モーガン ターナー。 ジュマンジネクストレベルのキャスト相関図一覧!今回もカレン・ギランが美しい!|CINEMA Adjust

Morgan Turner

モーガン ターナー

製作総指揮のジェリー・ハートフィールドは、テレビカメラを前に語り始めます。 ジェリーは数々の番組製作に携わっていますが、主にリアリティ番組を手がけており、『トルネード追跡』などが有名作です。 ある番組のパイロット版が届いたと、ジェリーは語りました。 それは新番組の『グレイヴ・エンカウンターズ』というものです。 グレイヴ・エンカウンターズとは〝墓場〟との〝遭遇〟という意味でした。 その番組は、第5話までは順調に撮影が行なわれました。 問題だったのは、エピソード6です。 『グレイヴ・エンカウンターズ』という番組は、若手プロデューサーであるランス・プレストンが率いる超常現象の調査隊が、幽霊が出る場所を検証するという番組構成でした。 しかし彼らはいなくなり、パイロット版だけがジェリーの元に届きます。 76時間にわたって撮影された映像を再編集したものを、これから見せるとジェリーは言いますが「決して映画ではない」とも付け足しました…。 …コリンウッド精神科病院。 『グレイヴ・エンカウンターズ』の撮影隊は、若手プロデューサーのランス・プレストン、黒髪の若い女性サシャ・パーカー、若い男性マット・ホワイト、カメラマンの黒人男性T. の4人です(後に1人ゲストが加わる)。 彼らは今回コリンウッド精神科病院を撮影しに来ました。 そこは広大な敷地に6棟の建物がある、現在は廃墟となった病院です。 コリンウッド精神科病院は、1895年から1960年までの間、8万人もの重度の精神障害者が入院していました。 閉鎖後の1963年に、幽霊の目撃証言が報告されます。 それは「患者らしき者が笑いながら深夜の病棟を徘徊する」というものでした。 調査隊は夜間の8時間を建物内部で過ごし、幽霊が本当に出るのか検証する予定です。 ただ建物内で過ごすだけではなく、最新のゴーストハンターの機材を使い、正体を暴くつもりでした。 これらの説明を、ランスがぺらぺらとカメラの前で説明します。 地元史学者のモーガン・ターナーを現場に呼び、ランスは取材しました。 建物は1893年に建設されています。 当時、郡の病院では患者を収容しきれず、精神障害にまだ理解のない時代だったので治療法も未熟で、精神科病院の状況はあまりよくなかっただろう…そうモーガン学者は言いました。 「1939年-1942年」の記録映像が残っており、そこにはハーバード出身の精神科医アーサー・フリードキンの映像が収められています。 1937年から1948年まで勤務したフリードキンは、実験的な脳手術を行なって、その名を世にとどろかせました。 いわゆるロボトミー(前頭葉切裁術)で、病院では約140回もの手術が行なわれたと言います。 1948年8月15日、6人の患者が病室から脱走してフリードキンを刺殺し、翌朝遺体が発見されました。 〝死が待ちうけている〟という落書きを映した一同は、ドアを初老の管理人男性ケニー・サンドバルに開けてもらいます。 サンドバルは、夜になるとパイプが鳴ったり、人の気配がしたりすると言いました。 病院内を案内してもらうと、昼間なのに廊下は暗く、電気はつきません。 患者が書いたという壁一面の落書きは不気味なもので、さらにランスは管理人から、若い女性が自殺したバスタブを教えてもらいます。

