ソフトバンク 柳田 嫁。 柳田悠岐はデキ婚か?結婚相手の嫁の職業や写真は?ソフトバンクのトリプルスリーを支えた奥さん

柳田悠岐はデキ婚か?結婚相手の嫁の職業や写真は?ソフトバンクのトリプルスリーを支えた奥さん

ソフトバンク 柳田 嫁

こんにちは! 今回はソフトバンクの松田宣浩選手についてまとめていきます! 野球選手の嫁と言えば女子アナウンサーが多いですが松田選手もその中の一人で嫁さんはKBC九州朝日放送の元アナウンサー、柴田恵理さんであることは有名です。 そんなお二人に最近離婚の噂が流れているようなので本当に離婚危機なのか調べて見ました! その場合2人の子供はどうなるのでしょうか。 中学からはシニアリーグで硬式野球に転向。 高校は中京高校で三番遊撃手として出場し双子の兄と共に甲子園に出場。 (初戦敗退) 高校通算61本塁打を記録。 その後は亜細亜大学に進学し1年春から4番で出場。 一部リーグ通算成績は打率. 225、15本塁打、41打点。 2005年のドラフトでソフトバンクに入団しました。 大学在学中にはミス日本準グランプリを受賞している。 KBC入社直後大型キャンペーン「水と緑のキャンペーン」のメインパーソナリティに任命。 2008年に松田宣浩選手と結婚を発表。 結婚後はフリーで活動も2010年に妊娠が分かり活動を休止。 現在は1男1女を出産し二児の母。 松田宣浩が嫁の柴田恵理と離婚? 松田選手と嫁の柴田恵理さんが付き合い始めたのは 2007年の8月から。 ソフトバンクの本拠地が福岡なのでおそらく出会いは嫁の柴田恵理さんがインタビューした際に知り合ったか、知り合いを通じての食事会(合コン)ではないかと思います。 結婚式は福岡市内にあるホテルで挙げチームメイトからも祝福されたそうです。 名前は一冴(いっさ)君だそうです。 生まれたのが2010年なので現在は7歳ですがこの写真は二歳くらいでしょうか。 とてもかわいい男の子ですね! 事実、松田選手の名前を検索すると 「松田宣浩 離婚」と出てきます! なぜこのような噂が流れているのか、また本当に離婚はあり得るのか調べて見ると一つの疑惑が浮上していることが分かりました! それは 松田選手が同じチームメイトの今宮健太選手と仲が良く 試合後にはハグをしたりするそうなのですがそれを 嫁の柴田恵理さんが許せなくて嫉妬することが原因だそうです! そんなことが理由で離婚はしないと思いますが(笑) 一応他にも調べて見ましたが離婚となる証拠はどこにもなく なぜこんなことで無理やり離婚説が流れているのかはわかりませんがもしかすると 他球団のアンチがデタラメに流したのかもしれません。 そんな松田選手の子供にある噂が。。 それは 「松田宣浩 子供」と検索すると ダウン症と出てきます。 CM見る限り全くそんな風見えないですが何でこんな噂が流れるのでしょうか。 こちらも隈なく調べて見ましたが ダウン症の事実は出てきませんでした。 というか普通に可愛い男の子でしたし動画を見ればすぐに分かります! 噂にしては少し行き過ぎだなと思うし、もしアンチが流しているならすぐに止めてほしいなと思います。 2015年には 二人目の子供(娘)も生まれ一男一女の4人家族と なりました! 残念ながら娘さんの画像や名前はまだ公開されていないようですがもしかすると今度は娘さんも含め4人でCMに出演されるかもしれません。 ・学生時代にミス日本準グランプリ受賞した。 ・松田ファミリーの離婚説はデマ。 ・子供は一男一女で名前は長男が一冴(いっさ)君。 長女は非公開。 ・子供がダウン症はデマ。

次の

柳田悠岐の嫁は宮田病院のゆきさん?画像や写真は?子供を出産して一児のパパに!

ソフトバンク 柳田 嫁

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 3年生の時にの「西風五月が丘少年野球クラブ」に所属しを始め 、元は右打ちだったが6年生の時に左打ちに転向。 広島市立伴中学校の時は八幡少年野球クラブシニア()に所属した。 時代は2年時の秋に中国大会出場、3年時の夏は広島大会ベスト4で敗退した。 高校通算11。 高校卒業後はに進学。 1年時の秋からレギュラーとなり、首位打者とベストナイン獲得。 2年時は春秋ともに同リーグのベストナインに選ばれた()。 この年から3年連続で大学選手権に出場。 3年時の春季は打率. 528を残し、同リーグで最優秀選手賞、首位打者、ベストナインを獲得。 秋季は首位打者とベストナインを獲得した。 、4年時秋季も同リーグで首位打者とベストナインを獲得した。 大学通算82試合で打率. 428、8本塁打、60打点の成績を残している。 高校3年時の体重は68kgだったが、大学時代にやらが通うジムで体重を増やした結果、遠投距離が10m伸びた上に50m走のタイムも0. 3秒速くなった。 10月28日に行われたにてから2巡目指名を受けた。 2位指名は数名の候補の中からを指名する方向で固まっていたが、会長のが「待て、(指名候補の中で)誰が一番(打球を)飛ばすんだ?」と訊くと、スカウトらが「柳田です」と即答し、寸前のところで指名が切り替えられた。 担当スカウトはだった。 は「 44」。 プロ入り後 [ ] は春季キャンプは新人唯一のA組スタートだが 、公式戦初出場は、同年5月8日、で行われた対戦で、指名打者の代走として9回同点二死一三塁の一塁走者だった。 この時、直後のの右中間タイムリー三塁打により、一塁から本塁を陥れ初得点を記録している。 同年7月21日にで行われたに選出され、4番で先発出場したが4打数1安打だった。 二軍では77試合に出場し、規定未到達ながら251打数で打率. 291、13本塁打(リーグ1位)、43打点(リーグ4位)、5三塁打(リーグ1位タイ)、20盗塁(リーグ4位)、外野手部門の6補殺(リーグ2位タイ)と活躍したものの、85三振(リーグ2位)、外野手部門5失策(リーグ1位タイ)、守備率. 962と粗さも目立った。 本塁打王 と8月度のミズノ月間MVP(ファーム)を獲得した。 シーズンオフにのに派遣され、11月4日から12月22日までの22試合に出場、規定未到達で38打数11安打、打率. 271、3本塁打、11打点、OPS. 772の成績を残した。 18試合が先発出場で内訳は指名打者5試合、外野13試合、失策は無かった。 また、12月15日には満塁本塁打も放った。 6月22日の対日本ハム戦で7番で先発出場し、7回の3打席目でから四球を得てプロ初出塁を達成。 6月23日の同カードで8番右翼手として先発出場し、2回の1打席目でからプロ入り初安打を本拠地・で達成した。 5回の2打席目で吉川から三塁打で先頭出塁し、マルチヒットも記録(セカンドゴロの間に生還し初得点)。 3打席目はのスライダーを打ちのグラブを弾いてエラーで出塁と、4打席で3度出塁した。 6月28日の対戦では、のを打ち先制のタイムリー安打を放ったことでプロ入り初打点を記録した。 すかさず盗塁を試み、捕手のからプロ初盗塁も達成。 8月5日の対戦での負傷により途中出場すると、7回にが投げた内角の初球スライダーを右翼席最上段へ運ぶツーランホームランを放ち、これがプロ入り初本塁打となった。 通算81打席目での本塁打は推定135メートルの特大弾だった。 8月16日の対戦の延長10回同点の場面では、から生涯初のサヨナラ本塁打となる2試合連続本塁打を記録した。 このサヨナラ打は8月度のとして表彰された。 9月25日の対オリックス戦では5打席で4安打1四球とプロ入り初のを記録した。 10月3日の対日本ハム戦、3打数無安打で迎えた9回6点リード一死満塁の場面で、の外角直球を左翼席に運び、プロ入り初の満塁本塁打を記録した。 は10月14日第2戦で、から初となる内野安打を放った。 二軍では51試合に出場し打率. 