清水翔太 416 意味。 清水翔太の416の歌詞の意味と数字に込められた思いとは?

清水翔太の416の歌詞の意味と数字に込められた思いとは?

清水翔太 416 意味

清水翔太が約8カ月ぶりとなる新曲「416」を配信リリースした。 近年多用していたオートチューンも使われておらず、翔太の地声の温もりがやさしく伝わってくる楽曲になっている。 歌詞に綴られているのは、思い通りにいかないもどかしさが甘酸っぱくてキュンとなる恋物語。 このラブソングを翔太はどんな思いで書いたのか。 気になる「416」というタイトルの理由、現在の曲作りペース、さらにはコロナ禍で自粛生活が続く現状に対する思いまで語ってもらった。 (猪又孝) ポップに可愛い方向に振り切った ーー今回の新曲「416」は、いつ頃作った曲なんですか? 清水翔太(以下、清水):トラックは去年の10月に作ってあって。 良い曲になりそうだなという感触はありつつ、日本語の歌詞が浮かばないから放っておいた曲で、今年3月くらいにバババッと仕上げました。 ーーどのような曲調をイメージして制作に取りかかったんですか? 清水:基本的に今、自分の中で、今まで通りのトラップっぽい音作りと、昔みたいな優しいポップ路線という2つの方向性が大きくあって。 トラップっぽいものができたら、優しい曲ができたりするっていう中で、次のアルバムの路線を模索している状況がずっと続いてるんです。 ただ、良い曲かなと思える曲が優しい方向の中でポツポツできてきていて。 なんとなく次のアルバムはそういう路線で行ってみようかなという気持ちもあって、その方向で行くならこれがシングルになってもいいのかなと思ってました。 ーー歌詞はどのような思いで書き始めたんですか? 清水:過去イチかわからないけど、とにかくポップに可愛い方向に振り切ってみようと思ってました。 〈君を守るナイトになる〉の辺りとか、正直ヤバイなぁと思いながら書いてましたね(笑)。 ーー今回の曲は、相手に好意を上手く伝えられない男性が主人公になっています。 清水:僕がよく書くテーマではあるんですけど、「花束のかわりにメロディーを」と一緒で、実らない恋に一生懸命になる男の子の話というか。 モテない男のラブソングみたいな感じですね。 清水翔太「花束のかわりにメロディーを」 ーー相手の女性はどんなキャラクターをイメージしていましたか? 清水:MVでは遊び慣れてる女の子と真面目な男の子っていうストーリーですけど、僕が書いてた段階ではそういうイメージはしていなかったです。 相手も主人公の男の子と同じような感じ。 あからさまに住んでる世界が違うとか、キャラが違うっていうイメージはそんなになかったです。 MVのストーリーは「416」のまた別の捉え方の一つといったところですかね。 ーー10代から20代前半くらいの男女というイメージが沸きました。 清水:年齢は若いイメージですね。 ピュアな感じ。 だからMVに登場する人物くらいの年齢でいいのかなって感じがします。 清水翔太 『416』 Music Video ーー10代に向けた曲を作ろうという意識は当初からあったんですか? 清水:男性目線のラブソングって、曲からイメージされる年齢が若ければ若いほど、男性リスナーに対して間口が狭くなっちゃうと思うんです。 俺はもうこんなふうには思えない、みたいな感じで終了というか。 だけど、女性はいくつになっても、こんなピュアに思いを寄せてくれる男性はいいな、可愛いなっていうふうに取ってもらえるんじゃないかと思うんです。 逆に20代後半とか30代くらいの感覚でラブソングを書くと、女性リスナーへの間口が狭くなっちゃう感じがしていて。 若い女性には想像できない世界になっちゃうみたいな。 今回は振り切ってポップに書こうという気持ちもあったんで、より間口を広くするという意味で、少し若いくらいの設定がちょうどいいかなと思ったんです。 ーーサウンドメイクの部分で注意した点やこだわった部分は? 清水:今回はアコースティックな雰囲気にしたかったんです。 とはいえ、音は全部打ち込みなんですよね ーーあの綺麗なストリングスも? 清水:ストリングスも全部打ち込み。 だから打ち込みでどこまでアコースティックで温かい雰囲気にできるかっていうのは頑張りどころでした。 ただギターの音はあえて少しチープな音源を使っていて。 もっとリアルなギターの音源も持ってるんですけど、あの一定のダイナミクスな感じがいちばんトラックにマッチしたんです。 だから、ギターだけはあえて打ち込みっぽくした感じですね。 僕の曲で言うと「milk tea」とか、そういう路線のアプローチですね、今回は。 ーー確かに。 清水:「milk tea」は人気のある曲だし、とりあえず次のプロジェクトに関しては、その辺のラインを狙っていってみたいかなっていうところはあります。 「milk tea」はすごく重要な曲なんですよ。