次の

「ハリー・ポッター」で脇を支えたキャストは、名優揃いだって知ってます? 【ホグワーツ教職員&不死鳥の騎士団編】

モーガン ターナー

人物・来歴 [ ] 生まれ。 母の勧めで、13歳の時にを始める。 地元ジャズ・クラブのハウス・ピアニストとして演奏し、来訪する多くのアーティストと共演した。 その後、近所にが引っ越してきて、大きな影響を受けた。 にと出会い、にコルトレーンのバンドに加入した。 ()や()と共にコルトレーンを支え、『コルトレーン』『』『』『』など多くの作品に参加。 また、にはバンド・リーダーとしてと契約し、初のリーダー・アルバム『インセプション』発表した。 しかし、コルトレーンがに傾倒するのを良く思わず、12月に袂を分かつ。 、と契約し、『ザ・リアル・マッコイ』などのリーダー・アルバムを発表した。 ブルーノートからの2作目『テンダー・モーメンツ』(1967年)は、他界したコルトレーンに捧げた曲「モード・トゥ・ジョン」を収録している。 後半には、(、)、カルヴィン・ヒル(ベース)、アル・ムザーン(ドラム)を従えたレギュラー・カルテットを編成し、同年に移籍した。 10月末には来日公演を行い、この折にソロ・アルバム『エコーズ・オブ・ア・フレンド』を録音した。 マッコイがリーダーとして残したライヴ・アルバムの傑作は1970年代に集中しており、『エンライトメント』『アトランティス』『ザ・グリーティングス』『パッション・ダンス』などが挙げられる。 『The Turning Point』(1992年)で第35回グラミー賞(最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス)を受賞した。 から発表した『ジャーニー』(1993年)には、が参加した。 2020年3月6日、の自宅で死去。 81歳没。 ディスコグラフィ [ ] 1960年代• 『インセプション』 - ()1962年• 『リーチング・フォース』 - (1962年録音)(Impulse! )1963年• 『バラードとブルースの夜』 - (1963年録音)(Impulse! )1963年• 『トゥデイ・アンド・トゥモロウ』 - (1964年録音)(Impulse! )1964年• 『ライヴ・アット・ニューポート』 - (1963年録音)(Impulse! )1964年(ライヴ)• 『プレイズ・エリントン』 - (1964年録音)(Impulse! )1965年• 『ザ・リアル・マッコイ』 - (1967年録音)()1967年• 『テンダー・モーメンツ』 - (1967年録音)(Blue Note)1968年• 『タイム・フォー・タイナー』 - (1968年録音)(Blue Note)1968年• 『エクスパンションズ』 - (1968年録音)(Blue Note)1968年 1970年代• (1968年~1970年録音)(Blue Note)1976年• 『エクステンションズ』 - (1970年録音)(Blue Note)1973年• 『アサンテ』 - (1970年録音)(Blue Note)1974年• 『サハラ』 - (1972年録音)()1972年• 『ソング・フォー・マイ・レディ』 - (1972年録音)(Milestone)1972年• 『エコーズ・オブ・ア・フレンド』 - (1972年録音)(, Milestone)1972年• 『ソング・オブ・ザ・ニュー・ワールド』 - (1973年4月録音)(Milestone)1973年• 『エンライトメント』 - (1973年7月録音)(Milestone)1973年• 『サマ・ラユーカ』 - (1974年録音)(Milestone)1974年• 『アトランティス』 - (1974年録音)(Milestone)1975年(ライヴ)• 『トライデント』 - (1975年録音)(Milestone)1975年• 『フライ・ウィズ・ザ・ウインド』 - (1976年録音)(Milestone)1976年• 『フォーカル・ポイント』 - (1976年録音)(Milestone)1976年• 『スーパートリオズ』 - (1977年録音)(Milestone)1977年• 『インナー・ヴォイセズ』 - (1977年録音)(Milestone)1977年• 『ザ・グリーティングス』 - (1978年録音)(Milestone)1978年(ライヴ)• 『パッション・ダンス』 - (1978年録音)(Milestone)1978年(ライヴ)• 『カウンターポインツ:ライブ・イン・トーキョー』 - (1978年録音)(Milestone)2004年(ライヴ)• (1978年録音)(Milestone)1979年• 『ホライゾン』 - (1979年録音)(Milestone)1980年 1980年代• 『フォータイムス・フォー』 - (1980年録音)(Milestone)1980年• (1980年録音)(Milestone)1981年• 『ザ・リジェンド・オブ・ジ・アワー』 - (1981年録音)()1981年• 『ルッキング・アウト』 - (1982年録音)(Columbia)1982年• と共同名義, 『ラヴ&ピース』 - (1982年録音)(、AMJ)1982年• 『ディメンションズ』 - (1983年録音)()1984年• と共同名義, 『イッツ・アバウト・タイム』 - (1985年録音)(Blue Note)1985年• (1985年録音)(Palo Alto)1985年• 『ダブル・トリオ』 - (1986年録音)()1986年• フランク・モーガンと共同名義, (1987年録音)(Contemporary)1987年• 『ボン・ヴォヤージュ』 - (1987年録音)(Timeless)1987年• (1987年録音)(Impulse! )1987年• (1987年録音)(Who's Who in Jazz)1987年(ライヴ)• (1988年録音)(Blue Note)1988年(ライヴ)• (1988年録音)(Milestone)1988年(ライヴ)• (1989年録音)(KING)1989年(ライヴ)• (1989年録音)(Blue Note)1989年(ライヴ) 1990年代• と共同名義, (1990年録音)(Milestone)1990年• (1991年録音)(LRC)1991年• (1991年録音)(Laserlight)1991年• (1991年録音)(Blue Note)1991年(ライヴ)• 『リメンバリング・ジョン』 - (1991年録音)(Enja)1991年• 『ニューヨーク・リユニオン』 - (1991年録音)(Chesky)1991年• (1991年録音)(Red Baron)1991年• 『キー・オブ・ソウル』 - (1991年録音)(AMJ)1991年(ライヴ)• (1991年録音)(Sweet Basil)1991年(ライヴ)• のリーダー作品, (1991年録音)()1991年(ライヴ)• (1991年録音)(Who's Who in Jazz)1991年(ライヴ)• 『ターニング・ポイント』 - (1991年録音)(Birdology)1992年((最優秀ラージ・ジャズ・アンサンブル・パフォーマンス)受賞)• 『ジャーニー』 - (1993年録音)(Verve)1993年• と共同名義, 『マンハッタン・ムーズ』 - (1993年録音)(Blue Note)1994年• (1994年録音)(Milestone)1995年• 『インフィニティ』 - (1995年録音)(Impulse! )1995年• 『アルフィー:ザ・ミュージック・オブ・バート・バカラック』 - (1996年録音)(Impulse! )1997年• 『マッコイ・タイナー・プレイズ・ジョン・コルトレーン:ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』 - (1997年録音)(Impulse! )2001年(ライヴ)• (1998年録音)(Telarc)1999年• およびと共同名義, (1999年録音)(Telarc)2000年 2000年代• (2000年録音)(Telarc)2000年• (2002年録音)(Telarc)2003年• 『イルミネイションズ』 - (2003年録音)(Telarc)2004年• (2006年録音)(McCoy Tyner Music)2007年(ライヴ)• (2006年録音)(McCoy Tyner Music)2008年• (2007年録音)(McCoy Tyner Music)2009年(ライヴ) テレビ出演 [ ]• 『東京JAZZ 2009』 NHK BShi 2009年9月30日, 10月1日 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]• 小川充「McCoy Tyner」『スピリチュアル・ジャズ』小川充、〈Jazz Next Standard〉、2006年、74頁。 悠雅彦 2003年. "解説 マッコイ・タイナー ソロ・アルバムについて", p. 4 [XRCD24]. McCoy Tyner 『Echoes Of A Friend』のアルバム・ノーツ JVC. 朝日新聞. 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語).

