カレンダー スパム。 被害増加中のGoogleカレンダースパム 招待機能をオフで防止可能

Appleが「カレンダー出席依頼スパム」に対策を講じる!一体どんな対策で、どうすればいいのか解説

カレンダー スパム

CLICK SUBSCRIBEにはどんなメッセージが来る?• あなたのiPhoneは保護されていません!保護をするにはクリックしてください!%• %おめでとう!あなたが勝ちました!• %無料で提供されるAppleMusic• 持っている(1)保留中のパッケージ• %🎁(1)おめでとうございます!• %悪意ある攻撃からiPhoneをクリアします!• %携帯電話は保護されていません!保護するにはクリックしてください!• %おめでとう!%• (1)システム通知。 %オンラインで公開されています。 クリックして修正してください!• %ウイルスアラート-今すぐ保護をチェック• 急げ!今すぐギフトを請求する% 一度削除したので現在わかる誘導文言は上記になりますが、 新しいのがあれば追記していきます。 CLICK SUBSCRIBEの削除をしてみよう。 カレンダーアプリからは削除が見当たりませんでしたので設定から入っていきます。 CLICK SUBSCRIBEを削除したい方は以下の順番で進んでく削除しましょう。 step 1設定 step 2パスワードとアカウント パスワードとアカウントを開くとアカウントの直下に 照会したカレンダーCLICK SUBSCRIBE をタップして開きましょう。 step 3アカウントを削除をタップ 画面下方までスクロールして アカウントを削除をタップしましょう。 これでカレンダーからもあの誘導メッセージが消えます。 CLICK SUBSCRIBEが復活する? 削除してからしばらくして、また子供から同じ症状になったと言われたので見てみたら またCLICK SUBSCRIBEが入ってしまっていました。 ウソでしょ?ウイルスか?とも思いましたが 調べてみたところSafariでブラウジングしていて 広告をクリックしている可能性が濃厚だと判断しました。 カレンダーの共有を無効にすれば良いのか? CLICK SUBSCRIBEはメールでよくあるスパムのようですね。 基本的にリンクにジャンプしなければ大丈夫なのですが、 子供に持たせているのでその先に進んでしまいそうでコワイ。 ということで、カレンダーの共有ができないか調べてみました。 が、カレンダーを開いてCLICK SUBSCRIBEの右のをタップしましたが中に削除の項目がありません。 「照会」扱いの日本の祝日の様に削除ができないようです。 カレンダーを削除の項目がないので削除ができません。 削除したい方はこのページでご紹介させていただいた「パスワードとアカウント」から削除してください。 うーん、あとは通知をオフにするしかないのか・・・・。 【追記】CLICK SUBSCRIBE感染経路が判明! おそらく、Webやアプリ利用時に表示される広告表示からの感染と思っていたので CLICK SUBSCRIBEを削除した後に、使用中にどのタイミングで再度通知されるようになるのかを 気にしながら使用してもらうようにしてもらいました。 今回は子供のiPhoneに侵入してきたCLICK SUBSCRIBEは アプリ使用中に出てくる広告によるものでした。 無料アプリ使用中に良く表示されていたようですが 普段はちゃんと「 キャンセル」にしていたらしいのですが、 たまたま「 照会」をタップしてしまったのかもしれません。 ブラウジング中にもこのような広告が出る可能性もあるので、 皆さんも気を付けてスマホを利用してください。 もしも、カレンダーにCLICK SUBSCRIBEが入ってしまっても 簡単に消せるので焦らず削除しましょう。 削除方法はこのページ上部に削除う方法を載せているので 「 」をご覧ください。 おわりに パソコンからiCloudにアクセスして迷惑メール扱いにできるそうですが 相手が違うアカウントで照会させてきたら完全なる「いたちごっこ」で面倒なだけなのでAppleの対策待ちですかね。 あとはどこを押したらカレンダーの照会リストに入ってしまうのかを意識して使用して 判明したらブラウジング中にそれをタップしないように気を付けるようにしましょう。 それまではウッカリ入ってい待った場合は削除しておきましょう。 うちは、子供がダンスの練習動画とかを毎日見ているので そのどこかからなんですが、今のところ経路が特定できておりません。 特定出来たら追記させていただきます。

