ピアス ホール 掃除。 ピアスの穴が臭い時の掃除方法はコレ!対策もおさえて安全安心

ピアスホールが臭い!ピアスホールが臭い原因と臭いケアの方法

ピアス ホール 掃除

com よく ピアス穴を 消毒しないと、 雑菌などが入り込み 化膿してしまう なんて話を耳にしませんか? 確かに 化膿してしまうケースはありますし、 それも一部は正解です。 ただ、 厳密には間違った情報であることも事実。 確かに昔は、 消毒することが大切とされていました。 それは、擦り傷などの治療と同じ考え方で、 雑菌が入り込まないようにまずは 消毒すると 考えられてきたからです。 しかし、近年は、 自然治癒力を生かした治療法が 一般的に用いられています。 モイストヒーリングという治療法がその方法。 その治療法は、 傷口に雑菌が入り込まないように しっかり 洗浄して清潔な状態にして、 専用の絆創膏で、 傷口を追うだけという シンプルな治療法です。 この治療法を用いることで、 傷を治そうと、 体から分泌液が出て 傷をしっかり修復してくれるという仕組みです。 しかし、そこで消毒液を使ってしまうと、 せっかくの 体の細胞が破壊されてしまいます。 その結果、 炎症や かさぶたができてしまい、 うまく 修復できなくなってしまうのです。 この話は ピアス穴にも共通しています。 特に 穴を開けたばかりで 安定していない状況の時に 消毒しすぎてしまうと、 逆に かさぶたなどが できてしまう結果を招きかねません。 なので、 「 消毒しないとどうなるのか?」 と質問されたら、 何か おかしなことが起こるというより、 トラブルが発生しづらいという答えになるでしょう。 ただし、全く ケアをしない ということではありません。 洗浄もせずに放置していたら、 当然、雑菌は入り込んでしまいますし、 最悪 化膿して傷が悪化してしまう 恐れも 出てしまいます。 なので、 医師に相談した上で、 洗浄することはもちろんのこと、 適切なタイミング・適切な方法で、 消毒することも時に必要と覚えておきましょう。 nanacollect. com ピアス穴を消毒しないといけない期間は、 大体 1ヶ月前後と言われています。 これは、ピアス穴を開けたときに出てくる 分泌液(傷を防ごうとする体液)が 出てこなくなるまでの間の 目安と考えればいいです。 つまり ピアス穴が安定し 本当の意味で完成するまでの期間、 消毒は必要と考えると分かりやすいです。 ただし、いくら消毒が必要だからといって、 消毒しすぎはNG。 それは、先程お話しした通り、 自然治癒力で傷を治そうとしている細胞を 破壊してしまいかねない行動だから、 極端に言えば 消毒はしないほうが良いのです。 とはいえ、いろんな状況によって、 雑菌が入り込んでしまうこともありますよね。 特に、 ピアス穴が不安定な最初の1ヶ月は、 消毒することも必要と言われています。 つい指でピアスホールを触ってしまった。 運動をして汗をかいてしまった。 雑菌が入りやすくなる環境は、 日常生活においてたくさん発生します。 そういった時に、 洗浄・消毒してあげることは、 非常に大切。 もちろん、 ネット情報だけをうのみにして、 消毒してしまうのは危険。 そもそも治療法と同じで、 効果には 個人差がつきものなので、 まずは 医師に相談することが大切です。 com 基本的に ピアス穴を消毒しすぎると 肌のトラブルを招くだけ。 これは冒頭からお話ししているとおりです。 なので、まずはピアス穴を開ける際に、 医師にその後のケアを相談し、 対応していくことが大前提。 その上で、 消毒するタイミングを 一つの目安として把握しておくことは大切です。 毎日の様に消毒していいかどうか 確認しに 病院へ行くのもキリがありませんし、 なによりも夜間に病院が閉まっている時は、 確認のしようがありません。 