古墳 発掘。 古墳

侍塚古墳(さむらいづかこふん) 国指定史跡

古墳 発掘

国営飛鳥歴史公園内高松塚周辺地区の東に位置する古墳です。 石室の壁画が有名で、特に色彩鮮やかな西壁の女子群像は、歴史の教科書などにも紹介されているのでご存知の方も多いでしょう。 7世紀末から8世紀初頭にかけて築造された終末期古墳で、直径23m(下段)及び18m(上段)、高さ5mの二段式の円墳です。 当初は、盗掘を逃れ残っていた銅鏡などから7世紀末から8世紀初めの終末期のものと推定されていましたが、2005年の発掘調査によって、藤原京期(694年~710年)の間と確定されました。 被葬者は特定されておらず、3つの主な説があります。 1972年に極彩色の壁画が発見されたことで一躍注目され、その壁画は教科書等でもお馴染みです。 発見の経緯 1962(昭和37)年頃、明日香村檜前の村人がショウガを貯蔵しようと直径約60cmの穴を、現在の墳丘南側に掘ったところ、穴の奥で擬灰岩の四角い切石が見つかったことが発端となりました。 その後、1970(昭和45)年に古墳近くに遊歩道設置のための調査が必要となり、奈良県立橿原考古学研究所に発掘調査を依頼しました。 1972(昭和47)年3月に末永雅雄所長指揮の下、関西大学の網干善教助教授を中心とした関西大学と龍谷大学の研究者・学生グループによって高松塚古墳の発掘調査が始まりました。 発掘開始から間もない3月21日には極彩色の壁画が発見されました。 古墳自体は鎌倉時代頃に盗掘を受けており、石室の南壁には盗掘孔が開けられていましたが、壁画の彩色は鮮やかに残り、盗掘をまぬがれた副葬品の一部もこの時検出されました。 極彩色壁画の出現は考古学史上まれにみる大発見として、26日に新聞に発表され、日本中でトップニュースとなりました。 発掘作業は、国家プロジェクトとなり、壁画発見からほどなく4月5日には文化庁に引き継がれました。 その後1973(昭和48)年高松塚古墳は特別史跡に、また極彩色壁画は1974(昭和49)年に国宝に指定されました。 西壁 女子群像 石室は凝灰岩の切石を組み立てたもので、南側に墓道があり、南北方向に長い平面があります。 石室の寸法は南北の長さが約265cm、東西の幅が約103cm、高さが約113cmと狭く、平らな底石の上に板石を組み合わせた造りです。 壁画は石室の東壁・西壁・北壁(奥壁)・天井の4面に存在し、切石の上に厚さ数ミリの漆喰を塗った上に描かれています。 東壁には手前から男子群像、四神のうちの青龍とその上の太陽、女子群像が描かれ、西壁にはこれと対称的に、手前から男子群像、四神のうちの白虎とその上の月、女子群像が描かれています。 男子・女子の群像はいずれも4人一組で、計16人の人物が描かれていますが、中でも西壁の女子群像は色彩鮮やかで、歴史の教科書をはじめさまざまな場所でカラー写真で紹介され、「飛鳥美人」のニックネームで知られています。 奥の北壁には四神のうちの玄武が描かれ、天井には星辰が描かれています。 天井画は、円形の金箔で星を表し、星と星の間を朱の線でつないで星座を表したものです。 石室に安置されていた棺は、わずかに残存していた残片から、漆塗り木棺であったことがわかっています。 石室は鎌倉時代頃に盗掘にあっていましたが、副葬品や棺の一部が残っていました。 出土品は漆塗り木棺の残片のほか、棺に使われていた金具類、銅釘、副葬品の大刀金具、海獣葡萄鏡、玉類(ガラス製、琥珀製)などでした。 中でも隋唐鏡の様式をもつ海獣葡萄鏡と、棺の装飾に使われていた金銅製透飾金具がよく知られています。 壁画の劣化、今後の課題 古墳の姿発掘調査以降、壁画は現状のまま現地保存することになり、文化庁が石室内の温度や湿度の調整、防カビ処理などの保存管理、そして1981(昭和56)年以降年1回の定期点検を行ってきました。 しかし、2002(平成14)年から2003(平成15)年にかけて撮影された写真を調べた結果、雨水の浸入やカビの発生などにより壁画の退色・変色が顕著になっていることが2004(平成16)年に明らかになりました。 壁画は切石に直接描いたものではなく、切石の上に数ミリの厚さに塗られた漆喰層の上に描かれているもので、その漆喰自体が脆弱化しており、剥落の危険性が懸念されていました。 また、1,300年近く土中にあり、閉鎖された環境で保存されてきた石室が開口され、人が入り込むことによって温湿度などの環境変化カビ、虫などの生物による壁画の劣化も懸念されていました。 壁画保護には様々な難しい点がありました。 石室内は相対湿度が100%近い高湿の環境であり、修理や調査のために人が短時間石室内に入っただけでも温度の上昇と湿度の低下が起きてしまいます。 1974年から石室南側の前室部分に空調設備を備えた保存施設の建設が始まり、1976(昭和51)年に完成しました。 この保存施設は前室、準備室、機械室からなり、石室内部の温湿度をモニターしつつ、前室内の温湿度をそれに合わせて調整するものでした。 壁画の保存修理工事は1976年9月から第1次、第2次、第3次に分けて実施され、1985年をもって第3次修理が終了しました。 この間、1980(昭和55)年にカビの大量発生がおこりましたが、この時は薬品等を用いた除去策で事なきを得ました。 2003年、国宝高松塚古墳壁画緊急保存対策検討会が設置、翌2004年には国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会が発足しました。 同年6月20日付け「朝日新聞」大阪本社版朝刊が「白虎」の劣化を大々的に報じたことで壁画の劣化問題が一般にも知られるようになりました。 壁画の劣化防止策や保存方法について種々の検討が続けられ、壁画の描かれている石室をいったん解体・移動して修復し、修復完了後、元に戻すという方式が採用されました。 文化庁により「国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策」を目的とした古墳の発掘調査も始まり、埋もれていた周溝などが発見されて古墳の本来の形状が明らかにされつつあります。 墳丘の発掘調査と石室の解体修理は2006(平成18)年10月2日に開始されました。 同年3月には歴史公園内に修理施設が完成、石室はいったん解体・搬出した後、この修理施設へ移され、修復が行われています。 移動された壁画は、10年間かけて保存修理が行われ修理完成後はもとの古墳へ戻される予定になっています。

