ミスシャーロック ネタバレ。 ミス・シャーロックに続編は?竹内結子演じるシャーロックのネタバレ感想とあらすじ

【ミス・シャーロック】2話のネタバレと感想!アンジャッシュ児嶋がいい演技!?

ミスシャーロック ネタバレ

もくじ• 「ミスシャーロック」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 「ミスシャーロック」のおおまかなあらすじ 外科医師の橘和都 貫地谷しほり は、医療ボランティア先のシリアから帰国した日に、かつての恩師が目の前で衝撃的な死を迎える事件に遭遇する。 その事件の捜査中に一人の女性と出会う。 名前はシャーロック 竹内結子。 彼女は、警視庁捜査一課の礼紋警部 滝藤賢一 、柴田巡査部長 中村倫也 も手を焼く難解な事件を、天才的な洞察力を以って解決に導く捜査コンサルタントだった。 その傍若無人な物言いに抵抗を感じながらも、和都はシャーロックの人並み外れた推理力に心から感服する。 2人は奇妙な共同生活を始め、コンビとして事件の捜査に関わるようになっていくが・・・。 「ミスシャーロック」のキャスト 竹内結子 役:シャーロック イギリス生まれの日本人で帰国子女。 35才。 性格に難あり。 『捜査コンサルタント』を名乗り警察の捜査に協力している犯罪心理学の専門家。 『ある事』をきっかけに自分からシャーロックと名乗り始め、周りもそう呼ぶようになった。 なお『ある事』の正体は明らかにされていない。 集中すると周りの音が聞こえなくなる。 大きい音が苦手。 第1話で221Bを訪れた和都に「視界に美的センスのないものが入ると脳の働きが鈍る」とエルメスのトレンチコートを投げつけたり、第2話でルームシェアに関する大量の条件を示したりと、身の周りのものに強いこだわりを見せる。 しかし食べ物に関しては優柔不断でさまざまな食べ物を大量に注文する。 化学、医学、文学、芸術など幅広い知識を持つが日常では複雑な構造物や動物によく興味を示し、観察のために座り込んで動かなくなることもある。 チョコレートホリック。 コーヒー派。 よく部屋でチェロを演奏している。 事件がないときはアロマの調合やキュウリの化粧水作りをすることもある。 知識や論理といった理性的なものを最も重要視しており、愛情について「そういう感情的なものは、冷静な理性の邪魔をするだけ」と切り捨て結婚や恋愛についても否定的な言動が度々見られる。 「論理な思考が欠如している」ため子供が苦手である。 推理の際「ある事象から全てのありえないことを排除すれば、自ずと真相は見えてくる。 それがどんなに突飛な結論でも」とよく和都に語っている。 和都との関係を「友達じゃない」と否定し続けていたが、最終話で「和都は私の初めてできた友達」と語りかけ、和都の洗脳を解くために入川とライヘンバッハビルから飛び降り、死亡したとされている。 (モデル:シャーロック・ホームズ) 貫地谷しほり 役:橘 和都(たちばな わと) シャーロックの相方「和都さん」。 ボランティア医師団のシリア派遣から帰国した元外科医。 両親は札幌に住んでおり、父親は病院を経営している。 家族の反対を押し切って医師団に参加したが、自分の無力さを思い知り帰国した。 爆撃により背中一面に傷があり、帰国後PTSDに悩まされ精神的に不安定な面を見せる。 感情で動くタイプで、時に理性のコントロールを失うことがある。 医師団の勧めで入川クリニックに通院しカウンセリングを受ける。 第1話の最後に泊まっていたビジネスホテル「ホテルニュー蒲田」が全焼の火事になり、221Bでシャーロックとルームシェアをすることになった。 