、ハムスターのような小動物になると影響はかなり大きいのです。 ですから、玉ネギは言わずもがななのですが、ハムスターにとっては絶対にNGな食べ物と言えます。 栄養があることが重要 ハムスターにとって栄養があることが大切です。 果物や野菜などは副食あるいはおやつと考えていいでしょう。 ですから、好物でたくさん食べるからといって多く与えるのは控えるようにしたいものです。 特にハムスターは見ての通り、体が小さい動物ですから、すぐにお腹がいっぱいになります。 栄養がないものを与えてしまうと、結果として成長に必要な栄養素が摂取できなくなるのです。 きゅうりなどはハムスターが好んで食べる食材ですが、きゅうりも実はそれほど栄養がありません。 水分が多いので却って下痢を起こしてしまって、必要な栄養分まで排出することで、栄養不足になってしまうのです。 ですから、何でも食べるから与えるのではなく、必要なカロリー計算をして与えるようにしたいものですね。 カロリーが少ないのも問題ですが、カロリーが高すぎるのもまた問題となります。 良く食べるので、高カロリーになってしまうと肥満になる危険性が高くなるのです。 また、高カロリーとなる食事を続けていると様々な病気の原因にもなるので注意が必要です。 スポンサーリンク 果物は何でも食べます ハムスターは基本的に果物でしたら何でも食べると考えていいです。 そして、果物でしたら何を与えてもそれほど害はないでしょう。 かといって、何でも与えていいというわけではありません。 例えば、ハムスターは果物の中でもリンゴは好んで食べるほうです。 しかし、リンゴは酸っぱいですし、ハムスターは味覚がわかる動物で甘いものを好む習性があります。 ですから、りんごやみかんなどの果物は食べるのですが、それほど多く食べるものではありません。 たくさんあげても残してしまうことがあり、果物はよく知られているようにすぐに腐ってしまいます。 ですから、与えて食べなかったらそのままケージの中に置いておくのではなくてすぐに取り出すようにしましょう。 ハムスターと遊んでいるときにおやつ代わりに少し口に含ませる程度でいいかもしれません。 前述していますが、果物は水分が多いので、害はないとはいっても食べ過ぎて下痢を起こすことが多いです。 ですから、少量をおやつ代わりに与えることがポイントです。 食べっぷりがいいとついついたくさんあげてしまいがちですが、与える量については、飼い主さんのほうでしっかり管理するようにしましょう。 ハムスターが食べられる果物、与えてはいけない食べ物一覧 ハムスターが食べることのできる果物は以下になります。 リンゴ、オレンジ、みかん、メロン、キウイフルーツなどですね。 甘い物が好きなハムスターのイメージですが、メロン以外は少々酸っぱそうです。 もっとも甘い物が好きというよりも、何でも食べるのでそんなイメージができたのかもしれません。 いくらでも食べていいというわけではありませんが、成分的に問題なく与えてもいい果物ばかりになります。 もちろん、与えるときはおやつ程度でいいでしょう。 遊んでいるときについでに与えるといった感覚で十分です。 水分が多いので下痢には注意してあげてください。 食べる姿が可愛いのでついつい与えてしまいがちになりますが、そこは飼い主さんの忍耐も試されそうですね。 与えてはいけない食べ物は以下になります。 ネギ、レンコン、銀杏、チョコレート、パイナップル、バナナ、ブドウ、栗などです。 ネギ系は前述したとおりです。 レンコンも毒となるタンニンが入っています。 人間は体内でそれを無毒化できるのですが、ハムスターにはその機能がないので危険な食材とされています。 銀杏は人間の子どもには体に悪いとされているので、ハムスターにも危険な食材となりえますね。 雑食性で何でも食べるとされているハムスターですが、基本となるハムスターのペットフード以外はそれほどムキになってあげる必要はないでしょう。 与えてはいけない食べ物を把握しておいて、あとは適度に、というくらいで十分ですよ。 スポンサーリンク - , , , ,.

次の

ハムスターに良い食べ物は?野菜のあげ方や好き嫌いをご紹介!

ハムスター に あげ て いい 野菜

あなたは、ハムスターへあげる おすすめの野菜ってご存知ですか? 身体も非常に小さいので 量や頻度もかなり重要なんですよ! てきとうにあげてしまっては、大事な家族(ハムスター)の 寿命を縮めることになりかねません。 では今回は、• おすすめの野菜• 栄養バランス なども見ていこうと思います。 それでは、見ていきましょう。 緑の野菜たちに比べて、食いつきが少し悪い。 あと個人的にですが、のどのつまらせないか、、などの心配もあり、、 って、感じですね! あげ方は、簡単に水で浸してアクをとり、茹でてから冷やしてあげるのですが、 あんまり。。。。。。 5cm角くらいですね。 結論、イモ類はどちらでも良かったりします。 では、続いて第4位です。 ビタミン関係が多く入っているので、とても健康には良いのですが、ハムスターには中々といったところです。 生野菜を基本的にはあげていますし、茹でていますし水分は多く含んでいます。 なので残っているようであれば、次の日に持ち越さずに捨ててあげて下さい。 ですが、これに関してももしもの時のメリットもあるんです。 そんな時に、野菜はいけるのか? ってところですが、正直、、、、、、、、 微妙ですね。。。 あげれるのはあげれますし、通常時のご飯量くらいなら、野菜でも食べてくれます。 あと、ハムスターはご飯を隠す習性があるので、それをケージ内に隠しているかもしれないので、 何とかやっていってもらうしかないです。。 もし、いけるのなら気づいた瞬間に買いに行ってほしいです。

次の

ハムスターに野菜であげていいものは?おすすめを紹介!!

