うるせえやつら。 昔「うる星やつら」ってありましたよね?結局結末はどう終わったのか...

Pうる星やつら~ラムのLoveSong~

うるせえやつら

9のV-ST機。 演出面においては最も高期待度のリーチに パチンコ初となる楽曲 「ラムのラブソング」を採用。 映像もこれまで描かれなかった 3DCGのラムが登場し、長きにわたるコンテンツの魅力と併行して新鮮さも存分に堪能することができる。 ほか、ロングSTならではの演出l構成や大当り中のアニメーション新旧切り替え機能など、ファン垂涎のお楽しみ要素が随所に盛り込まれている。 9 3. 5円 21. 7 3. 3円 22. 2 3. 0円 22. 9 2. 5円 24. 主に当否告知成功時に作動する。 おしおきビジョン 導光板に ラムちゃんの顔や星が出現。 連続演出発生時やリーチ中のチャンスアップとして作動する。 5大電激演出:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ キセル演出 リーチ成立後に発生する高期待度演出。 ムービー演出 うる星やつらのオールキャラが出現するカウントダウン演出。 カウント0で高期待度リーチに発展!? 金髪ラムちゃんカットイン演出 SPリーチ発展前に 金髪のラムちゃんが出現すると期待度大幅アップ! 金系演出 様々な場面で出現の可能性がある 金パターンは、発生時点で期待度大幅アップ! 電撃おしおきギミック SPリーチ発展時に作動すれば期待度大幅アップ! 先読み演出:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ 保留変化演出 青< 緑< 赤< 黄金の順に期待度アップ。 リーチ進行中もミニキャラ登場時に保留変化の可能性あり! ラムZONE 全ての図柄が ラムちゃんに変化する高期待度先読みゾーン。 連続演出:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ サンダーボルト連続演出 色と連続回数で期待度を示唆。 導火線演出 導火線の火花がキャラに到達すると演出が発生!? 着火タイミングが変動後半に及ぶほど期待度アップ! シルエット演出 出現するキャラの種類で期待度を示唆。 ラムちゃんなら期待度アップ!? リーチ後演出:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ おしおきアタック演出 ボタン連打であたるをおしおき!? 100万ボルトに近づくほど期待度がアップする。 楽曲リーチ 前、後半で構成されるリーチ演出。 赤なら期待度アップ! 進行中に ダンシングタイム発生で期待度アップ! SPリーチ:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ 発展時はタイトル色などのチャンスアップに注目しよう。 5 【夢仕掛け人・因幡君登場!】 【怒れシャーベット!】 【ハートをつかめ!】 SPリーチ【注目ポイント】 タイトルとテロップの色で期待度を示唆。 赤なら期待度アップ! チャンスルートに移行で期待度アップ! 進行中にイルミ予告発生で期待度アップ! 進行中にカットイン発生で期待度アップ! ストーリーリーチ:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ いずれも ラムと あたるが中心となった感動の名シーンが展開。 とくに 「リメンバー・マイ・ラヴ」と 「完結篇」が高期待度となっている。 金なら期待度アップ! テロップの色で期待度を示唆。 赤なら期待度アップ! 進行中にイルミ予告発生で期待度アップ! リーチ終盤のカットインで期待度を示唆。 シリーズ 初搭載の楽曲「ラムのラブソング」にのせて、 3Dラムが大当りを呼び込む。 5 ラム降臨チャンス ラム降臨チャンス図柄停止から発展する特殊演出。 演出成功で 「MISSION BONUS」を獲得!? ラム降臨チャンス【注目ポイント】 文字やラムのシルエットが 赤ければ期待度アップ! 大当り中演出 通常時 :Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ LOVE song BONUS 4R確変大当り。 消化後はST 「超友引WARS」に突入する。 ラム BONUS 4R確変or通常大当り。 消化中に発生する演出に成功できればST 「超友引WARS」に突入!失敗時は時短 「友引WARS」に移行する。 MISSION BONUS ラム降臨チャンス成功時に獲得となる4R大当り。 ラムが 巨大ランロボを撃破できればST 「超友引WARS」に突入! 超友引WARS概要:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ LOVE song BONUS消化後、またはラムBONUS or MISSION BONUS消化中の演出成功後に突入する電サポ200回のST状態。 演出面においては前半の80回までと、後半の81~200回までとで演出バランスが異なるのが特徴だ。 超友引WARS中演出:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ 1~80回転までの演出 1~80回転まではラムがあたるを捕まえることができれば大当り! 捜索時のキャラや予告の強弱でリーチ発展期待度が変化する。 赤系の演出発生で期待度アップ! リーチ 【メガネリーチ】 手の色で期待度を示唆。 【面堂リーチ】 チェリー通過で期待度アップ! 【ラムリーチ】 期待度大幅アップ! 注目ポイント あたるの気配を察知したときの エフェクト色で期待度を示唆。 捜索キャラに テンちゃん 右 が合流していれば期待度大幅アップ! 81~200回転までの演出 81~200回転までは女の子が あたるを撃退することができれば大当り! あたるの前に現れる 女の子の種類 文字色 で期待度を示唆。 ラムが登場すれば期待度大幅アップとなる。 友引WARS概要:Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ ラムBONUS or MISSION BONUS消化中の演出失敗後に移行する電サポ100回の時短状態。 引き戻しに成功でST 「超友引WARS」に突入! 大当り中演出 電サポ中 :Pうる星やつら~ラムのLoveSong~ 超電撃BONUS 10R確変大当り。 消化後はST 「超友引WARS」に突入する。 電撃BONUS 4R確変大当り。 消化後はST 「超友引WARS」に突入する。

