足 の ツボ 痛い 場所。 よくあるその足裏の痛みの正体は?

足の裏が痛い5つの原因!場所別でかかと・土踏まずの腫れや症状も!

足 の ツボ 痛い 場所

原因のわからない足裏の痛み。 その正体は? たとえば、「朝起きて立つと、土踏まずや、かかとが痛い。 」 「歩くと足指の付け根がじんじんする。 」 自分でも原因に心当たりがないためかよけいに気になります。 病院でも、はっきりとした原因が分からないケースもあるようです。 では、あなたの痛みの原因は? あなたの足裏の痛みを診断 痛い場所と、症状でわかるあなたの足トラブル 足裏の痛みを大まかに分類すると• 土踏まずが痛いのは偏平足• 足裏が痛い(土踏まずから踵にかけて)のは足底筋膜炎• 指の付け根に「ジンジン」とした痛みがあるのは中足骨骨頭痛• 指と指の付け根の間に「ビリッ」とした痛みがあるのはモートン病 あなたの痛い箇所はどこ?痛みの原因チェック あなたの痛みの原因がわかったら、4つの症状を詳しく解説していきましょう。 土踏まずが疲れる・痛い 「偏平足」 いわゆる土踏まずが無い状態。 正確にはアーチ形状をした骨格構造の崩れ。 身体を支える基本構造でもありますから、足裏だけでなく腰や膝などにも影響を及ぼすおそれがあります。 中高年以降の偏平足は、さまざまなトラブルの原因となります。 骨格ができあがる成人するまでの間にきちんと予防することが大切です。 偏平足の見分け方 土踏まずが無ければ直ちに偏平足という事ではありません。 日頃からスポーツをやっている人には、足裏の筋肉が発達していて、一見土踏まずが無いように見える場合もあります。 以下の手順で偏平足かどうかを判断することができます。 親指の腹で下からすくうように確認します。 でっぱった骨が舟状骨です。 こんな時に痛い!人も、偏平足の可能性があります。 長く立っていたり、歩いていたりすると土踏まずが痛くなる。 「土踏まずがサポートされた靴」を履いているのに、逆に土踏まずが痛くなる。 原因は筋肉の衰え。 では、その要因は? 運動不足 運動をしない、歩かない、仕事はデスクワークといった人は要注意です。 一般に、社会人になると運動をする機会が減り、さらに中高年になると歩く量も減ってきます。 使わないことで足裏の筋肉が衰えると足の骨格を支える力が弱くなり、アーチが崩れ偏平足になっていきます。 ヒールやパンプスは要注意 ヒールのあるパンプスやサンダル、ブーツをいつも履いている人、スニーカーの紐を緩めて履いている人、内股で歩幅が狭い歩き方をする人。 足裏の筋肉は足指でしっかり蹴る動作によって鍛えられますが、このような人は、足指でしっかり蹴って歩くことができませんので、足裏の筋肉が衰えてきます。 痛みの解消/症状の改善ポイント インソールを使用すると痛みは改善します。 予防対策はをご参考ください。 通勤、通学、仕事の関係で歩く量が増えた パンプスやローファー等の靴は、底が硬く足裏を路面から守るクッションがありません。 歩く時間や距離が長くなると、負担が一気に増し、炎症を起し痛くなります。 フローリングの上を素足で歩いている 新居への引っ越し等で、硬いフローリングの上をスリッパ無しで歩き回ると、痛めることが良くあります。 外反母趾 外反母趾の人のほとんどはこのトラブルを併発しています。 外反母趾による痛みと思っている人が多いと思いますが、別のトラブルです。 外反母趾を完全に治す事ができなくても、中足骨骨頭痛の痛みを緩和することは可能です。 痛みの解消/症状の改善ポイント 予防対策はをご参考ください。 モートン病の見分け方• 靴を履かず、足に何の圧力もかかってない時は痛くない。 歩行中の踏み返し時に(つま先に体重が移動して蹴り出す動作)に痛みやしびれが生じる。 歩いていてしばらくすると痛みやしびれが出る。 足裏の痛みの中には、一定期間、足裏に負担をかけず安静にしていることで、痛みが治まる場合もありますが、モートン病の場合は痛みが継続します。 足裏の図の位置を押すと痛い。 原因は神経の圧迫。 思い当たる要因は? 幅の狭い靴や過度の衝撃によって指の付け根が圧迫され続けることにより、指と指の間の神経がこぶ状に肥大します。 これをさらに圧迫することで痛みが生じてしまいます。 幅の狭い靴、ヒールの高い靴 幅の狭い靴を履くと、足指の骨の間にある神経のこぶが圧迫されて炎症を起しやすくなります。 また、ヒールの高い靴を履く場合、この位置にかかる荷重が大きくなり炎症を起しやすくなります。 開張足 アーチの崩れは、運動不足の人や年配の人に多く見られますが、この足の横アーチが崩れると体重がかかった時に、神経のこぶが押しつぶされるような状態となり痛みを引き起こします。 ランニングや長距離の歩行 ランニングのように常に足指の付け根に衝撃を受けるような運動や、旅行等での歩き過ぎがきっかけとなって足裏に炎症を起こし、炎症により腫れが神経のこぶを圧迫して痛みを引き起こす場合もあります。 痛みの解消/症状の改善ポイント 足のアーチを支えるインソールや、靴にパットを貼付けることで、体重のかかる位置を調整します。 予防対策はをご参考ください。

