産後 基礎体温。 【医師監修】産後妊娠しやすいのは本当?いつまで?生理再開前や授乳中は?|cozre[コズレ]子育てマガジン

分娩直後から産後1日目の全身・心理的変化

産後 基礎体温

プロラクチンの働きが排卵に影響 出典: 出産により子宮や卵管がきれいになるため産後は妊娠しやすくなる、と言われることがあります。 確かに出産によって子宮内膜が剥がれ落ちますので、着床しやすくなることはあります。 ただし、妊娠しやすくなるとは言い切れません。 むしろ妊娠しにくい傾向にあります。 これは出産後たくさん分泌されるプロラクチンというホルモンが原因です。 このホルモンには母乳の出をよくする働き、そして排卵を抑える働きもあります。 授乳をしている間はプロラクチンが分泌されますので、授乳中は排卵が起きにくくなります。 着床しやすくなっても排卵されていなければ妊娠しませんので、産後は妊娠しにくいのです。 もちろん個人差はありますので、授乳中でも排卵する場合もあります。 産後すぐの妊娠を希望しない方は避妊を心がけましょうね。 産後でも性行為の際に避妊しなければ妊娠することも 産後は赤ちゃんのお世話で夜中に起きたりもしますので、基礎体温を正しく計ることが難しいです。 またまだまだホルモンバランスが整っていませんので、排卵周期も不安定となります。 そのため、もう排卵してるのか、次はいつごろ排卵するのか、といったことを把握しづらく、避妊しにくくなるのです。 前述の通り、授乳中であっても排卵することはありますので、性交渉すればもちろん妊娠することもあります。 産後はじめての排卵の時期と性交渉が重なれば、生理がくる前に妊娠することも当然あるのです。 このように、まだ妊娠しないだろう思っていたのに妊娠したというケースが多いため「産後は妊娠しやすい」と噂されるようです。 母乳や完ミ…授乳方法による生理再開の違い 完ミ(完全ミルク)育児の方の中で、約40%の方が、産後6週間以内に生理が再開します。 また、残りの方も産後2~3ヶ月以内に再開することが多いです。 もちろん個人差はあり、産後6ヶ月から1年の間に再開する方もいます。 そして、最も再開が遅いのは完全母乳育児の場合で、産後6ヶ月から1年の間に再開することが多いようです。 中には母乳をあげている間は再開しない方も多く、卒乳・断乳の3ヶ月以内に再開したという方も。 特にたくさん母乳が出る方は再開の時期が遅くなることが多いようです。 完全母乳育児の場合は再開が遅れる傾向にありますが、約15%の方は産後6週間以内に生理が再開します。 授乳期間中は生理がこないわけではありませんので、注意しましょう。 混合育児の場合は、完全ミルク育児と完全母乳育児の中間、産後3~6ヶ月くらいの間に生理が再開することが多いようです。 無排卵月経も 出典: 生理が再開しても、排卵が起こっていないことがあります。 これを無排卵月経といい、約30%の方は産後1回目の生理が無排卵月経になるといわれています。 無排卵月経の場合、1月に複数回生理がきたり、次の生理までの間隔が長くあいたりします。 排卵を伴った生理かどうかは、基礎体温をつけることでわかります。 低温期と高温期がはっきりわかれない場合は、無排卵月経である可能性が高いです。 何度か生理がくるうちに排卵は起こるようになってきますが、3周期目になっても排卵していなかったり、生理と生理の間が3ヶ月以上あくようでしたら、一度産婦人科で相談してみましょう。 また、授乳中は無排卵月経となることは多いので、あまり心配はいりません。 ただ、この場合も卒乳・断乳して3週期目になっても排卵していなければ、産婦人科を受診しましょう。 子宮を休ませることも大事です 出典: 次の妊娠までの間隔が短すぎると、早産や低出生体重児のリスクが高くなるともいわれています。 少なくとも半年から1年ほどは身体を休め、しっかりと回復させることが大事です。 特に帝王切開の場合は、最低1年はあけるように指示されることが多いです。 それは、切開してから子宮が回復していないと、妊娠・出産時に子宮破裂を起こしたり癒着胎盤(赤ちゃんが産まれても胎盤が出てこないこと)になったりするリスクがあるからです。 また、産後すぐに妊娠をすると、自律神経のバランスが崩れ、産後うつの状態が長引くことがあります。 さらにホルモンバランスも乱れがちですので、次の妊娠までにはしばらく期間を設けた方が良いとされています。 産後間もなくは基礎体温の周期が安定しません。 これはホルモンバランスが乱れていることを意味しており、この時に妊娠するとママの身体が不安定な状態で赤ちゃんを育てることになります。 排卵が起きても、基礎体温の周期が安定するまでは妊娠を控えることをおすすめします。

