ホロライブ 任天堂。 ホロライブ本部長「任天堂のゲーム配信は、黙認ベースで許可もらった」

ホロライブ本部長「任天堂のゲーム配信は、黙認ベースで許可もらった」

ホロライブ 任天堂

この問題に関するは、この記事でお願いいたします。 ライ個人の記事では行わないでください。 の一元化にご協をお願い申し上げます。 この項は進行中の事を取り上げています。 今後、事態の進展によって記事の内容が増補、訂される場合があります。 ホロライブ無許諾配信問題とは、「」、「」等をするの侵の疑惑及び明に関する一連の騒動の総称である。 概要 この騒動の発端は、に、がをしたことだった。 このはの著作物の利用・収益化を個人のに限定して許諾する内容であり、による利用はの対外であった。 今回ので、に明記されたとその所属に限りに添った著作物の利用が可となった。 しかし、その時に追加されたの中にをするの名前がなかったこと、その日の配信が急に中止になったこと、のがしていた大会のが非開にされたことなどの要因が重なり、一部の間で所属ライによる作品を利用した配信(、、、)は、にを取っていたのかどうか疑問視されるようになった。 そして、のから4日後のに、当のから「という明が発表された。 この明ではのみならず、一部を除く他のに対しても著作物を利用する際に許諾を得ていなかったことをにした。 明のは以下の通り。 所属ライは個人事業であることから、の"個人用"のものを参照して配信していた。 はにとしての配信許諾を得ていない。 一部のからは個別に配信許諾を得ていたが、その他のについては許諾だった。 に以前および今後の著作物利用について問い合わせの最中であり、現時点においては既存のについて収益化を停止するのみで非開にはしなくてよい旨の回答を得た。 以外のには配信許諾を確認している最中。 一方、明文中の「その他の」についてどのが該当するかが明かされなかった。 声明発表後のホロライブの動き 明にはから通達された現時点の処置の内容に添えて、"関係者一同、深く反省すると共に、再発防止策の制定や権利確認の底など進めてまいります"と謳われていたが、その後も• 明の数分後、によるが行われた。 明の約間後、配信が確保されたによる次の日6日からの配信にて曲を弾くことが宣伝され、配信直前になって撤回される。 7日、が の配信をとり、数十分後にする。 8日、が規約に営利利用禁止を明示している、を含めた。 以上の問題が続けて発生したことから、の権利意識および明で述べた"再発防止策の制定や権利確認の底"がおよそ十分でないことが発覚した。 なお、 明から4日後の 以降は配信に使用許諾を記載するようになった。 しかしその後、• 、からの追加の明はなされていない。 また許諾、承諾または確認を得た上で配信や収益化を行っている旨を配信に記載するようになった。 許諾が明らかにされていないコンテンツ例の一部解説 この項では後述の『許諾の有がにされていない例』より、様々な経緯から詳細な解説が必要なを取り上げる。 東京2020オリンピック THE OFFICIAL VIDEO GAME 、・両名が「 THE L 」の収益化配信を行い、後日には、も同様に収益化配信を行った。 しかし、このはおり 、さらに、大会エンブは大会組織委員会によって。 、両名の配信のにはその両方が使用されており、また、の配信のには以上二つのを変したものが使用されている。 なお、大会組織委員会の「」によれば、に関する知的の許諾なしの使用は「・マーケング」として禁止され、また大会の以外でも、の名称や等を使用したマーケング、広報宣伝活動が禁止されている。 これらのについて、では委員会()、および・競技大会組織委員会()が管理を担当しこれら団体からのの許諾が必要となるため、きわめて実現性に乏しい。 なお、該当する群はに非開になった。 テトリスオンライン は、にがしていたである。 はに終了したが、が終了する直前から個人によって立ち上げられたレートを利用する「 以下 」が 断で配布されている。 はの配信したをしてが必要な機を含め全を利用できる状態にしたものであり、これは配信物を断で、不正利用してはならないという利用規約に違反するものである。 