伊藤 み ま 卓球。 <卓球>水谷隼・伊藤美誠が中国ペア下しV、五輪前に中国への警鐘―中国メディア|レコードチャイナ

伊藤美誠

伊藤 み ま 卓球

Sponsored Link 松﨑太佑コーチの簡単プロフィール! 伊藤美誠選手の コーチをする わたし。 そこに伊藤美誠さんがやってきて入部! 伊藤美誠さんは2歳から卓球をしていたため、 なんと入部した時は、小学校3,4年生のクラスで練習を開始することになります! その後 伊藤美誠さんは、 7歳の時に全日本卓球選手権大会(バンビの部:小学校2年生以下)で優勝しまず! 専属のコーチとなったのは、いつ? 伊藤美誠さんは、 大阪の卓球の強豪である 昇陽中学校に拠点を移して卓球のレベル向上を目指すことになりますが、 大阪での卓球の 専属コーチとして正式に依頼を受けます! Sponsored Link 1年間で結果が出せなければクビ!? これは、松﨑太佑さんが伊藤美誠さんのお母さんに伝えた事です! 左は、伊藤美誠さんの お母さん(伊藤美乃り:いとう みのり さん)です! まだ、お若いですね!! 元プロの卓球選手ですよ! やはり、 元プロの卓球選手であるお母さんの並々ならぬ思いが あったのは確かのようです!! 普通は、これだけ有望な選手のコーチは中国の選手がコーチとしてつくことが多いといいます。 それを、実績のない松﨑太佑さんに依頼されたわけですから・・・・! 松﨑太佑さんにしてみても、 それまで勤務していた会社を辞めてのコーチ業となりますので この決断はすごいものがあったことは確かです! 伊藤美誠と二人三脚で作り上げた指導方法! 松﨑太佑さんは、なんのノウハウもなくプロのコーチ方法を一から作り上げておられます! その方法とは、 <1>動画分析400本以上! 松﨑太佑さんは一流選手の動画を分析することをよくされています! それを、伊藤美誠さんへ応用されています! 伊藤美誠さんの良かった試合や反省スべき試合などを分析して力に変えています! <2>80冊を超えるノートの活用 動画の分析方法ですが、大学ノートを使って動画を見て気づいた点(良かった点や悪かった点)を記入します! その記入の仕方に特徴がありますが、 見開き半分(右ページ)に伊藤美誠さん、もう半分(左ページ)にコーチの松﨑太佑さんが記入します! ノートには <対策ノート>と <練習ノート>の二種類を作っています! 対策ノートには、相手選手についての特徴や抑えておくべき点などを詳しく書いて、お互いの認識を一致させるようにしています! 練習ノートには、対策ノートで見えてきた課題に対する具体的な練習内容やメンタル面でのサポートを言葉にしています! この言葉にするこちは、大きな意味があります! 書くことで気づくことや冷静に分析できるようになってきます! コーチと選手の考えを一致させるには持って来いの手法だといえます! 試行錯誤の結果生まれた方法だと思いますが やはり、はじめた最初のころとすると格段に 書かれているノートの内容が違ってきています! レベルアップですね! 試合の時には、この地道な活動が物をいいます! そして、 パソコンが主流の現在でも 松﨑太佑コーチは、このアナログ的なノートをフル活用して伊藤美誠の力を100%発揮できるようにされています! 必要なければコーチはクビに?! 松﨑太佑さんは、伊藤美誠さんが 自分をコーチとして必要ないと判断した際はいつでもクビにしていい! と伝えているそうです! これは、逆説的ですが ホントに、伊藤美誠さんの成長を考えた言葉だと思います! こんなに、伊藤美誠さんのことを考えているコーチはいないと思います! 4歳のときから今まで12年間、成長を見守ってきた松﨑太佑さん! コーチという存在という単なる存在では無いと思います! それは、お互いに分かっておられることだと思いますが。。。 ! これから、ますます進化して強くなる伊藤美誠さんを 誰よりも待ち望んでいるのは コーチの松﨑太佑さんなのかもしれません!• K5 医療関係者のK5です! 日本在住です。 英語を使えるようになったり、パソコンを組み立てたり、木工を作ったりと何かと作ることが好きです。 仕事にも関係のある健康や人体の構造(解剖学)についても興味があります。 新しいものが好きで、人が知らないトレンドを発見したりすると他の人にも教えたくなってしまいます。 その他、車で旅行に行くことも好きです。 まだ行ったことのない高速道路のSAは格好の好物です! ブログを運営している理由は、日々新しい情報に触れて、その内容を自分なりに解釈することが面白いこと。 それと、その反応がリアルタイムで分かる面白さがあります。 ただ今、ブログリニューアル中です! 気になったことは何でも書いていきますので応援よろしくお願いします。 最近の投稿• Category Category.

