テセウスの船 人物。 テセウスの船ドラマキャスト全員・人物相関図を漫画画像と徹底比較

テセウスの船の配役やキャラクター一覧をネタバレ解説!年齢差も!|mama♡sapu

テセウスの船 人物

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2020年2月)() (元年)に・音臼村の音臼小学校で児童16人、職員5人の犠牲者を出した無差別毒殺事件。 自宅から凶器のが発見されたため容疑者として逮捕された駐在所警察官・ 佐野文吾は一貫して否認したものの、最高裁でも死刑判決が下り収監中である。 事件から28年後の2017年、文吾の息子であり母の旧姓を名乗る 田村心は1989年7月10日に生まれたため父との面識はないが、目立たないように生き「殺人犯の家族」と周囲に知られる度に引っ越しを繰り返す日陰の道を物心ついた時から歩んでいた。 心の妻である 由紀は、「事件には不自然な点があり冤罪の可能性がある」と励ますものの、心は妻とこれから生まれる子供の幸せを守ることだけを考えたいと答える。 だが、そんな願いも虚しく由紀は娘の 未来を出産した際に死亡し、娘は義父に引き取られることになる。 心は「文吾が冤罪であれば娘は犯罪者の孫ではなくなる」との思いから、音臼小無差別殺人事件に初めて正面から向き合う決心をする。 由紀が遺した事件の資料を手に、事件が起きた旧音臼村を訪れた心は、奇妙な霧に包まれる。 そして心がたどり着いたのは、1989年1月7日 、事件が起こる約半年前の音臼村だった。 雪に埋もれていた少女を助けた心は、村の三島医院に少女を運んだが、現在が28年前であり、少女が自分の姉の 佐野鈴であることに気づく。 本来の歴史では、姉の顔は凍傷のため酷い痣ができていたが、発見が早かったため軽い霜焼けで済んでいた。 由紀の資料から、村では同じ1月7日に除草剤を誤飲して医者の次女である5歳の 三島千夏が死亡することを知り、心は病院倉庫からパラコートを持ち去り歴史を変えようとする。 しかし千夏は、歴史通りにパラコート中毒を起こして死亡してしまう。 千夏が死ぬ前に文吾と共にいたのを見た心は、父が犯人という疑いを持つが、文吾もまた、村の人間ではなく「病院から何かを盗んでいた」との目撃証言がある心に疑いを抱く。 そんな両者の思いをよそに、文吾の妻であり心を妊娠中である 佐野和子は、行く当てがない心を「娘の恩人」として駐在所に住まわせるのだった。 そして、心の荷物を調べた文吾は、「平成27年」交付のありえない運転免許証を発見する(ここまで第1巻)。 登場人物 [ ] 田村心(たむら しん) 28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件において逮捕された警察官である佐野文吾の息子。 死刑判決を受けながらも、なお無罪を主張する父親の冤罪を信じて、事件についての調査を行う。 田村由紀(たむら ゆき) 心の妻。 佐野文吾(さの ぶんご) 28年前に北海道の小学校で発生した無差別毒殺事件の容疑者として逮捕された元警察官。 死刑判決を受けて収監中の身であるが、一貫して無罪を主張している。 田村和子(たむら かずこ) 心の母。 佐野文吾の妻。 田村慎吾(たむら しんご) 心の兄。 書誌情報 [ ]• 『テセウスの船』講談社〈〉、全10巻• 2017年 09月22日発売 、• 2017年12月20日発売 、• 2018年 03月23日発売 、• 2018年 06月22日発売 、• 2018年 09月21日発売 、• 2018年12月21日発売 、• 2019年 03月22日発売 、• 2019年 06月21日発売 、• 2019年11月22日発売 、• 2019年12月23日発売 、 テレビドラマ [ ] テセウスの船 ジャンル 原作 『テセウスの船』 脚本 高橋麻紀 演出 松木彩 出演者 () 音楽 エンディング 「」 国・地域 言語 時代設定 1989(平成元年)年1月7日 - 3月 2020(令和2年)年1月 - 3月 製作 プロデューサー 渡辺良介 八木亜未 製作 放送 映像形式 音声形式 放送国・地域 放送期間 - 放送時間 日曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 特記事項: 初回・最終話は25分拡大(21:00 - 22:19)。 第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 から同年まで「」で放送された。 主演は同枠初主演の。 との共同制作で、大映テレビが制作に携わったドラマでは往時の「大映ドラマ」に匹敵する注目作となった。 最終回放送後、動画配信サービスにおいて特典映像「テセウスの船 完全ネタバレ! 犯人の日記大公開」が配信された(前編は最終回放送直後、後編は3月29日21:00)。 本放送中に真犯人がTwitterアカウント「おじいさんの古い斧( gfsoldaxe)」で心情をつぶやいていた。 2020年5月11日から5月23日(22日深夜)まで、TBSテレビ、、、、、、、各局で「テセウスの船ネタバレSP」が放送された。 キャスト [ ] 主人公 [ ] 田村心(たむら しん)〈30〉 演 - (幼少期:高木波瑠 ) 佐野文吾の息子。 1989年4月26日生まれ。 5-5-6-306在住。 を取るが、殺人犯の息子ということで教師になることは諦めている。 妻の由紀が死んだ後、音臼小学校の跡地を訪れるが、突然濃い霧に包まれ1989年1月7日にする。 たどり着いた1989年で文吾が本当に殺人犯なのかを調べるため、由紀の作成したノートを元に文吾に張りついて音臼小無差別殺人事件を止める決意をする。 そして文吾が命の危険を冒してまで三島明音を助けようとしているのを見て、文吾は殺人犯ではないと確信する。 1989年の文吾や和子からは「心さん」と呼ばれている。 文吾が身元保証人になり音臼小学校の臨時教員になる。 崖から捨てたノートを犯人に拾われたため、文吾にこれから起こる音臼小無差別殺人事件のこと、文吾が殺人犯として逮捕されること、心が文吾の息子だということを打ち明けるが、取り乱した文吾に駐在所を追い出される。 音臼神社で文吾と和解するが、濃い霧に包まれ現代に戻ってしまう。 2020年(現代) [ ] 主人公の親族 [ ] 田村和子(たむら かずこ) 演 - 心の母。 夫の佐野文吾が逮捕されてからは笑顔はなく、子供たちに、他人の前で笑ったり泣いたりしちゃいけないと話している。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子は心を出産後に一家心中を図り死亡している。 小学5年生のとき、音臼神社の階段から転落し長時間雪に埋もれたせいで頬に凍傷の痕が残っていたが 、タイムスリップした心が過去を変えた影響で痕がなくなっている。 現在は顔を整形していて、上記の偽名を使用している。 内縁の夫は音臼小学校の同級生だった加藤みきお(現・木村みきお)。 自身が佐野鈴だということを夫と義母は知らないと本人は思っていた。 田村慎吾(たむら しんご) 演 - (中学生:田澤泰粋 ) 心の兄。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で和子と共に死亡している。 田村由紀(たむら ゆき) 演 - (特別出演) 心の妻。 旧姓:岸田。 心の過去をすべて承知の上で両親の反対を押し切り結婚する。 が好物。 心に自身が作成したノートを見せ、音臼小無差別殺人事件の話をしている最中に産気づき、病院で娘の「未来」を産むが、で死亡する。 心がタイムスリップから戻った現代では、心が過去を変えた影響で生存している。 但し独身のため姓は「岸田」で心とは面識もなく娘の「未来」も存在しない。 週刊実像の記者をしていて、音臼小無差別殺人事件の記事を書いている。 由紀に会いに来た心に対し記者として接する。 