初めはシャーロックに対して警戒していたが次第に彼女の実力を信用するようになる。 事件の際はシャーロックの言動をコントロールしたり、下調べをしたり、犯人に語りかけたりと助手のような役割をしている。 シャーロックに推理のヒントを与えることもある。 守屋と恋人関係になるも、シャーロックが守屋に向けて発砲した場面に居合わせたことで大きなショックを受け、入川に洗脳される。 入川は和都をシリアで核弾頭によるテロ計画に使おうと考えていたが、シャーロックを殺そうと射撃訓練を続け、ライヘンバッハビルでついに彼女に銃口を向けるもシャーロックの呼びかけによって自我を取り戻す。 (モデル:ジョン・H・ワトスン) 滝藤賢一 役:礼紋 元太郎(れいもん げんたろう) 警視庁刑事部捜査一課の警部。 シャーロックに捜査協力を依頼。 シャーロックの推理力を何より信頼しており、「捜査なんかして真相を見誤ったらどうする」と発言したりシャーロックのピッキングを見て見ぬふりしたりする。 部下の柴田に毎度調べ物や雑用を押し付けている。 既婚者。 (モデル:レストレード警部) 中村倫也 役:柴田 達也(しばた たつや) 警視庁刑事部捜査一課の巡査部長。 礼紋の部下で熱血漢な性格。 シャーロックの言動によく反応しからかわれている。 第7話でシャーロックに拳銃を奪われ一時警察を退職して父親の清掃会社で働くが、ゴンドラの無断使用でクビになったが、第8話では礼紋が警察の退職届けを保留していたため警察に復職している。 (オリジナルキャラクター) 大谷亮平 役:守谷 透(もりや とおる) 戦場カメラマン。 入川真理子の紹介で和都と出会う。 二年前イラクで起きた生物兵器テロに抗議するため、帝日化学から殺人ウイルスを盗み出し、シャーロックを犯人に仕立て上げた上で自分を媒介にして東京でテロを起こそうと計画する。 ウイルスにより死亡。 小澤征悦 役:双葉 健人(ふたば けんと) シャーロックの兄で内閣情報調査室の内閣情報分析官。 「20分しか時間が取れなくてね」が口癖。 (モデル:マイクロフト・ホームズ) 伊藤蘭 役:波多野 君枝(はたの きみえ) 目白台の住宅街にあるシャーロックが住む屋敷、221Bの家主。 未亡人。 シャーロックの両親に危機を救われた恩返しとしてシャーロックの面倒を見ている。 シャーロックの身の上に起こったことは全て知っているようだが、語ろうとはしない。 (モデル:ハドスン夫人) 斉藤由貴 役:入川 真理子(いりかわ まりこ) 和都が通う心理カウンセリングの心理カウンセラー。 穏やかな口調と細やかな気配りで患者たちから信頼されている。 本名はモリワキアキラ。 ハーバード大学の卒業生で、対話によるアプローチで脳に刺激を与えて犯罪を誘発させる「犯罪誘導理論」の提唱者。 理論検証のためにカウンセリングの患者を洗脳し「ドック」と呼ばれる施設で教育していた。 洗脳された患者たちは彼女を「マリス・ステラ」として崇拝している。 シャーロックのことを論理的で自分と似ていると形容する一方、シャーロックが犯罪を否定し非情になりきれないことを見下している。 シャーロックと過去に接点があったことをほのめかすような発言をしているが詳細は明かされていない。 ライヘンバッハビルでシャーロックとともに死亡したとされている。 (モデル:ジェームズ・モリアーティ) 「ミスシャーロック」の各話のあらすじ 1話「最初の事件」 ボランティア医師団の任務から帰国し、久しぶりに東京に戻ってきた橘和都(貫地谷しほり)は、羽田空港のロビーで恩師の水野隆之(二階堂 智)に出迎えられる。 久々の再会を喜んだ和都であったが、喜びもつかの間、突如水野の腹部は爆発し死亡してしまう。 