300、リーグ2位の16盗塁の成績を残した。 はオープン戦で12球団最多の6本塁打を放ち 、開幕一軍入りを果たした。 4月までで打率. 298、3本塁打と好調を続けていたが、右化膿性炎の診断を受けて5月1日に一軍登録を外れ 、同月11日に一軍復帰した。 6月1日の対、戦で初回3点リード一死二三塁から、昇格後初となるスリーランホームランを放ち、広島のエース・をノックアウトした。 6月5日の左翼手復帰を受け、残りの交流戦は途中出場に回った。 ところが6月25日の対日本ハム戦で左肩を痛め、6月26日に出場選手登録を抹消された。 6月28日にの病院で検査の結果、右肩の軽度の損傷と診断された。 7月15日に一軍へ戻ると、同日の対ロッテ戦で代打として復帰し、以降8月13日まで代打出場となった。 8月14日の対西武戦で7番指名打者で先発出場すると、6回に代わったばかりのから約2ヶ月半ぶりの本塁打となるスリーランホームランを放った。 8月29日からはの不調に伴って4番に抜擢され、9月8日までの10試合45打席で打率. 300、OPS. 928と役割を果たした。 指名打者・代打での出場が続いていたが9月26日の対オリックス戦で外野守備に復帰、残り8試合は右翼手で先発出場した。 9月29日対楽天戦ではプロ初のマルチ盗塁を記録した。 プロ3年目にして初めて二桁本塁打、二桁盗塁を記録した。 は開幕戦の対ロッテ戦で本塁打を含む猛打賞で好スタートを切ったが、4月1日からの対日本ハム戦では徹底的な内角攻めにより同カード内で2死球を受けた(同年は成績に伴いマークも厳しくなり、最終的にリーグ2位の16死球を受けた )。 4月8日までの10試合で打率. 161と対応に苦しんだが、4月27日の対西武戦の初回第1打席二死満塁の状況で、の高めのをへ運び満塁本塁打を放つなど、4月末時点では打率. 276まで戻した。 4月22日の日本ハム戦ではのライナーを捕球し1死、さらにホームへ強肩でストライク返球し、タッチアップした三塁走者のをアウトにして2死し、最後に盗塁を仕掛けた一塁走者の大谷翔平をアウトに仕留め、チーム15年ぶりの三重殺に貢献した。 5月には月間打率. 395、安打数34(共にリーグトップ)を記録しを受賞した。 に監督推薦選手として初選出。 7月18日第1戦では代打から左翼手で出場し四球で出塁した。 7月19日第2戦()では1番中堅手として先発出場、6回表の第4打席でからバックスクリーン左へのツーランホームランを放つなど、この試合4安打の活躍 で同試合の最優秀選手賞を獲得した。 8月26日から9月13日までは自己最長の16試合連続安打と好調を維持した。 9月24日にはプロ入り4年目で初の1試合5安打を記録した。 最終的にチームトップの打率. 317(リーグ3位) 、出塁率. 413(リーグ2位)、盗塁33(リーグ2位) を残し、猛打賞15回とマルチ盗塁4回を記録。 打点も70へと伸ばし、チーム内のはに次ぐ10とリーグ優勝に貢献した。 ファイナルステージでは、10月15日第1戦にから先制タイムリー二塁打を放ち、10月18日第4戦ではから初回先頭打者本塁打で先制するなど、全6試合に出場し25打数で打率. 280、3打点の成績だった。 では10月25日第1戦では、から6回に初安打を放つと、7回二死三塁でも同投手からライトへ安打を放ち日本シリーズ初打点を記録。 全5試合に出場、20打数8安打(打率4割)、5得点と活躍してチームの日本一に貢献 、同選手権の優秀選手賞も受賞した。 他にも と、 を初受賞した。 10月9日にのに選出された。 11月14日の第2戦でからセンターオーバー2点タイムリー三塁打、ライト前タイムリー、8回にはからセンターオーバーのタイムリー二塁打を放った。 11月16日第4戦でも、、からそれぞれ安打し猛打賞を記録。 全5試合に出場し、打率3割、6安打4打点の大活躍でMVPに選ばれた。 は「アメリカにつれて帰りたい」と称賛した。 12月1日に球団よりが使用していた「 9」に背番号が変更されることが発表された。 12月25日の契約更改交渉で5,800万円アップの年俸9,000万円(金額は推定)でサインした。 、開幕前の2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。 3月10日の第1戦に「1番 右翼手」で先発出場し 、3月11日の第2戦では「3番 右翼手」で先発出場した。 レギューラーシーズンでは、6月2日の戦ではからスコアボード直撃となる特大ホームランを放ち、その際にビジョンの一部が破壊される事態となった (壊れたビジョンのパネルはソフトバンクの本拠地であるに展示されている )。 9月8日、日本ハム戦で自身初の1シーズン30本塁打を達成。 9月15日、オリックス戦で2年連続の1シーズン30盗塁を達成。 9月26日の対ロッテ戦でから死球を受け 、翌日からシーズン終了までスタメンを外れるも、「打率. 363、34本塁打、32盗塁、99打点、出塁率. 469」の好成績を記録。 自身初ののタイトルの獲得、12球団トップの(1. 101)及び(11. 39)、そしてプロ野球史上10人目(球団では初)のの達成という、「桁違いの活躍」「記録ずくめ」の年となった。 またこの年は、のもトリプルスリーを達成し、にとが達成して以来、65年ぶりに2人のトリプルスリー達成者が生まれた。 なお、この年の出塁率. 469はシーズン400打席以上の外野手で歴代最高値であった。 10月9日にの日本代表最終ロースター28名に選出された が、上記の9月26日に受けた死球は左膝付近を直撃しており 、11月2日に左大腿骨内顆部骨挫傷で日本代表を辞退することを発表した。 11月25日にはチームを日本シリーズに導いた点やトリプルスリーを達成した点などが評価され、パ・リーグのに選出された。 受賞の挨拶では「チームが2連覇したので、3連覇したいと思う」と翌年に向けての意気込みを語った。 12月25日、内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、推定年俸約9,000万円から一気に3倍増の約2億7,000万円で更改した。 は、2年連続のトリプルスリーが期待される状況でシーズンを迎えた。 4月15日の楽天戦で、パ・リーグのシーズン新記録となる16試合連続四球を記録して、の15試合連続を65年ぶりに更新。 このようにを向上させた一方で、相手投手の徹底マークに苦しみ、5月3日の対日本ハム戦では、打率が. 229に落ち込むなど苦しんだ。 5月下旬以後、徐々に調子を上げたが、最終的には「打率. 306、18本塁打、23盗塁、73打点、出塁率. 446」といずれも前年よりも最終成績を落とした。 その一方で、は「. 969」、は「9. 29」で、いずれもリーグトップの成績だった。 10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された が、10月31日に右肘関節炎のため辞退した。 12月21日、福岡ヤフオク! ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1,000万円減の年俸2億6,000万円(金額は推定)でサインした。 は、らと行った 自主トレで肉体改造を目指し、炭水化物をほとんど摂取しない食事制限を行うが 、そのトレーニング法を聞いたに苦言を呈される。 それに対して柳田は「感動しました。 ダルさんにそんなこと言われてうれしかったです。 僕のことを知ってくれているということなんで」と反応した。 宮崎春季キャンプは右肘の影響からB組からのスタート。 またその影響からのへの選出は見送られた。 オープン戦では、3月22日の対阪神戦では守備につくなど回復をみせ 、開幕一軍に間に合った。 