ストロング チューハイ やばい。 【2020最新】市販でおすすめの缶チューハイ17選。美味しい&コスパ最強の一本とは

ストロングゼロは危険でやばい?体に悪いとされる理由

ストロング チューハイ やばい

「ストロング系チューハイってやばいらしいけど何でだろ?」 今この記事をご覧のあなたは、普段からストロング系チューハイをよく飲む人なのではないでしょうか。 この記事は、ストロング系チューハイが何故やばいのか?という疑問を解決する内容となっています。 そしてその根拠として、 ストロング系チューハイが危険である3つの理由についてこれからお話ししていきます。 私は、ここ2年ほどストロングゼロにハマっていましたが、2019年10月から禁酒を継続しています。 ちなみに、禁酒を始める直前まではストロングゼロの500ml缶を毎日2~3本くらい飲んでいました。 あなたはこの記事を読み終えると、ストロング系チューハイが何故やばいのか、更にはどういった点が危険なのかということを理解できるようになるでしょう。 なぜかというと、気付かないうちに 「耐性」ができてしまっている可能性が高いからです。 この「耐性」に関しては、厚生労働省のサイトで分かりやすく説明されているので引用します。 習慣的に飲酒していると、まず 耐性が形成されます。 耐性とは同じ量の飲酒でもあまり効かなくなってくることです。 いわゆる「酒に強くなってきた」状態で、少量の飲酒ではあまり効果がなくなり、同じ効果を求めて徐々に酒量が増加していきます。 そして、 精神依存という症状が現れます。 精神依存とは簡単に言うと「酒が欲しくなる」ことです。 酒がないと物足りなくなり飲みたいという欲求を感じるようになります。 さらに精神依存が強くなると、酒が切れてしまうと家の中を探したり、わざわざ出かけて買いに行くような行動が現れます。 厚生労働省 e-ヘルスネット「アルコールと依存」より引用: あなたもお酒を飲み始めた当時は、もっとアルコール度数の低いお酒を飲んでいたのではないでしょうか。 もしも、あなたが飲んでいるお酒のアルコール度数が数年かけて徐々に上がってきているのであれば、それは 「耐性」のサインかもしれません。 ちなみに、ストロング系チューハイはアルコール度数が9%以上ありますが、実際にこれがどれくらいの度数なのかイメージしてもらうために、「9%のストロング系チューハイ500ml」と「40度テキーラの1ショット(30ml)」を比べてみます。 結論としては 「9%ストロング系チューハイ500ml缶=テキーラショット 3. 75杯分」となります。 (計算式は下記MEMOを参照) あなたはテキーラショットを4杯近く飲んだことはありますか? 私は2、3回くらいしかありません。 「安い」「糖質ゼロ」「フルーティーな味」「豊富なラインナップ」「炭酸飲料」ということが、ストロング系チューハイの飲みやすさにつながっています。 まず、ジュースと同じくらいの価格設定と「糖質ゼロ=身体に良い」という健康意識は、購入への心理的ハードルを下げます。 そして、アルコール臭さを消すためにフルーティーで強い味付けにしており、しかもラインナップが豊富ということから、飽きることがないのです。 さらに、炭酸飲料であるため飲んだときに爽快感が得られ、気が抜けてしまうので余らせることなく全部飲み切ってしまいます。 仮に、アルコール度数の高いお酒があってそれが飲みやすかったとしても、飲ませる環境がなければブレーキがかかります。 