しかし、のの配信を始め、多くの所属ライがこの断配布版を使用して収益化配信を行なった。 のものをはじめとした一部のは非開になっているが、ものほとんどはされておらず、の再生の中には「」のが残っている。 アイドルマスター シャイニーカラーズ にが配信したのを皮切りに、所属ライが次々と(通称「」)の、収益を伴う配信を行うようになった。 しかし、に加え、。 明前、が配信上で楽曲を流した部分の音をししていたこと がとなってからは、実際はと楽曲両方の許諾を得ていないのではないかと から疑問の が挙がった。 グランツーリスモ2 が収益化付きで行った2配信であるが、もともとはそのの性質上内外の大量のするから許諾を得て作られたものであり、このの収益化配信が可であるか先の明を受けたから疑問のが上がった。 なお、該当するは配信後と少し経った非開になった。 巨影都市 の配信をする場合は、の発売元である()以外のが権利を持つ、また会社が別個に定める「録画禁止区間」 の部分の放映を回避するため、の機であるを使うことが通例であり、は規約「について」において。 だが、が行ったの収益化配信では 録画禁止区間に入った後も画面が放映され続け、このことからは機を使用していない、規約外の配信をしていることがになった。 もちろん機外でも配信内に登場する版権元に個別に許諾をとれば配信に問題はないのだが、には開発であるに加え、、をはじめとする多数のの版権が絡んでいるため、明後権利表記がないこの配信を認識したからは「許諾をすべて取り切れるとは思えない」と疑問視されることとなった。 なお、。 Bully: Scholarship Edition 「: hr ion」はより営利利用は禁止とされているが、、が同の収益化配信を行った。 しかし、この表記において下記の疑問点が摘された。 の版権元はであり、及びは販売元であってではない。 配信にて表示される配置から、が配信したのは版だと思われる が、、への同意も必要。 版及び版においてはが発売元なので関係ではないが、発売されたのは であり、権利表記のとしている。 以上の点から、の権利表記として不適切であるのではないかと疑問のがあがり、それに伴って許諾表記の実態及び許諾の有もまた疑問視されている。 、第3回の配信がのにて中止が告知され、以降配信されていない。 さらににおいても、には第2回が非開となり、第1回についてもにの解除が確認された。 許諾の有無が明らかにされていないゲーム例• THE L 非開化 []• 非開化 []• 9[、]• [] 利用規約・ガイドライン等の制限外で配信したゲーム例 この項では許諾の有がにされていないのうち、各社の定める利用規約・等を制限の根拠として、その制限外で配信されたの例を記載する。 非開化 []• 2 非開化 []• 、、、、、、、、、、、• [、 補足 ]• 、、、、、、、、、• 、、、、 、• 、、、、• 、、、、、、• [、]• とるモ[]• 、、、• みんなで[]• 、、、、、、、、、、、、、、、、、• 封鎖されたで[]• 、、、、、、、、、、、、、 許可の取得が困難とされるゲーム例 この項では許諾の有がにされていないのうち、特筆して許諾の取得が困難とされる例を取り上げ、その理由を記載する。 との版権• 、、、、 一部非開化 、、• 済みの版• Pel• のであり、。 なお、該当するはには非開化が確認された。 、、、、その他多数群• 大な量の版権• 同名のをとするであり、やからも流用している。 逝去により権利のが不明なため• の 消滅により権利の が不明なため 許諾の有無が明らかにされてない非ゲーム例 利用規約・ガイドライン等の制限外で配信したコンテンツ例 この項では許諾の有がにされていない、でないのうち各社の定める利用規約・等を制限の根拠として、その制限外で配信されたの例を記載する。 Tr[]• 'S[]• 関連リンク• 関連項目• この自体はに制定されたもの。 収益化は、が定したのに限る。 はの曲である• が、配信は機外だった• なお、は によるの申し立てに対して者の取れる手段の一つとしての該当部分の音をにする機を用意している。 や自社のを守るため区間内の録画時に自動でを止める機• 版製品にはがいように記載されているが、実際にはがされている•