次の

今城塚古墳第十次発掘調査

古墳 発掘

今回の「仁徳天皇陵」の発掘は、墳丘を囲む堀の護岸工事の資料収集が狙い。 一番内側の堤を3カ所発掘し、ハニワなどの遺物や遺構の有無を調べる。 調査期間は10月下旬~12月上旬。 宮内庁が発掘費用を負担し、堺市は職員1人を派遣して発掘や報告書作成に加わるという。 「大山(だいせん)古墳」の別名でも知られている前方後円墳だ。 によると、墳丘の長さは486メートルと日本一。 周囲の三重の濠を含む全長は840メートルにも及ぶ。 墳墓としては世界最大級の大きさを誇るという。 宮内庁によると江戸時代の元禄年間(1688〜1704)に、朝廷が「仁徳天皇陵」と指定したという。 しかし、本当に仁徳天皇の墓なのかをめぐっては、考古学者の間でも意見が分かれている。 久世仁士さんの「」(創元社)を元に学会での論争をまとめると、こうだ。 日本書紀から推定すると仁徳天皇が亡くなったのが西暦399年。 「仁徳天皇陵」の築造は5世紀中頃との説が有力で、50年以上のずれが生じてしまう。 年代的には允恭(いんぎょう)天皇、もしくは安康天皇の墓ではないかと指摘する声がある。 しかし、そもそも「仁徳天皇が実在しなかった」という説もあり、真相は藪の中だ。 この結果、学校の歴史教科書には以前は「仁徳天皇陵」の呼称が使われていたが、現在では誰の墓かは明示せず「大山古墳」と記載するケースが増えている。 そこでハフポスト日本版は宮内庁陵墓課の担当者に、本当に仁徳天皇の墓なのかを聞いてみた。 「元禄年間に朝廷が仁徳天皇の墓と指定しました。 宮内庁もこの見解を支持しています。 考古学者の間で諸説出ていることは認識していますが、墓碑銘などの100%確実な"仁徳天皇陵ではない"という証拠が出てこない限りは、指定を変える予定はありません」 宮内庁は江戸時代の認定を覆すつもりはないようだ。 墳丘内の発掘調査で真相が明らかになることを期待する声は大きいが、今のところ墳丘内を発掘調査する予定はないという。

次の

仁徳天皇陵(大山古墳)発掘はなぜ?発掘方法や期間はいつからいつまで?

古墳 発掘

指定年月日 昭和26年6月9日• 所在地 大田原市湯津上• 員数 2基• 製作年代 古墳時代• 大きさ• 上侍塚古墳 全長114. 0メートル 後方部長60. 5メートル、後方部幅58. 0メートル 後方部高11. 5メートル 前方部長53. 5メートル 前方部幅52. 0メートル 前方部高6. 5メートル• 下侍塚古墳 全長84. 0メートル 後方部長48. 0メートル 後方部幅48. 0メートル 後方部高9. 4メートル 前方部長36. 0メートル 前方部幅36. 0メートル 前方部高5. 0メートル 侍塚古墳は那珂川右岸の段丘上に立地し、上侍塚古墳・下侍塚古墳の2基があり、いずれも前方後方墳です。 上侍塚古墳は栃木県内の前方後方墳では、足利市の藤本観音山 ふじもとかんのんやま 古墳に次いで第2位の大きさを誇ります。 下侍塚古墳は上侍塚古墳の北方約800メートルの所にあります。 元禄5年(1692)に徳川光圀の命により、日本で最初の学術的な発掘調査が上下両侍塚古墳で実施されました。 この調査は現在笠石神社に祀られているの碑主を求めての調査でしたが、それを明らかにするものは出てきませんでした。 このとき鏡や管玉 くだたま 、壺 つぼ など多くの遺物が発見されましたが、これらの遺物は画工に図化させた後に松板の箱に収められ、再び墓中に埋め戻されました。 上下どちらの後方部墳頂にもその発掘の痕跡が凹地として今なお残っています。 墳丘上には盛土の崩落を防ぐため松が植えられ、現在も美観を高めています。 この調査後の古墳に対する保存対策の姿勢は、現在の文化財保存対策の一つの手法として生き続けています。 出土遺物などの検討から、上侍塚古墳は西暦400年をさかのぼる時期に築造され、下侍塚古墳は上侍塚古墳に先立って築造されたものと考えられています。 当時の発掘の様子は、大金重貞 おおがねしげさだ が著した「湯津神村車塚御修理」や、光圀の家臣の佐々介三郎宗淳 さっさすけさぶろうむねきよ から大金重貞に出された手紙をまとめた「佐々介三郎書簡」によって知ることができます。 下侍塚古墳では昭和50年(1975)に土地改良事業に伴う周溝 しゅうこう の発掘調査が実施され、古墳の規模、周溝の形状が確認され、さらに土師器 はじき 壺などの遺物が出土しました。 上侍塚古墳 下侍塚古墳.

次の