ブラック ライト。 【楽天市場】ブラックライト専門店。LEDブラックライト好評発売中です。:ブラックライトのサウスウォーカー[トップページ]

【簡単】誰にでもできるiPhoneをブラックライトにする方法!

ブラック ライト

「ブラックライト」と一言でいってもさまざまな種類があります。 しかし、安価で販売されているUV-LED(紫外線発光ダイオード)の光の波長は395nm以上ばかり。 この仕様のLEDでは、ブラックライト製品として十分とはいえません。 紫外線出力が弱い上に、青い光を強く出し、対象物に色をつけてしまいます。 青い光は可視光線と呼ばれる光であり、紫外線とは別の光。 その光では紫外線に反応する日本の紙幣やパスポートなどの偽造防止印刷を確認することはできず、対象物はただ青い光に照らされるだけです。 こうした確認を行うには、波長375nmの紫外線が必要となります。 そこで弊社では、高い品質と性能を誇る日亜化学工業製の375nm高輝度紫外線LEDを採用。 高出力紫外線LEDを使うことにより、照射対象部分をはっきりと確認できる製品となっております。 名ばかりのUV-LEDにはご注意ください。 LEDブラックライトご購入の際には、紫外線の波長をチェックすることをおすすめします。 ブラックライトとは、紫外線を放射するライトです。 その紫外線は不可視光線と呼ばれる光のひとつで、人の目にはほとんど見えません。 ブラックライトをあてて見えている光は、対象物の蛍光体が紫外線に反応した結果であり、明確にその反応を起こすためには一定の紫外線出力が必要となります。 その名の通り、人の目で見ることのできる光が可視光線で、見ることのできない光が不可視光線です。 こうした光は波状の電磁波になっており、不可視光線のひとつである紫外線の波長範囲はおよそ10〜400nmと定義されています(ちなみに可視光線の範囲はおよそ380〜810nm)。 この波長が短くなるほど、紫外線のエネルギーは大きくなります。 安価なLEDブラックライトの紫外線波長は395nm以上となっていますが、数字が高いと紫外線としてのエネルギーは低いのです。

次の

【楽天市場】ブラックライト専門店。LEDブラックライト好評発売中です。:ブラックライトのサウスウォーカー[トップページ]

