スバル レ ヴォーグ。 近いようで遠い?スバルのレヴォーグとインプレッサを比べてみました。

【新型レヴォーグ2020年秋発売!!】準備万端!! 最上級STIがGTに革新をもたらす

スバル レ ヴォーグ

新型 レヴォーグ STI Sportについて SUBARUとSTIが一丸となり、新型レヴォーグの持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、さらなる走りの愉しさをもたらす「SUBARUの走りの未来」を提示。 足回りに「電子制御ダンパー」をSUBARU初採用。 スイッチ操作一つでクルマのキャラクターを変更できる「ドライブモードセレクト」をSUBARU初採用。 従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できる。 「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちをデザインに強く込めた。 新開発 1. 8L 水平対向直噴ターボエンジン 第4世代となる 新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現。 新開発 新世代アイサイト 広角化した 新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゚センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大。 新開発 高精度マップ&ロケーター GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。 オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用。 また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載。

次の

スバル 新型レヴォーグ、正式デビューは2020年か|発売時期やエンジンラインナップも大胆予想【東京モーターショー2019】

スバル レ ヴォーグ

新型 レヴォーグ STI Sportについて SUBARUとSTIが一丸となり、新型レヴォーグの持つポテンシャルを最大限に引き出すことで、さらなる走りの愉しさをもたらす「SUBARUの走りの未来」を提示。 足回りに「電子制御ダンパー」をSUBARU初採用。 スイッチ操作一つでクルマのキャラクターを変更できる「ドライブモードセレクト」をSUBARU初採用。 従来の「SIドライブ」のパワーユニット制御だけでなく、ステアリングやダンパー、さらにAWDシステムについても制御できる。 「意のままにクルマをコントロールする愉しさ」そして「今まで経験したことのない新たなアクティビティに向かって大胆にチャレンジしてほしい」という気持ちをデザインに強く込めた。 新開発 1. 8L 水平対向直噴ターボエンジン 第4世代となる 新開発のBOXERターボエンジンにリーン(希薄)燃焼技術を採用し、加速性能と環境性能を高次元で両立。 豊かなトルクによるストレスのない質感高い走りを実現。 新開発 新世代アイサイト 広角化した 新開発ステレオカメラと前後あわせて4つのレーダーによる360 ゚センシングによって、見通しの悪い交差点での出合い頭や右左折時まで、プリクラッシュブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の作動範囲を拡大。 新開発 高精度マップ&ロケーター GPSと準天頂衛星「みちびき」を介してロケーターが自車位置を正確に特定し、高精度マップで高速道路形状をクルマが把握することで、カーブ前減速や渋滞時のハンズオフ走行支援を実現しました。 オペレーターにより消防や警察に救援を要請するとともに協力病院とも連携することで、迅速な救命活動につなげる先進の救急自動通報システムを採用。 また、ドライバーが体調不良に陥るなどの緊急時には、ボタンひとつでオペレーターにつながるSOSコール機能も搭載。

次の

スバル 新型レヴォーグ 2021 【新型車情報・発売日・スペック・価格】

スバル レ ヴォーグ

2018年07月02日 21時47分 分類:ドライブ 投稿ユーザー: さん 総合評価: 燃費評価3 走行シチュエーションでかなり変わります。 エクステリア評価4 エアインテークの中に色々入る以外はお気に入りなので。 インテリア評価4 ちょっとした古臭さと最先端技術が混在している感じを受けますが、それはそれで面白いかなと思います。 居住性評価4 ミニバンと比較してはいけません。 後部座席に拳が膝前2個以上の余裕があるのであれば必要十分だと思います。 しかも、荷室の目隠しのトノカバーが、荷室下に格納できますし、その格納スペースがまた余計なものを隠しておけるのでスッキリとした後部スペースになっています。 乗り心地評価4 運転手としては満点です。 ただ、前に乗る人には好評なのに、後部座席に乗る人にはガツガツすると不評という、なんとも不思議な現象が出ています。 走行性能評価5 車重は1. 5トンを越えるのに、1600ccでこの加速はかなりのものです。 ハンドルの切れも良いですし、気に入っています。 価格評価3 どこに基準をおくべきかわかりません。 最後まで悩んだトヨタのアベンシス、マツダのアテンザ、フォルクスワーゲンのバサート、そして同じようにスバルのレガシィアウトバック。 どこかを諦めるとどこかが抜けるし、どこかを固持すると価格が跳ね上がるというジャンルのようです。 値引きも有りましたし、結果的には当然の価格設定なのかなと。 参考になった人: 2人.

次の