事件の捜査を担当する 礼紋警部(滝藤賢一)と柴田巡査部長(中村倫也)に連れられ警察署に行った和都だが、そこで遺体安置室で水野の遺体に手をつっこんで検死している捜査コンサルタントのシャーロック(竹内結子)と出会って・・・。 卓越した洞察力と推理力を持つシャーロックと和都が、猟奇的な連続殺人事件「デビルズ・フット」に挑む。 1話「最初の事件」ゲスト 水川あさみ 役:水野亜紀子 二階堂智 役:水野隆之 2話「ひげの幸子像の謎」 滞在していたホテルが運悪く全焼してしまった和都は、シャーロックの兄・健人(小澤征悦)に勧められ、シャーロックが暮らす波多野(伊藤蘭)家の221Bでルームシェアをスタートする。 ある日シャーロックは、波多野の友人・舞原鞠子(左時枝)からの依頼で、美術館に貸し出した岸田実篤作の絵画『幸子像』に、油性ペンでカイゼル髭を落書きした犯人の、身元と動機を探ってほしいと調査を頼まれる。 だが、舞原夫人に『幸子像』の売却をもちかけた画廊オーナー・柳沢は屋上から転落死を遂げていて、絵画修復士の桑畑(児嶋一哉)らに接触する。 2話「ひげの幸子像の謎」ゲスト 左時枝 役:舞原鞠子 児嶋一哉 役:桑畑道彦 3話「ヘッドハンターの素顔」 シャーロックと和都は、灰谷玲子という女性から、大手製薬会社「モーソン製薬」への転職をオファーしてきたヘッドハンターの椎名亜里沙(紺野まひる)に研究論文を提出したところ、途端に連絡がつかなくなったという事件の調査依頼を頼まれる。 だが、「モーソン製薬」の研究室主任・綿貫博士が、何者かに高圧電流を流され廃人状態で発見されたことがわかる。 この2つの事件は裏で繋がっていたと考えたシャーロックは、亜里沙の妹、由麻(木南晴夏)から情報を聞きだし、亜里沙が事件の鍵を握っているのではないかと疑い始めるが・・・。 3話「ヘッドハンターの素顔」ゲスト 紺野まひる 役:椎名有里沙 木南晴夏 役:椎名由麻 田中圭 役:米山俊夫 菊池均也 役:綿貫弘 安藤聖 役:灰谷玲子 伊崎充則 役:真田正德 4話「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア」 和都は、日本料亭のアルバイト先で幼なじみの若杉涼太(高橋努)と偶然再会する。 涼太が、さくら(安達祐実)と再婚し、自身の連れ子の大輝、2人の間に生まれたばかりの若菜、義理の母との5人で暮らしているという話を聞き喜ぶ和都であったが、涼太から妻・さくらが若杉家に代々伝わる吸血鬼の呪いにとりつかれて、娘・若菜の生き血を吸うようになってしまったとの相談をうけ心配になり・・・。 和都は事件解決の為、シャーロックを連れて若杉家を訪れる。 4話「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア」ゲスト 安達祐実 役:若杉さくら 高橋努 役:若杉涼太 朝加真由美 役:若杉静枝 川岡大次郎 役:結城カイト MEGUMI 役:湊アンナ 5話「消えた新婦」 突然のフラッシュバックに襲われ、倒れこんでしまった和都は、入川クリニックに相談に行くのだが、そこで入川からPTSDが発症したことを告げられる。 一方、シャーロックは、礼紋から「披露宴の直前に、結婚式場の控え室から突如として花嫁が失踪した」という連絡を受け、捜査に行くことに。 花嫁はモデルの真島理紗(泉里香 で、新郎は、注目の有名ジュエリーデザイナーの冴木数馬(淵上泰史)。 一見、順風満帆のはずの2人の間に何が起きたのか、シャーロックと和都が捜査をはじめる。 5話「消えた新婦」ゲスト 泉里香 役:真島理沙 淵上泰史 役:冴木数馬 毎熊克哉 役:香田夏雄 梅舟惟永 役:西野未来 近野成美 役:神崎奈々美 6話「マリス・ステラ」 ある日、元警察庁長官で国会議員の鷹山幸一(小木茂光)の息子、優一(山田裕貴)宛に小包が届く。 