ブラック ライト

イルミネーション工房(有限会社ライフクリエーション)は2008年、屋外用LEDブラックライト(灯具)を世界で最初にOEM生産し、納入・施工を行いました。 これまでおおくの公共工事や著名施設、そして海外においても使用され高い評価をいただいております。 特に蓄光石やブラックライトアートへの照射適正として群を抜いており圧倒的な実績と信頼をいただいてまいりました。 当社の主力製品のメーカー「ナイトライドセミコンダクター」は、世界で最初にLEDのUVランプの量産に成功した、世界有数の技術力を誇る日本メーカーです。 確かな製品を確かな実績と経験にもとづき、クライアント様のニーズに基づき販売する当社だからこそ安心してお買い求めいただけます。 施工計画、演出効果の検証、現場調査など何なりと当社の専門家にご相談下さい。 ブラックライトとは・・・ ブラックライトは紫色光線をだす投光器ではありません! ブラックライトは紫外線ライト(UVライト)ともいいますが、一般的に紫外線を放出する灯具のことを指します。 紫外線とは字のごとく「紫(波長)の外」で、目に見えない光線ですから紫色の光線ではありません。 同じく赤外線も本来は「赤(波長)の外」ですから赤色光線ではありません。 しかし我々がよく目にする紫外線ライトは紫色の光線を放出しています。 本来の紫外線は無色なのですが、ブラックライトと称して販売されている多くの製品は、「紫の内」すなわち紫色の可視光線が大量に放出されています。 灯具によってはほとんどが可視光線で肝心の紫外線がほとんど含まれていない灯具もあります。 機材の仕様書がないものや紫外線周波数の記載がないもの、周波数が380nm以上のものがほとんどです。 これらはブラックライトというよりは紫色ライトというべきでしょう。 従来型ブラックライトはすべてLEDに 水銀灯式はすでに製造中止、蛍光灯タイプは2020年めどにメーカーが製造中止に・・・ 2005年に世界で最初に蓄光石の路面舗装が施工され、また著名施設として日本で最初にブラックライトが常設で屋外に使用された「神戸市摩耶山きらきら小径」の既設の水銀灯式ブラックライトは、2018年4月に弊社によってLED大型投光器に入れ替え工事を完了されました。 すでに水銀灯式ブラックライトは製造過程において有害物質を排出する為、製造中止となっておりました。 また、蓄光石の常設施設として日本で最も有名な「梅田スカイビル空中庭園展望台」も2018年7月に蛍光灯式ブラックライトをLED蛍光灯型ブラックライトに入れ替える工事を終了しました。 蛍光灯に関してはパナソニックなどすでに製造を中止しているメーカーもありますが、政府の方針も踏まえ2020年までにほとんどの大手メーカーが製造を中止する予定であり、蛍光灯式ブラックライトもその中に含まれることになるでしょう。 そのような状況の中、全国のブラックライトを使用している施設、店舗においてはこの1〜2年が入替の時期となることが予想されますので、関係各位の皆様は早急にLED代替製品を準備をされることをご検討ください。 その際には当社の推奨するナイトライドセミコンダクター社の各種LEDブラックライト製品をご利用されますよう御案内いたします。 同社のLEDブラックライトは紫色の可視光線が少なく無色に近い光線を放出します。 周波数でいえば365nm〜375nm(ナノメーター)が中心です。 蓄光石やほとんどの蛍光塗料、蓄光材がこの周波数の紫外線に美しく反応します。 演出用の照明として使用する際は、演出効果の点で紫光線が強く出る機材では周囲が紫色に染まってしまうので興ざめしてしまい、効果も半減してしまいます。 さらに安全面では、これまでの機材では周波数320nm以下の紫外線B波(有害紫外線とも言われる)が含まれているものも多くあり、皮膚がんや白内障を引き起こすなど人体に重大な影響あるとの指摘もされていましたが、同社の製品は紫外線B波がほとんど含まれていないことも実証されていますので安心してご使用いただけます。 UV LED フラッドライト 名称 FL投光器60W FL投光器30W 型式 NS365-FLB-60W(広角) NS365-FLB-30W(広角) NS365-FLB-60WR(挟角) NS365-FLB-30WR(挟角) 光源 UV-LEDモジュール(16LED) UV-LEDモジュール(9LED) 照射タイプ 60W(広角) 60WR(挟角) 30W(広角) 30WR(挟角) 直射正面照度 距離:50cm 2. 5kg 3. ピーク波長365nm〜375nmに設計され蓄光石(蓄光発光セラミック)やブラックライトアートの特殊塗料に最も効果を発揮する機種です。 照射対象によって、30W,60Wのパワーと、60度(広角)、45度(挟角)の照射角を選んでいただけます。 5V 1. 5W バッテリー : 18650リチウムイオン電池 3. 蓄光石演出、ブラックライト・ アート、 くらげの演出など あらゆる分野でご利用頂けます。 6Wで従来のブラックライトの100w〜200W相当の照射効果を実現! ランニングコストはなんと最大10分の1! 地球環境にもやさしい製品です。 製造委託会社 光電気通信システム 水中タイプは照射角30度のみとなります。 この機種の通常屋外用を希望されます方は ご相談下さい。 