ファミ ペイ ボーナス の 使い方。 【FamiPay】ファミペイボーナスから残高にチャージする方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

ファミペイボーナスの使い方・チャージ方法は?付与時期や有効期限も

ファミ ペイ ボーナス の 使い方

使えるお店は、全国のファミリーマートおよそ1万7,000店で利用できるほか、Kaema(カエマ)というネットショップでも利用できます。 当然ですがコンビニでもローソンやセブンイレブンでは利用できません。 また2019年11月から、利用可能なオンラインショップが下記のとおり大幅に増えました。 jp)• ameba. mellowtrill. com)• gree. net)• jp)• FamiPayボーナス(ファミペイボーナス)が還元される• ゲームやスタンプで特典がもらえる• お得なクーポン情報が頻繁に更新される• 収納代行(税金)支払い・Amazon・楽天ギフト券などのPOSAカードも可能• 提示するだけでdポイント・Tポイント・楽天ポイントが貯まる NEW! FamiPayボーナスが還元される|還元率・使い方・有効期限 ファミペイは、200円ごとに1円相当(還元率0. FamiPayボーナスは、ファミペイにチャージすることで支払いに利用できます。 またFamiPayボーナスの有効期限は、「付与月を含む6ヶ月後の末日」までです。 ただし有効期限を迎える前にファミペイにチャージしてしまえば、 有効期限が10年に伸びます。 FamiPayボーナスが還元されたらできるだけ、すぐにチャージをしましょう。 スタンプやミニゲームで特典がもらえる 他のコード決済アプリではあまりみられない、ファミペイ特有のサービスとして スタンプや ミニゲーム機能があります。 ファミペイではスタンプ機能が搭載されており、バーコード決済をした商品の中に対象のものがあれば、自動でスタンプが貯まる仕組みです。 スタンプを貯めるとクーポンがもらえたり、ミニゲームの挑戦権を得られます。 ミニゲームに成功すると更にクーポンがもらえたりと、お得で楽しい機能となっています。 お得なクーポン情報が頻繁に更新される|無料クーポンもあり ファミペイは、お得なクーポンが多く種類も豊富です。 無料クーポンもたまに発行されます。 ファミペイをダウンロードしただけで「ファミチキ」の無料クーポンがもらえたり、「お〜いお茶」などの人気商品のクーポンも多数用意されています。 クーポンはアプリの中で発行されるため、使いやすいのもメリットです。 収納代行(税金)支払い・Amazon・楽天ギフト券などのPOSAカードも可能 収納代行支払いとは、電気代などの支払いを専用の紙で支払う方法のことです。 ファミペイでは 収納代行支払いに対応しており、かつ、FamiPayボーナスも貰えます。 ただし、注意点が3つあります。 収納代行支払いのボーナスは、1件につき10ボーナス(10円相当)を還元• 電気代・ガス代・水道料金に対応しているが、一部対応していないものもある• 税金には対応していないと公表されているが、固定資産税を支払えたという情報もあり、対応範囲が公表されていない また、Amazon・楽天ギフト券などのPOSAカードも購入可能です。 提示するだけでdポイント・Tポイント・楽天ポイントが貯まる リリース直後は、ファミペイでの会計の前に別途Tカードを店員に渡さないと、Tポイントが貯まりませんでした。 