ジブラルタ生命 学歴。 ジブラルタ生命保険株式会社 さいたま支社の転職・求人情報

ジブラルタ生命保険株式会社 さいたま支社の転職・求人情報

ジブラルタ生命 学歴

今回、お話をするのは大手外資系保険会社である 「ジブラルタ生命」のヘッドハンティングの話である。 実際にヘッドハンティングを受けた人にヒアリングして記載しているので、 同じようにヘッドハンティングを受けた人は、是非参考にして欲しい。 あと 「本当にヘッドハンティングなんてあるのかよ」とか 「どういう流れでヘッドハンティングが行われるのか知りたい」という人も目を通していただきたい。 電話は突如かかってくる ある日、いつも通りに仕事をしていると 会社から貸与されているケータイに知らない番号から電話がかかってきた。 クライアントの可能性もあるため電話に出てみると、 ジブラルタ生命を名乗る男性からの電話だった。 まず会社から貸与されているケータイ電話に電話がかかってくる時点で、 私の情報を売ったのはビジネス上の関係にある人であろう。 プライベートな関係であれば、会社から貸与されている電話からは掛かって来ないように思われる。 電話では 「今回、(私の名前)さんが会社でスゴくご活躍されていると聞いてヘッドハンティングのお電話をしました。 」とのこと。 是非とも、という話を受けて一度出向いて説明を受けることになり、この電話を一度切ることになる。 ジブラルタの営業所に行き、プロフィールシートを記入 この時点で初めて気づくのだが、 このヘッドハンティングはジブラルタ生命の本社マターで行われていることではないということ。 このヒアリングした人のケースだけかもしれないが、 この人がヘッドハンティングされたのはジブラルタ生命の中でも独立した1つの営業所からのヘッドハンティング。 なので、本社に行くわけでもなく、1つの営業所に採用面接を受けに行くことになる。 営業所に着くと、最初にプロフィールシートの記載を求められる。 名前・住所は勿論のこと、 現勤め先・人生の中で1番嬉しかったこと・今欲しいもの、 etc…これを 20~ 30分ぐらいで書きつつ、終わったら読んでみてとパンフレット的なものを渡される。 このパンフレットには、 これまでのトップビジネスの人たちの成功体験が書かれていて、「この会社に入れば、私も同じようにトップセールスになれるのでは?」といったようなことを想像させられる。 如何に ジブラルタの報酬が良いか、稼げるかということが述べられる150分間 プロフィールシートを記載した後は、 営業所所長から「仕事の概要」や「自らの成功体験」、「トップセールスの話」など、基本的にはポジティブな話を刷り込まれる時間となる。 この時間は1対1ではなく他に2名の方がいたため、少しは楽な気分でやりとりをすることが可能。 私以外の2人は誰か見知らぬ人を介してのヘッドハンティングではなく、大学の先輩が今回のジブラルタ生命の営業所で働いていることもあって呼ばれていたような人たちであったため、私よりももっと興味がなさそうな雰囲気。 ただ実際に話を聞いてみて「正直興味がない」 ということで、2回目の面接には進まず、 この時点で辞退をしたそうです。 ヘッドハンティングということで気になっていた 報酬額。 給料が現時点から何円上がるのかというのが転職の1つの醍醐味。 1回目の面接の時点では、この報酬に関しては全く触れられず、最終の3日目に報酬についての説明があるとのこと。 3日目まで進まなかったため、具体的な話は聞けなかったが、所長の話によると、この営業局の人たちは優秀らしく、 平均で 1, 200万~ 1, 300万円の年収があるとの話。 ヘッドハンティングと言っても確度の高い採用面接に過ぎない 全ての会社のヘッドハンティングでそういう話ではないと思うが、 ジブラルタ生命に限っては『確度の高い採用面接』に過ぎない。 ヘッドハンティングという響きだと、先方に伺ったと同時に、評価ポイントを説明していただき、報酬などの説明が待っていると想定していた。 しかし、実際は3回の面接を重ね、合格か否かをジブラルタ側で判断するのである。 ジブラルタ生命やプルデンシャル生命などは、同業界から中途採用をしている訳ではなく、他業界まで広げて転職者を集めているため、 実力を認めてのヘッドハンティングなどは難しく、その人が本当に頑張れる人間なのかを判断する必要があるのではないだろうか ジブラルタ生命に転職すべきか否か 論点はここ。 自分の人生なので自分でしっかり考えて決めてほしい。 平均年収が 1, 200万~ 1, 300万円という話はあったが、個人事業主となるため一般企業で 1, 200~ 1, 300万円稼ぐのとは話が違ってくる。 大企業であれば怪我や病気で入院しても入院費用の月額の支払いが上限数万円でよかったり、交通費などの経費も幾分か使えるような会社が多いだろう。 保険の営業だと食事代や交通費は全て経費として自分の収入から出さなければならないというシビアな状況。 トップセールスにもなれば経費は月額 70万ほど使うときもあるとの話を聞いたことがある。 そう考えると平均年収が 1, 200万~ 1, 300万円だとしても、大企業の 800万円程度、もしくはそれ以下の年収になるのではないだろうか。 学歴不問に近しいようなところがあるので、個人の努力さえあれば成り上げれる可能性も十分にある。 また本当のトップセールスになれば年収1億超えという話もよく聞く話。 ネガティブな要素を冒頭に書いたものの、夢と希望もたくさんある職種。 ヘッドハンティングの電話がかかってきたら、ぜひ参考までに目を通すことをオススメする。 ちなみに、ヘッドハンティングを受けなくても DODAで採用を行なっているようなので、興味がある人は自ら飛び込むことも可能。