次の

産後の基礎体温

産後 基礎体温

家族計画:その2 助産婦メモルが妊娠・出産・おっぱい・育児の情報を発信。 ママ・パパ、プレママ・プレパパ、そして助産師、たまご助産師まで・・・。 【Happy Birth】(赤ちゃんの幸せな誕生)に関わるすべての人を応援するサイトです。 >>家族計画:その2 家族計画:その2 家族計画のためには、正しい避妊法を知ることが大切です。 ここではいくつもある避妊法について説明していきます。 より確実に避妊効果を得るには、ここで紹介した避妊法の単独の使用ではなく併用することをお勧めします。 なおここで説明する避妊法は、産後間もなくや授乳中には使えないものもあります。 産後の避妊法は『出産・産後』で説明していきます。 基礎体温 基礎体温を計っていると、だいたいの排卵日が分かります。 妊娠は精子と卵子が出会わなければいけません。 よって排卵の時期に性交渉がなければ理論上は妊娠することはないのです。 ところが、精子や卵子にも寿命があります。 精子は子宮の中でも約3日は生きています。 また卵子は約1日生きています。 つまり排卵の3日前に子宮内に入った精子で妊娠することがあるのです。 これを考えると、「月経が始まって6日目〜高温期の3日目まで」は禁欲するか、他の避妊法を確実に使用する必要があります。 そして「高温期に入ってから4日目〜次の月経の5日目まで」は妊娠の心配はありません。 ただ基礎体温にも変動があります。 軽い風邪の時や測定前に動いた時には高めになります。 確実に高温期に入ったのを十分確認する必要があります。 そして、他の避妊法を併用した方がより確実です。 基礎体温については、、で詳しく説明してます。 ご参照ください。 市販されている婦人体温計:例 婦人体温計 プチソフィア BT-14W コンピュータ内蔵の基礎体温計です。 基礎体温を210日分まで自動記録し、自動的にグラフも作成します。 体調などをメモでき、妊娠しやすい時期をマークで知らせたり、妊娠の可能性、体調トラブルを早期にお知らせする機能もついています。 メモルが持っているのはこれです。 目覚ましアラームがついて体温も自動記録で便利です。 2周期はかれば、以降妊娠しやすい時期をマークでお知らせしてくれます。 測温ミスの時はアラームが鳴ります。 また34. 別にグラフを用意した方がいいと思います。 信頼できる昔ながらの水銀の婦人用体温計もおすすめなのですが…、最近はほとんど販売されていないようです。 電子体温計よりも水銀体温計の方がより正確な基礎体温がはかれると言う医師もいます。 コンドーム 避妊法として、一番多く使われており、確実性も高いのはこのコンドームでしょう。 価格も安く、手に入れるのも容易です。 でも意外と「自分で買ったことがない」「よく見たことがない」という女性も多いのです。 コンドームの欠点のひとつに男性まかせになってしまうことが挙げられます。 男性まかせにしていると、いざという時に性交渉ができなかったり、避妊に失敗してしまうこともあります。 最近では通信販売等でも手に入れることができます。 女性も恥ずかしがらずに、自分のために用意しておくといいでしょう。 また、男性の中にはコンドームを嫌う人もいます。 でも確実に避妊を行うには絶対に使ってほしいところです。 コンドームは正しい使い方をすれば確実に避妊できます。 