繰り返しますが、 もっとも重要なのが「飲ませる環境」なのです。 この日本社会全体に 蔓延している「飲ませる環境」とは、 「お酒での失敗に寛容である」「飲むのが当たり前という風潮」「メーカーのマーケティング戦略」です。 さすがに犯罪行為をしてしまうと許されませんが、これらのことは適量を守っていれば防ぐことができたことです。 お酒の量をコントロールできない時点で、その人はもう飲んではいけないのです。 飲むのが当たり前という風潮 日本全体には 「お酒は20歳になったら飲むものだ」という風潮があり、 「酒は百薬の長」「飲みニケーションは大切だ」と多くの人が思っています。 しかし酒は百薬の長ではありませんし、飲まなくてもコミュニケーションは取れます。 お酒は「エチルアルコール」という依存性のある化学物質 に味を付けたものですし、 飲まないとコミュニケーションが取れないのであればその環境自体が問題です。 また、酒類にはがありますが、飲酒による問題がいまだに無くなっていないところをみると、酒類への規制はまだ甘いと思われます。 「お酒は20歳になったら飲むものだ」と思っている若者もまだまだいます。 すでに親の世代が「大人になったらお酒を飲むのは当たり前」と思っているので当然です。 近年になってようやく、タバコは積極的にプロモーションされなくなりました。 に従い、日本におけるアルコールもそうなる日が近いのではないでしょうか。 メーカーのマーケティング戦略 ストロング系チューハイの開発製造メーカーの事業方針を見てみますと、その中には 「食事中に飲むお酒」というポジションを消費者に強く刷り込もうという戦略が見えます。 そうなると、日常的に食事と一緒にストロング系チューハイを飲むことになり、結果的にそれが習慣化してしまいます。 メーカーのマーケティング戦略には本当に気を付けなければならないのです。 上記の「事業方針」については、「 」でご紹介していますので、ぜひご覧ください。 【まとめ】ストロング系チューハイはなぜやばいのか? 現代社会に目を向けると、将来への不安や人間関係のストレス等であふれています。 そしてなかなか収入は増えないので、節約のために居酒屋ではなく家で飲む機会が増えました。 「飲むと楽しいよ!」「食事に合いますよ!」といったプロモーションが目に入ります。 いつでもどこでもお洒落なデザインの缶チューハイがジュースくらいの値段で手に入るようになりました。 爽快感があって飲みやすく、糖質ゼロで身体にも良さそうだし、安いのにアルコール度数が高くてすぐ酔えるので、悩みやストレスから解放されます。 飲んでいると結構酔っぱらってきますが、炭酸飲料なので残りを捨てるのはもったいないと思って最後まで飲み干してしまいます。 あなたには少しでも共通点はありましたか?それとも全く違うストーリーですか? 不安やストレスがある人ほど、お酒に頼ってはいけないのです。 飲んでそのときは楽になったとしても、実は問題をただ先送りにしているだけなのです。 不安やストレスは、酒など飲まずにきちんと正面から向き合うことでしか解決できないのです。 だから私は、お酒をやめました。 飲み会、晩酌、ジャンルを問わず大の酒好きでしたが、いざ酒をやめてみると人生の見え方が180度変わりました。 そして「酒のない人生なんて考えられない!」というのは、一度きりの人生を本当に損していると思うようになりました。 今日が人生で一番若い日です。

