オーストリア サウナ。 中谷美紀、サウナで困惑!全裸の男女が次々と……

中谷美紀、サウナで困惑!全裸の男女が次々と……

オーストリア サウナ

オーストリアは、温泉大国です。 アルプスの方にはバート・ガースタインBad Gasteinなどのスキー&温泉の保養地がある他、ウィーンの近くにも、バーデンBadenやフスラウVoeslauと言った、ローマ時代の歴史的な温泉地も数多くあります。 オーストリアにはお勧めの温泉がたくさんありますが、今回はウィーンから一番行きやすい、その名も「テルメ・ウィーン」をご紹介します。 「テルメ・ウィーン」は、ウィーン市内10区にあり、バーデンより更に行きやすいロケーション。 温泉保養地オーバラーOberlaaは1974年からありますが、2010年に大幅に改装され、巨大な温泉施設として生まれ変わりました。 「テルメ・ウィーン」は、広大な敷地に26の披露浴槽と24のサウナ室を持つ、オーストリア最大の温泉施設として、2011年と2014年には、ヨーロッパ健康&温泉賞のベスト温泉部門で金賞を獲得しています。 「テルメ・ウィーン」入り口ホール このテルメは、テーマごとにいくつかのエリアに分かれています。 「体験の石」エリアは、ファミリーゾーン。 温水プールでファミリー連れが目いっぱい楽しめるよう、ウォータースライダーや飛び込み台、遊び場などが充実しています。 露天風呂(巨大屋外温水プール)も複数あり、内部の浴槽から温水の通路を歩いて、寒さに触れないまま屋外に出ることができます。 また、静かに温泉を楽しみたい大人のために「静けさの石」エリアもあります。 洞窟のようなデザインの薄暗く神秘的な浴槽でのんびりと横になり、ゆっくりと温泉の効用を心行くまで楽しむことができます。 「子供禁止」の看板の立つエリアは、大人専用でのんびりゆったり。 この施設では、複数の巨大な浴槽の他に、休息用のベッド、ラウンジ、子供用プレイルーム、図書館、映画館まであり、一つの街の様です。 また、別料金ですがサウナエリア、美容エリア、フィットネスエリアも充実しているほか、レストランやカフェも。 特に、この温泉保養地の名を冠する有名なカフェ「オーバラー」の本店がありますので、甘いもの好きの方はぜひカフェにも立ち寄ってみてください。 ここで、オーストリアの温泉に入られる方にいくつか注意事項をご紹介しておきます。 サウナなどの別料金エリアに入る場合は、入り口のゲートを通って利用し、後で清算します。 タオル、ガウン等はレンタル、購入どちらも可能です。 ロッカールームに入ると、入り口でもらった自分のロッカーのナンバーを探します。 ロッカールーム内には、所々に着替え用のブースがあるので、その中で水着に着替えます。 荷物はロッカーに入れ、チップを使ってカギを掛けますが、バスタオルやサンダル等必要なものは温泉の方に持って行きます。 ロッカールームの様子。 右手の少し色が濃くなっている広めの扉を開けると、着替えのブースになっています。 日本人の感覚で入ると多少肌寒く感じるくらいですが、1時間ほど入っていると温まってきます。 どうしても寒い方は、サウナへどうぞ。 屋外の浴槽には、屋内からお湯の通路を使って出ます。 フィニッシュサウナ、スチームサウナ、赤外線サウナなど、様々な種類があります。 定期的に「アウフグス」と呼ばれるプログラムがあり、係の人がサウナの熱せられた石に水を掛け、発生した水蒸気の熱気をタオルなどで掛けてくれます。 少し上級者向きですが、熱いサウナ好きの方は体験してみてはいかがでしょうか。 少し日本の入浴習慣とは異なる、オーストリアの温泉ですが、慣れれば心も体ものんびりします。 勇気のある方はぜひ温泉だけでなく、独特のサウナ文化も楽しんでみてください。

