さやえんどうとさやいんげんの違い。 さやえんどう サヤエンドウ

さやいんげん サヤインゲン

さやえんどうとさやいんげんの違い

実だけを食べるのか、さやも食べれるのか 今回紹介していく豆類は、いんげん豆とえんどう豆の2種になります。 そしてこの2種類はさらに「さやいんげん」「さやえんどう」というカテゴリーが存在し、さやえんどうの中には「きぬさやえんどう」「砂糖えんどう」「スナップえんどう」が含まれています。 以下の図を見てもらえれば、わかりやすいかもしれませんね。 今回はこれらの豆類について、1種類ずつ詳しくみていきます。 いんげん豆 いんげん豆はマメ科の一年草です。 金時豆などもこの仲間 で、主に煮豆や甘納豆に使用されています。 原産地はメキシコなど南米地域とされ、日本へ伝来したのは江戸時代に入ってからになります。 現在では成熟する前に若取りしたものをさやごと食べるのが一般的で、これはいわゆるさやいんげんのことを指します。 さやいんげん さやいんげんは、いんげん豆の若いさやのこと です。 ほのかな甘みがあり、食感良好 です。 筋がありますが取らずとも調理に支障はありませんが、気になる方は取りましょう。 主にバター炒めなどの炒め物、胡麻和えなどの和え物に用いられています。 また、普通のさやいんげんとは別に、さやが平らなモロッコいんげんという品種のものもあります。 えんどう豆 えんどう豆は、マメ科の一・二年草です。 原産地は地中海地方だといわれ、日本へは10世紀ごろには伝来していたようです。 いんげん豆同様に中の実だけを食べるものと、さやごと食べるものとがあります。 中の実だけを食べるのは実えんどう(グリーンピース) となり、さやから実を抜いた状態で流通しています。 さやごと食べるのはきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうの3種類 となります。 ここではまず実えんどう(グリーンピース)について解説していきます。 実えんどう(グリーンピース) 実えんどうとはわかりやすくいえばグリーンピースのこと で、その名のとおり、えんどう豆の実の部分を指しています。 さやは硬いため、この実の部分だけを食べます。 主にかつ丼やシュウマイなどの彩りとして使われることが多いのですが、豆ごはんなどメインの食材としても使われます。 この実えんどうですが、ほとんどが缶詰や冷凍など加工品となっており、生の実部分は旬である春先~初夏の時期にしか流通していません。 新鮮な生のグリーンピースは缶詰や冷凍品とは違った風味が感じられるため、見かけたら是非一度食べてみて下さい。 さやえんどう 上述していますが、 さやごと食べられるえんどう豆の品種を称してさやえんどう と呼びます。 ですから、さやえんどうの中にきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうといった品種が存在しているということになります。 それでは3品種について詳しくみていきましょう。 きぬさやえんどう さやえんどうの1種であり、代表的な存在でもあるきぬさやえんどう。 えんどう豆が大きくなる前に収穫した未熟なさやなので、 中の実も小さく、さやもペラペラの薄さ です。 さやが薄くとも 食感はよく、またほのかな甘みがあります。 色合いが鮮やかなので、ちらし寿司などの彩りのアクセントや卵とじなどの煮物に用いられます。 砂糖えんどう こちらもさやえんどうの1種で、きぬさやの品種改良で生まれた品種です。 きぬさやに比べて さやが厚めでふくらみがあり、豆も少し大きく なっています。 特徴はその甘さ で、なんと糖度10度以上になることもあるのだとか。 スナップえんどう さやえんどうの1種でありますが、なんとアメリカから輸入された品種となります。 砂糖えんどうがきぬさやえんどうの品種改良で生まれたのに対して、こちらは実えんどうを品種改良したものとなっています。 実えんどうではさやは食べられませんでしたが、品種改良によってさやも食べられるようになりました。 さやは分厚いですが柔らかく、中の豆はかなり大きめ です。 その味は 甘みが強くまた、ポリポリとした食感 があります。 付け合わせやサラダ、炒め物にどうぞ。 主な産地 いんげん豆では北海道や福島といった寒冷地で、えんどう豆では和歌山や鹿児島といった温暖地 で多く生産されています。 特に鹿児島は、いんげん豆・えんどう豆どちらの生産量ともにトップクラスで、豆類全般の生産が盛んな地域だといえるでしょう。 鮮度チェック方法 これら豆類の鮮度チェックは、かなり簡単です。 なぜなら、傷んだものはさまざまな変化が出るので、わかりやすいからです。 まず グリーンピースの場合、鮮度が落ちてくると実から芽が出てきます。 しかしじゃがいもとは違って芽に毒はないので、芽を取れば食べられます。 綺麗な円形ではなく 押しつぶされたような形になっているものや、黄色っぽく変色しているものも劣化しています。 その他の えんどう豆やいんげん豆は、傷んでくると一部分から白カビが生えたり、茶色く変色 してきます。 これらの傷みはパック物の場合、重なり合って見えない部分にも表れていることがありますから、ぱっと見がきれいでも中を開けるまでわかりませんので要注意です。 その他の劣化サインとして、 色が鮮やかな緑色ではなく、くすんだ色に変色すること があげられます。 これは新鮮なものと見比べるとすぐにわかります。 ここまで、いんげん豆とえんどう豆の品種について紹介してきました。 たくさん種類がありましたが、一番なじみ深いのはグリーンピース(実えんどう)なのではないでしょうか。 きぬさやえんどうも、ちらし寿司などで食べたことがあるかと思います。 これらはそれぞれボリューム感も異なっているので、料理に合わせて使い分けをするといいですよ。 例えば、彩りにはきぬさやえんどうやグリーンピース、つけあわせにはさやいんげんやスナップえんどう…といった具合です。 上手く使いわけができるようになれば、立派な豆類マスター(?)です!.