レギュラーシーズンは、4月28日の対オリックス戦において、から左足膝裏付近に死球を受け負傷交代する。 その後2試合欠場したが、5月2日の対西武戦で3試合ぶりにスタメン復帰する。 セ・パ交流戦では、6月6日の対ヤクルト戦で延長10回裏にボテボテのライン上で止まる内野安打でサヨナラ勝ちを決め 、翌7日の同じく対ヤクルト戦では、推定飛距離145メートルの本塁打を放つなど 、6月9日の対阪神戦まで21試合連続安打を記録し 、チームの3年連続となるセ・パ交流戦最高勝率達成に貢献し、自身は史上初となる2度目の日本生命セ・パ交流戦最優秀選手賞(MVP)に輝いた。 6月23日に福岡ヤフオク! ドームで行われた対西武戦において、3打席連続本塁打と、自己最多タイの1試合6打点を記録する。 2本目の17号2ランはプロ野球史上283人目となる通算100本塁打。 3本目の18号ソロでの3打席連続本塁打は、チームではの・以来、51年ぶりの快挙となる。 7月7日、自身2015年9月度以来、4度目となる6月度の日本生命月間MVPを受賞する。 7月14日、15日両日に開催されたにおいて、ファン投票で2年連続最多得票となる50万9,359票を獲得し選出された。 14日、15日の試合前に行われた本塁打競争では、2日連続の優勝を飾る。 7月7日対日本ハム戦で右膝当てた自打球の影響で、7月21日の対ロッテ戦を欠場したが 、リーグ優勝決定戦となった9月16日にで行われた対西武戦において、1点ビハインドで迎えた4回表に逆転2ラン本塁打を放ち、目標だった2年振りの30号本塁打に到達する。 9月20日の対日本ハム戦において、スイングした際に右脇腹を痛め途中交代。 翌21日にの病院で精密検査を受け、右腹斜筋損傷・肋間筋損傷2度(中度)、全治3週間の見込みと診断され、出場選手登録を抹消されることとなりの出場が危ぶまれる。 また、のタイトルをと、とのタイトルをチームメイトのと争っていたが、以降の試合に出場できずそのタイトルを逃す。 しかし、「打率. 310、31本塁打、14盗塁、99打点、出塁率. 426」と打率、本塁打、打点の打撃3部門において、前年を上回る成績を残し、3年連続3度目となるのタイトルを獲得した。 上記の怪我で出場が危ぶまれた楽天とのは、10月22日の第5戦からレギュラーシーズンの3番打者ではなく、「1番・中堅手」で出場。 1回裏の先頭打者で内野安打で出塁し、先制点の足掛かりを作り、3打席目の4回裏には、2死二塁のチャンスでライト前前適時打を放つなど活躍し、に進出する。 との日本シリーズも「1番・中堅手」で出場。 10月28日の第1戦では、1回裏の先頭打者でセンター前ヒットで出塁し、3番デスパイネの適時打で先制得点と5回にライト前適時打 、10月29日の第2戦では、1回裏の先頭打者でライト前ヒットで出塁し、2試合続けての3番デスパイネの適時打で先制得点。 2点ビハインド7回裏1死三塁の場面で1点差に迫るセンター前適時打を放つ。 10月31日の第3戦では、1回表の先頭打者でライト前ヒットで出塁、2番の打席で初球盗塁。 4番内川聖一の適時打で先制の得点を記録。 チームは2年ぶりの日本一に輝いた。 11月9日、2015年以来2年振り3度目の三井ゴールデン・グラブ賞と 、11月17日にはベストナインを受賞した。 12月23日、福岡ヤフオク! も開幕から好調を維持し、4月21日の日本ハム戦では日本プロ野球史上65人目(70度目)となるを達成。 6月8日、交流戦の中日戦で右太腿裏を傷め、負担軽減のため翌日から9試合は右翼もしくは左翼で出場、その間は一時調子を落としたが 、のファン投票では3年連続で両リーグ最多得票となった。 9月16日、首位西武との直接対決前の試合前練習中に、西武選手による打撃練習の打球が左側頭部を直撃、救急車で病院に搬送され、検査で打撲の診断を受け、翌17日には特例措置が適用され、出場選手登録を抹消、23日に復帰した。 最終的に打率. 352、36本塁打、102打点の好成績を記録。 本塁打と打点でキャリアハイを記録し、自身3年ぶり2度目のと4年連続4度目のの2つの個人タイトルを獲得した。 350以上を複数回記録するのは史上11人目の大記録であり 、5年連続でシーズン打率5傑入りを果たすのは史上11人目だった。 また出塁率と長打率の両方でリーグトップを記録したが、これで両部門を制したのは4年連続となり、に次いで史上2人目の快挙を達成した。 ポストシーズンでは、のファイナルステージで打率. 450、2本塁打、8打点と打線をけん引し自身初のクライマックスシリーズMVPを獲得した。 続くでは、第5戦の延長10回にバットを折られながらもサヨナラホームランを放つ活躍を見せ 、優秀選手に選ばれた。 オフには、ともに自身4度目となるゴールデングラブ賞と満票でのベストナインを受賞した。 、4月7日に本拠地ヤクオクドームで行われたロッテ戦で左膝裏に違和感を訴えて途中交代。 翌日に検査を受けて「左半膜様筋腱損傷」と診断された。 当初は全治3週間程度と見込まれていたが、想定以上に回復に時間がかかり、実戦復帰は遅くなった。 今季前半はわずか9試合の出場で、31打数11安打の打率. 355、4本塁打14打点という成績だったが、ファン投票でオールスターに選出された。 その後も万全にはほど遠く、最終的に38試合128打数37安打、打率. 289、7本塁打23打点となった。 12月25日に福岡市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3年契約の3年目となる予定だった来季から新たに7年契約を結び直し、生涯契約を結んだ。 最初の4年間は現在の契約を延長し、年俸変動制で下がることはなく、4年終了後に、残り3年分の契約内容を見直す形になり、来季年俸は今季の5億7000万円プラス出来高から現状維持となる。 7年終了後については「フィニッシュです。 そこまで決まっています」と引退を示唆し、生涯ホークス宣言をした。 選手としての特徴 [ ] 2013年オフからを目標としており 、2014年オフには公約Tシャツも制作。 2015年に公約通りトリプルスリーを達成した。 のファン投票において、2016年度から2018年度までに以来となる3年連続での両リーグ最多得票を記録している。 2019年度は、シーズン序盤に左半膜様筋腱損傷を発症し、球宴までに9試合しか出場していなかったにも関わらず、33万1338票を集め外野手部門3位で選出され話題となった。 打撃 [ ] フルスイング(2017年10月29日、福岡 ヤフオク! ドームにて) 2015年から2018年にかけて、4年連続で出塁率と長打率の両部門でリーグ1位を記録している。 これはに次ぐプロ野球史上2人目の記録である。 また、打者が打席あたりに生み出した得点の傑出度を表すでも4年連続でリーグ1位を記録しており 、しばしば「球界最強打者」とも称される。 2015年から2017年の3年間は同時にリーグ最多四球も記録しており、2016年にはに並ぶ18試合連続四球のNPB記録を樹立している。 高校時代のバッティングフォームはを模倣した一本足打法だった。 大学進学後にすり足打法を意識しゆくゆくはのようなシンプルなすり足打法にしたいと述べていたが 、2011年オフのプエルトリコウィンターリーグで、外国人選手を参考に右足をスムーズに前に出すフォームへ変更した。 2018年のオープン戦では外野守備走塁コーチのから「みたい」と表現された、バットを頭上で寝かせるように構えるフォームにも一時的に変更している。 重心を左の軸足に残し、豪快さと柔らかさを兼ね備えた打撃で逆方向の左翼へも強い打球を飛ばすことができ、球界でも群を抜いた打球の飛距離と高打率を両立する。 「逆方向に引っ張る」 とも称される広角へのホームランは、から「センターから逆方向にあれだけ距離が出るのは今までの日本人には見られなかった」と評されている。 