安倍 晋三 マスク。 田崎史郎、安倍首相の“マスク2枚配布”を擁護し批判続出…「4枚6枚と増やしていける」

布マスクで「不安パッと消えます」 官僚案に乗って炎上 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

安倍 晋三 マスク

安倍晋三首相が4月1日、新型コロナウイルス特措法に基づく政府対策本部で、緊急経済対策の一環として1世帯あたりマスク2枚を配布すると表明した。 安倍首相はマスクについて「布製で、洗うことにより再利用可能」「急激に拡大するマスク需要に対応する上で極めて有効だ」と述べたが、各界から総ツッコミが飛んでいる。 尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏は1日、自身のブログで「何を考えておられるのでしょうか? 今はそんなレベルの話じゃないでしょう」と呆れ、落語家の立川志らくは「グッとラック!」(TBS系)で「最初にお金でマスクは後」と、順番が違うと批判し、続けて「B29が飛んできたのに竹槍で戦う発想に見えちゃう」と例えた。 作家の室井佑月氏は2日に放送された「ひるおび!」(TBS系)で「どうして現金を給付できないんだろう? 本当にケチくさい政権」とこき下ろし、俳優・高橋克実も2日の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、「これ、送る必要あるのか…こういうことを先にやることなのか、もっと先にやることがあるんじゃないのか」と疑問を投げかけた。 また、小説家の百田尚樹氏は1日、自身のツイッターを更新し、「一つの家庭に2枚の布マスク? なんやねん、それ。 大臣が勢揃いして決めたのがそれかい! アホの集まりか。 全世帯に郵便で2枚のマスクを配るって…」と激しく怒り、「これ、エイプリルフールのつもりか。 もしかして全閣僚が集まって考えついたウソか?」と厳しく言い放った。 鳩山由紀夫元首相は2日にツイッターを更新し、「昨日はエイプリルフール。 でも直前に志村けんさんが亡くなるショックで今年はそれどころではないと思っていた矢先に、安倍首相が布マスクを全世帯に2枚配布しますと決めたとのこと」とし、マスク配布はエイプリルフールのジョークと受け止め「なかなかやるなぁと思っていたら、本当になさるようだ。 今どきなぜ世帯に2枚? 早急にやって欲しいのは減税なのに」と皮肉った。 なお、高須クリニックの高須克弥院長は『布製マスクは洗えば何度も使えます。 何百枚もの使い捨てマスクより環境に優しく有用です。 器用な日本人なら修理もコピーも簡単に出来ます。 医療用のマスクはもともと布製でした。 僕は布製のマスクが好きです』と、肯定しています」(IT系ライター) ネットでは「布マスク2枚って自分で作れるよ」「敵対している鳩山さんと百田さんが同じ意見なんて…安倍政権終わりだな 笑 」「1人暮らしでも大家族でも2枚って、世帯の意味知らないのかな?」「安倍がつけている布マスク、小さくて変」「マスク配布にかかる税金を現金でくれ」などといった反応が巻き起こり、アベノミクスに引っ掛けた「 アベノマスク」というキーワードはトレンド入りしている。 マスクは再来週から、まずは感染者の多い東京都などから配布されるようだが、批判の声は拡大するばかりだ。 (石見剣).

次の

「2カ月待たせてマスク2枚」世界中がずっこけたアベノマスク騒動 「官邸官僚」の渾身の提案は大不評

安倍 晋三 マスク

布製マスクを着用して参院決算委員会で答弁する安倍晋三首相=2020年4月1日、国会内 前日からつけていた「小ぶりのマスク」は記者団の話題だった ある意味で安倍政権がコロナ対応策で打ち出した最大のサプライズだった。 安倍氏は1日の政府対策本部で、再利用が可能な布製のマスクを全世帯に2枚ずつ配布する方針を表明した。 安倍氏は、政府が電機メーカーのシャープがマスク生産を始めるなどした結果、3月には月6億枚の供給が可能になり、さらに月7億枚を超える供給体制を確立できるという見通しを示した上で、「依然として店頭では品薄の状態が続いている。 本日、私もつけている布マスクは、洗剤を使って洗うことで再利用が可能だ。 全国で5000万枚あまりの世帯、1住所あたり2枚ずつ配布する」と宣言したのだ。 前日から安倍氏は布製で小ぶりのマスクをつけていた。 最近流通している不織布のサージカルマスクではなく「昭和のころのマスク」というものだった。 安倍氏の「特異な」マスクのことは記者団の間でも話題になっていた。 それが、国民にプレゼントされることになったのだ。 マスクは、新型コロナが日本で広がり始めた1月下旬から日本の薬局やコンビニで入手困難になっていた。 政府はそれ以来、マスク対策に力を入れる姿勢を見せてきた。 それから2カ月以上たったが、今も足りない。 国民の間でフラストレーションがたまっている時の「2枚」配布発言だ。

