あと施工アンカー引張試験。 アンカー引張強度試験

資格認定制度‐JCAA 日本建築あと施工アンカー協会

あと施工アンカー引張試験

あと施工アンカーの引張試験とは? あと施工アンカーに関する検査には、 「自主検査」と 「立会い検査」の2種類があります。 「自主検査」は、あと施工アンカー現場責任者があと施工アンカー施工者と一緒に行う検査です。 アンカー施工後の試験及び検査は、施工計画書通りに施工が行われているかどうかを、あと施工アンカー施工業者が自主的に検査するものです。 自主検査試験は、目視検査、接触打音検査及び計測検査といった簡便なもので、必要に応じて非破壊引張試験が行われます。 「自主検査」で、管理者が実施する立会い検査に先立ち、非破壊引張試験を行う場合には、立会い検査に準拠して行われます。 接着系アンカーには、接着剤の硬化に時間を要するため、硬化時間を考慮した上で所定の強度が発現してから試験・検査が行われます。 また、非破壊試験においては、せん断試験を現場で行うこともありますが、極端にへりあきが無い場合を除いては、せん断特性も引張試験結果を代表特性として判別できるため、一般には引張試験が実施されます。 「立会い検査」試験は、原則としてあと施工アンカー主任技士またはあと施工アンカー技術管理士、第1種あと施工アンカー施工士の資格を持つ第三者が実施します。 「立会い検査」は、加力測定装置を用いた試験で、本設のアンカーを対象とした非破壊引張試験と試験用に設置したアンカーを対象とした破壊試験とがあります。 管理者は、性能確認検査として非破壊引張試験を行って、あらかじめ定められた検査荷重まで加力して、抜け出しがないことを確認します。 検査荷重及び検査数は管理者の指示または承認によります。 あと施工アンカーの引張試験の種類について あと施工アンカーの引張試験には、 非破壊試験と 破壊試験の2種類があります。 非破壊試験は、原則としては、 変位の測定はせずに、施工した全本数の0. 5%以上または3本以上を対象として引張加力試験を行います。 試験の実施は、施工責任者が自主的に必要と判断して行う場合と、管理者が立ち会いのもと本試験として行うものがあります。 どちらも行う場合には、施工責任者が立ち会って、あと施工アンカー主任技師または第一種あと施工アンカー施工士の資格者に指示し実施されます。 破壊試験は、コンクリートなどの母材が本設のアンカーとできるだけ近い条件の場所を選んで 力を加えることによる「破壊」により行われます。 また、加力には引張加力とせん断力の2種類があります。 試験本数は、各アンカー種別・加力方式ごとに少なくとも3本以上、できれば5本以上行うと良いとされています。 あと施工アンカーの施工手順の種類 あと施工アンカーの施工手順の種類には、大きくわけて2種類あり、ひとつは金属系アンカー施工手順、ふたつめは接着系アンカー施工手順です。 金属系アンカー施工手順には、芯棒打ち込み式、内部コーン打ち込み式、本体打ち込み式、スリーブ打ち込み式、コーンナット式、テーバ-ボルト式、ダブルコーン式、ウェッジ式の8種類があります。 ・回転・打撃方式 ・打ち込み方式 ・注入方式 あと施工アンカーは新築物件では使用不可能 あと施工アンカーの名前の由来は「後で施工するアンカー」のことです。 この「後で」というのは、「建物が出来上がった後で」という意味になります。 しかし、 新築物件ではあと施工アンカーは使うことができません。 それは、新建築物は、建築基準法により接合方法が規定されているからです。 主要な接合部は、高力ボルトやリベット、溶接のみ使うことができます。 あと施工アンカーは許容応力度や材料強度が建築基準法で規定されていないので、許容応力度計算が出来ないため、使用できないのです。 一方で、耐震補強(改修)は建築基準法に縛られることがなく、「耐震改修促進法」という別の法律での設計法が示されています。 この規準では、既存建物に対してあと施工アンカーの使用が認められています。 まとめ 当社は、コンクリートを研究してきて40年の実績があります。 あと施工アンカーの引張試験を行う際には、是非長年の実績のある当社へご依頼ください。