あくまで 事前の相談は必要ですが、 ある程度 タイミングを把握することは、 適切に消毒する上で重要なのです。 では、どのタイミングで、 ピアス穴を消毒すれば良いのでしょうか。 答えとしては、 ずばり お風呂上がりを一つのタイミングと 捉えてください。 これは、転んでしまったり 何かしら耳に衝撃が加わったりなど、 別途トラブルが発生していないことが大前提。 このようなトラブルが起こった場合は、 まず 洗浄する必要がありますし、 明らかにピアス穴が汚れて ケガが大きくなった場合は、 消毒も必要な場合はあります。 ただし、これは例外であり、 通常は、 洗浄を中心に行うだけでOK。 あとは、1日1回 お風呂上がりに 軽く消毒するだけで構いません。 その理由は、先程からお話ししている通り、 消毒しすぎないことが、 肌のトラブルを防ぎやすいからです。 せっかくかわいくおしゃれしたいために ピアス穴を開けたのに、 かさぶたができて汚く見えてしまっては、 意味がありませんよね。 なので、あくまで 消毒は 余計な雑菌が入り込んで 化膿してしまわないための 補助的な処置と考えましょう。 その上で、医師の指示の下、 適切なタイミングで消毒するようにしてくださいね。 ピアス穴を消毒する方法ややり方は? ピアス穴を開けた後のケアとして、 時折、消毒する必要はあります。 いくら消毒しないほうが良いと言っても、 雑菌に感染して 破傷風にかかってしまった場合、 最悪、 死の危険性もあるので、 全く 無視していいというわけではないのです。 では、具体的にどのような 消毒をすれば、 ピアス穴を 雑菌の感染から防ぎ その上で、細胞を破壊せず 正しく ピアス穴をケアできるのでしょうか。 その やり方を、これから手順を追って 解説していきます。 amazonaws. com ピアス穴を消毒するには、 冒頭からお話ししている通り 洗浄が必要です。 なので、まずはピアス穴の消毒方法手順1として、 洗浄のやり方を覚えておきましょう。 具体的な洗浄方法は、 まず 刺激の少ない ボディーソープかせっけんを泡立て、 ピアス穴に 直接塗って洗います。 この際、 ピアススタッドは外さず、 くるくる回すなどして、 ピアス穴と一緒に洗っておきます。 特にピアス穴を定着させるまでに 身につける ファーストピアスは、 しばらく付けておく必要があるので、 汚れがたまりやすいです。 かといって外してしまうと、 ピアス穴を余計に刺激し、 傷を悪化させてしまうだけなので、 そのまま 一緒に洗浄することが大切です。 また、洗い終わったら、 きちんと すすぐことも 忘れないようにしましょう。 きれいにすすがずに、 せっけんなどの泡が残っていると 皮脂汚れの原因となりますので、 そのことは忘れないでください。 次に、すすぎまで終わったら、 綿棒などを使い、 ピアス穴周辺の水分をしっかり拭いましょう。 この時 ドライヤーで ピアス穴を乾かすのも良いです。 水分を取らずに、そのまま放置しておくと、 ファーストピアスなどをさびつかせ、 雑菌が入り込んでしまう原因となります。 また、そのことで、 ピアス穴を 化膿させてしまう恐れも出てきます。 しっかり水分を拭いケアしてくださいね。 com さて、ピアス穴を洗浄し終えたら、 今度は 消毒に移ります。 基本的なやり方は、 まず 消毒液を綿棒に付着させ、 ピアス穴周辺に塗っていく方法がベスト。 また、洗浄するのと同じように、 ファーストピアスに消毒液を塗って コロコロ転がすやり方でもOK。 どのみち ファーストピアスも消毒しないと、 消毒の意味が薄れていくので、 厳密にはこの方法が良いかもしれませんよ。 綿棒を使っても ファーストピアスを使っても、 どちらの方法でも構いません。 ただ、 一つ注意してほしいことがあります。 それは、 ピアス穴に 直接消毒液を塗らないことです。 