足首 の 外側 が 痛い。 歩くと足の外側が痛いときは『腓骨筋腱炎』かも!原因から対処まで解説

足首の外側の痛みの原因と治療法

足首 の 外側 が 痛い

「 特にケガをしたわけでもないのに足首や足の外側が痛い」 歩いたりしたときになぜか足が痛む場合は、足の筋肉の負担による炎症で起こる 『腓骨筋腱炎』 の可能性を考えてみられてもよいかもしれません。 腓骨筋腱炎は、• ズルズルと痛みが続きやすく(慢性化)• 歩いたり ・走ったり などの基本的な動作で『痛み』が出る ことから起こると意外にやっかいな疾患です。 病院で腓骨筋腱炎と診断されても休ませるように言われるだけだったり、きちんと処置してもらえないことも多いため、「もしかして私のこの足の痛みは・・」と思われた方は読み進めて自分が腓骨筋腱炎に当てはまるか知っていただいて、もしそうなら自分がどう対処できることを実践していただければと思います。 足の腱鞘炎にあたる腓骨筋腱炎とは 『腓骨筋腱炎』とは、腓骨筋という筋肉に炎症が起こっているいわゆる腱鞘炎のことを指します。 まずはその筋肉がどういうものかイメージしていきましょう。 腓骨筋について 腓骨筋(peroneal muscle )は、• 短腓骨筋(たんひこつきん) (peroneus brevis muscle)• 長腓骨筋(ちょうひこつきん) (peroneus longus muscle) の2つがあります。 この2つは、筋肉のスタートはおおよそ同じで途中までの通っている場所も一緒ですが、最後のほうで、• 腓骨筋に関わる病態のいろいろ 腓骨筋に問題が起こっている状態なのは確かですが、その問題の起こり方で疾患名がかわることもあります。 短腓骨筋腱炎 短腓骨筋腱に炎症が起こっているため、筋肉の付き目あたりが痛くなる• 腓骨筋滑車症候群 これは、長腓骨筋が急カーブを曲がるところがあります。 そこを骨のでっぱりが滑車のような役目をしてそのカーブを作っていますが、ここが擦れて炎症を起こしたりすることによる痛みで、腓骨筋腱滑車部あたりに痛みが出ます みなさんの処置は同じなのでそこまで厳密にする必要はありませんが、頭の片隅に入れておいてください。 腓骨筋のもうひとつの問題として 『腓骨筋腱脱臼』 があって、かがんだりしたときに外くるぶしに腓骨筋の腱が乗りあがってくる(脱臼)ことがあります。 「しゃがんだときに筋がずれるような感覚と痛みが足の外側にある」 などの場合にはその可能性もあることを知っておいていただいても良いと思います。 スポンサーリンク 腓骨筋腱炎が起こる原因の基本は負担のかかりすぎ この2つある腓骨筋腱炎が起こる原因としては、• スポーツなどの運動による使い過ぎ スポーツで走ることの多い人やジョギングをしている人などでも起こることがあります。 靴障害 足に合っていない靴を履いている 特に若い女性などはファッション性を重視した靴(ヒールなど)を履くことで足の外側に負担がかかって起こることが多いです。 が主にあり、基本的に• スポーツや運動を一定期間休む(目安は2週間~1か月)• 足にあった靴を履く という対処で解消していくことができます。 ただ、このどれもが何か治療をするだけで良くなるものではなく、今までのご自分の生活習慣(ライフスタイル)を変えることが必要になってきますので 自分の生活習慣をかえることができない 方はうまく治療が進まずにズルズルと長引いてしまうこともよくある少々やっかいな疾患です。 スポンサーリンク 腓骨筋腱炎の症状は炎症によるもの 腓骨筋腱炎では、 「歩くときに足の外側が痛い!」 「体重を足の外側にかけると痛みが出る」 などを訴えられるものがほとんどで、中にはその部分が• 赤くなったり(発赤)• 腫れたり(腫脹) することがあります。 また、『腓骨筋腱滑車症候群』などでは、滑車部付近が大きく盛り上がって 『タコ(胼胝:べんち)』 が出来ている場合があります。 こうなると、わかりやすいのですが実際には見た目でわからないことの方が多いです。 そこで、1番わかりやすい症状としてみておきたいのが 『押さえた痛み(圧痛:あっつう)』 です。 疑われる筋肉の付き目(もしくは滑車部)のところをグッと押してみて痛かったらおおよそ当たりとしてもよいでしょう。 次に足を動かしたときに痛みがあるかをチェックします。 足の外側を上の方に持ち上げる動き(外返し)• 足先を下に向けておいて足先を外側に向ける動き(底屈+外転) などをしたときに痛みが出るか( 運動痛) を確認することも大切です。 腓骨筋腱炎はレントゲンではわからない 『腓骨筋腱炎』の画像診断は、• レントゲン(X線)• CT(computed tomography) など、 骨や関節の状態(形状)を把握するのに適しているものでは、何も変化が読み取れません。 その『炎症』を確実に診るためには 『MRI:magnetic resonance imaging』 が必要です。 ただし、『腓骨筋腱炎』では、臨床症状やレントゲンで問題がないという画像所見を得られた時点で診断されることが多く、『MRI』まで撮ることは一般的ではありません。 治療をすればよくなりますし、しっかり病態を把握しておかないと困る事情も特にないからです。 それでも撮影してもいいんでしょうが、医療費や撮影所間などの患者さん負担が大きくなるだけなのであまり現実的にはあまり選択されません。 3日前?の15:00位から徐々に痛み始め、日曜の今では歩くだけでも痛いです。 私自身、左膝前十字靭帯断裂の手術を2年前に受け、そこから10km走れるくらいまでは復活しました。 しかし、先日、仕事の事故で再建した靭帯が少し緩み、走るのを1か月我慢していました。 久しぶりに4kmほど走った次の日からの痛みです。 シューズを新しくしたのと、無意識に膝をかばうように走っているのが原因なのか・・・。 安静にしようにも仕事柄 保育士 安静にするのが正直難しいです。 現在は患部にロキソニンテープを貼り、アイシングを家出はするようにしています。 仕事中はテーピングとサポーターでどうにかしようとは思っていますが、一度受診した方がいいでしょうか?.