でも間違った使い方をすると、失敗することもあります。 失敗例としては、・性交渉の途中からつけた・空気が十分に抜けていなくて破れた・射精した後すぐにはずさなかった・つめなどで破れた、等があります。 女性も正しいコンドームの使い方を覚え、確実な避妊ができるようになりましょう。 一方、女性が自らの意志で使用できる女性用コンドームもあります。 慣れない間は装着に手間取るかもしれませんが、確実に使えるようになれば、女性主導で避妊ができることでしょう。 またコンドームは性感染症の予防にも有効的です。 市販されているコンドーム:例 いろいろな種類のコンドームがあります。 お店ではなかなか買いにくいものは通販が便利ですね。 女性の膣内に挿入して使用する女性用コンドームです。 自らの意思で使用でき、女性主導で避妊できます。 ピル(経口避妊薬) ピルは、妊娠中に胎盤から分泌される黄体ホルモンと卵胞ホルモンを合成して作ったホルモン剤です。 妊娠中には排卵が抑制される、という仕組みを利用し、人工的に妊娠と同じ状態にしているのです。 以前は子宮内膜症等の治療に用いられていたピルですが、今は避妊だけを目的とした低容量のピルがあります。 ピルは正しい服用法をすれば、100%の避妊効果が得られます。 手に入れるためには、産婦人科で処方してもらわなければなりません。 値段は種類や病院によって多少違いますが、1シート(1ヶ月分)で2000〜5000円程度です。 もともと女性の体にあるホルモンを使っているといっても、副作用はあります。 服用初期には体内の環境がまだホルモンに慣れていないので、吐き気や頭痛、腹痛等があるようです。 多くは一時的な副作用なので、徐々に軽快してきます。 軽快しない場合は産婦人科医師に相談し、内服を中止するか、薬の種類を変えてもらってください。 また長期にわたって服用する場合は、ごくまれですが肝機能障害や静脈血栓症等の副作用の危険性もあります。 低容量の場合、様々な工夫によりホルモンの量をできる限り少なくしているため、その危険性は極めて低いです。 またピルを内服していると、乳がんや子宮頸がんになる可能性がわずかに増加するといわれています。 定期的に肝機能の検査やがん検診を受けましょう。 ピルを服用できない人もいます。 ・甲状腺機能亢進症や糖尿病 などの内分泌系の病気の人 ・静脈血栓の既往のある方や静脈瘤を持っている人 ・臓・肝臓・腎臓などに病気のある人 ・子宮がん・卵巣がん・乳がんの疑いのある人 ・35歳以上のヘビースモーカー ・授乳中の人 ・高血圧の人 等です。 また、17歳以下の人は卵巣機能がまだ不安定であり、ピルの服用は避けた方が良いと考えられています。 妊娠を希望するためピルの服用を中止する場合は、中止後すぐに服用前の月経周期に戻る場合もありますが、3ヶ月程かかる場合もあります。 【家族計画:その2】では避妊法の中から、「基礎体温」「コンドーム」「ピル(経口避妊薬)」について説明しました。 では、「殺精子剤」「ペッサリー」「避妊リング(IUD)」等について説明します。 次の妊娠にむけても…、ぜひ摂取してくださいね。 ここに書かれている情報がすでに古くなってる可能性もあります。 また施設や医師による方針の違いもあります。 不明な点は必ずかかりつけの病院、主治医に確認してくださいね。

