適応 障害 甘え。 適応障害は単なる甘えやわがままでは?本当に精神疾患と言えるの?

【適応障害は甘えなのかも】を変える、1つだけの考えかた

適応 障害 甘え

適応障害はしばしば「甘え」だと誤解されてしまうことがあります。 適応障害はその疾患概念が分かりにくいため、甘えと誤解されやすい側面があることは確かです。 「適応する努力もせずに病気だなんて、それはおかしいんじゃないか」と批判する方の気持ちも分からないわけではありません。 しかし適応障害の「適応できない」という事がどういった状況を指しているのかを正しく理解して頂ければ、適応障害はただの甘えではないという事が分かって頂けるはずです。 適応障害を誤解して「甘えだ」「努力が足りない」と叱ったところで誰にも何のメリットもありません。 それどころか当人をより精神的に追い詰めてしまったり、職場のメンタルヘルス環境をより悪化させてしまったりと害ばかりになります。 今日は適応障害が甘えではない理由と、そもそも病気とはどんな状態を言うのかというのを改めて考えてみましょう。 1.適応障害は甘えなのか? 「適応障害なんて、ただの甘えだ」と批判されることがあります。 果たして適応障害は甘えなのでしょうか。 結論から言ってしまえば、適応障害は甘えではありません。 適応障害を「甘えだ」と考える方の言い分多くは、「環境に適応する努力もせずに、安易に病気に逃げるのはズルいのではないか」というものです。 確かに誰もが環境に適応するために努力をしています。 人は皆、それぞれ違う価値観を持っています。 全く同じ人生を歩む人などいないのですから、生きていく中で形成される価値観だって皆それぞれ異なるはずです。 そのため、ある環境に身を置けば、その環境と自分の価値観は必ず異なる部分があるため、どんな人であっても必ずストレスが生じます。 ある環境に身を置けば、誰だってストレスを感じるのです。 そして誰もがストレスに耐え、努力や工夫をすることでその環境に少しずつ適応しているのです。 皆は頑張ってなんとか適応しているのに、あの人は適応する努力もしないで病院に行って「適応障害」という病名をもらって休職している。 更に自分の好きな職場に異動させてもらっている。 そんなの不公平だ、というわけです。 こう批判したくなる気持ちは理解できない事はありません。 不満を感じる理由も十分理解できます。 しかしこの不満は、適応障害に対する誤解から生じているものです。 適応障害というのは、ある環境の価値観と自分の価値観が大きくかけ離れており、それが本人の努力だけでは修正不能であった時に診断されるものです。 つまり、その環境に適応するための本人なりの努力を十分に行ったと医師が判断し、それにも関わらず適応に失敗しているのが適応障害なのです。 このような場合は、それ以上本人だけで努力を続けさせるのではなく、第三者による介入を行い、適応のお手伝いをすべきです。 ある環境に身を置いて、それに適応する努力もせずに「この環境は合わないからイヤだ」と逃げているだけであれば、確かにそれは適応障害とは言えません。 この場合は「甘え」と言ってもよいでしょう。 しかしそういった状態を適応障害と診断しているわけではないのです。 適応障害の難しいところは、「適応するための一定の努力」がどれくらいのものなのかを具体的な指標で示せない事です。 努力は数値化できませんので、具体的な数値として表すことは難しく、診察した医師が個々に判断していかざるを得ません。 このような曖昧さも「適応障害は甘えだ」と誤解されやすい原因の1つなのでしょう。 しかし皆さんに知って頂きたい事は、適応障害というのは合わない環境からすぐに逃げている人に対して付けられる病名ではなく、合わない環境に対して一定の努力を行った上でも適応できない方に対して付けられる病名だということです。 2.そもそも病気とはどんな状態のことを言うのか 適応障害が「甘え」か「病気」かを考えるに当たって、そもそも「病気」というのはどういう状態を指すのかを改めて考えてみましょう。 「病気」という概念は人が作ったものです。 その概念ははっきり決まっているものではありませんが、一般的に「このまま放置しておけば、その人に重大な問題が生じる可能性が高い心身の状態」を病気だと考えます。 血圧が高い方に「高血圧症」の病名を付けるのは「このまま血圧が高い状態が続くと、将来脳梗塞になったり心筋梗塞になったりといった重大な問題が生じるよ」ということで、そうならないために食事指導や生活指導をしたり、お薬によって血圧を下げたりするわけです。 肺に炎症が生じて苦しい思いをしている方に「肺炎」という病名を付けるのは、「このまま放置してしまうと、呼吸出来なくなってしまい、命に関わってくる危険があるよ」ということで、そうならないように、抗生物質を投与したり、点滴をしたりするのです。 同じように考えれば、適応障害はこの「病気」という概念を十分満たしていることが分かります。 ある環境に対して、その人なりに適応しようと頑張ったけども、適応できずに心身が疲弊してしまった。 これが適応障害ですが、この状態を続けていればいずれ心身が壊れてしまう危険性は高いと考えられます。 ストレスに押し潰されてしまい、心身症やうつ病などを発症したり、社会に対して過剰な恐怖を持ってしまう恐れもあります。 