次の

【悲報】ホロライブ終わる 「いままで無許可で任天堂のゲーム配信してました」

ホロライブ 任天堂

ホロライブが「漫画村イブ」と呼ばれている問題について ホロライブが炎上している問題で、 ユーザーや一部の人から「漫画村イブ」と呼ばれています。 厳密に言えば漫画村は関係なく「漫画村のような収益を得ているから」呼ばれているだけですが、違法行為があったこと自体は変わりません。 どのような問題が発生していたのかを見ていきましょう。 ホロライブで2020年6月に起こった問題について [任天堂HP]「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を更新しました。 任天堂の著作物を利用した動画や音楽、静止画を、ネットワークサービスへ投稿される際は必ずご一読ください。 — 任天堂株式会社 Nintendo ホロライブが炎上しはじめたのは2020年の6月からで、 この前(6月1日)に任天堂がネットワークサービスの著作権について告知を出していたのが理由です。 この時にどうぶつの森等の任天堂ゲームが一部の会社宛てに収益化に対応したことが認知されていましたが、問題は「ホロライブがこの告知が出る前から任天堂のゲームを収益化していたこと」です。 Vライバーたちは配信するたびにリスナーからの投げ銭のような「スパチャ」をオンにするかオフにするかを決めることができますが、任天堂のゲームのスパチャをオンにしてゲーム実況をしていました。 任天堂が出した告知の中には 「カバー(ホロライブの運営会社)は収益化の許可を出した」とは書かれていなかったのが、炎上の引き金です。 権利問題が浮上してホロライブ所属ライバーの不祥事が発覚 炎上内容だけ見れば、配信を行ったライバーよりも 「配信許可を出した運営」に責任があるものと考えられていますが、ライバーもライバーで権利関係にルーズな一面を見せていました。 ゲームの著作権を違反していることが原因で炎上しましたが、他にも問題発言が多く、「著作権侵害くらいどうってことない」との考えを持っていたことが発覚しています。 問題となっているライバーについても見ていきましょう。 「戌神ころね」さん 現状のホロライブVライバーの中で一番権利問題がルーズだと考えられているのが、「戌神ころね」さんです。 アニメ・特撮の映像の無断使用があったのも問題ですが、 その後に「著作権に引っかかったら消されるだけ」等と割り切った考えをしていることが炎上の理由になっています。 また、ウルトラマン関連の動画で「ウールトラマン」とタイトルや紹介文に記載して、ウルトラマンと検索に引っかからずユーザーから内容がわかるようにタイトルを工夫していることも、著作権対策がせこいと言われていました。 「夏色まつり」さん 夏色まつりさんが配信で「シャニマス」というバンダイのアイドルゲーをプレイしていた際、 スパチャがOKかどうかわからず、リスナーに「スパチャOK?」と聞いていたのも炎上しています。 著作権問題に詳しくなかっただけの可能性はありますが、リスナーにスパチャOKかどうかを聞く姿勢に不信感を持たれた可能性が高いです。 一部ライバーが「あつまれどうぶつの森」の収益解禁を述べていた 「星街すいせい」さんと「天音かなた」さんが任天堂が著作権の告知を出す以前から 「あつまれどうぶつの森が収益対応になった」とリスナーに伝えていた問題も炎上しています。 これは、任天堂が出した収益化許可の告知にホロライブの運営会社の名前がなく矛盾していたせいで炎上しましたが、ホロライブ側が間違えてライバーに伝えた可能性等も考えられています。 一部ライバーが「関係ない」かのようにライブ配信をしたのも炎上 ホロライブ運営が著作権問題で炎上して謝罪を行った後、 一部のホロライブ所属Vライバーが「自分たちは関係ない」とのスタンスの如くライブ配信で炎上をネタに笑いあっていた問題も炎上しています。 主に「自分達にも関係があるのに何様だ」という理由で炎上していましたが、危機感はないのか等の部分でも困惑されていました。 白上イブキさん• 夏色まつりさん• 夕刻ロベルさん(男性ライバー)• 律可さん(男性ライバー) また、この配信はスパチャがオンにされていて、なおかつ飲酒していたのも問題視されています。 ピンハネと同じだから「漫画村イブ」と皮肉を言われている 著作権問題に違反があったということは、「他の企業のコンテンツを使って違法に収益を出した」ことになります。 過去に漫画村が問題となりましたが、漫画村も他の作者が書いた漫画をサイトに載せて収益を得ていたので、 漫画村と全く同じではないかと思われ、「漫画村イブ(まんがむライブ)」と皮肉を言われています。 他にも様々な皮肉がユーザーの間で浸透していました。 漫画村イブ• 漫画村配信会社• 銭ゲバライブ• 銭ゲバ泥棒集団• 電子盗賊• ボロライブ 漫画村は皮肉に使われているだけで関連はない ホロライブが漫画村イブと呼ばれているので、 漫画村と何か関連があるのではないかと疑われていましたが、漫画村とは関係はないと考えてください。 違法漫画をアップロードしたわけでもなく、ライバーが購入した漫画をライブ配信中に横流しにしたわけでもありません。 あくまでも漫画村と同じく違法に収益を上げていたから無理やり関連づけさせられただけです。 大炎上しているけど登録者等は増えている ホロライブだけでなく所属Vライバー全体が炎上して、一部の人からは確かに叩かれています。 しかし、 Vライバー全体を見てもYouTubeのチャンネル登録者は増えていて、投稿されている動画の再生数も増えていました。 彼女たちの動画も面白いものが多く、元から人気があったのでチャンネル登録者数がどんどん増えていくのは自然なことですが、炎上を重く考えている人からは「サクラがいる」等と言われています。 一番著作権問題で炎上していた戌神ころねさんに関しては、1日あたりに3000人から5000人も増えていました。 漫画村イブ問題でできた名言まとめ 今回のホロライブ炎上問題で、一部の所属ライバーが発言していた問題発言等が名言(迷言)としてインターネットで記録が残されていました。 これらの名言も時間が経てば消えるかもしれませんが、ホロライブ炎上問題を詳しく知りたい場合は知っておいても損はありません。 「冒険」 戌神ころねさんの発言から名言としてされていますが、「冒険しようよ!」等と使われます。 ここで言う冒険とは、「著作権を恐れずにとにかくやってみよう!」といった意味を持っています。 「ウールトラマン」 同じく戌神ころねさんから来た名言ですが、動画タイトルを検索でひっかからないように「ウルトラマン」を「ウールトラマン」と記載したことから生まれました。 ウルトラマンに関する著作権対策だと思われています。 水を得た魚 水を得た魚のように 最近知った知識をばらまいて すぐそれ違反とかいう人いるけど 浅はかな知識で言葉は放っちゃいけないと思うのよね。 ダメなことを本当にすると思う? その何気ない発言が 風評被害を産むことを学んで欲しい。 (癒月ちょこさんのツイート引用) 癒月ちょこさんが上記と全く同じツイートを投稿していたことから生まれた名言です。 上記ツイートは消されていますが、この中の「水を得た魚」という意味が間違っていたことから面白がられてネタにされています。 水を得た魚とは「自分たちの得意な環境で活き活きする様子」を表すのですが、今回の場合はホロライブが不利になっているので厳密に言うと間違った意味で使われています。 ちなみにここで使われる正しいであろうことわざは、大したことをしていないのに他者を攻撃する際に使われる「鬼の首を取ったよう」です。

