玉ねぎ 涙 出 ない 方法。 玉ねぎの涙が出ない切り方とは?

玉ねぎの涙が出ない切り方とは?

玉ねぎ 涙 出 ない 方法

玉ねぎを切る時に涙が出ないようにするには、これまでもを紹介してきましたが、けっこう手間と時間がかかりそうです。 そこで今回は玉ねぎを切る前にまったく何の準備の必要無い、超カンタンな方法をご紹介しましょう。 ブログ「」によると、その方法は「 玉ねぎを切る間、舌を上あごにつけるだけ」だそうです。 それだけ?」と思いますよね。 今まで、鼻で息をしないようにしたり、水泳用のゴーグルをしたり、良く切れる包丁を準備したり、あれこれ工夫していたのは一体何だったんだ!と言いたくもなります。 でも、どうやら本当にそれだけらしいのです。 「またまた〜」と疑いたくなる気持ちも分かります。 確かに、 はっきりとした根拠が証明されている訳では無さそうです。 ですが、Googleで検索してみると、何人かの人がこの方法で涙が出なかったと言っています。 準備も道具も何も要らない方法ですから、玉ねぎの涙にお困りの人は、試してみて損は無いと思いますよ。 そして、結果をぜひコメントで教えてください! [Daily DIY] Whitson Gordon(/訳:的野裕子).

次の

【玉ねぎ】 涙が出ない方法は? 止まらない原因や年齢との関係!!

玉ねぎ 涙 出 ない 方法

玉ねぎは手頃な値段でかつ色々な料理に使える使い勝手の良い野菜です。 しかし、玉ねぎを料理するときの最大の問題は 『玉ねぎを切ると涙が出る』 コレです。 特にみじん切りにすると嫌でも涙がボロボロ出てきます。 切っていくうちに目を開けられなくなることもしばしば。 そこでこの記事では、 『涙が出にくい玉ねぎの切り方・方法』 を紹介します!• 玉ねぎを切ると涙が出る理由 涙が出にくい玉ねぎの切り方の前に、 『玉ねぎを切ると涙が出る理由』 を紹介します。 原因が分からないと対策のしようがありません。 玉ねぎの細胞には催涙物質が! そもそも玉ねぎを切ると涙が出る理由は、 『切るときに玉ねぎの細胞が壊れて催涙物質が出る』 コレが原因です。 玉ねぎを切ると玉ねぎの細胞が壊れて催涙物質が飛び散ります。 その催涙物質が目や鼻の粘膜を刺激するため、身体がそれを洗い流そうと反応して涙が出てくるのです。 しかも催涙物質は『揮発性』 しかも最悪なことに その催涙物質は『揮発性』なのです! 『揮発性』というのは蒸発しやすい性質のことです。 つまりどういうことかというと、 『催涙物質が空気中に漂いやすい』 ということなのです。 玉ねぎを切ると、玉ねぎの細胞から催涙物質が空気中に漂い、催涙物質が強烈に目や鼻の粘膜を刺激します。 その結果、涙がボロボロと出てくるのです。 涙が出にくい玉ねぎの切り方・方法 玉ねぎを切っても涙が出にくくするためには、 『玉ねぎに含まれる揮発性の催涙物質』 コレを何とかしないといけません。 その方法を4つ紹介します。 揮発性が抑えられるということは、催涙物質が飛び散りにくいということです。 その結果、目や鼻の粘膜への刺激が抑えられるという仕組みです。 そのため、催涙物質が薄まるように風通しを良くして切ると刺激が抑えられます。 よく切れない包丁で玉ねぎを切ると、細胞が壊れやすくなり催涙物質もより発生しやすくなります。 逆に、よく切れる包丁で切ると細胞を傷つけずに切りやすくなるので、催涙物質の発生を抑えることができます。 つまり、切る前に催涙物質を減少させることができるのです。 安心して玉ねぎを切ることができます。 簡単に玉ねぎをみじん切りにする方法 いろいろと涙が出にくくする方法を紹介しましたが、もっと簡単な方法があります。 それは、 『フードプロセッサーを使う』 こんな方法です。 ものの数十秒であっという間に玉ねぎをみじん切りにできます。 今では手動でお手頃な物がたくさんありますので、よく料理をする人は1台持っていると料理が捗ってオススメです。

次の

涙が出にくい玉ねぎの切り方〜涙の原因や理由まで詳細に紹介!|玉ねぎの教科書

玉ねぎ 涙 出 ない 方法

これに、プラスで包丁を冷やすとさらに、効果がアップします。 電子レンジで温める 皮をむいて丸ごとラップでくるんで20秒ほど電子レンジでチン! 温めることによって硫化アリルが気化して弱まり、涙が出にくくなります。 火の近くで切る 刺激成分の硫化アリルは、熱に弱いのでコンロなどの火のそばで切ると刺激成分の発生を抑えることが出来ます。 包丁の切れ味をよくする 玉ねぎを切るときに、 細胞がつぶれることで、刺激成分が発生してしまいます。 なので、包丁の切れ味をよくすることで、細胞がつぶれにくくなり、結果、刺激成分が出にくくなります。 繊維にそって切る 玉ねぎには繊維があるのですが、その 繊維に直角に切ると硫化アリルが出やすくなってしまいます。 なので、 繊維に沿って切ると刺激成分が出にくくなります。 また、みじん切りの場合、まず繊維に沿って切り、次に繊維に直角に切るといった順番で切ると効果的です。 対策2:硫化アリルを体内に入れないようにする 硫化アリルを体内に入れないようにするには、下記のような方法があります。 素早く切る 時間をかけてしまうと、刺激成分が体内に入ってしまうので、出来るだけ時間をかけずに素早く切ることが大事です。 ある程度、ざく切りにしたら、フードプロセッサーを使うのも、いい方法だと思います。 口を開けたまま切る 硫化アリルは 鼻から侵入して目に到達するため、口呼吸すれば涙は出ません。 さらに、口で呼吸することで、口の中が乾くので脳から唾液を出すように刺激が出て、涙が出にくくなるそうです。 鼻にティッシュを詰める 両方の鼻の穴に、ティッシュを詰めます。 そうすると、鼻の粘膜から刺激成分が入りにくくなります。 さらに、この方法は鼻がふさがれるので自然と 口呼吸になりますね。 そうすると、上記の口呼吸の時と同様の効果も得られます。 よって唾液を出すように指令が出るので涙は出にくくなります。 換気扇を回す 換気扇を回して、硫化アリルを外に逃す。 窓を開けて外に逃すのも効果的! 玉ねぎを切る時、涙が出てしまう原因 玉ねぎを切る時、涙が出ない方法をご紹介してきましたが、そもそも原因とは?と感じていますよね。 冒頭では、少しだけ説明してましたが、さらに詳しくご説明します。 玉ねぎを切る時、涙が出てしまう原因は、 「硫化アリル」という刺激成分が原因です。 この硫化アリルが気化して 目や鼻の粘膜を刺激してしまう。 そして、この刺激成分を脳が体の外に出そうとして、涙が出るように、指令を出し、その結果・・・涙が出てしまいます。 玉ねぎを切った時、涙が出るのは、 粘膜を守るための自然な体の反応だったんですね。 人間の体って凄い! まとめ いかがでしたでしょうか? 涙が出ない玉ねぎの切り方や、涙が出てしまう原因をご紹介してきました。 様々な方法がありますが、刺激成分である硫化アリルを発生しにくくし、体内に取り込まないようにすれば、涙は出にくくなります。 よって、今回紹介した方法を合わせて行ってみると効果もアップすると思いますので 様々な方法をミックスして是非、試してみて下さい!.

次の