とろろ の 作り方。 昆布→とろろ昆布の作り方

[山芋レシピ]だし入り究極とろろと、時短&簡単とろろレシピ!

とろろ の 作り方

なめらかな山芋のすりおろしを作るのは、手間も時間もかかります 冷たいそうめんやざるそばに添えるとおいしい、山芋のすりおろし・とろろ。 山芋は秋から春が旬ですが、夏バテにも効くスタミナ食だから、暑い季節にも積極的にとりたい野菜です。 しかし、すりおろすのは面倒なものですね。 山芋や長芋、大和芋など、ぬめりのあるイモ類をすりおろす時の、本来のコツは以下です。 すり下ろす前に、酢水につけておく。 ぬめりが減るので、すりおろしやすくなる• 手で持つところは残して皮をむく。 最後のほうはキッチンペーパーで巻いてすりおろす• おろし金は金属製ではなく、プラスチック製を選ぶ。 酸化して茶色く変色するのを防ぐため。 一番良いのは陶器のすり鉢でゆっくりすりおろすこと しかし、この方法だと、手で持つ最後のところまではすりおろせないので無駄になることも多く、酢水につけても完全にぬめりをなくすことはできません。 すり鉢でおろす方法は、古来からよく使われていますが、とにかく時間がかかります。 皮膚が弱い人は、手がかゆくなってしまい、辛いものです。 かといって、フードプロセッサやミキサー、ハンドミキサーではなめらかさに欠けるだけでなく、山芋の粘りが原因となり、機器が損傷する危険性も。 そこで、ここは発想を転換。 すったあとに出汁で伸ばすのではなく、山芋の粘度を下げるために出汁と一緒に軽く煮てから、ミキサーにかけてみることにしましょう。 結果は、大満足! 以下、面倒なとろろ作りを、手を汚さずに、1分もあれば完了できる、とっておきの裏技をご紹介します! <目次>• 山芋はハンドミキサーでする前に出汁で一煮立ちさせよう 山芋はざく切りにして、あらかじめ出汁の中へ。 一煮立ちさせてからミキサーにかけます すりおろした状態ですぐ使える長芋と違い、山芋はねばりが多いため、おろしたあとに出汁で伸ばして使うことが多いもの。 この、出汁で伸ばすという特性を生かして、 最初に出汁と一緒に一煮立ちさせてから、一気にミキサーで粉砕する方法を試してみましょう。 山芋は皮をむき、小さめに切ってから、写真のようにひたるぐらいの出汁を入れた鍋に入れます。 市販のめんつゆを、 そうめんを食べるときのつけ汁よりもちょっと薄いくらいに伸ばしたもので十分。 酸化を防ぐため、 酢を小さじ1ほど入れるのがコツです。 この状態で一煮立ちさせ、すぐ火を止めます。 煮過ぎると風味が変わってしまうので、 沸騰し始めたらすぐ火を止めるぐらいでOK。 粗熱が取れるまで待ってから、鍋にそのままハンドミキサーを入れて、運転させてみることにします。 すりおろしは鍋+ハンドミキサーなら、後始末が簡単で時短 鍋の中に直接ハンドミキサーを入れて粉砕すれば、洗うのも簡単で、洗い物も出ません 離乳食やジュース作りに、置き場所を取らず気軽に使えるハンドミキサーは、時短家事の大きな助っ人。 何よりも、調理中にそのままボウルや鍋に入れて使えるのが、一番のメリットです。 ミキサーやジューサー、フードプロセッサの容器を洗うよりも、ハンドミキサーの刃の部分と、鍋やボウルを洗う方が数倍簡単で、時間もかからないからです。 ここで、さきほど一煮立ちさせたのちに粗熱を取っておいた鍋に、ハンドミキサーを入れてみましょう。 材料の固まりを狙って押しつぶすように、数回に分けて運転させていくと、山芋は一気に出汁と混ざったとろろ状になっていきます。 高速回転やターボがついている機種をお持ちの場合は、こうした機能は使わないでくださいね。 あくまでもゆっくりと低速で。 そして運転する時間は1分以内に留めることが大切です。 粘度が高い素材を、高速で長時間粉砕すると、機器に負担がかかるので注意して。 ある程度粉砕できたら、さいごにぐるりと全体をかき混ぜてできあがり。 とろろ作りにぴったり。 デロンギの「トライブレード ハンドブレンダー DHB721」 写真はガイドのお気に入り、デロンギの「トライブレード ハンドブレンダー」()。 通常のハンドミキサーは、刃が2枚のところ、3枚ついていることで粉砕時間が一気に短縮できるそうです。 この機種についてくる、鍋専用のパーツが優秀。 平らな鍋底にしっかりとはまりこみ、具材の飛び散りを防ぐだけでなく、鍋やボウルの底を傷つけない構造になっています。 山芋のように、ごろごろとした具材をつぶす時には、こうしたパーツがあるととても便利。 今回はこのパーツを使用することで、粉砕時間も30秒ほどでとろとろのとろろが完成しました。 繰り返しますが、山芋や長芋などの粘度の高いイモ類は、単独でミキサーやフードプロセッサーにかけると、機器に負荷をかけて故障の可能性もあります。 試してみるときは、「 小さく切って、しっかりひたる出汁と一緒に火にかけて、沸騰したらすぐ火を止めてから粗熱を冷まし、低速で短時間で仕上げる」ことを守ってくださいね。 デロンギのこの機種の場合は、ターボボタンがついていますが、ターボは使わず低速で運転させてください。