そこには、冷凍保存された人間の右耳が入っていた。 事件の捜査を依頼されたシャーロックは、切り取られた右耳にサイズの合わない補聴器が埋め込まれていることに気づき、片耳を失った人を探すことに。 だが、辿り着いた男は既に死んでいて、その人物は柴田巡査部長(中村倫也)の元上司で恩師である捜査一課の刑事・川崎雄三であった・・・。 一方、シャーロックの兄・健人は、日本有数の研究所、帝日化学から強力な感染力と殺傷力をもつ殺人ウイルスが盗まれたことを知り、シャーロックに盗まれた殺人ウイルスの奪還を依頼することに・・・。 7話「最後の事件 前編ゲスト 菊地凛子 8話「最後の事件 後編」 シャーロックはテロ計画の実行犯を突き止め、ウイルスを自身の身体に打った犯人を殺害することで、ウイルスの拡散阻止に成功した。 しかし、警察は引き続きシャーロックを被疑者として捜索し、彼女を擁護する礼紋警部は捜査本部から外され、シャーロックに拳銃を奪われた柴田巡査部長は退職願を提出して警察を去ってしまう。 シャーロックは波多野、健人の協力のもと、テロ計画の真犯人であるモリワキアキラを追いかけ、さらなるテロ計画の阻止とモリワキの手に落ちてしまった和都の奪還を試みるが・・・。 卓越した洞察力と推理力を持つシャーロックと最大の敵、モリワキアキラとの戦いがここに決着する。 「ミスシャーロック」はHuluのみで配信中 Huluのオリジナルドラマはそんなに多くはないですが、このミスシャーロックはゲストもなかなか豪華ですし、ミステリーとかサスペンス好きな私としては面白かったです! 今の月9で放送されている「シャーロック」も、各話のゲストの演技が良いですし、面白い話もあります。

次の

ドラマ「ミス・シャーロック」2話|事件は美しい調べにのせて

ミスシャーロック ネタバレ

もくじ• 「ミスシャーロック」のネタバレ ここから、記事を全て読んでいただくのも嬉しい限りですが、記事が何分長いので、気になるところにジャンプ出来るように、それぞれのネタバレを項目ごとに用意しました! 気になる箇所へ飛んでみてくださいませ! 「ミスシャーロック」のおおまかなあらすじ 外科医師の橘和都 貫地谷しほり は、医療ボランティア先のシリアから帰国した日に、かつての恩師が目の前で衝撃的な死を迎える事件に遭遇する。 その事件の捜査中に一人の女性と出会う。 名前はシャーロック 竹内結子。 彼女は、警視庁捜査一課の礼紋警部 滝藤賢一 、柴田巡査部長 中村倫也 も手を焼く難解な事件を、天才的な洞察力を以って解決に導く捜査コンサルタントだった。 その傍若無人な物言いに抵抗を感じながらも、和都はシャーロックの人並み外れた推理力に心から感服する。 2人は奇妙な共同生活を始め、コンビとして事件の捜査に関わるようになっていくが・・・。 「ミスシャーロック」のキャスト 竹内結子 役:シャーロック イギリス生まれの日本人で帰国子女。 35才。 性格に難あり。 『捜査コンサルタント』を名乗り警察の捜査に協力している犯罪心理学の専門家。 『ある事』をきっかけに自分からシャーロックと名乗り始め、周りもそう呼ぶようになった。 なお『ある事』の正体は明らかにされていない。 集中すると周りの音が聞こえなくなる。 大きい音が苦手。 第1話で221Bを訪れた和都に「視界に美的センスのないものが入ると脳の働きが鈍る」とエルメスのトレンチコートを投げつけたり、第2話でルームシェアに関する大量の条件を示したりと、身の周りのものに強いこだわりを見せる。 