後日、心から「音臼小事件被害者の集い」のことを聞かれ、文吾の冤罪を証明しようとする心の姿を見て日時と場所を教える。 由紀も当日「音臼小事件被害者の集い」に行くが、会場に入れず被害者遺族に冤罪の証拠がほしいと言えないでいる心の代わりに壇上に立ち訴える。 岸田聡(きしだ さとし) 演 - (第1話) 由紀の父。 由紀が死んだのは心と結婚したせいだと責め立てる。 佐野文吾(さの ぶんご) 演 - 宮城拘置支所の死刑囚。 1989年3月12日に起きたで犯人として逮捕され、死刑判決が確定した今もを訴え続けている。 現代に戻った心が文吾の面会に来た際は、タイムスリップした心のことを覚えていることを語り、心がいなくなってからの出来事、再審請求をするつもりがないこと、鈴が初めて面会に来たことを話す。 音臼村の元住人 [ ] 木村みきお(きむら みきお) 演 - 子供 : 鈴の内縁の夫。 旧姓は「加藤」。 音臼小無差別殺人事件の被害者で、後遺症で下半身不随になり車椅子生活をしている。 事件後、身寄りがないみきおはさつきの養子になる。 さつきが彼の部屋にある大量の絵や青酸カリを発見し紀子を口封じのために殺したことから、さつきの死後、さつきが音臼町事件の真犯人の可能性が否定できないと心に語る。 木村さつき(きむら さつき) 演 - 音臼小学校の元教員。 腹黒い性格をしており、目的のためなら手段を選ばない。 新薬町3-2-9-203在住。 音臼小無差別殺人事件後、身寄りがない加藤みきおを引き取る。 藍とみきおの住んでいるマンションを盗撮しており、喫茶店での心と藍の会話から藍の本名が「佐野鈴」だと確信し、脅迫を仕掛ける。 さらに、藍に死なない程度の毒を(紀子が金丸を殺した犯人についての情報を心に話す前に)飲むように命じて、藍が救急車で運ばれる隙を突き、青酸カリ入りの芋羊羹を食べさせることで紀子を毒殺。 その後自らも死なない程度に食べて被害者を装い、藍に罪を擦りつけようとしたが、自身も入院中に何者かに毒殺される。 松尾紀子(まつお のりこ) 演 - 木村メッキ工場の元パート職員。 旧姓は「佐々木」。 が亡くなってから別の男性と結婚して娘がいる。 夫は亡くなり今は八王子で一人暮らしをしている。 音臼小無差別殺人事件の証言者として名乗り出るが娘に反対され断る。 その後、文吾に接見し証言できないと詫びるが、一生後悔したくない思いから心に当時見たことを話す決意をする。 自宅で心に真相を話す直前に同席していた鈴が倒れ、鈴が付き添いの心と救急車で運ばれたあと、さつきに口封じのごとく毒殺されてしまう。 田中正志(たなか まさし)〈59〉 演 - () 田中義男の息子で、現在は千葉のアパートで一人暮らしをしている。 みきおの証言によりさつきの病室から逃げ去った人物と人物像が一致しており、心が会いに行こうとしたが、既に何者かに殺害された後であった。 神崎(かんざき) 演 - (第6話) 心に「小柄で小太りのメガネをかけている男性」に思い当たる人はいないかと聞かれ、「田中の息子」と答えた元住人。 森君江(もり きみえ) 演 - ただのあっ子(第6話) 仙南警察署の刑事だった亡き森清彦の妻。 内海拓郎(うつみ たくろう) 演 - (第6話) その他(現代) [ ] 鍋島 演 - (第4話・第5話) 週刊実像の編集長。 30年前の事件を追いかける由紀を快く思っておらず、その由紀からも「パワハラ上司」と呼ばれ嫌われている。 藤原(ふじわら) 演 - (第6話) 千葉県警川手警察署の刑事。 心を田中正志殺害容疑で任意の勾留をするが、由紀が正志のアパートに入って行った不審人物が写った映像を持って来た上に心の不当な勾留を記事にすると主張したため釈放する。 1989年(過去) [ ] 佐野家 [ ] 佐野文吾 演 - 宮城県警仙南警察署音臼村駐在所の警察官。 家族思い・村人思いの心優しく正義感溢れる熱血漢で、家族や村民から慕われ頼りにされている。 鈴が運ばれた三島医院でタイムスリップした心と対面する。 三島明音が森で迷子になり保護するが、熊が出て逃げているうちに崖から落ち足を負傷する。 明音を探しにきた心に明音を崖から引っ張り上げてもらい、明音を井沢に預け再び戻ってきた心に文吾も引っ張り上げてもらう。 その後、文吾と打ち解けた心から2020年の未来から来たと打ち明けられる。 心が現代に戻ったあと「6年生を送るお楽しみ会」を中止させようとしたが、結局中止にはならず、学校にあった飲み物は全て捨てたが「」で事件が起こる。 佐野和子 演 - 心の母。 朗らかで優しく笑顔が絶えない。 現在妊娠している。 鈴を助けた心に感謝し、自宅に泊まるよう勧める。 佐野鈴 演 - 心の姉。 音臼小学校の5年生。 陽気で気が強く、真っ直ぐな性格。 カニが好物。 1989年1月7日に音臼神社の階段から転落し雪に埋もれる。 本来はこの件で頬に凍傷の痕が残るが、タイムスリップした心に三島医院に運ばれ、医師の処置が早かったため、頬に凍傷の痕が残らず軽い脳震盪だけですむ。 佐野慎吾 演 - 番家天嵩 心の兄。 気弱な面もあるが、天真爛漫でノリのいい性格。 本来は1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡するが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。 婚約者の翼から日常的にを振るわれている。 本来は1989年2月18日にで自殺しているが、タイムスリップした心が過去を変えた影響で死なずに済む。 翼から青酸カリを持ってくるように言われ断るが、やはり暴力を振るわれ工場から青酸カリを盗み翼に渡す。 翼が死んだあと罪悪感と恐怖で生きる気力を失い音臼岳で自殺しようとしたが、金丸が犯人に崖から突き落とされるのを目撃し、自殺する気力もなくなり音臼村から逃げ出す。 写真が趣味。 表面上は優しく子供たちの人気者だが、子供たちを盗撮したり、婚約者の紀子に暴力を振るったりしていた。 心が三島医院の倉庫からパラコートを捨てるところを目撃したため、心を泥棒扱いしている。 三島明音を監禁し殺すつもりだったが殺せず 、その後音臼神社で遺体で発見される。 死因は青酸カリによる自殺。 明音の妹。 本来は1989年1月7日に自宅倉庫にあった除草剤パラコートを誤って飲み死亡するが、タイムスリップした心が事前に倉庫のパラコートを捨て回避させる。 しかし別のパラコートを飲み死亡する。 村に突如現れた心が、三島千夏の殺害及び三島明音を誘拐した犯人だと疑い逮捕するが、なぜか急に釈放する。 その後、駐在所を追い出された心から、未来から来たこと、文吾の息子だということを告げられ協力を求められる。 金丸は文吾を殺人犯にしないための重要な証拠を捜しに行くが、音臼岳の崖から犯人に突き落され遺体で発見される。 さつきの父。 本来は1989年1月9日午前7時頃、音臼岳の荒川橋付近でが起こり巻き込まれて死亡するが、タイムスリップした心の行動で雪崩に巻き込まれるのを回避させ死なずにすむ。 1989年3月10日時点でぎっくり腰で入院中。 目の具合が悪い。 本来は1989年1月15日に自宅の火事により死亡するが、タイムスリップした心が1月15日に文吾と正志の3人で義男の自宅に詰め、火事が起こるのを防ぐ。 その後心が過去を変えた影響で、1989年3月12日に音臼小無差別殺人事件で死亡する。 その他(過去) [ ] 田中正志 演 - (霜降り明星) 義男の息子。 目の具合が悪い父の面倒を見るため、休みの日だけ仙台から来ている。 1977年の音臼村祭事件で母親が誤ってキノコ汁に毒キノコを入れてしまったのが原因で、家族がバラバラになってしまっている。 徳本卓也(とくもと たくや) 演 - 農家。 何を考えているのか分からないと言われているが、子どもには優しく接する。 10年前に起きた音臼村祭事件で母親を亡くしている。 森清彦(もり きよひこ) 演 - 宮城県警仙南警察署強行犯捜査係の刑事。 2020年においては既に故人であり、独自に音臼町事件については調べていた。 