次の

とろろ昆布の人気レシピ!栄養満点!食べ方色々!ダイエット効果も!

とろろ の 作り方

とろろの原料、山芋には 大きく分けて ・長芋 まっすぐな棒状 粘り度弱 ・いちょうイモ 手のひらのような形状 粘り度中 ・やまといも げんこつ的な形 粘り度強 ・自然薯 細長い棒状 粘り度強 など あります。 長芋などは 粘り度が少ない分少し水分が多いですが、特有のシャキシャキ感があります。 (千切りにすると) いちょうイモから下にいくにしたがって 粘りも強くこっくりとコクがあります。 とろろにするときも それぞれ好みがあるので 色々食べて試してみてくださいねっ。 長芋といちょういもを ブレンドするのもいいです。 いちょういもは 私は食べると舌に ちょっと独特なピリピリ感を感じるので 長芋のとろろが好きですっ! 酢水につける方法(アク抜きと変色防止)もいいですが 山芋は ヌメヌメし その成分で 手がかゆくなる人もいます。 私の方法は 皮つきのまま フォークなどで刺して 「熱湯に7秒」 つけます。 この方法だと その後皮をむいても かゆくならず 変色も防ぎます。 おろす時ヌメヌメしておろしにくい時は キッチンペーパーなどを巻くと いいですよっ。 冷凍した山芋をおろすと キメも細かくいいという裏技もありますが。 (前もって買った時など) いちょう芋など こってり系は おろした後すり鉢ですると更にネバネバ度がまして おいしいです。 あとは 生卵や醤油 だし汁など 好みで入れると おいしいとろろができます。 私は 長芋をすって 梅とろろや 明太子とろろ、オクラ、納豆、などを入れて 食べるの好きです。 茹で野菜にかけたり、お魚とあえたり、揚げたり、焼いたり 料理法も色々あるので 楽しんでおいしく食べてくださいねっ! 私の場合には.手抜きなので.「おいしい」に該当するかどうか疑問です。 芋の選択.粘りを優先するならば天然の長芋。 掘るのが一番楽なのはいちょう芋。 したがって.誰かが掘ってくれるのであれば天然芋.自分で掘るならばいちょう芋。 たまにスーパーで安売りしているときがあるので.この時には価格優先。 あく抜きは.今までしたことがありません。 すって.すり鉢で練り上げた後.味噌汁でも足せは大体あくは消えますから。 すり方は. 最初に1回握ったらば.原則手を放さないこと。 同じ面ですらずに.手首をすこしづつ回転させて.先が常に新しい面に当たるようにすること. を守っていれば.かゆくなりませんし.するのも早いです(5-10人前5分程度ですか)。 先日も作ったのですがそのレシピをカキコしておきますね。 材料(2人分) 長いも・・・8センチ程度 梅干・・・1個 オクラ・・5本 砂糖・・・少々 作り方 1. 18センチぐらいのボールに水を7分目までいれて、大さじ1杯程度入れる 2. ボールに皮をむいた長いもをいれ、5分ほどおきます 3. その間に梅干はタネを取り除き、果肉を包丁でたたき、砂糖少々を混ぜておく。 オクラはガクの部分をむき、塩を振ってまな板のうえでころがし(これを板ずりといいます)、 熱湯で15~30秒ほど茹で、冷水に取り上げます。 オクラは水気を切って、小口切りにしてから粘りが出るまで包丁でたたきましょう。 お好みの器に長いもをすりおろし、オクラ・梅干をトッピングして出来上がりです。 どうでしょうか?参考になりましたか? お好みでしょう油・ポン酢を加えてお召し上がりくださいv Q お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では人参もあった気がするけど、人参のような火の通りの悪い物は先に入れて煮込んでおいたほうがいいのでしょうか? 何をつけて食べてますか?お勧めのたれなども教えて下さい。 手作りのたれを作ってるかたは、たれの作り方も教えて頂けると嬉しいです! アレンジしてる方のお話も聞きたいです! 旦那が、鍋以外にもおかずを欲しがる人なんです。 しゃぶしゃぶにした時は、どんなおかずを出してますか? 質問ばかりで恐縮ですが、しゃぶしゃぶを1度しか食べた事ない私に色々と教えて下さい。 よろしくお願いします。 お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。 1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。 しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。 皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。 お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか? お店では... A ベストアンサー こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマダレ、ポン酢が多いですが、大根おろしを使っておろしポン酢にしています。 その際、あさつきがあるとよりおいしいと思います。 