洗脳 事件。 通電、監禁、肉体関係……連続殺人犯はこうして女性を洗脳して“獲物”に仕立て上げた

洗脳されてる?電話占いの事件に巻き込まれないためには

洗脳 事件

目次はこちら• 現代宗教事件5選 今日はですね、現代宗教事件5選という事でございまして、1980年代頃から最近までの日本で起きた宗教事件について簡単に解説していきたいと思います。 イエスの方舟事件「千石イエスよ、わが娘を返せ」っていう まずですね、イエスの方舟事件。 1979年から1980年にかけて発覚した事件というか、ほとんど立件まではいかなかったんですけれども、「千石イエスよ、わが娘を返せ」っていうタイトルで、キャッチ—なタイトルで週刊誌に載ったことから始まった、発覚した事件です。 若い女性とか若い男性を中心に家庭に居場所がないと感じている人たちが募って集団生活を送る小さな教団がありまして、男性信者は工事の仕事なんかしながら、女性信者はシオンの娘たちっていう有名なスナックがあるんですけれども、人生相談みたいな事をしながらお金を稼ぎながら暮らしていたという集団で、娘が消えたとか、カルトだとか言うことでかなり問題になっていたんです。 実態としてはそういうカルトというよりは単にその家庭内の問題がある人が集まって集団生活はしてたんですけれども、そこまで事件が起こったり洗脳したりということはありませんで、事件として立件されることはなかったと。 事件という事に至らなかったんですけれども、日本の小さい宗教団体が結構いくつもあって、そのうちの1つとしてキャッチ—に取り上げられたというものだったという事です。 ライフスペース事件(成田ミイラ化事件) ライフスペース事件というのがありまして、ライフスペースという元々自己啓発セミナーから始まった宗教なんです。 インドのサイババっていう有名な宗教家がいるんですが、サイババの弟子だという風に自称した高橋弘二という人が主宰者の団体なんですが、色んなよくわからない教義があって、手で叩くと人が治るみたいな、いうこともあるんですけども、それで治療のようなことをしていたらしいんです。 1999年に成田ミイラ化事件というのがありまして、もう死んでる男性を治療しようとしてたみたいな、誰かを殺したとかではないんだけれども、病院に連れて行けば助かるはずだった患者さんを連れて行かないで自分が治癒をするという事で結局死なせてしまったという事件がありまして、これが不作為の殺人犯、病院に連れて行けば助かったのにそれをしなかったという事で、殺人事件として取り上げられたという例があります。 人が死んでるので結構重い事件なんですけれども、高橋さんが記者会見でかなり奇抜な事を沢山言ったために一部では笑いものになっているという事件でですね、高橋さんは何を言ってたかというと、この人は死んでないと、ミイラになっても生きてるのは常識だとか、私はグルなので何も食べなくても死なないと言いながらご飯食べてたりとか、そういうちょっとよくわからない教団というか教祖でそれが話題になって、一時期ワイドショーを独占していました。 結局その事件が殺人事件として立件されて、まあしかし殺人事件としては罪が軽いというか、懲役7年くらいですんで、今は出てきて何してるのかわかりませんけれども、自分がサイババの弟子だと促してたんだけども、サイババの方は知らない、高橋なんて知らないっていうね、会ったこともないという事を言っていて、これはどういう事ですかというような事を聞かれたりね、結構訳の分からない騒ぎになった教団の事件でございました。 福島悪魔祓い殺人事件 福島悪魔祓い殺人事件というのがあって、福島の小さな村で祈祷師を名乗る女性がいて、それで信者が何人もいたわけですけれども、この信者には悪魔が憑いてると言った形で集団で暴行をしたり加えたりして、何人もの信者の方が亡くなられたという事件が1995年に起きております。 