ウーバーイーツ お釣り。 ウーバーイーツでお釣りが足りない時はどうする?現金払い時の極意!

ウーバーイーツ配達員におすすめのサバイバルシート(緩衝材)はこれ!モバイルバッテリー・スマホホルダー・スマホケースなど400件配達した自分がおすすめ配達便利グッズを紹介します。

ウーバーイーツ お釣り

お釣りが足りないトラブル トラブルがあったのが先月末の現金払いの案件。 注文者のアパートに到着後、まずは料理を渡し、その後に代金の受け渡しをしました。 ちなみに注文者は日本人ではありません(国名は伏せます)。 1340円の支払いだったのですが注文者が「1万円札しかない」ということで10340円出してきました。 つまりお釣りは 9000円(10340ー1340)。 多少面倒だったのですが小銭が無いぶんだいぶマシです。 ちゃんと 注文者の目の前で5千円札1枚と千円札4枚を数え注文者に手渡したところ、そのままお釣りを受け取って何も問題なく配達が完了する はずでした。 しかし自転車に戻って配達を完了させて次の配達に向かおうとしたところ、急に先ほどの注文者から電話がかかってきました。 そのまま電話がすぐに切られてしまい、こちらから掛け直すのも面倒だったので、直接注文者の部屋のドアのインターホンを鳴らしました。 後でメールで連絡 その日の夜にお問い合わせフォームから「現金案件でお釣りのトラブルがあったこと」「 サポセンに全然繋がらなかったので1000円渡したこと」「どうやってフォローアップしてくれるのか」などを問い合わせました。 しかし、「フォローアップする」と言っておきながら未だにサポセンから連絡はありません。 もう3日以上経ってますが何の音沙汰も無し。 これまではどんなに遅くても2日以内に返信メールが返ってきたのですが、今回は全く何の反応もありません。 何度か電話してみたのですが、サポセンには一向に繋がらず困っています。 100円くらいならまあ諦めますが、1000円は結構デカイ額なのでなるべく早めに返金して欲しいのですが、売り上げや明細のページを見てもそれらしいお金は入ったいない模様。 一体私の1000円はどうなってしまうのか、進展があれば追記します。 詳しくはこちらの記事を読んでいただきたいのですが、 結論から言うと千円は戻って来ませんでした。 現金払いのリスクと対策 今回のお釣りトラブルで「 現金払いがやっぱりリスクがある」ということを再認識しました。 お釣りトラブルはかなり稀なケースだとは思いますが、直接的に現金のやりとりをする時は特に注意を払っておいた方がいいですね。 必ず注文者にお釣りを数えさせる 現金トラブルを避ける上でもっとも重要なのが 金額を間違えないこと。 代金をもらう時でもお釣りを渡す時でもしっかり金額を数えて、1円も間違ってないことを確認しなければ後々大きなトラブルになりかねません。 そして金額を数える時は必ず注文者と一緒に確認しましょう。 特にお札を数える時は一枚一枚ゆっくり声を出して数えたり、 注文者に「ご確認ください」と言って目の前で数えさせて枚数が本当に正しいか確認させましょう。 今回のケースで私は注文者にお札の枚数を数えさせませんでした。 これが私の過失です。 この時点でお釣りが間違っていれば一旦家の中に入られても さっき枚数合ってたじゃないですか。 自分で数えてたじゃないですか。 なんなんですかあなたは。 と堂々と主張出来ます。 トラブルがあればサポセンに連絡 現金で何百回も配達していれば一度くらいはお釣りトラブルに巻き込まれる可能性は十分あります。 そんな時は何よりもまずサポセンに連絡して指示を仰ぎましょう。 金額が小さければ余分なお釣りを渡して後で報告してもいいですが、金額が大きい場合はその場でサポセンに相談するのが一番です。 後で大きなトラブルになるのを避けたいなら、次の配達をキャンセルしてでもサポセンに繋がるまで待つのがいいと思います。 「受けキャン」はアカウント健全性に悪い影響はありますが、お釣りトラブルにあってしまったら仕方ありません。 小銭とお札をしっかり用意する あと、現金払いだとたまに1万円札しか出さない注文者もいます。 たまにであればいいのですが3人くらい立て続けに1万円を出されるとお釣りが足りなくなって近くのコンビニで両替する羽目になってしまいます。 両替に行っていると配達には遅れますし、遅延バッドの可能性も出てくるのでできれば避けたいところです。 なのでなるべくお釣りの用意は多めにしておいた方が良いでしょう。

次の

ロングピックは何分までうける?Uber Eats(ウーバーイーツ) のピックアップ戦略!