そのため、医療による適切な介入をし、適応できるように援助していく必要があるのです。 3.適応障害を甘えと誤解するデメリット 適応障害の病態を誤解し、「甘え」だと考えてしまっている方はまだまだいらっしゃると感じます。 しかし適応障害を甘えと誤解してしまう事は多くのデメリットがあります。 そのため出来るだけ多くの方に「適応障害は甘えではないんだ」という事を知って頂きたいと思っています。 では適応障害を「甘え」だと誤解している方が多いと、どのようなデメリットが生まれてしまうのでしょうか。 みなさん、何かを一生懸命頑張ったのに、残念ながら結果が出なかったことってありませんか? 「一生懸命勉強を頑張ったけど、入試に落ちてしまった」 「一生懸命仕事を頑張ったけど、成果が出なかった」 生きていれば、こういった事も経験するでしょう。 この時、「それってただの甘えだよね」と冷たく言い放たれたら、あなたはどのように感じるでしょうか。 大きく傷付き、自信をなくしてしまうと思います。 やる気も余計なくしてしまうでしょう。 結果は出なかった事に対しては、確かに反省するところもあるかもしれません。 でも「頑張った」ところは評価してもらいたいものですよね。 「頑張っていない」=「甘え」なら分かりますが、「結果が出ない」=「甘え」と判断されてしまうと、それ以上頑張る事も出来なくなってしまいます。 適応障害の方に「甘え」という扱いをすることは、これと同じように適応障害の方をただ傷付け、余計に自信を無くさせてしまう行為なのです。 適応できなかったという事に対しては、確かにその人の価値観や考え方に改善が必要なところもあるかもしれません。 しかし適応するために自分なりに精いっぱい努力してきた人に対して「甘え」と切り捨てるのはあまりに乱暴ではないでしょうか。 一生懸命努力してきたところは評価しつつ、「では適応するためにはどのように考え方を変えていけばいいだろうか」「適応するためにはどのような工夫が有効だろうか」と言う事を専門家(精神科医)を考えていく事が、当人にとっても周囲にとっても、一番有意義な解決法でしょう。 適応障害を正しく知れば、周囲の方も患者さんをただ傷付けるだけの接し方はしなくなるでしょう。 周囲が正しく接することが出来れば、それだけで適応障害の治りだって早くなるのです。 4.適応障害から甘えに移行しないよう注意は必要 適応障害は甘えではありません。 これはここまでのお話で理解して頂けたでしょうか。 最後に適応障害は甘えではないのだけど、適応障害から次第に「甘え」に変わっていってしまう危険はありうるという事をお話しさせてください。 そうならないよう、本人・治療者・周囲の人も注意が必要で、そのような傾向がある場合は、周囲の人も指摘をしてあげても良いでしょう。 適応障害の治療は大きく分ければ、• 自分が環境に適応できるように訓練する• 環境が自分に合うようにする(異動、転職、退職など) の2つの方向があります。 この時、後者の治療法を選ぶときには注意が必要です。 適応できない環境を自分に合うようにする、という治療法は間違った治療法ではありません。 前者の治療法が理想的ではありますが、現実的にはしばしば後者も選択される治療法です。 しかし適応できない事に対して、環境を変えるという方針に安易に流れるようなクセがついてしまうと、いつの間にか「適応障害」が「甘え」に変わっていってしまう事もあります。 「この環境も自分に合わない」 「ここもダメ」 が安易に繰り返されるようになってしまうと、次第に適応する努力を忘れてしまう事があるのです。 こうなってしまうと、これは適応障害ではなく「甘え」と捉えられても仕方なくなってしまいます。 環境を変えるという選択肢自体が間違っているわけではありません。 しかし、安易に環境を変えることを繰り返してしまうと、それは将来的には自分自身のためにはなりません。 環境を変えるという選択肢を選ぶ場合は慎重に判断する必要があるのです。 これは当人自身も気付かない事があります。 客観的にみて、あまりに安易に環境に適応する事から逃げている様子がある場合は、「それだと逃げているだけになっちゃわないかな」「退職するという手段は本当にダメだった最後の手段にした方がいいんじゃないかな」と指摘してあげても良いでしょう。 【メンタルヘルス向上のヒント】 【こころの病気】 - - - - -恐怖症 -- -- -- -- -- - - - - - - 【こころと身体の病気】 【お薬()】 - - -- -- -- - --超短時間型 --- --短時間型 --- --- --- --- --中時間型 --- --- --- --- --- --- --長時間型 --- --- -メラトニン受容体作動薬 -- -オレキシン受容体拮抗薬 -- -三環系抗うつ剤 -- -- -- -- -- -四環系抗うつ剤 -- -- - -- -- -- -- -- - -- -- -- - -- -- -その他 -- -- -- () - - - - - - - - - - - - - - 抗精神病薬 - -- -- -第2世代抗精神病薬 -- -- -- -- -- -- -- -- -- - - - - - ADHD治療薬 - 抗酒薬 - 漢方薬 - - - - 向精神薬の副作用 - - - 【精神科への受診】 【こころの検査】 【治療法】 【精神疾患と取り巻く制度】.