次の

安倍首相の布マスク2枚配布、自民党内からも批判の声続出

安倍 晋三 マスク

《御社のネットでも、布マスクを3300円で販売しておられたということを承知しています。 そのような需要が十分にあるなかで、我々も2枚の配布をさせていただいたということでございます》 4月17日の記者会見で、466億円が投じられる「全世帯への布マスク2枚の配布」についての質問に対し、「待ってました」とばかりに皮肉を込めて言い放った首相。 普段は毛布やタオルケット、敷きパッドなどの寝具を主に扱っている。 新型コロナウイルスの影響でマスクが品薄になっている今、市と商工会が立ち上げたのが『泉大津マスクプロジェクト』なのです。 市内の繊維に関わる7つの企業がそれぞれ、独自のマスクを開発、製造しているのです。 大津毛織さんもその一つということです」(地方局ディレクター 3月20日付の朝日新聞大阪版では、《マスク生産 繊維のまち結束》として同プロジェクトを掲載している。 通販サイトに採用したのもうなづけよう。 見方は様々ですし、それは消費者様それそれが感じるところだと思います」(大津毛織担当者) それでも製品自体に対しては、 「クオリティ的にマスク相応のレベルに達している。 そう自負しています。 通常、日本で流通しているガーゼはほぼ、中国から輸入した生地から作られています。 弊社の場合は、日本で生産したガーゼのみを使用し、毛羽立ちにくい特別な加工も施しています。 ガーゼを長年取り扱ってきた経験上、ガーゼというのは柔らかいものの、毛羽立つという部分で懸念されがちです。 が、その毛羽立ちを抑える加工を施し、またガーゼ素材は耐久性が劣っているという印象を解消する技術も取り入れています」(前出・担当者) 同社では、マスク以外の製品にも、素材には日本製のガーゼや綿を使用し、製造を行っている。 「みなさんがどう考えられるかわかりませんが(笑)、私たちはこういう形でこだわって作ってはいます」(前出・担当者) 通販ショップの商品紹介では、4層構造ながらも息苦しさも少なく、口紅の付着もしにくいという大津毛織製マスク。 何よりも、洗濯が可能で150回も繰り返して使用できるというのだ。 「自社試験ではクリアしましたが公的機関による試験ではなく、数値を出している最中です。 すでに弊社の社員数名が、毎日洗って繰り返し使用しての検証も行っています」(前出・担当者) 例えば、1枚1650円のマスクを150回使ったとしたら、1回あたりの価格は11円の計算になる。 「マスク1枚の相場が70円〜90円とも言われていますから経済的と言えるでしょう。 清潔が第一であるはずのマスクに、次々と黄ばみなどの変色、髪の毛や虫の混入が報告されているのです。 実はアベノマスクは、メーカーこそ国内でも製造はアジア地域で行われているものもある、という話もあります。 特に全世帯への配布に合わせて急ピッチで作られたのでしょうし、不良品が混じったとしてもおかしくはないと思います。 発言は軽率だったのでは?」(全国紙記者) 現在もマスク製造が続けられて 『朝日新聞SHOP』は閉鎖された現在も、大津毛織はマスクを製造し続けている。 というのも、 「実は朝日新聞さんの通販サイトは、受注が多過ぎて閉めさせていただくことにしたのです。 4月アタマごろの時点で受注が目一杯になってしまい、今はその受注分を納品するために昼夜問わず、土日も稼働して作っているという状況です。 次の受注については、納品分が終わり次第考えたいと思っていますが、まだまだ製造が終わりません。 外部サイト.

次の