ビットコイン 将来性。 ビットコインは匿名性が低い!その理由と匿名性を高める方法を教えます

ビットコイン(BTC)に将来性はある?今後の課題や価格が上がるポイントを徹底解説してみた。

ビットコイン 将来性

その中で「マネーロンダリングに使われた」とか「麻薬売買に使われた」とかで匿名性が高いためビットコインは犯罪に使われるという話や、逆に匿名性は低いとか色々聞いたことあると思いますが実際ビットコインの匿名性ってどうなんでしょう。 コインパートナーが詳しく説明していこうと思います。 2チャンネルが匿名掲示板とか言われるのと同じぐらいの匿名性です。 でも、ビットコインはトレーサビリティがめちゃくちゃ高いんです。 まずは透明性について、コインパートナーが説明していきます。 ビットコインはトレーサビリティが高い トレーサビリティとは、通貨の流れの追跡可能性のことです。 ブロックチェーンのシステムにより、全ての取引情報がブロックチェーン上にかかれているので トレーサビリティにめちゃくちゃ優れています。 例えば、ビットコインが大量に不正に盗まれたとしたら、その取引がブロックチェーン上にかかれているはずです。 そしてブロックチェーンにはインターネット上で誰でも簡単に見ることができるので、どこからどこにビットコインが流れたのか誰でもわかります。 そのため トレーサビリティ がめちゃ高く、全金融商品の中でトップだと思います。 このアドレスは公開鍵からハッシュ関数という一方通行(公開鍵を知っていればビットコインアドレスは求まるが逆は無理)の暗号技術によって導かれます。 そのアドレスの人がどういった取引をしたかというのはブロックチェーンをたどれば確かにわかりますが、それがわかったところで そのアドレスが誰のものなのかという個人情報には結びつきません。 これがビットコインの匿名性です。 しかし逆に言えば、そのアドレスが誰のものかがわかれば、どんな取引をして、どのぐらいの資産を持っているかがすぐわかってしまいます。 そんなビットコインの匿名性に関する問題をこれから説明していきます。 これは、マネーロンダリングや麻薬密売などにビットコイン決済をすると調べ上げられる可能性があるので、犯罪組織に使われなくなるという点ではいいことであるとも言えます。 ですが、国家などの大きな権力が本気で調べれば自分の決済も含めて何から何まで調べ上げられてしまう可能性があるというのは怖いことです。 しかも FBIで解析出来るならおそらくかなり強いハッカーでも解析できると思います。 そのため、もし自分が多額のBTCを持っていたとしたら、特定されてしまうかもしれないので、身の安全的な意味でも怖いですよね。 お店でも同じことが言えて、ビットコインの支払いをしたとすると、そのお店のアドレスを知ることが出来ますし、逆にそのお店からは自分のアドレスが知られてしまいます。 ビットコインでは何を買ったか、収入がいくらか全て筒抜け?? 友達やお店に自分の公開鍵を知られたらビットコインアドレスも求めることができるので、ブロックチェーン上でそのアドレスの情報を探すだけで、 自分のこれまでの決済も、これからの決済もいくら資産を持っているかも全てばれてしまいます。 お店側も公開鍵を知られたら、その日いくら売り上げられたのかとか、月いくら売り上げてるかとか、すべて筒抜けになってしまいます。 ビットコインアドレスを毎度変更する めんどくさ!と思う方も多いかもしれませんがこれは割と簡単です。 また、取引所のウォレットが公開鍵を毎度変えているかは調べるべきで、もしそうでないなら「毎度変更してください」と申し出たほうが良いです。 これでもまだまだばれる可能性は大いにありますので安心しないでください。 