南斗流鴎拳。 【北斗の拳 流派紹介】 南斗流鴎拳 (なんとりゅうおうけん)

【北斗の拳 キャラクター紹介】 リュウロウ

南斗流鴎拳

概要 と同じく中国拳法の流れを汲んでおり、北斗と対を成す南斗を宿星とする拳法。 歴史の影に隠れ、「陰」の存在として受け継がれてきた一子相伝のに対し、「陽」の存在として幅広く伝承されてきた。 公式ガイドブックや『』の内容によると、 元々はの伝承者争いに敗れた一派と在野の優秀な武術家達が集い、 北斗に対する「南斗」の号を名乗ったのが発祥とされている。 その門戸は一子相伝の北斗と違い広く開かれており、結果として様々な新流派・分派などが生まれ、 最盛期には1000以上の流派が存在していたが、流派どうしの対立・統合に加え、 核戦争が起こった為に伝承者が死亡・壊滅した流派もあり、最終的に 『北斗の拳』本編時点では生き残ったのは108だった為に「南斗108派」と呼ばれる。 多くの流派が存在するが、その中でも抜きん出て実力の高い流派が リーダーシップを握っており、「」「」と呼ばれる。 核戦争による文明の滅亡という未曾有の事態を前にこの南斗六星の中でも仲間割れが発生し、 戦乱・混乱に乗じてその力を振るい勢力を拡大したがったシン、サウザー、ユダらと 平和を望み、争いを収めるためにのみ武力を使う事を望んだレイ、シュウ、ユリアという形で二分された。 時勢が時勢だっただけに、南斗とは関係ない武術家たちも前者に加わったものが数多くおり 3流派がその力を強め、レイやシュウは抵抗勢力として戦う事となった。 最終的にはこの内乱と北斗の乱に巻き込まれる形で5流派の伝承者が全員死亡。 南斗五車星も海のリハク以外は全員命を落としており、 更に第二部では残った108派のうち戦える者もの使い手であるによって壊滅させられ、 事実上南斗聖拳の名を次ぐ流派は消滅させられている。 北斗神拳の象徴がであるように、南斗聖拳の象徴はである。 各流派の伝承者の中には、その紋章の入った備品を所持している者もいる(ハーン兄弟は巨大な旗印を所持していた)。 南斗最強の拳を自負する南斗鳳凰拳の伝承者・や、南斗孤鷲拳をはじめとする南斗108派の数多くの流派を修めているは、己こそ南斗の中心と誇示しているためか、それぞれ国名や国章に南十字星を使用している。 特徴 「内側から相手を破壊する」北斗神拳に対し「外側から相手を破壊する」事を真髄としており、 手刀を用いて、相手を切り裂いたり、貫いたりする技が主体となっている。 複数流派で似通った技が使用されていたりする事も多い (例外として、南斗鳳凰拳は最強の一子相伝の拳と言われており、前進制圧のみを信条とするなど特殊な拳である)。 平たく言うと南斗聖拳は基本的にオープンソースであり、流派によっては 南斗聖拳をベースに武器や道具を用いた戦法が組み込まれている場合もある。 南斗無音拳であれば鉄爪、南斗双斬拳なら手裏剣、 南斗双斬拳は4本の剣を2人で高速で投げあう・・・など、武器術を重視している流派も存在する。 また、南斗の人間の部下などが勝手に南斗聖拳を名乗っているというケースもしばしばあるようで、 アニメ版ではとかとかとかを 使ったトンデモ拳法が登場している。 南斗五車星の面々が使う拳法は前述の108派には入らないオリジナルの 南斗聖拳ベースのもので、それぞれ自らの二つ名と近い技を使う。 主な流派とその使い手 南斗六聖拳 南斗108派の中でも特に強力な拳として恐れられている流派。 とは別にを象徴としており、各伝承者はそれぞれ一星を宿星とし、その天命に導かれている。 六聖拳をはじめとする強力な流派には鳥類に関連する名前が与えられている事が多い。 その他の六聖拳の使い手 原作、サウザーの回想シーンに登場。 南斗鳳凰拳先代伝承者であり、サウザーの師。 新劇場版『ケンシロウ伝』に登場。 南斗孤鷲拳の使い手であり、シンと伝承者の座を争った男。 南斗孤鷲拳先代伝承者であり、シンとジュガイの師。 『レイ外伝 蒼黒の餓狼』に登場。 南斗水鳥拳先代伝承者であり、レイの師。 南斗水鳥拳の使い手であり、ロフウの妻。 南斗五車星 南斗最後の将であるユリアを守護する5人の拳法家。 流れを汲んでいるような技はあるが、南斗聖拳の一派ではなく、108の流派にも含まれない。 () その他の流派 ここでは原作含め、派生作品の流派及び使い手も記述する。 南斗無音拳 (GOLANの指導者) 南斗比翼拳 (ユダの側近) 南斗双斬拳 、(聖帝軍の二人組) 南斗双鷹拳 (賞金首の兄弟) 南斗飛燕拳 、(『』に登場) 南斗流鴎拳 (『』に登場) 南斗翡翠拳 、(『』に登場) 南斗紅雀拳 (『』に登場) 南斗神鳥拳 (『』に登場) アニメオリジナルの流派 どれもの配下が使い、個性的なのが特徴。 でなくても「 火薬 を始めとする武器 に頼って何が拳法だ」 ただし南斗百斬拳、南斗翔天拳は例外。 と突っ込みたくなる気になる。 サザンクロス編以降は原作者からの監視が入ったからか、オリジナリティ溢れる拳法は鳴りを潜めている。 流派が不明な南斗の使い手 との対戦にて、彼の不意をついて南斗の拳(手刀)を放つ。 以降『』等でもこの名称が使用されている。 曰く、ともにを学んだという。 『』では、レイと同じくを修得しようとしていたらしく、と結託しレイから伝承者の座を奪おうとしていた。 関連タグ• 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 12:15:10• 2020-07-16 12:14:58• 2020-07-16 12:11:31• 2020-07-16 12:10:17• 2020-07-16 12:10:01 新しく作成された記事• 2020-07-16 12:00:25• 2020-07-16 11:53:00• 2020-07-16 11:37:25• 2020-07-16 11:01:57• 2020-07-16 10:56:08•