次の

清水翔太 416 歌詞

清水翔太 416 意味

「416」の意味 読みは「ヨン イチ ロク」。 歌詞中に「416」は出てこない。 デビューするべく上京した翔太さんが東京で3回目に住んだ部屋が「614号室」だった… 恵比寿ですか? その頃は、自分がこの曲の歌詞の主人公に近い年代で、自分の身の回りにいろんなことが起こっていた目まぐるしくも楽しい時代だった。 それでずっとこの「614」という数字が自分の心の中に残っていた。 歌詞に「時間」は大きくイメージしていた。 〈止まってた時間が動き出した 君に会って〉 それは4時16分の意味でもいいし、4時間16分でもいいし、416日でもいいし。 (以上、上述本人インタビュー参照 音源の長さも4'16"ですよね?(偶然かな) 色々なストーリーに繋がりうる数字。 「これって泣いてる絵文字に見えるよ」 「体育座りしてる男の子と女の子が壁を挟んで座ってるみたいに見える」 「男の子と女の子が肘をついて向き合ってるみたいに見える」等々。 「ローマ数字」に置き換えてシンメトリーにした人天才か。 なんてシャレたことするんだけしからん。 MVと音源の印象の違いについて MVも同時にフル尺で公開されました。 と思ったらやっぱり翔太さんからも 清水:MVでは遊び慣れてる女の子と真面目な男の子っていうストーリーですけど、僕が書いてた段階ではそういうイメージはしていなかったです。 相手も主人公の男の子と同じような感じ。 あからさまに住んでる世界が違うとか、キャラが違うっていうイメージはそんなになかったです。 MVのストーリーは「416」のまた別の捉え方の一つといったところですかね。 (上述インタビューより) ということで、まずはMVのストーリーは考えずに、 音源だけの感想を先に述べさせていただきます! めちゃめちゃピュアな「清水翔太ワールド」回帰 今回も 作詞、作曲、編曲(ゼロからの、DTMによる打ち込み作業全般、全楽器の類) 「清水翔太 作」です念のため。 自己プロデュース力のおばけ。 懐かしい 10年前のこの感じ! 翔太さんの極上の歌声をそのまま生かした、 あまりフシにクセを付けない 素直な歌い回し! 新たな「清水翔太の代表曲」が生まれたのではないでしょうか? 黒翔太が原点なのか白翔太が原点なのかはこの際置いといて... ) そして! 「416」歌詞と感想 止まっていた時間が 動き出した 君に会って ほぼ男の子の一目惚れなのかなって。 初めの1音目、MVのshort ver. だと突然翔太さんの歌が始まって聞こえるのですが、音源からイヤホンで聞くと直前のブレス音が聞こえた。 もっとリアルなギターの音源も持ってるんですけど、あの一定のダイナミクスな感じがいちばんトラックにマッチしたんです。 (上述インタビューより) 1周回ってチェンバロみたいな音になってる。 溢れてしまう想い... どうすればええねん?次どうすればええねん?? 翔太さん落ち着いてください... こういうとこ。 「人たらし」の所以ですね... これも翔太さんが打ち込んでるんですかね。 現実の僕を見てって... 怖い気持ちわかります... つら BYE BYE 別れのとき 何も言えないなんて僕らしすぎる 想像と少し違う 改札越し 君の背中 みんな大好き「BYE BYE」の言い方 「想像と少し違う」わーん…切ない 総括 「君」の笑顔のためならなんでもしたい!って18歳ぐらいの一途な翔太さん... 何ができる?映画も!行きたいお店で食事もするよ! 僕、がんばる! でもBYE BYE のときになっても「i love you」が言えない... やっぱりね!僕らしすぎる... 何かが僕を邪魔をしてその一歩がいつも踏み込めない… ナイトになるって言ったのに!. あるよねー…言えないよねー... 夜ベッドの中で「わーー!!」ってなるよね… 翔太さんのファルセットはやっぱりキューてなるよね… なんか取り留めもなくどんどん長文になる... しかもまだ言いたいことあるねん ヤメロ 清水翔太、この度YouTube始めました! 企画、動画撮影、編集、全部本人が1人で作成してupしています! 主にゲーム配信をしていくらしい。