次の

化学流産すると基礎体温が下がる?グラフはどう変化するの?

産後 基礎体温

基礎体温とは、生命を維持するのに必要最小限のエネルギーしか消費していない安静時の体温です。 つまり、寝ている間の体温を指していますので、朝起きて、すぐに舌の下で検温することが大切です。 専用の婦人科体温計を用いて測定します。 女性の体は、排卵したあとに、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌に合わせて、少しだけ体温が上がります。 基礎体温を継続して測定していると、この低温期から高温期への移行があることで、排卵が起こったことがわかるようになるのです。 また、女性は、女性ホルモンの関係で、排卵前と排卵後では、体の状態が大きく変わります。 そのため、通常の生理周期の排卵の前後、さらに妊娠で大きく変動する女性ホルモンの関係から妊娠中の心身のケアや心構えまでが変わります。 それは、自分自身の命のリズムです。 きちんと知ることで、より自分に自信が持てるようになります。 それが基礎体温の検温の最大のメリットです。 目覚めてすぐに検温することで、自分の大切な体のリズムがわかります。 基礎体温を測っていると、自分が今、「低温期」あるいは「高温期」にいるのかがわかります。 「排卵」のタイミングもわかります。 また、「そろそろ月経がくるな」ということもわかります。 月経が28日周期の場合、月経の初日の1日目~排卵までの約2週間は、低温期 個人によってバラつきがあります です。 この低温期の期間は、エストロゲンが分泌され、子宮内膜が増殖していきます。 エストロゲンの分泌がピークになると、脳の視床下部、下垂体から黄体形成ホルモン LHサージ という排卵を司令するホルモンが出て、排卵が起こります。 排卵が起こると、その後、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が始まるので、低温期より0. 3~0. 高温期は12~14日続きます。 16日以上、高温期が続く場合は妊娠の可能性があります。 また、体温が上がらず、低温期が続いていたら、無排卵の可能性もあります。 基礎体温を測ると、わかってくるパターンがいくつかあります。 気をつけたい5つのタイプを紹介します。 妊娠するための排卵ができていない可能性があり、女性ホルモンの分泌が低下していることも考えられます。 これは、卵巣の働きが悪くなっていて、妊娠を阻害する原因になります。 また、妊娠しても、受精卵がうまく育たない可能性があります。 基礎体温を測ると、体温が低すぎる可能性があります。 高温期になっても、低めの体温が続いていると、この場合も排卵に影響すると可能性があると考えられます。 心身のストレスや環境の影響などで、自律神経のバランスが崩れていたり、免疫力が低下している可能性も考えられます。 卵巣のタイミングや月経のタイミング以外にも、女性の体の周期による体調のリズムなど、基礎体温でわかることはたくさんあります。 基礎体温と合わせて自分の心、体、肌のリズムを知ると、毎日のケアにも役立ちます。 低温期は12日~16日間続きます。 低温期のあと、高温期に変わったら、そのころに排卵があったと推定できます。 月経開始日から13日~14日目に排卵が起こることが多いです。 もちろん個人差はあります。 排卵後は、高温期が約14日間続き、その後、体温が下がり、月経になります。 また、基礎体温が二相性になっていれば、排卵があると推測できます。 また、低温期しかない場合は、月経があっても、無排卵の可能性があります。 する、落ち込む、乳房が張る、吹き出物ができる、やが起こるなど、よく起こる不調が月経周期のどのあたりに起こるのか、毎月のパターンがわかるようになります。 低体温だと、の症状が出たり、消化不良やといった不調が起こります。 基礎体温をつけることで、低体温に気づくことができます。 刺激のある食材や甘いもの、アルコールなどの摂りすぎに注意します。 また、肌がトラブルを起こしやすい時期なので、新しい化粧品を使い始めることやピーリングなど刺激の強いケアは避けましょう。 そのため、月経前は水分が排出されにくく、やすくなります。 また、この時期は食欲が増したり、気分がイライラしたりして、に走りやすい時期でもあります。 ダイエットをしても効果が出にくく、逆にストレスになります。 ダイエットは、低温期に行ったほうが、ストレスが少なく、効果があります。 あらかじめ、枕元に婦人体温計を準備して寝ましょう。 起床時間がまちまちな人は、起床後すぐに測り、時間をメモしておくといいでしょう。 婦人体温計を舌の裏側のつけ根に当てます。 婦人体温計を舌で押さえ、口を閉じたままで検温します。 検温中は口で息をしないようにします。 検温後、体温を基礎体温表に記録します。 月経、体調不良、性交日なども記録しておくと、どんなことが体温や体調に影響するのかが自分でわかります。 婦人体温計には、検温時間が短く、5分後の平衡温を予測する「予測式」と、実際に約5分間測る「実測式」があります。 計測した基礎体温をパソコンやスマートフォンで管理できるシステムもありますので、自分の使い勝手に合わせて、使いやすいものを選ぶといいでしょう。 最近は、スマートフォン用やパソコン用の無料アプリにデータを転送して、グラフ管理や月経や体調などが登録できます。 排卵推定日や月経開始推定日も表示されるサービスもあります。 基礎体温を測ることが習慣になるといいですね。 まずは、低温期、高温期、そして平熱についての基礎知識をここで確認しましょう。 正常な排卵が行われている女性は、基礎体温は、低温期と高温期の二相に分かれています。 低温期、高温期は、排卵を挟んで、2週間程度あって、ひとつの周期になっています。 基礎体温を記録して、自分の体の状態を知るには、1周期だけでなく、2~3周期は確認してください。 1か月(1周期)では、平均的な体調が判断できないからです。 初めの1か月で二相に分かれていなかったとしても、それだけでは判断できないことが多いからです。 低温期と高温期では、基礎体温に約0. 3~0. 平熱には、定義がないのですが、活動時の体温のことを指しています。 一方、基礎体温は安静時の体温で、小数点以下2ケタのところでの小さな変化を確認します。 これは、女性ホルモンの変動を確認しているので、体の熱である体温とは別と考えていいのです。

次の