三島保(みしま たもつ) 演 - 黒岩司 三島医院の院長。 明音と千夏の父。 音臼神社の階段から転落し負傷した鈴の処置をする。 三島聡子(みしま さとこ) 演 - (第2話) 明音と千夏の母。 加藤みきお 演 - 音臼小学校の5年生。 身寄りがない少年。 1歳で母と死別、その後医師だった父とも死別し、音臼村に住む祖母に引き取られるが、祖母とも死別し隣町の施設に引き取られる。 三島明音(みしま あかね) 演 - あんな 音臼小学校の5年生。 保と聡子の長女。 千夏の姉。 千夏が亡くなったあと、森に入り千夏との「森でリスに餌をあげる」という約束を守ろうとするが、迷子になり文吾と心に助けられる。 その後、本来は1989年1月16日に行方不明になるはずだったが、心が過去を変えた影響で前日の1月15日に行方不明になる。 風速計のある小屋に監禁されているのを文吾と心に救出される。 意識が戻った明音は監禁したのは長谷川翼だと証言する。 しかし、金丸や森が調べたところ、絞められた際の痣が不自然であることが判明する。 馬淵(まぶち) 演 - (第9話・最終話) の。。 「組織」を守るためならば手段を選ばない。 文吾との間には過去の因縁がある模様。 意識不明の加藤みきおが文吾のパトカーに残されていたため、殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。 井沢健次(いざわ けんじ) 演 - 井沢商店の店主。 村のまとめ役。 文吾を「文ちゃん」と呼んでいる。 加納(かのう) 演 - 東龍之介(第2話) 文吾に手配され田中義男を診た医師。 石坂秀夫(いしざか ひでお) 演 - 音臼小学校の校長。 気さくで穏やかな人柄。 絵が趣味のようで、校長室では鉛筆を削っている。 心と同い年(昭和33年生まれ)の息子が東京にいるらしい。 のファンを自称。 面接を行い、心を臨時教員に採用する。 かつて、徳本の母親が亡くなった音臼村祭の実行委員を務めていた。 木村さつき 演 - 音臼小学校の教員。 生徒からの信頼が厚く、愛称は「さつき先生」。 独身で父との2人暮らし。 スタッフ [ ]• 脚本 - 高橋麻紀• 音楽 -• 主題歌 - 「」()• CMナレーション -• プロデューサー - 渡辺良介 、八木亜未• 演出 - 、松木彩、• 製作 - 、 原作との相違点 [ ] 全般• 本作の真犯人は原作とは別人。 原作では音臼村の所在地は北海道だが、本作では。 原作の「現在」は2017年だが、本作は2020年。 原作で無差別毒殺事件が起こるのは1989年6月24日の「お泊まり会」だが本作では同年3月12日の「6年生を送るお楽しみ会」に発生する。 心が生まれたのも早められ、生年月日が1989年4月26日に。 真犯人の犯行日記は原作ではカセットテープへの音声録音だったが、本作では専用機の画面が表示。 原作ではタイムスリップを起こす霧の中と1989年ではの電源が入らなくなり現代に戻ると作動する描写があるが、本作では過去で心がスマートフォンを使おうとする描写がない(スマートフォン自体は所持していて現代で使用している)。 第一章• 無差別毒殺事件の犠牲者21名のうち教職員は原作では5名で木村さつきが死亡するが、本作では3名で木村さつきは含まれない。 田中義男の元の歴史での死因は原作では心臓発作(自然死として処理)だったが、本作では火事による焼死。 三島明音行方不明事件について、原作では長谷川翼と明音の二人の死体が発見されたが、本作では死んだのは翼だけで明音は衰弱した状態で生きていた。 明音が翼から性的暴行を受けた設定は本作では言及無し。 心が金丸に逮捕される直前に捨てた運転免許証と事件の資料ノートを真犯人が拾ったと知ったのは、原作では現代に戻って以降だが、本作では釈放直後の心に対して何者かがそれらを拾ったことを仄めかす行動を起こしている。 心が文吾に無差別毒殺事件の発生と逮捕される未来を告げた後、原作では怒った文吾に駐在所を追い出された直後に現代へのタイムスリップが起こったが、本作では現代に戻る前に2日ほど期間があり、金丸刑事に未来から来たことを告げ協力を頼み、文吾とも和解している。 第二章(現代編)• 心のタイムスリップ後に変わった無差別毒殺事件は、原作では牛乳に毒物が入れられていたが、本作でははっと汁。 本来の犠牲者であった大貫公平の代わりに田中義男が犠牲者となり内訳が児童18名、教職員2名、村人1名となった。 佐野家心中事件で生き残った心と鈴が、児童養護施設で育った過去の説明はなし。 原作で車椅子の男(木村みきお)が初登場したのは現代に戻ってからだが、本作では第一話冒頭で心が車椅子の男とそれを介助する鈴と出会い、互いに気づかずすれ違うシーンがある。 このシーンで登場する鈴の顔には痣があった。 新たな現代で岸田由紀が週刊誌記者なのは原作と同様。 原作では収監中の佐野文吾に比較的同情的に接して取材していたが、本作では当初は通説通り文吾が犯人と思っていた。 だが、父の冤罪説を証明しようとする心の姿を見て、協力するようになる。 原作の岸田由紀は離婚して3歳の男子を持つシングルマザーであり、心はタイムスリップ前の田村由紀とは別の人生を歩む彼女の幸せを願って必要以上に関係を深めようとしなかったが、本作では共に行動するうちに由紀も心に惹かれ、二人の仲が急速に深まっていく。 心は自分の境遇をタイムスリップを含めて全て由紀に告白する。 原作にない設定として本作では2月に仙台市内の会場で関係者以外非公開の「音臼小事件被害者の集い」が行われている。 心が会場に乗り込んで父の冤罪の証拠となる証言を聞き出そうとする展開も本作オリジナル。 佐々木紀子の現代の苗字は原作では上野だったが本作では松尾。 文吾の再審のために証言する気になったのは原作では病で余命一年と宣告されたため。 本作では被害者の集いで文吾の冤罪可能性を訴える岸田由紀に心を動かされたため。 名乗り出た後に証言を辞めようとするのは本作オリジナル。 原作では紀子宅に心より先に着いた木村さつきと村田藍(田村鈴)が紀子の証言を聞く。 本作では心と鈴が紀子の証言を聞くも、肝心の真犯人の名を聞く直前に木村さつきの指示で薬を飲んで苦しみだした鈴によって妨害されてしまう。 木村さつきによる紀子殺害は、原作では包丁による刺殺だったが、本作では手土産の芋ようかんによる毒殺。 現代で殺されたのは原作では佐々木紀子と木村さつきの2人だが、本作では田中正志も加えた3人が殺害される。 心が音臼小学校跡地に向かった理由について、原作では鈴から真犯人の正体、及び翌日開催の慰霊祭で再び事件を起こすと聞かされたためだが、本作では木村さつきの死亡後に3月8日に慰霊碑前で何かが起きると予告する絵が送られてきたため。 真犯人が誰であるかは現地で本人が告白するまで気づかなかった。 心が真犯人の自白を録音するのは本作のオリジナル。 第三章(解決編)• 原作では2度目のタイムスリップ後の「お泊まり会」で事件は一応解決してその28年後のエピローグへと続くが、本作では事件の起こるはずだった「6年生を送るお楽しみ会」(第8話)で結果的に事件は起こらず、原作と大幅に異なるオリジナル展開へと続く。 原作では心の2回目のタイムスリップ時に真犯人も巻き込まれて、過去の自分と共犯関係になるが、本作ではタイムスリップせずに退散する。 本作も原作同様、2回目のタイムスリップで心は文吾を殺そうとした真犯人にナイフで刺されるが真犯人が異なるため、刺した人物も異なる。 本作では文吾が一連の事件の犯人として、元の歴史同様逮捕される。 用語 [ ] 音臼小無差別殺人事件 1989年3月12日、音臼小学校で毎年恒例の「6年生を送るお楽しみ会」が行われ、昼食に出された青酸カリ入りのオレンジジュースを飲んだ児童18人、職員3人のあわせて21人が死亡する。 佐野文吾の自宅から事件と同じ成分の青酸カリが押収され、それが決め手となり事件の犯人として文吾が逮捕される。 