天海祐希 濡れ場。 天海祐希

天海祐希 過激濡れ場映像

天海祐希 濡れ場

ポンコツ映画愛護協会『MISTY』 『MISTY』:1997、日本 幼い頃に母を殺された真砂は、やがて成長し、武弘と結婚した。 2人は山道を行く途中、川辺で休憩を取る。 そこに浮浪児の一団が現れ、真砂の大切にしている鏡を奪っていく。 真砂と武弘は一団を追い掛けるが、逃げられてしまった。 戦利品を確かめていた浮浪児の一団は、盗賊の多襄丸に見つかり、逃げ出した。 だが、鏡を持っていたミミズという子供だけは居残った。 ミミズから鏡を奪った多襄丸は、やがて真砂と武弘の前に現れる。 多襄丸は武弘を縄で気に縛り、真砂に迫った。 それから時間が経過し、森にやって来た白河や紺野達は、腹に刀が刺さった状態で死んでいる武弘を発見する。 彼らは現場から逃げようとしたミミズを目撃し、捕まえる。 さらに彼らは、切り落とされた何者かの手首を発見した。 寺に現れた真砂は、尼僧に自分が体験した出来事を語る。 彼女は、多襄丸に犯され、武弘と互いの腹を刀で突いて心中しようとしたが、自分だけが生き残ってしまったと語る。 一方、牢に入れられた多襄丸は、真砂を犯した後、彼女から「どちらか1人の男が死んで」と言われたため、正々堂々と勝負して武弘を刀で刺したと証言する。 ミミズは白河や紺野達に、瀕死の状態だった武弘から話を聞かされたと告白する。 ミミズが聞かされたのは、覚悟を決めた真砂が合意して多襄丸に抱かれ、それを見てしまった武弘が自分で腹を刺したという内容だった。 3人の証言は、完全に食い違っている。 果たして、誰の言っている内容が本当のことなのだろうか…。 監督は三枝健起、原作は芥川龍之介、脚本は井上由美子、製作は唯敷和彦、企画は矢内廣&藤村哲哉&三枝成彰、企画協力は安田匡裕、プロデューサーは合津直枝&牛山拓二、製作総指揮は中村雅哉、撮影は篠田昇、編集は田中美砂、録音は中村淳、照明は中村裕樹、美術は部谷京子、衣裳は内藤こづえ、音楽は三枝成彰。 出演は天海祐希、金城武、豊川悦司、小西杏奈、小日向文世、六平直政、篠井英介、根岸季衣、千葉清次郎、浜田学、石原志保、鹿島章、川崎卓、前畑世紀、山口和夫、福元一仁ら。 芥川龍之介の『藪の中』を映画化した作品。 監督の三枝健起、脚本の井上由美子は、共に映画初監督、初脚本。 公開当時は、天海祐希、金城武、豊川悦司、の3人が競演した作品ということで、大きな話題となった。 そして公開からしばらく経つと、あまりに中身がヘロヘロな内容だったことで、見事に酷評される結果となった。 『藪の中』の映画化というよりも、黒澤明監督の『羅生門』のリメイクと入った方がふさわしいかもしれない。 もっとハッキリ言ってしまうと、この映画は『羅生門』の恐ろしく質の低いリメイク版だ。 基本的には、見るべきポイントが何も無いという作品だ。 まず、メインとなる3人の俳優が、上手くハマっていないと強烈に感じてしまう。 それは、各キャラクターに対してもハマっていないし、映画に対してもハマっていない。 そして、3人の俳優の関係もハマっていない。 映像と役者が分離したままになっている。 3人の役者は、セリフが口に付いていない。 天海祐希は悲鳴や号泣が、豊川悦司はならず者の喋りが、そして金城武は日本語の台詞回しが口に付いていない。 特に天海祐希の悲鳴や号泣は、子供が駄々をこねているようにしか聞こえない。 しかしハマっていないのは、何も役者だけの責任ではない。 何を、どのように見せようとしているのかが曖昧になっている脚本や演出の責任も大きい。 この作品では、全てが浮いている。 何かが存在して、そこから別の何かが浮いているという状態ではない。 この作品において、地に足の着いているものは何も無いのだ。 アーティスティックな映像表現を披露しようとしているのだろうが、どうやら空回りしまくった模様。 ただ単に、話のトンチンカンっぷりを増幅しただけ。 最初に、「幼い頃に真砂の母を殺したのは多襄丸だ」と匂わせる場面が描かれるが、それが後の展開にどう繋がっているのかは良く分からない。 いや、繋がってはいるけど、意味は不明だ。 あえて言うなら、天海祐希の濡れ場が唯一の見せ場なのかもしれない。 確かに、彼女は彼女なりに、頑張って濡れ場を演じたのかもしれない。 だが、その濡れ場でさえも中途半端な見せ方をしているために、ソフトポルノにさえならない状態に終わっている。 3人の証言の回想として、同じ濡れ場が3度も繰り返されるのだが、豊川悦司は服の上から天海祐希の胸の辺りを触るだけ。 服を脱がそうという気配さえ無い。 だからセックスが終わった後というシーンでも、天海に着衣の乱れがほとんど無い。 ようやく、真実の映像ということで、4度目に同じ濡れ場が描写される時に、天海は服を脱ぐ。 しかし、スッポンポンになっているはずだが、絶対に乳首は見せない。 まるで渡辺美奈代のセミヌード写真集のように、徹底的に乳首はガードする。 3人の証言が提示されると、後は「では真実は?」という種明かし以外に描くべき要素は無いのだが、なんかゴチャゴチャと動いて時間を浪費する。 一応は繊細な心理描写とか、人間ドラマを描いているつもりなのかもしれないが、良く分からない。 で、そんなことがあった後、既にどうでも良くなっている種明かしに入る。 しかし事件が起きる前、序盤の段階で大きなヒントが与えられているので、予想は容易に可能だし、その予想通りのオチだった。 ヒントというのは、事件の前にある真砂と武弘の絡みだ。 その絡みの際、多襄丸が覗き見ていることを知りながら、真砂は武弘とのセックスをやめようとはしない。 つまり、この話に隠されていた真実というのは、真砂が淫乱で好色のヤリマン女であり、うっとおしくなったので武弘を殺したという内容なのだ。

次の

天海祐希 MISTY 全裸過激濡れ場!!自ら乳房を揉ませるシーン!!