冒頭からお話ししている通り、 あまり 刺激の強い消毒液を そのまま ダイレクトに塗ってしまうと、 細胞までも破壊されてしまい、 自然治癒能力までも低下してしまいます。 結果、 かさぶたができ、 将来、 傷がしみになって 永遠に残ってしまうなど、 かなり 悪影響をおよぼすことも考えられます。 なので、 直接消毒液を塗る方法は、 間違ったやり方と覚え、 優しく 間接的に塗る方法として 綿棒や ファーストピアスを使った 消毒のやり方を覚えましょう。 nanacollect. com せっかくピアス穴を 消毒したのに、 そのままほったらかしでは また 雑菌が入りこみ、 化膿してしまうかもしれません。 そこで、最後に、 雑菌が入らないようにピアス穴を 保護する必要があります。 その方法としておすすめしたいのは、 ピアス穴を清潔に保ち保護する 専用ジェルを塗る方法。 後ほど、 おすすめグッズとして ご紹介いたしますが、 モイストヒーリング するための絆創膏のように、 ピアス穴を保護するためのジェルもあります。 そのジェルをピアス穴周辺に 綿棒などを使って塗るだけで、 ピアス穴を雑菌から防ぐことが出来るので 非常におすすめです。 もちろん、 ジェルを塗ったからといって、 必ず雑菌が入らないということではありません。 あくまで 雑菌が 入りづらくするための 予防策です。 しかし、これをやるとやらないとでは、 大きく差が出て来ることは確か。 少しでも 雑菌が入らないようにするには、 清潔を保つことは必要不可欠なので、 必ず、 保護するための専用ジェルを塗り、 雑菌が入らないよう予防しましょう。 ピアジェリーは、先程ご紹介した ピアス穴を保護して清潔に保つための ジェル状の保護液です。 基本的な使い方は先程ご紹介した通り。 洗浄・消毒して、 ピアス穴の水分をしっかり拭った後、 専用綿棒でピアス穴の表面・裏面に このジェルを付けてください。 たったこれだけのやり方で、 しっかり ピアス穴を 雑菌から保護してくれます。 とはいえ、 一度塗ったら一生効果を 発揮するものではありません。 やはり 一日一度、 お風呂から出てきたタイミングで塗るのが、 ベストなやり方です。 ぜひ、 ピアス穴を保護するためにも あると非常に便利なので ピアジェリーは 常備しておきましょう。 ピアス穴の消毒にはピアフロスがおすすめ! ピアス穴を消毒するには ピアス穴を洗浄し、 汚れが取れていることが大前提。 しかし、 お風呂に入っている時間がなく、 忙しい中 消毒だけしたい ということも あるかもしれません。 そんな時は、 ピアフロスという糸状のお掃除棒を使用し、 汚れを拭い去ることをおすすめします。 この ピアフロスというグッズは、 歯の細かい掃除に使う デンタルフロスと同じと考えると 分かりやすいです。 糸状になった フロスを 付属されている ハーブウォーターに浸し、 ピアス穴に通してあげるだけで、 汚れが取れるというすぐれもの。 これがあるだけで、 ピアス穴を清潔に保つこともでき、 非常に便利でおすすめです。 ピアス穴を清潔に保つことは、 冒頭からお話ししている通り、 非常に大切なことです。 ぜひ、 ピアス穴の消毒を よりよく効果的なものとするためにも、 ピアス穴の汚れを取ってくれる ピアフロスを常備しておいてくださいね。 この記事を読んだ方からは、 こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ ・ ・ ・ ・ いかがでしたでしょうか? 今回は、 ピアス穴を初めて開けた人向けに、 ピアス穴の消毒する方法・やり方や、 消毒しなければいけない期間を中心に、 参考となる情報をご紹介させていただきました。 ぜひ、 ピアス穴を開けた時のケアに 困惑されている方は、 一つの参考としてみてくださいね。 以上『ピアス穴の消毒方法!おすすめのやり方や市販の消毒液のご紹介!』の記事でした。