受注生産で下記の3タイプの生産が可能です。 弊社の屋外・水中使用可能なLEDブラックライト「LEDスクエアーUV」は下記の3タイプがございます。 灯具から照射面(物)までの距離や面積などによって最適な製品を最適な位置と角度で設計・設置を行ってください。 設計段階での照射計画図だけでなく、現場での検証も必要ですので、ブラックライト照射に詳しい技術者または弊社工事部までご相談いただくようお勧めいたします。 もっとも使用頻度が高いタイプで、紫外線は約8m位まで到達します。 強い照射が必要なとき、ピンポイントで照射するとき、細い歩道などの距離を照射する場合などにも適しています。 ある程度広い面積を照射する場合に適しています。 紫外線は約5mまで到達します。 2011年6月に発売いたしました。 近い距離に対して広く照射する場合に最適です。 低い位置からの路面への照射や、至近距離から蛍光塗料などで描かれた看板への照射などにご利用いただけます。 紫外線は3mまで到達します。 5V 電流:1. 57A 消費電力:19. おもなランプ 球 タイプは水銀灯式HID、蛍光灯式、ネオン管式、LEDなどがあります。 設計におけるランプと灯具の選定は、価格だけでなく、安全性、人体への影響、省エネ、防水性、耐用時間、照射威力、大きさなどあらゆる観点から検証しなければなりません。 施工につきましては、灯具の設置場所と照射面への角度と距離、周囲の照度や演出環境などを調査する必要があります。 また、照射面での紫外線強度の測定と実際の演出効果も十分に確かめた上で決定する必要があります。 2 LEDスクエアーUVと水銀灯式HIDブラックライト比較 現在最も良く使用されている、水銀灯式ブラックライトと、LEDスクエアーUVの比較を下記にまとめています。 6W 250W 電圧 DC12. 5V DC130V 電流 1. 57A 21A 出力 3. これは世界最高のLED-UVランプメーカーのナイトライドセミコンアクター社の製品の特性で、世界中の研究室や工場の検査用として高い信頼を得ている理由でもあります。 この高い精度のランプを使用することで、安心して、さまざまな使用用途でご利用いただけるLEDブラックライト、LEDスクエアーUVが完成しました。 多くのメーカーの表示では、ピーク波長のみ表示していることが多いようですが、実際には、下左図のように、広域に分布しており、危険な紫外線B波が含まれていることも多いようです。 特に多くの来場者が来られる場所や、行政の関係する施設などでの演出などでは、実際に測定して、紫外線B波長が含まれていないかどうかを検証する必要があります。 すなわち紫外線強度で比較すれば、夜間における紫外線ライトの人体への影響は、日中の太陽光の下での活動と比較してもまったく問題はありません。 しかし、紫外線ライトにB波長(280nm〜315nm)が含まれている場合は、明らかに有害で、長時間浴びることにより、皮膚がんや白内障などを引き起こす可能性が高まることが分かってまいりました。 したがって、紫外線ライトを使用する場合、そのランプの紫外線波長についてのメーカースペックを確認し、出荷証明書やミルシートを取り寄せることが必要でしょう。 外国製など、紫外線波長が分からないブラックライトなどを、不特定多数の方が来場する施設などで使用する場合、大きな問題になる可能性があります。 すでに既設の紫外線灯具がある場合、波長と強度を実際に測定することが望まれます。 5 LEDスクエアーライトは、安全性、防水性、耐用性などの特性により厳しい審査基準で採用されています。 4%で、1000球あたり4球という比率です。 大変ご手数ですが、当製品の納入後、施工前に確認頂き、不点灯球が確認されましたなら、当社までご一報ください。 できるだけ早急に交換させていただきます。 LED-UVライトの目的は、紫外線照射にあります。 したがって1台あたり3球の不点灯が発生していても、紫外線照射効果の減少は1%以下であります。 またその紫外線強度の減少は、最高水準の紫外線強度計でも測定不可能なレベルです。 この紫外線照射効果は、灯具を設置する場所と照射面との距離と角度によって簡単に10%以上左右されるのが実情であります。 従いまして、不点灯球の発生による、紫外線照射効果への影響は、トータルで検証いたしますと、影響はほとんどないと考えられます。 また施工後に数球が不点灯になる場合もあります。 当社の施工事例では平均的に、導入後1年で10球前後、2年で15球前後、3年で20球前後の球切れが発生しています。 これらにつきましては、さまざまな原因が考えられますが、大きな原因は、LED球自らが放出する紫外線が本体樹脂を劣化させていることに起因していると考えられます。 その点は他の紫外線を放出しない他の色のLED球と違う点であります。 また生産量が小ロットの為、手作業でのハンダ付けを行っていることに起因する場合もあります。 また、電球は消耗品という観点から保証とういう制度はありません。 しかし灯具(照明器部分)におきましては1年間の保証をいたしております。 これらにつきましては、当社はもとより、LED球製造会社、灯具パッケージング会社が常に改良、改善の努力を行っているところでありますが、製品の特性をご理解いただいた上で、本製品の導入をご検討下さい。 