心がタイムスリップして過去を変えたあとは、青酸カリが入った飲み物は「オレンジジュース」から原作では「牛乳」に、本作では「はっと汁」に変わる。 音臼村立音臼小学校 所在地は宮城県仙南郡音臼村1627。 現在は廃校になり慰霊碑が立っている。 音臼村 かつて宮城県仙南郡にあった村。 音臼小無差別殺人事件のあと廃村になる。 ノート 田村由紀が、佐野文吾は本当に殺人犯なのかを調べるため、当時の新聞や記事に書かれた音臼小無差別殺人事件や、音臼村で起こった不可解な出来事などをスクラップしたノート。 1989年にタイムスリップした心は、ノートを金丸に見られそうになったため崖から投げ捨てるが、犯人に拾われ利用される。 音臼村祭事件 1977年に3月21日、毎年恒例で行われていた祭りであるが、祭りで用意されたキノコ汁に誤って毒キノコが入り、徳本の母が食べてしまい死亡する。 この事件以降、音臼村祭が開催されることはなくなった。 文吾は事故として処理しようとしたが田中正志の父、田中義雄の依頼で事件として捜査されることとなり、後の警察の調べで田中正志の母が毒キノコを誤って入れてしまったことが判明する。 放送日程 [ ] 章 話数 放送日 サブタイトル ラテ欄 演出 視聴率 第一章 第1話 1月19日 父は本当に殺人犯なのか? 平成元年に殺人犯になった父! タイムスリップした息子が真実に迫る! 父子の奇跡! 石井康晴 11. 引き裂かれる親子の絆 11. 涙の別れ… 松木彩 11. 無罪の証言者現る! 最後の希望…まさかの裏切りに涙 山室大輔 11. 犯人はお前か…!? 真犯人が姿を消した!? 決戦のとき 松木彩 14. 黒幕出現!? ついに黒幕が登場!! 全て俺のせいだった!? 絶望の父子 15. 姿を消した父 黒幕の最終計画…! 父は殺人犯!? 試される家族の絆! 石井康晴 14. 黒幕との最後の対決 黒幕の正体は誰だ!? 父が連続殺人犯に…!? 家族を待ち受ける未来 衝撃のラスト16分!! 第1話と最終話は25分拡大(21:00 - 22:19)。 第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。 系 前番組 番組名 次番組• MANTAN. 2019年6月20日. 2019年6月20日閲覧。 Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2019年10月28日. 2019年10月28日閲覧。 まんたんウェブ 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 2020年4月30日. 2020年4月30日閲覧。 2020年3月22日. 2020年3月31日閲覧。 - スペースクラフト• 映画ナタリー ナターシャ. 2019年11月6日. 2020年1月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月8日. 2019年12月8日閲覧。 - 芸能事務所アイリンク• 2020年3月27日. 2020年3月31日閲覧。 - テアトルアカデミープロダクション• - ケイエムシネマ企画• - スマイルモンキー• - ウォーターブルー• - T-TRIBE ENTERTAINMENT• - ウォーターブルー• - Space Craft Junior(アーカイブ)• - Twitter 2020年1月20日• - ジョビィキッズ• - テアトルアカデミープロダクション• - ジョビィキッズ• - girlswalker 2020年1月28日• - 黒岩司ブログ 2020年1月17日• - レディバード• ORICON NEWS oricon ME. 2020年3月6日. 2020年3月15日閲覧。 ナターシャ. 2020年1月10日. 2020年1月14日閲覧。 - Twitter 2019年12月17日• 2020年3月15日. 2020年3月31日閲覧。 TBS 2020年1月30日. 2020年1月30日閲覧。 スポーツ報知 報知新聞社. 2020年3月23日. 2020年3月23日閲覧。 講談社コミックスプラス [ ] 以下の出典は『』内のページ。 書籍情報の発売日の出典としている。 講談社コミックスプラス. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月20日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年6月21日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年11月22日閲覧。 講談社コミックスプラス. 講談社. 2019年12月23日閲覧。 第9話 関連項目 [ ]• - 哲学用語。 本作の冒頭でも言及がある。 外部リンク [ ]• - 講談社• - 講談社コミックスプラス• - TBSテレビ• - Paravi• - Paravi• gfsoldaxe - (真犯人のTwitterアカウント) この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。

次の

テセウスの船(日曜劇場ドラマ)登場人物は?真犯人も気になる!

テセウスの船 人物

もくじ• テセウスの船の原作の漫画は完結してるネタバレ 「テセウスの船」が実写ドラマ化される事になりました。 詳細についてはまだ言えませんが、情報解禁になり次第随時お知らせしていきます。 そして来週発売の週刊モーニングで最終回を迎えます。 単行本は、9巻まで発売されていますが、連載では完結して最終回を迎えていています。 完結しているので、犯人や結末が明らかになっている! 衝撃の展開が面白くて、9巻一気に読んでしまいました! スポンサーリンク ドラマ「テセウスの船」最終回結末までの完結ネタバレ 父親が逮捕された無差別殺人事件 主人公の田村心(竹内涼真)は、警察官の父親・文吾(鈴木亮平)が殺人事件を起こして逮捕された 加害者家族として、生きてきました。 田村は母親(榮倉奈々)の旧姓で、家族は事件に触れないようにしながら、身を隠すように生きてきました。 心は、父親と母親、姉と兄の5人家族でした。 父親の佐野文吾(鈴木亮平)は、 31年前に逮捕されて死刑判決を受けましたが、拘置所で 冤罪を訴えています。 母親の田村和子(榮倉奈々)は、加害者家族として、笑ったり泣いたりすることを子供に禁止して、周りにバレるたびに借金をして引っ越す生活をしてきました。 そして、12歳上の姉の鈴(白鳥玉季)と6歳上の兄の慎吾(番家天嵩)、父親が逮捕された時には、心は母親のお腹の中にいました。 父親が逮捕された事件は、小学校のお泊り会で、青酸カリの入ったオレンジジュースを飲んで、21人が死亡した無差別殺人。 その後、 家から青酸カリが見つかったため、父親の文吾が逮捕されました。 31年経った今でも週刊誌の話題になる事件で、誰もが知っている 史上最悪の殺人事件です。 心が結婚・由紀が妊娠 心は、教師を目指して大学で教員免許を取りましたが、ふさわしくないと諦めて、就職していました。 妻の由紀(上野樹里)とは、大学で知り合って、心の立場を知りながら、親に反対されたまま結婚しました。 最愛の妻・由紀は、妊娠中で臨月を迎えて、幸せをかみしめていました。 由紀は、心に事件と向き合って欲しくて、事件のことを調べてノートにまとめていて、義父は冤罪の可能性があることを心に話します。 すると、父親の事件の前に、 周辺で不可解な事件が連続していたことがわかりました。 しかし、事件の時に心は母親のおなかの中にいたので、父親に会ったこともなく、母親を苦しめてきた 父親をただ恨んでいました。 最愛の妻・由紀が悲劇に そんな中、由紀(上野樹里)が、女の子を出産した直後に亡くなってしまいます。 由紀の両親は、孫を渡すように言いますが、 未来と名付けて、自分が育てていくことを決心します。 