しかし食べ物に関しては優柔不断でさまざまな食べ物を大量に注文する。 化学、医学、文学、芸術など幅広い知識を持つが日常では複雑な構造物や動物によく興味を示し、観察のために座り込んで動かなくなることもある。 チョコレートホリック。 コーヒー派。 よく部屋でチェロを演奏している。 事件がないときはアロマの調合やキュウリの化粧水作りをすることもある。 知識や論理といった理性的なものを最も重要視しており、愛情について「そういう感情的なものは、冷静な理性の邪魔をするだけ」と切り捨て結婚や恋愛についても否定的な言動が度々見られる。 「論理な思考が欠如している」ため子供が苦手である。 推理の際「ある事象から全てのありえないことを排除すれば、自ずと真相は見えてくる。 それがどんなに突飛な結論でも」とよく和都に語っている。 和都との関係を「友達じゃない」と否定し続けていたが、最終話で「和都は私の初めてできた友達」と語りかけ、和都の洗脳を解くために入川とライヘンバッハビルから飛び降り、死亡したとされている。 (モデル:シャーロック・ホームズ) 貫地谷しほり 役:橘 和都(たちばな わと) シャーロックの相方「和都さん」。 ボランティア医師団のシリア派遣から帰国した元外科医。 両親は札幌に住んでおり、父親は病院を経営している。 家族の反対を押し切って医師団に参加したが、自分の無力さを思い知り帰国した。 爆撃により背中一面に傷があり、帰国後PTSDに悩まされ精神的に不安定な面を見せる。 感情で動くタイプで、時に理性のコントロールを失うことがある。 医師団の勧めで入川クリニックに通院しカウンセリングを受ける。 第1話の最後に泊まっていたビジネスホテル「ホテルニュー蒲田」が全焼の火事になり、221Bでシャーロックとルームシェアをすることになった。 初めはシャーロックに対して警戒していたが次第に彼女の実力を信用するようになる。 事件の際はシャーロックの言動をコントロールしたり、下調べをしたり、犯人に語りかけたりと助手のような役割をしている。 シャーロックに推理のヒントを与えることもある。 守屋と恋人関係になるも、シャーロックが守屋に向けて発砲した場面に居合わせたことで大きなショックを受け、入川に洗脳される。 入川は和都をシリアで核弾頭によるテロ計画に使おうと考えていたが、シャーロックを殺そうと射撃訓練を続け、ライヘンバッハビルでついに彼女に銃口を向けるもシャーロックの呼びかけによって自我を取り戻す。 (モデル:ジョン・H・ワトスン) 滝藤賢一 役:礼紋 元太郎(れいもん げんたろう) 警視庁刑事部捜査一課の警部。 シャーロックに捜査協力を依頼。 シャーロックの推理力を何より信頼しており、「捜査なんかして真相を見誤ったらどうする」と発言したりシャーロックのピッキングを見て見ぬふりしたりする。 部下の柴田に毎度調べ物や雑用を押し付けている。 既婚者。 (モデル:レストレード警部) 中村倫也 役:柴田 達也(しばた たつや) 警視庁刑事部捜査一課の巡査部長。 礼紋の部下で熱血漢な性格。 シャーロックの言動によく反応しからかわれている。 第7話でシャーロックに拳銃を奪われ一時警察を退職して父親の清掃会社で働くが、ゴンドラの無断使用でクビになったが、第8話では礼紋が警察の退職届けを保留していたため警察に復職している。 (オリジナルキャラクター) 大谷亮平 役:守谷 透(もりや とおる) 戦場カメラマン。 入川真理子の紹介で和都と出会う。 二年前イラクで起きた生物兵器テロに抗議するため、帝日化学から殺人ウイルスを盗み出し、シャーロックを犯人に仕立て上げた上で自分を媒介にして東京でテロを起こそうと計画する。 ウイルスにより死亡。 