次の

松﨑太佑コーチの伊藤美誠(卓球)の指導方法!場所はどこ?│トレンドの樹

伊藤 み ま 卓球

平野美宇(左)と挑んだ2014年6月のワールドツアー韓国オープンの女子ダブルスは悔しい準優勝に終わった 平野美宇(左)と挑んだ2014年6月のワールドツアー韓国オープンの女子ダブルスは悔しい準優勝に終わった 母は卓球経験者で、2歳の時に初めてラケットを握る 「天才少女」を超え、いまや「世界の大魔王」として卓球界に名をとどろかせる伊藤美誠(みま)は、2000年10月21日に静岡県磐田市で誕生した。 父と母はともに卓球経験者だった。 特に母の美乃り(みのり)さんは中学1年の時にら卓球を始め、高校時代には全国高等学校総合体育大会、通称インターハイに出場した実力の持ち主だった。 日本体育協会認定の上級指導員、公認コーチの資格のほか、整体師の免許を取得しており、現在もマッサージや健康管理の面で娘を徹底サポートしている。 美誠が競技に出合ったのは、まだ2歳のころだった。 当時住んでいた家では卓球台を置くスペースがなかった。 「地元の公民館では練習時間が短くなってしまう」と母は考え、磐田市に一軒家を新築して卓球マシーンを設置した。 そして5歳の時に、男子のエースとして知られる水谷隼の父、信雄さんが代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団に入り、指導を受けるようになった。 「いつかこの子は中国人選手に勝てるかもしれない」。 母の指導にも熱がこもる。 一日6時間以上の猛練習を小学校卒業まで、毎日休まずに続けた。 二人三脚のストイックなトレーニングのかいもあり、2008年には全日本卓球選手権で小学2年生以下を対象とするバンビの部、2010年には小学4年生以下が対象のカブの部で優勝を果たす。 そしてその翌年の2011年には10歳2カ月ながら、一般の部を制覇し、福原愛の持っていた大会史上最年少優勝記録を塗り替えた。 2016年のリオデジャネイロ五輪に出場。 オリンピック卓球競技史上最年少の15歳でメダリストになった 2016年のリオデジャネイロ五輪に出場。 オリンピック卓球競技史上最年少の15歳でメダリストになった 10代前半で、シングルスとダブルスの両種目で頂点に 中学生になると、実家を離れて大阪府の高校まで一貫教育を行う昇陽中学校に進み、元日本代表監督の村上恭和氏が設立した「関西卓球アカデミー」で卓球に向き合った。 さらに技術を磨くと、2013年には、現在、最大のライバルであり親友でもある、同じく2000年生まれの平野美宇とダブルスを組んで、全日本選手権で史上最年少優勝。 2014年にはワールドツアーのドイツオープン女子ダブルスで1位となり、伊藤自身は13歳160日での優勝によって再び記録を更新してみせた。 そして「みうみま」ペアは国民的スターへと成長していく。 個人戦でも破竹の勢いを見せる。 2015年のドイツオープン女子シングルスにおける14歳152日でのツアー制覇は、ギネス記録にも認定された。 記録づくめの華麗な経歴を持つ一流アスリートだが、インスタグラムやツイッターを通して、私服を含めおしゃれを楽しむ今の若者らしい一面を見せている点も魅力の一つだ。 2016年のリオデジャネイロ五輪でオリンピック史上最年少の卓球競技におけるメダリストとなった重圧は、決して小さくない。 しかし今度の舞台は東京だ。 メディアに対して「3種目すべてでメダル獲得をめざす」と言い切った。 地元の声援を大きな力に変え、「卓球王国」中国の高い壁を打ち破る。 選手プロフィール• 伊藤美誠(いとう・みま)• 卓球選手• 生年月日:2000年10月21日• 出身地:静岡県磐田市• 血液型:O型• 身長/体重:152センチ/45キロ• 所属:スターツSC• オリンピックの経験:リオデジャネイロ五輪(女子団体銅メダル)• ツイッター:• インスタグラム:.

次の

卓球ナショナルチーム、合宿再開 伊藤美誠、丹羽孝希らNTCで

伊藤 み ま 卓球

の伊藤美誠 基本情報 いとう みま 表記 Ito Mima 大魔王、美魔王 生年月日 2000-10-21 (19歳) 生誕地 地 大阪府大阪市此花区 152 cm 45 kg 選手情報 最高2位 2020年4月 現在2位 2020年4月) (ダブルス世界ランク=1位) (混合ダブルスランク=2位 7段 右 アコースティックカーボン-ST ファスタークG-1 [ ] モリストSP WAVE MEDAL SP3 右シェーク 松﨑 太佑 サイト 経歴• 2007-2013 磐田北小学校• 2013-2016• 2016-2019 昇陽高等学校 所属歴 歴• 2009-2012• 2012-2014,2016• シングルス 2017,2018年度• 女子ダブルス 2017,2018,2019年度• 混合ダブルス 2017,2018,2019年度 受賞歴• 2014,2015,2016,2017• 新人賞 2015• ブレークスルースター賞 2015• オリンピック特別賞 2016 記録• ダブルス最年少優勝 13歳160日• シングルス最年少優勝 14歳152日• 女子シングルス最年少ベスト8 14歳192日• 最年少メダリスト 15歳300日• 女子ダブルス最年少メダリスト 16歳• 女子史上最年少三冠達成• 女子史上初2年連続三冠達成 獲得メダル 銅 女子団体 銀 女子団体 銅 女子ダブルス 銀 女子団体 銀 女子ダブルス 銀 2018 ロンドン 女子団体 銀 2019 東京 女子団体 銀 女子ダブルス 銀 女子団体 銀 女子団体 銀 混合ダブルス 銅 女子ダブルス 金 女子ダブルス 銀 女子ダブルス 銀 女子ダブルス 金 女子ダブルス 銅 混合ダブルス 銅 女子シングルス 銀 混合ダブルス 銀 2012 ハイデラバード 女子団体 銀 2013 ラバト 女子団体 銀 2014 上海 女子ダブルス 銀 2014 上海 女子団体 金 2016 ケープタウン 女子団体 銀 女子団体 銀 女子団体 銀 女子団体 銅 女子シングルス 金 女子団体 銀 女子団体 銀 女子シングルス 銀 女子団体 金 女子団体 銀 女子シングルス 金 女子シングルス 金 女子団体 伊藤 美誠(いとう みま 、 - )は 、の女子選手。 所属は。 最高位は2位(2020年4月)。 は7段。 同学年の(静岡県生まれ)とは友人、ライバル関係であり幼少期から「」の愛称でダブルスを組む。 2014年、最年少で、を優勝し、同学年のとのペア「」でも世界選手権でのメダル獲得やワールドツアーグランドファイナルでの優勝などの成果を見せている。 また、彼女達2000年前後生まれはとも呼ばれている。 2015年シングルスでもワールドツアーで最年少優勝。 2016年には、史上最年少の15歳でメダリストになった。 人物・経歴 [ ] 生まれ。 、・卒。 大阪・昇陽高校卒業。 中学進学に伴い磐田市からに移り、女子監督(当時)のが設立したを拠点に練習している。 