コロナ 10 万 人 あたり。 宣言解除の目安 北海道 東京 神奈川で超える コロナウイルス

チャートで見る日本の感染状況 新型コロナウイルス:日本経済新聞

コロナ 10 万 人 あたり

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、当初東京都、大阪府など7都府県に出されていた「緊急事態宣言」。 当該地域以外にも感染が拡大していることから、政府は対象地域を全国に拡大すると正式に決定した。 宣言の効力は今のところ5月6日までとなっている。 この宣言をきっかけに、休業に入った会社にお勤めの方も多いことだろう。 しかし、その場合の給料はどうなるのか、またきちんと補償されるのかについては、さまざまな情報が錯綜しているうえ、政府から明確な指針が示されておらず、不安に感じている方もおられるはずだ。 今回は、このような緊急事態において、働く人が自分の身を守るために使える制度としてどのようなものがあるのか紹介する。 新型コロナウイルスに関連した緊急制度のみならず、従前から存続している制度も含め、では「会社が対応するもの」を紹介した。 今回は「従業員が個人で申し込むもの」を紹介していくので、参考にしてほしい。 なお、情報は4月20日時点のものを記載している。 随時内容は更新されているので、詳しくは当該官公庁のWebサイトを確認されることをお勧めする。 「一部に30万円」から「全員に10万円」へ これまで、「新型コロナの影響で収入が一定の指標を下回っている」といった一定の要件を満たした「世帯」に対して、「一律30万円」の給付を行うとされていた給付金制度は撤回され、新たに「所得制限は設けず、国民1人あたり10万円」の給付となることが先日発表された。 支給開始は5月中を目指すとしている。 従前の要件では所得制限があり、対象世帯は全体の2割程度ともいわれていた。 また給付計算がややこしく、果たして自分自身が支給対象なのかどうか分かりにくかったり、要件検討基準が「世帯主の月収」であったため、共働き家庭が有利になったり、といった制度上の不備が指摘されていた。 しかし新たな基準では、「4月27日時点で住民基本台帳に記載されている全ての人」が対象となった。 すなわち赤ちゃんも子どもも、外国籍の長期滞在者も、年金生活者も生活保護受給者も、基本的に一律で10万円を支給されることになる。 郵送される申請書に銀行口座番号などを記入して返送する形をとるが、マイナンバーカード保持者はオンラインでも申請可能だ。 申請開始時期は市町村ごとに異なり、申込期限は受付開始から3カ月以内となっている。 関連記事• 新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。 全国に「緊急事態宣言」が発出された今、従業員を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。 「財務大臣」は、日本郵政の発行株数の63. 29%を保有する大株主だ。 「財務大臣」は、日本郵政だけでなく、日本電信電話(NTT)や日本たばこ産業(JT)の筆頭株主でもある。 「財務大臣」がこれらの企業の筆頭株主になっている背景には何があるのだろうか。 各社で大きく分かれる新型コロナ対策。 対処ができなければ「従業員に見放される」可能性も。 危機にこそ組織の本質が問われる。 パーソル総研が全国のテレワーク状況を調査したところ、正社員と非正規で実施率に大きな差が出た。 飲食・小売りに非正規が多い点などが背景にあるとみられる。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で品薄状態が続くマスク。 花粉症のシーズンにもなり、深刻さが深まる。 そんな中、在庫と価格、1枚当たりの価格を検索できるサイトが登場した。 その名も……• 「朝、店頭に並べない現役世代を尻目にマスクを買いだめする老人」「本当は在庫を隠しているのだろうと店員に食い下がる高齢男性」「列に割り込み、注意した人に暴力を振るう70代男性」……。 今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。 医学博士が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。 今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。

次の

新型コロナウイルス対策 特別定額給付金(仮称)一人当たり10万円給付案の概要定まる。注意点と絶対してはいけないこととは?

コロナ 10 万 人 あたり

データの集計方法 データは主に厚生労働省の発表に基づいており、集計値は都道府県発表と異なる場合がある。 発表の欠落や大幅な修正は、都道府県のHPや聞き取りでデータを随時補足している。 厚労省は5月8日分に退院者などの集計方法を変更した。 厚労省発表はPCR検査について、退院時の確認検査を含めない検査人数で集計している。 ただし、一部の自治体では検査人数ではなく、検査件数が計上されている。 厚労省は累計の検査人数を訂正して減らしても、過去に遡って集計値を修正しない。 そのため、新規の検査人数が訂正前後でマイナスになっている箇所がある。 長崎県は長崎市に停泊するクルーズ船乗員の感染を県内の感染者数に計上しないと発表している。 「人口10万人あたり感染者数」の人口は総務省統計で2019年10月1日時点。 閉じる.

次の

日本と東京の『人口100万人あたりの死者数』を国際比較してみる〜欧米諸国とアジア諸国に見られる明白で桁違いな死亡率の違い

コロナ 10 万 人 あたり

一律国民一人10万給付とは? 国民民主党の経済対策案概要とは、新型コロナ感染症の世界拡大により「リーマンショックや東日本大震災を超える経済危機が発生しつつある」として当初は「一定の収入以下の世帯のみ30万支給」と言われ国民の8割がもらえない対策に炎上し続けておりましたが、2020年4月15日国民の声が届いたのか、• 国民一人あたり10万円給付 とした。 総額30兆円の財政から捻出されること、党内に設置する「緊急経済対策」策定チームで詳細を詰めていくようです。 もちろんまだ、今回も国民一人当たり10万円の給付は 案として出された段階であり、今後国会内での賛同を得ない限りは夢のまた夢のお話になりそうです。 PR 10万円給付はどこから出るお金? 気をつけて欲しいのは その10万円はどこから捻出されるのか?ということです。 やった10万円もらえる! と喜ぶのはまだ早いです。 日本国民は現在1億2613万人(令和元年9月時点) 国民一人当たり10万円支払うと 約13兆円。 そのお金はどこか? 日本国民が支払う税金から。 導入への布石になるなら良い…と思ったが、30兆の財源はおそらく国債になるだろう、ならば単純に国の借金が増えるだけ。 この場合は選択と集中、効率よい必要があるため、一概に賛成できないな。 このタイミングで具体案を出すこと自体素晴らしい。 社会コストの削減に繋がる。

次の