次の

ジブラルタ生命保険|21年卒 営業管理職の内定の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

ジブラルタ生命 学歴

個人営業部門: リーテイル部門とも呼ばれ、個人向け保険及び中小企業経営者へ事業継承のための保険の販売及びアフターフォローをおこないます 法人営業部門: 大企業・中堅企業、官公庁に対し、団体生命保険、団体年金の販売とサービスを行う、所謂ホールセール部門です 代理店営業部門: 銀行の窓販や保険ショップ、保険代理店に対し自社の保険を勧めてもらうように営業活動と業務サポート、自社商品のセールストレーニングを行います アンダーライティング部門: アンダーライティングの業務は「契約業務」、「契約サービス業務」「支払業務」が主な業務となります 契約業務: 保険に加入するための審査から契約までの一連の業務をサポートします 契約サービス業務: 顧客のライフステージの変化により、保険契約の見直しやプランの変更を促し、解約を防止し長期間に渡るビジネスを維持していきます 支払業務:保険契約内容と事実に基づき保険金を支払えるかを判断して、適切かつ迅速に保険金の支払いを行う業務を行います 資産運用部門の仕事の概要は以下の通りです。 資産運用部門:顧客から預かった保険金を資産として安全かつ慎重に長期運用し、将来の保険金の支払いに備えるとともに、自社に対し運用益を獲得します。 生命保険会社は資産の大きさからいって国内有数の機関投資家です。 日本の優良・大企業の大株主になっているのが会社四季報をみれば分かります 保険会社特有の専門職:アクチュアリー アクチュアリーとは、保険会社には必ず必要な専門職で、保険数理士や年金数理人と称されます。 仕事は長期のリスクや財務諸表の分析にあたり、保険会社の商品開発に不可欠の存在となります。 数学や統計学の知識が必要なため理系出身であることが必要です。 採用されれば入社後、日本アクチュアリー会の試験に合格してはじめてなることができます 管理業務部門は一般企業と基本的に同じ様に以下の業務があります。 お客様の生活状況やライフプラン、夢などを理解した上で、最適な商品を提案していくことに大きなやりがいを感じます• お客様に万が一のことが起こってしまった際に保険金をお支払いでき、残された家族から「保険をすすめてくれて、本当にありがとう」と言ってもらった時は、この仕事に就いて本当に良かったと思う• 人生のリスクに対する備えを提供することは、お客様個人や社会に対してとても意義があることであり、自分の頑張り次第で高収入も得られるため、大変ではあるが充足感はある• お客様の人生を一緒になって必死に考え、本当に必要な保険を納得して契約していただいた時は少し誇りに思う• 営業なので結果さえ出せれば、時間の使い方や仕事のやり方をかなり自分で決められること• 保険だけでなく、他の金融商品や税制、相続などの、お金に関係した知識が身に着く• 形のないもの、しかも高額な商品を提案して販売するところに仕事の醍醐味を感じる 生命保会社に向く人、向かない人はどんな人か 何と言っても 人の一生にコミットするビジネスであり、 機微の個人情報も扱うことになります。 そして仕事を遂行していくためには 保険外交員や保険代理店の営業との間で、まさに人間関係がとても重要なビジネスです。 扱う商品は、もちろん商品にもよりますが、 長期間に渡り保険料の支払いが必要であり、生命保険は「人生で二番目に高い買い物」と言われる商品です。 