年賀状 を やめる 文章。 年賀状やりとりをやめたい友達へやめる意思を伝える文例紹介、断捨離にもなる

終活年賀状文例集「来年から年賀状を辞退します」

年賀状 を やめる 文章

年末年始にはやることがたくさんありますが、中でも年賀状は時間や手間がかかります。 付き合いのある人が多ければ多いほど、作成する年賀状の数も比例して増えていくため、面倒におもっている人も多いことでしょう。 必要だからと続けてきたけれど、次第に考え方が変化していき、最終的には年賀状をやめることにしたという人も増えてきました。 しかし、年賀状をどうやってらやめることができるのか、その方法がわからないと悩んでいませんか? 「いきなり年賀状をやめても大丈夫なのか」「年賀状のやめ時がわからない」などの、疑問はたくさんあると思います。 今回の「終活ねっと」では、 年賀状をやめることについて、以下のことを中心に解説していきます。 年賀状をやめると決めたとき、一番気になることと言えば今まで年賀状を送ってきた人たちのことだと思います。 いきなり年賀状をやめたら、人間関係の問題が増えてしまうのではないかと心配してしまうのも無理はありません。 確かに年賀状をやめるのにも手順を踏まなければなりませんが、相手によっては必要のないものです。 相手に何も言わずにやめる 年賀状をやめる際、相手には何も言わずにやめてもいい場合があります。 それは相手がご自身とあまり 親しい間柄ではない場合です。 年賀状はそれなりに交流のある相手と送り合うものですが、知り合い未満の方や途中から交流が少なくなったという方もいます。 積極的に年賀状を送りたい相手ではないのなら、無理して送る必要はありません。 予告なしに年賀状をやめても問題は起きないでしょう。 ただし、これは自分の実生活に相手が全く関与していない場合に限られます。 親しい相手ではなくても、顔を合わせる機会があるならお互いに気まずい思いをする可能性があるため、年賀状のみのお付き合いになっている相手だけにしてください。 相手に知らせてやめる 年賀状をやめる際、いきなりやめては相手を心配させたり、不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがあります。 そのため、今まで年賀状を送ってきた相手に対し、もう送らないということをお知らせしなければなりません。 全員に年賀状を送るのをやめたことを伝える 予告なしに年賀状をやめるのは、実生活に関わりのない方々だけと先述いたしました。 つまり、親戚やご友人など普段から顔を合わせる機会の多い方々には、 あらかじめ年賀状を送らないという宣言をしておく必要があります。 そうしておくことで、人間関係がこじれるのを防ぐことができます。 注意点を挙げるなら「全員」に対して「早め」に、年賀状をやめたことを伝えるという点です。 早めに伝えなければ相手がすでに記入済の年賀状を用意している可能性があります。 また、全員に知らせなければ「自分にだけ年賀状を送らないということか」と相手を不快な気分にさせてしまうためです。 年賀状をやめることを伝える文例・文面 年賀状をやめることを伝える方法は、直接会った際に伝えるか、もしくは 寒中見舞いに書くことです。 最後の年賀状を送る際に、書くという方法もありますが「明けましておめでとうございます」という挨拶の後に添える話題としてあまり良いものではないでしょう。 そのため、会う機会の多い相手には口頭で伝え、なかなか会えない相手には寒中見舞いを出して知らせます。 以後相手と付き合うつもりがない場合の挨拶文 寒中お見舞い申し上げます このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました 誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い致します 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております 年賀状を送る相手の中には、 付き合いを続ける気のない相手もいることでしょう。 そういった相手には上記のような例文を寒中見舞いに添えてください。 最初は寒中見舞いの挨拶から始まります。 寒中見舞いは1月~2月にかけて送るため、相手から年賀状を受け取っている可能性が高いです。 そのため、年賀状をいただいたことに関する感謝を述べます。 そしてもう年賀状を送らないこと、相手にもそれを了承してほしいことを丁寧にお願いします。 最後は相手の健康を気遣う文章で締めくくってください。 相手との付き合いを続けたい場合の挨拶文 寒中お見舞い申し上げます このたびはご丁寧な年賀状をいただきありがとうございました 誠に勝手ながら 本年をもちまして年賀状による年始のご挨拶をどなた様に対しても控えさせていただくこととなりました 何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い致します そして今後とも変わらぬお付き合いをいただけると幸いです 皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りしております 反対にこれからも 付き合いを続けていきたいと願っている相手に送る場合、上記のような挨拶文をおすすめします。 一見、先述した挨拶文と変わらないように見えますが、こちらには「変わらぬお付き合いをしてほしい」という新しい一文が加わっています。 付き合いを続ける気がない方への挨拶文では、内容が用件と相手に対する気遣いだけという素っ気ないものでした。 しかしこれまでの良好な関係を維持したいという気持ちを伝えるには、さらに言葉を添える必要があります。 そのため、年賀状を送らなくなっても付き合いは続けていきたいという意思を示す言葉を入れておくのが良いでしょう。 年賀状を出すのをやめる理由 年賀状をやめる方法について先述いたしました。 しかし、そもそも年賀状をやめたいと思った理由は何でしょうか。 理由は人によってさまざまですが、ここでは4つに絞ってご紹介します。 手間がかかる 年賀状を記入する際、一番面倒に感じる部分として挙げられるのは 手間がかかるという点です。 年賀状を出す相手に応じて名前と住所、さらに自分の名前と住所を記入、そして裏面にはイラストや写真などを入れて挨拶文も書き添えます。 これらを毎年人数分、作らなければならないのです。 今日では手書きだけでなく、パソコンソフトなどもありますので、以前より作業工程は少なくすることができます。 しかし、手間がかかることに違いはありません。 