次の

【ストロングゼロ】ストロング系チューハイがやばい3つの理由

ストロング チューハイ やばい

ストロングゼロとは? まずは、ストロングゼロがどんなものなのかご紹介します!ストロングゼロは最近ネットでもやばいお酒とネタ化しているお酒です。 詳しくご紹介します。 現在では缶酎ハイ市場ではストロングゼロが一番売れており、特に若者を中心にどんどんシェアを広げている状況です。 ツイッターではストロングゼロを飲む様子をアップしている人がたくさんいます!ストロングゼロを愛飲している人たちの多さがわかります。 ストロングゼロはなぜやばい?危険と言われる理由は? しかし、ストロングゼロが急激に人気になっている一方で、ストロングゼロはやばい!やばいお酒だ!という声も多く上がっています。 ストロングゼロはなぜやばいお酒と言われているのでしょうか?危険な理由について、ご紹介します。 ストロングゼロはアルコール度数9%と高いのにも関わらず、500mlでも140円~160円と安いです。 正直、自動販売機で500mlのソフトドリンクを買うよりも安いのです。 さらにはストロングゼロは炭酸が強めでフルーツのフレーバーが飲みやすいことからどんどん飲めてしまいます。 値段が安い上に飲みやすいことから、飲もうと思えばどんどん飲めてしまうところが怖いところです。 安くてすぐに酔えるところが人気の秘密でもあります。 なんと、ストロングゼロ500mlに含まれるアルコールはテキーラショット3. 75杯分なんだそうです。 ストロングゼロは缶酎ハイなので日本酒やワインと比べて飲みやすくグイグイ飲んでしまいますよね。 まさかそんなにアルコールが入っているなんて!と思う人も多いと思います。 テキーラショット約4杯分のアルコールと考えると恐ろしいです。 ストロングゼロを飲むと悪酔いしやすい!という意見が多く上がっているようです。 ストロングゼロで悪酔いする原因は、そもそも飲みやすいのにアルコール度数が高いので、ついつい短時間の間に飲みすぎてしまうということもあります。 一方で、ストロングゼロで悪酔いしてしまう原因は人工甘味料にもあるのでは?とも言われています。 人工甘味料は肝機能の低下や腸内の善玉菌に悪影響を及ぼすこともあるそうです。 また、人工甘味料は頭痛を引き起こすこともあると言われています。 お酒と人工甘味料で悪酔いの原因の頭痛を引き起こしているのかもしれません。 ストロングゼロには糖類ゼロが謳われていますが、糖質がゼロというわけではありません。 確かに糖類ゼロなので、ストロングゼロは酎ハイの中では比較的カロリーも糖質も少ない方ではありませんが、飲みやすいとどんどん飲んでいたら当然太るということになります。 さらに、お酒を飲む時には当然お酒だけでなくおつまみも食べますよね。 おつまみには高カロリーで糖質が高いものが多いので、お酒を飲む頻度が高ければ太る可能性は高いです。 先ほど悪酔いする原因として人工甘味料が出てきましたが、人工甘味料はやはり体に悪いという意見もあります。 人工甘味料に対する研究は行われており、今のところそれほどの危険性はないということで使われていますが、長期的に摂取したときの影響については疑問視されているのも実情です。 ストロングゼロでアルコール依存症になる人もいるようですがその後はどうなるのでしょうか。 とあるアルコール依存症の方は、アルコール外来に行って薬を飲み始めたそうです。 断酒のための薬である「レグテクト」という薬を飲んでいたそうです。 「レグテクト」は薬を飲みたい!という欲求を抑える効果があるそうです。 ややお金がかかるものの、アルコール依存症を脱出できる可能性は高そうです。 ストロングゼロのネタも話題に!社会の闇?虚無の酒? ここまではストロングゼロが危険な理由についてご紹介してきましたが、あまりに危険だということで先にも少しご紹介したとおりネタ化して話題になっています。 