次の

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首 の 外側 が 痛い

足首やくるぶしが痛いときの症状、病名は? 痛いのが内側か外側によって違うの? 足首やくるぶしが腫れてて痛いと言う場合、次のようなことが考えられます。 捻挫 捻挫とは足首の関節をくじくことです。 関節に無理な力がかかって、靭帯などを痛めてしまうのが 「捻挫」です。 捻挫の場合は、腫れて、押すと痛みがあります。 骨折 骨が折れた場合には、もちろんとても痛いですよね 骨折には、一度に大きな力が加わる「圧迫骨折」だけでなく 「疲労骨折」もあるので注意が必要です。 「疲労骨折」は、同じ場所に繰り返し力が加わることにより起こります。 例えば、跳躍や長時間の走りを繰り返した場合などです。 疲労骨折の場合、普段はなんともなくて、スポーツのときや後にだけ痛い ということもあるので、病院で診察を受けることが大切です。 痛風 痛風は、尿酸が体の中にたまって結晶になるために起こる病気です。 痛風になると、足の親指のつけ根が赤くはれ、激しい痛みがあります。 あまりにも痛いので西洋では「魔女の一撃」と言われることも。 痛みが治まったとしても、そのまま放っておくと、慢性化したり 他の病気の原因にもなりかねません。 痛風の症状が起きた時には、医師の診断を受けるとともに 食生活を含めた生活習慣を見直す必要があります。 足首の 外側が痛いとき 足首の外側だけが痛いと言う場合は、 「捻挫」の可能性が高いです。 「捻挫」には ・内反捻挫 ・外反捻挫 があり、 足首を内側にひねって、外くるぶしの前側や下の靭帯を痛めてしまうのが 「内反捻挫(前距腓靭帯損傷)」で、これが外くるぶしの痛みの原因です。 反対に、足首を外側にひねって、内くるぶしの下の靭帯を痛めてしまう 「外反捻挫」では、内くるぶしが痛くなります。 足首の 内側が痛いとき 足首の内側だけが痛いと言う場合は、 「腱鞘炎」の可能性が高いです。 腱鞘炎は、関節などを使いすぎたときに起こる関節の痛みで なんとなく「手首」のイメージがあります。 足首の痛みの場合には、アスファルトの道路を歩くことなどで、 関節に負担が掛かったり、 小さめの靴を履いて、足が圧迫されたことが主な原因ですね。 偏平足について 偏平足の原因は、何といっても 運動不足による筋力低下です。 偏平足になると、足の親指からかかとにかけて大きな負担がかかるので 足の内側が痛くなるんですね。 そのまま、ハイヒールなどを履き続けていると、足指のつけ根の骨が内側に湾曲した 「外反母趾」になってしまう可能性があります。 外反母趾になると、更に痛みが激しくなるので、偏平足の段階で 早めに対策を取りたいですね。 対策法、治療法は? 足首やくるぶしが痛かったり、腫れていたりする時には、 病院に行くのが一番ですが、応急処置として、 まず「冷す」ことです。 冷すことで、腫れと痛みを抑えることができます。 歩き過ぎなど、原因がはっきりしている場合には 湿布薬で様子をみるのもいいですね。 捻挫の場合、 テーピングも効果的です。 捻挫した時、自分でできるテーピングについての動画がありますので 参考にしてください。