次の

アンカー引張強度試験

あと施工アンカー引張試験

あと施工アンカーの引張試験とは? あと施工アンカーに関する検査には、 「自主検査」と 「立会い検査」の2種類があります。 「自主検査」は、あと施工アンカー現場責任者があと施工アンカー施工者と一緒に行う検査です。 アンカー施工後の試験及び検査は、施工計画書通りに施工が行われているかどうかを、あと施工アンカー施工業者が自主的に検査するものです。 自主検査試験は、目視検査、接触打音検査及び計測検査といった簡便なもので、必要に応じて非破壊引張試験が行われます。 「自主検査」で、管理者が実施する立会い検査に先立ち、非破壊引張試験を行う場合には、立会い検査に準拠して行われます。 接着系アンカーには、接着剤の硬化に時間を要するため、硬化時間を考慮した上で所定の強度が発現してから試験・検査が行われます。 また、非破壊試験においては、せん断試験を現場で行うこともありますが、極端にへりあきが無い場合を除いては、せん断特性も引張試験結果を代表特性として判別できるため、一般には引張試験が実施されます。 「立会い検査」試験は、原則としてあと施工アンカー主任技士またはあと施工アンカー技術管理士、第1種あと施工アンカー施工士の資格を持つ第三者が実施します。 「立会い検査」は、加力測定装置を用いた試験で、本設のアンカーを対象とした非破壊引張試験と試験用に設置したアンカーを対象とした破壊試験とがあります。 管理者は、性能確認検査として非破壊引張試験を行って、あらかじめ定められた検査荷重まで加力して、抜け出しがないことを確認します。 検査荷重及び検査数は管理者の指示または承認によります。 あと施工アンカーの引張試験の種類について あと施工アンカーの引張試験には、 非破壊試験と 破壊試験の2種類があります。 非破壊試験は、原則としては、 変位の測定はせずに、施工した全本数の0. 5%以上または3本以上を対象として引張加力試験を行います。 試験の実施は、施工責任者が自主的に必要と判断して行う場合と、管理者が立ち会いのもと本試験として行うものがあります。 どちらも行う場合には、施工責任者が立ち会って、あと施工アンカー主任技師または第一種あと施工アンカー施工士の資格者に指示し実施されます。 破壊試験は、コンクリートなどの母材が本設のアンカーとできるだけ近い条件の場所を選んで 力を加えることによる「破壊」により行われます。 また、加力には引張加力とせん断力の2種類があります。 試験本数は、各アンカー種別・加力方式ごとに少なくとも3本以上、できれば5本以上行うと良いとされています。 あと施工アンカーの施工手順の種類 あと施工アンカーの施工手順の種類には、大きくわけて2種類あり、ひとつは金属系アンカー施工手順、ふたつめは接着系アンカー施工手順です。 金属系アンカー施工手順には、芯棒打ち込み式、内部コーン打ち込み式、本体打ち込み式、スリーブ打ち込み式、コーンナット式、テーバ-ボルト式、ダブルコーン式、ウェッジ式の8種類があります。 ・回転・打撃方式 ・打ち込み方式 ・注入方式 あと施工アンカーは新築物件では使用不可能 あと施工アンカーの名前の由来は「後で施工するアンカー」のことです。 この「後で」というのは、「建物が出来上がった後で」という意味になります。 しかし、 新築物件ではあと施工アンカーは使うことができません。 それは、新建築物は、建築基準法により接合方法が規定されているからです。 主要な接合部は、高力ボルトやリベット、溶接のみ使うことができます。 あと施工アンカーは許容応力度や材料強度が建築基準法で規定されていないので、許容応力度計算が出来ないため、使用できないのです。 一方で、耐震補強(改修)は建築基準法に縛られることがなく、「耐震改修促進法」という別の法律での設計法が示されています。 この規準では、既存建物に対してあと施工アンカーの使用が認められています。 まとめ 当社は、コンクリートを研究してきて40年の実績があります。 あと施工アンカーの引張試験を行う際には、是非長年の実績のある当社へご依頼ください。