大根おろしも、紅葉おろしを使うのがほとんどだそうですが、辛いものが一切ダメな私は普通の大根おろしにしています。 (苦手なため、お野菜にも春菊は入れません…) ポン酢が苦手という場合は、昆布つゆなどでもおいしいです。 食べ終わったあとにおうどんも良いかと思うのですが、我が家ではそうめんを使います。 予めそうめんを茹でておいて、残ったお出汁を器にとって塩コショウで味を調えて、お鍋でさっと湯がいて食べるのです。 おうどんよりするするっと入るので、結構オススメですよ! 夏の余りのそうめんの消化にもなります 笑。 付け合せのおかずは、お野菜もお肉も結構な量を食べれてしまうので、白和えやキンピラ、おひたしなどもいいのではないでしょうか? 私はししゃもを焼いたりもしています。 しゃぶしゃぶは灰汁も多く出るので、取りながら食べるのは大変だとは思いますが、これをこまめに除いておくと味がかなり違いますので、がんばって取ってくださいね! こんばんは。 お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。 お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。 お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。 タレはゴマ... A ベストアンサー 今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。 2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば 解約又は更新しなければならない訳で、 2年間絶対に住みますという契約ではありません。 1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。 2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば 違約金など一切有りません。 突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので 住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。 違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います) だと思います。 部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ ・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので お勧めです。 Q 鮭を使った料理をするとき、いつも臭みが残っているのが気になっています。 ごく普通の焼き魚や刺身は気にならず、むしろ美味しく食べています。 でも、ムニエル、フライ、ホイル焼きなど、生鮭を使う料理のときには臭みを感じてしまいます。 下味をつけ、火もちゃんと通っているのに。 臭みを消そうと、お酒に浸してみたのですが変わりません。 レモンやバターを使っても、鮭の中のほうの臭みが気になるんです。 魚を買う時は、いくつかのスーパーのうち、刺身が美味しいと思う店で買うようにしているので、鮮度はそれ程悪くない気がします。 子供たちに魚の美味しさを感じて欲しいので、どうしてもこの生臭さを解消したいのです。 生臭さを消す方法、気にならずに食べられるレシピなど、教えてください。 ~子供が小さいため、香辛料をたくさん使う方法は使えませんが・・・。 A ベストアンサー 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと薄めにして火の通りを良くする等しても良いかと思います。 (僕もフライパン料理は余り得意でないので、ちょいと自信が無いのですが、家庭用のフライパンは薄いので、素材を乗せたときにぐっと温度が下がり、慌てて火を強くすると今度は表面だけが焦げるなどしやすいです。 ) また、切り身は下味をつけたり、調理をする前に軽く塩を振り、3~5分位たった後に染み出てきた水気をペーパーなどでしっかりと取ってそれから下味を付けてみてください。 軽く塩を当て軽く水切りすることで、生臭みを取ることができます。 (塩焼きでも、それから味付け用の塩を再度振るのです。 ) 一応、考えられる所を挙げてみました。 お試しになってみて、ご意見など聞かせて頂けると嬉しいです。 一応料理に携わっている者です。 焼き魚や刺身だとOKだけど、その他の調理法では生臭みを感じるとの事。 何となく判ります。 (僕は個人的には、鮭はちょと焦げ目が付くくらいの塩焼きで、皮ごと食べるのが最高だと思っています。 笑 ) でも、他の調理法でも、ちゃんとした洋食レストランで食べるとそれ程気にならないでしょう? 多分ですが、他の調理法での火加減が弱いのでは?と思いました、確かにムニエルなどはバターを使うので、焦げやすいし弱火にしやすいのですが、そこは素材の厚みをちょいと...