次の

適応障害を甘えだと誤解する方に知って欲しい4つの事

適応 障害 甘え

適応障害 適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。 たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。 また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。 ストレスとなる状況や出来事がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善します。 でもストレス因から離れられない、取り除けない状況では、症状が慢性化することもあります。 そういった場合は、カウンセリングを通して、ストレスフルな状況に適応する力をつけることも、有効な治療法です。 適応障害とは 適応障害とは、ICD-10(世界保健機構の診断ガイドライン)によると「ストレス因により引き起こされる情緒面や行動面の症状で、社会的機能が著しく障害されている状態」と定義されています。 ストレスとは「重大な生活上の変化やストレスに満ちた生活上の出来事」です。 ストレス因は、個人レベルから災害など地域社会を巻き込むようなレベルまで様々です。 また、ある人はストレスに感じることがほかの人はそうでなかったりと、個人のストレスに対する感じ方や耐性も大きな影響を及ぼします。 つまり適応障害とは、ある生活の変化や出来事がその人にとって重大で、普段の生活がおくれないほど抑うつ気分、不安や心配が強く、それが明らかに正常の範囲を逸脱している状態といえます。 さらに、ICD-10の診断ガイドラインを見ると、「発症は通常生活の変化やストレス性の出来事が生じて1カ月以内であり、ストレスが終結してから6カ月以上症状が持続することはない」とされています。 ただしストレスが慢性的に存在する場合は症状も慢性に経過します。 もうひとつ重要な点は、ほかの病気が除外される必要があります。 統合失調症、うつ病などの気分障害や不安障害などの診断基準を満たす場合はこちらの診断が優先されることになります。 いったいどれくらいの人が適応障害になっているかというと、ヨーロッパでの報告によると、一般的には人口の1%といわれています。 日本での末期がん患者の適応障害有病率の調査では、16. 3%といわれています。 しかし適応障害と診断されても、5年後には40%以上の人がうつ病などの診断名に変更されています。 つまり、適応障害は実はその後の重篤な病気の前段階の可能性もあるといえます。 適応障害のサイン・症状 適応障害にはどんな症状があるのでしょうか?こちらもICD-10の診断ガイドラインを見ますと、抑うつ気分、不安、怒り、焦りや緊張などの情緒面の症状があります。 置かれている状況で、何かを計画したり続けることができないと感じることもあるでしょう。 また行動面では、行きすぎた飲酒や暴食、無断欠席、無謀な運転やけんかなどの攻撃的な行動がみられることもあります。 子どもの場合は、指しゃぶりや赤ちゃん言葉などのいわゆる「赤ちゃん返り」がみられることもあります。 不安が強く緊張が高まると、体の症状としてどきどきしたり、汗をかいたり、めまいなどの症状がみられることもあります。 適応障害ではストレス因から離れると症状が改善することが多くみられます。 たとえば仕事上の問題がストレス因となっている場合、勤務する日は憂うつで不安も強く、緊張して手が震えたり、めまいがしたり、汗をかいたりするかもしれませんが、休みの日には憂うつ気分も少し楽になったり、趣味を楽しむことができる場合もあります。 しかし、うつ病となるとそうはいかないことがあります。 環境が変わっても気分は晴れず、持続的に憂うつ気分は続き、何も楽しめなくなります。 これが適応障害とうつ病の違いです。 持続的な憂うつ気分、興味・関心の喪失や食欲が低下したり、不眠などが2週間以上続く場合は、うつ病と診断される可能性が高いでしょう。 適応障害の治療について 適応障害の治療はどんなことをするのでしょうか? まず、治療のひとつは「ストレス因の除去」になります。 またストレスをストレスと感じる人とそうでない人もいるように、ストレス耐性は人それぞれ異なります。 治療はここにアプローチすることになります。 つまり、「ストレス因に対しての本人の適応力を高める」方法です。 さらに「情緒面や行動面での症状に対してアプローチ」することもあります。 では実際にはどんなことをするのでしょうか? ストレス因の除去 ストレス因の除去とは、環境調整することです。 たとえば暴力をふるう恋人から離れるために、ほかの人に助けを求めるなどがこれにあたるでしょう。 ストレス因が取り除ける、あるいは回避できるものであればいいのですが、家族のように動かせないもの、離れるのが難しいものもあります。 こうなるとストレス因の除去だけではうまくいきませんので、次のステップも必要となります。 本人の適応力を高める ストレス因に対して本人はどのように受け止めているかを考えていくと、その人の受け止め方にパターンがあることが多くみられます。 このパターンに対してアプローチしていくのが認知行動療法と呼ばれるカウンセリング方法です。 また現在抱えている問題と症状自体に焦点を当てて協同的に解決方法を見出していく問題解決療法もあります。 この認知行動療法も問題解決療法も、治療者と治療を受ける人が協同して行っていくものですが、基本的には治療を受ける人自身が主体的に取り組むことが大切です。 情緒面や行動面への介入 情緒面や行動面での症状に対しては、薬物療法という方法もあります。 不安や不眠などに対してはベンゾジアゼピン系の薬、うつ状態に対して抗うつ薬を使うこともあります。 ただし適応障害の薬物療法は「症状に対して薬を使う」という対症療法になります。 根本的な治療ではありません。 つまり適応障害の治療は薬物療法だけではうまくいかないことが多いため、環境調整やカウンセリングが重要になっています。