次の

混浴?格好は?フィンランド式サウナの入り方&おすすめ完全攻略!|旅工房

オーストリア サウナ

オーストリアは、温泉大国です。 アルプスの方にはバート・ガースタインBad Gasteinなどのスキー&温泉の保養地がある他、ウィーンの近くにも、バーデンBadenやフスラウVoeslauと言った、ローマ時代の歴史的な温泉地も数多くあります。 オーストリアにはお勧めの温泉がたくさんありますが、今回はウィーンから一番行きやすい、その名も「テルメ・ウィーン」をご紹介します。 「テルメ・ウィーン」は、ウィーン市内10区にあり、バーデンより更に行きやすいロケーション。 温泉保養地オーバラーOberlaaは1974年からありますが、2010年に大幅に改装され、巨大な温泉施設として生まれ変わりました。 「テルメ・ウィーン」は、広大な敷地に26の披露浴槽と24のサウナ室を持つ、オーストリア最大の温泉施設として、2011年と2014年には、ヨーロッパ健康&温泉賞のベスト温泉部門で金賞を獲得しています。 「テルメ・ウィーン」入り口ホール このテルメは、テーマごとにいくつかのエリアに分かれています。 「体験の石」エリアは、ファミリーゾーン。 温水プールでファミリー連れが目いっぱい楽しめるよう、ウォータースライダーや飛び込み台、遊び場などが充実しています。 露天風呂(巨大屋外温水プール)も複数あり、内部の浴槽から温水の通路を歩いて、寒さに触れないまま屋外に出ることができます。 また、静かに温泉を楽しみたい大人のために「静けさの石」エリアもあります。 洞窟のようなデザインの薄暗く神秘的な浴槽でのんびりと横になり、ゆっくりと温泉の効用を心行くまで楽しむことができます。 「子供禁止」の看板の立つエリアは、大人専用でのんびりゆったり。 この施設では、複数の巨大な浴槽の他に、休息用のベッド、ラウンジ、子供用プレイルーム、図書館、映画館まであり、一つの街の様です。 また、別料金ですがサウナエリア、美容エリア、フィットネスエリアも充実しているほか、レストランやカフェも。 特に、この温泉保養地の名を冠する有名なカフェ「オーバラー」の本店がありますので、甘いもの好きの方はぜひカフェにも立ち寄ってみてください。 ここで、オーストリアの温泉に入られる方にいくつか注意事項をご紹介しておきます。 サウナなどの別料金エリアに入る場合は、入り口のゲートを通って利用し、後で清算します。 タオル、ガウン等はレンタル、購入どちらも可能です。 ロッカールームに入ると、入り口でもらった自分のロッカーのナンバーを探します。 ロッカールーム内には、所々に着替え用のブースがあるので、その中で水着に着替えます。 荷物はロッカーに入れ、チップを使ってカギを掛けますが、バスタオルやサンダル等必要なものは温泉の方に持って行きます。 ロッカールームの様子。 右手の少し色が濃くなっている広めの扉を開けると、着替えのブースになっています。 日本人の感覚で入ると多少肌寒く感じるくらいですが、1時間ほど入っていると温まってきます。 どうしても寒い方は、サウナへどうぞ。 屋外の浴槽には、屋内からお湯の通路を使って出ます。 フィニッシュサウナ、スチームサウナ、赤外線サウナなど、様々な種類があります。 定期的に「アウフグス」と呼ばれるプログラムがあり、係の人がサウナの熱せられた石に水を掛け、発生した水蒸気の熱気をタオルなどで掛けてくれます。 少し上級者向きですが、熱いサウナ好きの方は体験してみてはいかがでしょうか。 少し日本の入浴習慣とは異なる、オーストリアの温泉ですが、慣れれば心も体ものんびりします。 勇気のある方はぜひ温泉だけでなく、独特のサウナ文化も楽しんでみてください。

次の

オーストリア 全裸でサウナ体験 6日目

オーストリア サウナ

ど、どうしよう…。 混浴サウナに入る覚悟はなかったぞ…。 と、おじけづいた私ですが、サウナに入りたい気持ちが強く、「異文化体験が旅の醍醐味!」と混浴サウナにトライしました。 サウナには男女別の更衣室があります 混浴サウナと言っても、 更衣室は男女別になっています。 更衣室で衣類を脱ぎ、バスタオルで体を巻いてサウナまで行きます。 タオルは部屋に備えつけのタオルを持っていく場合もあれば、サウナエリアに用意されていることもあります。 サウナ内ではバスタオルを巻くけど全裸の人も… サウナ内では、 多くの利用者はバスタオルを体に巻いていました。 特に木製のドライサウナでは、座ったり寝転んだりする場所にはタオルを敷くのがエチケットという感じでした。 逆にスチームサウナはタオルがびしょびしょになってしまうこともあり、全裸で入っている人もいました。 オーストリアのサウナでは全裸で入る人も珍しくないそうです。 こちらが過度にビックリしてしまうとかえって失礼かもしれないので、心構えはしておいた方がよいですね。 サウナの外にはシャワーが備えてあり、サウナから出た後はシャワーで汗を流します。 このシャワールームにもシャワーカーテンはなく丸見え状態ですが、堂々とシャワーを浴びます!堂々と! スリッパやバスローブはフロントで借りる場合も サウナ利用で使うタオル生地のスリッパやバスローブは、部屋に置いてある場合と、フロントで借りる場合があります。 日本の至れり尽くせりのホテルとは違い、こちらから尋ねないとわからないこともあるので、フロントで積極的に聞きましょう。 ちなみにヨーロッパのホテルでは、「バスローブとスリッパで廊下などを出歩いてはいけない」とよくいわれます。 ですが、私が宿泊したホテルでは、サウナに入る前後に、バスローブ+スリッパで部屋とスパ(サウナのあるエリア)を往復するのはOKという感じでした。 まとめ 私のオーストリアのサウナ体験から、オーストリアのホテルでのサウナの入り方をまとめてみました。 サウナがあると旅の疲れがかなり癒されます。 特に日本からの長距離フライトの後は気持ち良かったです!.

次の