天海祐希 濡れ場

来歴・人物 中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、宝塚歌劇団への入団を志望。 高校生の時にの受験準備のため、「」に通うようになる。 、、菊華高等学校(現・)2年修了後の1985年、に首席で。 宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番 だった。 、としてに入団 、雪組公演『宝塚をどり讃歌/』(主演:)で初舞台。 同期にはいずれもの絵麻緒ゆう (現在の)(のみトップ)、 (からまでトップ)、の (からまでトップ)の3人の元トップスターのほか、女優の(元娘役スター)、の、議員の(現在の)が入団した。 当時の月組トップスターは。 尚『サマルカンド〜』新人公演ではバルフ王子(本役:、当時新進のだった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。 その後月組に配属。 同年の月組公演『』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。 、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・、他にらが出演)メンバーに選出。 には4期上の・や1期上の・らを飛び越し月組2番手男役スターとなる。 に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。 天海の後任になる月組男役トップスターはにが就任するまで3代(久世、、)続けて天海より上級生であることや、また、この年行われた『』『』新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月が演じることになったことからもその出世の速さがわかる。 史上最速ペースでトップに就任したことから大地真央を上回る男役と言われたこともある。 12月、28歳の時に『』で退団。 相手役のと同時退団だった。 退団の際にはで特集が組まれるなどマスコミ各社の高い関心を集めた。 退団後すぐは、舞台ではなく映像の仕事にこだわり、特に宝塚の延長になるのは困ると多く来たミュージカルの仕事は選ばず、テレビドラマや映画に出演する。 初仕事は、自分を見つめなおすため、キャスト・主要スタッフは、監督含めて日本人は天海1人の全編ロケで英語セリフの、日米合作映画「クリスマス黙示録」を選択した。 舞台には退団して3年目に新作がいいと演劇の「マヌエラ - 燃える上海 恋する女」に出演し、それからは出るようになる。 映像作品では、171cmの長身とあまりにも強烈過ぎた宝塚時代のイメージから、当初は女優としての個性を確立するのに苦労したが、のちに女刑事や女弁護士などの役で生来の存在感を示すようになった。 退団決定後に幾多かの芸能事務所から勧誘があった。 石原プロモーション入りを希望したが、男性俳優専門の石原プロ側から断られている。 天海の親友が当時在籍していたに所属し、やなど、活躍の場を広げた。 『』で共演したに誘われ、付けで現在の所属事務所であるへ移籍。 テレビドラマでは、以降は単独で主演を務める例が多い。 エピソード• 芸名の由来 父親と相談し、漢字4文字、本名から一字と希望から「希」を使用、強運との姓名判断で言われている本名と同じ字画数の3つの条件から「天海祐希」「木条祐希」の2つの候補に絞られ、男役らしい「木条祐希」を選ぼうとしたが、副校長の「スケールが大きい」との助言で現在の「天海祐希」にした。 2004年の『』では、すい臓がんで余命3か月の主人公を演じるに当たって、7キロの減量をした。 『・』の主題歌で、の楽曲「」でコーラスを務めており、そのミュージックビデオにも出演している。 2007年4月26日の札幌ドームでの日本ハムファイターズの対戦で始球式を行った。 その後も続けて2008年7月23日 、2016年9月14日には対戦で始球式をしている。 次の仕事へと向かうモチベーションは、自分の今までの仕事へのくやしさがある。 人は悔しいから成長する。 精一杯やったつもりでも去年よりも成長している自分が、去年の自分を観たら悔しい。 だから人間は成長する。 過去にこだわらない姿勢のためか、2013年の宝塚音楽学校100周年式典を除いて、宝塚のイベントや式典には参加していない。 交友・対外関係• 同じ事務所に所属しているとはメル友である。 女優ではやと仲がよく、深津や常盤らと「カッコよく楽しく生きる三十路会」を開いていた。 2001年2月27日に『』に出演した際、「私を支えた3人の男」として作家の、俳優の、NHKアナウンサーのを挙げている。 菊華学園高等学校の先輩でもあると『』で共演した際には、「私は松原さんの後輩になるんです」と挨拶をして来て、松原を喜ばせ、ふたりで笑い合ったという。 から「親方」と呼ばれ、プライベートでも仲が良い。 宝塚時代の出演 音楽学校 - 月組時代• 4・5景:歌う青年 役 - 第2話 トウ・シューズ - 第3話 大いなる野望 (3場) - マイケル 役(主演) - 第4話 ショウは時を超えて (3場) - 2場:モダンな男、歌手 役。 3場:フィナーレの男 役• 2場:初舞台口上 『サマルカンドの赤いばら』(17場) - 13場:近衛兵。 17場:初舞台生ロケット。 (新人公演:4月7日の1回) - バルフ王子 役• 5月26日 『』(2幕 7場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)、(新人公演) - 影コーラス 役• 8月2日 - 8月30日『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場 新人公演:7場 )(本公演数:48回)(公演) 1幕 - 客の紳士 役。 (新人公演:8月14日の1回) - 仲買人 役 2幕 - 踊る青年、フィナーレの青年 役。 (新人公演:8月14日の1回) - 踊る男 役• 9月22日 - 10月4日 『』(2幕 23場)(公演数:21回)(公演) 1幕 - 忍者(男)、町の男、船の客(男) 役 2幕 - ブーン・ホーター、忍者(男) 役• 11月16日 - 12月20日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場 新人公演:7場 )(本公演数:44回)(宝塚大劇場公演) 1幕 - 客の紳士 役 2幕 - 踊る青年、フィナーレの紳士 役 (新人公演:11月27日の1回) - ビル 役 *新人公演初主演(史上最年少)• 1月15日 - 1月26日 『』(2幕 9場)(公演数:19回)(宝塚バウホール公演) - ルネ 役• 2月3日 - 2月11日 『ミー・アンド・マイガール』(公演数:14回)(公演) 1幕 - 客の紳士 役 2幕 - 踊る青年、フィナーレの紳士 役• 3月3日 - 3月30日 『ミー・アンド・マイガール』(2幕 11場 新人公演:7場 )(本公演数:47回)(東京宝塚劇場公演) 1幕 - 客の紳士 役 2幕 - 踊る青年、ダブルトリオ(紳士) 役 (新人公演:3月11日の1回) - ビル 役 *新人公演主演• 4月15日『南の哀愁』前夜祭(公演数:1回)(宝塚大劇場公演)• 2場:働く男C 役。 3場:ボーイ 役。 7場:島の男B(歌手) 役。 9場:下男 役。 -(新人公演:5月31日の1回) - ジョン・マクレディ 役 *新人公演主演 『ビバ! 』(24場) - 1 - 3場:シバ神(男) 役。 5場:デビル 役。 12、13場:コーラス(男) 役。 20場:娘 役。 