次の

JCAA 日本建築あと施工アンカー協会

あと施工アンカー引張試験

自主検査• 1 あと施工アンカー施工現場責任者は、1ロット毎または工事完了後に、あと施工アンカー施工者と共に、アンカーが施工計画書通りに施工されていることを自主検査します。 2 自主検査においては、あと施工アンカー全数を対象とし目視検査と接触検査を行い、適宜、計測検査を行い、必要に応じて非破壊引張試験を行います。 3 自主検査で不具合が発見された場合には、施工者は不具合の状態を確認し、現場責任者と協議して措置を決めます。 [自主検査の時期] 施工確認のための自主検査は、一般には相当数のあと施工アンカーの施工終了後に、1ロット毎に行うか、工事完了後に行います。 検査回数の単位となる1ロットは、アンカー種類、径、施工本数、施工場所(同一場所、複数場所)、施工向き、施工時期(1日、複数日)、施工者(1班、複数班)等を総合的に判断して、現場責任者は、施工責任者や施工者とも相談して決定します。 [自主検査項目] 自主検査方法には、目視検査、接触検査、接触打音検査および計測検査があり、必要に応じて行われる非破壊引張試験があります。 自主検査で、管理者が実施する立会検査に先立って、非破壊引張試験を行う場合は、立会検査に準拠して行います。 なお、非破壊試験において、せん断試験を現場で行うこともありますが、極端にへりあきが無い場合を除いて、せん断特性も引張試験結果を代表特性として判別できるので、一般に引張試験が実施されます。 金属系アンカーの自主検査項目、判定基準および確認方法 検査項目 検査時期 判定基準 確認方法 検査数 目視検査 1ロット毎または当日 の施工終了後または工 事完了後 アンカー種類、径、施 工位置、本数、角度、 出寸法または入寸法 が、施工確認シートと 合致すること ・母材からの出寸法(出 代;おねじタイプ)ま たは入寸法(入り代; めねじタイプ)が確保 されていること ・アンカー本数が確保 されていること ・アンカーの種類、径、 施工位置、角度(おね じタイプ)に異常がな いこと 全数 接触打音検査 (おねじタイプ) ・ガタツキがないこと ・特異音がなく、適度 の反発と反発音がある こと ・手で触れて動かして も、動かないこと ・ハンマー等を用いて 軽くたたき、異常な反 発と反発音がないこと 計測検査 アンカー径、施工位置、 角度、出寸法または入 寸法が、施工計画書お よび施工確認シートと 合致すること 計測器などを用いて計 測し、施工計画書(設 計図)および施工確認 シートと照合すること 適宜 非破壊検査 1ロット毎 (または工事完了後) 引張試験で過大な抜け 出しが無く、所定の強 度を有すること (本数や回数は、立会検 査に準じる) 必要に応じて 表を横に動かして閲覧してください。 [補足]• ・打込み方式のうち拡張子打込み型(芯棒打込み式、内部コーン打込み式)の場合には、拡張子が所定の位置まで打込まれていることを目視によって確認します。 また、拡張部打込み型(本体打込み式、スリーブ打込み式)の場合には、アンカーが孔底にまで到達しているか否かを施工したアンカーを専用打込み工具を用いて叩き、その手応えと音によって確認を行います。 ・締付け方式の場合には、締付けトルク値が指定されていれば、その値を確認します。 なお、締め付けたトルク値は、ねじ部や接触部のなじみ等により、締付け当初よりもトルク値が時間の経過とともに減少し、しばらくして落ち着く傾向があるのでトルクレンチによる確認検査は、このことを考慮して行います。 