次の

さやえんどうと絹さやは同じもの?スナップエンドウとの違いは?

さやえんどうとさやいんげんの違い

軟莢種は、 莢が柔らかく、 莢ごと収穫し出荷される品種で、花は白いものが多いといわれています。 絹さやえんどう、 オランダさやえんどう、 砂糖さやえんどう、 スナップエンドウなどがあり、未熟な莢を収穫し、莢ごと調理して食べます。 絹さやえんどうは、 全国で一番栽培されている品種で、 オランダサヤエンドウは、一般的なさやえんどうでは 大きい品種で、主に関西で栽培されています。 砂糖さやえんどうは、一般的なさやえんどうよりも糖度が高く、食べた時に 甘味を感じることができます。 軟莢種は、硬莢種より収穫量多く、全国各地で栽培されています。 収穫時期により出荷される時期に違いがあり、全国出荷量が一番多いのが 鹿児島県です。 グリーンピースは 軟莢種に分類され、初め莢が柔らかく、 完熟寸前まで大きく成長させ、 乾燥前の生の豆を収穫したものです。 グリーンピースは 実えんどうで、莢は食べず、完熟していない中の実だけを食用とします。 グリーンピースは、 鮮やかな緑色と、 少し青臭い香りが特徴で、 生のグリーンピースは 甘味があって風味が格別です。 しかし、グリーンピースは収穫されると、 缶詰や 冷凍加工されて出荷されることが多く、莢がついたままの生のグリーンピースを店頭で見るこもあります。 グリーンピースの主な産地は 和歌山県で、全国収穫量の約半分を出荷しています。 次いで、鹿児島県、熊本県、北海道、大阪府などで栽培されています。 えんどう豆とグリーンピースの違いを説明します。 えんどう豆は、 平安時代に中国を経由して伝えられ、当時は 「のらまめ」や 「のまめ」と呼ばれていました。 室町時代には 「園豆」(えんとう)、安土・桃山時代に 「豌豆」(えんどう)という呼び方に統一された由来があります。 したがって、えんどう豆とは、全ての えんどう豆の総称といえます。 明治時代になると、全国各地で えんどう豆の本格的な栽培が始まり、色々な品種が欧米各国から導入されるようになりました。 持ち込まれた種など、品種改良が行われ、現在、店頭で見ることのできるえんどう豆になりました。 グリーンピースは、明治時代にえんどう豆の栽培が盛んになったとき、輸入された品種から派生したものといわれています。 もともとはえんどう豆ですので、完熟寸前まで成長させ、 生の豆だけを食べる呼び名が グリーンピースです。 さやえんどうで、よく知られいる品種のひとつ、 絹さやについてご紹介します。 絹さやは、 実がとても薄く小さい状態のうちに収穫されるえんどう豆のことで、 絹のように柔らかく、 シャキシャキとした食感が特徴です。 全国各地で栽培されている品種で、一年を通して店頭に並んでいます。 スナップエンドウも人気の品種で、グリーンピースを莢ごと食べれるように品種改良されたもので、 アメリカから導入されたさやえんどうの品種です。 スナップエンドウの 莢は厚みがあり、 やや硬くてスジが強く、甘味が強いのが特徴です。 グリーンピースに近い大きさまで育てられた豆は、さやえんどうの中では一番大きく、加熱調理しても莢や豆が硬くならないので、 莢ごと食べることができます。 スナップエンドウは、「 スナックエンドウ」と呼ばれることがあります。 スナックエンドウは、日本でつけられた名前で、 種苗会社のサカタのタネが、種を販売するときにスナックエンドウと名付けのが由来です。 現在、商品として店頭に並んでいるものは、 スナップエンドウと統一されています。 スナックエンドウは、種の名前として流通しています。 