そして、最愛の由紀が言っていた 「お父さんを信じてみて」の言葉を胸に事件と向き合うことを決心します。 テセウスの船の原作漫画は、 一度読んだら止まらなくおもしろいです! スポンサーリンク タイムスリップするネタバレ 31年前にタイムスリップ とりあえず、31年前の事件現場の小学校に行ってみましたが、更地になっていました。 そして、突然の霧に包まれると、目の前に小学校が建っていて、事件が起こる直前の1989年(平成元年)にタイムスリップしていました。 霧の中、たどり着いた家は 佐野さんの家で、そこは 心が生まれる前の実家でした。 そこで心が目にしたのは、今と全く違う明るく笑う母親と、12歳年上の姉の鈴、6歳上の兄の慎吾、そして、明るく優しい父親でした。 そんな父親を見ているうちに、冤罪を信じ始めて、父の事件を阻止することを考えます。 事件を止めようと過去を変える 心は、由紀の残したノートを基に、小学校無差別殺人事件の前に起きた事件を前もって止めようとします。 佐野家に行くと姉の鈴が雪下ろしをしていて、屋根から転落して倒れていました。 心は、鈴を近くの三島医院に運びました。 そのことで、 鈴の命の恩人と温かく迎えられました。 本来ならば、新聞配達員の長谷川翼(竜星涼)に助けられていましたが、心が助けたことで過去が変わってしまいました。 千夏の事件 そこで、今日起きるはずの、三島医院の千夏が除草剤のパラコートを飲んで中毒死する事件を止めようとします。 心は、三島家の倉庫でパラコートを見つけると持ち去って捨てます。 これで、千夏の事件は解決すると思った時、千夏と心の父親が一緒に歩いているところを見かけて、父親を疑います。 その後、父親が千夏がパラコート中毒で倒れているところを発見して、更に疑わしくなります。 やっぱり、父親が犯人なのか? ねこまろ しかし、心がパラコートを盗んだところを見たという新聞配達の長谷川翼(竜星涼)の言葉で、心は父親(文吾)から疑われます。 パラコートを捨てて、過去を変えたつもりでしたが、千夏は亡くなりました。 その後、千夏の姉の明音が行方不明になる事件も発生してしまいます。 父親に未来から来たと話す 心を疑って免許証を盗み見た文吾(鈴木亮平)は、平成生まれに戸惑いましたが、聞かれた心は正直に話すことにしました。 父親と触れ合う度に、殺人事件を起こしたとは考えられずに信頼していきます。 未来から来て、文吾の子供だということや小学校のお泊り会で事件が起きて、文吾が逮捕されることを伝えます。 心が事件を前もって知っていたことで、半信半疑だけど信じた父親は、心と協力して事件を阻止しようとします。 由紀は?娘の未来はどうしてる? ねこまろ 由紀が生きてる 由紀の実家を訪ねると、由紀の両親は心のことを知らないと言い、 由紀は週刊誌の記者として、31年前の文吾の事件を調べていました。 小学校無差別殺人事件の記事を見ると、事件が起きたのが一日遅くなっていて、青酸カリがオレンジジュースではなく、地元の人が作るはっと汁になっていました。 また、被害者の先生や児童が変わっている! 事件で亡くなったはずの木村さつき先生(麻生祐未)や児童の佐藤や藤崎が生きていました。 姉の鈴に会う 文吾に会うことを決心して、拘置所に行くと、姉の鈴が面会に来たことを知ります。 姉の鈴(貫地谷しほり)に会うと、 村田藍という名前で、整形をしていて、別人になっていました。 鈴は妊娠5か月で、 内縁の夫の木村みきお(安藤政信)は、車いす生活でした。 そんな中、父親の事件の冤罪に協力してくれる証言者が現れます。 それは、新聞配達の長谷川(竜星涼)の妻だった佐々木紀子(芦名星)でした。 原作漫画は、一度読んだら止まらなく面白い! 衝撃的な最終回の結末! ねこまろ 佐々木紀子が殺される 父親の冤罪を証言してくれることになった佐々木紀子(芦名星)は、病気で余命1年と宣告されたので、過去の事件を証言する覚悟を決めました。 佐々木紀子は、31年前、新聞配達をしていた長谷川(竜星涼)の婚約者で、小学校の先生だった木村さつき(麻生祐未)の実家の工場で働いていました。 ある日、 長谷川に工場から青酸カリを盗むように命令されてDVを受けていました。 その後、長谷川は、三島明音を監禁する事件を起こして、青酸カリで自殺していました。 長谷川は一度家に帰ってきたときに、騙されたとか、本当に殺すとは思っていなかったと言っていました。 他にも、長谷川の事件現場を訪れたときに、 金丸 刑事(ユースケ・サンタマリア)が犯人と話している内容を聞いていて、直後に金丸が崖から突き落とされるところも見ていました。 そのことを証言しようとしましたが、家を訪れた 木村さつき(元小学校の先生・麻生祐未)に刺されて、殺されてしまいます。 犯人は加藤みきお 木村さつきは、小学校の事件で生き残った先生で、事件の後に 加藤みきお(大人になって安藤政信)を養子にしていました。 それが、鈴(貫地谷しほり)の内縁の夫の木村みきお(安藤政信)です! 小学校の事件やその周辺で起きた事件の犯人は、加藤みきおでした! 加藤みきおは、父親がおらず、母親を早くに亡くしていて、祖母と暮らしていて、元々サイコパスな思考を持っていました。 転校してきて、鈴と隣の席になって、鈴の優しさに触れて、鈴に執着するようになりました。 そんな時、みきおは、長谷川(子供が好きな特殊な趣味がある)に乱暴されたことで、逆に周りにバラすと 長谷川を脅して犯行を手伝わせます。 犯行動機が鈴のヒーローになりたい 犯行動機が子供っぽい!みきおと鈴が一緒に帰った時に、好きな人の話になりました。 鈴は、好きな人はいないけど、結婚するなら お父さんのような正義感のある人がいいと言います。 それを不満に思ったみきおは、父親の文吾を陥れるために、小学校の事件を起こして、文吾の家に青酸カリを置きました。 そんな時、木村さつき先生は、祖母が亡くなると一人になってしまうみきおを養子にしてくれました。 最初の事件ではオレンジジュースですが、過去や未来が変わると、はっと汁にかわります。 みきおは少しだけ舐めて、倒れて被害者を装いました。 車いすも偽装で、本当は歩けます。 ドラマの共犯者は、霜降り明星のせいやでした! ねこまろ お祭りで母親が間違って毒キノコを入れてしまって、亡くなる人が出た事件で、いじめられて佐野文吾に逆恨み! 村を離れていたが、父親の介護のために実家に戻ってきたときに、文吾に「家族を大切にしろ」と言われて殺意が芽生える! 文吾を陥れたいみきおと利害が一致して犯行が始まりました! 音臼小の事件は起きない・心が死ぬ 加藤みきおは、小学校の事件を起こさずに、鈴を助けて正義の味方になることを計画します。 鈴を助けて、正義の味方になれば、 鈴の父親の文吾のように鈴に好かれると思いました。 せいやに文吾が刺されて、止めに入った心ともみあいになって、心が刺されました。 そして、心は亡くなります。 中にあった宝物の中には、過去にタイムスリップしていた時に心が入れた佐野家と田村家の家系図と結婚指輪、写真が入っていました。 妊娠している鈴(貫地谷しほり)が見つけた週刊誌には、逮捕された 少年A( 加藤みきお)の記事が特集されていました。 そして、写真を見ると文吾をかばって 亡くなった心(竹内涼真)と末っ子の心がそっくりです! すると鈴は、末っ子の名前を「正義」にしようとしていたけど、お父さんが命の恩人と同じ名前にしたいからと「心」にしたと話します! その頃、心は同僚教師の岸田由紀(上野樹里)にランチに誘われて、その後、婚約者として家族に紹介しました。 心と岸田由紀が結婚することで、感激する文吾! 未来が変わってハッピーエンドになりました。 テセウスの船の最初の問いかけでしたが、ハッピーエンドなら本当の家族でOKだと思います。 長いネタバレを読んでいただいて、ありがとうございました! パラビでは、「テセウスの船完全ネタバレ!犯人の日記大公開 前編 音臼小毒殺計画のはじまり」が動画配信されました! パラビで無料で見る方法あります!.