Torを使用する Torとは IPアドレスを相手に知られることなく、インターネットに接続したりメールを送信したりする通信システムで、IPアドレスがバレてしまう可能性をなくすことができます。 IPアドレスとは、PCの名前のようなもので、IPアドレスがバレると自分が特定される可能性があります。 ビットコインの取引をするときはTorを使用するといいでしょう。 ウォレットを作り変える 現状普及してるウォレットではクライアントサーバー型のものが多いです。 これの特徴は、秘密鍵の管理は自分でしているので、安全面は大丈夫ですが、公開鍵はウォレット会社に握られているので、自分の残高とかトランザクションとかが ウォレット会社に全て筒抜けになってしまっています。 ビットコインミキサー これはビットコインが匿名性を高めるための技術です。 イメージとしては、一回お金をごちゃまぜにしてから分配することで、お金の動きが完全にトレース出来なくなるようにしたものです。 これにはビットコインを企業に持ち逃げされるリスクがあります。 2つ目はビットコインをミックスしたい人たちが複数人集まり、P2Pミキシングサービスを使って 参加者みんなで一つのトランザクションにしてビットコインを集約、再分配するものです。 これも結局どこかに集める以上、持ち逃げのリスクがあります。 3つ目は 匿名性の高いアルトコインにかえて取引する方法です。 ですが、まだ実用的に使えるものは多くなく、一つ一つのトランザクションが大きくなりすぎるという問題を解決できた通貨はありません。 そんな匿名性の高いアルトコインのなかで有名なものをいくつか紹介します。 これから匿名性の高い暗号資産 仮想通貨 について説明していきますが、匿名性の高さについて考えながらみていきましょう。 DASH DASHは上でのべた コインミクシングによって匿名性を担保しています。 このマスターノードは中央集権的ですが、マスターノードになるためには10000DASH必要で、それだけDASHを持っている人がDASHの持ち逃げを行ったらDASHの信頼性が下がり、価値が下がり、結果損をするリスクがあるので、不正をするインセンティブが小さくなっています。 さて、肝心の匿名性の高さについてですが、コインミクシングなので、 送金元と送金先の関連性がわからないが、送金内容はわかるという匿名性になります。 詳しくDASHについて知りたい方はコインパートナーの記事を読んで下さい! Monero Moneroは リング署名という技術によって匿名性が高く保たれています。 これは、グループ署名とも言われていて、そのグループ内で 誰が署名したか(誰が取引を行っているのか)はわからないが、 誰かが署名したことはわかるというものです。 そして、グループ化された全員が署名をすることで周りからは、誰がが署名したかわからないという仕組みです。 しかし 署名した本人と、トランザクションの送金先の人は署名を見れば誰が送金したかはわかります。 そのため、匿名性としては、 送金者と、送金者と送金先の関係性がわかりません。 送金内容は知られてしまいます。 詳しくMoneroについて知りたい方はMoneroの記事を読んで下さい!!! Zcash Zcashは ゼロ知識証明という概念によって匿名性が高く保たれています。 ゼロ知識証明とは、第三者がトランザクションの詳細を知らなかったとしても、その取引に不正がないことを確認できるといった考え方で、技術的には上のリング署名に加え、ペダーソン・コミットメントといわれる技術が使われています。 なので匿名性はかなり高いといえるでしょう。 詳しくZcashについて知りたい方はZcashの記事を読んで下さい!!.