次の

【楽天市場】ピアスホールの掃除用フロス ピアフロス ミント ローズ ピアス穴のそうじ メール便不可:アクセサリーショップPIENA

ピアス ホール 掃除

「ピアスを開ける」というのは怖いものです。 一生治らない穴が開くというリスクはもちろん、ピアス穴を開ける時に痛みを伴いますので当然です。 ピアスはアクセサリーとしてコーディネートのアクセントになるため非常に人気ですが、間違った処置やケアをしてしまうと大変なことになります。 膿んできたりして、せっかく開けた穴を一度閉じないといけない可能性も出てくるのです。 なので、最悪の事態を避けるためにも消毒の仕方はもちろん、消毒液も正しいものを選ぶようにしましょう。 これから初めてピアスを開ける人に、特に読んでほしい内容となっています。 ですので、良くない物を紹介していた場合には、すぐにコメントのほどよろしくお願いいたします。 人気コンテンツの目次• ピアスホールの消毒液の選び方と選ぶ際のポイント ピアスホールは本当に小さな穴かもしれませんが、体の一部には違いありません。 自分に合わない消毒液を選んでしまってピアスホールが取り返しのつかないことになってしまったら、後悔するにもしきれませんよね。 しっかりあなたに合った消毒液を選ぶようにして下さい。 その為にこれから、ピアスホールの消毒液を選ぶ際のポイントをご紹介していきます。 消毒液のタイプから選ぶ ピアスホールの消毒液には、液タイプ、ジェルタイプ、軟膏タイプの、大きく分けて3つのタイプがあります。 液タイプは、乾きやすさが最大のメリットで、ピアスホールの中に消毒薬の成分が残ることを防いでくれます。 ジェルタイプのメリットは、塗りやすいというところ。 見た目で分かりやすく塗りやすいだけではなく、塗った時の感触も滑らかですよ。 軟膏タイプのメリットは、抗生物質がしっかり配合されていることです。 実際に外傷に塗る際に使用する軟膏ですから、安心して使用することができますよね。 ずっと同じタイプを使用するだけではなく、開けてからの期間で選んでみても良いかもしれません。 開けたばかりの時と、開けてから何か月も経った後の時では、ピアスホールの状況も変わっていると思いますよ。 あなたが使いやすいタイプと、実際のピアスホールの様子から選んでみて下さいね。 コスパ・価格帯で選ぶ ピアスホールの消毒は、開けてからずっと続くものですよね。 つまりは、ずっとお金が掛かるということなのです。 できる限り安く済ませたくても、安いものを使用した結果ピアスホールが荒れてしまった…なんてことは避けたいですよね。 あなたの耳に合ったものの中から、できる限り安いもの…、つまり、値段も質も良い、コスパの良さで選べると良いです。 また、自分に合わなかった…という時でも他で代用できるようなタイプの商品を選べば、コスパも更に良くなるでしょう。 買いやすさ・市販場所で選ぶ ずっと買い続ける消毒液ですから、買いやすさは実は大切なポイントです。 あまりマイナーなものを選びすぎると、引っ越した先の薬局には売っていない…ということもあり得るのです。 売ってなければ新しい消毒液にチャレンジしてみよう、という気持ちがあるのであればそこまで問題ではないかもしれません。 しかし、少しでも慣れたものをずっと使い続けたいという気持ちがあるのであれば、どこの薬局でも売っているようなものを選べると良いかもしれませんね。 ピアス開ける時、消毒液のオススメは薬局・ドラックストアにあるどれ?【人気の市販品】 ワンダーワークス NMサニタリースプレー【ノンアルコール】 薬局で最も簡単に手に入る「手ピカジェル」。 「え!?」と思う人もいるかもしれませんが、ピアス穴の消毒液として代用できるアイテムとして知られています。 なかなか近くの薬局にピアス用の消毒液がないという場合に使えるので、知っておくことをおすすめします。 手ピカジェルは常備されている方が多いと思うので、もうすでに自宅にあるという場合は、わざわざ消毒液を買う必要もないので嬉しいポイントです。 手ピカジェルは、ずっとつけていなかったピアス穴の消毒や循環液のような役割もしてくれます。 これ1個で一石二鳥の役割をしてくれるということです。 もちろん手ピカジェル本来の使い方もできるため、持っていると非常に重宝するアイテムです。 ピアス穴の洗浄の為に専用の消毒液を買うのはもったいないという場合は、かなりおすすめです。 ピアス穴の洗浄と言えば、マキロンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? 昔からピアス穴の洗浄の大定番となっています。 なので、購入せずともすでに自宅の薬箱にあるという人も多いのではないでしょうか。 マキロンは手軽で手に入りやすいというメリットもありますが、実はデメリットもあります。 マキロンは液タイプとなるので付けるのが困難であり、直接ピアス穴に付けてしまうことで細菌がついてしまう可能性があるのです。 そのため敏感肌の方は注意してください。 ピアス穴の洗浄と言えばマキロンを思い浮かべる人が多いので、マキロンを使うのが当たり前だと思っているでしょうが、実はマキロンで化膿するケースも報告されています。 なので、肌が弱い、化膿するのが怖いという方は使用を控えたほうが無難ということを知っておきましょう。 また、ピアス穴を開けたばかりだとしみる可能性もあります。 あくまでピアス消毒液の代用品として考え、自己責任で使用してください。