2019年11月から、ポイントカード連携済みの「ファミペイ」で、Tポイント・dポイント・楽天ポイントが Tカードなど各カードを別途提示しなくても貯まるようになりました。 注意点としては、事前にファミペイ内でポイントが使えるよう設定をしておく必要があります。 また、すべての共通ポイントが同時に貯まるわけではなく、ポイント設定の画面で チェックを入れているポイントだけが貯まります。 特に2019年12月現在、dポイントの20%大還元キャンペーン&おにぎりキャンペーンが行われているのでTポイントよりdポイントを積極的に利用する方が良いかもしれません。 「dカード」という、NTTドコモのクレジットカードがあります。 ローソンで最大5%もお得に買い物できるなど、かなりメ… (3)支払い方法 ファミペイは、アプリで表示したバーコードを店員さんに読み取ってもらう方法( 店舗読取型)で決済します。 店頭でアプリを開いて、ホーム画面のバーコードを店員さんに提示し「ファミペイでお願いします」と伝えてください。 慣れないと言うタイミング難しいかもしれませんが、店員さんが「〇〇円になります」と言う直後を狙ってお願いするとスムーズかもしれません。 なお、いくつかのQRコード決済にあるような、自分のスマホでコードを読み取って支払う方法(ユーザー読取型)には対応していません。 また、ファミペイ残高と現金支払いを併用したいと考える方もいるかもしれませんが、結論を言うと「残高を0まで使って、残りを現金で支払う」ことなら可能です。 ただ店舗によっては断るケースもあるかもしれませんので、各店舗ごとに利用前に併用が可能か聞いた方が無難でしょう。 (4)チャージ方法の種類|現金・オートチャージも可能 チャージの方法は3つです。 チャージの場合は前払い、クレジットカードの場合は後払いとなります。 レジでチャージ(現金)• ファミマTカードでオートチャージ• FamiPayボーナスでチャージ 現金やFamiPayボーナスによるチャージの際には、ポイントは基本付与されません。 しかし、ファミマTカードでチャージした場合のみ、チャージ時に0. 5%のTポイントを貯めることができ、また決済時に0. 0%還元されることになります。 ファミマTカードは頻繁に新規入会キャンペーンを行っており、また達成条件も分かりやすく、クレジットカード初心者にもおすすめのカードです。 特にファミペイにオートチャージしたい方は、ぜひご参照ください。 100円や500円などの端数でチャージすることはできません。 また、チャージ後に取り消しは不可なので、チャージする際には金額に注意をしましょう。 (6)4つの注意点|クレジットカードはファミマTカードのみ等 ファミペイの注意点は4つあります。 銀行口座からのチャージはできない• クレジットチャージに対応しているカードは ファミマTカードのみ• 送金はできない• 通常還元率が少し低い 上述した通りですが、チャージに対応したクレジットカードは「ファミマTカード」のみです。 レジで現金チャージをするのが嫌な人はこれを機に入会するのも良いでしょう。 (2)チャージ方法 チャージの方法は4つです。 レジでチャージ(現金)• クレジットカードでチャージ• オートチャージ• FamiPayボーナスでチャージ レジでチャージ(現金) ファミリーマートの店員にホーム画面のバーコードを提示して、レジの画面でチャージする金額を選択し、チャージ金額を支払うことでチャージ完了です。