21場:シバ・ロケット 役• 2場:働く男C 役。 3場:ボーイ 役。 7場:島の男B(歌手) 役。 9場:下男 役。 -(新人公演:8月16日の1回) - ジョン・マクレディ 役 *新人公演主演 『ビバ! 』(24場) - 1 - 3場:シバ神(男) 役。 5場:デビル 役。 12、13場:コーラス(男) 役。 20場:娘 役。 21場:シバ・ロケット 役• 9月18日 - 9月21日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:6回)(公演) - ルネ 役• 9月23日 『リラの壁の囚人たち』(2幕 9場)(公演数:2回)(公演) - ルネ 役• (新人公演:12月2日の1回)- 水野銀次郎 役 *新人公演主演 『レインボー・シャワー』(20場) - 1場:踊る男 役。 2・3場:踊る男(トリオ) 役。 5場:花の精 役。 9場:カルナバルのトリオ 役。 10・11・13場:中国の少年 役。 15場:レインコートの男 役。 16〜18場:スイングガイズ、踊る紳士A 役• 2月4日 - 2月14日 『』(2幕 25場)(公演数:17回)(宝塚バウホール公演) - フーケ 役• (新人公演:3月14日の1回)- 水野銀次郎 役 *新人公演主演 『レインボー・シャワー』(20場) - 1場:踊る男。 2・3場:踊る男(トリオ)。 5場:花の精 役。 9場:カルナバルのトリオ 役。 10・11・13場:中国の少年 役。 15場:レインコートの男 役。 16 - 18場:スイングガイズ 役• 3・7場:蔵人助 役。 8場:若者 役。 11場:町の男のコロス 役。 13場:公達 役。 2部 - 19・20・22場:柏木 役 (新人公演:5月30日の1回) - 役 *新人公演主演 『ザ・ドリーマー』(20場) - 1 - 3場:ドリーマー男A 役。 5場:カーニバルの歌う紳士 役。 8場:ジャズマン 役。 10場:スイングガイA 役。 12場A:アメリカンボーイA 役。 12場B・13場:アメリカンガイA 役。 2部:歌う青年 役【曲目】ラスト・ダンス• 3・7場:蔵人助 役。 8場:若者 役。 11場:町の男のコロス 役。 13場:公達 役。 2部 - 19・20・22場:柏木 役 (新人公演:8月15日の1回) - 役 *新人公演主演 『ザ・ドリーマー』(20場) - 1〜3場:ドリーマー男A 役。 5場:カーニバルの歌う紳士 役。 8場:ジャズマン 役。 10場:スイングガイA 役。 12場A:アメリカンボーイA 役。 12場B・13場:アメリカンガイA 役。 10月6日 公演 試演会『TAKARAZUKA』(2部 26場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) 1部『TAKARAZUKA DANCE FESTIVAL』(7場) - 1場:紅葉の若衆A 役。 2場:雪月花の男A 役。 3場:天平の男 役。 8 - 10場:桜の若衆A 役 2部『TAKARAZUKA FOREVER』(18場) - 2・3場:ビューティーズ 役。 7場:ラクダの美女 役。 11・12場:紳士 役。 14場:鍵盤のロケット 役。 18場:踊る青年A 役• 10月25日 - 10月29日 公演(公演数:6回)(ラジオシティー・ミュージック・ホール公演) 『TAKARAZUKA DANCE FESTIVAL』 PROLOGUE SNOW,MOON AND FLOWER ICY MOON SWIRLING SNOW THE CHERRY FLOWER 『TAKARAZUKA FOREVER』 PROLOGUE:Role of Pretty Girl FLOWER FANTASY ARABIAN DREAM:Role of Beautiful Girl KEEP YOUNG AND BEAUTIFUL PIANO FANTASY FINALE Dancers GRAND FINALE• 4・5場:牧師 役。 7場:歌う青年 役。 11・12場:カンカン・ボーイ 役 2部 - 1場:踊る男 役。 2場:ゲストコーナー。 3場:歌う男 役。 5場:踊る女A 役。 7場:ブルージンの男 役。 10場:紳士 役• 1月4日 - 1月10日 『赤と黒』(2幕 25場)(公演数:11回)(公演) - フーケ 役• (新人公演:3月6日の1回) - フィリップ・ピリップ 役 *新人公演主演 『ザ・モダーン』(20場) - 2場:アーティスト(バレエダンサー)役。 3 - 5場:ワーキングボーイ 役。 7・8場:パラダイスバード男 役。 10・11場:白エンビの男 役。 13・14場:ジャポネット 役。 17・18場:ゴールド・ディガー男 役• 4月21日 - 5月6日 『』(2部 22場)(公演数:25回)(宝塚バウホール公演) - ロミオ 役 *バウホール公演初主演(単独主演は史上最年少)• ダンサー 役【曲目】ドント・フォーゲット・12thストリート。 歌手 役【曲目】・メロディー、ロング・アンド・ワイディング・ロード。 2部 - TOKIOボーイ 役【曲目】TOKIO。 歌手 役【曲目】バレ・モワ・ダムール、スリーエル・ラ・ヴィ• (新人公演:6月12日の1回) - フィリップ・ピリップ 役 *新人公演主演 『ザ・モダーン』(20場) - 2場:アーティスト(バレエダンサー)役。 3 - 5場:ワーキングボーイ 役。 7・8場:パラダイスバード男 役。 10・11場:白エンビの男 役。 13・14場:ジャポネット 役。 17・18場:ゴールド・ディガー男 役• (新人公演:8月24日の1回) - 幸次郎 役 *新人公演主演 『ル・ポアゾン』(24場) - 2〜4場:ル・ポアゾンの紳士S 役。 5〜6場:貴族の男 役。 10・11場:ガイズ 役。 15〜18場:オフィサーズ 役。 【曲目】さよなら皆様• 『天使の微笑・悪魔の涙』(17場) - フリッツ 役 『レッド・ホット・ラブ』(20場) - 2 - 4場:紳士A 役。 9場:青年 役。 12場:マジック・ガイ 役。 15場:ハート・オブ・ミュージック男 役。 17場:青年 役。 19場:ファイアー(男) 役。 20場:レット・ホット・ガイA 役• (新人公演:12月11日の1回) - 幸次郎 役 *新人公演主演 『ル・ポアゾン』(24場) - 2 - 4場:ル・ポアゾンの紳士S 役。 6 - 8場:貴族の男 役。 10・11場:ガイズ 役。 15 - 18場:オフィサーズ 役。 【曲目】ああ宝塚 わが宝塚。 【曲目】さよなら皆様• アンドレ役の・・も出演• 1月22日 - 1月27日 『ロミオとジュリエット』(2部 22場)(公演数:10回)(日本青年館公演) - ロミオ 役• 3月28日 - 5月7日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(2部 40場)(公演数:57回)(宝塚大劇場公演) - アンドレ・グランディエ 役(4月11日 - 5月2日)。 ジェローデル 役(3月28日 - 4月9日、5月3日 - 5月7日)• - 【曲目】ワンダフル・モーニング、ビューティフル・デイ、メランコリー・ラプソディ、イッツ・ラブリー• ジェローデル 役(7月2日 - 7月12日)• 7月6日 『ベルサイユのばら -オスカル編-』(公演数:1回)(東京宝塚劇場公演) (新人公演) - 役。 ・と月組特別出演 - 歌う紳士 役【曲目】レビュー記念日。 踊る淑女 役【曲目】アイ・ラブ・パリ• 7 - 9場:プリズナーA 役。 13 - 15場:スパニッシュの青年役。 