オウム真理教の裏ですね、オウム真理教事件が世間を騒がせている裏で、こういった小さな宗教団体が殺人事件を起こしていたと。 狐に憑かれているとか言うことで信者を殴り殺したりしてた訳です。 教祖の女性、祈祷師の女性が個人的な恨みを持った信者に対して、こいつは狐が憑いてると言って他の信者に暴行をさせるみたいなことが実態として行われていたようで、宗教というより個人的な怨恨みたいなことを宗教の名を借りてやっていた事件なのかなという風に思われまして、主犯の女性は2012年に死刑に処せられたという事でございます。 結局この事件では、6人の方が亡くなられたという事で、オウム真理教事件の裏に隠れてあまり報道されてないんですけれども、凶悪な事件という事で皆さんに周知されたい事件でございます。 北九州洗脳監禁事件 私はこの宗教事件として分類するか迷ったんですけれども、かなり宗教的な事件だという事で、2002年に起きた北九州監禁事件というのがあるんですけれども、北九州洗脳監禁事件とも呼ばれています。 闇金ウシジマくんとかでも題材になった事件なんですが、主犯の男が洗脳、マインドコントロールの手法に非常に長けていて、家族に入り込んでその財産の家族を奪うことを目的に家族同士を争わせると、家族が殺し合うということで、最近まで報道規制がされていた凶悪な事件です。 かなり現実感が薄くてどう報道していいかわからないといった、つまり何故この人の事に従ってしまうのかであるとか、何故その家族同士が殺しあってしまうのか、何故逃げないのかと言った事ですが、かなりわかりにくくて結局発覚もかなり遅れて報道規制もされていました。 最近になってようやくその家族の息子さんがテレビに出たりザ・ノンフィクションっていう番組に出てその事件の事について語ったりという事で、段々事件の全貌というのもわかってきたという所でございます。 主犯の松永太死刑囚は元々かなり弁が立つタイプだったようで、中学の時から弁論大会とかで優勝したりという事で、要旨も端麗で一見魅力的な人物なんですけれども、その魅力をかなり凶悪な方向に使っていたということで、現在死刑囚として2018年11月現在死刑囚として拘留されているという事でございます。 オウム真理教事件 最後ですね、これは外せないでしょう。 事件ですね。 オウム真理教事件は選挙で負けたから武装化を図ったという風に言われているんですけれど、それは全く違います。 元々選挙で負ける前から、坂本弁護士一家殺害事件であるとか、そう言ったことを裏でやっていまして、結局麻原彰晃の妄想をというか自分が武装的に日本の警察であるとか様々な組織にかって、王になるのであるみたいな無根拠な妄想を基に信者が暴走したのもあって、麻原彰晃の命令もあって様々な事件というのを起こしたと。 一番代表的なものは地下鉄サリン事件、松本サリン事件になるんですけども、かなりの人数が地下鉄サリン事件以前にも亡くなっているという事で、私はあれをどう思うかというと、宗教というのは暴走すると恐ろしいというかね、あれは宗教じゃない、宗教は本来平和なものだみたいな言説もあるんですけれども、はっきり言って宗教っていうのは元来危険なものであるという事ですよね。 自分たちの正義性というのを心の底から信じ込んでしまうと、どんな酷い事でも自分の正義のためという事でやってしまう事ができるので、それというのは常に気を付けていかなきゃいけないと、現代の日本で起きた事件という事ですから今後もオウム真理教のような二の舞を踏まないように我々はやっていくべきなんじゃないかなという風に思います。