次の

本つゆで作る長芋グラタン!とろろの作り方も解説します

とろろ の 作り方

なめらかな山芋のすりおろしを作るのは、手間も時間もかかります 冷たいそうめんやざるそばに添えるとおいしい、山芋のすりおろし・とろろ。 山芋は秋から春が旬ですが、夏バテにも効くスタミナ食だから、暑い季節にも積極的にとりたい野菜です。 しかし、すりおろすのは面倒なものですね。 山芋や長芋、大和芋など、ぬめりのあるイモ類をすりおろす時の、本来のコツは以下です。 すり下ろす前に、酢水につけておく。 ぬめりが減るので、すりおろしやすくなる• 手で持つところは残して皮をむく。 最後のほうはキッチンペーパーで巻いてすりおろす• おろし金は金属製ではなく、プラスチック製を選ぶ。 酸化して茶色く変色するのを防ぐため。 一番良いのは陶器のすり鉢でゆっくりすりおろすこと しかし、この方法だと、手で持つ最後のところまではすりおろせないので無駄になることも多く、酢水につけても完全にぬめりをなくすことはできません。 すり鉢でおろす方法は、古来からよく使われていますが、とにかく時間がかかります。 皮膚が弱い人は、手がかゆくなってしまい、辛いものです。 かといって、フードプロセッサやミキサー、ハンドミキサーではなめらかさに欠けるだけでなく、山芋の粘りが原因となり、機器が損傷する危険性も。 そこで、ここは発想を転換。 すったあとに出汁で伸ばすのではなく、山芋の粘度を下げるために出汁と一緒に軽く煮てから、ミキサーにかけてみることにしましょう。 結果は、大満足! 以下、面倒なとろろ作りを、手を汚さずに、1分もあれば完了できる、とっておきの裏技をご紹介します! <目次>• 山芋はハンドミキサーでする前に出汁で一煮立ちさせよう 山芋はざく切りにして、あらかじめ出汁の中へ。 一煮立ちさせてからミキサーにかけます すりおろした状態ですぐ使える長芋と違い、山芋はねばりが多いため、おろしたあとに出汁で伸ばして使うことが多いもの。 この、出汁で伸ばすという特性を生かして、 最初に出汁と一緒に一煮立ちさせてから、一気にミキサーで粉砕する方法を試してみましょう。 山芋は皮をむき、小さめに切ってから、写真のようにひたるぐらいの出汁を入れた鍋に入れます。 市販のめんつゆを、 そうめんを食べるときのつけ汁よりもちょっと薄いくらいに伸ばしたもので十分。 酸化を防ぐため、 酢を小さじ1ほど入れるのがコツです。 この状態で一煮立ちさせ、すぐ火を止めます。 煮過ぎると風味が変わってしまうので、 沸騰し始めたらすぐ火を止めるぐらいでOK。 粗熱が取れるまで待ってから、鍋にそのままハンドミキサーを入れて、運転させてみることにします。 すりおろしは鍋+ハンドミキサーなら、後始末が簡単で時短 鍋の中に直接ハンドミキサーを入れて粉砕すれば、洗うのも簡単で、洗い物も出ません 離乳食やジュース作りに、置き場所を取らず気軽に使えるハンドミキサーは、時短家事の大きな助っ人。 何よりも、調理中にそのままボウルや鍋に入れて使えるのが、一番のメリットです。 ミキサーやジューサー、フードプロセッサの容器を洗うよりも、ハンドミキサーの刃の部分と、鍋やボウルを洗う方が数倍簡単で、時間もかからないからです。 ここで、さきほど一煮立ちさせたのちに粗熱を取っておいた鍋に、ハンドミキサーを入れてみましょう。 材料の固まりを狙って押しつぶすように、数回に分けて運転させていくと、山芋は一気に出汁と混ざったとろろ状になっていきます。 高速回転やターボがついている機種をお持ちの場合は、こうした機能は使わないでくださいね。 あくまでもゆっくりと低速で。 そして運転する時間は1分以内に留めることが大切です。 粘度が高い素材を、高速で長時間粉砕すると、機器に負担がかかるので注意して。 ある程度粉砕できたら、さいごにぐるりと全体をかき混ぜてできあがり。 とろろ作りにぴったり。 デロンギの「トライブレード ハンドブレンダー DHB721」 写真はガイドのお気に入り、デロンギの「トライブレード ハンドブレンダー」()。 通常のハンドミキサーは、刃が2枚のところ、3枚ついていることで粉砕時間が一気に短縮できるそうです。 この機種についてくる、鍋専用のパーツが優秀。 平らな鍋底にしっかりとはまりこみ、具材の飛び散りを防ぐだけでなく、鍋やボウルの底を傷つけない構造になっています。 山芋のように、ごろごろとした具材をつぶす時には、こうしたパーツがあるととても便利。 今回はこのパーツを使用することで、粉砕時間も30秒ほどでとろとろのとろろが完成しました。 繰り返しますが、山芋や長芋などの粘度の高いイモ類は、単独でミキサーやフードプロセッサーにかけると、機器に負荷をかけて故障の可能性もあります。 試してみるときは、「 小さく切って、しっかりひたる出汁と一緒に火にかけて、沸騰したらすぐ火を止めてから粗熱を冷まし、低速で短時間で仕上げる」ことを守ってくださいね。 デロンギのこの機種の場合は、ターボボタンがついていますが、ターボは使わず低速で運転させてください。

次の