接着系/カプセル方式アンカーの自主検査項目、判定基準および確認方法 検査項目 検査時期 判定基準 確認方法 検査数 目視検査 硬化養生後において、 1ロット毎または工事 完了後 ・接着剤が母材表面に 達していること ・アンカー種類、径、 施工位置、本数、角度、 出寸法(埋込み寸法) が、施工計画書および 施工確認シートと合致 すること ・接着剤が施工面に充 填されていること ・アンカー筋のマーキ ングが施工面に達して いること ・母材からの出寸法(出 代)が確保されている こと ・アンカー本数が確保 されていること ・アンカーの種類、径、 施工位置、角度に異常 がないこと 全数 接触打音検査 ・ガタツキがないこと ・特異音がなく、適度 の反発と反発音がある こと ・手で触れて動かして も、接着剤が硬化して おり、動かないこと ・ハンマー等を用いて 軽くたたき、異常な反 発と反発音がないこと 計測検査 アンカー径、施工位置、 角度、出寸法が、施工 計画書および施工確認 シートと合致すること 計測器などを用いて計 測し、施工計画書(設 計図)および施工確認 シートと照合すること 適宜 非破壊検査 1ロット毎 (または工事完了後) 引張試験で過大な抜け 出しが無く、所定の強 度を有すること (本数や回数は、立会検 査に準じる) 必要に応じて 表を横に動かして閲覧してください。 立会検査• 1 管理者は、あと施工アンカーの性能確認のために立会検査を行います。 2 立会検査の試験方法、検査時期、試験数および合否判定基準は、特記仕様書または監理者の指示によります。 特記仕様書の記載または監理者の指示がない場合、試験方法は非破壊引張試験とし、検査時期、試験数および合否判定基準は監理者と協議のうえ管理者がこれを定めます。 3 試験は、原則としてあと施工アンカー主任技士またはあと施工アンカー技術管理士、第1種あと施工アンカー施工士の資格を有する第三者が実施します。 4 不合格が生じた場合は、監理者と協議の上、対処措置を行います。 [非破壊引張試験] 監理者は、性能確認検査として非破壊引張試験を行い、予め定められた検査荷重まで加力し、抜け出しがないことを確認します。 検査荷重および検査数は監理者の指示または承認によります。 表を横に動かして閲覧してください。 また、非破壊引張試験の試験数は3本以上とします。 引張試験用の試験装置には、油圧ジャッキを用いてアンカーに直接引張力を加えるタイプ(油圧式)とアンカーのねじ部にナットを嵌め、ナットを回転させてアンカーに引張力を生じさせるタイプ(レンチ式)の二つのタイプが一般的に用いられているが、いずれも定期的に校正された測定を使用します。 検査回数(1ロット)と検査数 管理者は、立会検査の回数(1ロット)と時期について、監理者や施工責任者とも協議して決定します。 検査回数の単位となる1ロットは、アンカー種類、径、施工本数、施工場所(同一場所、複数場所)、施工向き、施工時期(1日、複数日)および施工者(1班、複数班)等が関係してきます。 また、検査本数は、構造物の重要度や工事内容によっても変わってきます。 例1)同一施工条件(同種類、同径、同施工場所、同施工者)ごと• 例2)同一施工条件で施工本数が300本以下ごと• 例3)1日に施工された同種の径ごと• 例4)施工向きごと 不合格が生じた場合、管理者は、その原因特定と再発防止対策について施工責任者と協議するとともに、必要に応じて追加の検査を実施する等を行い、ロットの受入れ方針を総合的に判定します。 さらに、判定した受入れ方針について、監理者と協議し、承認を得て、ロットを受け入れます。 また、不合格となったアンカーは、監理者の承認のもとに補修します。 一般的には、アンカーを切断して除去したうえで抜け出した箇所の補修工事を施してアンカーを再施工します。 [不合格時の追加検査例]• 例1)不合格になったロットの20%を抜き取りして検査を行います。 さらに、不合格が招じた場合は残り全数の検査を行います。 例2)不合格になったロットの残り全数の検査を行います。 例3)同日に施工した残り全数の検査を行います。 例4)接着系アンカーで、鉄骨ブレース増設や増し打ち壁などの耐震補強の場合は、1構面全数の検査を行います。 抜粋:一般社団法人 日本建築あと施工アンカー協会 あと施工アンカー施工指針(案).

次の