次の

斎藤勇東大名誉教授惨殺事件はイルミナティ、CIAの洗脳実験か。

洗脳 事件

福岡県北九州市の松永太(40)による史上稀に見る凶悪犯罪。 内縁の妻、緒方純子(40)と共に被害者を監禁したうえマインドコントロール下に置き、自らは手を下さずに殺し合いをさせていた。 2002年、監禁されていた広田清美さん(仮名・17)の脱走により発覚。 清美さんの父、由紀夫さん(仮名・34)、純子の両親である誉さん(61)と静美さん(58)、妹の理恵子さん(33)とその夫の主也さん(38)、二人の子供の彩ちゃん(10)と優貴くん(5)の計7人が殺害されていた。 先生、いま私を取り巻く状況は、本当にひどい話ばかりなんですよ。 とにかく聞いてください……」 2008年11月、福岡拘置所。 稀代(きたい)の凶悪殺人犯は、上下グレーのスウェットスーツを着て面会室に現れた。 明るく晴れやかな表情で私の前に座ると同時に、堰を切ったように喋り始めた。 「もう私の裁判はね、司法の暴走ですよ。 私自身、なにも身に覚えのないことなのにね、私ひとりに罪を被せようとする陰謀が、あらかじめ出来上がっているんです。 ほんと、裁判所という機関は、いまではもうほとんど、事実を発見する仕組みが機能しなくなっていると思います。 感情的にならず、冷静に判断することをよしとされる裁判官が、マスコミや一部の作家のアジ(テーション)に乗っかった意味不明の判断を次々に実行しているんです。 いわゆる魔女裁判のように裁こうとしているんです」 陽に当たらず地下で栽培されたウドを想像させる、漂白されたかの如き白い肌。 歌舞伎役者のように整った顔立ち。 だが、その見開いた黒目の奥には感情を窺えない闇が宿る。 私はメモを取る手を止め、しばし彼の表情に目をやった。 なんなのだろう、この饒舌な語りは。 なんなのだろう、この罪悪感のなさは。 事件発覚直後から現場での取材を重ね、凶悪な犯行内容を知っている私のなかに、違和感ばかりが募る。 自らの潔白と司法への不満を息もつかずに訴え、その合間に笑みを浮かべて私を持ち上げ媚を売る。 そんな男を目の前にして、ひとつの確信が生まれていた。 悪魔とは、意外とこんなふうに屈託のない存在なのかもしれない、と。 7人が殺害された「北九州監禁連続殺人事件」 男の名は松永太(ふとし)。 面会時は47歳。 福岡県北九州市で1996年2月から98年6月にかけて、7人が殺害された「北九州監禁連続殺人事件」の主犯である。 2002年3月、松永と内縁の妻である緒方純子に監禁されていた17歳の少女が、同市内の祖父母宅へと逃走したことで犯行が発覚。 逮捕された松永は、7人全員に対する殺人(うち1件は傷害致死)などの罪に問われて一審、二審ともに死刑判決を受けた。 私が面会したときは、最高裁に上告中であった。 一方、共犯者として松永と共に逮捕された純子は、一審で死刑判決を受けるも、二審では松永の強い影響下にあった、との理由で無期懲役へと減刑されていた。 ちなみに被害者7人のうち6人が、純子の両親や妹を含む親族だ。 原則4人以上の殺人は死刑という「永山基準」に当てはまる事件の被告人でありながらも、松永による精神的な支配下での犯行であったことが思料された。 さらに付け加えれば、後の最高裁でもこの高裁判決は支持され、2011年12月に彼女の無期懲役が確定する(同時に松永の死刑も確定)。 つまり松永による抑圧は、それほどに苛烈なものだったのである。 この裁判を取材した司法記者に会ったとき、彼は松永が純子を支配した構図について、次のように話した。 「松永は間違いなくDV常習者。 長期にわたり純子に対して殴る蹴る、さらには通電の虐待を繰り返してきた。 だけど純子はDV被害者特有の心理で、暴力の原因は自分にあると思い込んでしまった」 通電とは電気コードの先に金属製のクリップをつけた器具を躰に装着して、100ボルトの電流を流す虐待方法だ。 松永は純子に通電を繰り返し、彼女の右足の小指と薬指は火傷でただれ、癒着するほど痛めつけられていた。 記者は続ける。 「純子は二度、松永の許を逃げ出そうとしたが、連れ戻されてより激しい通電虐待を受けた。 もう逃げられないという諦めと、通電の恐怖を心に植え付けられた彼女は、松永の要求を拒むことができない心理状態に置かれてしまった」 かくして、純子は松永の主導の下、自分の身内を巻き込んだ大量殺人の共犯者となっていく。 もっとも、二人が逮捕された直後は、これほどまでに被害者が多く、かつ凶悪な犯行であることは、捜査関係者を含めて誰も想像していなかった。 だからこそ、偶然網にかかった鮫の腹を割いたところ、そこから無数の骸(むくろ)が出てきたような、予期せぬおぞましさを感じさせることになったのだ。

次の

TOSHIの地獄のような洗脳事件の真相!嫁の企てから解けた瞬間!

洗脳 事件

兵庫県尼崎市の連続変死・行方不明事件で、男女3人への殺人や詐欺などの罪に問われた角田美代子元被告=自殺、当時(64)=の義妹、角田三枝子被告(62)。 一連の事件の関係者の中でも、〝ファミリー〟を率いた首謀者とされる元被告のそばに約40年間、寄り添い続けた「事件のキーマン」とも言える人物だ。 風俗で稼いだ約3億円もの金を「疑似家族」の家計に回し、お腹を痛めて産んだ息子まで差し出す…。 これまでの公判で明らかになったのは、ときに元被告への「殺意」を胸に秘めながらも、想像を絶する忠誠ぶりを示してきた悲惨で壮絶な人生だった。 (佐藤祐介) 決定づけられた主従関係 2人の出会いは、幼少期のころまでさかのぼる。 昨年11月21日に開かれた元被告の次男、優太郎受刑者(28)=殺人罪などで懲役17年の判決確定=の公判に証人出廷した際の三枝子被告の証言などによると、三枝子被告の家族が、元被告の母親の家を間借りしたことが2人の特殊な関係の始まりだった。 「物事は白か黒、好きか嫌いか、イエスかノーか」。 若い頃から口癖のように話し、中途半端なことを極端に嫌ってきた元被告。 三枝子被告は18歳から共同生活を始めたがなじめず、約1年後、両親のもとに戻った。 その後、元被告から両親とともにののしられ続けた。 元被告の激しい怒りをおさめるには、共同生活に戻るしかなかった。 これを機に2人の主従関係が決定づけられた。 それから人生の歯車が大きく狂い始める。

次の