7場:歌う紳士 役。 20場:インディアンの男A 役• 11月10日 - 11月24日 『たとえば それは 瞳の中の嵐のように』(2幕)(公演数:22回)(宝塚バウホール公演) *バウホール公演主演 - ユウキ 役• 7・8場:花婿 役。 12場:歌う恋人 役。 14 - 16場:踊る軍人 役。 18・19場:ファンタジック・ダンサー 役。 23・24場:フィナーレの紳士A 役• 7・8場:花婿 役。 12場:歌う恋人 役。 14〜16場:踊る軍人 役。 18・19場:ファンタジック・ダンサー 役。 23・24場:フィナーレの紳士A 役• 【曲目】フォーエバー・タカラヅカ。 歌手 役【曲目】タヒチの歌 2部 - 歌手 役【曲目】ミー・アンド・マイガール、ランベス・ウォーク、ハート・ジャック。 踊る男 役【曲目】ダンス・ウィズ・ミー。 【曲目】フォーエバー・タカラヅカ• 7場:ラテンの男A 役。 9 - 13場:プリンス 役。 16 - 19場:オールド・フレンズ 役。 20場:メモリーダンサー女S 役。 24場:パレードの歌手 役• タカラヅカ。 ボレロの歌手 役【曲目】モン・パリ• 9月12日 - 9月27日 『高照す日の皇子』(2幕)(公演数:25回)(宝塚バウホール公演) *バウホール公演主演 第一幕 - 役 第二幕 - 清人皇子 役。 11場:蓮華の男S 役• 9月18日 『音楽慰霊際』(宝塚大劇場公演) - 【曲目】宝の宝石、タカラジェンヌに栄光あれ• 11場:蓮華の男S 役• 7場:ラテンの男A 役。 9〜13場:プリンス 役。 16〜19場:オールド・フレンズ 役。 20場:メモリーダンサー女S 役。 24場:パレードの歌手 役• 12月29日には特別出演 1部 - 1・2場:ジャンピングスター 役。 6場:ジプシーS 役。 9・10場:ザ・スター 役【曲目】夢をきかせて 2部 - 3場:夢の男 役。 4場:紳士S 役。 7場:レディ 役。 9・10場:ザ・シンガー【曲目】マリア()、サムシング・カミング(原語)。 12・16場:幻の男 役。 18場:ザ・スター 役• 23場:歌うパリジャン3 役。 24場:紳士S 役• 19・20場:紳士S 役• ダンス…トゥヤング。 歌手 役【曲目】燃えろ青春• 5月30日 - 6月12日 『ロスト・エンジェル』(2部 18場)(公演数:18回)(宝塚バウホール公演) - 1部1場:ミカエル 役。 マイク 役• 19・20場:紳士S 役 月組トップスター時代• このときの月組出演者は天海と麻乃佳世 - 歌う紳士 役【曲目】ラ・ビ・アン・ローズ。 【曲目】レビュー記念日讃歌• 5・6場:頭A 役。 8 - 10場:若侍 役。 11場:白い烏(若侍) 役。 15場・16場:若衆S 役 『扉のこちら』-O・ヘンリー『』より(1幕) - ラルフ 役・D・スペンサー 役 『ミリオン・ドリームズ』(24場) - 1場:歌う紳士S 役。 3・4場:踊る紳士S 役。 9・10場:レッド・ベレー 役。 12 - 15場:恋人(若者) 役。 16場:ドリーム・シンガー男 役。 18・19場:ピグマリオン 役。 23場:ドリームスター男 役。 24場:パレードの男S 役• 11月12日 - 11月23日 『』(2幕)(公演数:19回)(宝塚バウホール公演) - ベンジャミン・ベネル 役• 1月1日 - 2月7日 『 -バトラー編-』(2部 38場)(公演数:53回)(宝塚大劇場公演) - レット・バトラー 役。 2部・21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。 2部23場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。 2部24場:パレードの男 役• 2月25日 - 3月3日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:11回)(公演) - ベンジャミン・ベネル 役• 3月5日 - 3月9日 『夢の10セント銀貨』(2幕)(公演数:8回)(愛知厚生年金会館公演) - ベンジャミン・ベネル 役• 4月4日 - 4月27日 『風と共に去りぬ -バトラー編-』(2部 38場)(公演数:44回)(東京宝塚劇場公演) - レット・バトラー 役。 2部21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。 2部23場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。 2部24場:パレードの男 役• タカラヅカ。 2場:MC 役 2部 - 8場:バトラー、踊るレット、パレードの男 役(月組『風と共に去りぬ -日本編-』)。 9場:スター 役【曲目】ティア・ドロップス、MC 役。 10場:歌う青年 役【曲目】ブレイク・ザ・ボーダー、ラ・パッション• 』(17場) - 1 - 3場:プロローグの紳士S 役。 8場:踊る男S() 役。 10場:踊る男S() 役。 13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。 14場:天海(地図枠) 役。 16場:紳士S 役。 17場:パレードの紳士S 役• 各組トップによる公演PRを兼ねた挨拶。 【曲目】レビュー記念日賛歌、さよならタカラヅカ• 9月9日 宝塚歌劇団80周年記念式典『夢を描いて華やかに』(3部 28場)(公演数:1回)(宝塚大劇場公演) 1部 【曲目】• - レット・バトラー 役。 2部・21場:踊る紳士S 役【曲目】タキシード・ジャンクション。 2部22場:踊るレット 役【曲目】ナイト・アンド・デイ。 2部23場:パレードの男 役• 11月2日 - 11月27日 『エールの残照TAKARAZUKA・オーレ!』(公演数:42回)(東京宝塚劇場公演) 『エールの残照』(18場) - ウォルター・シャムロック 役 『TAKARAZUKA・オーレ! 』(17場) - 1 - 3場:プロローグの紳士S 役。 8場:踊る男S(モスクワ) 役。 10場:踊る男S(アルゼンチン) 役。 13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。 14場:天海(地図枠) 役。 16場:紳士S 役。 17場:パレードの紳士S 役• 12月23日 - 12月30日 『LE MISTRAL…鏡の中に消えた男…』 (公演数:12回)(シアター・ドラマシティ公演) - ミッシェル・ブラッスール(ミストラル) 役• 『エールの残照』(18場) - ウォルター・シャムロック 役 『TAKARAZUKA・オーレ! 』(17場) - 1場:プロローグの紳士S 役。 2場:天海(地図枠) 役。 3場:プロローグの紳士S 役。 4場:踊る男S(モスクワ) 役。 10場:踊る男S(アルゼンチン) 役。 13場:ニューヨーカー男S(ニューヨーク) 役。 16場:紳士S 役。 17場:パレードの紳士S 役• アレックス 役 『EXOTICA! 』(24場) - 1・2場:アジアの青年 役。 3・4場:ドラゴンボーイS 役。 11場:スターサファイアの男 役。 12・13場:ダイヤの男 役。 15 - 19場:リー・クォン 役。 23場:金の奴隷 役。 24場:パレードの歌手S1 役• 2幕5場:踊る紳士 役• 』を再構成 - 1場:スター男 役。 2・3場:ドラゴン・ボーイS 役。 8場:スターサファイヤの男 役。 9・10場:ダイヤの男 役。 13場:スター女 役(四つの夢『月の夢』【曲目】)。 18場:金の奴隷 役。 