また普通の打者ならアウトになる確率の高いゴロが打球の速さから内野を抜けていき、抜けずとも俊足で安打にしてしまう。 以前は極端な引っ張り傾向があり、打球が飛びやすいライト方向に野手が寄るシフトをロッテが採用していた が、年度経過ごとに引っ張りの割合が減り逆方向への打球が増加している。 2016年もその傾向は続き、打球がそれほど上がらないタイプであるため、パワーの割に本塁打が増えにくい打者と評されていた。 2011年12月4日放送「すぽると!」内の『2011年プロ100人が選ぶパワーヒッターNo. 1』で、当時一軍ではホームランはおろかヒットの1本すら打っていなかったにも関わらず、から1票を獲得しランク外注目選手として取り上げられた。 井端は「 2軍で 軽々とバックスクリーンまで持っていくんで驚いた。 別に知り合いでもなんでもないんですけど、持っているパワーはちょっと桁外れだと思いました」とコメントした。 とが出演した2013年度放送の「スカパー!」のCMにて、両名が現役選手から理想のメンバーを選んでチームを作るという企画を行った際、中堅手部門でプレートの用意されていなかった柳田の名前を清原が直接ホワイトボードに書き込み「すごいやつ見つけた、キャンプで。 日本人でスイングスピードは一番速いと思う」と紹介した。 2012年8月に監督に連れられ、での対日本ハム戦の試合前にの打撃練習を見学した 事をきっかけに、秋山監督と会長の勧めもあり2013年のオフから糸井の自主トレにも参加している。 糸井は柳田について「たぶん日本人で一番飛ばす。 バケモン」 、「飛距離はギータの方が2段階ぐらい上だと思う」 と述べている。 2018年からは更にオリックスのを加えて自主トレを行なっている。 走塁・守備 [ ] 2015年の春季キャンプでは手動計測ではあるものの5秒55を記録した俊足。 純粋な足の速さに優れ、体格を活かした広いストライドと脚力を誇る。 スピード豊かな走塁を武器にし 、15年には史上初の首位打者とトリプルスリーの同時達成を果たしている。 ベースランニング能力を図るUBRでは2014年から4年連続でリーグトップ3に入り続けており、17年には1位を記録するなど優れた走塁、盗塁能力を見せる。 遠投は125メートルを記録。 強肩と俊足を生かした外野守備を武器とする とも評されるが、DELTA社のセイバーメトリクスに基づくアナリストによる守備評価は、2016年度の12球団のセンターの中で12人中10位 、2017年度は500イニング以上を守った11人中最下位であり、「世評とは異なり、他球団の中堅手に比較して守備的貢献は大きなものではない」としている。 同じく2018年度のDELTA社アナリストによる総合守備評価は11人中5位であり、守備範囲では平均よりはやや劣り、定位置から離れる遠い打球ほど他の中堅手と比べて捕れていない傾向があるとされる。 一方、アームレーティングによる進塁阻止では1位を記録している。 広島市出身のため、幼少時より何度もに通っていた。 名物の「スクワット応援」にも参加したほどのファンで「カープ男子」を自称する。 所属しているホークスは好きだが、カープの優勝が見たくてファンをやっていたのでホークスファンにはならない、というコメントをしたこともある。 憧れの選手は。 チームメートの・・や元楽天でMLB選手のらと同様に、のファン(モノノフ)である。 ライブにも行ったことがあり、「ももクロはいつも全力で礼儀正しく、人間の鑑」と述べている。 打席登場曲には、ももいろクローバーZの楽曲を通算13曲も使用している(を参照)。 2016年には、柳田のためのオリジナル選手登場曲「」を同グループから提供してもらった。 なお、一番好きなメンバーであったが2018年1月に脱退してからはももいろクローバーZの楽曲使用の機会が減っていたが、同年の日本シリーズ第5戦の延長戦で久々に「」が流れると、その打席でサヨナラホームランを放った。 2015年11月29日、同年7月に24歳の一般女性と結婚したことを発表。 2016年1月20日、同月7日に第一子となる女児が誕生したと報じられた。 球団主催の九州9カ所でのふれあい野球教室「ベースボールキッズ」、熊本では野球教室からトークショー形式で小学生から質問を受け、既婚者で子供もいる柳田に「彼氏はいますか?」と珍質問する小学生には爆笑しながら「彼氏?はいません」と答え、「怖い選手はいますか」という質問には「西武の投手。 めちゃ死球を当てられるので怖いです」と答えていた。 特技はで自己ベストは267。 大学時代は練習後にボウリング場へ直行していた。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 6 5 5 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0. 000. 000. 000. 000 68 212 195 17 48 10 1 5 75 18 6 1 2 0 10 2 5 56 2. 246. 300. 385. 685 104 337 298 48 88 19 2 11 144 41 10 1 0 0 32 0 7 96 3. 295. 377. 483. 860 144 615 524 91 166 18 4 15 237 70 33 6 0 3 72 5 16 131 8. 317. 413. 452. 865 138 605 502 110 182 31 1 34 317 99 32 8 0 1 88 4 14 101 9. 363. 469. 631 1. 101 120 536 428 82 131 31 4 18 224 73 23 2 0 0 100 2 8 97 8. 306. 446. 523. 969 130 551 448 95 139 30 1 31 264 99 14 7 0 7 89 8 7 123 6. 310. 426. 589 1. 016 130 550 475 95 167 29 5 36 314 102 21 7 0 5 62 4 8 105 8. 352. 431. 661 1. 092 38 157 128 17 37 6 1 7 66 23 4 1 0 0 28 2 1 28 4. 289. 420. 516. 936 通算:9年 878 3568 3003 556 958 174 19 157 1641 525 143 33 2 16 481 27 66 740 48. 319. 422. 546. 968• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別打撃成績所属リーグ内順位 [ ] 年 度 年 齢 リ | グ 打 率 安 打 二 塁 打 三 塁 打 本 塁 打 打 点 盗 塁 出 塁 率 2011 23 - - - - - - - - 2012 24 - - - - - - - - 2013 25 - - - - - - - - 2014 26 3位 3位 - 8位 - 10位 2位 2位 2015 27 1位 2位 6位 - 3位 3位 2位 1位 2016 28 5位 - 3位 7位 - 10位 4位 1位 2017 29 2位 8位 3位 - 3位 2位 8位 1位 2018 30 1位 3位 6位 7位 2位 4位 7位 1位 2019 31 - - - - - - - -• -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記) 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 2011 ソフトバンク 2 0 0 0 0. 