次の

ファミペイを退会したい!解約や解除方法・ボーナス還元や返金対応はどうなる?

ファミ ペイ ボーナス の 使い方

Tポイント• dポイント• 楽天スーパーポイント 以前からファミリーマートで貯められたTポイントにくわえ、ドコモ系のdポイントと楽天スーパーポイントも貯められます。 どのポイントも、 還元率は0. 5%です。 ファミマでファミペイ決済をすれば、購入代金200円につき1ポイントが貯まります。 ポイントを使うときは、1ポイント=1円として使えます。 今までTポイントとの提携に特化していたファミリーマートが、オープンな運営になってきている印象です。 ただ、今までもファミマでは、ドコモのスマホ決済「d払い」や「楽天ペイ」での支払いに対応していました。 すでにd払いや楽天ペイを使っている人は、そのまま使い続けても問題ないと思います。 ファミリーマートで楽天ペイ決済をしたときの還元率も、ファミペイと同じ 0. 5%です。 個人的には「それなら、これからも使い慣れた楽天ペイで支払おう」と思いました。 ちないに、ファミペイで買い物をすると、ファミペイ独自の「 FamiPayボーナス」も貯まります。 FamiPayボーナスは200円につき1ポイント貯まるので、還元率0. 5%です。 FamiPayボーナスは、ファミペイ専用の電子マネーです。 他社ポイントへの交換などはできませんが、ファミペイへの残高チャージにも使えます(詳しくは後述)。 ファミマペイの使い方 マルチポイント機能の他に、ファミペイではスマホ決済や電子クーポンなどが使えます。 スマホ決済でポイントを貯めるだけでなく、お得に使って節約できます。 QRコード決済 ファミペイでは、 バーコード決済が利用できます。 LINE PayやPayPayと同じく、スマホアプリからバーコードを提示するだけで決済できる仕組みです。 レジでバーコードを読み取ってもらうと、すぐに支払いが完了します。 わざわざ財布を出す必要がない上に、小銭を探す手間もなくなりスムーズです。 チャージ方法 ファミペイで決済をするためには、事前に残高のチャージが必要です。 現在使えるチャージ方法は、4種類あります。 クレジットカード 登録できるのは ファミマTカードのみ。 オートチャージ設定も可能。 銀行口座 記事執筆時点では、三井住友銀行とみずほ銀行の口座を登録可能。 現金 ファミリーマートのレジで行う。 ファミペイアプリから専用コードを表示し、現金を支払うだけで完了。 銀行ATMからはチャージできない。 FamiPayボーナス ファミペイ決済で貯まる「FamiPayボーナス」ポイントを残高にチャージ。 登録できるクレジットカードは「ファミマTカード」のみですが、 オートチャージが設定できます。 「残高が2,000円以下になったら3,000円チャージ」のように、チャージ判定とチャージする金額を自分で設定できます。 チャージ判定は1,000円~10,000円、オートチャージできる金額は3,000円から10,000円です。 お金の使いすぎが不安な人は、銀行口座や現金での都度チャージがおすすめです。 残高以上は支払えず、プリペイドカードのような感覚で使えます。 ファミマTカードでポイント二重取り ファミペイにファミマTカードでチャージすると、 ポイント二重取りができ、実質1%以上のポイント還元を得られます。 ファミペイのポイント還元率は0. 5%、ファミマTカードのポイント還元率は0. 5~1. 5%なので、両方のポイントを獲得すると最高2%還元が可能です。 ファミマTカードを提示すれば、さらにカード提示ポイント0. 5%も貯められます。 合計金額によって「ファミマランク」が変わり、最高ポイント還元率1. 5%のゴールドランクに到達するためには、月15,000円以上の買い物が必要です。 毎日500円の買い物をすれば到達するので、ゴールドランクに到達できる人も多いかと思います。 ポイント還元率が3倍になる「カードの日」(毎週火曜・土曜)や、ポイントアップキャンペーンなど、さらに還元率が上がるタイミングもあります。 クーポン・スタンプラリー機能 今までのファミリーマートアプリにあった クーポン機能は、ファミペイでも引き継いでいます。 