19場:パレードの歌手S1 役 2部 『オールスター スーパーナイト』 - 2場C:ロックスター 役。 4場:MC(スター) 役。 4場C: シェルブールの番傘)、() 役。 4場E:歌手 役【曲目】風のシャムロック• 10月14日 - 10月29日 『-SOMEWHERE IN TIME-』(2幕)(公演数:24回)(宝塚バウホール公演) - リチャード・コリヤー 役• 11月2日 - 11月9日 『-SOMEWHERE IN TIME-』(2幕)(公演数:13回)(日本青年館公演) - リチャード・コリヤー 役• 12月25日、12月26日の本公演終了後、引き続き、天海祐希・麻乃佳世サヨナラショーあり - ビル(ウィリアム・スナイブスン) 役。 2幕5場:踊る紳士 役 退団後の出演 テレビドラマ 主演は太字• (1996年7月19日、フジテレビ) - 江坂衣津子 役• ドラマ新銀河 (1996年8月5日 - 8月29日、NHK) - 川田歩 役• (1997年10月14日 - 12月16日、フジテレビ) - 主演・ 小野寺あさひ 役• 金曜エンタテイメント (1997年12月12日、フジテレビ) - 八木薔子 役• (1998年) - お花 役• デジドラ「ワンシーン」レンタルビデオショップ編(1998年) - 祐希 役• (1998年) - お清 役• (1998年、フジテレビ) - 立花蓉子 役• (1998年、日本テレビ) - 菊地久子 役• (1999年) - 尾形陽子 役• 第一話(1999年、テレビ朝日) - 篠原裕美 役• (2000年) - 高須久子 役• (2000年7月21日、フジテレビ) - 頼口涼子 役• (2001年) - 森脇カスミ 役• (2001年) - 幸子 役• (2001年) - 音道貴子 役• (2001年、フジテレビ) - 三井祥子 役• (2001年、フジテレビ) - 佐倉あい 役• (2002年、NHK) - はる(の正室) 役• (2002年7月6日、フジテレビ) - カメラマン 役• あした吹く風(2002年9月6日、BS-i) - 猪熊鈴子 役• (2002年10月 - 12月、フジテレビ) - 高畑暁 役• (2003年11月29日、NHK) - 星野涼子 役• (2003年11月29日・30日、テレビ朝日) - 役• (2004年4月3日、日本テレビ) - 中尾静江 役• ロックド・イン症候群(2004年4月7日、BSフジ) - 田島いずみ 役• (2004年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 間宮貴子 役• 離婚弁護士スペシャル(2005年1月6日、フジテレビ) - 主演・ 間宮貴子 役• (2005年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 間宮貴子 役• (2004年7月 - 9月、日本テレビ) - 主演・ 平木明日香 役• (2005年7月 - 9月、日本テレビ) - 主演・ 役• (2006年3月17日・18日、日本テレビ) - 主演・ 阿久津真矢 役• 第2夜「越路吹雪・愛の生涯」(2005年11月25日、フジテレビ) - 主演・ 役• 第8話(2005年、フジテレビ) - 間宮貴子 役• 焼酎の試飲のシーンに、ドラマ『離婚弁護士』の役柄で登場。 (2006年2月25日、フジテレビ) - 主演・ 香坂真琴 役• (2006年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 椿木春香 役• (2007年1月4日・5日、テレビ朝日) - 坂崎夏海 役• (2007年1月 - 3月、日本テレビ) - 主演・ 大河内ひまわり 役• (2008年4月 - 6月、TBS) - 主演・ 緒方聡子 役• (2009年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 大澤絵里子 役• (2011年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 大澤絵里子 役• (2009年10月 - 2010年3月、フジテレビ) - 浜中紅子 役• (2010年4月9日・10日・11日、フジテレビ開局50周年企画) - 鬼塚千晶 役• (2010年7月 - 9月、フジテレビ) - 主演・ 早乙女悠里 役• (2012年4月 - 6月、フジテレビ) - 主演・ 倉坂澪 役• (2012年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・ 桐島春子 役• 最終章(2013年6月17日・24日、フジテレビ) - 三田綾音 役• 2夜連続ドラマスペシャル (2013年11月30日・12月1日、テレビ朝日) - 笠原栄子 役• (2014年1月 - 3月、テレビ朝日) - 主演・ 役• ドラマスペシャル 緊急取調室(2015年9月27日、テレビ朝日) - 主演・ 真壁有希子 役• 緊急取調室 シーズン2(2017年4月 - 6月、テレビ朝日) - 主演・ 真壁有希子 役• 緊急取調室 シーズン3(2019年4月 - 、テレビ朝日) - 主演・ 真壁有希子 役• (2014年5月9日、読売テレビ) - 主演・ 鈴木よね 役• 第147話(2015年3月25日、NHK) - 川上一恵 役• (2015年10月2日、フジテレビ) - 主演・ 美織レイ子 役• (2015年10月 - 12月、日本テレビ) - 主演・ 嘉門ヒロ 役• (2016年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・ 星野光子 役• 最終話(2017年3月31日、テレビ東京) - 天海祐希(本人) 役• 読売テレビ開局60年記念スペシャルドラマ (2018年2月23日、読売テレビ) - 主演・ 岡みち 役• 二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ「」(2018年3月24日、テレビ朝日) - 主演・ 天乃瞳子 役• テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「」(2018年9月21日、テレビ東京) - 神崎京子 役• フジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画『』 2019年11月24日、フジテレビ - 主演・ 役• (2020年1月 - 3月 、日本テレビ) - 主演・ 深山瑤子 役 映画• クリスマス黙示録(1996年) - 杉村葉子 役• MISTY(原作:)(1997年) - 真砂 役• (1999年) - おとよ 役• 残侠(1999年) - 志垣市子 役• 黒の天使vol. 