小澤征悦 役:双葉 健人(ふたば けんと) シャーロックの兄で内閣情報調査室の内閣情報分析官。 「20分しか時間が取れなくてね」が口癖。 (モデル:マイクロフト・ホームズ) 伊藤蘭 役:波多野 君枝(はたの きみえ) 目白台の住宅街にあるシャーロックが住む屋敷、221Bの家主。 未亡人。 シャーロックの両親に危機を救われた恩返しとしてシャーロックの面倒を見ている。 シャーロックの身の上に起こったことは全て知っているようだが、語ろうとはしない。 (モデル:ハドスン夫人) 斉藤由貴 役:入川 真理子(いりかわ まりこ) 和都が通う心理カウンセリングの心理カウンセラー。 穏やかな口調と細やかな気配りで患者たちから信頼されている。 本名はモリワキアキラ。 ハーバード大学の卒業生で、対話によるアプローチで脳に刺激を与えて犯罪を誘発させる「犯罪誘導理論」の提唱者。 理論検証のためにカウンセリングの患者を洗脳し「ドック」と呼ばれる施設で教育していた。 洗脳された患者たちは彼女を「マリス・ステラ」として崇拝している。 シャーロックのことを論理的で自分と似ていると形容する一方、シャーロックが犯罪を否定し非情になりきれないことを見下している。 シャーロックと過去に接点があったことをほのめかすような発言をしているが詳細は明かされていない。 ライヘンバッハビルでシャーロックとともに死亡したとされている。 (モデル:ジェームズ・モリアーティ) 「ミスシャーロック」の各話のあらすじ 1話「最初の事件」 ボランティア医師団の任務から帰国し、久しぶりに東京に戻ってきた橘和都(貫地谷しほり)は、羽田空港のロビーで恩師の水野隆之(二階堂 智)に出迎えられる。 久々の再会を喜んだ和都であったが、喜びもつかの間、突如水野の腹部は爆発し死亡してしまう。 事件の捜査を担当する 礼紋警部(滝藤賢一)と柴田巡査部長(中村倫也)に連れられ警察署に行った和都だが、そこで遺体安置室で水野の遺体に手をつっこんで検死している捜査コンサルタントのシャーロック(竹内結子)と出会って・・・。 卓越した洞察力と推理力を持つシャーロックと和都が、猟奇的な連続殺人事件「デビルズ・フット」に挑む。 1話「最初の事件」ゲスト 水川あさみ 役:水野亜紀子 二階堂智 役:水野隆之 2話「ひげの幸子像の謎」 滞在していたホテルが運悪く全焼してしまった和都は、シャーロックの兄・健人(小澤征悦)に勧められ、シャーロックが暮らす波多野(伊藤蘭)家の221Bでルームシェアをスタートする。 ある日シャーロックは、波多野の友人・舞原鞠子(左時枝)からの依頼で、美術館に貸し出した岸田実篤作の絵画『幸子像』に、油性ペンでカイゼル髭を落書きした犯人の、身元と動機を探ってほしいと調査を頼まれる。 だが、舞原夫人に『幸子像』の売却をもちかけた画廊オーナー・柳沢は屋上から転落死を遂げていて、絵画修復士の桑畑(児嶋一哉)らに接触する。 2話「ひげの幸子像の謎」ゲスト 左時枝 役:舞原鞠子 児嶋一哉 役:桑畑道彦 3話「ヘッドハンターの素顔」 シャーロックと和都は、灰谷玲子という女性から、大手製薬会社「モーソン製薬」への転職をオファーしてきたヘッドハンターの椎名亜里沙(紺野まひる)に研究論文を提出したところ、途端に連絡がつかなくなったという事件の調査依頼を頼まれる。 だが、「モーソン製薬」の研究室主任・綿貫博士が、何者かに高圧電流を流され廃人状態で発見されたことがわかる。 この2つの事件は裏で繋がっていたと考えたシャーロックは、亜里沙の妹、由麻(木南晴夏)から情報を聞きだし、亜里沙が事件の鍵を握っているのではないかと疑い始めるが・・・。 