また、2013年9月より卓球ナショナルチームスポンサーでもあると所属契約を結んでいる。 両親は元卓球選手で、母は中学1年から卓球を始め、に出場経験があり、結婚後もクラブチームで活動した。 2010年まで [ ] 2歳の頃に卓球を始めた。 4歳の頃に日本男子のエースの父・信雄が代表を務める豊田町卓球スポーツ少年団に入り、指導を受ける様になった。 2005年、4歳の時に(小2以下)に初出場。 2008年にバンビの部、2010年にはカブの部(小4以下)で優勝した。 2011年 [ ] 1月、10歳2カ月で出場したで初勝利を挙げ、それまでが持っていた史上最年少勝利記録を塗り替えた。 8月に行われたITTFジュニアサーキット・韓国オープンでは10歳10ヶ月でカデットシングルスを初優勝し同種目の最年少優勝記録を樹立した。 翌月のジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープンでは同年の優勝者でもあった()を破る等の活躍を見せジュニアシングルスで初優勝を果たし、カデットシングルス、カデット団体と合わせて3冠を達成した。 この優勝でジュニアシングルスでも最年少優勝記録を更新した。 また、新井卓将と共に1分間のラリー回数180回というを樹立した。 2012年 [ ] 1月、に11歳で初出場した。 4月に行われた・スペインオープンでは世界ランク50位の ()( )に勝利して予選を通過し、史上最年少でのツアー本選出場を果たした。 8月のでは決勝で前年に決勝で敗れた平野美宇と再戦し優勝した。 また、12月に行われたには日本史上最年少となる小6で出場し 、女子団体で銀メダルを獲得した。 2013年 [ ] との女子ダブルスで、2013年1月で大会最年少勝利を飾り、2月カタールオープンで史上最年少で表彰台を果たした。 シングルスでも小学生ながら世界ランク30位の ()( )に勝利した。 ユ・モンユには6月にも再度勝利を挙げている。 7月の世界ランキングで初めてトップ100に入ると、8月には同年の中国代表選手でもあった ()( )を倒す金星をあげ 、11月には初めて世界ランク20位以内の選手に勝利した。 9月に開催された女子選考会で優勝し代表に内定し 、12月の世界ジュニア卓球選手権( )本番では女子団体で銀メダルを獲得した。 2014年 [ ] 3月のワールドツアー・ドイツオープンでは平野美宇との女子ダブルスでワールドツアー初優勝を果たした。 13歳160日でのダブルス優勝は( )の13歳224日を更新する史上最年少記録となった。 また、2人の合計年齢(27歳145日)が史上最年少記録としてに認定された。 続くスペインオープンでも女子ダブルスで優勝しツアー2勝目を挙げた。 5月のオーストラリアオープンでは初めてU21の部で女子シングルスを優勝した。 9月に行われた第20回アジアジュニア卓球選手権大会( ・)のカデット女子団体に平野美宇、のトリオで出場し、決勝の中国戦ではシングルス2戦とダブルスで勝利を挙げ日本の優勝に大きく貢献した。 10月の世界ジュニア選手権女子選考会では2年連続となる優勝で代表内定し 、本番では女子団体、女子ダブルスで銀メダルを獲得した。 12月にはITTFワールドツアー・グランドファイナル女子ダブルスで優勝。 日本勢のダブルスでの優勝は男女を通じて初めてとなり 、また、14歳での優勝は郭躍( )を上回る最年少記録となった。 2015年 [ ] 1月、全日本選手権女子シングルスでベスト8に入り、ジュニア女子シングルスで優勝した。 中学生での全日本ジュニア優勝はに次いで6人目。 同年の日本代表選手に選出された。 3月、ワールドツアー・スーパーシリーズのドイツオープンでは女子シングルスで( 、世界ランク8位)や( 、世界ランク4位)等の強豪選手を破って勝ち上がり、決勝では地元の ()( )に勝利してワールドツアーシングルス初優勝を果たした。 14歳152日でのシングルス優勝は、郭躍( )が持っていた15歳66日の記録を更新して史上最年少記録となり 、ギネス世界記録に認定された。 4月26日に開幕した世界選手権では、女子シングルス1回戦の勝利で福原愛がで記録した14歳201日を更新する日本選手歴代最年少勝利を記録すると、その後も勝ち上がって準々決勝に進出。 準々決勝では( )に敗れたが、2003年パリ大会でベスト8入りしていた福原の14歳203日を更新し、14歳192日での日本選手歴代最年少ベスト8入りを果たした。 5月にはベラルーシオープンでツアーシングルス2勝目を挙げ、6月発表の世界ランキングでは14歳7カ月でのトップ10入りを果たし、自己最高位の9位まで浮上した。 9月発表の世界ランキングで日本人3番手の10位となり、女子団体戦代表候補に選出された。 9月末に開催された( ・)では女子団体の中心選手として出場し日本女子33年振りの銀メダルに貢献した。 また、女子ダブルスでも日本勢12年振りとなる銀メダルを獲得した。 同年の世界ジュニア選手権( ・)には代表に選出されていたが、の影響で派遣中止となったため出場出来なかった。 12月、グランドファイナルのダブルスでは決勝で敗れ2連覇を逃した が、ITTFスターアワードではその年に最も躍進した選手に贈られる「ブレークスルー・スター」を受賞した。 2016年 [ ] 1月の全日本選手権女子シングルスでは3位になった。 3月、初出場となったの団体戦では主力選手として起用された。 準決勝で北朝鮮のエースの( )に逆転勝利して決勝進出を決めた際には歓喜の涙を流した。 決勝では中国に敗れたものの日本女子2大会連続となる銀メダルを獲得した。 4月にはアジア予選に出場し世界ランク2位の世界女王・( )に勝利した。 8月のリオデジャネイロ五輪では福原愛、と共に女子団体に出場した。 準決勝ではドイツに敗れ2大会連続の銀メダルを逃したが、3位決定戦のシンガポール戦では第4試合で世界ランク4位の馮天薇をストレートで破り銅メダル獲得を決めた。 15歳300日でのメダル獲得は郭躍( )の16歳34日 2004年・女子複 を上回り史上最年少記録となった。 また、日本の夏季五輪メダリストとしても、女子では(1992年・競泳)に次ぐ年少記録となった。 9月、地元磐田市にあるジュビロードにて水谷隼とメダル獲得のパレードを行い、3万人超の市民らが集まった。 パレード後、2人には磐田市長より市民栄誉賞が贈られた。 11月のオーストリアオープンではワールドツアーシングルス3勝目を挙げた。 12月にケープタウンで開催された世界ジュニア卓球選手権の女子団体では、決勝の中国戦で2勝を挙げる等出場した全ての試合で勝利する活躍を見せチームを6年ぶりの優勝へと導いた。 2017年 [ ] 2017対戦 1月の全日本選手権女子シングルスでは安藤みなみに5回戦で敗れた。 3月、第21回で準優勝した。 4月の第23回( ・)では女子団体で2大会連続となる銀メダルを獲得した。 