当社では、納入後1年を経過したのち、10%以上のLED球の不点灯が発生した場合、 無償で新しい製品と交換させていただきますのでお申し付けください。 ブラックライトと紫外線について ブラックライトは、紫外線ライト(ultraviolet rays light)とのことで、目に見えない紫外線を中心に若干の可視光線を伴って放出する灯具です。 紫外線とは周波数が400nm ナノメーター 以下の光です。 したがって、「ブラックライト」と呼べるものは、ピーク波長が400nm以下でなければなりません。 信頼できるブラックライトは、製品の仕様書の中にピーク波長の数値だけでなく、周波数のスペクトラムが明示されていますので、その分布を確認し、有害紫外線(B波)が含まれていないことを確認してください。 ブラックライトは下記のように様々な用途で使用されています。 A.[ブラックライトの用途] 1.産業用としてしての利用 紙幣の真偽確認 殺菌・滅菌 製品検査(破損などのチェック) 皮膚病の検査 …など、実にあらゆる面で利用されています。 2.演出などの利用用途 お化け屋敷の演出 クラブ、ディスコなどの店内照明 ブラックラックライト・アートの演出 蛍光塗料による広告物の照射 蓄光石の演出 これまでの演出では屋内が主流でしたが、近年になって蓄光石のブームなどにより、屋外仕様のブラックライトに対する需要が高まってきました。 B.[ブラックライトの安全性] ブラックライトには下記のように様々な種類のライトがあります。 それぞれ特長がありますが、最も大事な点は、安全性です。 紫外線については一般的にあまり知られていないのですが、最も注意しなければいけないものは紫外線B波といわれるものです。 このB波は、人体に有害であることがすでに医学的には証明されています。 具体的には、皮膚がんや白内障の原因になると言われています。 ブラックライトの安全性を確かめる方法は、灯具のメーカーが、使用している電球についてのデータを開示しているかどうかです。 たとえば紫外線スペクトラムの分析表などが、有害な紫外線B波が含まれているかどうかの目安になります。 各メーカーが自社製品の紫外線周波数を365nmと記載していても、これは中心紫外線数値でありスペクトラムは広がっているため、B波が含まれる場合が多くあります。 特に不特定多数の多くの人々が集合する商業施設での使用の際には注意してください。 紫外線スペクトラムの例 発光スペクトルの比較 A社ブラックライト LEDスクエアーUV 上記のように各灯具の電球によってスペクトラムの広がりが大きく異なり、メーカーの公表している紫外線周波数だけではその安全性は確認できません。 「LEDスクエアUV」はブラックライトの中では他のライトと比較しても圧倒的に集約されたスペクトラムの為、安全性が高いと言えます。 基本的には 屋内使用です。 専用の防水式のカバーなどを別注すれば屋外 使用も可能ですが、かなりコストが必要です。 照射可能な距離は 約3mで壁や天井など設置場所があることが必要条件です。 コンパクトなため設置するのに場所をとりません。 完全防水設計です。 屋外防水用の器具を準備する必要があります。 価格は5000円前後です。 3. ネオン管式ブラックライト このタイプは蛍光灯タイプと比較してもかなり省エネタイプのブラックライトです。 当社の実験でも、120cm蛍光灯式ブラックライトと、120cmネオン管式ブラックライトを比較すると、蛍光灯式(40W)よりもネオン管式(13W)の方が紫外強度は高い。 また、メーカーの発表している寿命もネオン管式の方がはるかに高い。 防水についても蛍光灯式よりも優れている。 難点は、蛍光灯式と同様に、灯具を設置するには壁面や、天井などが必要だということです。 紫外線の到達距離が4m位ですので、場所によっては、演出効果を出すため、この灯具をどのように設置して照射するかを設計するのが難しいところです。 4. 水銀灯式ブラックライト これまで最も屋外で使用されてきたタイプです。 大きな消費電力 を必要としますが、紫外線強度が強く、紫外線到達距離も最大 15m位までと、とても強力なブラックライトです。 残念ながら、製造過程に有害物質(水銀)を必要とするため、 ヨーロッパでは2010年より、製造・使用禁止となってしまいました。 それを受けて、日本での唯一のメーカー岩崎電気も製造中止と なりました。 5. LEDブラックライト LEDを使ったブラックライトの多くは、懐中電灯式です。 これは大部分が検査用としての使用が大半であるからでしょう。 紫外線とは400nm以下のものをいうということが国際的に決まっているのでこの製品をブラックライトとして販売することは問題があります。 実際に使用して、蛍光塗料に対する反応や、蓄光石に対する効果はほとんど、確認できません。 また極端に狭い範囲の紫外線周波数のスペクトラムで、 危険周波数B波がまったく放出しないことが証明されており、 その高い安全性が海外からも高い評価を得ています。 [ブラックライトの主な演出利用] 1. ブラックライトアート ブラックライトアートとは、特殊な蛍光塗料を使って描く作画方法 によるアートです。 特にエアーブラシによる作画方法が多く、ホテル、 商業施設、アミューズメント施設などいろいろな場所で採用されて います。 