次の

iPhoneカレンダースパムの削除方法

カレンダー スパム

Appleがとった対策とは そもそも「カレンダー出席依頼」とは、iPhoneのカレンダーとiCloudの仕組みを利用した機能。 相手はその予定から「出席」「欠席」「仮承諾」を選択することができ、簡単に予定のすり合わせができる…というわけ。 それを悪用したのが「カレンダー出席依頼スパム」です。 自動的に予定を追加することができるため広告などを送りつけられ、しかも送られた相手は「出席」や「欠席」などを選択してしまうと、そのメールアドレスが「使える、利用できる」とスパム元にバレてしまうため、どうすることもできない…という厄介なもの。 iPhoneのカレンダーに謎のイベント出席依頼。 何年先までも毎日予定を入れられている。 調べたら新手のスパムで、今のところ拒否する手段がないらしい。 怖えよ!アップルさんはやく助けて〜 — susumu hinata hinatas そんな中、この度Appleが対策を講じました。 連絡帳に入っていない人から出席依頼が来ると…主催者の欄に 「この送信者は連絡先に登録されていません。 」との警告が表示されるように。 ここの「迷惑メールを報告」をクリックし、 「OK」をクリックすれば、参加依頼が迷惑メールとして報告され カレンダーは自動的に削除されます。 しかしお気づきの方もいるかもしれませんが、これはPCからiCloudにログインして見られるカレンダーからのみ操作可能。 iPhoneのカレンダーアプリからは今まで同様、迷惑メールとして報告することも削除することもできません…。 でもご紹介しましたが、いま一度やり方を紹介しますね。 カレンダー出席依頼スパム対策方法 スパムによってカレンダーを占拠されないようにするには、まずPCからへサインイン。 カレンダーをクリックします。 左下の歯車アイコンへ。 「環境設定…」をクリックします。 これで設定は完了。 今後出席依頼はAppleから届くようになり、カレンダーに予定が勝手に追加されなくなります。 もしメールが来ても、そのまま削除すればOK! これを一度設定しておけば、いちいち迷惑メールとして報告する手間もありません。 ぜひ参考にしてみてください!.

次の

【対策法アリ】iPhoneのカレンダーが勝手に埋まる!「出席依頼スパム」が厄介過ぎるぞ…

カレンダー スパム

こんにちは世永玲生です。 対策系の記事は僕は定期的に書いておりまして。 診断好きも要注意!ウィルスまがいのFacebook動画スパムが再流行。 最低限やるべきこと&対処法 良いことではあるんですが。 ここ最近、目立った新しい手口のスパムの話がなく、若干寂しい位に思っていました。 そんな中、ここ数日で爆発的に被害報告が増えているスパム出てきました! それが「Googleカレンダースパム」です。 これはざっくりいうと招待機能を悪用した、スパムの送りつけです。 今回はこの「Googleカレンダースパム」の対策方法についてお伝えします。 カレンダーの予定がスパム一色に まず、今回のスパムは、リンク付きのスパムメッセージ(予定)を標的となったユーザーのカレンダーに貼り付けまくります。 この例では「amznsale. info」が貼り付けられていますが、こちらのサイト。 Google Chromeで開くと、ご覧の通り、フィシング詐欺警告が出るサイトとなっております。 1200%怪しいです。 まずは、Googleカレンダーに見知らぬ予定が入っていた場合、そこに記されているリンクは「絶対に踏まない」これを基本としてください。 フィシング詐欺の危険性があるだけでなく、マルウェア等々様々な危険が待っている可能性があります。 何故このようなスパムが届くのかこれは簡単で、設定で拒否しないかぎり、他人から届いた招待の予定もカレンダーに表示されるのがGoogleカレンダーの設定デフォルトになっているからです。 わざわざ設定変更をしない限り、誰でもこのスパムの被害に会う可能性があるというわけです。 さて、対策ですが、PCの場合は、右の歯車から「設定」を選ぶか こちらから設定画面に飛んでください。 スマホの場合ですと、遷移がみつからないと思うので、こちらから。 続いて予定の設定を選択してください。 そして、「招待状を自動的に追加」のプルダウンメニューで「いいえ、返信した招待状だけを表示します」を選択してください。 これで、スパムで送りつけられた予定は、Googleカレンダー上では表示されなくなります。 - heavenshell heavenshell この様に凄まじい数のスパムがカレンダーに表示されるだけでもわずらわしいものですが また来たGoogleカレンダーのスパム... - tadsan. exe tadsan カレンダーの通知をオンにしている人であれば、なおさら煩わしいことでしょう。 転ばぬ先の杖で「いいえ」で「自動追加」をオフにしておきましょう。 外部サイト.

次の