次の

蒼黒の餓狼

南斗流鴎拳

核の炎が世界全土を焼き尽くし、すべてのものは破壊し尽くされた。 秩序も、人の心さえも塵となって風に散り、わずかに生き残った人々は、暗黒の世紀末を迎えた。 そこは力がすべての世界。 力こそが正義であり、力あるものがすべてを手に入れ、力なき者たちはただおびえるしかない時代であった。 その世紀末の世に覇王たらんと一人の漢が立ち上がった。 漢の名はラオウ。 1800年もの長きに渡り営々と受け継がれてきた最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手であり、北斗4兄弟の長兄。 彼は、己の覇道を突き進むため自らを「拳王」と名乗り、近隣の軍閥をことごとく制圧していった。 時間的に3本話が収録されており1本が22〜23分でやや値段的には高い印象ですがストーリーとしては、こんなもんかなぁーといった印象ですが北斗の拳の中でいちばん人物としては魅力があり、謎が多いラオウだけにラオウという人物に興味のある方は楽しめると思います 一応最後まで視聴しましたが 間も演出もへったくれもなく饒舌にペラペラとしゃべり何のオーラも感じないキャラクター達 それがどうしたと言いたくなる心情吐露の羅列 存在意義の解らない、小うるさい側近の女性キャラクター 動機が全て過剰なセリフのやり取りでだらだらぐだぐだと展開され 唐突に衝突が始まり何の着地点も無く唐突に終わる 口では甘さの克服を言うラオウが既に最初から強過ぎる 一撃で倒されるリュウロウのシーンも前後がちぐはぐで 結局何が表現したいのかさっぱりわからない 立ち向かう相手が強く描かれないからそれより更に強大に見えるラオウもここには無い 声優達の演技もただ台本を読んでいるだけで軽い ジャギ外伝のような情念を表現することもない トキ外伝のような原作へのリスペクトもない 人間ラオウを描くのも良いだろう 本伝から離れてこその外伝。 それもまたよし ただしそれも一定のクオリティがあればこその話 原作正史との食い違いが物語上必要必然だと思わせる物でもなく とりあえず出したいキャラがいるから原作との整合性を無視したかのようにも受け取れる しかもそのオリキャラも、原作から引用したオリジナルキャラも全てに魅力が無い重さも無い 原作への愛情もこれっぽっちも感じない 漫画版のレイ外伝もそうだったけど 北斗の拳は外伝の作者やアニメに関しては本当に恵まれない 小手先の技巧と膨大なセリフでいくら飾ってもうつろなものはうつろ 人間の肉体自体が描けず、動きが表現できない同人誌にも満たないレベル 最初から漫画として描けてない物をアニメにしてもやはりこんなもんなのだろう 私は自分で購入していない物についてのレビューは なるべく書かない主義ですが、 今回はそれを曲げて一言苦言を呈したいと思います。 宇梶さんは私が好きな俳優の一人です。 ピカリンを演じた時に見せた度胸の良さで好感をも持ち 以来ファンになりました。 しかし、散々言われているように ラオウのキャラに彼の声質は合っていません。 これはファンであっても許容できない厳然たる事実です。 劇場版として製作されたあのシリーズで あれだけラオウファンに叩かれたにもかかわらず、 この作品までもが宇梶さんが演られると知って、 スタッフはファン声を完全無視かよ、とガッカリさせられました。 