次の

朝起きると足首が痛い、なぜ??

足首 の 外側 が 痛い

足首やくるぶしが痛いときの症状、病名は? 痛いのが内側か外側によって違うの? 足首やくるぶしが腫れてて痛いと言う場合、次のようなことが考えられます。 捻挫 捻挫とは足首の関節をくじくことです。 関節に無理な力がかかって、靭帯などを痛めてしまうのが 「捻挫」です。 捻挫の場合は、腫れて、押すと痛みがあります。 骨折 骨が折れた場合には、もちろんとても痛いですよね 骨折には、一度に大きな力が加わる「圧迫骨折」だけでなく 「疲労骨折」もあるので注意が必要です。 「疲労骨折」は、同じ場所に繰り返し力が加わることにより起こります。 例えば、跳躍や長時間の走りを繰り返した場合などです。 疲労骨折の場合、普段はなんともなくて、スポーツのときや後にだけ痛い ということもあるので、病院で診察を受けることが大切です。 痛風 痛風は、尿酸が体の中にたまって結晶になるために起こる病気です。 痛風になると、足の親指のつけ根が赤くはれ、激しい痛みがあります。 あまりにも痛いので西洋では「魔女の一撃」と言われることも。 痛みが治まったとしても、そのまま放っておくと、慢性化したり 他の病気の原因にもなりかねません。 痛風の症状が起きた時には、医師の診断を受けるとともに 食生活を含めた生活習慣を見直す必要があります。 足首の 外側が痛いとき 足首の外側だけが痛いと言う場合は、 「捻挫」の可能性が高いです。 「捻挫」には ・内反捻挫 ・外反捻挫 があり、 足首を内側にひねって、外くるぶしの前側や下の靭帯を痛めてしまうのが 「内反捻挫(前距腓靭帯損傷)」で、これが外くるぶしの痛みの原因です。 反対に、足首を外側にひねって、内くるぶしの下の靭帯を痛めてしまう 「外反捻挫」では、内くるぶしが痛くなります。 足首の 内側が痛いとき 足首の内側だけが痛いと言う場合は、 「腱鞘炎」の可能性が高いです。 腱鞘炎は、関節などを使いすぎたときに起こる関節の痛みで なんとなく「手首」のイメージがあります。 足首の痛みの場合には、アスファルトの道路を歩くことなどで、 関節に負担が掛かったり、 小さめの靴を履いて、足が圧迫されたことが主な原因ですね。 偏平足について 偏平足の原因は、何といっても 運動不足による筋力低下です。 偏平足になると、足の親指からかかとにかけて大きな負担がかかるので 足の内側が痛くなるんですね。 そのまま、ハイヒールなどを履き続けていると、足指のつけ根の骨が内側に湾曲した 「外反母趾」になってしまう可能性があります。 外反母趾になると、更に痛みが激しくなるので、偏平足の段階で 早めに対策を取りたいですね。 対策法、治療法は? 足首やくるぶしが痛かったり、腫れていたりする時には、 病院に行くのが一番ですが、応急処置として、 まず「冷す」ことです。 冷すことで、腫れと痛みを抑えることができます。 歩き過ぎなど、原因がはっきりしている場合には 湿布薬で様子をみるのもいいですね。 捻挫の場合、 テーピングも効果的です。 捻挫した時、自分でできるテーピングについての動画がありますので 参考にしてください。

次の