そら豆はマメ科 ソラマメ属で、マメ科 エンドウ属に分類されている、 えんどう豆とは違う種別です。 そら豆は、エジプト河流域で4千年以上も前から栽培されていた歴史があり、日本国内には、 奈良時代に伝来した由来があります。 そら豆の 名前の由来は、 莢が空に向けて実ることからつけられたといわれており、春の野菜として日本人にも広く知られています。 未熟なうちに莢のまま収穫し 豆を利用する 青果用と、完熟したものを乾燥させて使う 種実用があります。 そら豆の最もポピュラーなものが 大粒種の 一寸そら豆で、粒の大きさが約一寸(約3㎝)あることから名付けられました。 莢から 豆を取り出し食べる野菜で、 莢や豆の色が鮮やかな濃緑色で、ゆで上がりの色が美しく、色々な料理に使われます。 また、 種実用は、煮豆、おたふく豆、甘納豆などに利用されます。 えんどう豆との違いは、莢と豆の大きさで、青果用、種実用ともに そら豆の方が大きさ育ちます。 そら豆は通常、豆だけを食べますが、栄養が豊富な莢も一緒に食べるレシピもたくさんあります。 いんげん豆は、マメ科インゲンマメ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 「いんげん豆」や 「さやいんげん」と呼ばれることが多く、 関西では3度収穫できることから 「さんどまめ」とも呼ばれています。 いんげん豆は、 南北アメリカ大陸での主要作物となっており、この地域が発祥とされています。 日本には、 江戸時代に中国から伝えたとう由来があり、現在栽培されているいんげん豆は、明治時代に入ってから欧米から導入したものが原種で、国内で品種改良されたものが全国各地で栽培されています。 えんどう豆に似ているといわれているのは さやいんげんで、いんげん豆が成長してしまう前に若採りして莢ごと食べる野菜です。 店頭でよく見るのは、 どじょういんげんや サーベルいんげんなどの 丸い莢のものと、 モロッコいんげんや 平鞘いんげんなどの 平たい莢のものがあります。 さやいんげんとえんどう豆の違いは、全体の太さが均一で張りがあり、えんどう豆に比べ 長いのが特徴です。 最も販売されているのは どじょういんげんで、きれいな緑色をしており、ほんのりと甘味があり、柔らかいのにシャキシャキとした歯触りの食感が特徴です。 いんげん豆の別の使われ方には、 豆だけを利用する場合あります。 餡子をはじめ、 甘納豆や 煮豆に使われることも多く、金時豆、うずら豆、虎豆、大福豆などがあります。 大豆は、マメ科ダイズ属に分類され、えんどう豆とは別の種別です。 農作物として 世界中で栽培され、日本には 縄文時代には存在した歴史や記述が残っています。 大豆にはたくさんの種類があり、食材として黄色い大豆の 黄大豆、黒大豆、赤大豆が有名で、 大粒種、 中粒種、 小粒種に分けられます。 大粒種は、煮豆など、 そのまま料理に使われることが多く、 中粒種は、 豆腐、煮豆、味噌などの加工用に使用され、 小粒種は、主に 納豆に使われています。 大豆は成長していく段階でも、食用として収穫され利用されます。 大豆が 若芽として収穫されるのが「 もやし」で、未成熟にうちに 莢ごど収穫されるのが「 枝豆」です。 大豆とえんどう豆がよく似ているところが枝豆です。 枝豆は大豆が成長する途中に収穫される食材で、枝豆として収穫するのに適した品種があります。 国内では「 錦秋」が有名で、豆の粒が大きく美味しい品種です。 莢ごと収穫され莢ごと茹でますが、豆だけを食べます。

次の

さやえんどうと絹さやは同じもの?スナップエンドウとの違いは?