特殊蛍光塗料の企業も国内外に数社ありますが、世界で最も 技術的に優れている企業が、日本の「」社であります。 同社の「ルミライトカラー」は、特殊蛍光塗料の中でもその色の美 しさ、耐久性などあらゆる点で他の追随を許しません。 この塗料を使って作画する場合は、その特殊性を十分理解し、その特長を 最大限に発揮できる、経験を持ったアーティストが適しています。 作画内容は様々ですが、代表的なものは、深海の様子や宇宙空間です。 特に深海では、いるかなど丸みをおびた描写はエアーブラシによる特殊塗料の持ち味が生かされブラックライトで立体的 に見えるように描かれます。 またサンゴ礁などの赤や熱帯魚の黄色 なども、シンロイヒ社の塗料が大変鮮やかです。 宇宙空間の場合では、惑星の球体の表現なども、エアーブラシ 画法によるブラックライトアートの特性を最大限生かした、題材です。 同社の塗料成分の特性は、耐水性、耐光性が高いことです。 その為屋外の使用にも5年以上演出効果が維持されています。 また、 毒性がない点で、プールの底への作画なども行われています。 当社の施工例では、有名な観光施設で蓄光石とブラックライト アートとのコラボレーションの施工で話題となりました。 (当社施工 事例、「」参照) 2. 蓄光石 紫外線を吸収し、それを輝きのエネルギーとして放出する不思議 な石・・・・・「」と呼ばれるものは、正確には「蓄光発光セラミックス」と呼ばれる、人工のセラミック製骨材です。 開発した会社は、 伊藤忠セラテック株式会社で、蓄光材(根本特殊化学製)をセラミックに練りこむ技術で、国際特許を取得しています。 現在はこの製品を、 山磯株式会社が生産を行っています。 この製品が世界で初めて、土木建設資材、すなわち道路舗装用骨材として使用されたのが、兵庫県神戸市の摩耶山の山頂の公園に ある「キラキラ小径」です。 近年、CANONコマーシャルで再び話題と なりました。 さらに蓄光石が、広く国内、海外で知られるようになったきっかけが 大阪市内中心部にある著名ビル、梅田スカイビルの屋上にある、 空中庭園展望台に設置された「ルミスカイウォーク」です。 この空中 庭園展望台は、ルミスカイウォークができるまで年間40万人の入場 者数でしたが、施工完成後は、年間70万人が訪れる大阪でも最も 人気の高い夜の散策コースとして知られています。 同所は、ほとんど の外国人用ガイドブックに記載されているため、ウィークデーも多くの 外国人観光客でにぎわっています。 この蓄光石を建築、土木資材として使用し、景観、エクステリアなど 幅広く施工に利用しようと、開発当初からメーカーと一体となって施工 方法や利用方法を開発してきたのがイルミネーション工房(有)ライフクリエーションです。 ブラックライトの効果的な演出条件 ブラックライトの演出効果は、下記の条件が複合的に重なり合った視覚的な結果です。 1. 演出場所の照度 より暗いほど、ブラックライトは効果的です。 演出場所を選ぶときは、できるだけ暗い場所を選んでください。 また演出場所をより暗くする工夫を行って下さい。 照度計を用いて、演出場所の照度を測定する場合、4〜5Lx以下が目安となります。 屋外の場合はできる限り暗い場所を選ぶか、またはその場所を暗くするための工夫 (たとえば街路灯を暗くするなど)が必要です。 2. 演出場所周辺の光環境 視界に入ってくる強い輝きがないほうが、ブラックライトの効果は高まります。 具体的には、街路灯、店明り、ヘッドライト、家屋の明り、夜景 イルミネーション、ネオンサインなどが視角に入らないことが理想です。 またブラックライトの紫外線周波数は365nm〜385nm位が適正です。 365nm以下になると、光出力が極端に低くなります。 可視光がほとんど見られず、その面での演出効果は優れていますが、肝心の輝かせる出力が不足します。 一方385nm以上の周波数は、可視光(紫色)が強すぎるため、演出効果を妨げてしまいます。 「LEDスクエアーUV」は紫外線強度、優れた防水性と耐久性、安全安心の紫外線周波数と、どの点を見ても他の製品を圧倒する性能を誇っております。 特に近年、公共の場所でブラックライトを使用する場合、人体への紫外線の影響を懸念される施工主がほとんどであります。 当社の製品は、すべて、世界最高の品質と販売実績のLED紫外線ランプ専門メーカー「」の日本国内工場で生産されたものを使用して、日本国内の当社OEM工場で生産しております。 LEDランプのトレーサビリティ(工場出荷からの履歴)はすべて証明されており、健康への被害などに関する心配やクレームなどはまったく発生いたししません。 ブラックライトポスター 最新の技術による色鮮やかな色調!イルミネーションとともに新しい演出を! トンネル、連絡通路、立体駐車場、室内などにも最適な演出です。 手持ちの写真や画像を使ってブラックライトに反応するポスターが製作できます。 最新の特殊印刷インクによって色鮮やかなフルカラー印刷。 世界最高の技術です。 作業の流れ 相 談 見積り 注 文 納 品 施 行 演出可能かを判断します。 大きさ、枚数によってお見積りします。 初回は半金を契約時支払い 制作は約15日 お客様にて 施行 *演出にはブラックライトが必要です。 *ブラックライトは別途ご相談ください。

