パプリカ インセプション。 パプリカ : 作品情報

【ネタバレ解説】映画『インセプション』複雑なルール設定、ラストの意味を徹底考察

パプリカ インセプション

『パプリカ』をレンタルDVDで鑑賞。 『』と設定が似ていると言われたりしていたのだが、観てなかった。 ちなみにそれ以外の監督作品は全部観てるのだが…… 他人の夢を共有する装置が研究所から盗まれた。 それと同時にその装置を発明した時田の相方である氷室が失踪し、世間では、その機械を使い、精神を崩壊させて自殺に追い込む事件が発生する。 その事件を担当することになった刑事:粉川は友人でもある研究所の所長:島を訪ね、そこで出会った彼の助手である千葉敦子に心奪われる。 実は粉川はトラウマを抱えており、事件以前に門外不出であったその装置を使ってサイコセラピストとして活躍する謎の女:パプリカとしていた。 千葉敦子にパプリカの面影を見た彼は、次第にその夢の世界の虜になっていく……というのがあらすじ。 「夢」を断片的なコラージュで紡ぎ、それを何度も反復させたり、行ったり来たりさせ、さらにワンシークエンスを円還構造的に扱うことで、同じ場面を繰り返し見ているのに、それが時にサスペンスになったり、時にラブストーリーになったり、時にミステリーになったりするというすさまじい構造を持った作品。 さらに「これは映画である」というメタ視点を入れることで、「夢を見ている登場人物が見ているのは映画である」という部分が我々観客とシンクロするという手の込みよう。 そんなすさまじい情報量を含みながら、映画はわずか90分。 怒濤のスピードで駆け抜ける文字通り夢のような快作。 到底実写にすると陳腐になってしまうようなガジェットを山ほど使い、アニメにしか出来ないイマジネーションの洪水をきちんと映像にし、しっかりエンターテインメントに仕上げた今監督の手腕は見事という他ない。 トラックアップが頻繁に登場するが、これは夢の中に入っていくという行為に対しての映像のメタファーであり、アニメにおいて、表現するのが難しい技術をわざわざ使うことに監督のこだわりを感じる。 実際、アニメにおいて、アニメーターが手書きをしないリアルなトラックアップが使われたの『MEMORIES』に監督は関わっていることもあり、そこから考えると、この映像表現はとても感慨深いものがある。 それまで「実写でもよくね?」と言われて来た今監督だったが、その複雑な構成だけでなく、音楽もテクノミュージックで仰々しいモノを使用し、さらに俳優ではなく、これぞアニメの声優をキャスティングしたことから、再び「アニメとは何か?」を彼自身が問いただすような作品になったのではないだろうか。 それが証拠に、夢や妄想に潜り込むというのは脚本を手がけた『彼女の想いで』と一緒だし、コラージュ感覚で時代や舞台がカット毎にコロコロ変わるというのは『』を彷彿とさせ、現実なのか?妄想なのか?という部分でゆらぐというのは『』であり、激しくキャターが壁をかけあがったり、空を飛んだりするアクションは『』と酷似している。 『パプリカ』は今までにない映画の文法を持ちつつ、監督の集大成的な作品に仕上がっているのだ。 なんと、US盤BDは10ドルという破格の安さである!なんてこった!今すぐ1-Clickするしかないな! Paprika [] 2006 あ、そうそう、『』に似てると言われてるけど、そんなに似てなかった。 確かに「夢を植え付ける」とか「覚醒させる」とか、明らかにパクってる部分は散見されたけど。 あういぇ。

次の

最近、日本でインセプションの元ネタと言われている、パプリカを見たのです...

パプリカ インセプション

鬼才が集まって数時間で完成させたみたいな作品でした。 作画はこだわりがあるように感じましたし、ストーリー自体も深くはないものの楽しめるように思います。 何度か中だるみは感じるかもしれませんが、独特な言語表現や作画の美しさや滑らかさといった要素に着目していれば飽きも来ず、深みまで浸れると思います。 なんと言ってもSF御三家の原作ですからね…それを映像化するのには骨がいるでしょうし、鑑賞者を置いていくことになったとしても監督のこだわりを全面に出した方が、作品としてはまとまるのかなと思います。 その点でもこの作品、私は好きです。 評価が分かれる作品とありますが、アニメーション好きなら作画の部分である程度評価するでしょう。 あまりアニメも見ず、万人受けの作品を見るような人には評価は分かれると思いますが、手にも取らないと思います。 この作品のレベルで相当低い評価をつける人は、おそらくストーリー重視、描写重視などのバランスの悪い見方をしてるのかなと思います。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画『パプリカ』ネタバレなしの感想。他人の夢に侵入し、悪夢を見せて精神崩壊させる事件が多発する

パプリカ インセプション

回答 正直なところを申し上げると、今回はANIMEから少々逸脱したご質問に思えるのでお答えするのがためらわれます。 それでも興味そそられる問いかけであることは確かですし、ANIMEに絡めて論ずることもできそうなので、やってみます。 独創的アイディアであるかどうかがそんなに重要なのか、自分は以前から疑問でした。 それから独創的作品とは何かという視点も関わってくるわけで、つまりは批評とは何であるかという問いかけにも通じてきます。 広義でいえばクリストファー・ノーラン監督の最新作『インスペクション』は原作がないので「オリジナル」となります。 再映画化ではなく、何か小説やゲームやコミックスやテレビシリーズや演劇や映画を元にしているわけではなく、登場人物も物語世界もノーラン監督そのひとの手で作られた、すなわち映画用のオリジナル企画です。 仮にこの映画が何かアカデミー賞候補になるとして、その部門はたぶん「オリジナル脚本賞」です。 「脚色賞」ではありません。 広義ではたいていの映画は過去の作品にある程度の影響を受けています。 シルヴェスター・スタローンが以前こんなことを語っていました。 「一番のりなんてものはなくて、結局は形やアイディアをどう料理して新鮮、独創的、独自に仕立て上げるかなんだ」 ノーラン自身がすでに『インセプション』について007映画にすごく影響されていると語っています。 「007の匂いが強いのは狙ってそうしたんだ。 このどれもがおそらく『インセプション』に直接的/間接的に影響を及ぼしていると思います。 『パプリカ』が『インセプション』と比較されるのは、どっちも夢ハッカーが主人公で知的でおとなの鑑賞に耐えうるスリルがある点で共通しているからです。 ただ共通点はそこまでという気がします。 今敏の『パプリカ』は精神科医の主人公がひとの夢に潜入して相手のトラウマをつきとめ取り除く話でした。 誰かがひとの夢を操作して人格を破壊しようとしているのに気が付きます。 『インセプション』でも精神的葛藤を除去する話がでてきますが、基本的に主人公は『パプリカ』と反対のことをしています。 つまり、相手の心からトラウマを取り除くのではなくむしろ精神的トリックをしかけるのです。 『パプリカ』には企業によるスパイ行為とか主人公に何か複雑な過去があるわけではなく、銃撃戦も集団の夢ハッカーもなく、夢が多層的に登場してそれが同時に操作される仕掛けもでてきません。 表面的には共通点があって、高度なサスペンス性も似てはいますが、ノーラン監督の『インセプション』が今の『パプリカ』や筒井康隆の原作小説を知っていてそれを意図的に真似たのかどうか、非常に眉唾に感じます。 (に続く).

次の