000 2012 62 113 0 1 0. 991 2013 57 107 3 0 1 1. 000 2014 144 273 6 6 1. 979 2015 132 272 7 4 1. 986 2016 120 247 6 4 0. 984 2017 130 233 6 1 1. 996 2018 127 248 8 3 3. 988 2019 33 60 3 4 1. 940 通算 807 1553 39 23 8. 986• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最多• 太字年は受賞 タイトル [ ]• :2回 (2015年、2018年)• :4回 (2015年 - 2018年) 表彰 [ ]• :1回 (2015年)• :4回 (外野手部門:2014年、2015年、2017年、2018年)• :4回 (外野手部門:2014年、2015年、2017年、2018年)• :5回 (野手部門:2014年5月、2015年8月、2015年9月、2017年6月、2018年5月)• 年間大賞:1回 (2015年)• 月間サヨナラ賞:2回 (2012年8月、2015年8月)• MVP:2回 (2015年、2017年)• MVP:1回 (第2戦)• オールスターゲーム日産ノート e-POWER賞:1回 ()• MVP:1回()• 優秀選手賞:3回 (、、)• パ・リーグ連盟特別表彰:1回 (特別賞:2015年)• :1回 (2015年 )• ・福岡ソフトバンクホークスMVP賞:2回 (2014年、2015年)• ヤナセ100周年賞 (2016年)• 年間大賞:1回 (2015年、「トリプルスリー」、と共同で受賞) 記録 [ ] 初記録• 初出場:2011年5月8日、対5回戦()、9回表にの代走で出場• 初打席:2011年6月16日、対4回戦()、5回表にから一塁ゴロ• 初先発出場:2011年6月25日、対北海道日本ハムファイターズ7回戦()、7番・で先発出場• 初安打:2012年6月23日、対北海道日本ハムファイターズ8回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回裏にから左前安打• 初打点:2012年6月28日、対12回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、2回裏にから中前適時打• 初盗塁:同上、2回裏に二盗(投手:西勇輝、捕手:)• 初本塁打:2012年8月5日、対15回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、7回裏にから右越2ラン 節目の記録• 100本塁打:2017年6月23日、対埼玉西武ライオンズ10回戦(福岡ヤフオク! トリプルスリーと首位打者の同一年での達成は史上初• 同一年に両リーグからトリプルスリー達成者(セ・リーグではのが達成)は1950年の・以来65年ぶり2回目• 出場:5回(2014年 - 2018年) 背番号 [ ]• 44(2011年 - 2014年、GLOBAL BASEBALL MATCH 2015)• 9(2015年 - )• 22() 登場曲 [ ] 現在の登場曲 [ ]• 「」(2013年 - )• 「ともに」(2017年 - )• WANIMA「ララバイ」(2017年 - )• WANIMA「シグナル」(2018年 - 、2018侍ジャパン強化試合でも使用。 WANIMA「アゲイン」(2019年 - )• WANIMA「GONG」(2019年)• 「」(2019年)• 「」(2020年-) 過去の登場曲 [ ]• 「晴れわたる丘」(2011年)• 「人生は素晴らしい物語」(2012年)• 「」(2013年)• 「」(2013年)• 「」(2013年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2014年)• ももいろクローバーZ「Overture」(2014年)• 「What Makes You Beautiful」(2014年)• 「」(2014年)• 「」(2014年)• B'z「」(2014年)• 、「とびら開けて」(2014年)• from 「 ()」(2014年、公式戦の他にでも使用)• 「ココロのちず」(2014年)• 「ヒカリへ」(2014年)• ももいろクローバーZ「」(2015年 - 2017年)• ももいろクローバーZ「Link Link」(2015年)• 「」(2015年 - 2016年)• BEAST「HANDS UP」(2015年)• 「」(2015年クライマックスシリーズ)• ももいろクローバーZ「」(2016年 - 2017年) - ファンを公言する柳田のために作られたオリジナル登場曲。 読みは「ノルカソルカ」• 「」(2016年)• 「」(2016年)• ももいろクローバーZ「」(2016年)• 湘南乃風「」(2016年)• 「」(2016年)• 「Perfect Love」(2016年)• ももいろクローバーZ「走れ! 」(2016年)• 「Starships」(2017年)• 「Turn Me On feat. Nicki Minaj」(2017年)• 「Alone」(2017年)• 「Love Raggae Music」(2017年)• MIGHTY CROWN GROUP「Respect」(2017年)• 「」(2017年)• 「BABY BABY」(2017年クライマックスシリーズ)• 「」(2017年日本シリーズ)• 「」(2017年 - 2018年)• 「Na, Na, Na, Na」(2018年)• 「見えないスタート」(2018年)• WANIMA「OLE!! 」(2018年)• WANIMA「ヒューマン」(2018年)• 「」(2018年)• 「」(2018年)• 浜崎あゆみ「」(2018年)• 浜崎あゆみ「」(2018年)• 浜崎あゆみ「」(2018年)• 「」(2018年クライマックスシリーズ、日本シリーズ) 関連情報 [ ] 出演 [ ] 映画 [ ]• nikkansports. com. 2019年12月25日閲覧。 - Web• オフィシャルサイト 2015年10月25日. 2017年12月14日閲覧。 ONLINE 2019年4月15日. 2019年8月21日閲覧。 2015年1月27日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2013年3月17日. 2017年12月14日閲覧。 西広島タイムス 2011年1月7日• 日刊スポーツ 2012年8月7日. 2017年12月14日閲覧。 2010年10月18日• ニュース 2015年10月29日. 2017年12月14日閲覧。 オフィシャルサイト• 、2014年9月20日、27日号、P206• 、2011年1月7日• スポニチ Sponichi Aneex、2011年1月29日• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2011年5月8日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ・大阪版 2011年5月9日付記事 6版6面 「柳田初出場初得点」より• NPB. 2017年12月14日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• MLB. com. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ、2012年6月23日• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年6月23日. 2017年12月14日閲覧。 