3話「ヘッドハンターの素顔」ゲスト 紺野まひる 役:椎名有里沙 木南晴夏 役:椎名由麻 田中圭 役:米山俊夫 菊池均也 役:綿貫弘 安藤聖 役:灰谷玲子 伊崎充則 役:真田正德 4話「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア」 和都は、日本料亭のアルバイト先で幼なじみの若杉涼太(高橋努)と偶然再会する。 涼太が、さくら(安達祐実)と再婚し、自身の連れ子の大輝、2人の間に生まれたばかりの若菜、義理の母との5人で暮らしているという話を聞き喜ぶ和都であったが、涼太から妻・さくらが若杉家に代々伝わる吸血鬼の呪いにとりつかれて、娘・若菜の生き血を吸うようになってしまったとの相談をうけ心配になり・・・。 和都は事件解決の為、シャーロックを連れて若杉家を訪れる。 4話「武蔵野ヶ丘のヴァンパイア」ゲスト 安達祐実 役:若杉さくら 高橋努 役:若杉涼太 朝加真由美 役:若杉静枝 川岡大次郎 役:結城カイト MEGUMI 役:湊アンナ 5話「消えた新婦」 突然のフラッシュバックに襲われ、倒れこんでしまった和都は、入川クリニックに相談に行くのだが、そこで入川からPTSDが発症したことを告げられる。 一方、シャーロックは、礼紋から「披露宴の直前に、結婚式場の控え室から突如として花嫁が失踪した」という連絡を受け、捜査に行くことに。 花嫁はモデルの真島理紗(泉里香 で、新郎は、注目の有名ジュエリーデザイナーの冴木数馬(淵上泰史)。 一見、順風満帆のはずの2人の間に何が起きたのか、シャーロックと和都が捜査をはじめる。 5話「消えた新婦」ゲスト 泉里香 役:真島理沙 淵上泰史 役:冴木数馬 毎熊克哉 役:香田夏雄 梅舟惟永 役:西野未来 近野成美 役:神崎奈々美 6話「マリス・ステラ」 ある日、元警察庁長官で国会議員の鷹山幸一(小木茂光)の息子、優一(山田裕貴)宛に小包が届く。 そこには、冷凍保存された人間の右耳が入っていた。 事件の捜査を依頼されたシャーロックは、切り取られた右耳にサイズの合わない補聴器が埋め込まれていることに気づき、片耳を失った人を探すことに。 だが、辿り着いた男は既に死んでいて、その人物は柴田巡査部長(中村倫也)の元上司で恩師である捜査一課の刑事・川崎雄三であった・・・。 一方、シャーロックの兄・健人は、日本有数の研究所、帝日化学から強力な感染力と殺傷力をもつ殺人ウイルスが盗まれたことを知り、シャーロックに盗まれた殺人ウイルスの奪還を依頼することに・・・。 7話「最後の事件 前編ゲスト 菊地凛子 8話「最後の事件 後編」 シャーロックはテロ計画の実行犯を突き止め、ウイルスを自身の身体に打った犯人を殺害することで、ウイルスの拡散阻止に成功した。 しかし、警察は引き続きシャーロックを被疑者として捜索し、彼女を擁護する礼紋警部は捜査本部から外され、シャーロックに拳銃を奪われた柴田巡査部長は退職願を提出して警察を去ってしまう。 シャーロックは波多野、健人の協力のもと、テロ計画の真犯人であるモリワキアキラを追いかけ、さらなるテロ計画の阻止とモリワキの手に落ちてしまった和都の奪還を試みるが・・・。 卓越した洞察力と推理力を持つシャーロックと最大の敵、モリワキアキラとの戦いがここに決着する。 「ミスシャーロック」はHuluのみで配信中 Huluのオリジナルドラマはそんなに多くはないですが、このミスシャーロックはゲストもなかなか豪華ですし、ミステリーとかサスペンス好きな私としては面白かったです! 今の月9で放送されている「シャーロック」も、各話のゲストの演技が良いですし、面白い話もあります。

次の

ミスシャーロック最終回のネタバレは?感想や口コミも紹介!