また、と組んだ混合ダブルスで銀メダル 、と組んだ女子ダブルスで銅メダルを獲得した。 6月、ではシングルスとダブルスに出場。 シングルスではベスト16で朱雨玲( )に2-4で敗れ2大会連続のベスト8とはならなかったが、早田ひなと組んだダブルスで銅メダルを獲得した。 日本勢の同種目メダル獲得はの・ペア以来16年ぶりであり 、16歳ペアの銅メダル獲得は同種目史上最年少であった。 8月、ワールドツアー・ブルガリアオープンに出場しシングルスで準優勝、石川佳純と組んだダブルスで優勝する と、翌週のチェコオープンではシングルスで石川佳純に初勝利して優勝し、早田ひなと組んだダブルスでも優勝して2冠を達成。 9月下旬、の下部組織の甲Aリーグに参戦し、団体戦で11試合に出場して全勝した。 10月、ITTFチャレンジ・ポーランドオープンでシングルス優勝。 11月、ワールドツアー・スウェーデンオープンでは早田ひなとのダブルスで世界ランク1位の( )、同2位の( )ペアに勝利して優勝した。 翌月のワールドツアー・グランドファイナルでは同ペアに決勝で敗れて準優勝だった。 年末には日本代表選考会で優勝し代表権を獲得した。 また、早田ひなとの女子ダブルス、森薗政崇との混合ダブルスでも優勝し3冠を達成した。 3冠は(1960年度)、石川佳純(2014年度)に次いで史上3人目であり、17歳での達成は男女を通じて最年少記録となった。 2月、ダブルスを第1試合に行う新方式が導入されたでは、早田とのダブルスを中心に出場し銀メダルを獲得した。 5月、において、準決勝で( )に3-0で勝利し 、決勝では第1試合で日本選手に対して37連勝している( )に対して3-2で勝利。 チームは1-3で中国に敗れ銀メダルであったが、伊藤自身は8戦全勝で大会を終えた。 6月、では女子シングルス準決勝では( )を0-3の状態から逆転勝利、決勝では( )に勝利して優勝した。 11月のスウェーデンOPでは、( )、( )に連勝して勝ち上がると、決勝では世界ランク1位の( )を4-0で圧倒して優勝した。 年末のITTF年間表彰では年間最優秀選手を逃したが、世界選手権団体戦の女子の最優秀選手として表彰された。 2019年 [ ] 1月の全日本選手権でを決勝で破りシングルス2連覇を達成。 女子ダブルス、混合ダブルスでも2連覇し、以来史上2人目(女子では初)の2年連続3冠を達成した。 11月、前哨戦ともいわれる同じ会場の、ダブルスを第1試合に行うオリンピックと同じルールで行われたでは、決勝の中国戦で孫穎莎相手に一時はマッチポイントを握るも逆転負けを喫し、チームも敗れて準優勝した。 翌週のワールドツアー・オーストリアOPでシングルスで4強入りしたことで、2020年1月の世界ランキングで日本人2位以内が確実となり、東京五輪シングルス代表選考基準を満たした。 また、同大会では決勝で( )を4-1で破り同年のツアー初優勝を果たした。 12月、決勝でを破り初優勝した。 2020年 [ ] 1月2日発表の世界ランキングで男女を通じて日本勢歴代最高タイの3位に浮上した。 6日に東京五輪シングルス・団体代表及び水谷隼との混合ダブルス代表に内定したことが発表された。 2月のワールドツアー・ハンガリーOPで優勝 、続く3月のカタールOPでは、丁寧( )相手に第3ゲームで11-0を記録するなどストレートで快勝 、決勝では世界ランク1位の陳夢( )に敗れるも2大会連続の表彰台となった。 この結果により4月発表の世界ランキングで、現行制度(1991年以降)での日本勢最高を更新する2位へ浮上した。 日本女子の世界ランク2位はそれ以前を含めても1971年に1位だった以来49年ぶりの快挙である。 みうみま [ ] 詳細は「」を参照 同じ歳のとは幼少時よりダブルスペアを組んで国際大会で結果を残しており、2013年2月に史上最年少での表彰台に、2014年3月にドイツオープンで優勝し13歳160日の伊藤は2002年に13歳224日で優勝したの記録を抜く史上最年少記録を作り、13歳350日の平野は3番目の記録となった。 また、2人の合計年齢(27歳145日)が史上最年少記録としてに認定された。 翌週スペインオープンでも優勝し2勝目を挙げ、年末ので準優勝、では最年少で優勝した。 2015年は7月に韓国オープン優勝、10月ので準優勝、12月のグランドファイナルで準優勝した。 また、ライバルとして切磋琢磨する関係であり、シングルスでの対戦成績は23戦中、伊藤美誠15勝、平野美宇8勝。 その内決勝が5回、勝った方が優勝が12回である。 ITTF主催では10戦中、伊藤美誠6勝、平野美宇4勝。 その内決勝が1回、勝った方が優勝が5回である。 ライバル [ ] この節のが望まれています。 主に: 例と出典 ( 2017年5月) ( )は世界ランク1位で初対戦は2015年の、上記の通り2016年のアジア予選では準々決勝で4-2で勝利を挙げている。 ( )は初勝利は2015年のドイツオープン 、2016年8月のリオデジャネイロ五輪団体3位決定戦ではストレートで破り銅メダル獲得を決めた。 プレースタイル [ ] バック表ソフトの異質攻撃型、前陣でのバック表ソフトの強打、フォアスマッシュが抜群 、また独特のテークバックで腰をひねらずに落とすフォアハンドのスマッシュ「みまパンチ」がある 、チキータ、逆チキータ、意表を突くカットブロックなども得意、またカットマンに強く2015年(当時14歳)のジャパンオープンでは()を破っておりその後もキム・ソンイ、リ・ミョンスン( )、( )、()、( )ら世界を代表する選手に大舞台で勝利している。 評価 [ ] 4年間のコーチを務めた韓国出身のは2017年のアジア選手権直後の取材で「平野の優勝は予想されていました。 私が指導した中で、伊藤美誠が天才肌とすれば、平野美宇は努力家。 2人は中2の時にダブルスのパートナーでしたが、高2の時に分かれました。 それだけライバル意識が強かった。 少し実力で劣っていた平野の競争心は強かったでしょう。 (アジア選手権では)いつか伊藤に勝つという思いが表れていたように思います」と評した。 戦績 [ ] 主な戦績。 (カッコ内はダブルスペア、団体メンバー) 2008年 [ ]• 女子シングルス: 優勝 2009年 [ ]• 女子団体:3位(・・・) 2010年 [ ]• 7月 全日本選手権カブの部• 女子シングルス: 優勝• 女子シングルス:準優勝• 女子団体:準優勝 2011年 [ ]• 8月 東アジアホープス• 女子シングルス:準優勝• 女子団体: 優勝(・・合田あかり・)• 8月 ITTFジュニアサーキット・韓国オープン• カデット女子シングルス: 優勝• 9月 ITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープン• ジュニア女子シングルス: 優勝• カデット女子シングルス: 優勝• カデット女子団体: 優勝(加藤美優・平野美宇)• 11月 全日本選手権• U13女子シングルス:準優勝 2012年 [ ]• 7月 第18回アジアジュニア選手権• カデット女子団体:準優勝(・平野美宇)• 8月 東アジアホープス• 女子シングルス: 優勝• 女子団体: 優勝(平野美宇・・塩見真希・)• 10月 ワールドカデットチャレンジ• 女子シングルス:準優勝• 女子ダブルス: 優勝( 何卓佳)• 女子団体: 優勝(何卓佳・ 蘇慧音・ KHETKUEN)• 11月 全日本選手権カデットの部• U13女子シングルス:準優勝• 女子ダブルス:準優勝(桑原穂実)• 12月 第10回• 女子団体:準優勝(・前田美優・加藤美優) 2013年 [ ]• 7月 ITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープン• ジュニア女子シングルス: 優勝• 8月 ITTFジュニアサーキット・香港オープン• ジュニア女子団体:準優勝(前田美優・・宋恵佳)• 8月 第19回アジアジュニア選手権• カデット女子シングルス:3位• カデット女子団体:準優勝(浜本由惟・平野美宇)• 10月• 女子団体:準優勝(浜本由惟・加藤美優・平野美宇)• 10月 ワールドカデットチャレンジ• 女子シングルス:準優勝• 女子ダブルス:準優勝( 金智淏)• 女子団体: 優勝( 李怡然・金智淏・ 麦子詠)• 11月 ・ポーランドオープン• U21女子シングルス:準優勝• 12月 第11回世界ジュニア選手権• 女子団体:準優勝(・加藤美優・平野美宇) 2014年 [ ]• 3月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 女子ダブルス: 優勝(平野美宇)• 4月 ITTFワールドツアー・スペインオープン• 女子ダブルス: 優勝(平野美宇)• 5月 ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン• U21女子シングルス: 優勝• 6月 ITTFワールドツアー・中国オープン• U21女子シングルス:準優勝• 6月 ITTFワールドツアー・韓国オープン• 女子ダブルス:準優勝(平野美宇)• 女子シングルス:準優勝• 9月 第20回アジアジュニア選手権• カデット女子団体: 優勝(平野美宇・早田ひな)• 9月 ITTFジュニアサーキット・チャイニーズタイペイオープン• ジュニア女子シングルス: 優勝• 10月 ワールドカデットチャレンジ• 女子シングルス: 優勝• 女子ダブルス: 優勝(金智淏)• 女子団体:準優勝( 李嘉宜・金智淏・ KAMATH)• 12月 第12回世界ジュニア選手権• 女子ダブルス:準優勝(平野美宇)• 女子団体:準優勝(前田美優・佐藤瞳・平野美宇)• 12月• 女子ダブルス: 優勝(平野美宇) 2015年 [ ]• ジュニア女子シングルス: 優勝• 女子シングルス:ベスト8• 1月 ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン• U21女子シングルス:準優勝• 3月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 女子シングルス: 優勝• 3月 ITTFワールドツアー・スペインオープン• U21女子シングルス:準優勝• 4月 ITTFジュニアサーキット・ベルギーオープン• ジュニア女子シングルス: 優勝• カデット女子シングルス: 優勝• 女子シングルス:ベスト8• 5月 ITTFワールドツアー・ベラルーシオープン• 女子シングルス: 優勝• 7月 ITTFワールドツアー・韓国オープン• 女子シングルス:準優勝• 女子ダブルス: 優勝(平野美宇)• 10月 第22回• 女子ダブルス:準優勝(平野美宇)• 女子団体:準優勝(・・・平野美宇)• 12月 ITTFワールドツアー・グランドファイナル• 女子ダブルス:準優勝(平野美宇) 2016年 [ ]• 1月 全日本選手権• 女子シングルス:3位• 女子団体:準優勝(福原愛・・若宮三紗子・浜本由惟)• 3月 ITTFワールドツアー・カタールオープン• 女子ダブルス:準優勝(福原愛)• 5月 ITTFワールドツアー・クロアチアオープン• U21女子シングルス: 優勝• 女子団体:3位(福原愛・石川佳純)• 9月 第22回アジアジュニア選手権• ジュニア女子団体:準優勝(平野美宇・塩見真希・長﨑美柚)• 11月 ITTFワールドツアー・オーストリアオープン• 女子シングルス: 優勝• 12月 第14回世界ジュニア選手権• 女子団体: 優勝(加藤美優・平野美宇・早田ひな) 2017年 [ ]• 女子シングルス:準優勝• 4月 第23回• 女子団体:準優勝(平野美宇・早田ひな・加藤美優・佐藤瞳)• 混合ダブルス:準優勝()• 女子ダブルス:3位(早田ひな)• 4月 ITTFワールドツアー・韓国オープン• 女子ダブルス:準優勝(早田ひな)• 女子ダブルス:3位(早田ひな)• 8月 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン• 女子シングルス:準優勝• 女子ダブルス: 優勝(石川佳純)• 8月 ITTFワールドツアー・チェコオープン• 女子シングルス: 優勝• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 10月 ITTFチャレンジ・ポーランドオープン• 女子シングルス: 優勝• 11月 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 12月 ITTFワールドツアー・グランドファイナル• 女子ダブルス:準優勝(早田ひな) 2018年 [ ]• 1月 全日本選手権 (史上最年少の3冠)• 女子シングルス: 優勝• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 混合ダブルス: 優勝(森薗政崇)• 女子団体:準優勝(石川佳純・平野美宇・早田ひな)• 3月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 女子団体:準優勝(石川佳純・平野美宇・早田ひな・)• 6月 ITTFワールドツアー・中国オープン• 混合ダブルス:準優勝(森薗政崇)• 女子シングルス: 優勝• 7月 ITTFワールドツアー・オーストラリアオープン• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 8月 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン• 女子ダブルス: 優勝(石川佳純)• 11月 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン• 女子シングルス: 優勝• 