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト 2012年8月5日. 2017年12月14日閲覧。 スポニチSponichi Annex. 2010年8月5日. 2013年4月16日閲覧。 日刊スポーツ 2012年8月6日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2012年8月17日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ、2012年9月11日• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト、2012年9月25日• 日刊スポーツ、2012年10月4日• スポニチ Sponichi Annex. 2013年11月1日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex スポーツニッポン. 2013年5月1日. 2013年5月1日閲覧。 日刊スポーツ 2013年6月1日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ、2013年6月26日• 日刊スポーツ、2013年6月28日• 2014年10月8日 西日本スポーツ• 2014年4月22日 スポニチ Sponichi Annex• NPB. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ• 、2014年7月3日• NPB. jp 2014年7月18日. 2017年12月14日閲覧。 NPB. NPB. 2017年12月14日閲覧。 2014年7月20日付スポーツ面• 2014年9月14日 西日本スポーツ• 2014年9月25日 西日本スポーツ• NPB. 2017年12月14日閲覧。 NPB. 2017年12月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex• NPB. 2017年12月14日閲覧。 NPB. NPB. 侍ジャパン公式サイト 2014年10月9日 2015年3月26日閲覧• Sportsnavi. 2017年12月14日閲覧。 Yahoo! JAPAN Sportsnavi. 2017年12月14日閲覧。 週刊ベースボールONLINE 2014年11月28日• 週刊ベースボール、2014年12月8日号、P107• 日刊スポーツ 2014年12月1日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2014年12月26日. 2017年12月14日閲覧。 侍ジャパン公式サイト 2015年2月16日 2015年3月22日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月10日 2016年3月10日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月11日 2016年3月10日閲覧• 日刊スポーツ. 2015年6月2日. 2015年11月27日閲覧。 バックスクリーンは誤り• 日刊スポーツ. 2017年12月14日閲覧。 文中に「液晶」とあるが実際はLED• livedoorNEWS 2015年9月8日 2015年9月8日閲覧• ニュース 2015年9月15日 2015年9月15日閲覧• Sportsnavi 2015年9月26日• ベースボールキング. 2017年2月8日閲覧。 2017年2月8日閲覧。 スポニチアネックス 2015年10月5日配信• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年10月9日 2015年10月9日閲覧• full-count 2015年9月27日• スポニチ Sponichi Annex• zakzak 2015年11月2日• スポニチ Sponichi Annex 2015年11月25日. 2015年11月25日閲覧。 - スポニチ Sponichi Annex(2015年12月25日 14:59)• ベースボールチャンネル. 2017年2月8日閲覧。 スポーツニッポン. 2016年4月15日. 2016年4月15日閲覧。 THE PAGE. 2017年2月8日閲覧。 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月18日 2016年10月18日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月31日 11月4日閲覧• 日刊スポーツ 2016年12月21日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月14日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月13日. 2017年12月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2017年1月27日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月27日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年1月30日. 2017年12月14日閲覧。 西日本スポーツ 2017年1月19日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年3月22日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年3月29日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年4月28日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年5月2日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月6日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月7日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月9日. 2017年12月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2017年6月23日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月24日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年7月7日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年6月27日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年7月15日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年7月21日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年9月17日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年9月21日. 2017年12月14日閲覧。 