また、ご家族や専門のお店などに代筆してもらうという方法もあります。 ですが代わりにご家族に手間をとらせたり、余分なお金がかかったりするため、これも良い方法とは言えません。 印刷やはがきの費用が高い 印刷や ハガキにかかる費用が高いところも年賀状をやめたくなる理由の1つです。 年賀状を作る際、多くの人はパソコンを使用して住所やイラストなどを載せて作っています。 その場合、必ず行うのが年賀状にその情報を印刷するという工程です。 自宅にあるプリンターで印刷するとしても、電気代やインク代がかかります。 そして当然ながらハガキ代もかかるため、送る相手が多いほどに毎年費用はかさむことでしょう。 さらに印刷は裏表両方やる必要があるため、片面が成功しても残りの片面で印刷ミスをしてしまうと新しいハガキを用意しなければなりません。 手書きの場合、印刷は必要ないですがそれでも費用はかかります。 義務感で出すのがしんどい 年賀状を送る相手と自分の関係性によっては、ほとんど義務感だけで送っている相手もいます。 そういった 義務感だけで出すのが精神的にしんどいというのも、年賀状をやめる理由になります。 これは自分が望んでいない行動を無理にやっていることから、精神的な辛さが増しているのでしょう。 しかも義務で年賀状を送り続ける理由がそれほど大したものではないなら、なおさらです。 これが友達相手なら直接年賀状をやめると言えば済む話ですが、年に数回会う機会があるだけの親戚などの場合は言い出しづらいことでしょう。 SNSやメールでも送れる 年賀状を出す上で生まれるデメリットから、年賀状自体をやめたくなる理由に関しては上記に挙げた通りです。 しかし、年賀状そのものが SNSやメールで代用できるため、わざわざ手間をかけて作る必要がないという理由もあります。 年賀状は出すのにも届けるのにも時間がかかりますが、SNSやメールを使えば一瞬で自分の考えたメッセージを相手に伝えることが簡単にできるのです。 さらに近年では年賀状用の画像をネット上でダウンロードし、メッセージを打ち込み、SNSで相手に送るということもできます。 これで相手も同じ方法で年賀状を送ることができるため、相手の負担を減らせるというメリットもあります。 以下の記事では年賀状の減少について詳しく紹介しています。 こちらもあわせてご覧ください。 以前から年賀状をやめたいと思ってはいても、決断するにはきっかけやタイミングが重要になってきます。 年賀状をやめるタイミングとは、どんな時でしょうか。 喪中はがきを出した翌年 年賀状をやめるタイミングとしては、 喪中はがきを出した翌年が適切です。 喪中はがきは不幸があった時に、年賀状を送ることができないと伝えるためのものです。 ここでポイントになるのは、喪中はがきに「今後年賀状を出すのをやめること」を書かないという点でしょう。 喪中はがきはあくまでも用件を伝えるだけに留めます。 故人の喪が明けて今後のことを考える余裕が出てきた翌年に送った方が丁度良いタイミングと言えます。 年齢的に厳しくなってきた時 年齢が上がるにつれて、 年賀状を続けていくのが難しいと感じた時もやめ時と言えるでしょう。 年賀状は先述したように、手間暇や時間のかかる作業をこなさなければなりません。 還暦や古希を迎えた高齢の方には、そのための体力や気力があまりないという方も多いのです。 また、高齢になると病気を患っている方も多くなってきます。 そして長らく年賀状を送り合っている相手も高齢ならば、かかっている負担は同じでしょう。 わざわざご自身の身体の不調に耐えてまで、年賀状を無理に作成する必要はありません。 引っ越した時 何らかの理由により、 引越しをすることになった時もやめるタイミングになります。 これをきっかけに、家の中にある余分なものと一緒に年賀状の断捨離もしてしまいましょう。 何もない時にやめるのは抵抗があっても、引越しやそれに伴う断捨離という大義名分があれば、年賀状もやめやすくなります。 今までとっておいた年賀状は撮影し、写真としてとっておけば捨てても問題ありません。 引っ越しをする際、お世話になったご近所さんへ、また引っ越し先の新居のご近所さんへ挨拶をします。 以下の記事では、そんな引越しの際の挨拶のマナーと挨拶状の文例をご紹介しています。 気になる方は是非ご覧ください。 年賀状をなんとなく続けているという方は、やめることで得られるメリットをご存知でしょうか。 そのメリットが大きければ、年賀状を続ける理由もなくなります。 年末年始のストレスがなくなる 年末年始はお客さんのおもてなしの準備や飾りなど、やることが沢山あります。 そこに加えて「年賀状を書かなければいけない」という気持ちで年賀状の作成をしなければいけません。 しかし、もう年賀状を出す必要がないとなれば、単純に作業量が減るのです。 少なくとも年賀状のことで、精神的な負担を感じることはもうありません。 ストレスも減るため、今までよりも楽な気分で年末年始を迎えられます。 自由な時間が取れる 繰り返しになりますが、年賀状の作成には とにかく時間がかかるものです。 好き勝手に書くことができる手紙と違い、マナーに気をつけなければいけませんし、送られてきた年賀状には返事を出す必要があります。 しかし、年賀状をやめたなら、はがきを買ったり、年賀状の印刷をしたりするなどの時間を捻出しなくてもいいのです。 今まで年賀状作成に使っていた時間をこれからは好きに使うことができます。 年賀状をやめることについてまとめ• 自分の実生活に相手が全く関わっていない場合に限り、何も言わずにやめていい。 相手に知らせてからやめる場合は全員に対し、早めに伝える• 口頭もしくは寒中見舞いで伝え、後者なら関係を維持したい相手には「これからも付き合いを続けたい」という意思表示が必要• やめる理由は手間暇や費用がかかる、義務感で出すことが精神的負担となっている、SNSやメールの方が簡単に送れるなどがある• やめるタイミングは年齢による体調の変化や引越しなどの大きな変化があった時 やめるメリットはストレスが減り、自由な時間を増やせること 年賀状をやめることで得られるメリットの方が大きいことがわかりました。 SNSなどの便利なサービスが普及してきた現代では、そこまで年賀状にこだわる必要はなさそうです。 しかし、良いお付き合いを続けていきたい相手に対しては、失礼にならない年賀状のやめ方を心がけておきましょう。 「終活ねっと」では、他にも年賀状について詳しく解説した記事を数多く掲載しております。 ご興味があれば、そちらも合わせてぜひご覧ください。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