さやえんどうとさやいんげんの違い

実だけを食べるのか、さやも食べれるのか 今回紹介していく豆類は、いんげん豆とえんどう豆の2種になります。 そしてこの2種類はさらに「さやいんげん」「さやえんどう」というカテゴリーが存在し、さやえんどうの中には「きぬさやえんどう」「砂糖えんどう」「スナップえんどう」が含まれています。 以下の図を見てもらえれば、わかりやすいかもしれませんね。 今回はこれらの豆類について、1種類ずつ詳しくみていきます。 いんげん豆 いんげん豆はマメ科の一年草です。 金時豆などもこの仲間 で、主に煮豆や甘納豆に使用されています。 原産地はメキシコなど南米地域とされ、日本へ伝来したのは江戸時代に入ってからになります。 現在では成熟する前に若取りしたものをさやごと食べるのが一般的で、これはいわゆるさやいんげんのことを指します。 さやいんげん さやいんげんは、いんげん豆の若いさやのこと です。 ほのかな甘みがあり、食感良好 です。 筋がありますが取らずとも調理に支障はありませんが、気になる方は取りましょう。 主にバター炒めなどの炒め物、胡麻和えなどの和え物に用いられています。 また、普通のさやいんげんとは別に、さやが平らなモロッコいんげんという品種のものもあります。 えんどう豆 えんどう豆は、マメ科の一・二年草です。 原産地は地中海地方だといわれ、日本へは10世紀ごろには伝来していたようです。 いんげん豆同様に中の実だけを食べるものと、さやごと食べるものとがあります。 中の実だけを食べるのは実えんどう(グリーンピース) となり、さやから実を抜いた状態で流通しています。 さやごと食べるのはきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうの3種類 となります。 ここではまず実えんどう(グリーンピース)について解説していきます。 実えんどう(グリーンピース) 実えんどうとはわかりやすくいえばグリーンピースのこと で、その名のとおり、えんどう豆の実の部分を指しています。 さやは硬いため、この実の部分だけを食べます。 主にかつ丼やシュウマイなどの彩りとして使われることが多いのですが、豆ごはんなどメインの食材としても使われます。 この実えんどうですが、ほとんどが缶詰や冷凍など加工品となっており、生の実部分は旬である春先~初夏の時期にしか流通していません。 新鮮な生のグリーンピースは缶詰や冷凍品とは違った風味が感じられるため、見かけたら是非一度食べてみて下さい。 さやえんどう 上述していますが、 さやごと食べられるえんどう豆の品種を称してさやえんどう と呼びます。 ですから、さやえんどうの中にきぬさやえんどう・砂糖えんどう・スナップえんどうといった品種が存在しているということになります。 それでは3品種について詳しくみていきましょう。 きぬさやえんどう さやえんどうの1種であり、代表的な存在でもあるきぬさやえんどう。 えんどう豆が大きくなる前に収穫した未熟なさやなので、 中の実も小さく、さやもペラペラの薄さ です。 さやが薄くとも 食感はよく、またほのかな甘みがあります。 色合いが鮮やかなので、ちらし寿司などの彩りのアクセントや卵とじなどの煮物に用いられます。 砂糖えんどう こちらもさやえんどうの1種で、きぬさやの品種改良で生まれた品種です。 きぬさやに比べて さやが厚めでふくらみがあり、豆も少し大きく なっています。 特徴はその甘さ で、なんと糖度10度以上になることもあるのだとか。 スナップえんどう さやえんどうの1種でありますが、なんとアメリカから輸入された品種となります。 砂糖えんどうがきぬさやえんどうの品種改良で生まれたのに対して、こちらは実えんどうを品種改良したものとなっています。 実えんどうではさやは食べられませんでしたが、品種改良によってさやも食べられるようになりました。 さやは分厚いですが柔らかく、中の豆はかなり大きめ です。 その味は 甘みが強くまた、ポリポリとした食感 があります。 付け合わせやサラダ、炒め物にどうぞ。 主な産地 いんげん豆では北海道や福島といった寒冷地で、えんどう豆では和歌山や鹿児島といった温暖地 で多く生産されています。 特に鹿児島は、いんげん豆・えんどう豆どちらの生産量ともにトップクラスで、豆類全般の生産が盛んな地域だといえるでしょう。 鮮度チェック方法 これら豆類の鮮度チェックは、かなり簡単です。 なぜなら、傷んだものはさまざまな変化が出るので、わかりやすいからです。 まず グリーンピースの場合、鮮度が落ちてくると実から芽が出てきます。 しかしじゃがいもとは違って芽に毒はないので、芽を取れば食べられます。 綺麗な円形ではなく 押しつぶされたような形になっているものや、黄色っぽく変色しているものも劣化しています。 その他の えんどう豆やいんげん豆は、傷んでくると一部分から白カビが生えたり、茶色く変色 してきます。 これらの傷みはパック物の場合、重なり合って見えない部分にも表れていることがありますから、ぱっと見がきれいでも中を開けるまでわかりませんので要注意です。 その他の劣化サインとして、 色が鮮やかな緑色ではなく、くすんだ色に変色すること があげられます。 これは新鮮なものと見比べるとすぐにわかります。 ここまで、いんげん豆とえんどう豆の品種について紹介してきました。 たくさん種類がありましたが、一番なじみ深いのはグリーンピース(実えんどう)なのではないでしょうか。 きぬさやえんどうも、ちらし寿司などで食べたことがあるかと思います。 これらはそれぞれボリューム感も異なっているので、料理に合わせて使い分けをするといいですよ。 例えば、彩りにはきぬさやえんどうやグリーンピース、つけあわせにはさやいんげんやスナップえんどう…といった具合です。 上手く使いわけができるようになれば、立派な豆類マスター(?)です!.

次の