次の

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後の価格・将来性を徹底解説

ビットコイン 将来性

その中で「マネーロンダリングに使われた」とか「麻薬売買に使われた」とかで匿名性が高いためビットコインは犯罪に使われるという話や、逆に匿名性は低いとか色々聞いたことあると思いますが実際ビットコインの匿名性ってどうなんでしょう。 コインパートナーが詳しく説明していこうと思います。 2チャンネルが匿名掲示板とか言われるのと同じぐらいの匿名性です。 でも、ビットコインはトレーサビリティがめちゃくちゃ高いんです。 まずは透明性について、コインパートナーが説明していきます。 ビットコインはトレーサビリティが高い トレーサビリティとは、通貨の流れの追跡可能性のことです。 ブロックチェーンのシステムにより、全ての取引情報がブロックチェーン上にかかれているので トレーサビリティにめちゃくちゃ優れています。 例えば、ビットコインが大量に不正に盗まれたとしたら、その取引がブロックチェーン上にかかれているはずです。 そしてブロックチェーンにはインターネット上で誰でも簡単に見ることができるので、どこからどこにビットコインが流れたのか誰でもわかります。 そのため トレーサビリティ がめちゃ高く、全金融商品の中でトップだと思います。 このアドレスは公開鍵からハッシュ関数という一方通行(公開鍵を知っていればビットコインアドレスは求まるが逆は無理)の暗号技術によって導かれます。 そのアドレスの人がどういった取引をしたかというのはブロックチェーンをたどれば確かにわかりますが、それがわかったところで そのアドレスが誰のものなのかという個人情報には結びつきません。 これがビットコインの匿名性です。 しかし逆に言えば、そのアドレスが誰のものかがわかれば、どんな取引をして、どのぐらいの資産を持っているかがすぐわかってしまいます。 そんなビットコインの匿名性に関する問題をこれから説明していきます。 これは、マネーロンダリングや麻薬密売などにビットコイン決済をすると調べ上げられる可能性があるので、犯罪組織に使われなくなるという点ではいいことであるとも言えます。 ですが、国家などの大きな権力が本気で調べれば自分の決済も含めて何から何まで調べ上げられてしまう可能性があるというのは怖いことです。 しかも FBIで解析出来るならおそらくかなり強いハッカーでも解析できると思います。 そのため、もし自分が多額のBTCを持っていたとしたら、特定されてしまうかもしれないので、身の安全的な意味でも怖いですよね。 お店でも同じことが言えて、ビットコインの支払いをしたとすると、そのお店のアドレスを知ることが出来ますし、逆にそのお店からは自分のアドレスが知られてしまいます。 ビットコインでは何を買ったか、収入がいくらか全て筒抜け?? 友達やお店に自分の公開鍵を知られたらビットコインアドレスも求めることができるので、ブロックチェーン上でそのアドレスの情報を探すだけで、 自分のこれまでの決済も、これからの決済もいくら資産を持っているかも全てばれてしまいます。 お店側も公開鍵を知られたら、その日いくら売り上げられたのかとか、月いくら売り上げてるかとか、すべて筒抜けになってしまいます。 ビットコインアドレスを毎度変更する めんどくさ!と思う方も多いかもしれませんがこれは割と簡単です。 また、取引所のウォレットが公開鍵を毎度変えているかは調べるべきで、もしそうでないなら「毎度変更してください」と申し出たほうが良いです。 これでもまだまだばれる可能性は大いにありますので安心しないでください。 Torを使用する Torとは IPアドレスを相手に知られることなく、インターネットに接続したりメールを送信したりする通信システムで、IPアドレスがバレてしまう可能性をなくすことができます。 IPアドレスとは、PCの名前のようなもので、IPアドレスがバレると自分が特定される可能性があります。 ビットコインの取引をするときはTorを使用するといいでしょう。 ウォレットを作り変える 現状普及してるウォレットではクライアントサーバー型のものが多いです。 これの特徴は、秘密鍵の管理は自分でしているので、安全面は大丈夫ですが、公開鍵はウォレット会社に握られているので、自分の残高とかトランザクションとかが ウォレット会社に全て筒抜けになってしまっています。 ビットコインミキサー これはビットコインが匿名性を高めるための技術です。 イメージとしては、一回お金をごちゃまぜにしてから分配することで、お金の動きが完全にトレース出来なくなるようにしたものです。 これにはビットコインを企業に持ち逃げされるリスクがあります。 2つ目はビットコインをミックスしたい人たちが複数人集まり、P2Pミキシングサービスを使って 参加者みんなで一つのトランザクションにしてビットコインを集約、再分配するものです。 これも結局どこかに集める以上、持ち逃げのリスクがあります。 3つ目は 匿名性の高いアルトコインにかえて取引する方法です。 ですが、まだ実用的に使えるものは多くなく、一つ一つのトランザクションが大きくなりすぎるという問題を解決できた通貨はありません。 そんな匿名性の高いアルトコインのなかで有名なものをいくつか紹介します。 これから匿名性の高い暗号資産 仮想通貨 について説明していきますが、匿名性の高さについて考えながらみていきましょう。 DASH DASHは上でのべた コインミクシングによって匿名性を担保しています。 このマスターノードは中央集権的ですが、マスターノードになるためには10000DASH必要で、それだけDASHを持っている人がDASHの持ち逃げを行ったらDASHの信頼性が下がり、価値が下がり、結果損をするリスクがあるので、不正をするインセンティブが小さくなっています。 さて、肝心の匿名性の高さについてですが、コインミクシングなので、 送金元と送金先の関連性がわからないが、送金内容はわかるという匿名性になります。 詳しくDASHについて知りたい方はコインパートナーの記事を読んで下さい! Monero Moneroは リング署名という技術によって匿名性が高く保たれています。 これは、グループ署名とも言われていて、そのグループ内で 誰が署名したか(誰が取引を行っているのか)はわからないが、 誰かが署名したことはわかるというものです。 そして、グループ化された全員が署名をすることで周りからは、誰がが署名したかわからないという仕組みです。 しかし 署名した本人と、トランザクションの送金先の人は署名を見れば誰が送金したかはわかります。 そのため、匿名性としては、 送金者と、送金者と送金先の関係性がわかりません。 送金内容は知られてしまいます。 詳しくMoneroについて知りたい方はMoneroの記事を読んで下さい!!! Zcash Zcashは ゼロ知識証明という概念によって匿名性が高く保たれています。 ゼロ知識証明とは、第三者がトランザクションの詳細を知らなかったとしても、その取引に不正がないことを確認できるといった考え方で、技術的には上のリング署名に加え、ペダーソン・コミットメントといわれる技術が使われています。 なので匿名性はかなり高いといえるでしょう。 詳しくZcashについて知りたい方はZcashの記事を読んで下さい!!.

