ハロー キティ 殺人 事件。 【閲覧注意】ハローキティ殺人事件の全貌!犯人たちのその後は?

被害者の幽霊に悩まされた10人の殺人犯 (2017年8月16日)

ハロー キティ 殺人 事件

そのためこの記事にはグロテスクな表現も含まれていますので、閲覧の際は十分ご注意ください。 誰もが一度は聞いたことのある日本を代表するキャラクターハローキティ。 猫をモデルとした可愛らしいキャラクターですが、そのハローキティのぬいぐるみを使った香港の凶悪殺人事件が 『ハローキティ殺人事件』です。 香港のナイトクラブで働く妊娠中の女性がアパートに監禁後、暴行・拷問の末殺害され、 頭部をハローキティのぬいぐるみの頭に詰め縫い合わせたとても恐ろしい殺人事件です。 犯人は ギャングのメンバー3人とされています。 犯人である3名は逮捕されましたが、香港で最もセンセーショナルな事件において、 歴代で4位になっている凶悪殺人事件です。 また2001年にはこの殺人事件がモデルとなった映画『人肉晩餐会』が香港で製作され、ドラマ化もされています。 被害者の女性は祖母の医療費の為 犯人の陳文樂に多額 数千元相当 の借金をしていました。 また、薬物の借金をしていたとも言われています。 犯人の陳文樂は被害者女性に借金の返済を求め妊娠していた被害者女性に客を取らせていましたが、 被害者女性は借金を返すことができませんでした。 借金を返すことができないということを知り、犯人の陳文樂は自身の所有するアパート 尖沙咀加連威老道 に被害者女性を監禁し、殺害しました。 陳文樂以外の2人の犯人は被害者女性と面識がなかったとされています。 被害者女性はナイトクラブで働き、妊娠してもなお客を取っていたことから生活は相当厳しかったのだと思われます。 ハローキティ殺人事件は祖母の医療費を調達するために被害者女性が犯人の陳文樂から借金をしてことにより発生してしまった悲しい殺人事件です。 ハローキティ殺人事件の犯人3名が逮捕され、裁判が行われました。 陳文樂の手下である梁勝祖と梁偉倫は、暴行や拷問、死体の解体などは 全て陳文樂の指示のもとでやったと主張し、3人は罪をなすりつけあったといいます。 しかし裁判官は3人の罪に差はないとし2000年の12月16日、犯人の3名には最も重い罪である 終身刑を言い渡しました。 監禁し、暴行・拷問の末殺害された被害者女性の身体をバラバラに解体し、頭部をハローキティのぬいぐるみに詰めたという残虐な行為を行ったとなれば当たり前の判決だと言えます。 さらに裁判官は「近年このような残忍で変質的、堕落に暴力、冷淡で凶暴残虐な事件を聞いたことがない。 このような手法で他人に危害を加える事は、禽獣 きんじゅう でもありえない」と3名を激しく非難し、減刑の申請には最低でも20年の服役が必要と言いました。 犯人の3名は判決後すぐに上告しましたが、梁勝祖と梁偉倫の2名については上告を棄却されました。 陳文樂に関しては被害者女性が殺害される1日前からアパートに居なかったことから故殺については誤りとされ、2004年の3月に禁錮18年に 減刑されています。 この判決に関して非難が集中したのは当然と言えます。 複数での暴行や拷問は過激になる傾向があり、また裁判の際犯人同士が罪をなすりつけあうという行為もよく見られる傾向です。 被害者女性を殺害後ハローキティのぬいぐるみに詰めている際に犯人の陳文樂は、亡くなっている被害者女性に対して「よしよし、動かないでね。 今俺が着飾ってあげるからさぁ」と言っていたといいます。 このような異常な犯罪者が世の中にいるということが非常に恐ろしいし、二度とこのような恐ろいかつ残虐な殺人事件は起こらないようにと願わずにはいられません。 ハローキティ殺人事件は日本の人気キャラクターであるハローキティのぬいぐるみを使ったとても卑劣で残酷かつ悲しい事件です。 今後も香港はもちろん、日本もこのハローキティ殺人事件を忘れることはないでしょう。

次の

被害者の幽霊に悩まされた10人の殺人犯 (2017年8月16日)