次の

ブラックライト通販・販売

ブラック ライト

ブラックライトは紫外領域の光を発する光源である。 物質の中には紫外領域の光を吸収して可視領域の光を発する(この光を蛍光という)ものがあり、このような物質にブラックライトを照射すると、通常では目で確認できないものや、不明瞭だったものが明瞭に見えるようになる。 ブラックライトにより蛍光を発する物質には、カビ・バクテリア、蛍光剤、汗・尿、油剤などがある。 また、ブラックライトによる観察は基本的には補助的な手段であり、事故原因を決定するには他の試験と組み合わせて判断する必要がある。 試験方法 通常の光源下で見た場合とブラックライト下で見た場合を比較し、蛍光の有無を確認する。 このとき、蛍光の位置や強さ、汚染箇所と蛍光を発する箇所とが一致しているかに注意する。 以下にいくつかの事例を示す。 1)カビ セーターのところどころに褐色のシミが確認できるが、これはカビによるものである。 ブラックライトで確認すると、シミ部より蛍光が確認できる。 蛍光の色についてはカビ・バクテリアの種類によって様々な色となる。 なお、カビの場合は変色していない箇所でも、蛍光を発することがある。 また、蛍光剤配合の洗剤で洗濯されると、蛍光は確認できなくなる場合が多い。 2)蛍光剤 蛍光剤は紫外領域の光を吸収し、青白い蛍光を発する染料であり、白ものをより白く見せるために洗剤に配合されている。 写真のTシャツは本来は生成りの色だったが、ほぼ全体的に白っぽく変色している。 ブラックライトで観察すると、ほぼ全体から青白い蛍光が確認されるとともに、変色の程度が少ないところは蛍光が弱かった。 これより、変色は蛍光剤のムラ付きによるものと推定できる。 なお、蛍光剤による汚染と確定するにはを合わせて行うことが望ましい。 3)汗・尿 汗・尿に含まれるアミノ酸には紫外領域の光を吸収して蛍光を発するものがある。 写真のズボンはチャックの脇が黄色く変色している。 ブラックライトで観察すると、黄変部より蛍光が確認されるとともに、黄変箇所と蛍光の発する箇所が一致していた。 また、黄変の発生部位を合わせて考えると、黄変は尿によるものと推定できる。

次の