2(1999年) - 魔世 役• (2001年) - 主演・坊之宮美希 役• (2001年) - 佐々木美奈子 役• (2001年、デジタルハイビジョン上映) - 森脇カスミ 役• (2001年) - 役• (2002年) - 佐々幸子 役• (2002年) - 傘の女 役• ござまれじ(2003年) - 竹村ゆり 役• (2004年) - 朔太郎(現代)の上司 役• (2005年) - 美春 役• (2007年) - 原田真紀子 役• (2007年) - 上原さくら 役• (2008年)- 喪服の女 役• ゼラチンシルバーLOVE(2009年)• (2009年) - 獣医 役• (2009年) - 矢上紗江子 役• (2009年) - 遠藤凛子 役• (2013年) - 枝毛 役• (2017年) - 宮本美代子 役• (2017年) - 早乙女薫子 役• 2017年 - 江藤美希子 役• (2019年) - 主演・剛田マ子 役(とのW主演)• (2020年) - 遠藤凛子 役• (2020年9月18日公開予定) - 主演・後藤篤子 役 舞台• マヌエラ - 燃える上海 恋する女(1999年、PARCO劇場) - マヌエラ(永末妙子) 役• 天海祐希のピエタ(1999年、名古屋市芸術創造センター) - 永井友子 役• (1999年、シアターコクーン 等) - ヒメ女 役• (2003年、青山劇場、愛知厚生年金会館、フェスティバルホール) - ハープ(如月さん) 役• (2007年、PARCO劇場) - 役• 2017年、新国立劇場中劇場 - アニキ 役• 修羅天魔〜 Season 極(2018年、) - 極楽太夫 役 劇場アニメ• (2008年) - グランマンマーレ 役• (2016年) - 役• (2017年) - マダム・マンブルチューク 役 吹き替え 洋画• (2011年) - ベイリー・タレット() 役• (2017年) - ヘラ() 役 海外アニメ• (1999年) - ツィッポラ 役• (2015年) - スカーレット・オーバーキル 役 ラジオ• 文化放送スペシャル サヨナラ天海祐希、そして新たなる出発(たびだち)(1995年12月29日、)• つかちゃん・のりこのGO! ヒットパラダイス あなたが選ぶ 感動スター大賞・天海祐希スペシャル(1996年8月20日、)• 私の朝(1997年7月13日、)- パーソナリティ• (2003年4月6日 - 9月21日、J-WAVE)- ナビゲーター ドキュメンタリー• 天海祐希 パリと女と…〜魅惑の新〜(2012年2月25日・26日、)• 天海祐希 スペイン 情熱の女たち(2013年3月16日・23日、NHK BSプレミアム)• 天海祐希 魔法と妃と女たち「ロンドン編」(2015年6月13日、NHK BSプレミアム)• 天海祐希 魔法と妃と女たち「スコットランド編」(2015年6月20日、NHK BSプレミアム)• 世界遺産 〜の夢〜(2016年7月18日、NHK総合) - ナビゲーター バラエティ・情報番組• (2014年6月14日・9月27日・2015年3月26日・2019年6月27日・2020年6月24日(予定)、フジテレビ)• (2016年9月29日 ・2017年4月12日・2018年1月5日・2019年10月16日、フジテレビ) その他• (1995年、NHK) - 審査員• (2001年、NHK) - 審査員• (2016年12月30日、) - 司会• NHK林家正蔵の演芸図鑑 スペシャル退団(2019年11月10日、17日) CM 宝塚時代• (当時、の投手と共演)• レイスビーホール 退団後• UVwhite• アリナミンDYNAMIC• フレッツ・モア(関西のお笑い芸人のと共演)• 2003年• THE RIVER PLACE• 十六茶• 美ノ国• TRAMPATH MP4 PROXES C1S• シャーウッド• ecoスタイル• My Best Of My Life(ナレーション)• ルルアタックEX• キシリトールガム• グランデーヌ ルクサージュ• ASTABLANC アスタブラン• (2015年)• レディースモデル(2016年) 書籍 宝塚時代 写真集• フォーサム臨時増刊 『天海祐希写真集 CIEL』(1994年2月1日、宝塚歌劇団)• 宝塚ムック 『天海祐希サヨナラ写真集』(1995年9月14日、宝塚歌劇団)• 報知グラフ '95-NO. 5 12月号 宝塚ファンタジーVOL. 3 SP 「アデュー天海祐希」(1995年12月10日、) エッセイ・対談• 『ユウキ欲しい!? 』天海祐希・著(1994年4月1日、東宝株式会社)• 『明日吹く風のために……』天海祐希・著(1995年11月22日、)• 『演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人』所収「いかに動くか、いかに動かないか」松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫 詩集• 『笑顔の引力』天海祐希・著(1994年11月18日、東宝株式会社) 宝塚退団後 写真集・エッセイ• 『香港的天海祐希』(1997年7月14日、)• 「」() 受賞歴 1996年• 第33回 演劇賞• 第12回 奨励賞 1997年• 新人賞(『クリスマス黙示録』) 1998年• 1999年度・ビューティフル大賞 1999年 1999年度 第3回ドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(NHK『素敵にライバル』 - 尾形陽子 役) 2001年• 第34回 最優秀女優賞(『狗神』 - 坊之宮美希 役)• 第14回 助演女優賞(『連弾』 - 佐々木美奈子 役) 2002年• 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(10月 - 12月期)助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役)• 優秀助演女優賞(『千年の恋 ひかる源氏物語』 - 光源氏 役)• 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ(1月 - 3月期)助演女優賞(NHK『利家とまつ』 - ・正室 はる役)• 2001年度 第5回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 助演女優賞(フジテレビ系『水曜日の情事』 - 佐倉あい 役、『利家とまつ』 - 佐々成政・正室 はる 役) 第3位に入賞。 2004年• 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)• 第41回 ベストドレッサー賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役)• 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ(7月 - 9月期)主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役)• 第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『ラストプレゼント』 - 平木明日香 役) 2005年• 第16回ジュエリーベストドレッサー賞(30代部門)• 2004年度 第8回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『離婚弁護士』 - 間宮貴子 役) 『ラストプレゼント』平木明日香役で第3位にも入賞• 第46回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役) 2006年• 2005年度 第9回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ主演女優賞(日本テレビ系『女王の教室』 - 阿久津真矢 役)• 第32回放送文化基金賞番組部門・個別分野 出演者賞(日本テレビ系『女王の教室』第1回、最終回の演技)• 第43回 個人賞(日本テレビ系『女王の教室』、フジテレビ系『離婚弁護士II』『越路吹雪 愛の生涯』『キッチンウォーズ』の演技)• 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2006 最優秀主演女優賞(フジテレビ系『トップキャスター』 - 椿木春香 役) 2008年• 2008年度 第12回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(TBS系『Around 40』 - 緒方聡子 役)• 2008年「」 自身の主演したドラマによって、40歳代の前後の人に対する呼称が広まった。 