ファミペイ決済と同時に使えるクーポンを、随時配信しています。 また、リリース直後には「コーヒー5杯飲んだら1杯無料」という、 電子スタンプラリーもスタートしました。 ファミペイアプリでファミマカフェのコーヒーを買うと、自動的にスタンプがたまります。 5つたまったら、コーヒー1杯無料クーポンを受け取れる仕組みです。 ファミマペイはポイント還元以外にも、割引サービスも充実しています。 電子レシート機能 電子レシート機能という、ファミペイ独自のシステムもあります。 ファミペイの買い物履歴が、紙レシートと同じ形式でアプリで残ります。 紙レシートを保管しなくても、ファミペイで買ったものがすぐに確認できて便利です。 将来的には、紙レシートもなくなるかもしれません。 ちなみに電子レシートに近い機能は、ローソンの ローソンスマホレジというアプリにもあります。 ローソンでは「ローソンスマホレジアプリ」を使えば、レジに並ばなくても自分で支払えるサービスを始めています。 ローソンでスマホレジ機能を使って支払うと、画面にレシートが表示される仕組みです。 FamiPay回数券 2019年8月上旬から、 FamiPay回数券が、ファミペイで購入できるようになる予定です。 FamiPay回数券とは、複数枚セットでチケットを買うことで、1つあたりの商品をお得に買えるデジタル商品券です。 電車の回数券と同じイメージです。 まとめ買いしたFamiPay回数券は、ファミペイアプリを使う知人に1枚単位でプレゼントすることもできます。 FamiPay回数券を買って友達と分ければ、お互いがお得に買い物できるようになります。 ただし、回数券の有効期限は 最長6ヶ月なので、半年以内に使い切る必要があります。 2大デメリット ポイント還元やクーポンなどのサービスが充実しているファミマペイには、重大なデメリットが2点あります。 今後の改善に期待したいところです。 Tカードは別に提示が必要 「Tポイントカードはお持ちですか」と聞かれて、TカードやモバイルTカードを提示すれば、ファミペイ決済時もTポイントを貯められます。 ファミペイ決済をするだけで、自動的にTポイントが貯まるわけではないので要注意です。 Tポイントカードを提示していた人は、今までどおりカードを提示します。 モバイルTカードは、Tポイントアプリからしか表示できなくなったので、ファミペイと別でアプリを立ち上げる必要があります。 今までは、ファミマアプリからモバイルTカードを提示できました。 しかし、ファミマアプリをファミペイアプリに全面リニューアルした際、モバイルTカードの機能はなくなっています。 Tポイントアプリとファミマアプリを切り替えなければならないのは、少し面倒です。 将来、ファミマアプリにTポイント機能が追加されれば、より使いやすくなると思います。 使えるお店が少ない ファミペイの使えるお店は、まだまだ少ないのが現状です。 記事執筆時点では、ファミペイが使える実店舗は、 ファミリーマートとネット通販サイト「 Kaema(カエマ)」のみです。 ファミリーマート系列になったドン・キホーテでは、現時点ではファミペイを導入していません。 VISA• JCB• MasterCard• アメリカン・エキスプレス• ダイナースクラブ• Apple Pay• QUICPay(クイックペイ)• 楽天Edy• WAON• LINE Pay• PayPay• d払い• 楽天ペイ• アリペイ Tポイントをメインに使うメリットも、年々減ってきています。 Tポイントが使えるカフェ「ドトール」では、Tポイントプログラムを終えることが決まっています。 これからも各社のTポイント撤退が加速すると、Tポイントの使い道が狭まっていきます。 ただ、ファミペイには電子クーポンやスタンプカードなど、ファミマユーザーにとってお得な機能が多くあります。 ファミリーマートをよく使う人は、ファミペイを持っておいて損はないと思います。 将来的には、ファミペイで dポイントや 楽天ポイントも貯められるようになります。 dポイントや楽天ポイントを貯めている人も、使いやすくなると思います。 ファミリーマートにはあまり行かず、すでにd払いや楽天ペイを使っているなら、そちらを続けて使ってよいと思います。