次の

足の甲が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

足 の ツボ 痛い 場所

足の裏が痛い!原因や病気について 足の裏に痛みがありその時に考えられる病気は様々あります。 放置していると悪化して手術しないといけなくなる可能性もあるので注意しましょう。 まず第一に疑うべきは、 「糖尿病」や「通風」など内臓係の疾患です。 こうした病気が原因になって、足裏に痛みが出る場合があります。 なるべく早めに原因が何かを調べてもらうことが大切です。 また、足がしびれる場合には、過呼吸、服痛、頭痛、貧血といった症状が現れることも多くあります。 スポンサーリンク 病気以外の原因とは? 病気以外の原因としては、 足に合わない靴や生活習慣の悪影響が原因となってしまうケースです。 足の裏が痺れてしまう原因は、ストレス、無理なダイエットや激しい運動や筋トレ、高血糖、冷えなどがあります。 足の裏の痛む場所によっても症状や病気は異なってきます。 足首の変形や痛み、親指根横の骨が変形という症状があれば、「 外反母趾(がいはんぼし)」を疑ってみましょう。 痛みが少なかったとしても外反母趾は病院に行かないでずっと放置をしていると、頭痛、肩こり、自律神経のバランスを崩すような原因になってしまいます。 なるべく早くに病院に行くよう心がけましょう。 働く女性に多い外反母趾がコワい。。 外反母趾になる原因は足の指をきちんと使わずに歩いてしまったりするため足裏の筋肉が刺激不足になってしまうためです。 パンプスやヒールなど指先が狭くなっている靴を履いていると足の指を使わない歩行が癖になってしまいそるによって外反母趾になってしまうのです。 外反母趾に似た病気で、「モートン病」という病気があります。 モートン病は中高年によく見られ足の指の間の神経が炎症を起こして痛む病気になります。 靴の形に影響されて起こることが多いです。 また、足の裏が痛む場合は、通風というケース考えられます。 女性ホルモンの量が減少する50歳以上に多く見受けられます。 通風と診断されたら、飲酒やプリン体を多く含む食事は控えるようにしましょう。 足の裏がカユイ場合は・・・ 足の裏が痒い(かゆい)といった場合には。 水虫(みずむし)や汗疱、接触性皮膚炎などが可能生としてあります。 足の裏かゆいと水虫のイメージがありますが、水虫でない場合も多々ありますのでよく確認しましょう。 痒みが酷い場合には、ステロイド薬を処方してもらうと楽になるようです。 スポンサーリンク 【足の裏のツボについて】 足の裏は「第2の心臓」と呼ばれ、足裏から全体に血流を促し、刺激を与えて健康を保っている大切な部位です。 特に、足の裏にはとても重要な「ツボ」が集中していて、体の各部位と密接に関係しています。 足の裏のツボは、絵や図、図解などでよく見かけますね。 おおよそ親指を頭としたら、指の付け根が首、かかとへ向かって、気管支、肺、胃、腸、膀胱へ繋がっています。 では、各部位と足裏の関係を簡単に解説します。 足の 親指の腹の部分は脳をあらわし、脳とつながっている場所になります。 ここが硬く痛みを感じる場合には、精神的な強いストレスや、疲労、頭痛、不眠症、更年期障害がある場合があります。 足の 人差し指と中指の部分は痛みを感じたら目が疲れている証拠なのです。 左足は右目の疲れ、右足は左足の疲れと反対になるので気をつけましょう。 足の親指の付け根の下から小指に部分は、肩こりや首のこりを解消する効果があると言われます。 足の五本の指をぎゅっと内側に曲げた時にできるくぼみを、「湧泉」といいます。 ここを両手の親指を重ねて強く押すと、イライラ、不眠、などに効果があるそうです。 もし、ここのツボを押しても皮膚が戻らないという人は、いわゆるヤル気や元気が停滞している状態です。 ゆっくりもみほぐしてあげましょう。 足裏の 土踏まずは、胃や膵臓、十二指腸に繋がるツボがある場所になります。 食べ物を消化するための内臓、消化気官と大きな関係があります。 土踏まずを押して痛みを感じるか、腫れている場所は、消化気官が弱っている可能性があります。 食べ物をちゃんと消化できずに老廃物がたまり外へ排出されていないため体が浮腫んでいるのですね。 便秘ぎみの方は土踏まずから、かかとを押してもむと良いでしょう。 足裏のかかとを押して痛みがあれば生理痛、腸の不調があります。 かかとを、もみほぐしましょう。 人気記事ランキング!• 4,819件のビュー• 954件のビュー• 575件のビュー• 327件のビュー• 205件のビュー 最近の投稿• 最近のコメント• に さ より• に 鎚球人 より アーカイブ• カテゴリー• サイト情報.

次の

足裏のツボ(図解)マッサージの効果! 痛いところはどこが悪いの?