どう考えても、この作品に関しては、 内海さんで作ったほうが売れると思うし、 旧作に親しんで、愛してきた多くのファンは喜ぶと思うんですが どうしてこういう事になっているんでしょうね? 知らない世代が見たら北斗の拳って皆が言うほど面白くないって思うことでしょうね。 オリジナルキャラか原作キャラか名前を知らなきゃ解らないって作者の画力も最悪だし、こんなに世界が崩壊して人類が少なくなって食べ物が無くなり、力有る者の世界観に軍隊を創る者はいるは馬が大量にいるは鎧や武器を精製する生産能力が在るわって何処が核戦争後って想えるか 人間が入るシェルター造らないで馬を何万頭も入るシェルターを創る者が居ればどんな馬鹿ですか? 草木が無い世界観にどうやって登場人物と変わらない数がいるの? こんな作者がいるから常識はずれな奴が増えているじゃないの? 編集部はなにを考えてこんな作者に書かせたんですか? 北斗の拳って結局何なのか? 色々と意見があるんでしょうけど「アクション作品である」の一点について異論を 差し挟む人はいないと思う。 アクション作品は、目を見張るアクションが画面に描写されて、主人公に感情を 移入できるストーリーが展開されていれば、それだけで良い。 逆に、それが出来てなかったら最低です。 私がこの作品に最低評価を出す理由はただ一つ。 それが出来ているように全く思えないから。 原作原作といわれている訳ですが、上記の2つが出来ていれば、原作はどう弄ろうが 別に構わない。 極端な話、ラオウが小便ちびりながらボロ負けしてても構わないと思っている。 何より最低なのは拳に迫力が全くない。 ぶっちゃけると、ラオウが「ただの頭が悪い人」にしか見えない。 CGの使い方も明らかにおかしい。 キャラを動かすべき所と静めるべき所。 「静と動」の効果なんてCG技術の基本だと 思うのですが、私の勘違いですか? ちゃんと、ゆっくりと静める所を丁寧に作ってこそ激しいアクション描写が生きると いうのは基本中の基本ですが、そういう基本から全く出来ていない。 もっと言い出せば、宇梶の声、音響効果の選定ミス、BGM効果のミス等々といくら でも欠点はあるのですが、よくぞ、これを人の前に出せるもんだとしか言えません。 このアニメを見ると作者はよっぽどラオウが好きでその強さを強調したいんだなというのがよく分かる。 だから出てくる相手が皆ザコ扱いになってつまらなくなる。 たったの一撃で敵のボスが木っ端微塵になる。 南斗の使い手達もラオウにかかれば赤子同然。 可愛らしい顔の女戦士達がやたら強い。 つまらん。 そして、さらにつまらなさに追い討ちをかけてるのがヘタクソで全く迫力が無い絵。 筋肉や骨格が貧弱で全然強そうに見えない。 人や馬の動きもショボい。 全体的に色が薄すぎる。 よくもまあこんなレベルのアニメを作れるな。 一体どんなアニメーターが描いているのか? 監督は色を薄くしろと指示を出しているのか? いくらCGアニメとはいえ馬の走り方がお粗末過ぎないか? 肝心な格闘シーンで技を繰り出す部分をなぜ描かないのか? ただぶつかって相手がやられてるだけにしか見えない。 80年代に作られた北斗の拳と比べるとあまりにもお粗末。 最近のお手軽CGアニメはアニメーターを堕落させ、低質なアニメを量産し続けている。

次の

gma.polarbottle.com: 北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王: generic