ウーバーイーツ お釣り

昨日のブログを今日書くことに躊躇しない自分を褒めてあげたい。 自分を褒めれるって大事。 そうでしょう? なんでも目標のハードルは低いほうがいいよね! 達成しやすいもん。 「まるで毎日のように更新するブログを目指しています(笑)」。 ナイス下方修正! うぇいうぇい! です。 この日は昼から来客があるので朝9時から11時までの2時間だけオンライン!! そしてちょっと少なめの3回ほど配達してきました。 2回目の配達が大須から熱田神宮まで飛ばされたので、ちょいとロングトリップで時間取られました。 流石に3回だけしかないと何も起こらない穏やかなライド。 昼ごはん前のいい運動と行ったところでした。 ちょっとした運動にも利用できちゃうウーバーイーツ 配達員てかなりイケてると思いませんか?• たまにお客様に「それいいですね!」と言われるので今回はこれを紹介します。 ウーバーイーツ 配達員をやり始めサポートセンターなんかにお世話に行きますと現金取引はやらないのか? なんて勧められたりするので、じゃあっつーことでアプリで登録をさらっと済ますとその2日後くらいから現金取引始まるんですよ。 当然お釣りをたくさん入れた財布なんか持ってみたりするんですが、それが結構邪魔だし重いしちょいとウザいわけです。 しょうがないのでウエストポーチなんかを用意して、そのでかい財布と小銭どもを入れて仕事をするのですが、どうもジャラジャラするし重いし自転車漕ぐとリズミカルにジャッジャ言うのでそれはそれでうっとおしいんです。 なんなら腰に悪いんじゃないかな? とくにお客様の家の玄関なんかでジャラジャラとか、もたもたとか、していると早くせーよと言われているみたいで、とても野暮ったく頭も悪そう。 「ん〜これは参った」と言うことで調べました。 ありました。 買いました。 そして今使っています! 携帯コインホルダー!! その名も「 コインホーム」!!!! 写真をみてわかる通りスマートです。 1円玉が5枚 5円玉が4枚 10円玉が5枚 50円玉が4枚 100円玉が5枚 500円玉が4枚 と2,775円分の小銭が収納できます。 これだけの小銭を手のひらサイズで管理できるので、お客様の玄関での対応がかなり素早くなります。 お客さんも思わず「それいいですね!」となるわけです。 僕はこれを3つウエストポーチに忍ばせています。 最近ではそれでも足りなくなることが出てきたので後2つくらい足そうかとも思っています。 携帯コインホルダーコインホーム 当然小銭があるのなら大銭もあるわけです。 ここもなんとかスマート&コンパクトにしたい。 そんなわけで、やはり管理に困るのが、札の方です。 お客様も1万円札しか持ち合わせがない方も結構おられます。 なのでここは念入りに千円札を用意しておきたいのですが、やはり財布は邪魔、いちいちファスナーを2度開けることとかになりますからね。 やはり玄関でもたもたしていると結構かっこ悪い。 それでは困る。 何が? かっこ悪いのがってことで、僕は考えました。 断捨離だな。 札を入れていた財布を排除いたしました。 今やウエストポーチの中には財布は入っておらず直接お金をごろつかせております。 ただごろつかせてるわけではないのです。 よく考えてみればこんなシンプルな方法がありました!!! その名は「マネークリップ」!!!!! ん〜っと唸ってしまうほどシンプル。 とにかく1クリップに1万円分お札を挟んでおけばすぐに両替ができます。 玄関先での振る舞いも非常にスマートです。 やはり配達員も極めてみるとどんどん職人的なことが出てきます。 少しでも早く少しでもスマートに仕事はきめこみたいですね。 お客様からいただいた1万円札も用意しておりたマネークリップに挟んでおいておけば、他の札と混ざってしまうこともなく、間違って1万円札を千円札のように出すこともないと思います。 マネー 普段は大体これくらい持ち歩くようにしていますが、最近現金のおっ客様も多くなってきたので、もう少し増やす予定です。 そろそろ防犯も考えたほうがいいかな? そして僕は大体のものをネットで購入しています。 ここではあえてリンクは貼っておりませんので、検索してみてください。 コインホームとマネークリップです。 ちょいと出かけたらそこはウーバーイーツ 店舗でした! まだまだウーバーイーツ 店舗は足りてないなぁって思う今日この頃。 そして実はウーバーイーツドライバーもまだまだ足りていないんだと思います。 そして沢山のお客様は期待して待っていると僕は思っています。 だったらもっと自分でウーバーイーツ使えよ! とお思いでしょうが、僕だってたまには出かけます。 なんかどうしてもピザが食べたくなったのでコマネチ!!! 名古屋は東区の泉1丁目にありますココ。 「コマネチ」!!! かなりのオススメ店舗でございます。 ハンバーガーとかピザとかタコスとかが好きであれば是非行っていただきたいl。 そんなの行けるわけねーだあろ!!! なんて思っておられますそこのあなた。 ご安心ください。 このお店ウーバーイーツやってるんです。 このお店は夜も遅い時間まで営業しているので、「たまにはマクドナルド以外のハンバーガーも食べたいなぁ」なんて思っているそこのあなた。 コマネチ! コマネチ!! コマネチ!!! 大事なことなんで3回言いましたよ! 是非ご利用ください。