特にツイッターでは、ストロングゼロのネタ画像がたくさん上がっており、ストロングゼロは若者の間でかなり普及していることがわかります。 ストロングゼロは社会の闇で虚無の酒? こちらはツイッターでもよく話題になっている画像ですが、近年就職や年金問題、欝、低賃金など、若者を悩ませるストレス社会であることから、ストロングゼロを飲む人を描いています。 ストロングゼロが流行っている背景に社会の闇があるとネタ化しています。 さらには「ストロングゼロ」というネーミング自体が「強壮な虚無」ということで虚無の酒とも言われています。 確かに、近年はいろんな社会的問題がニュースになっていて、頭を抱えたくなるようなことがたくさんあります。 だからストロングゼロのようなお酒が流行っているとも言えます。 そういうわけで、ストロングゼロを飲まないとやっていけない、ストロングゼロが全てを忘れさせてくれる!と話題になっているようです。 ストロングゼロの他にもやばい!と話題になっている危険なお酒をご紹介します。 ストロングゼロよりやばい!?悪魔の酒が発売! ストロングゼロを超えるやばいお酒が発売されていると話題になっています。 そのお酒はSANGARIAの「12SUPERSTRONG」。 なんとアルコール度数は12%です。 こちらも500mlで160円ちょっとと安く、飲みやすくなっているお酒です。 実際に飲んでみると、ストロングゼロよりもさらにガツンとくるようです。 かなり危険な匂いがしますね。 さらにこちらのお酒は炭水化物もストロングゼロより多く含まれているので、太る心配もありそうです。 なんとアルコール度数12%のお酒はこれだけではありません。 サッポロからも「マグナム」というアルコール度数12%のお酒が発売されています。 12%となるともうワインと同じくらいのアルコール量になります。 その割にごくごく飲めてしまうし、炭酸がアルコールの吸収を上げますからかなり危険です。 アルコール度数12%のお酒は超コスパがよい!と売り出されているようですが、飲み方にはかなり気をつけたほうがよいと言えそうです。 サッポロの99. 99も話題に! その他、やばい!と噂になっている缶酎ハイにはサッポロの「99. 99」があります。 こちらはストロングゼロと同じアルコール度数9%のお酒ですが、かなり飲みやすいと話題です。 こちらの商品名にもなっている「99. 99」は、99. 99%の高純度ウォッカを使用しているのが由来です。 なるべくシンプルなお酒にしたいという思いで作られたそうです。 こちらも発売当初からその驚きの飲みやすさで話題です。 ストロングゼロがやばい!危険な理由はたくさん!? 今回はストロングゼロがやばいという話題について、注目しました。 アルコール度数が9%と高いのにも関わらず、安くて飲みやすいことから大人気で、今や缶酎ハイで1番売れています。 しかし一方で、そのあまりの飲みやすさとコスパの良さから飲みすぎてしまう人が多発しており、中にはアルコール依存症になってしまう人もいるようで、危険だと言われています。 ストロングゼロが危険な理由は、安さと飲みやすさ、炭酸が入っていて吸収が早いこと、悪酔いすること等が挙げられ、また人工甘味料が入っていて体に悪いという説も浮上しています。 しかしストロングゼロを飲まないとやっていられないという若者を中心に愛飲されており、中には実際にストロングゼロの飲み過ぎで体調を崩してしまったという人もいました。 ストロングゼロは安くてコスパはいいですが、飲みすぎには気をつけて上手に付き合っていきたいですね。 ジュースと割って飲んでいるという人もいましたよ! お酒の飲みすぎにならないよう工夫して飲むのも良いですね!健康には気をつけながら、ストロングゼロで健康的にリフレッシュしましょう! あなたにオススメ.