次の

清水翔太 416 歌詞&動画視聴

清水翔太 416 意味

416の制作時期 ~曲のイメージ~ トラック自体は去年の10月頃あり、日本語の歌詞が浮かばない中、 今年の3月に仕上がった曲となっている。 そして4月15日にフルで配信された。 曲のイメージとしては、優しいPOPな曲と今まで通りのトラップぽい曲と二通りあった。 そんな中、優しいPOPな曲で良い曲が出来てきて、 これならシングルも行ってみようとのこと。 また、次回のアルバムも このPOPな曲がたくさん詰まったものが 出来るのかもしれないので期待しとこう。 歌詞に対しての思いは とにかく可愛くPOPな雰囲気に したかったとのこと。 メロディーから歌詞から今までの彼とは 違う雰囲気な感じになっている これから歌詞の公開と意味の解説、考察までしていく 今回の新曲の歌詞の意味、 そして416と曲のタイトルが付けられているが 少し不気味に感じるがどのような意味があるのか? 416と付けた理由は?この数字に込めた思い はっきりとした核心の理由はないが、、、 彼が東京に来て3回目に住んだ家が 「 614」の部屋番号だった。 その時が一番楽しく生活が出来たとのこと。 曲とタイトルと関係しているのだからよほど楽しかったのだろう。 ならば、そのまま 614でいいじゃないかと思う人もいると思うが、 〈止まってた時間が動き出した 君に会って〉って歌い出しがあるが、 何かをキッカケに自分の中で止まってたものが 動き出すっていうことがわりと今までに多かった。 恋愛にしても、日々の生活にしても、 夢に対しても、結構止まっちゃって、 その時間が長くなって、でも何かひとつのキッカケでバーッと動き出すっていう。 止まっていた時間が動き出すっていうことがいちばん自分の中で大きくあったテーマだから、 そう考えると、数字のタイトルってわりといいかもなと思えこのタイトルに決定。 しかし、 614より 416の方が現実として、場面にあてはめやすく 4時16分の方が朝、夕方も行動している時間帯だから。 また、歌詞がデートの場面もあるので 416の方がデートの時間にもちょうどいい時間だ。 また日にちに置き換えても416日。 一年と少しの時間で 歌詞でも 〈 止まってた時間が動き出した 君に会って〉 とあるので 416の方がより 時間が止まっているように感じたのだろう。 確かに614よりは416のほうが時間的もちょうどいい感じだ。 barks. この曲は男性目線で書かれているが、 真面目な日々を過ごしてきて 恋愛からは逃げいていた、臆病だった そこで君と会ったことでまた感情を取り戻したよ。 ということを言っているんだと思う。 それくらい君のことを思っているんだよ。 普段は恋愛しないけど一度好きになったら 一途に愛す、そんな男性心が描かれている。 ただ、捉え方によっては 何にも負けない気持ちはあるけど、心で思っているだけで 直接は伝えきれない臆病な男性かもしれない。 結局は 「君が好きなんだ」という思いがあるからこそ 出てくる言葉たち。 君を好きなんだっていう思いを伝えてるのに 駆け引きなんでしないで、、、 この女性は男性から思いを伝えられているのに 何故駆け引きをするのだろう。 そのまま結ばれればいいと普通は思うが 少しだけ女性がずるい一面も垣間見える。 男性はちょっとかわいそうだ。 ここから男性はかなり必死な雰囲気が伝わってくる。 中々恋愛も上手くいかない、、、 恋が苦手な男性が想像できる。 そして贅沢なことはいらない、とびっきりの可愛いい子や美人な女性よりも 君だけがほしい。 他の誰より一番性格も合うし相性も合うから 君じゃないとだめなんだ。 そんな感情をこめた歌詞になっているだろう。 よほど男性は大事に大事に関係を築いているのか、、、 し かし、行動する時は行動しないと タイミングを取り逃してしまうので 世の中の 男性はこの歌詞を教訓にしてほしいと思う。 そんなもの寂しさを彼女の表情から読み取ってしまう 悲しさ、、、 なんと切ない男性なんだろうか。 せめて、何かしようと思いついたのは 君と手を繋ぐこと、、、 そうすればデートをした証にもなるし、 女性とデートをしたことになる。 手を繋ぐことは夢の中ではできないと思ってした行動。 他に出来ることは何かあるのか、、、 別れて今やっとわかった あるさ ただ女性と別れて気づいても遅いのだった。 そんな切ない歌詞がここから読み取れる。 ナイトと可愛い言葉で表現してあるので 結局は思いを告げれなかった男性が 少し回りくどく言っているのだろう。 中々この男性は臆病だ。 もっとストレートにいうならば、 ヒーローやプリンス(王子)などの言葉でもいいかもしれない。 そこで ナイトという言葉を使われているので ちょっぴり可愛いさがある。 そんな彼女ではない君が頼ってくれることに嬉しさ、誇らしさが 出てきたのだろうか、、、 そこでふと一人なるといるはずの女性が いないことに怖さを感じる。 よほど女性が好きで愛しかったのだろう。 そんな頼ってくれる君に Love(愛)を感じているのだろう。 また、 「何も言えないなんて僕らしすぎる」 の歌詞から やはり一番伝えたい思いはそのまま 胸の中にしまったままだろう。 せめて最後くらいは送っていきたかったけど、 改札口で君の背中を見送る が想像とは違ったらしい。 どうやら送る先は改札口ではなく、 家やどこか違う場所まで送りたかったのだろう。 最後まで悲しく切ない恋が苦手な男性が書かれていた やはり恋はそんなに甘くない、 気持ちを伝えることは大事だということをこの歌詞から学ぶことが出来た。 そんなこの曲を作ってくれた 清水翔太さんに感謝している。

次の