次の

出前のお釣り問題。

ウーバーイーツ お釣り

ウーバーイーツで現金で配達する方法【カード登録後にやりたい時だけONにする】 ウーバーイーツで料理を注文する際の支払い方法が知りたい方はこちら。 ウーバーイーツの配達の基本の流れが知りたい人はこちら。 ウーバーイーツの現金対応エリア ウーバーイーツでも現金が使用できるようになりました。 2019年6月22日には横浜・埼玉・千葉でも使用可能になり日本のサービスエリア全域で現金払いの配達が可能となりました。 現金の配達をONにする設定 クレジットカードかデビッドカードを登録する アカウント>お支払い>支払い方法の追加でカードの情報を登録し、規定の支払い方法に設定します。 差額の精算のために登録が必須です。 登録から通常2営業日以内に現金配達が可能になります。 ドライバーアプリ上で現金払いを受け付けるをONにする カードを登録した方のみ、「運転の設定」ページが表示されるのでそこで設定します。 右下のメニューを開いてから、設定ボタンを押すと「 運転の設定」ページが開きます。 現金の場合の実際の配達の流れ 現金アイコンが表示 注文者の元へ向かうタイミングでアプリ上に緑色のアイコンが表示されます。 注文者の現金を受け取る 商品を引き渡す際に商品の金額が表示されます。 (クーポン利用時は少額や0円もあり得る) お釣りを渡す お釣りを渡す必要がある場合があります。 もしお釣りが足りなかった場合は、料理をお渡ししてから両替に行きます。 受け取った現金の対処 受け取った現金はそのまま自分が持ちます。 受け取る金額が通常の場合 その週の報酬でプラスマイナスが調整されます。 現金でもらった分を抜いた分の報酬が振り込まれます。 受け取る金額が多過ぎた場合 (A)他の配達の報酬(カード支払いの注文)でプラスマイナスが調整される (B)それでも多すぎた場合は最初に登録した自分のクレジットカード(デビッドカード)に請求される つまり自分から現金を振り込んだりする必要はないってことですね。 現金が手元に溜まり儲かった気分でいてもマイナスされることはあるので感覚的に注意ですね。 ただ、現金注文額の上限が2500円なのですぐに溜まることはないと予想します。 「売り上げ詳細」の画面でプラスマイナスが確認できます。 受け取る金額が少な過ぎた場合 受け取る金額の方が手数料などよりは常に大きいので理論上は起こりえないと思います。 注文者が現金を払わなかった場合は、そのまま料理をお渡しし「詳細」から「乗客が料金を支払わなかった」などのボタンを押し、支払いのやり取りはウーバーに引き継ぎます。 ウーバーイーツで現金対応を活かした働き方【良い面・悪い面も解説】 現金払いの配達する人にとってのメリット・デメリット 配達する人にとってのメリット ・収入の一部を現金ですぐに受け取れる ・差額精算の際にクレジットカードで支払えばポイントを貯めやすい ・注文が増えるかもしれない ・他の人より注文を多く受けられて収入が上がるかもしれない ・お釣り分をチップとして貰えるかもしれない 配達する人にとってのデメリット ・お釣りを事前に用意する必要がある ・お釣りの残りの手持ちを常に確認する必要がある ・お釣りの計算を間違えないように慎重に行う必要がある ・現金を持ち歩くセキュリティに気を使う ・受け渡しが暗い場所や狭い階段の上などでも現金を落とさないようにする ・もらった現金よりも引き落としされる金額が多いと精神的に借金を返していく気分になる ・もし現金決済できる人が不足している場合、注文側がずっと待っている状態の可能性もある ・注文者が日本語話者とは限らないので多言語で対面で対応する ・日本固有の文化により受け渡しの際に過剰な「おもてなし」を要求される可能性がある 僕の考えで現金配達のメリット・デメリットを書いてみました。 