次の

Pうる星やつら ラムのラブソング パチンコ新台

うるせえやつら

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 今回の記事は、 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年公開)についてです。 この作品をより楽しんでもらうために極力 ネタバレはなしで 解説していきます。 ご存知の通り、 うる星やつらとは高橋留美子さんが原作のラブコメ・ギャグ漫画です。 「~だっちゃ」でおなじみのラムちゃんが登場する漫画作品です。 今回紹介する映画作品「 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」は、 原作を含め他のうる星やつらの作品群とは全く違った作品となっています。 あらすじ まずはこの映画のあらすじを簡単に書いていきます。 ネタバレはなるべくないよう簡潔なものにしておきます。 文化祭を前日に控えた友引高校の生徒たちは連日泊まり込みで準備を行い大忙し。 主人公、諸星あたるとラムたちも同様に忙しくしていた。 そんな中、あたるたちの担任教師である温泉マークが「文化祭の前日を何度もループしているのではないか」ということに気づく。 そして同じくそのことに気づいたあたるたちはこのループする不思議な世界から脱出しようと試みるが・・・・・ この映画について この映画作品は先ほども書いたように従来のうる星やつらとは全く違ったものになっています。 まず、オープニングから不穏なBGMと荒廃した街並みが映し出されます。 つかみはばっちりです。 当時何も知らずにこの映画を観に行った子どもたちはあ然としたことでしょう。 従来通りドタバタでハチャメチャなシーンもあるのですが、 終始シリアスで不思議な雰囲気のまま物語は進んでいきます。 劇場版1作目である「うる星やつら オンリー・ユー」の監督を務めたのも押井監督です。 1作目のオンリー・ユーは原作の内容と相違ないラブコメ・ギャグ路線で従来どおりの作品でした。 しかし、2作目にあたるビューティフルドリーマーでは 押井ワールド全開。 原作者高橋留美子の意見など完全に無視して自分の思い描く世界観を作り上げていったのです。 そしてこの作品は押井監督の出世作といわれ、 観客だけでなく、多くのクリエイターやアニメ関係者にも衝撃を与え、のちの作品におおきな影響を与えました。 原作者高橋留美子との確執 もちろん自分の作品で好き勝手された原作者も黙ってはいません。 高橋留美子さんはこの作品を 「1番嫌いな作品」と評しており、 否定的な意見を述べています。 自分が築き上げてきた世界観を壊されたことが許せなかったんだと思います。 後に、高橋留美子さんは 「この作品は押井監督のうる星やつらとして観てほしい。 」 「押井さんの作品として楽しく観ました。 」 と述べており、自分のうる星やつらとは別物だということを主張しています。 現在、和解したのかはわかりませんが、 お互いにこれ以上のことは特に何もないようです。 この映画のみどころ 難解な映画ではありますが、見所はたくさんあります。 極力ネタバレは避けながらいくつか紹介していきます。 幻想的な世界観 「幻想的で、人によっては不気味に感じるような場面」が多くちりばめられているのがこの作品の見所の1つです。 荒廃した世界と押井監督が創り出す退廃的な雰囲気がほんとうに素晴らしく、 気づいたら作品にのめりこんでいます。 僕が特に好きなシーンは、 もう一人のヒロインである三宅しのぶが、たくさんの風鈴が鳴り響く路地に迷い込むシーンです。 このシーンは流れている音楽と映像がとても美しくて、 ボーっと眺めているとほんとうに画面の中に吸い込まれそうになります。 幻想的な雰囲気でみいってしまいました。 映画館の大画面で観たかった。 メガネの長台詞 アニメシリーズに登場する名脇役、メガネ。 演じているのは声優界の元祖アドリブ王といわれている千葉繁さんです。 幽遊白書の桑原和真やワンピースのバギーなど数多くの有名キャラクターを演じています。 今作の中盤あたりにメガネの約3分にもおよぶかなりの長台詞があります。 3分ってめっちゃ長くないですか!? メガネが延々と1人語りをするシーンは見ものです。 友引高校って何階だったっけ? こちらもネタバレになるので詳しいことは書かないようします。 映像に映る友引高校の階数、そして階数に関するセリフに注目しながら観てみるとなにかおもしろい発見があるかもしれません。 エンディングでも友引高校の校舎が映るもですがこちらも注目です。 発見はあったとしてもそれに対する明確な回答はないのでどのように解釈するかは あなた次第です。 【ネタバレなし】隠れた名作、うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマーを解説:まとめ 今回はうる星やつら2 ビューティフルドリーマーについての記事でした。 この作品大好きでほんとうに何度も観ました。 皆さんにも是非、押井ワールド全開のうる星やつらを堪能していただきたい。 では、 今日はこのへんで。