次の

ネタバレ有「テセウスの船」全話あらすじ感想・登場人物(キャスト)・原作

テセウスの船 人物

「テセウスの船」原作あらすじ|犯人は誰?タイトルの意味は?タイムパラドックスに挑むミステリー 2019年11月22日 2020年1月27日 9分 どうも、夏蜜柑です。 東元俊哉さんの漫画「テセウスの船」のあらすじと感想です。 わたしの大好きな タイムスリップ系ミステリー。 2020年1月からはTBS日曜劇場枠でのドラマ化も決定しています。 主人公は大量無差別殺人犯の息子・田村心。 事件が発生する前の1989年にタイムスリップし、事件の真相を突き止めるために父親と共に真犯人を探すという物語です。 スリリングな展開が次々と起こり、「犯人は誰なのか?」「主人公は過去を変えられるのか?」が気になって、読み出すと止まらなくなります。 アニメ化・映画化された「僕だけがいない街」と同じ系列ですね。 タイムスリップ系ミステリーが好きな人はハマると思います。 アテナイの英雄テセウスがクレタ島から船でアテナイに凱旋した。 その船は記念として、その後長い間アテナイにて保存されていた。 だんだん船の建材は朽ちていくため、朽ちた部分は少しずつ新しい建材に置き換えられていった。 そしてついに、元の建材は一つもなくなり、全て新しい建材に置き換えられた。 テセウスの船は哲学者らにとって恰好の議論の的となった。 ある者は「その船はもはや同じものとは言えない」とし、別の者は「まだ同じものだ」と主張したのである。 船のすべての建材が新しいものに取り替えられても、その船は「テセウスの船」と呼べるのか? という問いです。 似たようなケースは、現代においても身近なところにたくさんあります。 たとえばすべての部品が交換されたパソコン、メンバーがすべて入れ替わったグループ、スタッフや出演者がすべて入れ替わったテレビ番組など。 人間にしてもそうですね。 人の体の中では毎日3千億個の細胞が死に、ほぼ同数の細胞が生まれています。 成人の細胞の平均寿命は10年以下とされているので、もはやわたしの中に「昔のわたしを構成していた細胞」は存在しないことになります。 それでも「同じ人間」と言えるのか? 本作の主人公は、過去にタイムスリップして事件の関係者と会い、自分が知っている「未来の彼ら」とはまったく別人のような彼らを見て困惑します。 何が彼らを「変えてしまった」のか、あるいは「何も変わっていない」のか。 そのあたりも注目して読んでほしいポイントです。 生まれた時から殺人犯の息子という運命を背負わされ、世間から隠れるように生きてきた。 教員免許を持っているが、教師になることは諦めている。 服役中の父に会いに行く途中、音臼村に立ち寄って1989年にタイムスリップする。 佐野家に居候しながら、妻・由紀が残したノートをもとに事件を阻止しようとする。 田村由紀 心の妻。 心とは大学で出会い、事情を知った上で両親の反対を押し切って結婚した。 佐野の冤罪を疑い、事件についてノートにまとめていた。 娘の未来を出産した際に命を落とす。 佐野文吾 心の父親。 元警察官。 1989年6月24日に北海道音臼村の音臼小学校で生徒ら21人を殺害した犯人として、死刑判決を受ける。 無罪を主張し、現在も札幌の拘置所で無実を訴え続けている。 心が産まれる前、「正義」と名付けていた。 佐野和子 心の母親。 夫が逮捕され殺人犯の家族となった後、女手ひとつで子供たちを守ってきた。 「人様の前で笑顔や涙を見せてはいけない」が口癖。 心がタイムスリップした1989年では夫と2人の子供を支える豪胆で明るい女性。 佐野鈴 心の12歳上の姉。 心がタイムスリップした1989年では屋根の除雪中に転落し、偶然通りかかった心に助けられる。 心の同居人かつ教え子となり、心を本当の家族のように慕う。 佐野慎吾 心の6歳上の兄。 殺人犯の息子であることから、職場や住居を転々としている。 10年前に心に会いに来て以来、連絡を絶っている。 心がタイムスリップした1989年では屈託のない少年。 三島千夏 音臼村の三島医院の次女。 1989年1月7日夜、自宅倉庫にあった除草剤パラコートを誤って飲み、死亡する。 タイムスリップした心が事前に倉庫からパラコートを盗み出すが、事件を防ぐことはできなかった。 三島明音 音臼村の三島医院の長女。 1989年3月12日に行方不明になる運命だったが、心がタイムスリップした1989年では2月5日に行方不明となり、数日後に音臼神社で遺体となって発見される。 鈴と仲が良く、おそろいのキーホルダーをつけていた。 行方不明になる直前、千夏を殺した犯人として心を疑い、鈴と喧嘩別れしてしまう。 長谷川翼 音臼村の新聞配達員。 多忙な三島夫婦の代わりに、明音と千夏の面倒を見てきた。 音臼小の子供たちからも慕われている。 心が除草剤パラコートを盗むところを目撃し、千夏を殺した犯人として疑う。 佐々木紀子 翼の婚約者。 木村鍍金工場でパート従業員として働いている。 1989年の4月6日に青酸カリを飲んで自殺する運命だったが、心がタイムスリップしたことによって過去が変わり、生き延びる。 木村さつき 音臼小学校の教員。 心が臨時職員として働けるよう校長に掛け合う。 1989年6月24日の音臼小無差別殺人事件の被害者となる運命だったが、心がタイムスリップしたことによって過去が変わり、生き延びる。 木村敏行 さつきの父。 木村鍍金工場の社長。 1989年1月12日に音臼岳山道で雪崩に巻き込まれ重体になる運命だったが、タイムスリップした心に助けられて生き延びる。 田中義男 音臼村の住人で、元町議会議員。 有名な詩人でもある。 心臓に持病があり、1989年2月5日に心筋梗塞で亡くなる運命だったが、心がタイムスリップしたことで過去が変わり生き延びる。 目が見えず寝たきりの状態。 金丸 北海道警察捜査一課の刑事。 心の言動を怪しみ、千夏を殺した犯人として疑っていたが、明音が殺された現場写真を見て真犯人に気づく。 心のタイムスリップによって過去が変わり、1989年2月に崖から転落して不審死を遂げる。 各巻のあらすじ(ネタバレ有) 田村心は、妻・由紀とやがて産まれてくる子供と共に幸せな家族を築こうとしていた。 心の父・佐野文吾は、心が生まれる前の1989年6月24日に北海道音臼村の音臼小学校で生徒と教職員21人に青酸カリ入りのジュースを飲ませて殺害し、死刑判決を受けた元警察官だった。 感情を殺し、教師になる夢をあきらめ、素性を隠してひっそりと生きてきた心。 自分たち家族の人生を壊した父親に憎悪を抱いていたが、妻の由紀は佐野文吾の冤罪を疑い、密かに事件に関する記事を集めてノートにまとめていた。 由紀は緊急入院の末に出産に臨むが、命を落としてしまう。 結婚に反対していた由紀の両親は、残された子供を自分たちが引き取ると言う。 由紀が残したノートを見て、父親の冤罪が証明されれば子供を奪われずに済むと考えた心は、札幌の拘置所で無実を訴え続ける父・文吾に会うため北海道へ向かう。 そして事件現場となった音臼村小学校跡を訪れた心は、不思議な霧に包まれ、事件が起こる前の1989年1月7日にタイムスリップする。 