足 の ツボ 痛い 場所

足の裏やかかとが痛くなることは誰でもありますよね。 特に立ち仕事や運動を頻繁にする人などは、 わりと多い症状の1つかなと思います。 単純に疲れているだけで足の裏やかかとが痛いなら、 休めばすぐ治まるのですが、ずっと続く場合もあります。 だいたいは足の裏やかかとの痛みは疲労だったりしますが、 そう思って放置しておくと、どんどん悪化する可能性もあります。 実はそういった症状が出てる原因はいくつかあり、 病気や筋肉の炎症などを起こしていることがありますね。 一般的に知られているのは痛風ですが、 それ以外にも足底筋膜炎という聞きなれない症状もあったりします。 そこで足の裏たかかとの痛みが出ている場合の 5つの原因や特徴などを場所別でご紹介します。 足の裏が痛い5つの原因と症状! ここからは足の裏付近の痛みが出た際に、 どんな原因や症状があるのかをご紹介します。 足底筋膜炎 足底筋膜炎というのはあまり聞きなれないかもしれませんが、 足の裏が痛い際に起こる症状の1つになります。 足の裏には足底筋膜という体重の負荷を軽くして、 クッションのように支えてくれている筋膜があります。 この足底筋膜は普段は負荷を軽減してくれているのですが、 立ち仕事でずっと負荷をかけ続けたり、 運動などで頻繁に強い負荷をかけた時に、 膜に断裂が入って炎症することがあります。 特に体重が重いなど負荷が大きいほど注意が必要です。 この足底筋膜炎の症状としては歩いているだけでも痛みがあり、 負荷をかけるとさらに強い痛みが出ます。 症状が出やすい場所はかかとの前のほうが多く、 次に土踏まずの真ん中付近が出やすいです。 対策としては とにかく休ませることが大事です。 この症状が出てるときに無理して負担をかけると、 さらに炎症が悪化してしまいます。 また、以下の動画で自分で治すための方法なども解説しています。 痛風 足が痛くなる症状としては、 痛風が1番知られているかなと思います。 痛風は尿酸が体の中に溜まったものが結晶化して、 それが原因で激痛と炎症を起こすものです。 この症状は足の裏というよりは、 主に足の親指の付け根部分が腫れて痛くなることが多いです。 最初のうちは1週間ぐらいすると治まることが多いですが、 それを放っておくとどんどん症状が悪化していくので、 すぐに病院で診てもらったほうがいいです。 扁平足 扁平足とは足を支えるアーチが3つあって、 そのうちの縦のアーチが低い状態になっているものです。 このアーチによって衝撃を吸収するので、 それが低い状態だと上手く働かないので、 足が疲労しやすく、痛めやすいです。 他にも姿勢が悪くなったり、膝・腰・肩なども痛めやすく、 様々な悩みの原因ともなります。 扁平足の原因となる以下です。 ・靴のサイズが合わないものを履いている ・歩き不足によるもの ・姿勢や歩き方が悪い こういった原因に注意することで扁平足は改善していきます。 また、以下で扁平足の効果的なストレッチの方法を 動画で解説しています。 足底線維腫 足底線維腫は土踏まずの部分にぷっくりとした、 ふくらみができるのが特徴です。 このふくらみは足底腱膜に発生する良性の腫瘍であり、 歩く際にあたって痛みが出ることがあります。 この足底線維腫は原因がはっきりしていません。 また、足底腱膜炎と間違いやすい症状でもあり、 土踏まずの中央辺りを実際に触ってみて、 腫瘤があるかどうか確認するとわかりやすいです。 モートン病 モートン病とは足の裏や指の間に痛みやしびれが出る病気です。 特にひとさし指や中指の間に症状が現れやすく、 付け根から指先にかけて強い痛みを感じやすいです。 このモートン病は 足裏の神経が圧迫されることで、 症状が現れやすいので、負担のかかる靴などは注意が必要です。 高いヒールとか自分に合っていない靴を履き続けると、 モートン病だけではなく、様々な症状がでやすくなります。 また、自分で判断するのは難しい病気でもあるので、 しばらく安静にしても痛みがひかないようなら、 病院で診てもらったほうがいいです。 場所別の痛みの原因のまとめ ここでは場所別で痛みの原因となる症状についてご紹介します。 1.かかと:足底筋膜炎 2.土踏まず:足底線維腫、足底筋膜炎 3.足の指付近:痛風、モートン病 ここで記載したのは主に痛くなりやすい場所であり、 人によっては違う場合もあり、悪化すると全体的に症状が出ることもあります。 どの症状にしてもまずはなるべく安静にして休ませたり、 痛みに効くストレッチなどをして様子をみた後に、 まだ症状が続くようだったら病院で診てもらったほうがいいです。 ちなみに足の裏の痛みに効くストレッチ方法が 以下の動画で解説しています。 また、関連記事として以下も良ければご覧ください。 . まとめ ここまで足の裏やかかとの痛みの5つの原因や特徴について、 足底筋膜炎も含めて総合的に情報をご紹介しました。 ぜひ、参考にして頂けたら幸いです。

次の