両方の側面があるのでよく考えるのが大事だと思います。 現金が導入された理由を予想 そもそも現金が導入された理由は何なのかを考えて「納得」して現金配達を行うのは大事だと思います。 公式サイトでは「注文数の増加への期待」などと書かれています。 もっと深い理由を僕の考えで予想してみました。 日本の現金使用率が異様に高すぎる 日本の現金使用率は先進国の中でも異様に高いです。 (キャッシュレス決済比率) 韓国が89. 、より作成 出前館は店舗にもよりますが、支払い手段を多数用意しているようです。 出前館は特に地方都市での競合相手であると予想します。 競合が使用している以上、経営側としては現金支払いに踏み切る判断をせざるを得ない側面も少しありそうです。 この他にもよく考えると、いろんな日本独自の理由がありそうですよね。 お金を使う側一人一人の選択も日本社会全体に関わっているのかなと思います。 ここまで理解して「仕方ないか」と覚悟して配達すると気持ち的にはだいぶ変わると思います。 オリンピック後には、また変わっていくと期待したいです。 現金の配達ってどれくらい多いの? 現金を念頭に新規登録する注文者が増えてくるのは2019年以降だと思います。 初めは少なくてこれから増えていくと予想します。 現金の配達はどんな人に向いてる? 僕の考えで予想してみました。 今まで現金でデリバリーや配達の仕事をしていた人 今まで現金で配達の仕事をしていた人なら、現金の扱いに慣れているので比較的楽なんじゃないでしょうか。 1日の達成件数を増やして多く稼ぎたい人 とにかく多く稼ぎたいと思っている人は現金を扱えば注文が増えるかもしれません。 どこまで費用対効果が良いかは検討してみる必要はあると思います。 お釣りを用意する方法 お釣りを両替する方法 お釣りは銀行のATMで用意するのがいいと思います。 ・ATMで「1990円」で引き出す ・ATMで1万円ではなく「10千円」で引き出す 銀行の支店に行けれれば、両替機が置いてあることも多いです。 お釣りがなくなりそうになった時は早めに現金支払いをOFFにするのが良さそうです。 小銭が足りなくてコンビニなどで何か買って崩すのはできれば避けたいですよね。 用意する紙幣小銭の種類 9900円などのお釣りが発生する可能性もあると思います。 クーポン割引などの利用などにより少額の決済もあり得るからです。 (お釣り内訳の例) 10円玉 30枚 50円玉 20枚 100円玉 30枚 500円玉 8枚 1000円札 5枚 5000円札 1枚 計18300円 5円玉1円玉は使わないと思います。 1万円札を出されることは少ないと信じたいですが、もし出されたらその度に両替しにいくか現金OFFにする感じかなと思います。 お釣りを持ち運ぶ方法 持ち運びや取り出しに便利なグッズを使うと良さそうです。 こんにちは。 大阪でドライバーとして活動しています。 もし良かったらご返信いただけると嬉しいです。 最近、現金払いがかなり多くその場合の報酬はカード決済注文の時より少しでも多くもらえるのではと勝手に期待してたんですが、これは間違いですよね・・・? 明細を確認した所、しっかりと全額翌週に差し引きされてますし、もらった現金の数パーセントでも手元に残るかと思ってたんですが。。 確かに即金性はありますが、結局全額差し引きされるのであれば一旦、お預かりしているぐらいの感覚で考えておいた方が無難でしょうか?うっかり、差し引き分のクレジットの請求額が増えてしまった時にも対応できないですし。 結論的に現金払いのメリットとして考えられるのは配達回数の増加、クエストの達成のしやすさ、この辺りと考えておいてよろしいでしょうか?.

次の