音臼村で小学生の姉・鈴を偶然助けた心は、警察官の父・佐野文吾と対面する。 佐野の人柄が予想とは違うことに戸惑う心。 由紀のノートには、無差別殺人事件の前に音臼村で起きた不審な事件や事故の詳細がまとめられていた。 心はその日亡くなるはずの三島千夏を救おうと、彼女の死因となる除草剤パラコートを盗み出すが、運命を変えることはできず千夏は亡くなる。 さらに、心がパラコートを盗む現場を新聞配達員の長谷川翼に目撃され、犯人と疑われてしまう。 心は鈴を助けた恩人として佐野家に居候することに。 佐野は心を怪しみ追い出そうとするが、心を信じる妻・和子と子供たちに反対される。 和子のお腹には子供=心がいた。 佐野は心の荷物を探り、平成27年に交付された免許証を見つけてますます怪しむようになる。 心は1月12日に雪崩に巻き込まれて重体になる運命だった木村敏行を救うことに成功。 佐野は生まれてくる子供に「正義」と名付け、自分にとって正義とは1人の人間を助けること、どこかの悪人を救うことだと語る。 心は自分が「正義」のために生まれたのだと確信する。 北海道警察から捜査一課の金丸が訪ねてくる。 金丸は千夏を殺した犯人として心を疑い、身分証を見せるよう促すが、佐野が機転をきかせて金丸を追い返す。 心は佐野と一緒に温泉に行き、2017年の未来から来たことを打ち明ける。 心は音臼村の小学校教員・木村さつきの力添えで、小学校の臨時職員として働くことに。 鈴がいる5年生の担任となるが、子供たちが可愛がっていたうさぎが惨殺されるという事件が起こる。 心は新聞配達員の長谷川翼を疑い、子供たちから嫌われてしまう。 心は佐野と協力し、2月5日に心筋梗塞で亡くなる田中義男を助けようと頻繁に家を訪ねる。 目が見えない田中は見舞いに来た客や子供たちに詩の代筆を頼んでいたが、そのノートには不気味な絵が描かれていた。 子供たちは心が千夏を殺した犯人ではないかと疑い、よそよそしくなる。 そのせいで、心を慕う鈴は親友だった千夏の姉・明音と喧嘩してしまう。 2月5日当日、心と佐野は田中のもとを訪れるが何事も起こらず、代わりに明音と鈴がいなくなったという知らせが入る。 小屋に閉じ込められた明音は翼に乱暴され、再び小屋に監禁される。 吹雪の中、鈴が見つかるが、明音の行方は知らないと言う。 心は自分が過去を変えようとした結果、事態が悪くなっていることに不安を抱く。 佐野は心が何かを隠していると気づきノートを見せるよう訴えるが、心は頑なに拒む。 佐野は心が気にしていた木村鍍金工場を訪れ、青酸カリが盗まれていることを知る。 その頃、木村鍍金工場にパート勤務している佐々木紀子は、仕事を休んで翼が撮影した明音の写真を処分していた。 心と佐野は音臼岳の小屋を訪れ、明音が監禁されていた痕跡を見つける。 小屋を出た心は、待ち伏せていた金丸に逮捕されてしまう。 金丸に逮捕される直前、心はとっさにノートと免許証を湖に投げ捨てる。 音臼神社で明音と翼の遺体が見つかり、死因は青酸中毒だと判明する。 金丸は千夏、明音、翼を殺したのは心だとして自白を強要するが、殺害現場に落ちていた「S」のキーホルダーを見て何かに気づく。 それは鈴が明音からもらったおそろいのキーホルダーだった。 心は釈放されて佐野家に戻り、佐野にこれから起こるはずの音臼小無差別殺人事件について告白する。 事件の犯人は佐野であり、自分は佐野の息子だと打ち明ける心。 佐野は心の言葉を信じることができず、怒りを露わにする。 佐野に村を出て行くよう告げられ佐野家を出た心は、濃い霧に包まれる。 その頃、犯人は心が捨てたノートと免許証を手に入れていた。 2017年6月10日に戻ってきた心は、以前の世界と違っていることを知る。 母・和子は事件後に一家心中を図り、和子と慎吾が死亡。 姉の鈴と心だけが生き残り、2人は児童養護施設に預けられて育った。 心は独り暮らしで、由紀とも結婚していなかった。 無差別殺人事件の被害者も一部変わっており、姉の鈴は明音の殺害に関わっているという疑いをかけられていたことがわかる。 由紀の実家を訪ねる心。 由紀にとって心は初対面の相手だった。 さらに、由紀が週刊誌の記者として佐野の息子である自分に興味を持っていることを知った心は、家を訪ねてきた由紀を追い返してしまう。 心の部屋には、犯人から届いたと思われる不気味な絵が何枚も保管されていた。 心は1989年の6月に何があったのかを知るため、札幌の拘置所にいる佐野に会いに行く。 佐野は心のことを覚えていた。 心は初めて佐野を「父さん」と呼び、2人は涙の再会を果たす。 佐野は1989年に心が姿を消した後のことを話す。 2月に金丸が音臼山の事件現場近くで崖から落ちて亡くなった。 明音の事件が解明されることはなく、三島夫婦と佐々木紀子は村を出て行った。 佐野は村を出ようとしたが和子を説得できず、6月24日の学校お泊まり会を中止に持ち込むこともできなかった。 事件当日、佐野は鈴と慎吾をお泊まり会には参加させず、警備として現場に行ったが、事件は起こらなかった。 翌朝子供たちが次々と倒れ、牛乳に青酸カリが入れられていたことがその後の調べでわかる。 佐野の家から青酸カリが押収されたが、佐野本人には身に覚えのないことだった。 心は佐野から姉・鈴の居場所を聞き、鈴に会いに行く。 鈴は名前を「村田藍」と変え、顔を整形し、別人のようになっていた。 鈴は妊娠中で、家には足の不自由な内縁の夫がいたが、佐野の娘であることは隠していた。 弁護士のもとに、佐々木紀子から佐野の無実を証明する手助けをしたいという連絡が入る。 鈴は佐野が逮捕されてから母・和子が一家心中を図るまでの辛い日々を語る。 鈴と心は2人で佐野に会いに行くが、鈴はこれを最後に会うのをやめると心に告げる。 拘置所からの帰り、心は偶然鈴の夫と義母に会い、彼らが事件の被害者である加藤みきおと教師の木村さつきであることを知る。 みきおは青酸カリの後遺症で下半身不随となり、さつきは事件後にみきおを養子として引き取っていた。 鈴は加害者遺族としてみきおをサポートしたいと語るが愛情は抱いておらず、高圧的なみきおに怯えていた。 心は由紀を北海道に呼び出し、24日に行われる音臼事件の慰霊祭で佐々木紀子から話が聞けるかもしれないと伝える。 その会話を盗み聞きした木村さつきは、鈴を脅して佐々木紀子の家へ同行させる。 鈴と再会した紀子は、事件が起きることを前から知っていたと告白する。 1989年2月5日。 日頃から翼に暴力を振るわれていた紀子は、翼に命じられて職場の「木村鍍金工場」から青酸カリを盗み、翼に渡した。 その後、翼は明音を隠しに行くと言い、明音の写真を燃やすよう紀子に命じて家を出て行った。 その翌日、翼と明音の遺体が発見されたが、紀子は警察に何を聞かれても知らないふりを通した。 2月26日、紀子は音臼岳で金丸がある人物と話している現場を目撃する。 金丸はその人物に影から突き落とされ、命を落とした。 紀子は自分が自殺すると言われたことに動揺し、怖くなって音臼村を出たと言う。 