次の

【使い方解説】ファミペイとは?8つのメリットと2つのデメリット

ファミ ペイ ボーナス の 使い方

ファミペイボーナスとはファミリーマートでファミペイを使って支払いをした際に基本的にお 会計金額が200円ごとに1ボーナスというかたちで還元されるファミペイのサービスです。 200円ごとで1ボーナスなのでファミリーマートでのお会計1,000円をファミペイで支払った場合、ファミペイボーナスが5ボーナス還元されます。 ボーナスの獲得方法や貯め方としてはポイントカードを提示するなどではなく、 ただファミペイで支払いをすればファミペイボーナスが貯まっていきます。 還元率にするとファミペイボーナスの還元率は0. ファミペイを支払いで使用するにはチャージが必要です。 ファミペイチャージについてはこちらをご覧ください。 ファミペイボーナス付与のタイミングはファミリーマートでのご利用分、翌々日に付与されます。 また、キャンペーンにより反映に時間がかかる場合がございます。 ファミペイを使った日時と店舗、会計金額が表示され、それに対していくらファミペイボーナスが付与されたのかを確認することができます。 ファミペイボーナス1ボーナス1円としてファミペイ残高へチャージすることが可能です。 ファミペイボーナスを直接使用することはできません。 ファミペイボーナスをファミペイにチャージする方法 ファミペイボーナスをファミペイ残高にチャージする方法は以下のようになります。 有効期限内であればファミペイボーナスを10万ボーナス保有しておくことも可能です。 またファミペイボーナスからファミペイ残高へのチャージは1円 1ボーナス から可能です。 ファミペイボーナスには有効期限がある ファミペイボーナスの使用について注意点がありまして、それがファミペイボーナスには 有効期限があることです。 このファミペイボーナスの有効期限はボーナス獲得の加算月を含めた6ケ月後の月末までです。 例えば1月に獲得したファミペイボーナスの有効期限は6月末までというようになります。 有効期限が切れたファミペイボーナスは失効し、保有ファミペイボーナスから引かれてしまいますので、有効期限内にファミペイ残高へチャージしましょう。 ファミペイボーナス有効期限の確認方法 ファミペイボーナスの有効期限はボーナス獲得の加算月を含めた6ケ月後の月末まで明確に決まっていますが、いくら分のボーナスがいつまで有効なのかというのは、一目ではわかりずらいものですよね。 そんな保有しているファミペイボーナスの有効期限のかんたんな確認方法をご紹介いたします。 なお、ファミペイボーナスの有効期限が切れる前にファミペイアプリからのプッシュ通知にて告知がされます。 ファミリーマートで何を買ってもお会計金額200円ごとに1ボーナス獲得できるということではありません。 通常のファミペイのボーナス条件だと200円で1ボーナスなので30,000円の公共料金の支払いで150ボーナス獲得できる計算になります。 しかし公共料金の支払いをファミペイで行っても通常適応される0. 全くボーナス付与が適応されないわけではなく、 公共料金の支払いの場合は1件につき10ボーナスが付与されることになっています。 ファミペイで公共料金を支払う際の調べ方や支払い方法はこちらをご覧ください。 ボーナスがたまらない商品の明確な記載はない 商品やお会計の内容によってはファミペイボーナスが200円ごとに1ボーナスではなくなりますが、ファミリーマートにはこれまでポイント還元としておこなっている「Tポイント」があります。 実は「Tポイント」をファミリーマートで利用する際はポイントの付与がされる商品、されない商品というのが明確に決まっていました。 ではファミペイボーナスが還元されないのはどういった時?と思い、調べてみましたが 明確な記載はありませんでした。 出典: 回答内容としては「ございます。 」ということでファミペイボーナスの還元が全くされない場合もあるということ。 しかしその明確な記載はなく、サポートセンターに問い合わせをしてくださいとのこと・・・ 極端な話になってしまいますが、ファミペイボーナスの獲得について調べて感じたのがファミリーマートの買い物での際、ファミペイで支払いをするとお会計が200円以上であればボーナス還元がされるといった印象を受けました。 ファミペイボーナスを獲得できるキャンペーン ファミペイは基本的にお会計金額200円ごとに1ボーナスの還元というレートで還元を受けることができますが、もっとお得にファミペイボーナスを獲得する方法があるんです。 それがキャンペーンです。 さらにファミペイで支払いをするとファミペイボーナスが30ボーナス還元されるというもの。 このようにお得にファミペイボーナスを獲得できるキャンペーンがファミリーマートでは行われているので、ファミマに行く際はキャンペーンをチェックしてお得にファミペイボーナスを獲得しましょう。 キャンペーンにはボーナス以外にクーポンが獲得できるキャンペーンもあります。 ファミペイクーポンに関する情報はこちらをご覧ください。 キャンペーンで獲得したファミペイボーナスは付与されるタイミングが異なる ファミペイボーナス獲得のキャンペーンでひとつ注意点があります。 それは キャンペーンで得られるファミペイボーナスは付与されるタイミングが異なる場合があるということです。 通常ファミリーマートでファミペイを利用して支払いを行った場合翌々日に獲得したファミペイボーナスが保有ファミペイボーナスに反映されますが、キャンペーンで獲得したファミペイボーナスは翌月などに保有ファミペイボーナスに反映されることもあります。 返品をおこなった場合のファミペイボーナス 最後にファミペイで購入した商品を返品した場合のファミペイボーナスはどうなるのか。 をご紹介いたします。

次の