魚心 あれ ば 水 心 あり。 ぼくたちは勉強ができない

魚心あれば水心

魚心 あれ ば 水 心 あり

魚心あれば水心の意味 「相手が好意をしめしてくれれば、こちらも相手に好意をもった対応をする。 」と言う意味のことわざなんです。 相手の自分に対する、でかたしだいで、こちらの相手の対する行動も決めるよ。 ということなんです。 日本人の特徴的な、直接言葉に出さなくても「言わなくてもそんなこと、わかるでしょう。 」 という、おたがいの気持ちの探り合いなんですね。 ではつぎに、このことわざの由来をみてみましょう。 魚心あれば水心の由来 この「魚心あれば水心」ということわざは、もうちょっと長い言葉だったんです。 それは、 「魚、心あれば、水、心あり」という言葉だったんです。 魚と魚が住む水は切り離せない関係です。 なので、この「魚、心あれば、水、心あり」というのはこういうことなんです。 魚が自分が生きることに必要な水に好意を持てば、水だって魚にたいして、好意という心を持つんだよ。 ということです。 この言葉が、略されて「魚心あれば水心」ということわざになったといわれています。 類語 「魚心あれば水心」ということわざは、本音をいわない日本らしいことわざです。 なので、類語もあるんですよ。 反対の意味の言葉 「落花情あれども流水意無し」 このことわざのは、「流れに落ちた花は、流水に流れていきたいのに、 流水は、そんな気持ちを知らずに流れていく」ということです。 なので、このことわざの意味は、相手に対する心が、相手に通じるとは限らないと言う意味なんです。 心と心の駆け引きがある「魚心あれば水心」とは反対の心が一方通行になってしまった意味ですね。 まとめ 「魚心あれば水心」の意味は、相手が好意をしめしてくれれば、こちらも相手に好意をもった対応をするというものでした。 本来は、よこしまな心とよこしまな心の、つながりのことわざではなかったはずです。 日本人は相手の心を尊重する、やさしい心も持っているんですから。 ただ、相手の心を「忖度(そんたく)」しすぎると、利益を求める下心まで推測してしまうのかもしれません。 「忖度(そんたく)」という聞きなれない言葉については、こちらを読んでみてくださいね^^ にわかりやすく書いています。 利益対利益だけでは、心の本当のつながりが生まれません。 だって、利益というのは心は関係ありませんから。 相手の心を忖度(そんたく)しすぎず、いつくしみの心で「魚心あれば水心」を使っていきたいものです。 あなたは、どう思われますか。

次の

ことわざ「魚心あれば水心」の意味と使い方:例文付き

魚心 あれ ば 水 心 あり

意味 相手のことを、本当に思う気持ちがあれば、相手も、それに応じて、好意を 示してくるものである、ということ。 解説 このことわざは、本来、「魚、心あれば、水、心あり」といっていたようで、水の中に 住んでいる魚に、水を思う本当の気持ちがあれば、水のほうも、同じように魚に対して、好意を もってくるということから生まれたようです。 「魚心」と「水心」が、1つの言葉に、 なってしまったため、このようになったようです。 また、逆に、相手が、こちらに好意を 示せば、こちらも、相手に対して、好意を持って対応しようという意味もあるようです。 「水心あれば魚心」とも言います。 このことわざは、友人の分類でも、よかったかもしれません。 重要語の意味 魚心=「うおごころ」と読み、魚が水を思う気持ち。 水心=「みずごころ」と読み、水が魚を思う気持ち。 好意=「こうい」と読み、あるものに対して、よく感じ、 心がひかれる気持ち。 好きだという気持ち。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代の浄瑠璃の一つ、関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)。

次の

「魚心あれば水心」意味と使い方 なぜ魚と水なの?

魚心 あれ ば 水 心 あり

意味 相手のことを、本当に思う気持ちがあれば、相手も、それに応じて、好意を 示してくるものである、ということ。 解説 このことわざは、本来、「魚、心あれば、水、心あり」といっていたようで、水の中に 住んでいる魚に、水を思う本当の気持ちがあれば、水のほうも、同じように魚に対して、好意を もってくるということから生まれたようです。 「魚心」と「水心」が、1つの言葉に、 なってしまったため、このようになったようです。 また、逆に、相手が、こちらに好意を 示せば、こちらも、相手に対して、好意を持って対応しようという意味もあるようです。 「水心あれば魚心」とも言います。 このことわざは、友人の分類でも、よかったかもしれません。 重要語の意味 魚心=「うおごころ」と読み、魚が水を思う気持ち。 水心=「みずごころ」と読み、水が魚を思う気持ち。 好意=「こうい」と読み、あるものに対して、よく感じ、 心がひかれる気持ち。 好きだという気持ち。 いわれ(歴史)と重要度 江戸時代の浄瑠璃の一つ、関取千両幟(せきとりせんりょうのぼり)。

次の