11月 ITTFワールドツアー・オーストリアオープン• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 12月 ITTFワールドツアー・グランドファイナル• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな) 2019年 [ ]• 1月 全日本選手権 (女子では史上初の2大会連続の3冠)• 女子シングルス: 優勝• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 混合ダブルス: 優勝(森薗政崇)• 3月 ジャパントップ12卓球大会• 女子シングルス:準優勝• 3月 ITTFワールドツアー・カタールオープン• 混合ダブルス:準優勝(森薗政崇)• 女子ダブルス:準優勝(早田ひな)• 6月 ITTFワールドツアー・香港オープン• 女子シングルス:準優勝• 8月 ITTFワールドツアー・ブルガリアオープン• 混合ダブルス: 優勝(水谷隼)• 10月 ITTFワールドツアー・スウェーデンオープン• 女子シングルス:準優勝• 混合ダブルス:準優勝(水谷隼)• 10月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 女子シングルス:準優勝• 11月 チームワールドカップ• 女子団体:準優勝(石川佳純・平野美宇・佐藤瞳)• 11月 ITTFワールドツアー・オーストリアオープン• 女子シングルス: 優勝• 11月 T2ダイヤモンド・シンガポール大会• 女子シングルス:準優勝• 12月 ITTFワールドツアー・グランドファイナル• 混合ダブルス:準優勝(水谷隼)• 12月 ジャパントップ12卓球大会• 女子シングルス: 優勝 2020年 [ ]• 1月 全日本選手権• 女子ダブルス: 優勝(早田ひな)• 混合ダブルス: 優勝(森薗政崇)• 2月 ITTFワールドツアー・ドイツオープン• 混合ダブルス:準優勝(水谷隼)• 2月 ITTFワールドツアー・ハンガリーオープン• 女子シングルス: 優勝• 3月 ITTFワールドツアー・カタールオープン• 女子シングルス:準優勝• 混合ダブルス: 優勝(水谷隼) 成績 [ ] 最高成績 [ ] 女子シングルス [ ]• ベスト8(2015)• 優勝8回(ドイツ2015、ベラルーシ2015、オーストリア2016、チェコ2017、日本2018、スウェーデン2018、オーストリア2019、ハンガリー2020)• ITTFチャレンジ 優勝(ポーランド2017)• ベスト8(2015)• ベスト8(2016)• ベスト4(2019)• 優勝(2018、2019) 女子ダブルス [ ]• 世界選手権 準優勝(2019)• ITTFワールドツアー・グランドファイナル 優勝(2014、2018)• ITTFワールドツアー 優勝10回(ドイツ2014、スペイン2014、韓国2015、ブルガリア2017、チェコ2017、スウェーデン2017、ドイツ2018、オーストラリア2018、ブルガリア2018、オーストリア2018)• アジア選手権 準優勝(2015)• 全日本選手権 優勝(2018、2019、2020) 混合ダブルス [ ]• アジア選手権 準優勝(2017)• 全日本選手権 優勝(2018、2019、2020)• ITTFワールドツアー・グランドファイナル 準優勝(2019)• ITTFワールドツアー 優勝(ブルガリア2019、カタール2020) 女子団体 [ ]• 3位(2016)• 世界選手権 準優勝(2016、2018)• 優勝(2016)• アジア選手権 準優勝(2015、2017)• 月 大会 スコア 対戦相手 公式動画 優勝 2015. 03 ・ドイツOP 4-2 () 優勝 2015. 05 ワールドツアー・ベラルーシOP 4-0 準優勝 2015. 07 ワールドツアー・韓国OP 0-4 優勝 2016. 11 ワールドツアー・オーストリアOP 4-0 準優勝 2017. 08 ワールドツアー・ブルガリアOP 0-4 優勝 2017. 08 ワールドツアー・チェコOP 4-1 優勝 2017. 10 ITTFチャレンジ・ポーランドOP 4-1 優勝 2018. 06 4-2 優勝 2018. 11 ワールドツアー・スウェーデンOP 4-0 準優勝 2019. 06 ワールドツアー・香港OP 0-4 準優勝 2019. 10 ワールドツアー・スウェーデンOP 3-4 準優勝 2019. 10 ワールドツアー・ドイツOP 1-4 優勝 2019. 11 ワールドツアー・オーストリアOP 4-1 準優勝 2019. 11 T2ダイヤモンド・シンガポール大会 3-4 優勝 2020. 02 ワールドツアー・ハンガリーOP 4-3 準優勝 2020. 03 ワールドツアー・カタールOP 1-4 女子ダブルス [ ] 優勝12、準優勝8 結果 年. 月 大会 ペア スコア 対戦相手 公式動画 優勝 2014. 月 大会 ペア スコア 対戦相手 公式動画 準優勝 2017. 月 大会 スコア 対戦相手 準優勝 2017. 03 2-4 優勝 2018. 01 4-1 優勝 2019. 01 全日本選手権 4-1 準優勝 2019. 03 ジャパントップ12 2-4 優勝 2019. 12 ジャパントップ12 4-1 女子ダブルス [ ] 優勝3 結果 年. 月 大会 ペア スコア 対戦相手 優勝 2018. 月 大会 ペア スコア 対戦相手 優勝 2018. 月 大会 スコア 対戦相手 対戦チーム 準優勝 2013. 太字は最高世界ランク1位の選手 対戦数の多い選手• 4-11• 10-1• 10-1• 6—4• 2-8• 4-4• 6-2• 6-2• 3-5• 6-2 その他の主要な選手• 2-1• 2-3• 0-4• 0-2• 2-5• 0—2• 1—0• 全日本選手権女子シングルス 勝利 10歳189日• ITTFジュニアサーキット・カデット U15 女子シングルス 優勝 10歳310日• ITTFジュニアサーキット・ジュニア U18 女子シングルス 優勝 10歳332日• ITTFワールドツアー女子ダブルス 優勝 13歳160日• ITTFワールドツアーグランドファイナル女子ダブルス 優勝 14歳53日• ITTFワールドツアー女子シングルス 優勝 14歳152日• 世界卓球選手権女子シングルス ベスト8 14歳192日• オリンピック女子団体 メダル獲得 15歳300日• 世界卓球選手権女子ダブルス 銅メダル 16歳• 全日本選手権 3冠 17歳92日 ギネス世界記録 [ ]• Most table tennis counter hits in one minute 「1分間のラリー回数」 新井卓将と共に達成 記録: 180回 (2011年11月13日)• Youngest winners of