次の

ストロング系チューハイがアルコール依存症を増やす?12%の商品も登場!気を付けないといけない点は?

ストロング チューハイ やばい

最近ではなんと12%くらいのものが出てきているというから驚きです。 12%といったら、日本酒やワインと同じくらいじゃないですか? 思ったよりアルコール度数が高いですねぇ~ そんなストロング系件酎ハイが、最近ではアルコール依存症の患者の飲酒内容でも大きな割合を占めるようになったと警鐘が鳴らされています。 最近ではアルコール依存症になってしまった患者に問診をすると以前はワンカップや紙パックの焼酎を飲んでいる人が多かったようです。 確かに私もアル中の人のイメージって安く買える大容量の焼酎や、紙パック焼酎、もしくは昔はワンカップの日本酒を昼間っから飲んでいるというイメージでした。 しかし、最近では年齢問わずアルコール依存症の患者に問診すると、良く飲むアルコールは「ストロング系酎ハイ」と答える人が多くなっているとのこと。 この大きな理由として、値段がとても安いことが挙げられます。 ストロング系酎ハイは500ミリリットルで140円から160円位で販売されています。 この値段はミネラルウォーターよりも安いくらいです。 これが大手の流通系のPB商品であればさらに安く120円位で売っていますので、もはや缶ジュースよりも安い値段でお酒が手に入ることになります。 もうひとつは、飲みやすさが挙げられます。 ストロング系の酎ハイは、基本的に炭酸が強く、柑橘系の爽やかなフレーバーがついているので、飲みやすく、ぐいぐい飲んでしまいます。 しかも。 炭酸が入ったアルコールは血中濃度が短時間で上昇するため、酔いやすく、酔いが回るのも早いのです。 つまり、「安い、飲みやすい、早く酔える」というニーズを満たした商品となっているのですね。 ストロング系酎ハイがやばいと警鐘。 アルコールがテキーラ4杯分? 私も一時期ストロング系を良く飲んでいました。 どっちかと言うと好きなのは果汁とお酒のみで余計な添加物が入ってない本搾りなど。 でも、仕事のあと早く酔いたい時はついついストロング系に手が伸びていました。 体調を崩したのをきっかけに、お酒を減らし現在は泡盛やワインを月に二、三回飲む程度になってます。 今思うと、ストロング系の酔い方はちょっと麻薬的な快感があったのではないかと思います。 じわじわではなく、急激にガンとくる。 糖質ゼロと言っても、ウオッカに人工甘味料と炭酸を混ぜたものが体にいいとはとても思えないし、人類が昔から嗜んできた酒とは全く別物の化学飲料と認識した方がよいのかも、と思います。 控えるのがベストだけど、いろいろ混ぜて強引に体によいのみものに変換して飲むのもいいかも。。。 皆様よいお酒を! ビール大好き20代ですけど、これはマジで手を出さない方がいいです。 悪いとは言わないですが、ビールと同じ感覚で500を5本も6本も毎日飲んだら次の日マジで酒残ります。 で、これは自分が悪いだけだけど、悪酔いしやすいです。 でも、めっちゃ酔いやすいから手軽に酔うならこれ。 ほろ酔いで止め切る自信があるなら 酔ったときの感覚が好きで、家飲みではもらい物やセール品のストロング系を続けて飲んでいたら次の日にお酒が残るようになった(朝起きたときの体調が悪い)。 ストロング系のせいかもと思って止めたら体調戻った。 以後、ストロング系は止めてます。 体質にもよるんでしょうけど、私が続けて飲むのは危ないと分かった。 私はアルコール依存症で4年ほど前から断酒しています。 当時主に飲んでいたのはストロング系でした。 値段も味もちょうどよく、何より手早く酔えるのです。 依存症が酒を飲む目的は、楽しむ事が第一ではなく、酔う事です。 そしてそのような状態になるには楽しむ事を前提にした日常的な飲酒がきっかけになるのです。 いい加減とかだらしない人だけがなるものでは決してありません。 社会進出に合わせ、女性の依存症割合も飛躍的に伸びています。 ストロング系を1・2本平日夜日常的に飲んでいたらどうなるでしょうか? 24時間気安く買える現状も大変恐ろしく思います。 誰にでもそのきっかけがある、いわば合法的な薬物ですので、正しい知識と習慣を身につける事が非常に重要です。 どんな人でも、どんな些細な飲酒にでも、リスクがあるという事を知って頂きたいです。 ストロング系の缶酎ハイに依存症の危険性か… — フクモト原点 ハテンコウ fukumotogenten 「安い!おいしい!すぐ酔える」 ということで、ストレスの多い昨今。 ストレスから簡単に開放してくれる魔法の飲み物として大人気となった「ストロング系缶酎ハイ」ですが 近年、その入手のしやすさ、などからアルコール依存症になる人が飲んでいるお酒の中でも断トツの人気となってしまいました。 ストロング系酎ハイのはしりといえばストロングゼロですが、安くて手軽に飲めどこでも買えるうえ、その酔いやすい飲み心地から「飲む福祉」「虚無の酒」「麻薬」などと名付けられ、そのうちツイッター上でそのストロングゼロが好きな人たちの間で「ストロングゼロ文学」とストロングゼロを美しく表現することが流行るくらいになりましたからね。

次の