年賀状をやめたい…。失礼にならない年賀状辞退の書き方

年賀状 を やめる 文章

相手が年賀状を出す前に、事前に報告するというのが大事です。 印象が全然違います。 というわけで、叔母には文面は手書きで書くように伝えて宛名だけ印刷して渡しました。 年賀状を辞める理由の記載 唐突に「やめます」だと相手に不快感を与える、もしくは心配させてしまう事から、理由をきちんと明記する事が大事です。 そして必ず使った方がいいポイントとなるキーワードが 「 どなた様にも」。 あなただけじゃないですよ、皆さんに同じようにお断りしてるんですよ、というのを伝えるのが大事です。 この一言、とても重要です! 今後のお付き合いの言葉 年賀状を辞めるだけで今後の付き合いは変わらず大事にしていきたいわけなので、その旨が伝わる言葉を書くと良いです。 年賀状辞退の文例 叔母に提案した文例がこちら。 「寒気いよいよ厳しく、皆様にはおかわりございませんでしょうか。 —お付き合いによって何か簡単な文章を入れる— 寄る年波を感じるに至り、本年をもってどなた様にも年始のご挨拶を控えさせて頂く事に致しました。 誠に勝手ではございますが、今後も変わらぬお付き合いをよろしくお願い致します。 年末に向けてご多忙な日々をお過ごしのことと存じます。 どうぞご自愛くださいませ。 」 叔母も納得してくれました。 一安心。