さつきは鈴に紀子を殺すよう促すが、紀子から犯人の写真を見せられた鈴はショックのあまり部屋を飛び出し、意識を失ってしまう。 心と由紀は鈴を病院に運ぶが、鈴は子供を堕ろしたいと言い出す。 さつきは紀子を殺して犯人の写真を処分し、自分で自分を刺して110番通報する。 病院に搬送されたさつきを見舞いに来た人物は、さつきにオレンジジュースを手渡す。 心は犯人に会うため、音臼小学校跡地へ向かう。 そこへ現れたのは、みきおだった。 みきおは車いすに乗っておらず、その手には木村さつきのものと思われる2つの目玉が握られていた。 みきおは心が1989年に捨ててきた免許証を取り出し、どうやって過去に戻ったのかと聞く。 心はみきおに自首を勧めるが、霧の中でみきおに刺されてしまう。 逃げるみきおを追う中で、心は再びタイムスリップする。 心が病院で目を覚ますと佐野がそばにいて、1989年6月20日だという。 心は佐野に未来で見てきたことを話し、犯人は木村さつきと加藤みきおだと明かす。 祖母と2人暮らしだったみきおは施設に入り、村を出ていた。 佐野家に戻った心は、和子と鈴、慎吾に歓迎される。 心は佐野に村から出ることを勧めるが、佐野は悲劇が起こるとわかっていて見て見ぬふりはできないと村に留まる。 みきおは田中義男の家を訪ね、うさぎを殺した時の状況を詳細に語る。 みきおの背後にいた男が田中義男に襲いかかる。 駐在所に火事の連絡が入り、心と佐野が駆けつけると、田中義男の家は炎に包まれていた。 その頃、佐野の家には加藤を名乗る人物が訪れていた。 佐野家を訪れた男は加藤みきおの叔父だと言うが、心のことを知っていた。 佐野が間もなく戻ると知ると、男は立ち去る。 田中義男は火事が起きた自宅で遺体で発見される。 加藤信也が村に現れたことを知った佐野と心は、和子と子供たちを親戚の家に非難させることに。 心は幸せだった証が残るようにと、結婚指輪を埋める。 佐野は明音の首にわずかな痣が残っているのを見て、青酸カリで思うように死ななかった明音を犯人が首を絞めて殺したのではないかと考える。 痣が強く残らなかったのは、子供の握力だったからだと。 その頃、加藤みきおは未来からきた自分=加藤信也と行動を共にしていた。 佐野は校長にお泊まり会の延期を訴えるが聞き入れてもらえず、親戚の家に向かったはずの和子と子供たちも消息を絶ってしまう。 ついに1989年6月24日、事件当日の朝がやってくる。 心は音臼小学校へ向かい、佐野は加藤みきおを迎えに駅へ向かうが、みきおも信也も電車には乗っていなかった。 その頃、みきおは湖のほとりで加藤信也と楽しげに語り合っていた。 自作のパラコートジュースで千夏を殺したこと、自分に乱暴した翼を脅して明音を監禁・乱暴させたこと、その後明音に青酸カリを飲ませて殺したこと。 みきおと信也は木村さつきを小屋に呼び出し、首を絞めて殺害しようとする。 さつきはみきおが鈴と同棲する直前に彼の犯行のすべてを知るが、死を望むみきおを説得し、犯行を隠蔽する道を選んだのだった。 音臼小学校で佐野と合流した心は、一人で放送室にいた加藤みきおを発見。 加藤信也とさつきの居場所を尋ねるが、みきおは知らないと言う。 心と佐野はお泊まり会の参加者に飲食物を与えないよう、夕食の前に火災報知機を鳴らそうとするが、故障により警報機は鳴らない。 心は飲み物に毒が入っていることを参加者に伝え、お泊まり会を中止させようとする。 そこへ村に来る途中で出会った慎吾をおぶった紀子が現れ、慎吾は和子と鈴が知らない男に連れ去られたと証言。 慎吾のポケットには加藤が書いた絵が入っており、教室の黒板の絵と合わせると「18:30」になった。 残り時間は15分を切り、心はひとりで風速計がある小屋へ向かい、佐野は小学校に残ることに。 心は小屋で2017年からタイムスリップした加藤に襲われ、監禁される。 小屋の中には殺されたさつきの遺体があり、加藤は小屋に灯油をまいて火をつける。 加藤みきおの目的は、鈴の理想の男性である佐野を排除し、鈴を手に入れることだった。 しかし事件後の鈴は変わってしまい、みきおが本当に手に入れたかった鈴ではなくなったいた。 加藤はみきおに鈴を救出させてヒーローに仕立て上げ、自分が犯人として殺されることで、みきおと鈴の未来を変えようとする。 旧体育館に監禁されていた鈴と和子は、彼らのシナリオ通りみきおによって救出される。 みきおは加藤信也が書いた犯行を自白する手紙を持っていたが、佐野は2人の計画だと見抜く。 校庭に加藤が現れて佐野をナイフで刺そうとするが、小屋を脱出した心が駆けつけ、佐野をかばって刺される。 佐野は加藤を射殺。 佐野が泣き叫ぶ中、心は息を引き取る。 2017年6月10日。 佐野と和子、鈴、慎吾は、久しぶりに音臼村を訪れる。 家の庭に埋めたタイムカプセルを28年ぶりに掘り起こし、思い出話に花を咲かせる4人。 心が残した指輪と家系図を見た佐野は、心の妻「岸田由紀」を探そうとする。 小学校教師になっていた心は、同じ学校で働く同僚の由紀を連れて帰り、家族に紹介する。 千夏、明音、金丸を殺した連続殺人犯・加藤みきおは、少年院を出たあと都内で暮らしていると週刊誌の記事で報じられていたが、北海道に姿を見せていた。 感想(ネタバレ有) 犯人の正体と動機 面白かったです~。 タイムスリップ系が大好きなので、かっつり堪能しました。 思っていたよりもサスペンス描写が怖かったですけどね。 (これ映像化どうするんだろう……) 第9巻で犯人を明かしてしまったのがもったいなかった。 そこでスッキリした分、若干最終巻が盛り下がったように思う。 でも最終巻で犯人の動機が明かされてから再度読み返すと、6巻以降のみきおのセリフや行動がぜんぶ腑に落ちますね。 みきおは鈴を手に入れるために佐野を殺人犯に仕立て上げたけれど(鈴の理想の男性が父親だったから)、再会した鈴は事件の影響で別人のようになってしまっていて。 「テセウスの船」のように、同じだけれど同じじゃなかった。 みきおが手に入れたかったのは、事件前の屈託のない鈴だった。 自分でしたことなのに、勝手な言い分ですけれども。 それでタイムスリップの方法を心にしつこく聞いていたんですね。 結末について タイムスリップ系の面白さは「過去を変えることによって未来が変わる」ところだと思っています。 主人公が最終的に「望んだ未来」を手に入れられるかどうか。 主人公の努力が報われて、未来が良い方向に変わるかどうか。 その結末を見たいがために、ハラハラしながら主人公を応援するわけです。 ところがこの作品は、頑張った主人公が未来を見ずに死んでしまう。 〝彼〟が望んだ未来の風景に、〝彼〟は存在しません。 〝彼〟がいたことを知る人も、ほとんどいません。 変わり果てた未来に存在するのは、新たに生まれた、主人公にそっくりなもう一人の〝彼〟です。 物語としてはうまくできていたけれど、カタルシスはないですね。 主人公が死んで物語が終わった後に、別の物語が始まったような淋しさを覚えました。 見せられているのは幸せな未来であるはずなのに、もの悲しい結末でした。 それこそが、この作品の主題「テセウスの船」なのでしょうね。

次の