従って、生命保険業界に向いている人は共通する点あります。 代表的な資質を以下に挙げておきます。 不誠実な人、つい誤魔化そうとしてしまう人• 不潔な印象の人、無礼、傲慢な印象の人• 自分勝手な人、自分の事ばかりの人• 人のために役立とう、人に何かをしてあげようという意識が希薄な人• コミュニケーションがうまくとれない人、人と話すのが嫌いな人• ネガティブ志向の人、むかつくことに対して切り替えができない人• 達成意欲が弱く、すぐ諦めてしまいがちな人• 営業成績や上下関係(組織)のプレッシャーに弱い人• 勉強するのが嫌い、知的向上心があまりない人 自分では適性が分からない方は、OB訪問、OG訪問や知り合いや親族のコネクションで生命保険会社に勤めている人に会って話を聴くことをおすすめします。 リアルな「その人」のタイプを通じて、また「その人」が話す職場の様子や、「やりがい」、ポジティブ、ネガティブの両面の情報を通じて、自分に向いているかどうかは決められると思います。 もちろんインターンシップに参加できれば尚良いです。 合っているか、合っていないかは自分にしか決められません。 ぜひ積極的に行動してみてください。 自分は生命保険業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう 自分の適性や性格が、生命保険業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか? そんな時は、を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。 My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が生命保険業界に向いているタイプかを、業界の特徴と合わせて診断してみましょう。 外資系生命保険• アクサ生命保険株式会社• アクサダイレクト生命保険株式会社• アフラック生命保険株式会社• アリアンツ生命保険株式会社• エヌエヌ生命保険株式会社• カーディフ生命保険株式会社• クレディ・アグリコル生命保険株式会社• プルデンシャル生命保険株式会社• ジブラルタ生命保険株式会社• PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社)• チューリッヒ生命• メットライフ生命保険株式会社• マスミューチュアル生命保険株式会社• マニュライフ生命保険株式会社 生命保険業界は国内系、外資系とも参入企業数も多く、競争も厳しい業界であることは間違いありません。 国内市場が縮小していくと、企業によっては一層の経営効率化を目的とした事業のリストラクチャリングの可能性は考えておいた方が良いでしょう。 業績が悪くなった生命保険会社は大手や外資系に経営統合され、保険契約の引き継ぎ(保障の一部カットはあり得る)が行われます。 その際、一部従業員も吸収していくパターンがいままでのパターンでした。 どんな業界でもそうですが、そのビジネスに興味を持ち続けていけるか、自分を磨き、向上し続けていけるかが勝負です。 生命保険業界のステイタスは高く、高いスキルセットや専門性も身に着く業界なのです。 大手生命保険会社は金融機関として福利厚生も充実しており、給与水準も高いため伝統的に学生に人気が高いことは変わりありません。 生命保険券業界に向いていると自負できる学生にとっては、知識も収入も得られるものが大きく、チャレンジしがいのある業界です。 この記事を読んだ人は、以下の記事も良く読んでいます。