次の

年賀状をやめたいときの文例はこの一文で解決!やめるなら気持ちよくやめよう

年賀状 を やめる 文章

net 年賀状を辞めるタイミングって考えちゃいますよね。 毎年、年賀状だけはやり取りをしている方もいるでしょうし、いきなり辞めるのもなぁ・・・。 と思ってしまいます。 でも、一度考えてみてください。 その年賀状のやり取りは意味がありますか?義務になっていませんか?相手に出したいから出していますか? 自分から「出したい!」と思う方は、辞める必要はないと思います。 年賀状を出すこと、やり取りすることを楽しんでいるからです。 でも、「年末の忙しい時期に時間を割いてまで作って送る必要があるのか」と思ったり、家で年賀状の表面も裏面も印刷して手書きのメッセージは書かない。 など義務になっていたりして、 辞めようか、どうしようかと思うのなら、それが辞め時です。 年賀状を辞めてもマナー違反には当たらないですし、辞めるのも続けるのも本来は自由なもの。 他にも引越しや転勤・転職などがあったときに、年賀状を送るのを辞めるタイミングの一つだと思います。 1、年賀状辞退する挨拶を末尾に書く。 2、年賀状を辞退するのは、出す人全員だということを明記する。 3、年賀状をださない理由は、相手に気を遣わせない差しさわりのないものにする。 4、年賀状を出さないからといって、関係がなくなるわけではない事を伝える。 来年から年賀状を辞退するのに、「あなただけに送るのを辞めます」という印象を与えるのは良くありませんので、 「どなた様にも年賀状を出す事を辞めます」という内容を書く事がオススメです。 また例え病気などを患っていて辞退するのであっても、 相手に心配をかけるような文面での連絡は相手に気を遣わせてしまう可能性がありますので、避けましょう。 高齢のため、体力の衰え、ストレートに今年限りでなど、一言書くことをオススメします。 年賀状を出さないからといって、関係が終わってしまうわけではありませんので、「本年も宜しく御願い申し上げます」や「今後とも変わらぬお付き合いのほど御願い申し上げます」などの文面を入れると、双方安心できますよね。 スポンサードリンク 挨拶文と例文 では一体、どんな文章を文尾に書いたらいいのかな。 と思いますよね。 【年齢を理由に辞退する場合】 「長年に渡りいただいておりました新年のご挨拶ですが、寄る年波を感じるに至り誠に勝手ながら今後どなた様にも控えさせていただきたく存じます。 」 「〇〇歳になったのを機に、来年からはどなた様にも年賀状を辞退させていただきます。 」 【年賀状を辞退する場合】 「長年に渡りいただいておりました新年のご挨拶ですが、何かと雑事に追われ年賀状の準備が困難になってまいりました。 誠に勝手ながらどなた様にも控えさせていただきたく、今後はメールやSNS、お電話などでお付き合いさせていただければと思います。 」 このような感じで、 「どなた様にも」という一文をいれ、さらにお付き合いがなくなるわけではなく、メールや手紙、SNS等で今後も交流させていただきたい旨を入れたり、今後もお付き合いを続けたいなどをいれると相手方も安心です。 昔は年賀状をやり取りしていた方も多いですが、今はもっと簡単にコミュニケーションが取れるので、若い世代ほど年賀状を書かなくなってきているという現状があります。 年賀状を出すことが義務感になっているのであれば、辞退をすることによって、その空いた時間を使って年末の忙しい時の用事などにあてる事ができますよね。 まとめ ・年賀状を辞めるタイミングは、辞めようかと思ったときが辞め時。 また転職や異動、引越しなどにあわせて辞めるのもひとつ。 ・年賀状を辞退するときは、末尾に書き、必ず「どなた様にも」という記載を忘れないこと。 また辞退する内容は差しさわりのないもので、年賀状を辞めたからと言って、関係性までなくなることはないことも記載する。 ・年賀状は出すも出さないも本来自由なものであり、今は年賀状以外にもコミュニケーションを取れるメールやSNS、電話などで交流するのもオススメ。 ・年賀状を辞退することによって、年末の忙しいときに自分の時間を持つことができる。 スポンサードリンク•

次の