次の

Pうる星やつら~ラムのLoveSong~

うるせえやつら

概要 [ ] 『』に続く、ゲームアーツのメガCD専用のインタラクティブコミック第2弾。 ストーリーは諸星あたるを主人公にした完全オリジナルで、画面にある対象物を「話す」「見る」「取る」などのカーソルで選んで反応を見ることで話が進む。 ストーリーには関係のない反応やアイテム入手も多いが、原作キャラクターが出てくる事もあるので、そういったものを見つけ出す楽しみ方も出来る。 ストーリーの合間合間にドット絵で作られるアニメーションが挿入される形をとっているが、同社が1993年に発売した『ゆみみみっくす』、の『』と違いアニメーション途中に選択肢が出たり、マルチエンディングの要素はない。 ゲーム内容 [ ] ミニゲーム [ ] ゲーム中のアイテムとしてゲームのカセットが存在する。 ゲーム中のゲーム機に使うと実際にミニゲームが遊べるが、プレイ出来るのは序盤のみである。 原作キャラクター「」から、たい焼きとコタツが上から落ちてくるのでコタツネコを操作し時間制限内に、たい焼きを獲得していく。 コタツにあたるとタイムロスになる。 1日目午前11時からスタートし3日目午後8時をクリアでオールクリアとなる。 マキシマム・スピード• エアロバイクに乗った弁天を操作し敵を撃つシューティングゲーム。 社の『』によく似ており、クリスタルが全て破壊される前にノルマをクリアしていく。 亜空間ファイター無限大 ダッシュ ニトロ• 対戦格闘ゲームで、ラム、飛鳥涼子、藤波竜之介、三宅しのぶの4人が登場する。 同キャラ対戦が可能で対人戦も可能となっている。 裏技「ニトロモード」でゲームスピードを上げる事も可能。 ストーリー [ ] ある土曜日の午後、諸星あたるはガールハントに出掛けようとするが、ラムに見つかってしまう。 あたるはガールハントを誤魔化すために、学校に忘れ物をしたと言い出かけようとするが、ラムはあたるについてきてしまう。 そんな時にランから引っ越し祝いの招待状、面堂の飼いタコ・赤丸捜索、錯乱坊の依頼などの話がやってくる。 あたるはそれを謝礼目当てやサクラに会う口実にするために、ある場所を行ったり来たりする行動を取る。 だがそれは、錯乱坊の代々に伝わる古文書『友引預言書』に伝わる行動であった為、あたるは偶然にも「魔人」を呼び出してしまうのだった。 登場キャラクター [ ]• 役名表記なし(声:、、) ゲームオリジナルキャラクター• サーラ 声: 人間の世界では魔界や天界と呼ばれるところの住人。 あたるの行動により召喚されてしまうが、その際に母親サンドラの「力の源」であるクリスタルのペンダントを持ち出していた。 サンドラから絶対に怒らせるなと忠告を受けるが、すでに手遅れだった。 サンドラ 声: サーラの母親。 サーラを止めるため異空間から友引町にやってくるが、その際にサクラと重なりサクラの体を誤って乗っ取ってしまう。 声があてられている端役 アニメとは声優がほぼ異なるが、基本的にストーリーには関わってこない。 (声:小山茉美)• (声:三田ゆう子)• (声:立木文彦)• 銀河行商人組合の行商人(声:立木文彦)• (声:三田ゆう子)• (声:千葉繁)• (声:三田ゆう子)• (声:西村智博)• (声:三田ゆう子)• 黒メガネ(声:西村智博、立木文彦)• 錯乱坊の妹 サクラの母 (声:永井一郎)• (声:三田ゆう子)• しのぶの母(声:杉山佳寿子)• (声:杉山佳寿子)• 長十郎• 汁夫(声:鈴置洋孝)• (声:西村智博)• はんぎゃ(声:西村智博)• 原作 -• 監督 -• 助監督 - 石井一豊• 脚本、演出 - 上坂哲、須永有三、月島とほる• プログラム• 岡部博明• 工藤直樹• 金井秀樹• 渡谷光浩• 中村博史• ツーファイブ• 音響監督• 溝口功• 大熊謙一• 音響編集• 谷本真規• 岡林玲子• 録音監督• 斯波 重治• アニメーション制作協力• 作画監督 -• 作監補 - 斎藤 哲人• 佐々木正勝• 斎藤哲• 遠藤麻美• 大黒堂• プロデュース - 、菅沼孝夫• 制作 - 上村眞理子 評価 [ ] の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、30点満点中24. 5点となっている。 項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合 得点 4. 6 4. 0 3. 8 4. 1 3. 9 4. 0 24. 5 脚注 [ ] [].

次の