次の

ジブラルタ生命の年収給料・20~65歳の年収推移・役職別年収|平均年収.jp

ジブラルタ生命 学歴

今回、お話をするのは大手外資系保険会社である 「ジブラルタ生命」のヘッドハンティングの話である。 実際にヘッドハンティングを受けた人にヒアリングして記載しているので、 同じようにヘッドハンティングを受けた人は、是非参考にして欲しい。 あと 「本当にヘッドハンティングなんてあるのかよ」とか 「どういう流れでヘッドハンティングが行われるのか知りたい」という人も目を通していただきたい。 電話は突如かかってくる ある日、いつも通りに仕事をしていると 会社から貸与されているケータイに知らない番号から電話がかかってきた。 クライアントの可能性もあるため電話に出てみると、 ジブラルタ生命を名乗る男性からの電話だった。 まず会社から貸与されているケータイ電話に電話がかかってくる時点で、 私の情報を売ったのはビジネス上の関係にある人であろう。 プライベートな関係であれば、会社から貸与されている電話からは掛かって来ないように思われる。 電話では 「今回、(私の名前)さんが会社でスゴくご活躍されていると聞いてヘッドハンティングのお電話をしました。 」とのこと。 是非とも、という話を受けて一度出向いて説明を受けることになり、この電話を一度切ることになる。 ジブラルタの営業所に行き、プロフィールシートを記入 この時点で初めて気づくのだが、 このヘッドハンティングはジブラルタ生命の本社マターで行われていることではないということ。 このヒアリングした人のケースだけかもしれないが、 この人がヘッドハンティングされたのはジブラルタ生命の中でも独立した1つの営業所からのヘッドハンティング。 なので、本社に行くわけでもなく、1つの営業所に採用面接を受けに行くことになる。 営業所に着くと、最初にプロフィールシートの記載を求められる。 名前・住所は勿論のこと、 現勤め先・人生の中で1番嬉しかったこと・今欲しいもの、 etc…これを 20~ 30分ぐらいで書きつつ、終わったら読んでみてとパンフレット的なものを渡される。 このパンフレットには、 これまでのトップビジネスの人たちの成功体験が書かれていて、「この会社に入れば、私も同じようにトップセールスになれるのでは?」といったようなことを想像させられる。 如何に ジブラルタの報酬が良いか、稼げるかということが述べられる150分間 プロフィールシートを記載した後は、 営業所所長から「仕事の概要」や「自らの成功体験」、「トップセールスの話」など、基本的にはポジティブな話を刷り込まれる時間となる。 この時間は1対1ではなく他に2名の方がいたため、少しは楽な気分でやりとりをすることが可能。 私以外の2人は誰か見知らぬ人を介してのヘッドハンティングではなく、大学の先輩が今回のジブラルタ生命の営業所で働いていることもあって呼ばれていたような人たちであったため、私よりももっと興味がなさそうな雰囲気。 ただ実際に話を聞いてみて「正直興味がない」 ということで、2回目の面接には進まず、 この時点で辞退をしたそうです。 ヘッドハンティングということで気になっていた 報酬額。 給料が現時点から何円上がるのかというのが転職の1つの醍醐味。 1回目の面接の時点では、この報酬に関しては全く触れられず、最終の3日目に報酬についての説明があるとのこと。 3日目まで進まなかったため、具体的な話は聞けなかったが、所長の話によると、この営業局の人たちは優秀らしく、 平均で 1, 200万~ 1, 300万円の年収があるとの話。 ヘッドハンティングと言っても確度の高い採用面接に過ぎない 全ての会社のヘッドハンティングでそういう話ではないと思うが、 ジブラルタ生命に限っては『確度の高い採用面接』に過ぎない。 ヘッドハンティングという響きだと、先方に伺ったと同時に、評価ポイントを説明していただき、報酬などの説明が待っていると想定していた。 しかし、実際は3回の面接を重ね、合格か否かをジブラルタ側で判断するのである。 ジブラルタ生命やプルデンシャル生命などは、同業界から中途採用をしている訳ではなく、他業界まで広げて転職者を集めているため、 実力を認めてのヘッドハンティングなどは難しく、その人が本当に頑張れる人間なのかを判断する必要があるのではないだろうか ジブラルタ生命に転職すべきか否か 論点はここ。 自分の人生なので自分でしっかり考えて決めてほしい。 平均年収が 1, 200万~ 1, 300万円という話はあったが、個人事業主となるため一般企業で 1, 200~ 1, 300万円稼ぐのとは話が違ってくる。 大企業であれば怪我や病気で入院しても入院費用の月額の支払いが上限数万円でよかったり、交通費などの経費も幾分か使えるような会社が多いだろう。 保険の営業だと食事代や交通費は全て経費として自分の収入から出さなければならないというシビアな状況。 トップセールスにもなれば経費は月額 70万ほど使うときもあるとの話を聞いたことがある。 そう考えると平均年収が 1, 200万~ 1, 300万円だとしても、大企業の 800万円程度、もしくはそれ以下の年収になるのではないだろうか。 学歴不問に近しいようなところがあるので、個人の努力さえあれば成り上げれる可能性も十分にある。 また本当のトップセールスになれば年収1億超えという話もよく聞く話。 ネガティブな要素を冒頭に書いたものの、夢と希望もたくさんある職種。 ヘッドハンティングの電話がかかってきたら、ぜひ参考までに目を通すことをオススメする。 ちなみに、ヘッドハンティングを受けなくても DODAで採用を行なっているようなので、興味がある人は自ら飛び込むことも可能。

次の