ハロー キティ 殺人 事件

ハローキティ殺人事件は、にので働いていた妊娠中の女性がのに・され、の末死亡した事件。 事件 被害者が監禁されていたアパート加連威老道 Granville Road 被害者は当時23歳のナイトクラブの渉外役の女性で、1997年に祖母の医薬費を調達するため、の頭であった被告(33歳)から数千相当のとその他の財物(一説には麻薬の借金)を受け取った。 3人の男(33歳、26歳、19歳)は女性に借金の返済を強く求め、妊娠した後でも依然として客をとらせるなどしていたが、被害者に返済能力がないと知って腹を立て、尖沙咀のアパートに監禁した。 その後被害者は1か月に渡る暴行・拷問の末に死亡した。 男(33歳)は被害者の死亡を確認すると、死体をにすることに決め、男らは死体を浴槽で解体し、プラスチック製の袋に入れるなどして捨てたほか、頭部をストーブで煮た後人形の頭に詰めて縫合した。 捜査 事件から2か月後、男(19歳)のガールフレンドだった少女(13歳)がに憑かれるという絶え間ない夢を見ていると女児院で話したことから1999年5月24日に警察に通報され事件が発覚した。 5月26日、少女を伴って警察が捜査を開始、により人形の中から被害者の頭部が発見されたが煮沸されていたためを行うことが不可能だった。 警察側はすぐに男らを追跡し、5月27日に1人(33歳)を葵涌麗瑤邨の潜伏先で逮捕、1人(26歳)は自主的に出頭、もう1人(19歳)は中国に逃れたが偶然警察に発見され逮捕された。 裁判 2000年10月9日、香港高等法院が開審し、翌日香港のいくつかの新聞のトップニュースとなった。 3人の被告は、などで告訴された。 警察は初期調査で証拠が足りず、少女(13歳)の供述を足して3人の罪名を殺人としてを告訴した。 3人は死体遺棄を認める一方で殺人については否認し、お互いに責任をなすりつけあい、特に他の2人はもう1人の男(33歳)の指示で動いていただけだと主張した。 判決 2000年12月6日、6名による陪審団は証拠不十分により被告に殺人ではなくの罪状が認められるとした。 法官の阮雲道は死刑制度の無い香港で最も厳しい刑罰を下すことを決定し、3人にの判決を下した。 阮雲道は減刑の申請には少なくとも20年の服役が必要とし、「近年このような残忍、変質的、堕落、暴力、冷淡、凶暴残虐な事件を聞いたことはなく、このような手法で他人に危害を加えることは、でもありえない。 」と事件を形容した。 上告 判決後、3被告は直ちに上告したが2被告については棄却され、1名(26歳)についてのみ認められた。 この被告については被害者が死亡する1日前から現場に居合わせなかったことから、故殺については誤りであるとされ、2004年3月上告法廷の法官高嘉楽により禁錮18年に減刑された。 監禁と死体遺棄については上告されていないため、罪名はそのまま残っている。 その後 被害者の頭蓋骨は事件中で唯一の物的証拠で、上訴審が終わった後、2004年3月に家族の元に戻され、3月26日ににされた。 位牌は圓玄學院曜暉堂に安置されている。 被害者には1998年に生まれた息子が1人おり、息子はその後に移住した。 この事件は2000年に『新・八仙飯店之人肉饅頭』 原題:「人頭豆腐湯」、 There Is a Secret in My Soup 、2001年に映画『人肉晩餐会』 原題:「烹屍之喪盡天良」、 HUMAN PORK CHOP 、『人頭公仔頭』に取り上げられた。 2003年、この事件は1982年の「雨夜屠夫」、1974年の「跑馬地紙盒藏屍案」、1992年から1993年の「屯門色魔案」に次いで、香港で最もセンセーショナルな事件の第4位とされた。

次の

ハローキティ殺人事件

ハロー キティ 殺人 事件

日本を代表するキャラクター、ハローキティ。 その人気ぶりは日本に限らず世界でも非常に高いことで知られている。 しかしそんなハローキティには絶対に検索してはいけないワードがあることをご存知だろうか。 それは「ハローキティ殺人事件」だ。 ハローキティと殺人がイメージ的に結びつかないため架空の事件と思いがちだが、この事件は確実に存在した。 ハローキティ殺人事件とは1999年に発生した香港で発生した殺人事件の俗称である。 1999年、23歳のナイトクラブで働く女性が売春斡旋を行っていた男性に多額の借金(麻薬説もある)をした。 女性は金を返すことができず男性は三人の手下にアパートへの監禁を命じ女性は1か月に渡る暴行・拷問の末に死亡してしまった。 男性は女性が死亡したのを確認すると、全身をバラバラにして破棄し頭部はストーブで煮たうえでハローキティ人形のなかに隠すことにした。 想像しただけでも凄惨な殺人事件だが、本事件の解決は非常にオカルトチックな結末を迎える。 事件から2ヶ月後、女性を殺した手下のひとりが付き合っていたガールフレンドが突然幽霊に取り付かれてしまう。 ガールフレンドは「私は殺された!」などど訴えており、関係者が警察に通報したとこところアパートで発生した殺人事件が明らかとなりハローキティに詰められた頭蓋骨が同時に発見された。 その後、女性を殺すよう指示した男性も手を下した手下全員はすぐに逮捕され終身刑となった。 なお幽霊に取り憑かれたガールフレンドの証言も状況証拠になったという。 この事件は香港では「もっとも凄惨な殺人事件」として知名度が高く、ドラマや映画にもなっているが日本では不自然なほど知られていない。 一説によると子供の人気の高いハローキティが犯罪の道具に使われたことで、日本での報道に規制が掛かっていたという説もあるが詳しくはわからないままだ。 (文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部).

次の