ガスト 半額。 ガストのお持ち帰りメニュー「マルゲリータピザ」が半額299円でコスパ最強過ぎ!

【ガスト】今だけ半額キャンペーン! ピザ半額299円&丼もの2種296円 実食レポート | マネーの達人

ガスト 半額

【半額!】マヨコーンピザ です。 価格はなんと!いまだけお得な半額で 269円(税抜249円)です!! Wチーズありの場合は+108円になります。 おいしいピザが300円以下で購入できます。 特にクーポンとかは使用しなくても半額です。 販売期間は、2020年5月14日 木 ~6月3日 水 までです。 ただし数量限定なので、すぐに販売中止になるかもしれません。 感想レビューは、マヨコーンピザおいしいですよ。 シンプルだけどおいしいので好きです。 最近はマヨネーズ感よりチーズ感が強くなっているような気がしますが、あいかわらず美味しいです。 どちらかというとマヨネーズ感が強い方が好きですが。 おいしく頂きました。 すかいらーくのお持ち帰り(テイクアウト)は状況によりますが、最短で30分後の注文が可能のようです。 最短で30分後の受取時間が選択できました。 ただし、4月後半くらいから各店舗でテイクアウトの受取時間が状況によって変わってきているようです。 すかいらーくのお持ち帰り(テイクアウト)で各店舗の注文受付時間と予約時間が設定されているので、ご確認下さい。 特に最近は、ランチの予約時間帯10時くらいからはネットも重くなっています。 ネット予約をされているかたが増えているようです。 ネットも重いし、ネットからだと各店舗の注文受付時間と予約時間が設定されているのもあって、最近は、注文受付時間になったら、店舗に電話して電話注文しています。 電話注文の方がおそらく営業していてもお客さんは少ないため、ネットの受取時間より早く受け取りに行けます。 特に昼時だとテイクアウトのお客さんでレジが渋滞しているお店もあるので、お昼時はさけたいところですが、ネット予約からだと、受取時間11:30からとかが多いのでさけられません。 なのでランチのテイクアウトは電話注文で最短で受け取りに行った方がいいかなーと思っています。 ちなみに、 すかいらーくのお持ち帰り(テイクアウト)の予約はです。 会員登録して受け取り店舗を選んでからでないと、詳しいメニューは見れない仕様になっています。 お得な情報その1 モバイルTカード提示で・・・ Tポイントのキャンペーンで、 すかいらーくグループのお店でモバイルTカードを提示して、200円以上(税抜/値引き後)のお会計をすると、通常ポイントの他に100ポイントが進呈されます。 とくにエントリーは必要ありません。 (店舗によるかもしれません) りーえるさんの今回の半額ピザなどの会計で、前回もらった100円割引券をつかいました。 お得過ぎる・・・。 ガストのおすすめテイクアウトメニュー その他の、ガストのおすすめテイクアウトメニューを紹介します。

次の

【2020年】ガストをクーポンや割引で安くお得に利用する方法

ガスト 半額

ガストと言えば、が異常なコスパを誇っており重宝している。 安すぎて逆に心配になるレベルなのだが、その怒涛の勢いは止まるどころか、さらに強力になっている模様だ。 聞いて驚け。 通常599円の『マルゲリータピザ』が、 なんと半額の税抜299円で提供されているのである! やっす!! 期間限定でテイクアウトの時のみ適用される価格ではあるが、その圧倒的なコスパは サイゼをも瞬殺できるレベルと言っていいだろう。 ガストさん、まさに限界突破中である。 ・ピザが激安 2020年4月23日から5月13日まで実施予定のこのキャンペーン。 先述の通り、直径約24cmの 『マルゲリータピザ』が税抜299円というジャンプ合併号みたいな値段で販売されているのだ。 持ち帰り限定価格とは言え、これは破格中の破格である。 安いピザと聞くと真っ先に頭に浮かぶのがサイゼリヤだが、調べてみるとサイゼの『マルゲリータピザ』は 税抜399円。 もちろん十分安いし、という意味不明な仕様ではあるものの、半額の威力の前ではさすがに霞んで見えてしまう。 ・予想以上のクオリティー さて、実はガストピザ初体験の私(あひるねこ)。 正直ナメていた部分もなくはなかった。 なんかこう、薄くてしょぼいピザを想像していたのだ。 サイゼの劣化版みたいな。 しかし中から出てきたのは、割としっかりしたマルゲルィィィィィタ! こ、これが299円だと……!? 見た目もさることながら、生地の厚さに驚かされる。 サイゼのピザって超薄いからカリッとしてるイメージだけど、一方ガストのピザは予想に反して フワフワモッチリ。 トマトソース、ジェノバソース、モッツァレラチーズのバランスも文句なしだ。 ウマい! ちゃんとウマいぞこれ!! ・ガスト無双 私自身はゴリゴリのサイゼ信者であるが、こんなピザを299円で出されてしまうと まったく勝てる気がしない。 今回ばかりは白旗を振っての完全降伏しか道はないだろう。 なんなら宅配ピザもまとめて滅ぼしかねない勢いである。 ハイパーガストタイムとでも呼ぶべき無敵状態にガストは突入してしまっているようだ。 せっかくのゴールデンウィークなのに、外出もできないしするコトがない? なら家で大人しくピザでも食ってろ。 今回のハードボイルドすぎる激烈キャンペーンからは、ガストのそんな心の声が聞こえてくるかのようだ。 というワケで皆さん、連休中は大人しく家でピザを食べましょう。 ・追記 ガストによると、マルゲリータピザ半額キャンペーンは好評につき5月6日で終了したとのこと。 参照元: Report: Photo:RocketNews24.

