日能研 算数 ついていけ ない。 中学受験 4年生から「日能研」に通わせると、どんな毎日になる? | 中学受験情報局『かしこい塾の使い方』

【中学受験】塾についていけない、成績が上がらないときの解決法は?

日能研 算数 ついていけ ない

2020年6月23日 先週、日能研で受けた 全国テストの結果が帰ってきました。 日能研の全国テストは、 国語と算数のどちらも大量の文章を読ませてきますね。 今年の3月にも受験しているのでたったの3か月ぶりですが、すっかり忘れていました。 問題数は必ずしも多くないこと、算数については3年生になり分数の教科書レベルが入ってきたことから、受験日に問題を娘から見せてもらったときには易しめな印象を受けました。 しかしながら、そこはさすがの大手塾でして、平均点は国語が99. 4点、算数が93. 1点と、100点弱という結果で予定通りということなのだと思います。 今年1月や3月の小2日能研全国テストにくらべると、むしろ少し難しかったようです。 私の印象は全く当てにならないようです・・・。 直近3回の日能研全国テスト平均点 国語 算数 2020年1月12日 2年 95. 8 102. 3 2020年3月1日 2年 105. 5 95. 5 2020年6月14日 3年(今回) 99. 4 93. 1 今回、娘は「できた!」という思いが強くて、わくわくしながら結果を見たのですが、結論としては 親子で分かれる感想となってしまいました。 その結果ですが、私の視点では、 算数はとても良くできていて、国語も良くできた結果と言え、十分すぎるくらい頑張ったねと言える内容でした。 一方、娘は、 算数はとても良くできた結果となり大喜びとなったのですが、 国語は不本意な結果となり大泣きしてしまいました。 算数について、娘には失礼かもしれませんが、10問解けば1つくらいは計算ミス、転記ミス、問題読み取りミスが起きるはずが、1つもありませんでした。 日常的には発生しているので安心することはできませんが、 小さな成功体験として娘にとっても良かったと思います。 もう一つ算数について、記述がとても良く書けていました。 日能研の記述は算数でも国語でも「0」から「5」の5段階評価となっていて、「4」でも「5」でも点数上は最高得点の10点をいただくことができます。 これまで、しっかり記述がかけたときでも最高で4までしかもらったことがないのですが、今回は算数の記述で「5」をもらうことができました。 本人は記述に苦手意識があるので、これも本人にとって 自信をつける1歩となる良い結果と言えました。 記述については、特別なにか練習している段階ではないのですが、 「10人見たら10人が納得するかな?」をキーワードに、書いてみるように伝えています。 これは、書いた文章を誰かに読んでもらったときに、「何が?」「どうして?」「なぜ?」と聞かれないように書いてみる、ということになります。 書いたあとに自分で読んでみて、いわゆる「5W1H」で問いかけしてみるといいよという点は理解してもらえているようなので、これがよく働いたのかもしれません。 国語は記述で点を落としているので完全ではないですが、今はこれで良しとしています。 国語ですが、漢字で2つ点を落としてしまいました。 どちらも遠目に見ると合っているのですが、一方はよくみるとトメるべきところで止まっていなくて、もう一方は2度書きして二重線になってしまっていることが原因での不正解と思われました。 正直なところ、受験後、結果が出る前に回答用紙を見せてもらい、わからない漢字は1つもなかったようでしたが、 最悪の場合は10問中7問不正解になると思う回答でした。 例えば、「晴」は「日」の左上の部分が飛び出て「十」のようになってしまっているのです。 今回は丸をいただけましたが、おまけのようなものなのだと思います。 塾の国語でも厳しく見られるということを知り、1~2か月位前から字を丁寧に書くように言って、漢字の練習でも厳しくつけるようにしています。 言った直後はなかなかキレイな字を書くのですが、次の日には元に戻っていたりします。 算数でも字が汚くて自分で読めないとか0のはずが6と読んでミスるなど起きていますので、 字の丁寧さは継続的な今後の課題です。 もう一つ国語について、物語文の記号選択問題、決して難しい問題ではありませんでしたが、空白回答が1問ありましたので、そちらについては娘にも今後どうしたらよいか考えてもらいました。 これは、試験中、悩んでしまって飛ばしたようです。 飛ばしたものの、時間切れで空白回答というよくあるパターンですね。 迷っても一応絞り込めていたようなので書いておけば正解だったので、とりあえずの回答は書いておいたほうが良いよと伝えました。 今回のことで、「飛ばして時間があれば後で解く」というのは、言うのは簡単ですが実際には難しいということによくわかってもらえのではないかと思います。 結果として、特に漢字だと思いますが、本人にとっては思ったほど点数が取れなかったということで大泣きでした。 この悔しい気持ちが次につながれば良いなと思うのですが、やっぱり2日もすると字がまた汚くなるので、なかなか難しいなと思うところです。 ご覧いただきありがとうございました!お役に立てたと思っていただけたら、よろしければクリックしてくださると励みになります! 合わせて読みたい記事• 昨日は日能研で全国テストがありました。 小学生の塾の模試の内容を見た経験が豊富にあるわけではないのですが […]• 先週、日能研で受けた全国テストの結果が帰ってきて、私にっては算数も国語も良くできた結果を嬉しく思っていたところ […]• 私自身の算数の勉強もはじめてみましたが、引き続き、中学受験に向けて多すぎるやるべきことの前に、それほど多くない […]• 私自身の算数学習のため、日能研の算数ベストチェックを勉強してみましたが、無事に完了しました。 中 […]• 日能研の算数ベストチェックを私が勉強しています。 例題だけですが1周しましたので、各単元の練習問 […].