2009年• 第61回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ(4月 - 6月期)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2009 優秀主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 第1回TSUTAYA onlineドラマアワード 2009年春(4月 - 6月)主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 第2回 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役) 2010年• TV LIFE 第19回年間ドラマ大賞2009 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 第6回TVnavi2009年間大賞 最優秀主演女優賞 (フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役)• 第18回 受賞• 2009年度 第13回日刊スポーツドラマグランプリ・年間グランプリ 主演女優賞(フジテレビ系『BOSS』 - 大澤絵里子 役) 2011年• 2010年勝手に演劇大賞 最優秀女優賞 薔薇とサムライ - 女海賊・アンヌ・ザ・トルネード役 2012年• 4月 - 6月期 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012 優秀主演女優賞(フジテレビ系『カエルの王女さま』 - 倉坂澪 役) 2020年• 優秀助演女優賞(『』) 各種好感度調査の上位入賞歴• 「 新入社員から見た女性上司の理想像」調査において• が行った調査で2006年に2位、2007年に5位、2008年に4位、2009年に3位、2010年から2015年まで6年連続で1位。 が行った調査で2010年から2016年まで、7年連続で第1位。 「お酒と生活文化研究所」の「会社(職場)の人とのお酒の飲み方に関する意識調査」で、「 一緒にお酒を飲みたい女性上司の理想像」のベスト10に2006年・2007年の2年連続で選ばれた。 2009年は女性上司部門・女性同僚部門で第1位。 が取引先新入社員(取引先対象の新入社員研修参加者)に対して行った「 新入社員から見た上司の理想像」調査で2009年・2010年と二年連続で総合ベスト10入り。 の「 女性が選ぶいい女ランキング」で、2009年・2010年・2011年・2012年に第1位。 脚注 []• com. 2020年4月18日閲覧。 116. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2020年4月18日閲覧。 2020年4月18日閲覧。 アサ芸プラス. 徳間書店 2018年8月18日. 2020年4月18日閲覧。 ほぼ日刊イトイ新聞. ほぼ日 2017年7月23日. 2020年4月18日閲覧。 『明日吹く風のためにもっと遠くへ』P. 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P. 99 ・監修 2014年4月1日• 日刊ゲンダイ 2016年12月6日. 2020年4月18日閲覧。 タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2020年4月18日閲覧。 ZAKZAK. 産経デジタル 2012年7月9日. 2020年4月18日閲覧。 剣幸オフィシャルウェブサイト. 2020年4月18日閲覧。 15-16• 13-14• 2009年7月6日. 2017年3月12日閲覧。 「All About」2015年09月15日2020年4月21日閲覧• 『明日吹く風のためにもっと遠くへ』P. 『演技でいいから友達でいて 僕が学んだ舞台の達人』所収「いかに動くか、いかに動かないか」P. 115 松尾スズキとの対談 幻冬舎文庫• 天海の母が石原裕次郎の大ファンだったことから、天海が生まれると「裕」の文字にちなんだ名前を考えたが、画数から「祐里」とした。 宝塚歌劇団に入団する際の芸名に「石原 裕」を薦めたが、本名「祐里(ゆり)」の「 祐」の文字を残す形となった。 「シネマトゥデイ」2009年7月21日2020年3月22日閲覧• 2020年3月22日閲覧• ORICON NEWS. オリコン 2006年12月14日. 2020年4月18日閲覧。 アサ芸プラス. 徳間書店 2016年9月18日. 2020年4月18日閲覧。 『我が道 - 松原智恵子』(スポーツニッポン 2012年2月4日付26面)参照• ,NEWSポストセブン,2016年11月3日• フジテレビ 2019年10月4日. 2019年10月16日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年2月10日. 2017年2月10日閲覧。 SANSPO. COM 2015年8月13日. 2015年8月13日閲覧。 2015年8月27日. 2015年8月27日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年8月22日. 2016年8月22日閲覧。 まんたんウェブ 2018年2月23日. 2018年2月23日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2018年2月1日. 2018年2月1日閲覧。 ORICON NEWS 2018年8月24日. 2018年8月24日閲覧。 シネマカフェ 株式会社イード. 2015年11月30日. 2015年11月30日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年1月17日. 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月27日. 2019年11月27日閲覧。 ORICON STYLE 2013年5月8日. 2013年6月19日閲覧。 おのれナポレオン 東京芸術劇場 2013年5月8日. 2013年6月19日閲覧。 劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』公式サイト 2016年2月9日. 2016年2月9日閲覧。 『メアリと魔女の花』公式サイト 2017年7月9日. 2017年7月9日閲覧。 com. 2017年10月3日. 2017年10月3日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年2月18日. 2015年2月19日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 芸能 2016年9月3日. 2016年10月1日閲覧。 2016年12月6日. 2016年12月6日閲覧。 日刊スポーツ. 