ハムスター に あげ て いい 野菜

ハムスターのエサ種類 ハムスターは雑食性で何でも食べます。 しかし偏ったエサはやはり栄養バランスが悪くなり健康にも影響します。 ハムスターのエサにはいろいろありますが、ペレットを主食に野菜、穀類、の他にも動物性のタンパク質が必要になります。 これらの物をバランス良く与えましょう。 ペレット ペレットとは、人工的につくられたエサです。 ペレットには半生の物や乾燥した固形のタイプがあります。 半生は傷み易いので長期保存には適していません。 乾燥した固形の場合は日持ちが良く、しかも硬い事でハムスターの歯が伸びすぎるのを防いでくれます。 基本的に栄養バランスを考え凝縮されてるのでこれを主食に他にもいろいろハムスターに与えましょう。 ハムスターは意外と好き嫌いがあるので食べてくれない事もありますが、慣れさせれば食べてくれます。 栄養成分ですがタンパク質16%、脂肪5%、繊維12%以上を目安に選ぶと良いと思います。 野菜 ハムスターにとって野菜も主食の一つです。 野菜の水分があれば、給水器の水を飲まなくても平気な場合があります。 野菜をあげる時は水でよく洗いましょう。 農薬がついてると良くないですからね。 洗ったあとは水分を拭き取るなりして水気をとりましょう。 そして食べやすい大きさに切ってあげましょう。 ハムスターが両手で持てる位が良いと思います。 これらは少なめにあげましょう。 種子 ハムスターにとって種子は嗜好品でありとても喜んで食べます。 しかしカロリーがとても高いので、与えすぎると肥満になりますので、分量には気をつけて与えましょう。 ヒマワリの種、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ピスタチオ等 野草・牧草 自然界では普通に生えているので公園など探せば野草は手に入ります。 必ず必要ではないですがたまには与えても良いと思います。 また何が付いているか分からないので与えるときは水で洗いましょう。 ハコベ、タンポポ、クローバー、ナズナ、オオバコ、アルファルファ、チモシー等 動物性タンパク質 2~3日に一回動物性タンパク質のエサをあげましょう。 ごく少量で問題ないです。 ゆで卵の白身、煮干、チーズ、小動物用のミルク、ヨーグルト、豆腐、ゆでた鶏肉、ドッグフード、キャットフード、ミルワーム等 煮干やチーズ等をあげる場合は塩分の少ない物を選びましょう。 果物 果物は等分が多いのであげ過ぎには気をつけましょう。 あげる時はもちろん新鮮な物を選び、水洗いして与えましょう。 りんご、メロン、ぶどう、イチゴ、バナナ、パイナップル等 果物の中にはハムスターにとって有害な物もあるのであげないようにしましょう。 サプリメント ハムスター用のビタミン剤やミネラル剤が市販されています。 ハムスターの健康を保つ効果があるので、与えても良いと思います。 液状と固形などいろいろありますが、どれでも問題は無いです。 食べてはいけない物 ハムスターにとって有害な食べ物は結構人間の身近な物が多いので気をつけましょう。 また食べて良いものでもあげ過ぎると健康に良くないので糖分と塩分には気をつけましょう。 食事の与え方 エサの与え方 ハムスターのエサの与え方は一日一回夕方に与えましょう。 なぜ夕方かというと、ハムスターは夜行性なので調度起きた頃にエサを食べるからです。 与えるものは基本はペレットにしましょう。 ペレットは毎日夕方に新しいのと取り替えましょう。 水分も毎日取り替えましょう。 野菜や果実は翌朝になってまだ残ってら捨てましょう。 またカロリーの高い種子類は2~3日に一回与えれば大丈夫です。 同じように動物性タンパク質も2~3日に一回で大丈夫です。 逆に与えすぎると肥満の原因になります。 人間と同じように肥満なハムスターは健康に良くなくいろんな病気の原因にもなりやすいので気をつけましょう。 ハムスターの 一日の食事の量は体重の5~10%が目安です。 ゴールデンハムスターなら ペレット10~15グラム 水10~30ミリリットル これに野菜や果物、動物性タンパク質等を少し添えます。 ドワーフハムスターなら ペレット3~4グラム 水5~8ミリリットル これに野菜や果物、動物性タンパク質等を少し添えます。 ドワーフハムスターの場合大きすぎるペレットは砕いてあげた方が食べやすくなります。 ハムスターの中にはあまり水を飲まない固体もいますが、野菜や果物から水分を取ってるので心配はいりません。

次の