次の

日能研で成績が伸びない時の対策

日能研 算数 ついていけ ない

私は、6年生の春頃からだんだんカリキュラムテストでも公開模試でも「算数」が出来なくなってしまい、授業にもついていけず、恥ずかしくて質問にも行けず、Mクラスでもいつも後ろの席に座る様になってしまいました。 Mクラスの算数のクラス平均点を下げているのは私だ・・・と、考えも後ろ向きになっていきました。 私にとっては、 Mクラスのみんなと一緒に頑張ることが励みだったのに・・・。 算数が足を引っ張ってしまい、4科偏差値も、春に過去最低偏差値になってしまいました。 受験をやめようかと、何度も何度も思いました。 両親とも受験をするかしないか話し合いました。 塾に行きたくない日もありました。 カリキュラムテストも受けたくありませんでした。 でも、 自分の努力不足だとわかっていました。 授業もちゃんと聞いていないときがありました。 テストの解き直しなんて、全然やっていませんでした。 日能研の先生に相談をしたら、 「苦手な分野の基本問題を一から解けるようになるため、そして、算数の成績を上げるために、クラスを一つ落として、自信をつけられるように頑張ってみよう」と言われ、6年の夏期講習からAクラスになりました。 初めてクラスが落ちたので悔しかったです。 たくさん泣きました。 でも、 「秋には絶対に成績が伸びるから!」という先生の言葉を信じて、Aクラスでは算数は誰にも負けないよう、気持ちを切り替えて、夏期講習のテストでは、算数はクラスで一番を目指しました。 夏休みは、難問ではなく、 解ける問題を確実にとれるように勉強しました。 テストの正答率などをみて、 正答率が高いのにミスした問題をあえてやりました。 苦手な分野に絞って、問題演習をしました。 難問は一切やりませんでした。 今までしっかりやっていなかった宿題も、しっかりやるようにしました。 強化ツールはレベル的にも復習に最適でした。 Aクラスの先生も、Mクラスに戻りたいという私の気持ちをわかってくれて、質問に行くと、 いつも親切にアドバイスをしてくれました。 ニュートン算も大嫌いでしたが、 授業をちゃんと聞いたら解けるようになり、 好きになりました。 昨年のNフレンズで、先輩たちがみんな 「算数で受験は決まる!」と言っていたのを思い出しました。 日能研の先生は 「あきらめてはだめだ!絶対にできる!」と、いつも励ましてくれました。 ノートのまとめ方も、とても苦手だった私ですが、 途中式もしっかり書くようにして、とにかく基本問題ばかりやっていました。 基本的なことをやっていたら、 不思議と応用もわかるようになってきて、正答率30%以上の問題は、絶対に得点できるまでになり、 6年の後半になったら 算数が一番の得意科目になっていました。 面積図や線分図、食塩水の絵など、しっかりノートに書けるようになりました。 そして、 Mクラスに戻ることができました! Mクラスの友達も、抱き合って、一緒に喜んでくれて、本当に嬉しかったです。 私はMクラスのみんなと頑張りたかったんです。 算数の偏差値は半年で最大18も上がりました。 自分でもびっくりです! 入試本番でも、 「算数を武器にしよう!」と思えるようになっていました。 「算数ができたぞ!」と思った学校は、第一志望を含めて、 全部合格できました! 難しい問題が解けるようになるためには、 簡単な問題がとても大事なんだと思いました。 簡単な計算でミスをしないような練習が大切だと思います。 あと、 どこでどういうミスをしてしまったのかを、自分で探して解き直すことも大事だと思います。 (私は解き直しが不十分で、成績がどんどん下がったのだと思います。 ) 苦手を得意に変えるのは絶対に無理だと思っていたけれど、 先生と両親がいつも信じてくれていたので頑張れたのだと思います。 あんなに苦手だった算数なのに、6年の秋冬には算数の偏差値を見るのがいつの間にか楽しみになっていました。 後輩の皆さんに伝えたいのは、 「努力は裏切らない」ということです。 苦手だからといって、 逃げないことが 「努力」だと思います。 苦手だからこそ、 簡単な問題からやって、自信を取り戻すと良いと思います。 基礎が固まれば、その上に、応用・発展と積んでいけると、私も先生に言われて、自分のペースで頑張ったつもりです。 とにかく、あきらめないことです!! 自分に自信が持てるような勉強をしてください。 そうすれば、受験後に 「自分で自分を褒めてあげられる」と思います。