次の

半額269円!ガストマヨコーンピザは大人も楽しめる味!|シティリビングWeb

ガスト 半額

ガストが、お得なキャンペーンやランチタイム限定メニューを次々と提供しています。 価格が安いだけでなく、きちんとボリュームもあるので、大人でも十分に満足できる内容の商品が多いというのもおすすめのポイントです。 今回は、「299円の半額ピザ」と「296円なのにごはん大盛りも無料のロコモコ丼・テリタル丼」について、実食レポートを交えながら詳しく紹介いたします。 skylark. マルゲリータなので上に乗っている具材は少なくシンプルなものの、 チーズがたっぷりの約24センチサイズが「税別299円」で購入できるのは、かなりお得です。 キャンペーン期間 キャンペーンはもうはじまっていて、 5月13日(木)までとなっています。 上記の画像の右上に記載があるように、 今回が「第1弾」となっているので、今回のキャンペーンが終了したあとにも同じような内容のキャンペーンがある可能性が高いでしょう。 ピザ好きな人は、要チェックです。 ピザ購入時の注意点 ・ 10:30からの販売 ・ 数量限定のため、なくなり次第に終了 ・ 店内で食べることはできない ・ 専用の容器で提供される 上記の注意点のほか、 新型肺炎コロナの影響で、休店や営業時間が短縮となっている場合もあります。 また、未実施の店舗がある可能性もありますので、事前に購入予定の店舗に問い合わせてみることをおすすめします。 大きさは約24センチで、1~2人分のようです。 大きさ的には十分なのですが、乗っている固形の具材が少ないので、スープや副菜を添えることでボリュームと満足感が出ます。 切れ目が入っているので、買ってくればそのまま食べることができるのがうれしいポイントです。 チーズがとろ~りとろけて全体的にたっぷりと乗っていて、食欲をそそりました。 テイクアウトだとさすがに「チーズがビヨ~ン」とはいきませんでしたが、味のほうはバッチリで、トマトソースとバジル、チーズが口のなか全体に広がっておいしかったです。 写真より実食で「お得を感じる」2つの丼 ガストが、ランチタイム限定で販売している「ランチハンバーグロコモコ丼」と「ランチ唐揚げテリタル丼」は、 ともに税別296円でかなりお得です。 しかも、 無料で「ごはん大盛り」にもできます。 公式サイトで2商品の写真を見てはいたのですが、「カフェっぽくてオシャレだけど、あんまりボリュームがないな…」と感じていたため、テイクアウトしていなかったのです。 けれど今回、ごはん大盛りにして実際に注文してみたところ、 見た目のボリュームと食べたときの満足感に、かなり驚きました。 筆者宅の、10代と20代の食べ盛りの男子2名も「これはすごいボリュームある。 金額間違えてない?」と、かなり驚いた様子でした。 税金を計上しても、1つ320円ですから、相当安いと思います。 skylark. html? 目玉焼きは、ほどよく半熟でおいしく、ハッシュドポテトは歯ごたえがよくてやさしい味わいとなっていて、こちらもおいしかったです。 skylark. html? キャベツは新鮮で、自然な甘味とシャキシャキとした歯ごたえがおいしかったです。 刻み海苔が添付されていて、食べる直前に好きなだけふりかけられるようになっていたのもよかったです。 商品購入時の注意点 ・ 10:30~17:00の「ランチタイム限定」販売 ・ 店舗によっては、実施時間が違う ・ 祝日を除く月~土曜日のみの販売 ・ 店内で食べることはできない ・ 専用の容器で提供される こちらもピザのキャンペーンと同様、上記の注意点のほか、新型肺炎コロナの影響で休店や営業時間が短縮となっている場合があります。 また、 未実施の店舗がある可能性もありますので、事前に問い合わせてみてください。 お得においしく食べて飲食店に貢献 いま、新型肺炎コロナの感染拡大を受け、多くの飲食店が営業時間を短縮したりテイクアウトのみで営業したりと大変な状況にあります。 多くの飲食店が、キャンペーンや期間限定メニューなどを提供して頑張っていますので、お得においしく食事を楽しみながら少しでも景気回復に貢献していきましょう。 (執筆者:山内 良子).

次の