西日本スポーツ 2017年10月10日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年10月22日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年10月28日. 2017年12月14日閲覧。 西日本スポーツ 2017年10月30日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年11月1日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年11月9日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2017年11月18日. 2017年12月14日閲覧。 2017年12月24日. 2017年12月24日閲覧。 Full-Count. Creative2 2018年4月21日. 2018年11月14日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 2018年6月22日. 2018年11月14日閲覧。 日刊スポーツ 2018年6月25日. 2018年6月25日閲覧。 ニッカンスポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年9月23日. 2018年11月14日閲覧。 日刊スポーツ 2018年10月13日. 2018年10月13日閲覧。 Full-count 2018年9月25日. 2018年9月25日閲覧。 スポニチ 2018年8月28日. 2018年8月28日閲覧。 東スポWeb 2018年8月3日. 2018年8月1日閲覧。 西日本スポーツ 2018年10月22日. 2018年10月22日閲覧。 スポニチ 2018年11月2日. 2018年11月2日閲覧。 サンスポ 2018年11月3日. 2018年11月3日閲覧。 日刊スポーツ 2018年11月8日配信• 西日本スポーツ 2018年11月27日配信• 日刊スポーツ 2013年12月9日. 2017年12月14日閲覧。 Sponichi Annex. 2015年11月9日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2014年11月30日. 2017年12月14日閲覧。 2014年12月28日時点のよりアーカイブ。 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2018年6月25日. 2018年11月26日閲覧。 Full-Count. 2019年6月24日. 2019年8月12日閲覧。 スラッガー責任編集『2018 プロ野球ベストプレーヤー・ランキング100』、、平成30年6月8日発行、8頁• 東スポWeb 2018年8月3日. 2018年8月1日閲覧。 スラッガー責任編集『2018 プロ野球ベストプレーヤー・ランキング100』、、平成30年6月8日発行、8頁• 65号、 株 ベースボール・マガジン社、2018年12月5日発行、16頁• Slugger特別編集 2019プロ野球オール写真選手名鑑、平成31年3月31日発行、 株 、33頁• 東スポWeb 2016年4月20日. 2018年8月1日閲覧。 日刊スポーツ 2012年2月8日. 2017年12月14日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2018年3月23日. 2020年5月8日閲覧。 2014年8月19日• パリーグTV 2018年11月10日. 2018年11月10日閲覧。 スポニチアネックス 2018年11月10日. 2018年11月10日閲覧。 DELTA 2016年4月15日. 2017年12月16日閲覧。 DELTA 2018年8月3日. 2018年10月16日閲覧。 Baseball LAB 2015年9月11日. 2017年12月16日閲覧。 DELTA 2016年4月15日. 2017年12月16日閲覧。 Number Web 2017年7月18日. 2017年12月16日閲覧。 週刊ベースボールONLINE 2017年8月25日. 2017年12月16日閲覧。 サンスポ. COM. 2016年6月11日. 2018年9月3日閲覧。 NewsWalker. 2013年3月7日. 2018年9月3日閲覧。 Number Web 2014年11月20日配信• 日刊スポーツ 2013年11月21日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ• 「」文藝春秋、2014年11月27日号、p54• フルカウント 2019年1月21日. 2019年3月8日閲覧。 週プレNEWS 2015年7月3日 2018年11月10日閲覧• スラッガー責任編集『2018 プロ野球ベストプレーヤー・ランキング100』、、平成30年6月8日発行、29頁、30頁• 、2014年9月1日号、P4• スラッガー責任編集『2018 プロ野球ベストプレーヤー・ランキング100』、、平成30年6月8日発行、9頁• スラッガー責任編集『2018 プロ野球ベストプレーヤー・ランキング100』、、平成30年6月8日発行、8頁• 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• sportiva、2011年2月16日。 nikkansports. com. ニッカンスポーツ新聞社 2017年11月16日. 2017年11月17日閲覧。 週刊野球太郎• 、2014年9月1日号、P4• 株式会社DELTA. 2017年12月15日閲覧。 株式会社DELTA. 2017年12月15日閲覧。 DELTA 2018年11月23日. 2018年1月3日閲覧。 - 、2014年11月8日、夕刊デイリー新聞社。 『』881号、43ページ。 、2015年7月。 月刊ホークス2012年3月号• 野球 2015年9月17日配信・閲覧• 日刊スポーツ 2013年12月15日. 2017年12月14日閲覧。 デイリースポーツ. 2016年3月3日閲覧。 Yahoo! ニュース 2016年1月20日. 2018年11月2日閲覧。 日刊スポーツ 2015年11月29日• スポニチ Sponichi Annex 2016年1月20日. 2017年12月14日閲覧。 日刊スポーツ 2016年11月27日. 2017年12月14日閲覧。 西日本スポーツ 2017年11月24日. 2017年12月14日閲覧。 西日本スポーツ 2017年6月10日. 2017年12月14日閲覧。 2015年12月9日. 2015年12月10日閲覧。 Car Watch. 2014年12月25日. 2018年2月28日閲覧。 2015年12月25日. 2018年2月28日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2017年6月23日. 2017年7月6日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2018年10月6日 2018年10月10日閲覧• 2018年6月21日. 2018年8月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• - 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト• gita19881009 -.