次の

「ハリー・ポッター」で脇を支えたキャストは、名優揃いだって知ってます? 【ホグワーツ教職員&不死鳥の騎士団編】

モーガン ターナー

生まれた名前 モーガン・ジャネット・ターナー ニックネーム Mo 太陽のサイン おうし座 生まれた場所 アメリカ合衆国、ペンシルベニア州ウエストチェスター 国籍 教育 学校教育の修了後、モーガンジャネットターナーは演劇のキャリアに集中するために大学への入学を拒否しました。 彼女は、標準化されたアカデミアがすべての人に適しているわけではないと感じています。 職業 女優 家族• お父さん - 道の• 母 —サンドラランダース(女優)• 兄弟姉妹 - 道の 部長 道の ジャンル 代替案 楽器 道の ラベル ノスタルジアボーイ 造る 平均 高さ 5 ft 2 inまたは157. にこっと笑い• 強いあご線 ブランド保証 モーガンジャネットターナーは、どのブランドの承認作業も行っていません。 宗教 彼女は自分の宗教的信念について話していない。 最もよく知られている• アクションアドベンチャー映画でヤングマーサ役に出演し、 ジュマンジ:ジャングルへようこそ (2017)。 などの映画に出演したこと 夜の姉妹 (2014)および ワンダーストラック (2017)。 歌手として 2017年7月、モーガンの音楽バンド ダブルスエード デビューEPをリリースし、 少ない光で. 最初の映画 2006年、モーガンはスポーツドラマ映画で彼女の劇場映画デビューを果たしました。 無敵 , マークウォールバーグ銀行とエリザベス銀行が主役でした。 最初のテレビ番組 2010年、モーガンジャネットターナーは彼女の最初のテレビ番組に出演しました 大丈夫です ドラマTVシリーズのエピソード、 慈悲. 個人トレーナー 彼女のトレーニングルーチンとダイエット計画は不明です。 モーガン・ジャネット・ターナー• 彼女は非常に若い年齢でダンストレーニングを始めました。 彼女はバレエとタップダンスのトレーニングを10年以上受けています。 彼女はまた、現代およびアイルランドのステップで訓練されています。 彼女はエンドウ豆が好きではありません。 モーガンは占星術チャート、クリスタル、タロットカードが大好きです。 彼女はソーシャルメディアアカウントを持っていません。

次の