2016年6月20日. 2016年6月20日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年1月15日. 2020年1月15日閲覧。 2015年4月21日. 2015年4月21日閲覧。 スポニチアネックス 2016年2月23日. 2016年2月23日閲覧。 ネタりか 2012年5月27日 外部リンク• - 本人による連載• - (1928年~1933年月組組長、1980年在団のまま死去) ・・ (~1933年月組組長、1933年~1937年星組組長、1938年退団) ・・ (1939年からは月組組長も兼任、1942年退団) ・・ (1944年退団) ・・ (1950年退団) ・・ (1971年退団) ・・ (1959年退団) ・・ (1964年退団) ・・ (1967年退団) ・・ (1967年5月31日? ~1973年11月29日? ~1975年1月30日) - (1975年1月31日~1976年6月22日) - (1976年6月23日~1982年7月31日、1982年8月1日専科へ組替 - (1982年8月1日~1985年9月1日) - (1985年9月2日~1990年12月26日) - (1990年12月27日~1993年7月31日) - (1993年8月1日~1995年12月26日) - (1995年12月27日~1997年4月30日) - (1997年5月1日~2001年7月2日) - (2001年7月3日~2004年3月21日) - (2004年3月22日~2005年5月22日) - (2005年5月23日~2009年12月27日) - (2009年12月28日~2012年4月22日) - (2012年4月23日~2016年9月4日) - (2016年9月5日~) '・・'は基本、先代次代関係なし。 '-'は先代次代関係あり。 (1974年月組)• (1975年花組)• (1975年雪組)• (1976年星組)• (1976年月組・東京)• (1989年雪組)• (1989年星組)• (1990年花組)• ・(2001年宙組)• ・(2014年宙組)• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1994年月組、宝塚・東京・全国)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットI• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) スカーレットII• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) アシュレ• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• ・(1988年雪組、宝塚・東京)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• ・(2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) メラニー• (1977年月組、宝塚・東京)• (1977年星組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1978年雪組、宝塚・東京)• (1978年星組、全国)• (1978年月組、中日)• (スカーレット編、1978年花組、宝塚・東京・福岡・小倉)• (1978年月組、全国 夏・秋 )• (1984年雪組、宝塚・東京)• (1988年雪組、宝塚・東京)• (スカーレット編、1994年雪組、宝塚・宝塚)• (1997年花組、全国)• (1998年雪組、全国)• (2001年星組、全国)• (2002年合同、日生 雪組・花組 )• (2004年宙組、全国)• (2013年宙組、宝塚・東京)• (2014年月組、梅田)• (2014年星組、全国)• (2015年月組、中日) 宝塚・東京公演は本公演のみ(新人公演は載せていない).

次の

天海祐希、若さの秘訣は筋トレ(運動・トレーニング)、健康法は?靴のサイズが以外?

天海祐希 濡れ場

天海祐希プロフィール 本名 中野 祐里(なかの ゆり) 生年月日 1967年8月8日(52歳) 出生地 日本 東京都台東区東上野[2] 身長 171 cm 血液型 O型 職業 女優 ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画 活動期間 1987年 — 活動内容 1987年:宝塚歌劇団入団、月組配属 1993年:月組トップスター就任 1995年:宝塚歌劇団退団。 その後、芸能事務所フライングボックスに所属。 2003年:研音へ移籍 事務所 研音 天海祐希経歴・生い立ち 中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、 宝塚歌劇団への入団を志望したのです。 高校生の時に宝塚音楽学校の受験準備のため、 「大滝愛子バレエ・アート」に通うようになる。 台東区立西町小学校、台東区立御徒町中学校、菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)2年修了後の1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。 宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番だったそうです。 この理由がいまいちわかりませんよね。 1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団、 雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台を踏みます。 同期にはいずれも女優の絵麻緒ゆう(現在のえまおゆう)(2002年のみ雪組トップ)、匠ひびき(2001年から2002年まで花組トップ)、歌手の姿月あさと(1998年から2000年まで宙組トップ)の3人の元トップスターのほか、女優の青山雪菜(元娘役スター)、声優の葛城七穂、芦屋市議会議員の苑ななみ(現在の中島かおり)が入団したそうです。 みんなそうそうたるメンバーですよね。 当時の月組トップスターは剣幸。 尚『サマルカンド〜』新人公演ではバルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。 その後月組に配属。 同年の月組バウホール公演『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』で早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で研一(入団一年目)にして新人公演に初主演するのです。 やはり鳴り物入りだったんですよね。 先輩もさぞかしビビったことでしょうね。 1989年、歌劇団ニューヨーク公演(メイン・大浦みずき、他に紫苑ゆうらが出演)メンバーに選出。 1991年には4期上の久世星佳・若央りさや1期上の真織由季・大海ひろらを飛び越し月組2番手男役スターとなったのです。 やはりスター先輩を抜いたわけです。 まとめ 今回は天海祐希の 濡れ場(濡場、ぬれば、塗れば、下着・セクシー画像、ベッド、キス、ラブ、動画) 、経歴、生い立ちに関して まとめました。 今後の天海祐希の活躍に 期待します。 スポンサードリンク 当サイト一番の濡れ場記事になります。 はっきり言って強烈です。 カテゴリー• 374• 381•

次の