次の

適応障害で休職する人へ送る、休職中の過ごし方と再発防止のススメ

適応 障害 甘え

しかし、甘えにみえる行動をするのは本人の意思とは反するものです。 適応障害という病気のためにそのような行動パターンをとってしまいます。 本人は、適応しようと努力しているにもかかわらず、それができないために甘えるように見えてしまっているだけなのです。 ここでは、適応障害の際に甘えに観られてしまうパターンを紹介します。 スポンサーリンク 無断欠勤 適応障害の症状として無断欠勤が出てしまうことがあります。 本人は甘えているわけではありません。 本人は会社に行って仕事をしたいと思っています。 でも、体がその通り動いてはくれません。 会社への連絡をためらっているうちに、時間だけが過ぎてしまって、仕事に行けなくなってしまいます。 同僚に迷惑をかけてしまったという罪悪感だけが残ります。 無謀な運転 適応障害によって、無謀な運転をしてしまうこともあります。 理屈では交通規則を守らないといけないと理解していても、適応障害のためにそれを行えなくなります。 交通規則を守れない自分にたいして、罪の意識を覚え、自分を責めてしまうことにもなります。 適応障害が原因であって、甘えによって無謀な運転をしているわけではありません。 喧嘩 適応障害によって、喧嘩をしてしまうこともあります。 周囲の人に対して甘えるような行動をとってしまって、それが軋轢になってしまって喧嘩となります。 喧嘩をしてしまうことに大きなストレスを本人は感じています。 改善しようと考えているのですが、実行できません。 物を壊す 適応障害によって、物を壊してしまうことも起きます。 適応障害の原因になっているストレスを解消するために衝動的に物を壊してしまいます。 本人は、物を壊すことはいけないことであることを理解していますが、適応障害のためにそれを抑制することができません。 睡眠障害 適応障害によって、睡眠障害が出てしまい昼夜逆転した生活を送ってしまうことがあります。 いつも夜起きていることになるので、仕事場でも活力が低下してしまいます。 自分で自分のリズムを適応障害のために作ることができないので、睡眠障害が出てしまっているだけです。 甘えによって、仕事場での活力が低下するわけではありません。 激太り 適応障害によって、過食になってしまうこともあります。 過食の状態が続いてしまうと、劇太りの状態になります。 体を動かすことが減ってしまって、生活習慣病を併発してしまうこともあります。 体を動かしてダイエットすることが必要ということを理解していても、適応障害のためにそれができなくなります。 甘えているわけでは決してありません。 スポンサーリンク 不衛生 適応障害によって、不衛生な状態になることもあります。 例えば、歯磨き、風呂に入るなどの誰もが行っている生活習慣ができなくなってしまいます。 甘えているように見えるし、やればいいと周囲は感じるかもしれませんが、本人の意思に反して、実行できなくなります。 嘘をつく 適応障害によって嘘をつくことが多くなることがあります。 世の中に本人は甘えているわけではありません。 嘘をつくことがダメだということを本人は理解しているのですが、どうすることもできないのです。 夜尿症 適応障害によって夜尿症となることがあります。 寝る前に、トイレに行く、水分を控えるといった対策をしても、夜尿症は治りません。 意志が弱くて甘えている訳ではありません。 本人の意思と逆行して夜尿となってしまうのです。 感情の制御が効かない 適応障害によって感情の制御ができなくなることもあります。 急に泣き出したり、怒りだしたり、笑い出したりします。 本人の内面の意思とは無関係なことが多くなります。 場の空気を読めない甘えた対応と受け止められるかもしれませんが、本人はどうすることもできません。 スポンサーリンク - , , , , , , , ,.

次の