an ITTF World Tour Doubles title combined age 「ITTFワールドツアー・ダブルス最年少優勝(合計年齢)」 平野美宇と共に達成 記録: 27歳145日 (2014年3月30日)• Youngest winner of an ITTF World Tour Singles title 「ITTFワールドツアー・シングルス最年少優勝」 記録: 14歳152日 (2015年3月22日)• Youngest Olympic table tennis medalist 「オリンピック卓球最年少メダリスト」 記録: 15歳300日 (2016年8月16日) 代表歴 [ ]• 2009,2010,2011,2012• 2012,2013,2014,2016• 2012,2013,2014,2016• 2016• 2015,2016,2017,2018,2019• 2015,2017• 2016• 2016 受賞 [ ] 2014年• : 2015年• : 世界選手権・新人賞• ブレークスルースター賞• 上月財団: 上月スポーツ賞 2016年• : 文部科学大臣顕彰• 静岡県: 磐田市民栄誉賞• : 大阪スポーツ大賞• 大阪府: 感動大阪大賞• : 静岡県知事特別表彰• : オリンピック特別賞• 上月財団: 上月スポーツ賞• 中部運動記者クラブ: 中部スポーツ賞(奨励賞)• : 夢追人 大賞(全国枠) 2017年• 関西運動記者クラブ: 第60回関西スポーツ賞(団体賞)• 上月財団: 上月スポーツ賞• 静岡県: 静岡県知事顕彰 エピソード [ ]• 2歳で卓球を始め、その時には既に「卓球で世界チャンピオンになる」と口にしていた、自宅のリビングには卓球台を置き、4歳から12歳迄母がコーチで4歳から8歳まで1日8時間の練習を積んだ、練習はマンネリしないために試合に勝った時の新聞の切り抜き等を貼った。 小学6年の時には作文に「私は2016年には、(オリンピックに)出場して、2020年には団体優勝、個人戦で優勝したい」と書いている。 選手のや音楽グループ・のmanakaと親交がある。 ギャラリー [ ]• 2017年のアジア選手権表彰式(左から3人目が伊藤美誠) コーチ [ ]• - 元静岡のLEDの検査装置を開発製造する会社の社員で豊田町卓球スポーツ少年団に入団した頃から指導を受けている。 スポンサー [ ]• - 所属• マナビス• テレビ、書籍等 [ ] テレビ番組 [ ]• 『』 2008年2月21日• 『』 11(2014年6月15日)• 『』 テレビ東京(2015年2月12日)• 『』 (2015年3月22日)• 『』 テレビ東京 79(2015年4月25日)• 『』 172(2015年10月18日)、 212(2016年7月24日)、 223(2016年10月9日)• 『』 (2016年8月22日)• 『』 55 2016年10月30日 56(2016年11月6日)• 『』 テレビ朝日 18(2017年1月2日)• 『』 日本テレビ 301 2017年3月11日• 『』 212(2018年4月21日) ほか多数 CM [ ]• 『好きなこと篇』• 『2020年躍動する君たちへ 篇』• マナビス 映画 [ ]• 関連書籍 [ ]• 矢内由美子、寺野典子 著『12歳の約束: そして世界の頂点へ 』( 2016年 )• 伊藤美乃り 著『子どもが夢を現実に叶える方法』( 2016年 )• 『卓球ぴあ みうみまひな・女子高生トリオ』 (ぴあMOOK 2017年 )• 城島充 著『平野美宇と伊藤美誠 がんばれ! ピンポンガールズ』( 2018年 ) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本オリンピック委員会. 2017年1月31日閲覧。 ニッタク. 2017年2月14日閲覧。 [ ]• 卓球王国2018年4月号、P79、P110 2017年8月にキョヒョウターボオレンジからG-1に戻したとのこと• 日本卓球協会• 日刊スポーツ 2016年8月23日. 2017年3月30日閲覧。 日刊スポーツ 2016年8月25日. 2016年10月27日閲覧。 静岡新聞 2016年9月4日. 2016年10月27日閲覧。 毎日新聞 2016年10月16日閲覧• デイリースポーツ 2016年2月16日. 2016年10月27日閲覧。 産経WEST 2016年10月26日. 2016年10月27日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年1月17日. 2015年12月29日閲覧• 2017年3月2日. 2017年3月2日閲覧。 静岡新聞. 2016年7月23日. ライツネットワーク. 2014年10月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 スポーツニッポン. の2016年4月13日時点におけるアーカイブ。 ITTF. 2017年8月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年8月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 GUINNESS WORLD RECORDS 英語. 2017年1月10日閲覧。 2016年11月19日閲覧。 卓球王国 2012年1月26日. 2017年1月12日閲覧。 2017年8月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 卓球王国. 2016年11月19日閲覧。 卓球王国 2015年9月24日. 2017年1月12日閲覧。 ITTF. 2016年12月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 ITTF. 2017年1月13日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年12月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 卓球王国 2013年9月27日. 2017年1月12日閲覧。 スポーツニッポン. 2014年4月1日. ニッタク 2015年6月26日. 2016年11月1日閲覧。 スポーツニッポン. 2014年4月7日. ITTF 2014年5月24日. 2016年8月12日時点の [ ]よりアーカイブ。 卓球王国. 2016年11月19日閲覧。 2016年12月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 卓球王国 2014年10月6日. 2017年1月12日閲覧。 nikkansports. com. 2014年12月13日. ITTF. 2017年8月25日時点の [ ]よりアーカイブ。 