ミスシャーロック ネタバレ

落書き事件の夜、 画廊オーナーである柳沢という男が転落死していた。 事件の3日前、柳沢は『幸子像』の売却を求めて舞原の元を訪ねてきていたが、舞原はこの申し出を断っている。 従業員の話によると、 柳沢は多額の借金を抱えていたという。 部屋は施錠されており、窓も開いていた。 遺体からは睡眠導入剤が検出されたが、自ら服用していたのではと柴田巡査部長 (中村倫也)は推測する。 借金苦による自殺の可能性を主張する柴田だったが、現場をみたシャーロックの指摘で 他殺が濃厚となる。 柳沢に『幸子像』の買い付けを依頼したのは、絵画コレクターとしても知られる、 高倉リゾート開発の社長・高倉(木下ほうか)だった。 シャーロックは『幸子像』の売却を断わられた高倉が、あっさり諦めたことが腑に落ちない。 次にシャーロックと和都は、落書きされた『幸子像』の修復にあたっている 絵画修復士の桑畑 (児嶋一哉)のアトリエに向かった。 そこで、転落現場の屋上で採取した小さな石のカケラとよく似た「マニラ・コーバル」をみつける。 さらに実行犯の男の身元が判明し、柳沢とのつながりも明らかになった。 和都は、 絵画修復士の桑畑が密かに『幸子像』の贋作を描き、本物を高倉に横流ししようとしているのではと推理する。 しかし桑畑が舞原に返却した 『幸子像』は本物だった。 あることに気づいたシャーロックは、舞原の家に向かい、舞原の夫が生前手がけていた骨董品売買の記録を確かめる。 記録から、 高倉が欲していたのは『幸子像』の絵ではなく 額縁だったことがわかる。 柳沢を殺害したのは桑畑だった。 「今後の創作活動の支援」を条件に額縁すり替えに加担したが、約束を反故にしたため殺害。 その後、高倉とも同じ約束を交わしていたのだった。 無論、高倉も桑畑を支援するつもりはない。 シャーロックは「 売れる画家を夢みるのはいいけど、もう少し人を見える目を磨いた方がいいんじゃない?」と桑畑に言葉を投げる。 2話のゲスト アンジャッシュ大島さん(児島だよ!)はドラマによく出演されてますね。 左時枝(依頼主の女)• 児嶋一哉(絵画修復士の桑畑)• 木下ほうか(高桑コーポレーション社長) 2話の感想 竹内結子のチェロ 空港でのお腹ぽっかり爆発事件から幕を開けた第1話は、ずっと血生臭さがつきまとう回だった。 一方、第2話は竹内結子さんが奏でるチェロの調べと、伊藤蘭さん・貫地谷しほりさんの朝食作りという、優雅な朝の風景からはじまった。 1話とおなじく、オープニングの雰囲気をずっと漂わせてるのがうまい。 あと、シャーロックの部屋着のワンピースがかわいい。 絵画修復士の桑畑がダメすぎ 柳沢殺害のきっかけになったのは「今後の創作活動の支援してやる」が嘘だったこと。 「才能あるやつはとっくに芽が出てる。 お前は才能がないんだよ」とズバリ言われて、逆上したのもあるんだろうけど、それで殺すなんてさ。 桑畑は、そこそこ体重ありそうな柳沢を屋上の柵の向こうに寝かせたのだけど、それどうやって持ち上げたんだろと気になった。 「お、重っ…」ってふらぁっとなったら自分も落ちちゃいそうで、だいぶ危ない。 偽の額縁も桑畑が作ったの? 桑畑が、かかってきた電話に「大丈夫です、そっくりに仕上がってます」って答えるシーンがある。 画家が、額縁まで手がけたんだろうか。 電話の前にも桑畑は、額縁の手入れをしているし、似た色に仕上げたってことなのかな。 ちょっとよくわからなかったです、ここ。 心理カウンセラー・斉藤由貴登場 2話のストーリーには影響はありませんが、和都の心理カウンセラーとして斉藤由貴さんが登場しています。 絶対あとでなにかあるよ!! もうね、斉藤由貴さんはそういうイメージ。 無害にみせかけた悪。 でもあんな風に優しくふわふわぁっと話してくれるカウンセラーはほんと癒されそうだけど。 多分、いずれなんかある。 乞うご期待。

次の