次の

ビットコイン(BTC)の今後は明るいの?2020年以降の予想と将来性を解説

ビットコイン 将来性

ビットコインの将来性は? ビットコインは通貨としての立ち位置を確立し、 今後、みなさんの身近な存在になるでしょう。 それでは早速、 ビットコインの将来性を、 紹介していきます。 是非、参考にしてみてくださいね。 ビットコインをレストランやショップで使用! 4月には日本で有名な家電量販店の、 ビックカメラでビットコインが使用できるようになりました。 そのほか、レストランやアパレルショップなど、 幅広い業種でも使えるようになる日が将来必ずきます。 それは、リクルートグループが、仮想通貨である、 ビットコインの支払いを受け付ける流れがあります。 話題になっていたビットコインですが、 実際にはどのような実用性があるのかは、 これまで 不透明な点が多かったのも事実です。 しかし、4月に施行された改正資金決済法によって、 ビットコインが 安全に利用できる環境が整いつつあります。 ビットコインなどの仮想通貨が日々の支払い手段として、 一般的に広く普及するとの見方があります。 そして、導入に乗り出すリクルートライフスタイルは、 すでにiPhoneやiPadをレジ替わりにできるアプリケーション、 Airレジを開発しています。 夏ごろからAirレジに利用登録している飲食店や、 ショップなどの各分野で、 約26万件の店舗を対象に、 ビットコイン決済ができるシステムを導入します。 Airレジに関連した取り組みとしては、 中国で人気のスマートフォン向け支払い手段の アリペイを、 日本でも扱えるようにする「モバイル決済 for Airレジ」があり、 ビットコインにも対応するようになります。 Sponsored Link 世界経済不安の時にはビットコインが高騰 世界的な経済不安が生じた場合に、 ビットコインが高騰する現象が起こっています。 例えば、2015年6月から、 中国上海市場の暴落時には連続した人民元の引き下げを行い、 中国の富裕層は、 ビットコインに資金を換金しました。 また、国民投票によってイギリスのEU離脱の時にも、 ビットコインが高騰しました。 英国のEU離脱によってユーロやポンドの下落を懸念した投資家たちが、 ドルや円買いに走ると同時に、 ビットコイン買いにも走りました。 さらに、ユーロやポンドを買っていた中国の富裕層が、 資金のやり場を失って、 ビットコインに乗り換えたことでも高騰の要因にもなりました。 今後も世界的な経済不安が起こると、 ビットコインなどの仮想通貨は 資金の避難場所としても、 置き換えることができるということになります。 ビットコインは東京オリンピックが契機! 仮想通貨は、日本においては、 まだまだ普及しているとは言えません。 米欧諸国と比較しても遅れを取っていますが、 ビットコインの取引量は 確実に増えてきています。 日本では、ビットコインによる決済を導入している会社は少なく、 投資の対象としてビットコインなどの仮想通貨を捉えています。 しかし、ビックカメラなどの大手企業が参入し始めているので、 今後は 捉え方は変わってくるでしょう。 2020年の東京オリンピックの時には、 世界中から訪れる外国人観光客が増えます。 おそらく 仮想通貨を利用する外国人は多く、 その頃には身近なものになっているかもしれません。 東京オリンピックで日本に訪れた外国人が、 日本でビットコインが使えないとなれば、 経済大国との ギャップに失望するかもしれません。 投資家たちは、 東京オリンピックの前後に予想されている地価の下落や、 日経株価の暴落をきっかけに、 ビットコインの高騰を見込んでいる可能性もあります。 民間のメガバンクでは、今年の秋から、 三菱東京UFJ銀行の仮想通貨である、 MUFGコインが発行されます。 その他の日本のメガバンクも、 ブロックチェーンを使った、 独自の 仮想通貨の発行を計画しています。 日本政府は、ビットコインを通貨として認定し、 仮想通貨の普及を支援するとしています。 近い将来政府は、統合型リゾートとして、 仮想通貨による決済を可能にすることで、 カジノなどの施設も取り入れていくことになるでしょう。 Sponsored Link スウェーデンは仮想通貨をメイン通貨に! スウェーデンは、 2020年に紙幣を消滅させようとしています。 キャッシュレス先進国と言われるスウェーデンは、 2020年までに紙幣を廃止する計画です。 決済をする為だけでなく、 納税までも 仮想通貨で納める社会を目指しています。 また、スウェーデンの中央銀行は、2年以内を目安に、 スウェーデンの通貨であるクローナに代わり、 『 e-krona』を発行する計画をしています。 e-krona以外は通貨として使用できないわけではなく、 紙幣のクローナも並行して使えるようです。 スウェーデンが法定通貨として仮想通貨を発行すれば、 デンマークもこれに追随し、 将来その他の ヨーロッパ諸国にも波及していくでしょう。 投資としての対象ではなく、 実際の生活において今後も欠かせない存在になる日が、 そう遠くはないと思います。 今回は、 ビットコインの将来性と、 今後の仮想通貨の実用性を紹介しました。 公式LINE@仮想通貨など投資仲間募集中! LINE@の友だちには、 最新の情報や、 ブログでは公開できない 裏情報なども配信致します。 このLINE だけのサービスやキャンペーンも行うので、 是非、登録をしておいてくださいませ。 クリックしてQRコードを読み取るか、 LINE IDで検索して頂き、お友達申請をしてくださいませ。

次の