南斗流鴎拳

概要 と同じく中国拳法の流れを汲んでおり、北斗と対を成す南斗を宿星とする拳法。 歴史の影に隠れ、「陰」の存在として受け継がれてきた一子相伝のに対し、「陽」の存在として幅広く伝承されてきた。 公式ガイドブックや『』の内容によると、 元々はの伝承者争いに敗れた一派と在野の優秀な武術家達が集い、 北斗に対する「南斗」の号を名乗ったのが発祥とされている。 その門戸は一子相伝の北斗と違い広く開かれており、結果として様々な新流派・分派などが生まれ、 最盛期には1000以上の流派が存在していたが、流派どうしの対立・統合に加え、 核戦争が起こった為に伝承者が死亡・壊滅した流派もあり、最終的に 『北斗の拳』本編時点では生き残ったのは108だった為に「南斗108派」と呼ばれる。 多くの流派が存在するが、その中でも抜きん出て実力の高い流派が リーダーシップを握っており、「」「」と呼ばれる。 核戦争による文明の滅亡という未曾有の事態を前にこの南斗六星の中でも仲間割れが発生し、 戦乱・混乱に乗じてその力を振るい勢力を拡大したがったシン、サウザー、ユダらと 平和を望み、争いを収めるためにのみ武力を使う事を望んだレイ、シュウ、ユリアという形で二分された。 時勢が時勢だっただけに、南斗とは関係ない武術家たちも前者に加わったものが数多くおり 3流派がその力を強め、レイやシュウは抵抗勢力として戦う事となった。 最終的にはこの内乱と北斗の乱に巻き込まれる形で5流派の伝承者が全員死亡。 南斗五車星も海のリハク以外は全員命を落としており、 更に第二部では残った108派のうち戦える者もの使い手であるによって壊滅させられ、 事実上南斗聖拳の名を次ぐ流派は消滅させられている。 北斗神拳の象徴がであるように、南斗聖拳の象徴はである。 各流派の伝承者の中には、その紋章の入った備品を所持している者もいる(ハーン兄弟は巨大な旗印を所持していた)。 南斗最強の拳を自負する南斗鳳凰拳の伝承者・や、南斗孤鷲拳をはじめとする南斗108派の数多くの流派を修めているは、己こそ南斗の中心と誇示しているためか、それぞれ国名や国章に南十字星を使用している。 特徴 「内側から相手を破壊する」北斗神拳に対し「外側から相手を破壊する」事を真髄としており、 手刀を用いて、相手を切り裂いたり、貫いたりする技が主体となっている。 複数流派で似通った技が使用されていたりする事も多い (例外として、南斗鳳凰拳は最強の一子相伝の拳と言われており、前進制圧のみを信条とするなど特殊な拳である)。 平たく言うと南斗聖拳は基本的にオープンソースであり、流派によっては 南斗聖拳をベースに武器や道具を用いた戦法が組み込まれている場合もある。 南斗無音拳であれば鉄爪、南斗双斬拳なら手裏剣、 南斗双斬拳は4本の剣を2人で高速で投げあう・・・など、武器術を重視している流派も存在する。 また、南斗の人間の部下などが勝手に南斗聖拳を名乗っているというケースもしばしばあるようで、 アニメ版ではとかとかとかを 使ったトンデモ拳法が登場している。 南斗五車星の面々が使う拳法は前述の108派には入らないオリジナルの 南斗聖拳ベースのもので、それぞれ自らの二つ名と近い技を使う。 主な流派とその使い手 南斗六聖拳 南斗108派の中でも特に強力な拳として恐れられている流派。 とは別にを象徴としており、各伝承者はそれぞれ一星を宿星とし、その天命に導かれている。 六聖拳をはじめとする強力な流派には鳥類に関連する名前が与えられている事が多い。 その他の六聖拳の使い手 原作、サウザーの回想シーンに登場。 南斗鳳凰拳先代伝承者であり、サウザーの師。 新劇場版『ケンシロウ伝』に登場。 南斗孤鷲拳の使い手であり、シンと伝承者の座を争った男。 南斗孤鷲拳先代伝承者であり、シンとジュガイの師。 『レイ外伝 蒼黒の餓狼』に登場。 南斗水鳥拳先代伝承者であり、レイの師。 南斗水鳥拳の使い手であり、ロフウの妻。 南斗五車星 南斗最後の将であるユリアを守護する5人の拳法家。 流れを汲んでいるような技はあるが、南斗聖拳の一派ではなく、108の流派にも含まれない。 () その他の流派 ここでは原作含め、派生作品の流派及び使い手も記述する。 南斗無音拳 (GOLANの指導者) 南斗比翼拳 (ユダの側近) 南斗双斬拳 、(聖帝軍の二人組) 南斗双鷹拳 (賞金首の兄弟) 南斗飛燕拳 、(『』に登場) 南斗流鴎拳 (『』に登場) 南斗翡翠拳 、(『』に登場) 南斗紅雀拳 (『』に登場) 南斗神鳥拳 (『』に登場) アニメオリジナルの流派 どれもの配下が使い、個性的なのが特徴。 でなくても「 火薬 を始めとする武器 に頼って何が拳法だ」 ただし南斗百斬拳、南斗翔天拳は例外。 と突っ込みたくなる気になる。 サザンクロス編以降は原作者からの監視が入ったからか、オリジナリティ溢れる拳法は鳴りを潜めている。 流派が不明な南斗の使い手 との対戦にて、彼の不意をついて南斗の拳(手刀)を放つ。 以降『』等でもこの名称が使用されている。 曰く、ともにを学んだという。 『』では、レイと同じくを修得しようとしていたらしく、と結託しレイから伝承者の座を奪おうとしていた。 関連タグ• 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 12:15:10• 2020-07-16 12:14:58• 2020-07-16 12:11:31• 2020-07-16 12:10:17• 2020-07-16 12:10:01 新しく作成された記事• 2020-07-16 12:00:25• 2020-07-16 11:53:00• 2020-07-16 11:37:25• 2020-07-16 11:01:57• 2020-07-16 10:56:08•

次の