次の

森唯斗(ソフトバンク)の結婚した嫁は?成績や年俸に帽子が話題

ソフトバンク 柳田 嫁

画像引用元: 2019年12月のソフトバンクとの契約更新にて、柳田悠岐は現状維持の 5億7千万円で契約を結びました。 1年契約ではなく、今後7年の間の契約になります。 アメリカに渡り、 メジャーリーグへの参加の夢をあきらめ、一生ソフトバンクに骨をうずめる覚悟を決めたようですね。 体の故障があったり、トリプルスリーの記録を作ったり、7年契約をしたりと、何かと話題の尽きない柳田悠岐ではありますが、今回は、柳田悠岐の嫁について調べてみました。 これだけの記録を打ち立て、話題になっている選手のパートナーですから、どんな人か、ちょっと気になりますよね。 では、さっそくみていきましょう。 コンテンツ• 柳田悠岐の嫁ってどんな人?名前や年齢や職業は? 画像引用元: 柳田悠岐の嫁は、芸能人ではなく、 一般人といわれています。 一般人のため、正式な情報が一切公開されていない状況ですが、どのような人なのでしょうか? 嫁の職業は宮田病院の元看護士? 画像引用元: 柳田悠岐の嫁の名前は「ゆき」が最も有力です。 わかっているのは読み方だけで、漢字については不明なままです。 『有紀』という情報もあるようですが、情報元がはっきりとしていない状況です。 年齢は、柳田悠岐よりも3歳年下になります。 福岡県の出身で、ネット上では『宮田病院』に勤めていたとの噂があります。 また、『歯科衛生士』という噂もありますが、正式な発表がないため、特定することができませんでした。 職業:元看護士、あるいは、元歯科衛生士 出身地:福岡県 嫁は直方高校?出身は田主丸? 画像引用元: さらに、柳田悠岐の嫁の出身校はどこなのでしょうか? ネット上では、福岡県直方市にある 直方高校だと言われています。 その理由は、柳田悠岐と目撃されたのが、その付近だったからという理由からでした。 しかし、信憑性はなく、 実際に出身や出身校に関しても不明でした。 一般人だと、自身でブログやTwitterなどのSNSをやっていないと、情報自体が存在しませんね。 嫁の有紀(ゆき)の画像はある? 画像引用元: 顔写真については、公開はされておらず分かりませんでした。 ちなみに、嫁について柳田悠岐は 「一緒にいて、元気を貰える。 犬っぽい」と明かしていました。 これは、柳田悠岐の一流の言い回しでしょうね。 また、料理は上手いそうで、米が大好きな柳田悠岐のために、ご飯に合う献立を考えてくれるといいます。 結構家庭的な嫁なんですね。 ちなみに、 顔は映っていませんが、2人の結婚式の時の写真をあとで載せておきますので、おたのしみに。 柳田悠岐・嫁の『ゆき』の2ちゃんねるでの評判は? 画像引用元: 「結婚禁止とは何だったのか」「ギータ女子マネ部、解散!w」と言った、割と客観的な意見もあれば、 「出来婚やんけ!」という割と批判よりの意見もあるようです。 基本的には、2チャンネルはファンがほめたたえる場所ではないので、批判めいた意見があるのは致し方ない部分があるかと思います。 柳田悠岐の噂された歴代熱愛彼女の顔ぶれがスゴイ?桐谷美玲やテレ朝女子アナの青山愛らとも噂に! 画像引用元: 野球界きってのモテ選手として有名な、柳田悠岐は芸能人との熱愛も噂されていました。 色々と熱愛とか言われているようですが、 別に証拠の写真があったわけでも、密会の証拠があるわけでもないようです。 「じゃ、なんでそんなうわさが出たのか?」ということになりますよね。 画像引用元: 桐谷美玲は、『NEWS ZERO』のキャスターですが、2015年に柳田悠岐にインタビューをしています。 その中で 「トリプルスリーを達成したら一緒にご飯行ってください」と冗談交じりに言ったことがありました。 その年、柳田悠岐は本当にトリプルスリーを達成します。 冗談交じりの約束が履行されたのかどうかは不明ですが、同年の7月に子供ができていることが分かっていますから、熱愛は今の嫁とだったと思われますね。 画像引用元: ただ、嫁のことは一切報道されるていない時期ですので、柳田悠岐と桐谷美玲とよほど仲良く見えたのでしょうね。 以下のような発言がTwitterに上がっていました。 2月11日付スポーツニッポン【柳田悠岐】この日、日本テレビ系『NEWS ZERO』の取材を受け、キャスターを務める女優・桐谷美玲と対面。 インタビューを受け、ファースト写真集『失恋、旅行、パリ。 』をプレゼントされるとデレデレだった。 柳田は「これで2月頑張れるっす!!」。 — 海野仲間 y2EZ このまま行ったら、桐谷美玲と柳田悠岐結婚しちゃうじゃね?? — 使ってません 1220ht1999 次に、 テレビ朝日の元女性アナウンサーの青山愛さんとの熱愛の噂です。 噂になった理由は、青山愛からインタビューを受けている柳田悠岐の姿が、とても仲が良く見えたからということのようです。 それで、交際しているのでは?と言われています。 また、 柳田悠岐がタイプの女性について聞かれた際に「青山愛」と答えたことでも噂をされる原因となったようですね。 ただ、2人とも出身地が広島なので、話しやすかったという事もあるかもしれませんね。 このように、熱愛報道などで騒がれるという事は、すっかり芸能人並みの有名人になったということですね。 柳田悠岐と嫁の馴れ初めは? 画像引用元: 柳田悠岐は野球選手で、嫁は一般人で看護師といわれているのですが、「じゃぁ、一体どうやって2人は出会ったの?」ということになると思います。 出会いは、 2013年の夏、共通の知人の紹介で出会ったとのことです。 その時、柳田悠岐は 「かわいい人だな」と思ったといいます。 その後、 積極的に柳田はアプローチを重ねます。 柳田悠岐がケガをして、野球の試合を休場し、治療に専念しているとき、 彼女は献身的にサポートしてくれたとのこと。 この時に、柳田悠岐は結婚する意思を固めたようですね。 柳田悠岐と嫁・有紀の結婚式の様子は? 画像引用元: 2016年12月18日に、福岡県で結婚式を挙げています。 柳田悠岐と嫁の結婚式の様子はどのようなものだったのでしょうか? 柳田悠岐のツイッターで、 結婚式の様子を投稿していました。 その画像が、こちらです。 画像引用元: 嫁の顔写真は、隠されていますが美人オーラが凄いですね。 ついでにもう一枚載せましょう。 幸せそうな、いい顔をしていますよね。 画像引用元: 柳田悠岐と嫁・有紀との間には子供はいるの? 出来婚という噂は本当? 画像引用元: スポニチが2015年11月29日に柳田悠岐の結婚の報道をしています。 その時点ですでに嫁が妊娠中であることに触れています。 それに対しての柳田悠岐は以下のように答えています。 「今シーズン7月に入籍をしました。 シーズン中だったこともあり。 報告が遅くなり申し訳ありません。 相手は福岡出身の24歳の女性で現在、妊娠しております。 来季は子供も生まれてきますので、今まで以上に頑張ってチームの勝利に貢献したいと思っていますし、個人的にも今季のトリプルスリーを越えるような結果を出せたらと思っています。 福岡にいないことも多い世界ですが、暖かく、楽しい家庭を築いていきたいと思います。 今まで以上の声援で応援よろしくお願いします」 2016年1月20日には第一子となる女の子が誕生したことも公表しています。 名前は公開されていませんが、Instagramに顔写真がありました。 画像引用元: 柳田悠岐が娘を抱っこするツーショット画像がこちらです。 画像引用元: とても微笑ましいです。 きっと、柳田悠岐に似て可愛いと思いますね。 スポーツ選手は、ケガが命取りになるといいます。 今後も、ケガには注意して、活躍してほしいですね。 まとめ 画像引用元: 共通の知人の紹介で出会い。 柳田悠岐からの積極的なアプローチの結果、2人は結ばれました。 いつも、嫁から元気をもらいながら、プロ選手として常に結果を出そうと、孤独な挑戦を続ける柳田悠岐選手。 アメリカメジャーリーグに行くことを断念し、ソフトバンクと7年契約をした背景には、子供が生まれたという事もあったのかもしれません。 駆け引きも何も持たない子供の無邪気な姿に、何か感じたものがあったのでしょうか。 父親は、子供ができると、良い風に変わるといいます。 「子供のために、自分はもっと頑張れる」という気持ちが、強い原動力となるようです。

次の