次の

日能研を辞める?退会するならタイミングは3つ![判断の手順]

日能研 算数 ついていけ ない

日能研の算数の成績が、学年が上がるごとに落ちる理由 それは、 学年が上になるにつれてテキストの量が増えていくためです。 例えば、日能研の算数では、主に授業用の『本科教室』と家庭学習用の『栄光への道』を使用します。 この2冊だけでも小学生のお子さんにとっては十分な量です。 しかしそれに加え、『計算と漢字』、さらには6年生になると『強化ツール』や『日特問題集 銀本 』といったテキストも配られます。 これだけのテキストが用意されていれば全てこなしきれなくなっても仕方がありません。 むしろ、全てに取り組もうとすることで、宿題も手が回らなくなってしまい、復習をする時間も確保できなくなってしまいます。 それにより、学習力育成テスト 旧カリテ 対策が疎かになって、成績が伸び悩んでしまうのです。 では、次にそのような状況を変える方法をお伝えしていきます。 学年が変わるごとに、学習計画を見直していますか? 5年生のときにやっていた勉強法は6年生では通用しません。 5年生まではテキストの量も多くなく、頑張って勉強していればなんとかなった算数も、6年生では確実に復習にまで手が回らなくなってしまいます。 なぜなら、6年生はテキストの数が多くなるだけでなく、他教科の社会では、地理などの暗記科目も増えてくるためです。 その結果、6年生前半では、「どれだけ5年生までの基礎が固められているか」で成績に大きな差がついてしまいます。 6年では応用問題が増えますが、多くのお子さんが初めは解くことができません。 つまり、 基礎をどれだけ落とさないかが模試で点数を取るためのポイントとなるのです。 そのため、5年生までに基礎が固まっていないお子さんの場合は、夏期講習の始まる前の7月までに、基礎を固めなおすための学習計画を立てなければいけません。 6年生の算数の落とし穴 上記でお話したように、6年生の前半は基礎を見直すことに集中して取り組まなければいけません。 前期日特や、新たに用意されたテキストに取り組みたくなってしまう気持ちも分かります。 しかし、応用問題をむやみやたらに解くだけでは、決して成績には繋がりません。 それだけでなく、今のままの学習を続けると、最終的には「何が分からないのかが分からない」という状況に陥ります。 その結果、弱点克服のための夏期講習を無駄にしてしまうだけでなく、基礎が出来ている前提で進む夏以降の志望校対策では、授業についていけなくなってしまうでしょう。 では、そのような状態を向かえないためにはどうすればいいのでしょうか? 日能研算数の正しい勉強法とは 大切なのは、 やみくもにテキストに取り組むのではなく、各テキストの中から保護者の方が、お子さんがやるべき内容をピックアップしてあげることです。 この時のポイントとしては、計算ミスをなくしたいのか、図形の作図をできるようにしたいのかなど、お子さんがつまずいている箇所を解決するための目的をはっきりとさせてあげることです。 さらに理想をいえば、お子さんの目指す志望校に頻出の問題、良く出る問題に絞ってあげることで、お子さんの負担をグッと減らしてあげることもできるでしょう。 しかし、なかなかご家庭だけではこのような細かい対策をすることは難しいです。 第三者に頼っていただくのが理想ですが、それも厳しい場合は、次の対策をしてみてください。 まずは『本科教室』と『栄冠への道』だけで大丈夫です 最初はメインの『本科教室』と『栄冠への道』の2冊だけに集中して取り組んでください。 これだけで大丈夫なのかと不安になって色々なテキストに手を出したくなるのも分かりますが、そこは保護者の方がグッと辛抱してあげる必要があります。 お子さんがやりきれない内容に中途半端に取り組んでしまうことが、一番の遠回りとなってしまうからです。 まずは、お子さんがやりきれる内容として、『本科教室』を完璧になるまで行いましょう。 