日本卓球協会ニュースリリース• 日刊スポーツ 2015年3月23日閲覧• 朝日新聞. の2015年11月14日時点におけるアーカイブ。 卓球王国 2015年11月20日. 2017年1月12日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2015年12月13日. スポニチ Sponichi Annex. 2015年12月11日. スポニチ Sponichi Annex. 2016年3月5日. 朝日新聞. 2016年4月14日. の2016年10月1日時点におけるアーカイブ。 スポニチ Sponichi Annex. 2016年8月17日. の2016年8月19日時点におけるアーカイブ。 スポーツ報知. 2016年8月18日. の2016年8月22日時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ. 2016年9月3日. サンケイスポーツ. 2016年11月14日. スポニチ Sponichi Annex. 2016年12月4日. 卓球レポート 2017年4月12日. 2017年4月16日閲覧。 卓球レポート 2017年4月14日. 2017年4月16日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年4月16日. 2017年4月16日閲覧。 スポニチ. 2017年6月2日. 2017年6月9日閲覧。 THE ANSWER. 2017年6月5日. 2017年6月9日閲覧。 日本卓球協会. 2017年11月3日閲覧。 日本卓球協会. 2017年11月3日閲覧。 スポーツ報知. 2017年10月29日. 2017年10月29日閲覧。 ITTF 中国語版. 2017年11月8日閲覧。 日本卓球協会. 2017年11月3日閲覧。 スポーツ報知. 2017年11月21日. 2017年12月24日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年12月18日. 2017年12月24日閲覧。 スポーツ報知. 2017年12月24日. 2017年12月24日閲覧。 スポニチ. 2018年1月21日. 2018年1月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年2月26日. 2018年3月26日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年5月5日. 2018年5月5日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年5月5日. 2018年5月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年6月10日. 2018年6月10日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年11月4日. 2018年11月4日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年12月13日. 2019年1月20日閲覧。 Rallys 2019年1月20日. 2019年1月20日閲覧。 スポニチ. 2019年4月28日. 2019年6月1日閲覧。 スポニチ. 2019年11月10日. 2019年12月22日閲覧。 スポニチ. 2019年11月17日. 2019年12月22日閲覧。 スポニチ. 2019年11月17日. 2019年12月22日閲覧。 スポニチ. 2019年12月22日. 2019年12月22日閲覧。 スポーツ報知. 2020年1月2日. 2020年1月3日閲覧。 日本経済新聞. 2019年1月2日. 2020年1月3日閲覧。 日本放送協会. NHKニュース. 2020年1月6日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年2月25日. 2020年3月10日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年3月8日. 2020年3月10日閲覧。 日刊スポーツ. 2020年3月8日. 2020年3月10日閲覧。 スポーツ報知. 2020年3月10日. 2020年3月10日閲覧。 卓球ナビ• 卓球ナビ• - 卓球王国WEB、2016年10月17日閲覧• 朝日新聞. 2016年8月5日. THE ANSWER 2017年1月23日. 2017年4月24日閲覧。 ぬまたくクラブ• RIGHTS• 卓球王国• ITTF. 2019年11月10日閲覧。 ITTF. 2016年9月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 ITTF. 2016年9月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 GUINNESS WORLD RECORDS 日本語 2015年6月12日. 2017年1月10日閲覧。 GUINNESS WORLD RECORDS 日本語 2016年8月19日. 2017年1月10日閲覧。 GUINNESS WORLD RECORDS 英語. 2017年1月10日閲覧。 上月財団. 2016年11月12日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex. 2015年5月3日. スポーツ報知. 2016年6月29日. の2016年10月31日時点におけるアーカイブ。 大阪府. 2016年10月31日閲覧。 大阪府. 2016年10月31日閲覧。 毎日新聞. 2016年9月27日. 日本オリンピック委員会. 2016年10月31日閲覧。 サンケイスポーツ. 2016年12月6日. 毎日新聞. 2016年12月7日. NEXT. 2017年1月10日閲覧。 エキサイトニュース. 2017年1月4日. 日本経済新聞. 2016年10月13日. 2017年1月9日閲覧。 毎日新聞. 2016年8月25日. の2017年1月10日時点におけるアーカイブ。 Yahoo! ニュース. 2017年1月28日. 2017年5月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (日本語)• 2016年10月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• - 卓球ナビ• - オフィシャルブログ• - 母の美乃りのブログ• MSLpN5xiejmc2Ho -• 0sp26f1v785612r - (旧)• mimaminori - (母の美乃りのTwitter)• - (中国語).

次の