次の

もう臭わない!ピアスの穴をキレイにする3つのケア方法

ピアス ホール 掃除

ピアスの穴が臭い原因は? ピアスの穴を開けてからしばらく経つのに、 なんだか変な臭いがして気になるという方は多いようです。 なぜピアスの穴は臭くなってしまうのでしょうか。 その原因の一つは、 老廃物の蓄積です。 毎日使う シャンプーやリンスの洗い残し、そして 汗や皮脂といった老廃物がピアスの穴に溜まることで臭いが発生してしまうのです。 耳たぶを押してみたら、白いカスや液体のようなものが出てきたという経験はありませんか? 実はこれらが 溜まった老廃物であり、ピアスの穴が臭う原因の一つでもあるのです。 また、 ピアス穴の内部に傷がついて化膿してしまっているということも考えられます。 特に大ぶりなピアスを付けている時は、髪の毛や服に引っかかったりしてしまうことがありますよね。 そんな時にできた小さな傷が、穴の中で化膿してしまうということがあるんです。 そしてもう一つ、意外な盲点が ピアス自体の臭いです。 ピアスの素材によっては 水に触れると錆びてしまう メッキや 真鍮のものがあります。 シャワーを浴びる時にピアスを付けっぱなしにしてはいませんか? 錆びが臭いの原因となることもあるので注意が必要ですね。 ピアスの穴が臭い対策は? せっかく素敵なピアスを付けていても、イヤな臭いがしたら気分も台無しです。 では、ピアスの穴の臭いにはどんな対策をすればいいのでしょうか。 お風呂タイムに体を洗うのと同じ感覚でケアするのもよし、 朝の洗顔後にパパッと済ませるもよし、ピアスホールの掃除というのはそんなに難しいことではないんです。 まずは お風呂に入る時に行うピアスの穴の掃除方法です。 普段使っている石鹸やボディーソープを泡立てて、ピアスの穴を中心に優しく洗います。 この時に 注意点が一つあります。 それは、ピアスホールは シャンプーの後に洗うということです。 なぜかというと、 シャンプーの泡というのはピアスの穴に残りがちなため、きちんと洗い流さないと結局は汚れを溜め込んでしまう結果になるからなんです。 ピアスの穴の部分はもちろんですが、 ピアス自体にも汗や皮脂といった老廃物が付着しがちです お風呂に入る時はきちんとピアスを外し、 泡の洗い残しがないように最後はしっかりシャワーで流しましょう。 ちょっと面倒な時もありますが、 ピアスを外してからお風呂に入ることで臭いだけでなく錆びつきも防ぐことができます。 乾いた布で拭くことで、清潔さを保つことができますよ。 もう少しきちんとケアをしたいという方には 煮沸消毒もオススメです。 ただし、 ピアスの素材には注意が必要です。 樹脂素材のものや天然の石なんかは、 熱湯に弱いという性質があります。 煮沸消毒が難しいピアスの場合は アルコール消毒をしてみましょう。 これで、雑菌とはおさらばできちゃいます。 楽天で購入 使い方は簡単です。 フロスを取り出して、液に浸します。 フロスの先端をピアスの穴に通したら、反対側から引っ張って貫通させるだけ。 溜まった汚れは一緒に出てくるので、綺麗になったことが目に見えて実感できちゃいます。 清涼感のあるミントの香りとエレガントなローズの香りの2種類があり、お値段は 税込みで540円です。 実際に使用したユーザーの口コミはこちら。 今までこういうフロスを使ったことがなかったのですが、使ってみると、なんと便利なものかと思いました。 本当に手軽ですね。 フロスがホールにすっと入りました。 簡単にケアができるというのはポイントが高いですよね。 36という高い満足度を得ているのが 「プラスジェル」です。 楽天で購入 フロスなどの専用器具を使う必要はなく、ピアスの穴付近にちょんちょんとつけるだけで消毒ができます。 こちらは ジェル状の消毒液のため、 液だれしにくいところがポイントです。 お値段は 税込みで684円です。 ピアス自体の消毒に使っているというユーザーもいましたよ。 夏はピアスホールが痛みやすいので購入しました。 液だれしないので余計な所に行きにくく 肌荒れしにくいです。 肌荒れしにくいというのは嬉しいですね。 まとめ ピアスホールの臭いについて、その 原因と対策をご紹介してきました。 つい日々のケアを怠りがちなピアスホールですが、汚れが溜まるとイヤな臭いの原因になってしまうこともあるんですね。 臭いの対策には、 ピアス穴のこまめな消毒と掃除がカギとなってきます。 簡単なケアで臭いを防ぐことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

次の