次の

ホロライブ任天堂問題まとめ!ゲーム動画は削除?今後の対応も調査!|ぶひチューバ―TV

ホロライブ 任天堂

ホロライブ本部長「任天堂のゲーム配信は、黙認ベースで許可もらった」 感想 ゲーム会社出身が多いなら、なお悪いわw まあぶっちゃけ、このサイトも「やらおん」や「はちま起稿」などの大手まとめサイトも、ユーチュバーも、人気同人誌作家も、全員「黙認ベース」だからなwこれは事実だよ。 日本政府だって、「ユースビオ」や「スーパシティ法案」「サービスデザイン推進協議会」とか、まともな国なら、政権ひっくり返るよね。 だから「黙認ベース」さw ツイッターにアニメアイコン使ってるのも「黙認ベース」だし、言い出したらキリないんだよな。 ゲーム会社側が白黒つけたくないというのは、あると思う。 YOUTUBEのゲーム実況プレイや、アニメの同人誌など、本当はダメなんだけど、 「宣伝」になるから、企業側はあえて"黙認ベース"してる部分はある。 黙認してるのをやめて、任天堂みたいに白黒つけちゃうと、 「任天堂のゲームを配信するとやばい」というイメージが先行して、誰もゲームを実況配信しなくなる。 YOUTUBEで一番人を集めているのは、ヒカキンではなく、はじめしゃちょーでもなく、 ホロライブやにじさんじたち、バーチャルユーチュバーだったのだ。 一時、バーチャルユーチュバーはオワコンだと報道されたが、このデータを見れば、それは間違いだという事に気づく。 上のデータの1位の「戌神コロネ」は、夜中2時に、リアルタイム視聴者数18,305人。 この数字がどれだけヤバイかは、サイト運営した事がある人なら分かるはず。 うちのサイトで今100人くらいだから、まじやばいw とんでもない影響力だ。 動画内容は、腐女子が深海を探検する微妙ゲーをプレイしてるだけという。 特に新しいゲームというわけでもない。 マイナーゲーだ。 昔ゲーム攻略サイトが流行った時代、「最速攻略wiki」という人気攻略サイトがあったが、そこが人気ゲームを攻略して、グーグルの1ページ目の1番上に表示されて、その時のリアルタイム視聴者数が、2000人だった。 当時は、うらやましいなと思って見てた。 おそらく最速攻略wikiは、月100万円以上稼いでたと思う。 しかしホロライブの戌神コロネは、夜中2時に同接18,305人だという。 意味が分からないwスパチャも飛び交ってるし、彼女いったいいくら稼いでるんだ?w ちょっとケタが違う。 この影響力はとてもゲーム会社として無視できるものではない。 敵に回したくないはず。 だから「黙認ベース」で、ほんとは著作権的にダメだけど、ゲームの「宣伝」になるので実況配信を見逃していた。 じゃあ「黙認ベース」発言よかったの? しかし畠野貴之氏は、カバー株式会社(ホロライブ)のマーケティング本部長で立場があるわけだから、彼の発言は、会社の発言として受け止められる。 ホロライブは、「黙認ベース」で配信してるの?ってなるから、ふつうは自分のツイッターアカウントで、あのような不用意な発言はしない。 おそらく稼ぎすぎて天狗になっていたのだろうw.

次の