最初は授業でやったヒントやテキストの解説を見ずに、自力で解いてみます。 そこで出来なかった箇所に後で分かり易いように印をつけて、またチャレンジする、の繰り返しです。 取り組む上で、学習力育成テスト 旧カリテ の結果を見て苦手を分析できていればなお良いでしょう。 また、『栄冠への道』では基本確認をやるようにしてください。 とにかく3回でも4回でも、答えを暗記してしまう勢いで繰り返すことが大切です。 問題研究に関しては、余裕があったら取り組んでください。 『計算と漢字』など他のテキストは、この2つが完璧にできるようになってからで大丈夫です。 まとめると、 幅広く手をつけるのではなく、1つずつ確実にしてから次のステップに行くということが肝心です。 このように、お子さんの学習状況に合わせた計画を組むことが成績アップへの近道となります。 もしも、親御さんだけでは難しいという場合は、当会の中学受験専門プロ家庭教師に、ぜひご相談いただければと思います。 ご家族より 5年生の終わり頃に「反抗期」がひどくなり、親とのコミュニケーションもイライラしてしまい、成績も伸びきれなく、塾の先生だけでは限界だと思い、家庭教師をお願いしました。 土台作りがしっかりできていなかった為、勉強の方法から丁寧に教えて頂きました。 特に全国模試になると、緊張のせいか成績が伸びていなかったのですが、色々とアドバイスを頂いたおかげで気持ちもモチベーションも元のようになりました。 家庭教師の先生には大変お世話になりました。 塾の先生は時間が限られている為、なかなか相談できずにいましたが、「家族会議」の必要性、そして入試に近づいてくると、長女を囲んでONE TEAM にしてくれたことが、私にとって安心感ができました。 お子さんより 約1年間、ありがとうございました!和泉先生は、自分でノートを作ってくださったのでとても分かりやすかったです。 波間先生も同様にしてくれたので、とてもうれしかったです。 これから受験する皆さんも、自信を糧にがんばってください! ご家族より もともと5年生迄は週1回の個別指導に通っていただけで、夏休みに本格的に受験に向かい始めた為、基本事項の遅れは大手塾では追いつけない為に、足りない所を集中的に指導してもらえる家庭教師の先生にお願いする事にしました。 算数は公文をやっていた為、計算問題はある程度できていたが、中学受験特有の文章題や特殊算、図形などで表面的な理解ではなく、真の理解ができる様になりました。 理科では特に天体の理解が進み強みになりました。 子供の性質をすばやく掴みアプローチ方法を常に変化させ、その時々の最適な指導をして下さいました。 親の私でさえ先生の色々なお話で勉強させていただき、親子共々かけがえのない時間だったと思っております。 絶対的な信頼をもてる先生でした。 お子さんより 何でも知っていて、関係のないことでも深く教えて下さったところや、算数のはやくて正確な解き方をていねいに分かるまで教えて下さったところ。 そして、勉強が好きなところ。 これから受験する人へ 悔いが残らなければ自分にとって良い結果なので、自分に合った方法で勉強して下さい。 日能研に強いプロ家庭教師をご紹介します。 現在お子さんの成績はいかがでしょうか? もし、お子さんが期待する結果を出せていない場合には、「日能研に強い家庭教師」に頼ることもぜひ検討ください 私たち一橋セイシン会には、 日能研の現役講師・元講師、日能研生の指導経験が豊富なプロ講師が数多く在籍しています。 日能研のカリキュラム、教材、テスト対策、クラスアップ対策に詳しい講師です。 また、一橋セイシン会では 自宅に訪問する家庭教師はもちろん、パソコンを用いたオンライン指導も受けられます。 一方通行の映像授業(録画)ではなく、双方向のリアルタイム指導を行います。 新型コロナ感染症の影響がご心配な方やご自宅に講師を呼ぶのがご負担になる方は、ぜひオンライン指導もご検討ください。

次の